"生体認証システムの世界市場予測:単一要素(指紋、虹彩、掌紋、顔、声)、多要素"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE3449)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"生体認証システムの世界市場予測:単一要素(指紋、虹彩、掌紋、顔、声)、多要素"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Biometric system market to grow at 14.6% CAGR from 2019 to 2024The global biometric system market size is expected to grow from USD 33.0 billion in 2019 to USD 65.3 billion by 2024; it is projected to grow at a CAGR of 14.6% during the forecast period. The need for biometric systems is mainly driven by the increasing use of biometrics in consumer electronics devices to provide seamless access over different applications, rising number of government initiatives to adopt biometrics, growing need for surveillance and security due to the threats of terrorist attacks, and increasing penetration of biometric technology in automotive and enterprise applications. However, high deployment cost inhibits the growth of the biometric system industry.

Single-factor authentication segment to hold largest market share during forecast period
The larger market for single-factor authentication is owing to its convenience, cost-effectiveness, and fast responsiveness. Single-factor authentication technologies, such as fingerprint, face, and iris, are among the most prominent technologies, especially in government, travel & immigration, and banking applications. Significant adoption of facial recognition and fingerprint recognition solutions in consumer electronics devices has spurred the demand for single-factor authentication-based biometric systems. Increasing awareness regarding and adoption of surveillance cameras for facial recognition have propelled the market for facial recognition in recent years. Facial recognition technology is deployed on a large scale for identification management. For instance, several airports in countries such as the UK, US, and China have integrated facial recognition systems to enhance security.

Combined functionality type segment to grow at highest CAGR during forecast period
The highest CAGR of the combined segment is attributed to the increasing need for efficient and reliable biometrics. Multimodal biometrics guard against spoofing or forgery through multi-level authentication.
Many countries, such as the US, India, and the UK, have adopted multimodal authentication systems (a combination of two or three biometrics modalities, using the contact or non-contact functionalities) for security checkpoints on the country borders owing to increasing threats of terrorist activities.

Consumer electronics to hold largest size of biometric system market during forecast period
The consumer electronics industry is one of the continuously evolving industries. This industry has been witnessing new developments in recent years at a rapid pace. Alexa, a voice assistance speaker, or smartphones equipped with facial and fingerprint recognition are the well-known examples of such developments. Biometrics is one of the revolutionary technologies in the consumer electronics sector, owing to its security and cost-effectiveness.

Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 45%, Directors – 35%, and Others – 20%
• By Region: North America – 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, and RoW – 10%

Thales Group (Thales) (France), Safran (France), NEC Corporation (NEC) (Japan), ASSA ABLOY AB (ASSA ABLOY) (Sweden), and Fujitsu Ltd. (Fujitsu) (Japan) are among the leading players in the biometric system market.

Research Coverage:
Various market segments covered in this report include by authentication type, functionality type, offering, end user, and region. It also provides a detailed view of the market across 4 main regions: North America, Europe, APAC, and RoW.
Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the biometric system market by authentication type, functionality type, offering, end user, and region along.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges pertaining to the biometric system market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the biometric system market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"生体認証システムの世界市場予測:単一要素(指紋、虹彩、掌紋、顔、声)、多要素"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Biometric System Market Opportunities
4.2 Market, By Single-Factor Authentication
4.3 Market in APAC, By End User and Country
4.4 Biometrics Market, By Multi-Factor Authentication
4.5 Market in APAC, By Country
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use of Biometrics in Consumer Electronics Devices to Provide Seamless Access Over Different Applications
5.2.1.2 Rising Number of Government Initiatives to Adopt Biometrics
5.2.1.3 Growing Need for Surveillance and Security Owing to Threats of Terrorist Attacks
5.2.1.4 Proliferation of Biometric Technology in Automotive Enterprise Applications
5.2.1.5 Increased Convenience, Secure Identity Management, and Superior Human Resource Management
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Deployment Cost
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Technological Developments
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Data Security Concerns
5.3 Value Chain Analysis
6 Biometric System Market, By Authentication Type (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Single-Factor Authentication
6.2.1 Fingerprint Recognition
6.2.1.1 AFIS
6.2.1.1.1 Large Market for AFIS is Owing to Its Adoption By Law Enforcement Agencies
6.2.1.2 Non-AFIS
6.2.1.2.1 Increasing Consumer Awareness for Biometrics to Drive the Adoption of Non-AFIS Technology
6.2.2 Iris Recognition
6.2.2.1 Iris Recognition is Largely Being Adopted for Identification and Authentication Purposes Due to Increasing Government Initiatives
6.2.3 Palm Print Recognition
6.2.3.1 Increased Level of Accuracy and Security to Drive the Adoption of Palm Print Recognition Solutions
6.2.4 Face Recognition
6.2.4.1 Growing Need for Surveillance and Increasing Adoption of Video Analytics Capabilities are Driving the Market for Face Recognition
6.2.5 Vein Recognition
6.2.5.1 Need for High Security in Applications Such as Banking, Immigration, Etc., to Drive the Vein Recognition Market
6.2.6 Signature Recognition
6.2.6.1 Noninvasive Nature and Better Convenience of Signature Recognition to Drive Its Adoption in Near Future
6.2.7 Voice Recognition
6.2.7.1 Increasing Accuracy of Voice Recognition Through Integration of AI to Boost the Market of Voice Recognition
6.2.8 Others
6.2.8.1 Dna Recognition
6.2.8.1.1 Dna Recognition Technology is Being Adopted for Applications Such as Forensic Sciences, Healthcare, and Criminal Investigations
6.2.8.2 Keystroke Recognition
6.2.8.2.1 Keystroke Recognition is One of the Leading Behavioral Biometric Technology
6.2.8.3 Gait Recognition
6.2.8.3.1 Gait Recognition is Widely Used for Long-Distance Verification
6.2.8.4 Otoacoustic Emissions
6.2.8.4.1 Otoacoustic Emission is One of the Most Innovative and Emerging Biometric Technology
6.3 Multi-Factor Authentication
6.3.1 Smart Card With Biometrics
6.3.1.1 Smart Card With Biometrics is One of the Leading Advanced Secured Authentication Technologies
6.3.2 Pin With Biometrics
6.3.2.1 Pin With Biometrics is One of the Most Common Multi-Factor Authentication Methods
6.3.3 Multimodal Biometric
6.3.3.1 Two-Factor Authentication
6.3.3.2 Three-Factor Authentication
7 Biometric System Market, By Offering (Page No. – 79)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Fingerprint Readers
7.2.1.1 Fingerprint Readers to Hold Largest Share of Biometric Hardware Component Market
7.2.2 Scanners
7.2.2.1 Demand for Increased Accuracy to Drive the Adoption of Scanners
7.2.3 Cameras
7.2.3.1 Increasing Market of Facial Recognition to Drive Camera Segment of Biometric Hardware Market
7.2.4 Other
7.3 Software
7.3.1 Software Market Expected to Grow at A Higher CAGR During Forecast Period
8 Biometric System Market, By Functionality (Page No. – 84)
8.1 Introduction
8.2 Contact Functionality
8.2.1 Contact Functionality Biometrics to Hold Largest Market Share During Forecast Period
8.3 Non-Contact Functionality
8.3.1 Non-Contact Biometric Functionality is Widely Used for Non-Touch Verification
8.4 Combined Functionality
8.4.1 Combined Biometric Functionality Segment to Grow at Highest Rate Owing to High Security and Accuracy
9 Biometric System Market, By End User (Page No. – 92)
9.1 Introduction
9.2 Government
9.2.1 Increasing Government Initiatives for Public Safety to Drive Biometrics Market in Government
9.3 Military & Defense
9.3.1 Biometrics Adoption in Military & Defense is Increasing to Eradicate Security Concerns
9.4 Healthcare
9.4.1 Need to Bring Efficiency in Clinical Processes and Improve Diagnosis and Treatment Drive the Biometrics Adoption in Healthcare
9.5 Banking & Finance
9.5.1 Ease in Access to Financial Services Through Biometric Systems to Drive the Adoption of Biometric Systems in Banking & Finance Sector
9.6 Consumer Electronics
9.6.1 Adoption of Biometrics in Consumer Electronics is Growing Owing to the Seamless Access to Multiple Features and Cost-Effectiveness
9.7 Travel & Immigration
9.7.1 Increasing Security Concerns of Various Nations to Drive Biometric Systems Adoption in Travel & Immigration
9.8 Automotive
9.8.1 Rising Preference for Advanced Electronics and Demand for Increased Convenience and Security to Drive Adoption of Biometrics in Automotive Sector
9.9 Security
9.9.1 Residential Security
9.9.1.1 Emergence of IoT and Wireless Technologies and Increasing Consumer Awareness to Drive the Biometrics Adoption in Residential Security
9.9.2 Commercial Security
9.9.2.1 Rising Security Concerns Among Enterprises to Drive Biometric System Market in Commercial Security Applications
9.10 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 118)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US Holds Largest Share of Market in North America
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada Holds Significant Growth Opportunities for Market in North America Owing to High Investments in Biometric Infrastructure
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Market in Mexico to Grow Owing to Increasing Political Stability and Openness for Investments
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Holds Largest Share of European Market
10.3.2 UK
10.3.2.1 Market in UK to Grow With Increasing Government Initiatives for Biometrics Adoption
10.3.3 France
10.3.3.1 Increasing Presence of Biometric System Manufacturers to Drive the Market in France
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Market in Italy to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
10.3.5 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 China Holds Largest Share of Market in APAC
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Presence of Leading Biometric Companies to Drive Adoption of Biometric Systems in Japan
10.4.3 South Korea
10.4.3.1 Growing Adoption of Biometrics in Consumer Electronics to Drive Market in South Korea
10.4.4 India
10.4.4.1 Increasing Government Initiatives Expected to Drive Market in India
10.4.5 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 South America
10.5.1.1 Growing Economy to Contribute to Market Growth in South America
10.5.2 Middle East & Africa
10.5.2.1 Growing Investments in Economic Development to Drive the Market in Middle East & Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 140)
11.1 Overview
11.2 Ranking Analysis
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product Developments and Launches
11.3.2 Partnerships, Agreements, and Collaborations
11.3.3 Acquisitions
11.3.4 Investments and Expansions
11.4 Competitive Leadership Mapping
11.4.1 Visionary Leaders
11.4.2 Dynamic Differentiators
11.4.3 Innovators
11.4.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 148)
12.1 Key Companies
(Business Overview, Products and Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)
12.1.1 Thales
12.1.2 Safran
12.1.3 NEC
12.1.4 ASSA Abloy
12.1.5 Fujitsu
12.1.6 Precise Biometrics
12.1.7 Secunet Security Networks
12.1.8 Stanley Black & Decker
12.1.9 Aware
12.1.10 Cognitec Systems
12.2 Other Key Companies
12.2.1 Daon
12.2.2 Facebanx
12.2.3 Bio-Key International
12.2.4 Securiport
12.2.5 M2sys Technology
12.2.6 Suprima
12.2.7 Fulcrum Biometrics
12.2.8 Vasco Data Security International
12.2.9 Qualcomm
12.2.10 Integrated Biometrics
*Details on Business Overview, Products and Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 184)
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Questionnaire
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Report
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】生体認証システムの世界市場予測:単一要素(指紋、虹彩、掌紋、顔、声)、多要素
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE3449
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
生体認証システムの世界市場予測:単一要素(指紋、虹彩、掌紋、顔、声)、多要素についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 音響センサーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、音響センサーの世界市場について調査・分析し、音響センサーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 音響センサーの世界市場:市場動向分析 - 音響センサーの世界市場:競争要因分析 - 音響センサーの世界市場:センサー種類別 ・表面波センサー ・弾性波センサー - 音響センサーの世界市場:検知パラメーター別 ・薬品蒸気 ・湿度 ・質量 ・圧力 ・温度 ・トルク ・粘度 ・その他 - 音響センサーの世界市場:用途別 ・航空・防衛 ・自動車 ・家電 ・医療 ・工業 ・その他 - 音響センサーの世界市場:主要地域別分析 - 音響センサーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 音響センサーのヨーロッパ市場規模 - 音響センサーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・音響センサーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 石炭鉱業の世界市場(~2020)
  • イギリスの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 果実収穫ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、果実収穫ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、果実収穫ロボット市場規模、エンドユーザー別(果樹園、温室・種苗場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abundant Robotics, AGROBOT, Dogtooth Technologies, FFRobotics, Harvest Croo, OCTINIONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・果実収穫ロボットの世界市場概要 ・果実収穫ロボットの世界市場環境 ・果実収穫ロボットの世界市場動向 ・果実収穫ロボットの世界市場規模 ・果実収穫ロボットの世界市場:業界構造分析 ・果実収穫ロボットの世界市場:エンドユーザー別(果樹園、温室・種苗場) ・果実収穫ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・果実収穫ロボットの北米市場規模・予測 ・果実収穫ロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・果実収穫ロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・果実収穫ロ …
  • フライアッシュの世界市場2017-2021:ポートランドセメント、農業、道路建設、耐火れんが、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライアッシュの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoral、CEMEX、LafargeHolcim、SCB International、Titan America等です。
  • プラント資産管理(PAM)の世界市場予測:生産資産、オートメーション資産
    当調査レポートでは、プラント資産管理(PAM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、商品別分析、導入形態別分析、資産種類別分析、需要先別分析、プラント資産管理(PAM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオマーカーの世界市場予測(~2021年):安全性マーカー、予測マーカー、代替マーカー、薬力学マーカー、予後マーカー
    当調査レポートでは、バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、疾患別分析、用途別分析、バイオマーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用接着テープの世界市場予測(~2022年):アクリル、シリコーン、ゴム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、医療用接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオランザピン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオランザピン市場2015について調査・分析し、オランザピンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キャンプ用クーラーの世界市場:容量別(25クォート未満、25~50クォート)、製品別(ハード、ソフト)、用途別(ドライキャンプ、バックパック旅行)、セグメント予測
    キャンプ用クーラーの世界市場は2025年には10億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.4%で成長すると予測されています。クーラーの製造に革新的な技術が採用されたり、野外で余暇を過ごす人々が増えていく傾向がみられることから、この市場は予測期間にわたってかなりの伸びを見込むと考えられます。本調査レポートでは、キャンプ用クーラーの世界市場について調査・分析し、キャンプ用クーラーの世界市場動向、キャンプ用クーラーの世界市場規模、市場予測、セグメント別キャンプ用クーラー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のナイロン糸市場2016
    本調査レポートでは、世界のナイロン糸市場2016について調査・分析し、ナイロン糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペースメーカーの世界市場予測(~2023年)
    ペースメーカーの市場は、2018年の44億米ドルから2023年には49億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は2.0%と予測されています。この市場の成長は、循環器疾患の蔓延とデバイスの技術的進歩が起因しています。当調査レポートでは、ペースメーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、植え込み可能性別(外部)分析、技術別(シングルチャンバー、デュアルチャンバー、CRT-P・両心室ペースメーカー)分析、タイプ別(従来型、MRI対応型)分析、エンドユーザー別(病院・循環器センター、通院外科診療所)分析、ペースメーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性食品成分の世界市場:成分の種類別(ビタミン、タンパク質・アミノ酸、ミネラル、プレバイオティクス・食物繊維、カロチノイド、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸、精油、その他)、効能別(栄養、骨の健康、心臓の健康、がん、免疫、その他)、用途別(ベビーフード、スポーツ・栄養バー、乳製品代替品、肉代替品、インスタント飲料、その他)、地域別予測
    本資料は、機能性食品成分の世界市場について調べ、機能性食品成分の世界規模、市場動向、市場環境、成分の種類別(ビタミン、タンパク質・アミノ酸、ミネラル、プレバイオティクス・食物繊維、カロチノイド、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸、精油、その他)分析、効能別(栄養、骨の健康、心臓の健康、がん、免疫、その他)分析、用途別(ベビーフード、スポーツ・栄養バー、乳製品代替品、肉代替品、インスタント飲料、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCargill Incorporated、Nestle、Tate & Lyle PLC、Arla Food、Amway、Kerry Group PLC、Ingredion Incorporated、DSM NV、Archer Daniels Midland Company、Standard Functional Food Group Inc.、BASF SE、Herbalife、General Mills Inc.などです。 ・イントロダク …
  • アルブミンの世界市場:製品別(ヒト血清アルブミン、ウシ血清アルブミン、組み換え型アルブミン)、用途別(治療、製剤・ワクチン、媒介成分、その他)
    本資料は、アルブミンの世界市場について調べ、アルブミンの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(ヒト血清アルブミン、ウシ血清アルブミン、組み換え型アルブミン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アルブミンの世界市場概要 ・アルブミンの世界市場環境 ・アルブミンの世界市場動向 ・アルブミンの世界市場規模 ・アルブミンの世界市場:市場シェア ・アルブミンの世界市場:製品別(ヒト血清アルブミン、ウシ血清アルブミン、組み換え型アルブミン) ・アルブミンの世界市場:用途別(治療、製剤・ワクチン、媒介成分、その他) ・アルブミンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルブミンの北米市場規模・予測 ・アルブミンのアメリカ市場規模・予測 ・アルブミンのヨーロッパ市場規模・予測 ・アルブミンのアジア市場規模・予測 ・アルブミンの日本市場規模・予測 ・アルブミンの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミドルオフィス業務アウトソーシング市場規模、最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場概要 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場環境 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場動向 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場規模 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他) ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのヨーロッパ市場規模・ …
  • 北米の核医学/放射性医薬品市場:診断用(SPECT、PET)、治療用(ベータ放射体、アルファ放射体、小線源治療)
  • ファンデーションクリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ファンデーションクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファンデーションクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高圧ポンプ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • カーダンパーの世界市場
    当調査レポートでは、カーダンパーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーダンパーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のカード及び決済市場
  • フライトシミュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フライトシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライトシミュレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライトシミュレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CAE• FlightSafety International• L3 Link Simulation and Training• Rockwell Collins• Thales等です。
  • アミノ樹脂の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アミノ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アミノ樹脂の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアミノ樹脂の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARCL Organics、BASF、Hexion、HEXZA、INEOS等です。
  • 塗料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塗料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・剤型別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • EMI(電磁)シールドの世界市場予測(~2024年)
    EMI(電磁)シールドの世界市場は、2019年の63億米ドルから2024年には82億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。EMI(電磁)シールドの需要は、クロック周波数の増加、高スルーレート、パッケージの高密度化、さらに小型、軽量、安価、低消費電力のデバイスへの需要の高まりによって高まっています。この市場の成長を促す要因として、5G技術の実行可能性を実現するための実地試験とパイロットプロジェクトによる継続的な実証および厳格なEMI規制などが考えられます。当調査レポートでは、EMI(電磁)シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料(EMIシールドテープ・ラミネート、導電性コーティング剤・塗料、金属シールド、導電性 …
  • フェノール樹脂の世界市場予測(~2021年):レゾール樹脂、ノボラック樹脂
    当調査レポートでは、フェノール樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、フェノール樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動四輪車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電動四輪車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動四輪車市場規模、パワートレインタイプ別(従来型燃料四輪車、電動四輪車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動四輪車の世界市場概要 ・電動四輪車の世界市場環境 ・電動四輪車の世界市場動向 ・電動四輪車の世界市場規模 ・電動四輪車の世界市場:業界構造分析 ・電動四輪車の世界市場:パワートレインタイプ別(従来型燃料四輪車、電動四輪車) ・電動四輪車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電動四輪車の北米市場規模・予測 ・電動四輪車のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電動四輪車のアジア太平洋市場規模・予測 ・電動四輪車の主要国分析 ・電動四輪車の世界市場:意思決定フレームワーク ・電動四輪車の世界市場:成長要因、課題 ・電動四輪車の世界市場:競争環境 ・電動四輪車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のシリコーンゴム電力ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコーンゴム電力ケーブル市場2015について調査・分析し、シリコーンゴム電力ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 喘息&COPDの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、喘息&COPDの世界市場について調査・分析し、喘息&COPDの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 喘息&COPD治療の概要 3. 喘息&COPD治療:世界市場2016-2026 4. 気管支拡張薬単剤治療市場2016-2026 5. 抗炎症薬市場2016-2026 6. 配合剤市場2016-2026 7. 主要国市場2016-2026 8. 喘息&COPD治療市場における主要企業 9. 喘息&COPD治療のパイプライン分析2016-2026 10. 喘息&COPD治療市場の定性分析2016-2026 11. 結論 12. 用語集
  • サウジアラビアの土工機械市場2016-2020
    当調査レポートでは、サウジアラビアの土工機械市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サウジアラビアの土工機械市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • APT攻撃対策のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、APT攻撃対策のヨーロッパ市場について調査・分析し、APT攻撃対策のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の硫酸亜鉛市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸亜鉛市場2015について調査・分析し、硫酸亜鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸化プロピレンの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、酸化プロピレンの世界市場について調査・分析し、酸化プロピレンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 酸化プロピレンの世界市場:市場動向分析 - 酸化プロピレンの世界市場:競争要因分析 - 酸化プロピレンの世界市場:製造法別 ・クロロヒドリン法 ・クメン法 ・過酸化水素法 ・スチレンモノマー法 ・TBA副産物法 - 酸化プロピレンの世界市場:用途別 ・グリコールエーテル ・ポリエーテルポリオール ・プロピレングリコール ・その他 - 酸化プロピレンの世界市場:業界別 ・化学・医薬 ・建築・建設 ・パッケージング ・自動車 ・エレクトロニクス ・テキスタイル・家具 ・その他 - 酸化プロピレンの世界市場:主要地域別分析 - 酸化プロピレンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 酸化プロピレンのヨーロッパ市場規模 - 酸化プロピレンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・酸化プロピレンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 医薬品グレードラクトースの世界市場:タイプ別(結晶性一水和物ラクトース、吸入ラクトース、粒状ラクトース、噴霧乾燥ラクトース)、用途別(錠剤製造、カプセル製造)、地域別予測
    本資料は、医薬品グレードラクトースの世界市場について調べ、医薬品グレードラクトースの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(結晶性一水和物ラクトース、吸入ラクトース、粒状ラクトース、噴霧乾燥ラクトース)分析、用途別(錠剤製造、カプセル製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF SE、Merck KGaA、Kerry Inc、DFE Pharma、Meggle 、Armor Pharma、Alpavit、Bayer AG、Novartis AG、Sigma-Aldrich PLC、Abbott Laboratories、AstraZeneca PLC などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医薬品グレードラクトースの世界市場概要 ・医薬品グレードラクトースの世界市場環境 ・医薬品グレードラクトースの世界市場動向 ・医薬品グレードラクトースの世界市場規模 ・医薬品グレードラクトースの世界市場規模:タイプ別(結晶性一水和物ラクトース、吸入ラクト …
  • レモネード飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レモネード飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レモネード飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 レモネード飲料は、主な原材料としてレモンやレモン濃縮物を使って作られた飲料です。レモネード味は、ソフトドリンク、ジュースその他で一般的に使用されています。レモン味以外にも、ラズベリー、イチゴ、その他の味を使ったレモネードもあります。Technavio社はレモネード飲料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Britvic• THE COCA-COLA COMPANY• Dr Pepper Snapple• PepsiCo等です。
  • アンチブルーレイ放射線眼鏡の世界市場予測2019-2024
    「アンチブルーレイ放射線眼鏡の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、処方、非処方など、用途別には、Man、Womanなどに区分してまとめた調査レポートです。アンチブルーレイ放射線眼鏡のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の世界市場概要(サマリー) ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の企業別販売量・売上 ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の企業別市場シェア ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の世界市場規模:種類別(処方、非処方) ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の世界市場規模:用途別(Man、Woman) ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アンチブルーレイ放射線眼鏡のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アンチブルーレイ放射線眼鏡の中東・アフリカ市場 …
  • 女性用アパレルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性用アパレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用アパレルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーザー保護メガネの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レーザー保護メガネの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー保護メガネの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 油脂の世界市場予測(~2021年):パーム油、大豆油、菜種油、ひまわり油、オリーブ油
    当調査レポートでは、油脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、動物性脂肪別分析、用途別分析、形状別分析、油脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属不活性化剤の世界市場
    当調査レポートでは、金属不活性化剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・金属不活性化剤の世界市場:形態別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:金属別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・金属不活性化剤のアメリカ市場規模予測 ・金属不活性化剤のヨーロッパ市場規模予測 ・金属不活性化剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • スウェーデンの整形外科装置市場見通し
  • 車載組み込みシステムの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、車載組み込みシステムの世界市場について調査・分析し、車載組み込みシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 車載組み込みシステムの世界市場:市場動向分析 - 車載組み込みシステムの世界市場:競争要因分析 - 車載組み込みシステムの世界市場:車種別 ・商用車 ・乗用車 - 車載組み込みシステムの世界市場:種類別 ・組み込みソフトウェア ・組み込みハードウェア - 車載組み込みシステムの世界市場:電気自動車 ・ハイブリッド車(HEV) ・プラグインハイブリッド車(PHEV) ・バッテリー式電気自動車(BEV) - 車載組み込みシステムの世界市場:コンポーネント別 イントロダクション トランシーバー センサー メモリデバイス マイクロコントローラ (MCU) - 車載組み込みシステムの世界市場:用途別 ・車体用エレクトロニクス ・パワートレイン/シャーシ制御 ・安全・セキュリティ ・インフォテインメント・テレマティクス - 車載組み込みシステムの世界市場:主要地域別分析 - 車載組み込 …
  • 動力式 芝刈り機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動力式 芝刈り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力式 芝刈り機の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジカウイルス用ワクチンの世界市場機会分析
  • CBRN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)対応の世界市場
    当調査レポートでは、CBRN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)対応の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CBRN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)対応の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合ベアリングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、複合ベアリングの世界市場規模が2017年38.0億ドルから2026年81.9億ドルまで年平均8.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、複合ベアリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、複合ベアリング市場規模、材料別(POM(ポリオキシメチレン)複合材料、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)複合材料)分析、用途別(海洋、農業、航空宇宙、自動車、建設・鉱業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 複合ベアリングの世界市場:市場動向分析 ・ 複合ベアリングの世界市場:競争要因分析 ・ 複合ベアリングの世界市場:材料別(POM(ポリオキシメチレン)複合材料、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)複合材料) ・ 複合ベアリングの世界市場:用途別(海洋、農業、航空宇宙、自動車、建設・鉱業) ・ 複合ベアリングの世界市場:主要地域別分析 ・ 複合ベアリングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 複合ベ …
  • 二輪車用触媒コンバーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用触媒コンバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性の性的欲求低下障害:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における女性の性的欲求低下障害の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、女性の性的欲求低下障害治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・女性の性的欲求低下障害の概要 ・女性の性的欲求低下障害の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の女性の性的欲求低下障害治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・女性の性的欲求低下障害治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・女性の性的欲求低下障害治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • プロバイオティクス成分の世界市場分析:成分別(細菌(乳酸菌、ビフィドバクテリウム、連鎖球菌)、酵母、胞子形成菌)、エンドユーザー別(ヒトプロバイオティクス、動物プロバイオティクス)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プロバイオティクス成分の世界市場について調査・分析し、プロバイオティクス成分の世界市場動向、プロバイオティクス成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別プロバイオティクス成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場規模が2017年78.6億ドルから2026年138.6億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチング市場規模、装置・サービス種類別(セメント装置・サービス、ケーシング装置・サービス)分析、種類別(ケージング、セメンチング)分析、ウェル種類別(垂直式ウェル、水平式ウェル)分析、作動タイプ別(修復セメント、一次セメント、他の作動タイプ)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:市場動向分析 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:競争要因分析 ・ …
  • メラノコルチン4受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるメラノコルチン4受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・メラノコルチン4受容体アゴニストの概要 ・メラノコルチン4受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のメラノコルチン4受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・メラノコルチン4受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・メラノコルチン4受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"