"リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD7408)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The lymphedema diagnostics market is projected to grow at a CAGR of 7.4% during the forecast period.”The global lymphedema diagnostics market is projected to reach USD 35 million by 2024 from USD 24 million in 2019, at a CAGR of 7.4%. The major factors driving the growth of this market include the increasing global prevalence of cancer and lymphedema; technological advancements in diagnostic imaging modalities; and increasing investments, funds, and grants by public-private organizations. However, the high cost of diagnostic imaging systems, the short half-life of radiopharmaceuticals, and the limited supply of helium are expected to hinder the growth of this market.

“The lymphoscintigraphy segment accounted for the largest market share in 2018.”
Based on technology, the lymphedema diagnostics market is segmented into lymphoscintigraphy, magnetic resonance imaging (MRI), ultrasound imaging, computed tomography (CT), X-ray lymphography, bioimpedance analysis, and near-infrared fluorescence imaging. The lymphoscintigraphy segment accounted for the largest share of the lymphedema diagnostics market in 2018. The noninvasive nature and easy reproducibility of this technology, and the fact that lymphoscintigraphy does not adversely affect the lymphatic vascular endothelium are some of the key advantages supporting the adoption of this technology.

“The cancer segment accounted for the largest share of the lymphedema diagnostics market in 2018.”
On the basis of disease type, the lymphedema diagnostics market is segmented into cancer, inflammatory diseases, cardiovascular disease, and other diseases (congenital abnormalities, trauma-related conditions, infections, and filariasis). The cancer segment accounted for the largest share of the lymphedema diagnostics market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the rising prevalence of cancer-associated lymphedema and increasing awareness about early disease diagnosis.

“Europe to account for the second-largest share of the global market in 2019.”
The lymphedema diagnostics market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. Europe is expected to account for the second-largest share of the global lymphedema diagnostics market in 2019. The rising incidence of chronic diseases and injuries, growing demand for early diagnosis and treatment, technological advancements, product launches, and increasing government and public-private investments for developing novel diagnostic imaging modalities are the major factors driving market growth in Europe.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (25%), Tier 2 (30%), and Tier 3 (42%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (34%), Europe (26%), APAC (23%), and RoW (17%)

The major players in the market include GE Healthcare (US), Philips (Netherlands), Siemens Healthineers (Germany), Canon, Inc. (Japan), Shimadzu Corporation (Japan), Stryker Corporation (US), Fluoptics (France), United Imaging Healthcare Co., Ltd. (China), Hitachi, Ltd. (Japan), Esaote, SpA (Italy), Neusoft Corporation (China), Mindray Medical International, Ltd. (China), Mitaka USA, Inc. (US), Curadel, LLC (US), and ImpediMed Ltd. (Australia).

Research Coverage
This report studies the lymphedema diagnostics market based on technology, disease type, end user, and region. The report also studies factors (such as drivers and restraints) affecting market growth. In addition, it analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions (and the respective countries in these regions).

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Limitations and Assumptions
2.4.1 Limitations
2.4.2 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Lymphedema Diagnostics: Market Overview
4.2 Regional Analysis: Market, By Disease Type (2019)
4.3 Market, By Technology, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.4 Near-Infrared Fluorescence Imaging Market, By Type, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.5 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Global Prevalence of Lymphedema
5.2.1.2 Growing Global Prevalence of Cancer
5.2.1.3 Technological Advancements and Adoption of Newer Diagnostic Modalities
5.2.1.4 Increasing Investments, Funds, and Grants By Public-Private Organizations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Diagnostic Imaging Systems
5.2.2.2 Short Half-Life of Radiopharmaceuticals
5.2.2.3 Limited Supply of Helium
5.2.2.4 Increasing Adoption of Refurbished Diagnostic Imaging Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Hospital Budget Cuts
6 Lymphedema Diagnostics Market, By Technology (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Lymphoscintigraphy
6.2.1 Lymphoscintigraphy is Rapidly Developing to Be the First-Line Imaging Modality for Lymphedema Diagnostics
6.3 Magnetic Resonance Imaging
6.3.1 Magnetic Resonance Imaging Finds Major Applications in Lymphedema Treatment Planning
6.4 Ultrasound Imaging
6.4.1 Ultrasound Imaging has the Potential to Determine Tissue Changes Consistent With Different Stages of Lymphedema
6.5 Computed Tomography
6.5.1 High Cost of Computed Tomography to Limit Market Growth
6.6 X-Ray Lymphography
6.6.1 Invasive Nature & Risk of Radiation Exposure are Expected to Hamper Market Growth
6.7 Bioimpedance Analysis
6.7.1 Lack of Awareness About Bioimpedance Analysis is Limiting the Growth of This Segment
6.8 Near-Infrared Fluorescence Imaging
6.8.1 ICG Lymphography
6.8.1.1 ICG Lymphography Offers A Powerful Tool for Efficiently Diagnosing Various Stages of Lymphedema
6.8.2 Fluorescein Sodium Microlymphangiography
6.8.2.1 Fluorescein Sodium Microlymphangiography is Limited to Visualizing Only Initial Capillaries
7 Lymphedema Diagnostics Market, By Disease Type (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Cancer
7.2.1 One in Three Cancer-Treated Patients Develop Lymphedema
7.3 Inflammatory Diseases
7.3.1 Growing Prevalence of Inflammatory Conditions to Drive Market Growth
7.4 Cardiovascular Disease
7.4.1 Growing Awareness About Early Disease Diagnosis to Drive the Adoption of Lymphedema Diagnostic Tools
7.5 Other Diseases
8 Lymphedema Diagnostics Market, By End User (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 The Large Number of Lymphedema Diagnostic Procedures Performed in Hospitals to Drive Market Growth
8.3 Diagnostic Centers
8.3.1 Increasing Number of Private Imaging Centers to Support Market Growth
8.4 Research & Academic Institutes
8.4.1 Budgetary Restrictions of Researchers are Limiting the Adoption of High-End Lymphedema Diagnostic Technologies
8.5 Other End Users
9 Lymphedema Diagnostics Market, By Region (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominated the North American Market in 2018
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Dearth of Radiologists is Restricting Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Accounts for the Largest Share of the European Market
9.3.2 France
9.3.2.1 Uncertainties With Regard to the Pricing Strategy of Diagnostic Companies to Limit Market Growth in France to A Certain Extent
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Diagnostic Imaging Procedural Volumes Indicate Strong Growth in the UK Market
9.3.4 RoE
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Rising Disease Incidence, Increasing Procedural Volumes, and Growth in the Geriatric Population have Contributed to Market Growth in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan’s Well-Established and Well-Equipped Healthcare System Ensures Demand for and Easy Access to Diagnostic Imaging
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Incidence of Lymphatic Filariasis is A Key Contributor to Market Growth
9.4.4 RoAPAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Latin America Holds the Largest Share of the RoW Market
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Growing Geriatric Population & Disease Prevalence are Driving Growth in Mea
10 Competitive Landscape (Page No. – 106)
10.1 Introduction
10.2 Ranking of Players, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.4 Vendor Dive Overview
10.5 Vendor Inclusion Criteria
10.6 Vendor Dive
10.6.1 Visionary Leaders
10.6.2 Innovators
10.6.3 Dynamic Differentiators
10.6.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 111)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 GE Healthcare
11.2 Siemens Healthineers (A Subsidiary of Siemens Group)
11.3 Philips
11.4 Canon, Inc.
11.5 Shimadzu Corporation
11.6 Stryker Corporation
11.7 Fluoptics
11.8 United Imaging Healthcare Co., Ltd.
11.9 Hitachi, Ltd.
11.10 Esaote SPA
11.11 Neusoft Corporation
11.12 Mindray Medical International Limited (A Subsidiary of Excelsior Union, Ltd.)
11.13 Mitaka Usa, Inc.
11.14 Curadel, LLC
11.15 Impedimed Limited
11.16 Other Companies
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 158)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD7408
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
リンパ浮腫診断の世界市場予測:リンシンシングラフィ、MRI、近赤外蛍光イメージング、超音波についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)
    当調査レポートでは、ナノセンサーセンサーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど) ・ナノセンサーの世界市場:用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他) ・ナノセンサーの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • パスワード管理の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パスワード管理の世界市場について調査・分析し、パスワード管理の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・パスワード管理の世界市場規模:アクセス別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:展開モデル別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:種類別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 電気自動車充電スタンドの世界市場動向・予測(~2022)
    当調査レポートでは、電気自動車充電スタンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、充電スタンド種類別分析、コネクター種類別分析、設置場所別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの事務用家具市場
    当調査レポートでは、インドの事務用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの事務用家具市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の六ほう化一けい素市場2016
    本調査レポートでは、世界の六ほう化一けい素市場2016について調査・分析し、六ほう化一けい素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 宝くじのアメリカ市場2020-2024
  • CS Energy Ltd:発電所および企業SWOT分析2015
  • Genesis Energy Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 世界のカオリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のカオリン市場2015について調査・分析し、カオリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの整形外科補綴市場見通し
  • グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の世界市場:タイプ別(統合型、ハイブリッド型、単体チップ型)、産業別(コンピューター、スマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機、その他)、デバイス別(電子装置、防衛・インテリジェンス、メディア・エンターテイメント、IT・テレコム、その他)、地域別予測
    本資料は、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の世界市場について調べ、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(統合型、ハイブリッド型、単体チップ型)分析、産業別(コンピューター、スマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機、その他)分析、デバイス別(電子装置、防衛・インテリジェンス、メディア・エンターテイメント、IT・テレコム、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdvanced Micro Devices、ARM Limited、Broadcom Corporation、3D Labs Inc.、Imagination Technologies Group Plc、Intel Corporation、Matrox Electronics Systems Ltd、NVIDIA Corporation、Qualcomm Inc.、Silicon Integrated Systems Corporation …
  • ヘルスケアITソリューションの世界市場:生涯健康医療電子記録(EHR)、画像保存通信システム(PACS)、相互運用、ヘルスケア分析、遠隔医療、CRM
  • 微生物検査の世界市場:地域別販売予測、企業分析
  • 産業用リミットスイッチの世界市場2017-2021:汎用型、精密型、安全型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用リミットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用リミットスイッチの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用リミットスイッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、Eaton、Honeywell、Schneider Electric、Rockwell Automation等です。
  • 爆発物検知技術の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、爆発物検知技術の世界市場について調査・分析し、爆発物検知技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・爆発物検知技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・爆発物検知技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・爆発物検知技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 気泡緩衝材の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、気泡緩衝材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、気泡緩衝材市場規模、エンドユーザ別(E-コマース、電子部品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・気泡緩衝材の世界市場概要 ・気泡緩衝材の世界市場環境 ・気泡緩衝材の世界市場動向 ・気泡緩衝材の世界市場規模 ・気泡緩衝材の世界市場:業界構造分析 ・気泡緩衝材の世界市場:エンドユーザ別(E-コマース、電子部品、その他) ・気泡緩衝材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・気泡緩衝材の北米市場規模・予測 ・気泡緩衝材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・気泡緩衝材のアジア太平洋市場規模・予測 ・気泡緩衝材の主要国分析 ・気泡緩衝材の世界市場:意思決定フレームワーク ・気泡緩衝材の世界市場:成長要因、課題 ・気泡緩衝材の世界市場:競争環境 ・気泡緩衝材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、NEFAB GROUP、Pregis、Seal …
  • クラウドセキュリティの世界市場:クラウドIAM、クラウドEメールセキュリティ、クラウドIDS/IPS、クラウドDLP
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドセキュリティの世界市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ENTデバイスの世界市場予測
    当調査レポートでは、ENTデバイスの世界市場について調査・分析し、ENTデバイスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ENTデバイスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ENTデバイスの世界市場:セグメント別市場分析 ・ENTデバイスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 宇宙廃棄物監視・除去の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、宇宙廃棄物監視・除去の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、宇宙廃棄物監視・除去市場規模、用途別(宇宙廃棄物除去技術、宇宙廃棄物監視技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Airbus, ASTROSCALE, Boeing, Lockheed Martin, Northrop Grumman, RSC Energiaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場概要 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場環境 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場動向 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場規模 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:業界構造分析 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:用途別(宇宙廃棄物除去技術、宇宙廃棄物監視技術) ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:地域別市場規模・分析 ・宇宙廃棄物監視・除去の北米市場規模・予測 ・宇宙廃棄物監視・除去のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・宇宙廃棄物監視・除去 …
  • ヘプシジンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヘプシジンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘプシジンアンタゴニストの概要 ・ヘプシジンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のヘプシジンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘプシジンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヘプシジンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 使い捨て医療機器用センサーの世界市場
    本調査レポートでは、使い捨て医療機器用センサーの世界市場について調査・分析し、使い捨て医療機器用センサーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • オランダの心臓律動管理装置市場見通し
  • 合金管の世界市場予測2019-2024
    「合金管の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、シームレス、溶接など、用途別には、Oil and Gas、Food Industry、Automotive、Power Industry、Chemical Industry、Construction、Water Treatment、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。合金管のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・合金管の世界市場概要(サマリー) ・合金管の企業別販売量・売上 ・合金管の企業別市場シェア ・合金管の世界市場規模:種類別(シームレス、溶接) ・合金管の世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Food Industry、Automotive、Power Industry、Chemical Industry、Construction、Water Treatment、Others) ・合金管の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ …
  • 中国のNitric Acid市場2015
    本調査レポートでは、中国のNitric Acid市場2015について調査・分析し、Nitric Acidの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 調味料ソースの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • ポリオレフィンの世界市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンの世界市場について調査・分析し、ポリオレフィンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ハイブリッドバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(スチール、タングステンカーバイド、合金、チタン、二相ニッケル)分析、バルブサイズ別分析、エンドユーズ産業別(石油及びガス、水及び廃水、エネルギー及び電力、化学薬品など)分析、ハイブリッドバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ハイブリッドバルブの世界市場規模が2019年10億ドルから2024年14億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • BEOL(バックエンド)半導体装置の世界市場:ステッパー、CVD装置、塗布・現像装置、ウェットステーション、PVD装置、CMP装置、金属エッチング装置
    当調査レポートでは、BEOL(バックエンド)半導体装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BEOL(バックエンド)半導体装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場について調査・分析し、プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模:製品別分析 ・プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 末梢循環腫瘍細胞(CTC)診断の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、末梢循環腫瘍細胞(CTC)診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、末梢循環腫瘍細胞(CTC)診断の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は末梢循環腫瘍細胞(CTC)診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ApoCell、Qiagen、Menarini Silicon Biosystems等です。
  • プリント回路基板(PCB)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プリント回路基板(PCB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリント回路基板(PCB)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの心臓血管補綴装置市場見通し
  • マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マテリアルハンドリング機器短期レンタル市場規模、製品別(フォークリフト・テレハンドラー、クレーン、ホイスト、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場概要 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場環境 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場動向 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場規模 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場:業界構造分析 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場:製品別(フォークリフト・テレハンドラー、クレーン、ホイスト、その他) ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタルのアメリカ市場規模・予測 ・マテリアルハンドリング機器短期レンタ …
  • 皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬剤
  • プラスチック製ストラップの世界市場予測(~2023年):ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、ペーパー、合成、コード付き、織布
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プラスチック製ストラップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、ペーパー、合成、コード付き、織布)別分析、最終用途産業(ファイバー、スチール、コットン、紙、れんが・タイル)別分析、プラスチック製ストラップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 自動車用テレインレスポンスシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用テレインレスポンスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用テレインレスポンスシステムの世界市場規模及び予測、OEM別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ガス装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用ガス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用ガス装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 医療用ガスとは、医療機関や同類の分野で使用されるガスの事です。近年、喘息やPOCD (慢性閉塞性肺疾患)、睡眠時無呼吸などの治療のために、在宅治療でも医療用ガスの利用が増加しており、それに伴い家庭向けの医療用ガス装置の市場機会が拡大しています。他にも、医薬品の製造現場や研究機関、品質管理、創薬といった分野で医療用ガス装置の需要が増大しています。Technavio社は医療用ガス装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Air Liquide• Air Products and Chemicals• Praxair• Linde Gas等です。
  • クライストロンの世界市場2017-2021:通信、航空宇宙、防衛、医療、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クライストロンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クライストロンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクライストロンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(6.88) %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、L3 Technologies、Mitsubishi Electric等です。
  • 自動車用オイルポンプの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用オイルポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用オイルポンプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二塩化メチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の二塩化メチレン市場2015について調査・分析し、二塩化メチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 授乳用品の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、授乳用品の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、授乳用品の米国市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は授乳用品の米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ameda、Lansinoh、Medela、Philips AVENT、Pigeon Corporation等です。
  • エビの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エビの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エビの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエビの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AB GOLDEN SEAFOOD、Aqua Star、Carson & Company、Mazzetta Company、Rich Products Corporation、Thai Union Group等です。
  • コンテキスト・リッチ・システムの世界市場
    当調査レポートでは、コンテキスト・リッチ・システムの世界市場について調査・分析し、コンテキスト・リッチ・システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 日本の肩関節置換処置動向(~2021)
  • マイクロディスプレーの世界市場予測(~2023年):NTE、プロジェクション、OLED、LCoS、LCD、DLP
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロディスプレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、マイクロディスプレーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場:自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー)、サービスタイプ別(試験、検査、認証)、調達別、サービス用途別、地域別予測
    本資料は、自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調べ、自動車試験・検査・認証(TIC)の世界規模、市場動向、市場環境、自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー)分析、サービスタイプ別(試験、検査、認証)分析、調達別分析、サービス用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場概要 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場環境 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場動向 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー) ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:サービスタイプ別(試験、検査、認証) ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:調達 …
  • 交通安全用品の世界市場
    当調査レポートでは、交通安全用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、交通安全用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウィルソン病治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ウィルソン病治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウィルソン病治療薬市場規模、製品別(キレート薬、ミネラル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウィルソン病治療薬の世界市場概要 ・ウィルソン病治療薬の世界市場環境 ・ウィルソン病治療薬の世界市場動向 ・ウィルソン病治療薬の世界市場規模 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:業界構造分析 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:製品別(キレート薬、ミネラル) ・ウィルソン病治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウィルソン病治療薬の北米市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬の主要国分析 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・ウィルソン病治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:競争環境 ・ウィルソン病治療薬の世界市 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"