"リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD7408)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The lymphedema diagnostics market is projected to grow at a CAGR of 7.4% during the forecast period.”The global lymphedema diagnostics market is projected to reach USD 35 million by 2024 from USD 24 million in 2019, at a CAGR of 7.4%. The major factors driving the growth of this market include the increasing global prevalence of cancer and lymphedema; technological advancements in diagnostic imaging modalities; and increasing investments, funds, and grants by public-private organizations. However, the high cost of diagnostic imaging systems, the short half-life of radiopharmaceuticals, and the limited supply of helium are expected to hinder the growth of this market.

“The lymphoscintigraphy segment accounted for the largest market share in 2018.”
Based on technology, the lymphedema diagnostics market is segmented into lymphoscintigraphy, magnetic resonance imaging (MRI), ultrasound imaging, computed tomography (CT), X-ray lymphography, bioimpedance analysis, and near-infrared fluorescence imaging. The lymphoscintigraphy segment accounted for the largest share of the lymphedema diagnostics market in 2018. The noninvasive nature and easy reproducibility of this technology, and the fact that lymphoscintigraphy does not adversely affect the lymphatic vascular endothelium are some of the key advantages supporting the adoption of this technology.

“The cancer segment accounted for the largest share of the lymphedema diagnostics market in 2018.”
On the basis of disease type, the lymphedema diagnostics market is segmented into cancer, inflammatory diseases, cardiovascular disease, and other diseases (congenital abnormalities, trauma-related conditions, infections, and filariasis). The cancer segment accounted for the largest share of the lymphedema diagnostics market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the rising prevalence of cancer-associated lymphedema and increasing awareness about early disease diagnosis.

“Europe to account for the second-largest share of the global market in 2019.”
The lymphedema diagnostics market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. Europe is expected to account for the second-largest share of the global lymphedema diagnostics market in 2019. The rising incidence of chronic diseases and injuries, growing demand for early diagnosis and treatment, technological advancements, product launches, and increasing government and public-private investments for developing novel diagnostic imaging modalities are the major factors driving market growth in Europe.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (25%), Tier 2 (30%), and Tier 3 (42%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (34%), Europe (26%), APAC (23%), and RoW (17%)

The major players in the market include GE Healthcare (US), Philips (Netherlands), Siemens Healthineers (Germany), Canon, Inc. (Japan), Shimadzu Corporation (Japan), Stryker Corporation (US), Fluoptics (France), United Imaging Healthcare Co., Ltd. (China), Hitachi, Ltd. (Japan), Esaote, SpA (Italy), Neusoft Corporation (China), Mindray Medical International, Ltd. (China), Mitaka USA, Inc. (US), Curadel, LLC (US), and ImpediMed Ltd. (Australia).

Research Coverage
This report studies the lymphedema diagnostics market based on technology, disease type, end user, and region. The report also studies factors (such as drivers and restraints) affecting market growth. In addition, it analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions (and the respective countries in these regions).

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Limitations and Assumptions
2.4.1 Limitations
2.4.2 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Lymphedema Diagnostics: Market Overview
4.2 Regional Analysis: Market, By Disease Type (2019)
4.3 Market, By Technology, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.4 Near-Infrared Fluorescence Imaging Market, By Type, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.5 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Global Prevalence of Lymphedema
5.2.1.2 Growing Global Prevalence of Cancer
5.2.1.3 Technological Advancements and Adoption of Newer Diagnostic Modalities
5.2.1.4 Increasing Investments, Funds, and Grants By Public-Private Organizations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Diagnostic Imaging Systems
5.2.2.2 Short Half-Life of Radiopharmaceuticals
5.2.2.3 Limited Supply of Helium
5.2.2.4 Increasing Adoption of Refurbished Diagnostic Imaging Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Hospital Budget Cuts
6 Lymphedema Diagnostics Market, By Technology (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Lymphoscintigraphy
6.2.1 Lymphoscintigraphy is Rapidly Developing to Be the First-Line Imaging Modality for Lymphedema Diagnostics
6.3 Magnetic Resonance Imaging
6.3.1 Magnetic Resonance Imaging Finds Major Applications in Lymphedema Treatment Planning
6.4 Ultrasound Imaging
6.4.1 Ultrasound Imaging has the Potential to Determine Tissue Changes Consistent With Different Stages of Lymphedema
6.5 Computed Tomography
6.5.1 High Cost of Computed Tomography to Limit Market Growth
6.6 X-Ray Lymphography
6.6.1 Invasive Nature & Risk of Radiation Exposure are Expected to Hamper Market Growth
6.7 Bioimpedance Analysis
6.7.1 Lack of Awareness About Bioimpedance Analysis is Limiting the Growth of This Segment
6.8 Near-Infrared Fluorescence Imaging
6.8.1 ICG Lymphography
6.8.1.1 ICG Lymphography Offers A Powerful Tool for Efficiently Diagnosing Various Stages of Lymphedema
6.8.2 Fluorescein Sodium Microlymphangiography
6.8.2.1 Fluorescein Sodium Microlymphangiography is Limited to Visualizing Only Initial Capillaries
7 Lymphedema Diagnostics Market, By Disease Type (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Cancer
7.2.1 One in Three Cancer-Treated Patients Develop Lymphedema
7.3 Inflammatory Diseases
7.3.1 Growing Prevalence of Inflammatory Conditions to Drive Market Growth
7.4 Cardiovascular Disease
7.4.1 Growing Awareness About Early Disease Diagnosis to Drive the Adoption of Lymphedema Diagnostic Tools
7.5 Other Diseases
8 Lymphedema Diagnostics Market, By End User (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 The Large Number of Lymphedema Diagnostic Procedures Performed in Hospitals to Drive Market Growth
8.3 Diagnostic Centers
8.3.1 Increasing Number of Private Imaging Centers to Support Market Growth
8.4 Research & Academic Institutes
8.4.1 Budgetary Restrictions of Researchers are Limiting the Adoption of High-End Lymphedema Diagnostic Technologies
8.5 Other End Users
9 Lymphedema Diagnostics Market, By Region (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominated the North American Market in 2018
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Dearth of Radiologists is Restricting Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Accounts for the Largest Share of the European Market
9.3.2 France
9.3.2.1 Uncertainties With Regard to the Pricing Strategy of Diagnostic Companies to Limit Market Growth in France to A Certain Extent
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Diagnostic Imaging Procedural Volumes Indicate Strong Growth in the UK Market
9.3.4 RoE
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Rising Disease Incidence, Increasing Procedural Volumes, and Growth in the Geriatric Population have Contributed to Market Growth in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan’s Well-Established and Well-Equipped Healthcare System Ensures Demand for and Easy Access to Diagnostic Imaging
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Incidence of Lymphatic Filariasis is A Key Contributor to Market Growth
9.4.4 RoAPAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Latin America Holds the Largest Share of the RoW Market
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Growing Geriatric Population & Disease Prevalence are Driving Growth in Mea
10 Competitive Landscape (Page No. – 106)
10.1 Introduction
10.2 Ranking of Players, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.4 Vendor Dive Overview
10.5 Vendor Inclusion Criteria
10.6 Vendor Dive
10.6.1 Visionary Leaders
10.6.2 Innovators
10.6.3 Dynamic Differentiators
10.6.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 111)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 GE Healthcare
11.2 Siemens Healthineers (A Subsidiary of Siemens Group)
11.3 Philips
11.4 Canon, Inc.
11.5 Shimadzu Corporation
11.6 Stryker Corporation
11.7 Fluoptics
11.8 United Imaging Healthcare Co., Ltd.
11.9 Hitachi, Ltd.
11.10 Esaote SPA
11.11 Neusoft Corporation
11.12 Mindray Medical International Limited (A Subsidiary of Excelsior Union, Ltd.)
11.13 Mitaka Usa, Inc.
11.14 Curadel, LLC
11.15 Impedimed Limited
11.16 Other Companies
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 158)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD7408
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 事務用家具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、事務用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、事務用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の人工靭帯市場2016
    本調査レポートでは、世界の人工靭帯市場2016について調査・分析し、人工靭帯の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療ガス混合器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療ガス混合器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療ガス混合器市場規模、製品別(デュアルフロー、チューブフロー)分析、最終用途別(病院、外来外科センター(ASC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療ガス混合器の世界市場概要 ・医療ガス混合器の世界市場環境 ・医療ガス混合器の世界市場動向 ・医療ガス混合器の世界市場規模 ・医療ガス混合器の世界市場:業界構造分析 ・医療ガス混合器の世界市場:製品別(デュアルフロー、チューブフロー) ・医療ガス混合器の世界市場:最終用途別(病院、外来外科センター(ASC)、その他) ・医療ガス混合器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療ガス混合器のアメリカ市場規模・予測 ・医療ガス混合器のヨーロッパ市場規模・予測 ・医療ガス混合器のアジア市場規模・予測 ・医療ガス混合器の主要国分析 ・医療ガス混合器の世界市場:意思決定フレームワーク ・医療ガス混合器の世界市 …
  • 世界のXバンド・レーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のXバンド・レーダー市場2015について調査・分析し、Xバンド・レーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アーモンドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アーモンドの世界市場について調査・分析し、アーモンドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アーモンドシェア、市場規模推移、市場規模予測、アーモンド種類別分析(殻付き、殻剥き)、アーモンド用途別分析(すぐに食べられる、食品加工、食材)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アーモンドの市場概観 ・アーモンドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アーモンドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アーモンドの世界市場規模 ・アーモンドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アーモンドのアメリカ市場規模推移 ・アーモンドのカナダ市場規模推移 ・アーモンドのメキシコ市場規模推移 ・アーモンドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アーモンドのドイツ市場規模推移 ・アーモンドのイギリス市場規模推移 ・アーモンドのロシア市場規模推移 ・アーモンドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・アーモンドの日本市場規模推 …
  • 補聴器の世界市場2016-2020:聴覚補正器、植え込み型補聴器
    当調査レポートでは、補聴器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、補聴器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • QSFPモジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、QSFPモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、QSFPモジュールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 塩素コンプレッサーの世界市場2014-2025:製品別(液封圧縮機、遠心式圧縮機)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、塩素コンプレッサーの世界市場について調査・分析し、塩素コンプレッサーの世界市場動向、塩素コンプレッサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別塩素コンプレッサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • mPoS端末の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、mPoS端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、mPoS端末の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • スターター飼料の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、スターター飼料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、成分別分析、家畜別分析、形状別分析、スターター飼料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の天然ワックス市場2015
    本調査レポートでは、中国の天然ワックス市場2015について調査・分析し、天然ワックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の分子生物学用酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子生物学用酵素市場2015について調査・分析し、分子生物学用酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy)の概要 ・虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・虚血性心筋症(Ischemic Cardiomyopathy)治療薬 …
  • インスリン送達デバイスの世界市場予測(~2021年):インスリンペン型注入器、インスリンポンプ、注射針、インスリン注射器
    当調査レポートでは、インスリン送達デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、インスリン送達デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血漿療法の世界市場:ピュアPRP(多血小板血漿)、白血球リッチPRP、ピュア多血小板フィブリン、白血球リッチフィブリン
    当調査レポートでは、血漿療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、ソース別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター・コロケーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター・コロケーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 データセンターコロケーションは、データセンターの提供するサービスの一種であり、サービスプロバイダーが外部の組織にデータセンターのスペースを提供することです。データセンターのスペースには、ラック、プライベートスイート、その他本格的な設備が備えられています。Technavio社はデータセンター・コロケーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• China Telecom• Equinix• Digital Realty Trust• NTT Communications• CenturyLink等です。
  • 仮焼アルミナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、仮焼アルミナの世界市場について調査・分析し、仮焼アルミナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別仮焼アルミナシェア、市場規模推移、市場規模予測、仮焼アルミナ種類別分析(純度≥99%、93%≤純度≤99%、純度≤93%)、仮焼アルミナ用途別分析(耐火材、セラミックス)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・仮焼アルミナの市場概観 ・仮焼アルミナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・仮焼アルミナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・仮焼アルミナの世界市場規模 ・仮焼アルミナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・仮焼アルミナのアメリカ市場規模推移 ・仮焼アルミナのカナダ市場規模推移 ・仮焼アルミナのメキシコ市場規模推移 ・仮焼アルミナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・仮焼アルミナのドイツ市場規模推移 ・仮焼アルミナのイギリス市場規模推移 ・仮焼アルミナのロシア市場規模推移 ・仮焼アルミナのアジア市場分析(日本、中国、 …
  • 自動車用フライホイールの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用フライホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用フライホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジオマーケティングソフトウェア市場:展開別、ロケーション別、地域別
    本調査レポートはジオマーケティングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(クラウドベース、オンプレミス)分析、ロケーション別(屋外、屋内)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ジオマーケティングソフトウェアの世界市場:展開別(クラウドベース、オンプレミス) ・ジオマーケティングソフトウェアの世界市場:ロケーション別(屋外、屋内) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の血管塞栓装置市場:製品別、地域別
    本調査レポートは血管塞栓装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(コイル装置、非コイル装置)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・血管塞栓装置の世界市場:製品別(コイル装置、非コイル装置) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 鉱業向け発電装置レンタルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉱業向け発電装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け発電装置レンタルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け発電装置レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aggreko、Atlas Copco、Cummins、Energyst、United Rentals等です。
  • スマート・トラッカーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマート・トラッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・トラッカーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート・トラッカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Link AKC、Lugloc、Tile、TrackR等です。
  • 電気生理学装置の世界市場予測2017-2026:モニタリング装置(心エコー検査、診断用カテーテル、ホルター心電計、イベントモニター)および治療装置(ペースメーカー、ICD、アブレーションカテーテル、CRT-Ds、CRT-P)の収益予測
    当調査レポートでは、電気生理学装置の世界市場について調査・分析し、電気生理学装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場
    当調査レポートでは、石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場:セグメント別市場分析 ・石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 子供用超音波の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、子供用超音波の世界市場について調査・分析し、子供用超音波の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・子供用超音波の世界市場規模:年齢グループ別分析 ・子供用超音波の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用OEM高級オーディオの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用OEM高級オーディオの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用OEM高級オーディオ市場規模、用途別(高級セグメント車、ミッドセグメント車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場概要 ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場環境 ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場動向 ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場規模 ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場:業界構造分析 ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場:用途別(高級セグメント車、ミッドセグメント車) ・自動車用OEM高級オーディオの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用OEM高級オーディオの北米市場規模・予測 ・自動車用OEM高級オーディオのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用OEM高級オーディオのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用OEM高級オーディオの主要国分析 ・自動車用O …
  • ポリ乳酸の北米市場
  • 世界の光強度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の光強度計市場2015について調査・分析し、光強度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • FCC触媒の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、FCC触媒の世界市場について調査・分析し、FCC触媒の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別FCC触媒シェア、市場規模推移、市場規模予測、FCC触媒種類別分析(ガソリンの硫黄低減、最大軽質オレフィン、最大中間油留分、最大ボトム転化、その他)、FCC触媒用途別分析(減圧軽油、残留物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・FCC触媒の市場概観 ・FCC触媒のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・FCC触媒のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・FCC触媒の世界市場規模 ・FCC触媒の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・FCC触媒のアメリカ市場規模推移 ・FCC触媒のカナダ市場規模推移 ・FCC触媒のメキシコ市場規模推移 ・FCC触媒のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・FCC触媒のドイツ市場規模推移 ・FCC触媒のイギリス市場規模推移 ・FCC触媒のロシア市場規模推移 ・FCC触媒のアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • 高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:エンドユーザー別、流通チャンネル別、
    当調査レポートでは、高効率洗濯用液体洗剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、流通チャンネル別(独立型食料品店、スーパーマーケット&ハイパーマーケット、デパートメント&コンビニエンスストア、オンライン販売チャネル)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:エンドユーザー別(住宅、商業) ・高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:流通チャンネル別(独立型食料品店、スーパーマーケット&ハイパーマーケット、デパートメント&コンビニエンスストア、オンライン販売チャネル) ・高効率洗濯用液体洗剤の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 世界の写真撮影用ドローン市場2015
    本調査レポートでは、世界の写真撮影用ドローン市場2015について調査・分析し、写真撮影用ドローンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物育成灯の世界市場:HIDランプ、FL(蛍光照明)、LED照明
    当調査レポートでは、植物育成灯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、設置方式別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CXCR1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCXCR1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CXCR1阻害薬の概要 ・CXCR1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCXCR1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CXCR1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CXCR1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脳卒中治療法の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、脳卒中治療法の世界市場について調べ、脳卒中治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、脳卒中治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(虚血性脳卒中、出血性脳卒中)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は脳卒中治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・脳卒中治療法の市場状況 ・脳卒中治療法の市場規模 ・脳卒中治療法の市場予測 ・脳卒中治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(虚血性脳卒中、出血性脳卒中) ・脳卒中治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 小麦粉の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、小麦粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小麦粉の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLTEパワーアンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のLTEパワーアンプ市場2015について調査・分析し、LTEパワーアンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大便失禁(Fecal Incontinence):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における大便失禁(Fecal Incontinence)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・大便失禁(Fecal Incontinence)の概要 ・大便失禁(Fecal Incontinence)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 中国の安全弁市場2015
    本調査レポートでは、中国の安全弁市場2015について調査・分析し、安全弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 射出成型機の世界市場:材料別(プラスチック、ゴム、金属、セラミックス、その他)、機械別(油圧式、電動式、複合型、その他)、エンドユーザー別(自動車・運輸、消費財、包装、ヘルスケア、電気・電子機器、建築・建設、家具・備品、その他)、地域別予測
    本資料は、射出成型機の世界市場について調べ、射出成型機の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(プラスチック、ゴム、金属、セラミックス、その他)分析、機械別(油圧式、電動式、複合型、その他)分析、エンドユーザー別(自動車・運輸、消費財、包装、ヘルスケア、電気・電子機器、建築・建設、家具・備品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはARBURG、HK Industries、Hitech Hydraulics、Natraj Industries、Supermac Machienary、Windsor Machines Ltd. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・射出成型機の世界市場概要 ・射出成型機の世界市場環境 ・射出成型機の世界市場動向 ・射出成型機の世界市場規模 ・射出成型機の世界市場規模:材料別(プラスチック、ゴム、金属、セラミックス、その他) ・射出成型機の世界市場規模:機械別(油圧式、電動式、複合型、その他) ・射出成型機の世界 …
  • カロテノイドの世界市場:βカロテン、ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン
    当調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カロテノイドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヘリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のヘリウム市場2016について調査・分析し、ヘリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 海上用(マリン)ローディングアームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海上用(マリン)ローディングアームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海上用(マリン)ローディングアーム市場規模、製品別(横型回転式、縦型回転式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場概要 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場環境 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場動向 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場規模 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場:業界構造分析 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場:製品別(横型回転式、縦型回転式) ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・海上用(マリン)ローディングアームのアメリカ市場規模・予測 ・海上用(マリン)ローディングアームのヨーロッパ市場規模・予測 ・海上用(マリン)ローディングアームのアジア市場規模・予測 ・海上用(マリン)ローディ …
  • 世界のビタミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のビタミン市場2015について調査・分析し、ビタミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・筋 …
  • 膨張ポリプロピレン(EPP)発泡体の世界市場分析:製品別(低密度、中密度、高密度)、エンドユーザー別(自動車、梱包、消費財、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、膨張ポリプロピレン(EPP)発泡体の世界市場について調査・分析し、膨張ポリプロピレン(EPP)発泡体の世界市場動向、膨張ポリプロピレン(EPP)発泡体の世界市場規模、市場予測、セグメント別膨張ポリプロピレン(EPP)発泡体市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スペインの膝関節置換処置動向(~2021)
  • トップ10自動車技術の世界市場予測(~2021): リモート診断装置、生体認証車両アクセス、車両セキュリティ、自動車3D印刷、オンボードインターネット、ヘッドアップディスプレイHUD、車両インテリジェンス、ナイトビジョンシステム、BDS、車線逸脱警報装置LDWS、地域別 分析
  • ノルウェーの心臓律動管理装置市場見通し
  • 小型トラック用ステアリングシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、小型トラック用ステアリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、小型トラック用ステアリングシステム市場規模、種類別(EPS、HPS、EHPS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場概要 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場環境 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場動向 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場規模 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:業界構造分析 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:種類別(EPS、HPS、EHPS) ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・小型トラック用ステアリングシステムの北米市場規模・予測 ・小型トラック用ステアリングシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・小型トラック用ステアリングシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・小型ト …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"