"細胞解析の世界市場予測:顕微鏡、分光光度計、フローサイトメトリー(ソフトウェア、アクセサリー)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT2358)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"細胞解析の世界市場予測:顕微鏡、分光光度計、フローサイトメトリー(ソフトウェア、アクセサリー)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Funding for cell-based research and rising incidence of chronic and infectious diseases are expected to drive the overall growth of the cell analysis market.”The cell analysis market is expected to reach USD 22.7 billion by 2024 from USD 16.0 billion in 2019, at a CAGR of 7.2% during the forecast period. This market is experiencing significant growth due to factors such as increasing government funding for cell-based research and the rising incidence of chronic and infectious diseases. However, the high installation and implementation costs of cell analysis systems and inadequate infrastructure and R&D funding in emerging economies may hinder the pace of market growth.

“The cell identification segment is expected to dominate the market during the forecast period.”
Based on process, the global cell analysis market is segmented into cell identification, cell viability, cell signaling pathway/signal transduction, cell proliferation, cell counting & quality control, cell interaction, cell structure study, target identification & validation, and single-cell analysis. In 2018, the cell identification segment commanded the largest share of the global cell analysis market. This is primarily attributed to the high usage of this process to identify cancerous cells and common food-borne diseases.

“Pharmaceutical & biotechnology companies and CROs to witness the highest growth in the cell analysis market.”
Based on end users, the cell analysis market is segmented into hospitals & diagnostic laboratories, research institutes, pharmaceutical & biotechnology companies and CROs, cell culture collection repositories, and other end users. The pharmaceutical & biotechnology companies and CROs segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. These facilities use cell analysis instruments and consumables during various stages of drug discovery, drug research and development, pharmacokinetics, toxicology, and clinical studies. Growing regulatory approvals for cell culture-based vaccines, increasing pharmaceutical R&D expenditure, and commercial expansion of various pharmaceutical companies are driving the growth of this end-user segment.

“North America to dominate the market during the forecast period.”
Geographically, the cell analysis market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. In 2018, North America accounted for the largest share of the cell analysis market. Factors such as the presence of a favorable business environment, growing government support through funds and grants, growing number of research activities, rising number of drug discovery initiatives by pharmaceutical & biotechnology companies in the US, and the strong presence of key players in this region are driving the growth of the cell analysis market in North America.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type – Tier 1: 36%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 19%
• By Designation – C-level: 33%, D-level: 40%, and Others: 27%
• By Region – North America: 35%, Europe: 27%, Asia Pacific: 18%, Latin America: 16%, Middle East and Africa: 4%

List of Companies Profiled in the Report
• Thermo Fisher Scientific (US)
• Danaher Corporation (US)
• Becton, Dickinson and Company (BD) (US)
• GE Healthcare (US)
• Merck KGaA (Germany)
• Agilent Technologies (US)
• Olympus Corporation (Japan)
• Promega Corporation (US)
• PerkinElmer (US)
• Tecan Trading AG (Switzerland)
• Miltenyi Biotec (Germany)
• Carl Zeiss (Germany)
• Bio-Rad Laboratories (US)
• Sysmex Corporation (Japan)
• BioStatus Limited (UK)
• NanoCellect Biomedical (US)
• Cell Biolabs, Inc. (US)
• Creative Bioarray (US)
• Meiji Techno (US)
• Cytek Biosciences, Inc. (US)

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global cell analysis market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product, process, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall cell analysis market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"細胞解析の世界市場予測:顕微鏡、分光光度計、フローサイトメトリー(ソフトウェア、アクセサリー)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Growth Forecast
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Cell Analysis: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Cell Analysis Market Share, By End User & Country (2018)
4.3 Market, By Product, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.4 Market, By Process, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.5 Market, By End User (2019–2024)
4.6 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Funding for Cell-Based Research
5.2.1.2 Rising Incidence of Chronic and Infectious Diseases
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Cell Analysis Instruments
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Economies
5.2.3.2 Applications of Cell Analysis in Personalized Medicine
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Cell Analysis Market, By Product (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Flow Cytometry Products
6.2.1 Reagents & Consumables
6.2.1.1 Flow Cytometry Reagents & Consumables to Dominate the Flow Cytometry Products Market
6.2.2 Instruments
6.2.2.1 Development of Technologically Advanced Cell Analyzers to Drive the Flow Cytometry Instruments Market
6.2.3 Accessories
6.2.3.1 Flow Cytometry Accessories Enable End Users to Customize Flow Cytometry Instruments
6.2.4 Software
6.2.4.1 Technological Developments and the Increasing Availability of A Wide Range of Data Analysis Software to Drive the Market for Flow Cytometry Software
6.3 Qpcr Products
6.3.1 Reagents & Consumables
6.3.1.1 Qpcr Reagents & Consumables to Dominate the Qpcr Products Market During the Forecast Period
6.3.2 Instruments
6.3.2.1 the Use of Qpcr Instruments is Being Driven By Continuous Technological Advancements and the Increasing Availability of Innovative Qpcr Instruments
6.4 Cell Microarrays
6.4.1 Consumables
6.4.1.1 Growing Applications of Microarrays in Various Fields and the Regular, Repeated, & Bulk Purchase of Consumables to Support Market Growth
6.4.2 Instruments
6.4.2.1 Cell Microarray Instruments are Widely Used in Gene Expression, Functional Biology, and Drug Discovery Research
6.5 Microscopes
6.5.1 Electron Microscopes
6.5.1.1 Electron Microscopes Segment to Dominate the Microscopes Market
6.5.2 Inverted Microscopes
6.5.2.1 Inverted Microscopes Facilitate the Imaging of Live Cells Or Microorganisms in Natural Conditions
6.5.3 Stereo Microscopes
6.5.3.1 Stereo Microscopes are Low-Magnification Microscopes Often Used for Observing Large Biological Samples
6.5.4 Fluorescence & Confocal Microscopes
6.5.4.1 Fluorescence Microscopes are Essential Instruments in Live-Cell Image Analysis
6.5.5 Phase-Contrast Microscopes
6.5.5.1 Phase-Contrast Microscopy is an Illumination Technology That Enhances the Imaging of Transparent and Colorless Objects Without the Staining of Slides
6.5.6 Near-Field Scanning Optical Microscopes
6.5.6.1 Nsoms Have Wide Applications in the Life Sciences Sector
6.5.7 Other Microscopes
6.6 Spectrophotometers
6.6.1 Single-Mode Readers
6.6.1.1 Single-Mode Readers to Dominate the Spectrophotometers Market
6.6.2 Multi-Mode Readers
6.6.2.1 Multi-Mode Spectrophotometers Offer High-Throughput Capabilities in the Phenotypic Screening of Cells
6.7 Cell Counters
6.7.1 Automated Cell Counters
6.7.1.1 Automated Cell Counters Give Reliable and Quick Results as Compared to Manual Counting Methods
6.7.2 Hemocytometers & Manual Cell Counters
6.7.2.1 Many Research Laboratories and Academic Institutions Use Manual Cell Counters Due to Their Low Cost
6.8 High-Content Screening Systems
6.8.1 Increasing Studies on Cell Behavior to Drive the Growth of This Market
6.9 Other Products
7 Cell Analysis Market, By Process (Page No. – 74)
7.1 Introduction
7.2 Cell Identification
7.2.1 Cell Identification Dominates the Market, By Process
7.3 Cell Viability
7.3.1 Measurement of Cell Viability Plays A Fundamental Role in All Forms of Cell Culture Studies
7.4 Cell Signaling Pathway/Signal Transduction
7.4.1 Study of Cell Signaling is Primarily Conducted in Toxicity Tests
7.5 Cell Proliferation
7.5.1 Cell Proliferation Analysis is Used to Measure Populations From Cell Division
7.6 Cell Counting & Quality Control
7.6.1 APAC is Expected to Show the Highest Growth in the Cell Counting & Quality Control Market
7.7 Cell Interaction
7.7.1 Cell Interaction is Studied in Carcinogenesis and Organ Dysfunction
7.8 Cell Structure Study
7.8.1 Market for Cell Structure Study Will Show Highest Growth in the Asia Pacific
7.9 Target Identification & Validation
7.9.1 Target Identification is A Key Part of Drug Discovery
7.1 Single-Cell Analysis
7.10.1 Single-Cell Analysis has Wide Applications in Cancer Research, Immunology, and Stem Cell Research
8 Cell Analysis Market, By End User (Page No. – 82)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies and Contract Research Organizations (Cros)
8.2.1 Pharmaceutical & Biotechnology Companies and Cros are the Fastest-Growing End Users of the Market
8.3 Hospitals & Diagnostic Laboratories
8.3.1 Development of Complex & Highly Specialized Tests and Assays to Support Market Growth
8.4 Research Institutes
8.4.1 Growing Prevalence of Cancer to Drive the Market for This End-User Segment
8.5 Cell Culture Collection Repositories
8.5.1 Increasing Awareness of Preserving Cells to Drive Market Growth
8.6 Other End Users
9 Cell Analysis Market, By Region (Page No. – 89)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of Public and Private Funding to Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Fastest-Growing Market for Cell Analysis in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Initiatives to Strengthen the Academic Research Infrastructure in the Country to Contribute to Market Growth
9.3.3 France
9.3.3.1 Presence of A Large Biotechnology Industry in the Country to Support Market Growth
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Increasing Research Activities and Conferences to Drive the Market for Cell Analysis in the Country
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth of the Biotechnology Sector Expected to Support Market Growth in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan to Dominate the Asia Pacific Market for Cell Analysis
9.4.2 China
9.4.2.1 Developments in the Biotechnology Sector to Support Market Growth in China
9.4.3 India
9.4.3.1 Implementation of Favorable Government Initiatives for the Development of the Biotechnology Sector to Drive Market Growth in India
9.4.4 RoAPAC
9.5 Latin America
9.5.1 Major Players are Focusing on Establishing Their Manufacturing Facilities in Latin America to Leverage the Low Labor Cost—A Key Growth Driver
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Shortage of Trained Professionals to Restrain the Growth of the Cell Analysis Market in Several Countries in the Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 171)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Partnerships, Agreements, & Collaborations (2017–2019)
10.3.2 Product Launches (2017–2019)
10.3.3 Expansions (2017–2019)
10.3.4 Acquisitions (2017–2019)
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Vendor Inclusion Criteria
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Innovators
10.4.4 Dynamic Differentiators
10.4.5 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 179)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Danaher
11.2 Thermo Fisher Scientific
11.3 Becton, Dickinson and Company
11.4 GE Healthcare (A Subsidiary of General Electric Company)
11.5 Merck KGaA
11.6 Agilent Technologies
11.7 Olympus Corporation
11.8 Promega Corporation
11.9 Perkinelmer
11.10 Tecan Trading AG
11.11 Miltenyi Biotec
11.12 Carl Zeiss
11.13 Bio-Rad Laboratories
11.14 Sysmex Corporation
11.15 Biostatus Limited
11.16 Nanocellect Biomedical
11.17 Cell Biolabs, Inc
11.18 Creative Bioarray
11.19 Meiji Techno
11.20 Cytek Biosciences
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 223)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】細胞解析の世界市場予測:顕微鏡、分光光度計、フローサイトメトリー(ソフトウェア、アクセサリー)
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT2358
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
細胞解析の世界市場予測:顕微鏡、分光光度計、フローサイトメトリー(ソフトウェア、アクセサリー)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ラクトースフリーチーズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラクトースフリーチーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラクトースフリーチーズの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はラクトースフリーチーズの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arla Foods• McNeil Nutritionals• OMIRA Oberland-Milchverwertung• TINE等です。
  • 生物肥料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生物肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生物肥料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オンライン販売家具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オンライン販売家具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンライン販売家具市場規模、用途別(住居用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンライン販売家具の世界市場概要 ・オンライン販売家具の世界市場環境 ・オンライン販売家具の世界市場動向 ・オンライン販売家具の世界市場規模 ・オンライン販売家具の世界市場:業界構造分析 ・オンライン販売家具の世界市場:用途別(住居用、商業用) ・オンライン販売家具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンライン販売家具のアメリカ市場規模・予測 ・オンライン販売家具のヨーロッパ市場規模・予測 ・オンライン販売家具のアジア市場規模・予測 ・オンライン販売家具の主要国分析 ・オンライン販売家具の世界市場:意思決定フレームワーク ・オンライン販売家具の世界市場:成長要因、課題 ・オンライン販売家具の世界市場:競争環境 ・オンライン販売家具の世界市場:関連企業情報(ベンダー …
  • タイニーハウスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、タイニーハウスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タイニーハウス市場規模、製品別(移動型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タイニーハウスの世界市場概要 ・タイニーハウスの世界市場環境 ・タイニーハウスの世界市場動向 ・タイニーハウスの世界市場規模 ・タイニーハウスの世界市場:業界構造分析 ・タイニーハウスの世界市場:製品別(移動型、固定型) ・タイニーハウスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タイニーハウスのアメリカ市場規模・予測 ・タイニーハウスのヨーロッパ市場規模・予測 ・タイニーハウスのアジア市場規模・予測 ・タイニーハウスの主要国分析 ・タイニーハウスの世界市場:意思決定フレームワーク ・タイニーハウスの世界市場:成長要因、課題 ・タイニーハウスの世界市場:競争環境 ・タイニーハウスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 単細胞解析の世界市場:製品(ビーズ、マイクロプレート、試薬、フローサイトメーター、顕微鏡、分光光度計)、細胞種類、技術(NGS、PCR)、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、単細胞解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、細胞種類別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学療法誘発性悪心・嘔吐:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の概要 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 自動マテリアルハンドリングの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリングの世界市場について調査・分析し、自動マテリアルハンドリングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:市場動向分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:競争要因分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:オペレーション別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:ソフトウェア&サービス別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの北米市場規模・分析 ・自動マテリアルハンドリングの欧州市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングのアジア市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ベルギーの装具市場見通し
  • 世界の水酸化リチウム一水和物市場2016
    本調査レポートでは、世界の水酸化リチウム一水和物市場2016について調査・分析し、水酸化リチウム一水和物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大陸間弾道ミサイル(ICBM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 間欠性跛行(Intermittent Claudication):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における間欠性跛行(Intermittent Claudication)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、間欠性跛行(Intermittent Claudication)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・間欠性跛行(Intermittent Claudication)の概要 ・間欠性跛行(Intermittent Claudication)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の間欠性跛行(Intermittent Claudication)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・間欠性跛行(Intermittent Claudicati …
  • 世界のパレタイザー市場2015
    本調査レポートでは、世界のパレタイザー市場2015について調査・分析し、パレタイザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療IT統合の世界市場予測:インターフェースエンジン、医療機器統合、メディア統合
    MarketsandMarkets社は、医療IT統合の世界市場規模が2019年31億ドルから2024年53億ドルまで年平均10.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療IT統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(インターフェースエンジン、医療機器統合、メディア統合)分析、サービス別(実装、サポート、トレーニング)分析、エンドユーザー別(病院、実験室、画像診断センター)分析、医療IT統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の装具市場動向(~2021)
  • 塗料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塗料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・剤型別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 種実類の世界市場
    当調査レポートでは、種実類の世界市場について調査・分析し、種実類の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 灌漑コントローラーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、灌漑コントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、灌漑コントローラー市場規模、種類別(タップタイマー、ベーシックコントローラー、スマートコントローラー)分析、灌漑種類別(スプリンクラー、点滴・灌漑)分析、用途別(農業、農業以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:市場動向分析 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:競争要因分析 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:種類別(タップタイマー、ベーシックコントローラー、スマートコントローラー) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:灌漑種類別(スプリンクラー、点滴・灌漑) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:用途別(農業、農業以外) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:主要地域別分析 ・ 灌漑コントローラーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 灌漑コントローラーのヨーロッパ市場規模 ・ 灌漑コントローラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • 一次電池の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、一次電池の世界市場について調査・分析し、一次電池の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・一次電池の世界市場規模:電池種類別分析 ・一次電池の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • インターラクティブ教科書の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターラクティブ教科書の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、インターラクティブ教科書の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 美術品ロジスティックスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、美術品ロジスティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美術品ロジスティックスの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は美術品ロジスティックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAgility、DHL、DB Schenker、KUEHNE + NAGEL、Rhenus Logistics等です。
  • カリウムチャンネル緩下剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカリウムチャンネル緩下剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カリウムチャンネル緩下剤の概要 ・カリウムチャンネル緩下剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカリウムチャンネル緩下剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カリウムチャンネル緩下剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カリウムチャンネル緩下剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 指紋認証モジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、指紋認証モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、指紋認証モジュールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 住居用洗濯機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、住居用洗濯機の世界市場について調査・分析し、住居用洗濯機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別住居用洗濯機シェア、市場規模推移、市場規模予測、住居用洗濯機種類別分析(全自動、半自動)、住居用洗濯機用途別分析(学校用、住居用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・住居用洗濯機の市場概観 ・住居用洗濯機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・住居用洗濯機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・住居用洗濯機の世界市場規模 ・住居用洗濯機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・住居用洗濯機のアメリカ市場規模推移 ・住居用洗濯機のカナダ市場規模推移 ・住居用洗濯機のメキシコ市場規模推移 ・住居用洗濯機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・住居用洗濯機のドイツ市場規模推移 ・住居用洗濯機のイギリス市場規模推移 ・住居用洗濯機のロシア市場規模推移 ・住居用洗濯機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • 建設機械金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設機械金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の商用薬剤分析市場予測2013-2027
    本調査レポートでは、世界の商用薬剤分析市場について調査・分析し、世界の商用薬剤分析市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 文房具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、文房具の世界市場について調査・分析し、文房具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別文房具シェア、市場規模推移、市場規模予測、文房具種類別分析()、文房具用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・文房具の市場概観 ・文房具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・文房具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・文房具の世界市場規模 ・文房具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・文房具のアメリカ市場規模推移 ・文房具のカナダ市場規模推移 ・文房具のメキシコ市場規模推移 ・文房具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・文房具のドイツ市場規模推移 ・文房具のイギリス市場規模推移 ・文房具のロシア市場規模推移 ・文房具のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・文房具の日本市場規模推移 ・文房具の中国市場規模推移 ・文房具の韓国市場規模推移 ・文房具のインド市場規模推移 ・文房具の東南アジア市場規模推移 …
  • 中国のマイクロカー市場2015
    本調査レポートでは、中国のマイクロカー市場2015について調査・分析し、マイクロカーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 雨水貯留システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、雨水貯留システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、雨水貯留システム市場規模、最終用途別(非住宅用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・雨水貯留システムの世界市場概要 ・雨水貯留システムの世界市場環境 ・雨水貯留システムの世界市場動向 ・雨水貯留システムの世界市場規模 ・雨水貯留システムの世界市場:業界構造分析 ・雨水貯留システムの世界市場:最終用途別(非住宅用、住宅用) ・雨水貯留システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・雨水貯留システムのアメリカ市場規模・予測 ・雨水貯留システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・雨水貯留システムのアジア市場規模・予測 ・雨水貯留システムの主要国分析 ・雨水貯留システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・雨水貯留システムの世界市場:成長要因、課題 ・雨水貯留システムの世界市場:競争環境 ・雨水貯留システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 銅箔及び銅合金箔の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、銅箔及び銅合金箔の世界市場について調査・分析し、銅箔及び銅合金箔の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 調達ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、調達ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、調達ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体溶解性繊維の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生体溶解性繊維の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生体溶解性繊維市場規模、エンドユーザー別(石油化学、セラミック・ガラス、金属・鋳造、電力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生体溶解性繊維の世界市場概要 ・生体溶解性繊維の世界市場環境 ・生体溶解性繊維の世界市場動向 ・生体溶解性繊維の世界市場規模 ・生体溶解性繊維の世界市場:業界構造分析 ・生体溶解性繊維の世界市場:エンドユーザー別(石油化学、セラミック・ガラス、金属・鋳造、電力、その他) ・生体溶解性繊維の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体溶解性繊維の北米市場規模・予測 ・生体溶解性繊維のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生体溶解性繊維のアジア太平洋市場規模・予測 ・生体溶解性繊維の主要国分析 ・生体溶解性繊維の世界市場:意思決定フレームワーク ・生体溶解性繊維の世界市場:成長要因、課題 ・生体溶解性繊維の世界市場:競争環境 ・生 …
  • 創薬アウトソーシングの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、創薬アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、創薬アウトソーシングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・創薬アウトソーシングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・創薬アウトソーシングの世界市場:セグメント別市場分析 ・創薬アウトソーシングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • タワークレーンの世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、タワークレーンの世界市場について調べ、タワークレーンの世界規模、市場動向、市場環境、デザイン別分析、製品別分析、吊上げ能力別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・タワークレーンの世界市場概要 ・タワークレーンの世界市場環境 ・タワークレーンの世界市場動向 ・タワークレーンの世界市場規模 ・タワークレーンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・タワークレーンの世界市場規模:デザイン別 ・タワークレーンの世界市場規模:製品別 ・タワークレーンの世界市場規模:吊上げ能力別 ・タワークレーンの世界市場規模:用途別 ・タワークレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タワークレーンの北米市場規模・予測 ・タワークレーンのアメリカ市場規模・予測 ・タワークレーンのヨーロッパ市場規模・予測 ・タワークレーンのアジア市場規模・予測 ・タワークレーンの日本市場規模・予測 …
  • 古紙再生の世界市場:種類別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)、地域別予測
    本資料は、古紙再生の世界市場について調べ、古紙再生の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)分析、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・古紙再生の世界市場概要 ・古紙再生の世界市場環境 ・古紙再生の世界市場動向 ・古紙再生の世界市場規模 ・古紙再生の世界市場規模:タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙) ・古紙再生の世界市場規模:用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他) ・古紙再生の世界市場:地域別市場規模・分析 ・古紙再生の北米市場規模・予測 ・古紙再生のアメリカ市場規模・予測 ・古紙再生のヨーロッパ市場規模・予測 ・古紙再生のアジア市場規模・予測 ・古紙再生の日本市場規模・予測 ・古紙再生の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 結石粉砕装置の世界市場:タイプ別(体外衝撃波結石破砕装置、体内結石粉砕装置)、用途別(腎臓結石、尿管結石、膵石、胆管結石 )、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、結石粉砕装置の世界市場について調べ、結石粉砕装置の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(体外衝撃波結石破砕装置、体内結石粉砕装置)分析、用途別(腎臓結石、尿管結石、膵石、胆管結石 )分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・結石粉砕装置の世界市場概要 ・結石粉砕装置の世界市場環境 ・結石粉砕装置の世界市場動向 ・結石粉砕装置の世界市場規模 ・結石粉砕装置の世界市場規模:タイプ別(体外衝撃波結石破砕装置、体内結石粉砕装置) ・結石粉砕装置の世界市場規模:用途別(腎臓結石、尿管結石、膵石、胆管結石 ) ・結石粉砕装置の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、その他) ・結石粉砕装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結石粉砕装置の北米市場規模・予測 ・結石粉砕装置のアメリカ市場規模・予測 ・結石粉砕装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・結石粉砕装置のアジア市場規模・予測 ・結 …
  • 自動車用ベアリングの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用ベアリングの世界市場について調査・分析し、自動車用ベアリングの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用ベアリングの世界市場規模:原材料別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:チャンネルタイプ別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:ベアリング種類別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:用途別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • キルギスのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • エッセンシャルオイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エッセンシャルオイルの世界市場:市場動向分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:競争要因分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:用途別 ・クリーニング・ホーム ・食品・飲料 ・SPA・リラクゼーション ・医療用 ・アロマテラピー ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:製品別 ・レモン ・ユーカリ ・クローブリーフ ・コーンミント ・スペアミント ・ペパーミント ・オレンジ ・ライム ・シトロネラ ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:主要地域別分析 - エッセンシャルオイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エッセンシャルオイルのヨーロッパ市場規模 - エッセンシャルオイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エッセンシャルオイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用サスペンションシステムのアジア太平洋市場のアジア太平洋市場:システムタイプ別、コンポーネントタイプ別、車両タイプ別(乗用車、商用車)、制動タイプ別、セグメント予測
  • 世界の携帯型透過率計市場2016
    本調査レポートでは、世界の携帯型透過率計市場2016について調査・分析し、携帯型透過率計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ポリッシャーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車ポリッシャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ポリッシャーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 色検出センサーの世界市場2017-2021:カラーセンサ、発光センサ、コントラストセンサ、輝度センサ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、色検出センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、色検出センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は色検出センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBanner Engineering、SICK、SensoPart Industries、Rockwell Automation、Pepperl+Fuchs等です。
  • ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科)、材料別(金属、セラミック、ポリマー、天然)
    本資料は、生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場について調べ、生体インプラント(バイオインプラント)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場概要 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場環境 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場動向 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場規模 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科) ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:材料別(金属、セラミック、ポリマー、天然) ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体インプラント(バイオインプラント)の北米市場規模・予測 ・生体インプラント(バイオインプラント)のアメリカ市場規模・予測 ・生体イ …
  • BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンショアー石油・ガスパイプラインの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、オンショアー石油・ガスパイプラインの世界市場について調査・分析し、オンショアー石油・ガスパイプラインの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・オンショアー石油・ガスパイプラインの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・オンショアー石油・ガスパイプラインの世界市場:セグメント別市場分析 ・オンショアー石油・ガスパイプラインの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • クリーンルーム用エアフィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンルーム用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用エアフィルターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンルーム用エアフィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Camfil, • American Air Filters Company,• M+W group, • Vokes Air等です。
  • 小型ドローンの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、小型ドローンの世界市場について調査・分析し、小型ドローンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 小型ドローンの世界市場:市場動向分析 - 小型ドローンの世界市場:競争要因分析 - 小型ドローンの世界市場:発動機構別 自動制御モーター 電動モーター - 小型ドローンの世界市場:推進システム別 燃料電池 ハイブリッド電池 水素 リチウムイオン 太陽電池 - 小型ドローンの世界市場:フレーム別 ヘクサコプター オクタコプター クワドコプター トリコプター - 小型ドローンの世界市場:サイズ別 ナノドローン ミニドローン ミクロドローン - 小型ドローンの世界市場:高度別 高高度 低高度 中間高度 - 小型ドローンの世界市場:種類別 回転ウィング 固定ウィング その他の種類 - 小型ドローンの世界市場:級別 3級 2級 1級 - 小型ドローンの世界市場:主要地域別分析 - 小型ドローンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 小型ドローンのヨーロッパ市場規模 - 小型ドローンのアジア市場規模(日 …
  • ニコチン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニコチン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)の概要 ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のニコチン・アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • DNSファイアウォールの世界市場:導入タイプ別(クラウド、オンプレミス、仮想アプライアンス)、エンドユーザー別(DNSプロバイダー、ドメイン名登録業者、企業、Webサイトホスト、サービスプロバイダー)、最終用途産業別(BFSI、テレコム・IT、メディア・エンターテイメント、小売・電子商取引、ヘルスケア、政府機関、教育)、地域別予測
    本資料は、DNSファイアウォールの世界市場について調べ、DNSファイアウォールの世界規模、市場動向、市場環境、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス、仮想アプライアンス)分析、エンドユーザー別(DNSプロバイダー、ドメイン名登録業者、企業、Webサイトホスト、サービスプロバイダー)分析、最終用途産業別(BFSI、テレコム・IT、メディア・エンターテイメント、小売・電子商取引、ヘルスケア、政府機関、教育)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・DNSファイアウォールの世界市場概要 ・DNSファイアウォールの世界市場環境 ・DNSファイアウォールの世界市場動向 ・DNSファイアウォールの世界市場規模 ・DNSファイアウォールの世界市場規模:導入タイプ別(クラウド、オンプレミス、仮想アプライアンス) ・DNSファイアウォールの世界市場規模:エンドユーザー別(DNSプロバイダー、ドメイン名登録業者、企業、Webサイトホスト、サービスプロバイダー) ・DN …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"