"量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場予測:Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージ"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE5169)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場予測:Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージ"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The QCL market projected to grow at a CAGR of 3.9% during 2019–2025” The quantum cascade laser (QCL) market is projected to grow from USD 355 million in 2019 to USD 422 million by 2025, at a CAGR of 3.9% during the forecast period. Increasing the use of quantum cascade lasers in gas sensing and chemical detection applications and growing demand for quantum cascade lasers in healthcare applications are the key factors driving the growth of the quantum cascade laser market.

“The QCL market for Distributed feedback fabrication technology to hold the largest market size during the forecast period”
The market for distributed feedback fabrication technology is expected to hold the largest market size during the forecast period. Distributed feedback (DFB) QCLs are the most widely used QCLs. These are single-mode QCLs and can be operated in both continuous wave mode and pulsed mode. In this type, the single-mode operation can be achieved even at higher operating currents. They are deployed in gas sensing devices in the industrial sector.

“The Industrial End Use is expected to hold the largest share of the quantum cascade laser market in 2019”
The industrial end-user is expected to hold the largest quantum cascade laser market share in 2019. The most important applications of QCLs are gas sensing and measurement. It is essential to detect various gases and measure their concentration in industrial processes to ensure the safety of the facility, equipment, and personnel. Recent advancements in QCLs make them a preferable non-cryogenic source for real-time spectroscopic monitoring. In addition, ideal optical power and high beam quality make them preferred for long open-path monitoring systems.

“North America to dominate the quantum cascade laser market in 2019”
North America would dominate the QCL market in 2019. The increasing research and development (R&D) in the field of quantum cascade lasers in terms of new and improved technologies and the growing need for improved lifestyle are the two crucial factors driving the North American market. The growing R&D at both academic and industrial levels is broadening the application areas of quantum cascade lasers in different industries such as healthcare, telecommunication, and military & defense, especially in North America.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and sub-segments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the quantum cascade laser market space. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1= 55%, Tier 2 = 20%, and Tier 3 =25%
• By Designation: C-level Executives =75% and Directors =25%,
• By Region: North America = 10%, Europe = 20%, APAC = 40%, and RoW = 30%

Thorlabs (US), Hamamatsu Photonic K.K (Japan), mirSense (France), Emerson Electric Co. (US), Block MEMS (US), Wavelength Electronics Inc (US), Pranalytica (US), DRS Daylight Solutions (US), PNNL(US), and nanoplus Nanosysytems Technologies GmbH (Germany), Lasermax Inc. (US), Picarro Inc (US), Akela Laser Corporation (US), Aerodyne Research Inc., Alpes Laser (Switerzland), Power Technology Inc(US), Boston Electronics Corporation, Frankfurt Company, MG Optical (Germany), SacherLaser Technik (Germany), AdTech Optics (US), Longwave Photonics(US), and Eluxi Ltd.(UK) are a few of the major companies dominating the quantum cascade laser market.

Research Coverage:
This research report categorizes the global quantum cascade laser market based on fabrication technology, operation mode, packaging type, end-user, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the QCL industry and forecasts the same till 2025.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the QCL market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product developments and launches, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場予測:Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージ"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Analysis
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Introduction
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Quantum Cascade Laser (QCL) Market
4.2 QCL Market, By Operation Mode
4.3 QCL Market, By Packaging Type
4.4 APAC QCL Market, By End User and Country
4.5 QCL Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Commercialization of Quantum Cascade Lasers
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Use of Quantum Cascade Lasers in Gas Sensing and Chemical Detection Applications
5.3.1.2 Growing Demand for Quantum Cascade Lasers in Healthcare Applications
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 High Costs of QCL-Based Devices
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Use of Quantum Cascade Lasers in Free-Space Optical Communication
5.3.3.2 Huge Potential for Use in Military Applications
5.3.3.3 Development of QCL-Based Devices Capable of Detecting Multiple Gases
5.3.3.4 Development of Terahertz Quantum Cascade Laser Technology
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Complexity of Circuitry and Requirement for Skilled Workforce
6 Industry Trends (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Intensity of Competitive Rivalry
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Buyers
6.3.4 Bargaining Power of Suppliers
6.3.5 Threat of New Entrants
6.4 Use Cases
6.4.1 Standoff Detection of Chemical and Biological Threats
6.4.2 Precision Gas Detection and Measurement Using QCL–Based Sensors
7 Quantum Cascade Laser Market, By Fabrication Technology (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Fabry-Perot
7.2.1 Fabry-Perot QCLs Can Operate in Multi-Mode Light Broad Range at High Operating Current
7.3 Distributed Feedback
7.3.1 Distributed Feedback are Single-Mode QCLs and Can Operate in Both Continuous and Pulse Operation Modes
7.4 Tunable External Cavities
7.4.1 Tunable External Cavities QCLs have A High Spectral Tuning Range Than Distributed Feedback QCLs
8 Quantum Cascade Laser Market, By Operation Mode (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 Continuous Wave
8.2.1 Continuous Wave Operation Mode Provides Uninterrupted Laser Beam With Constant Amplitude and Frequency of the Wave
8.3 Pulsed
8.3.1 Pulsed Wave Operation Mode Consumes Les Power to Obtain Low Duty Cycle
9 Quantum Cascade Laser Market, By Packaging Type (Page No. – 72)
9.1 Introduction
9.2 C-Mount Package
9.2.1 C-Mount Packaging Type is Used for Devices That Operate in the Wavelength Range of 680–980 Nanometers (NM).
9.3 HHL & VHL Package
9.3.1 HHL & VHL Packaging to Grow at A Significant Rate During Forecast Period Due to Increasing Adoption By Industrial End Users
9.4 To3 Package
9.4.1 To3 Packaging is Commonly Used By Silicon-Controlled Rectifiers (SCRS), Power Transistors, and High-Output Semiconductor Devices
10 Quantum Cascade Laser Market, By End User (Page No. – 84)
10.1 Introduction
10.2 Industrial
10.2.1 QCL-Based Analyzers are Deployed for Gas Sensing and Measurement Applications By Industrial End Users
10.3 Healthcare
10.3.1 QCL-Based Breath Analyzers are Widely Being Adopted Over the Traditional Lead–Salt Diode-Based Breath Analyzers By Healthcare End Users
10.4 Telecommunication
10.4.1 QCL Technology is Maturing Gradually, Its Adoption in Free-Space Optical Communication is Expected to Increase in the Future
10.5 Military & Defense
10.5.1 Fabry-Perot QCLs, are Deployed in Military Applications Such as Infrared Countermeasures (IRCM) for Targeting and Detecting Explosives and Drugs
10.6 Others
10.6.1 QCLs Based Products Finds Its Application in Education and R&D Applications
11 Geographical Analysis (Page No. – 108)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 Increasing Investment in R&D for Developing QCL Based Technology to Drive the Market
11.2.2 US
11.2.2.1 Key Factors Driving the US Market are the Deployment of Laser Weapons in Defense and Use of Laser in Healthcare Procedures
11.2.3 Canada
11.2.3.1 Increasing Focus on R&D to Drive the Canadian QCL Market During Forecast Period
11.2.4 Mexico
11.2.4.1 Increasing Adoption of QCL Based Products By Industrial End Users to Drive the Mexican Market
11.3 Europe
11.3.1 Regional Regulation Provide Competitive Edge to European QCL Manufacturer
11.3.2 UK
11.3.2.1 UK Government is Developing Energy-Efficient Devices and Low Carbon Emission Products Through Expansion of Laser Technology
11.3.3 Germany
11.3.3.1 Increasing Bandwidth Requirement in Mobile Telephone and Data Center Networks Fuels the Growth of the QCL Market in Germany
11.3.4 France
11.3.4.1 Increasing Adoption of Laser Technology in the Healthcare Vertical for Diagnosis and Therapy is Expected to Drive the Market During Forecast Period
11.3.5 Rest of Europe
11.3.5.1 Increasing Adoption of New Technologies for High-Speed Data Connectivity to Drive the Market in Rest of Europe
11.4 Asia Pacific (APAC)
11.4.1 High Military and Defense Expenditure By China and India to Boost the Demand for QCL Products
11.4.2 China
11.4.2.1 Adoption of QCLs in Applications Such as Gas Spectroscopy, Breathe Analyzers, and Free-Space Optical Communication is Expected to Grow During Forecast Period
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Increasing Expenditure in R&D and Presence of Major QCLs Manufacturer are Expected to Drive the Japanese QCL Market
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 South Korean QCL Market is Expected to Grow at Significant Rate During Forecast Period
11.4.5 India
11.4.5.1 Massive Deployment of Networks to Enable High-Speed Connectivity and Signal Availability in the Country to Propel QCL Technology
11.4.6 Rest of APAC
11.4.6.1 Advantages of Laser Technology in Terms of Design and Cost Expected to Boost Consumption of QCL-Based Products
11.5 RoW
11.5.1 Growing Demand for Gas Detection and Measurement Products in Oil & Gas Exploration to Drive the Market
11.5.2 Middle East & Africa
11.5.2.1 Increasing Threats of Biological and Chemical Warfare Threats in the Middle East Expected to Fillip the Demand for QCL Technology
11.5.3 South America
11.5.3.1 Increasing Demand for QCL for Gas Spectroscopy and Monitoring Applications to Drive the Market in South America
12 Competitive Landscape (Page No. – 130)
12.1 Introduction
12.2 Market Ranking Analysis, 2018
12.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Dynamic Differentiators
12.3.3 Innovators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Business Strategy Excellence (For All 25 Players)
12.5 Strength of Product Portfolio (For All 25 Players)
12.6 Competitive Situations and Trends
12.6.1 Product Launches
12.6.2 Collaborations
12.6.3 Contracts
13 Company Profiles (Page No. – 139)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Key Players
13.2.1 Block MEMS
13.2.2 Wavelength Electronics, Inc.
13.2.3 Hamamatsu Photonics K.K.
13.2.4 Thorlabs, Inc
13.2.5 Alpes Lasers SA
13.2.6 Mirsense
13.2.7 Pranalytica, Inc.
13.2.8 Akela Laser Corporation
13.2.9 Emerson Electric Corporation
13.2.10 Nanoplus Nanosystems and Technologies GmbH
13.3 Other Companies
13.3.1 Adtech Optics
13.3.2 Drs Daylight Solutions
13.3.3 Sacher Lasertechnik
13.3.4 Boston Electronics Corporation
13.3.5 Lasermax Inc.
13.3.6 Frankfurt Laser Company
13.3.7 Aerodyne Research Inc.
13.3.8 Physical Science Inc
13.3.9 Power Technology Inc.
13.3.10 Allied Scientific Pro LLC
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 162)
14.1 Insights From Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場予測:Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージ
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE5169
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場予測:Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ハイバリア性パウチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイバリア性パウチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイバリア性パウチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 光インターコネクトの世界市場見通し2016-2022:光学エンジン、シリコンフォトニクス、光トランシーバ、コネクタ、ケーブルアセンブリ、PICベースインターコネクト、自由空間光通信・ファイバ・導波路
    当調査レポートでは、光インターコネクトの世界市場について調査・分析し、光インターコネクトの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・光インターコネクトの世界市場:市場動向分析 ・光インターコネクトの世界市場:競争要因分析 ・光インターコネクトの世界市場:用途別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:ファイバーモード別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:インタコネクトレベル別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:製品別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:地域別分析/市場規模 ・光インターコネクトの北米市場規模 ・光インターコネクトの欧州市場規模 ・光インターコネクトのアジア市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • スマートフォンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートフォン市場規模、価格帯別(500米ドル以上、200-500米ドル、100-200米ドル、100米ドル以下)分析、OS別(ウィンドウズ、アンドロイド、iOS、BlackberryOS、その他)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、サイズ別(6.0"以上、4.0"–5.0"、4.0"以下)分析、RAMサイズ別(8GB以下、2GB–4GB、2GB以下)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートフォンの世界市場:市場動向分析 ・ スマートフォンの世界市場:競争要因分析 ・ スマートフォンの世界市場:価格帯別(500米ドル以上、200-500米ドル、100-200米ドル、100米ドル以下) ・ スマートフォンの世界市場:OS別(ウィンドウズ、アンドロイド、iOS、BlackberryOS、その他) ・ スマートフォンの世界市場:流通経路別(オフライン、 …
  • 塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、塗料&コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、ポリエステル)分析、技術別(水系、溶剤系、粉体)分析、用途別(建築[住宅、非住宅]、工業用)分析、塗料&コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、塗料&コーティング剤の世界市場規模が2019年1539億万ドルから2024年1999億万ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。
  • 世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別
    MarketsandMarkets社は、農業用ロボットの世界市場規模が2020年74億ドルから2025年206億ドルまで年平均22.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の農業用ロボット市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、サービス)分析、種類別(無人航空機(UAVS)/ドローン、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム、その他)分析、農業環境別(屋外、屋内)分析、農産物別(果物&野菜、畑作物、乳牛、家畜、その他)分析、用途別(収穫管理、フィールドファーミング、酪農および家畜管理、土壌管理、灌漑管理、剪定管理、気象追跡および監視、在庫管理、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の農業用ロボット市場:提供別(ハードウェア、サービス) ・世界の農業用ロボット市場:種類別(無人航空機(UAVS)/ドローン、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム、その他) ・世界の農業用ロボット市 …
  • バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオシミラー(バイオ後続品)市場規模、用途別(腫瘍学・血液学、内分泌学、免疫学、腎臓学)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場概要 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場環境 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場動向 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場規模 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場:業界構造分析 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場:用途別(腫瘍学・血液学、内分泌学、免疫学、腎臓学) ・バイオシミラー(バイオ後続品)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオシミラー(バイオ後続品)の北米市場規模・予測 ・バイオシミラー(バイオ後続品)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・バイオシミラー(バイオ後続品)のアジア太平洋市場規模・予測 ・バイオシミラー(バイオ …
  • 超音波式NDT(非破壊試験)装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超音波式NDT(非破壊試験)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波式NDT(非破壊試験)装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティング眼鏡フレームの世界市場予測2019-2024
    「3Dプリンティング眼鏡フレームの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ポリアミド 12 (ナイロン)、感光性樹脂、フィラメント、金属など、用途別には、Prescription Glasses、Sunglasses、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。3Dプリンティング眼鏡フレームのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3Dプリンティング眼鏡フレームの世界市場概要(サマリー) ・3Dプリンティング眼鏡フレームの企業別販売量・売上 ・3Dプリンティング眼鏡フレームの企業別市場シェア ・3Dプリンティング眼鏡フレームの世界市場規模:種類別(ポリアミド 12 (ナイロン)、感光性樹脂、フィラメント、金属) ・3Dプリンティング眼鏡フレームの世界市場規模:用途別(Prescription Glasses、Sunglasses、Others) ・3Dプリンティング眼鏡フレームの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メ …
  • 炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の世界市場
    当調査レポートでは、炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンブラックの世界市場予測(~2021年):ファーネスブラック、チャネルブラック、サーマルブラック、アセチレンブラック
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、カーボンブラックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カスパーゼ活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカスパーゼ活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カスパーゼ活性因子の概要 ・カスパーゼ活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のカスパーゼ活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カスパーゼ活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カスパーゼ活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デセプション技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デセプション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デセプション技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の点眼薬市場規模・予測2017-2025:病気別(ドライアイ、網膜疾患、抗アレルギー/炎症/感染薬、抗緑内障薬)、剤形別(カプセル・タブレット、ゲル、目薬、点眼薬眼用ソリューション)、商品タイプ別(処方薬・ドラッグストア)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の点眼薬市場について調査・分析し、世界の点眼薬市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の点眼薬関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ギリシャヨーグルトの世界市場2017-2021:プレーン、フレーバー付
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ギリシャヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギリシャヨーグルトの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はギリシャヨーグルトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChobani、Dannon、FAGE、General Mills等です。
  • 世界の鉄道産業における発電機市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の鉄道産業における発電機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の鉄道産業における発電機市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ネットワーク対応兵器(NEW)市場規模、用途別(海上発射、空中発射、地上発射)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場概要 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場環境 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場動向 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場規模 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:業界構造分析 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:用途別(海上発射、空中発射、地上発射) ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のアメリカ市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のアジア市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の主要国分析 ・ネットワーク対 …
  • 世界の学習管理システム市場規模・予測2017-2025:用途別(内容管理、運営、学習者管理)、展開モード別(遠隔学習・講師主導型トレーニング)、展開別(オンプレミス・クラウド)、ユーザータイプ別(学術・企業)、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の学習管理システム市場について調査・分析し、世界の学習管理システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の学習管理システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 財務アナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、財務アナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、財務アナリティクス市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、種類別(照会・レポート・分析、データ統合ツール、コンサルティング・サポートサービス、データベース管理システム(DBMS)、アナリティクス・ソリューション、オンラインアナリティクス処理(OLAP)・可視化ツール、その他)分析、構成要素別(ソフトウェア、サービス)分析、企業規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(債権管理、収益性管理、予算管理、ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)管理、総勘定元帳管理、買掛金管理、資産負債総合管理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 財務アナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ 財務アナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ 財務アナリティクスの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・ 財務アナリティクスの世界市場:種類別(照会・レ …
  • 世界の細管レオメーター市場2016
    本調査レポートでは、世界の細管レオメーター市場2016について調査・分析し、細管レオメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成石英の世界市場予測(~2022年):石英結晶、石英ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、合成石英の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、合成石英の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インフルエンザワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、インフルエンザワクチン種類別分析(全粒子ワクチン、Split Virus Vaccines、サブユニットワクチン、弱毒化生ウイルスワクチン)、インフルエンザワクチン用途別分析(幼児(6か月から3歳)、3歳以上の子供・成人用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インフルエンザワクチンの市場概観 ・インフルエンザワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インフルエンザワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インフルエンザワクチンの世界市場規模 ・インフルエンザワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インフルエンザワクチンのアメリカ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのカナダ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのメキシコ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのヨ …
  • 世界のわら梱包機市場2015
    本調査レポートでは、世界のわら梱包機市場2015について調査・分析し、わら梱包機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱シールドの世界市場:自動車用途、航空機・防衛用途、アルミニウム製、金属製、非金属製
    当調査レポートでは、熱シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、材料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの心臓補助装置市場(~2021)
  • 酪農家畜管理の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、酪農家畜管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の化工デンプン市場
  • ソーラーランタン懐中電灯の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ソーラーランタン懐中電灯の世界市場について調査・分析し、ソーラーランタン懐中電灯の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ソーラーランタン懐中電灯シェア、市場規模推移、市場規模予測、ソーラーランタン懐中電灯種類別分析(100ルーメン未満、100-199ルーメン、200-299ルーメン、300ルーメン以上)、ソーラーランタン懐中電灯用途別分析(個人用途、商用用途)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ソーラーランタン懐中電灯の市場概観 ・ソーラーランタン懐中電灯のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ソーラーランタン懐中電灯のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ソーラーランタン懐中電灯の世界市場規模 ・ソーラーランタン懐中電灯の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ソーラーランタン懐中電灯のアメリカ市場規模推移 ・ソーラーランタン懐中電灯のカナダ市場規模推移 ・ソーラーランタン懐中電灯のメキシコ市場規模推移 ・ソーラーランタン懐中電灯のヨーロッパ市場分析( …
  • 急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場:薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー)、種類別(小児および成人)
    本資料は、急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場について調べ、急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界規模、市場動向、市場環境、薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場概要 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場環境 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場動向 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場規模 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場:薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー) ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL) …
  • ニュージーランドの血栓管理装置市場見通し
  • 世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別
    MarketsandMarkets社は、土壌試験装置の世界市場規模が2019年33億ドルから2025年62億ドルまで年平均10.8%成長すると予測しています。本書は、世界の土壌試験装置市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(農業、建設、その他)分析、試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験)分析、自動化程度別(手動、自動、半自動)分析、現場別(研究室、オンサイト)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の土壌試験装置市場:エンドユーズ産業別(農業、建設、その他) ・世界の土壌試験装置市場:試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験) ・世界の土壌試験装置市場:自動化程度別(手動、自動、半自動) ・世界の土壌試験装置市場:現場別(研究室、オンサイト) ・世界の土壌試験装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 硝酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硝酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硝酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルバンキングプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    デジタルバンキングプラットフォームの市場は、2018年の33億米ドルから2023年には57億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は11.2%と予測されています。この市場の成長を促進する重要な要因として考えられるのが、顧客体験の向上、スケーラビリティの向上を目的としたクラウドベースプラットフォームの採用の増加、ビジネスプロセスの合理化を目的としたスマートフォンとタブレットの採用の増加などです。当調査レポートでは、デジタルバンキングプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(リテールバンキング、コーポレートバンキング)分析、バンキングモード別(オンライン、モバイル)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、デジタルバンキングプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドキュメントスキャナの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドキュメントスキャナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドキュメントスキャナ市場規模、イメージセンサ別(CCD、CIS)分析、種類別(フラットベッドメカニックス、ドキュメントスキャナ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brother Industries, Canon, Fujitsu, HP, Seiko Epsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドキュメントスキャナの世界市場概要 ・ドキュメントスキャナの世界市場環境 ・ドキュメントスキャナの世界市場動向 ・ドキュメントスキャナの世界市場規模 ・ドキュメントスキャナの世界市場:業界構造分析 ・ドキュメントスキャナの世界市場:イメージセンサ別(CCD、CIS) ・ドキュメントスキャナの世界市場:種類別(フラットベッドメカニックス、ドキュメントスキャナ) ・ドキュメントスキャナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドキュメントスキャナの北米市場規模・予測 ・ド …
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:日本の治療薬市場
  • 分子分光分析法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、分子分光分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分子分光分析法の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 上顆炎(Epicondylitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上顆炎(Epicondylitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上顆炎(Epicondylitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上顆炎(Epicondylitis)の概要 ・上顆炎(Epicondylitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上顆炎(Epicondylitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上顆炎(Epicondylitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • イスラエルの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 航空機用照明の世界市場予測:商業、軍事、ビジネスジェットおよび一般航空、ヘリコプター
    MarketsandMarkets社は、航空機用照明の世界市場規模が2019年11億ドルから2030年21億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、航空機用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、航空機種類別(商業、軍事、ビジネスジェットおよび一般航空、ヘリコプター)分析、光源別(LED、蛍光灯)分析、ライト種類別(インテリアライト、エクステリアライト)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、航空機用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエチレンテレフタレート(PET)包装市場規模、包装形態別(フレキシブル包装(軟質包装)、リジッド包装(硬質包装)、その他)分析、形状別(PET(結晶性ポリエチレンテレフタレート)、PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート))分析、製品別(リッド/キャップ、クロージャー、トレイ、バッグ・パウチ、ボトル・ジャー、その他(クラムシェル、カップ))分析、充填技術別(無菌充填、低温充填(コールドフィル)、高温充填(ホットフィル)、その他)分析、エンドユーザー別(医薬品、家庭用品、パーソナルケア用品・化粧品、工業製品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場:市場動向分析 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場:競争要因分析 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市 …
  • 海上保険の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、海上保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海上保険の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ安定性制御の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ安定性制御の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ安定性制御市場規模、OEM別(BMW、Ducati Motor、その他、KTM Sportmotorcycle)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ安定性制御の世界市場概要 ・オートバイ安定性制御の世界市場環境 ・オートバイ安定性制御の世界市場動向 ・オートバイ安定性制御の世界市場規模 ・オートバイ安定性制御の世界市場:業界構造分析 ・オートバイ安定性制御の世界市場:OEM別(BMW、Ducati Motor、その他、KTM Sportmotorcycle) ・オートバイ安定性制御の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ安定性制御のアメリカ市場規模・予測 ・オートバイ安定性制御のヨーロッパ市場規模・予測 ・オートバイ安定性制御のアジア市場規模・予測 ・オートバイ安定性制御の主要国分析 ・オートバイ安定性制御の世界市場:意思 …
  • プロバイオティクス成分の世界市場予測(~2023年)
    プロバイオティクス成分の世界市場は、2018年の2億6,800万米ドルから2023年には4億200万米ドルに達し、この期間中8.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大気汚染削減を目的とした各国政府による環境・安全規制、セメント・鉱業業界の成長、ならびに産業業界における安全な労働環境要件などが考えられます。一方で、公害防止改革の遅れや市場に不利な経済状況により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、プロバイオティクス成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(機能性食品・飲料、医薬品、動物の栄養)分析、ソース(バクテリア、酵母)分析、形態(粉体、液体)分析、エンドユーザー(ヒト、動物)分析、プロバイオティクス成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物成長調整剤(PGR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、植物成長調整剤(PGR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物成長調整剤(PGR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dレンダリングサービスの世界市場:サービス別(インテリアの視覚化、エクステリアの視覚化、モデリングサービス、ウォークスルーとアニメーション、フロアプラン)、エンドユーザー別(建築家、デザイナー、エンジニアリング会社、不動産会社)、プロジェクトタイプ別(商業プロジェクト、住宅プロジェクト)
    本市場調査レポートでは3Dレンダリングサービスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、サービス別(インテリアの視覚化、エクステリアの視覚化、モデリングサービス、ウォークスルーとアニメーション、フロアプラン)分析、エンドユーザー別(建築家、デザイナー、エンジニアリング会社、不動産会社)分析、プロジェクトタイプ別(商業プロジェクト、住宅プロジェクト)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・3Dレンダリングサービスの世界市場:サービス別(インテリアの視覚化、エクステリアの視覚化、モデリングサービス、ウォークスルーとアニメーション、フロアプラン) ・3Dレンダリングサービスの世界市場:エンドユーザー別(建築家、デザイナー、エンジニアリング会社、不動産会社) ・3Dレンダリングサービスの世界市場:プロジェクトタイプ別(商業プロジェクト、住宅プロジェクト) ・3Dレンダリングサービスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • マイクロPLCの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロPLCの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • FMCG(日用品)包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FMCG(日用品)包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FMCG(日用品)包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドの体外式除細動器市場(~2021)
  • 免疫治療薬の世界市場:モノクローナル抗体、免疫チェックポイント阻害薬、ワクチン、非特異的免疫療法
    当調査レポートでは、免疫治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 結膜炎治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、結膜炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、結膜炎治療薬市場規模、種類別(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・結膜炎治療薬の世界市場概要 ・結膜炎治療薬の世界市場環境 ・結膜炎治療薬の世界市場動向 ・結膜炎治療薬の世界市場規模 ・結膜炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・結膜炎治療薬の世界市場:種類別(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎) ・結膜炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結膜炎治療薬の北米市場規模・予測 ・結膜炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・結膜炎治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・結膜炎治療薬の主要国分析 ・結膜炎治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・結膜炎治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・結膜炎治療薬の世界市場:競争環境 ・結膜炎治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • テキスタイルフィルムの世界市場予測(~2023年)
    テキスタイルフィルムの世界市場は、2018年の45億米ドルから2023年には62億米ドルに達し、この期間中6.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因としてベビー用おむつや生理用ナプキンといった衛生製品の使用の増加、高齢者人口の増加、インフラ分野の成長、都市化の拡大、さらには女性・子供の衛生状態を適切に維持することに対する意識の高まりが考えられます。一方で、原材料価格の不安定さが市場の成長を抑制しています。 テキスタイルフィルムの製造に使用される原材料のほとんどは石油製品で、これらの価格は、最近5年ぶりの安値を記録し、非常に不安定で、市場の成長に影響を与えました。当調査レポートでは、テキスタイルフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(通気性、非通気性)分析、材料別(PE、PP、PU、その他)分析、用途別(衛生用品、医療、スポーツウェア、保護服)分析、テキスタイルフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"