"自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE7414)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The automatic bending machine market to exhibit significant growth from 2019 to 2024”The automatic bending machine market is expected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 2.4 billion by 2024, at a CAGR of 4.5%. The growth of this market can be attributed to the high safety and accuracy offered by programmable bending. However, the high maintenance cost, along with the need for qualified operators, hinders the market growth.

“Automatic bending machines capture larger market share than semiautomatic bending machines”
Automatic type bending machines are expected to account for a larger market share than semiautomatic types bending machines from 2019 to 2024. Semi-automatic type bending machines bend the workpiece automatically, but the workpiece has to be fed manually, while automatic type bending machines offer safe automatic loading and unloading of the workpiece, as well as accurate bending. Thus, safe automatic loading and unloading and ease of use drive the market for automatic bending machines.

“Electric bending machines are likely to hold largest market share of the automatic bending machine market”
Electric bending machines are easy to use and offer accuracy in bending tubes/pipes, metal sheets, and bars, as well as consume lower electricity than other types of bending machines such as pneumatic and hydraulic. Also, electric bending machines are cheaper than bending machines based on other technologies, which ultimately boosts the demand for electric bending machines.

“APAC to be fastest-growing market for automatic bending machines during forecast period”
Among all regions, the market in APAC is expected to grow at the highest rate from 2019 to 2024. The growth of the market in this region is attributed to technological innovations. World’s major automakers are focusing on establishing their manufacturing plants in the APAC region, and some of them are even offering tailored electric and hybrid vehicles in this region. Since the economic liberalization in 1991, India has attracted unprecedented attention from major automakers. Shipbuilding has shifted from Europe to APAC. Most of the shipbuilding construction (more than 80%) is concentrated in APAC countries such as Korea, Japan, and China. APAC also has a few of the vital shipbuilding companies that use automatic bending machines.

The break-up of profiles of primary participants for the report:
• By Company Type – Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation – C-level Executives – 70%, Managers – 20%, and Others – 10%
• By Region – North America – 35%, Europe – 25%, APAC – 25%, and RoW – 15%
Major players operating in the automatic bending machine market are TRUMPF GmbH + Co. KG (Germany), AMADA HOLDINGS Co., Ltd. (Japan), HACO BV (Belgium), Bystronic Laser AG (Germany), Prima Industrie S.p.A. (Italy), DANOBAT GROUP (Spain), WAFIOS AG (Germany), BLM Group (Italy), transfluid® Maschinenbau GmbH (Germany), and AMOB (Portugal), among many others.
This global automatic bending machine market has been segmented by type, technology, application, industry, and geography. The automatic bending machine market based on type has been segmented into automatic and semiautomatic. The automatic bending machine market based on the technology has been segmented further into electric, hydraulic, pneumatic, and induction based. The automatic bending machine market by application has been segmented into tube/pipe, metal sheet, and bar. The industry segment has been further classified into automotive, shipbuilding, aerospace & defense, construction and mining, and others. The automatic bending machine market by geography has been segmented into 4 regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for the market based on type, technology, application, industry, and region have been included to give an overall view of the automatic bending machine market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the automatic bending machine market growth have been detailed in this report.
• The report includes detailed information on the competitive landscape, along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition & Scope
1.3 Inclusion/Exclusion
1.4 Study Scope
1.4.1 Markets Covered
1.4.2 Geographic Scope
1.4.3 Years Considered
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Introduction
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Automatic Bending Machine Market
4.2 Market, By Type (2019–2024)
4.3 Market, By Application (2019 and 2024)
4.4 Market, By Technology (2019 and 2024)
4.5 Market, By Industry (2019 and 2024)
4.6 Market, By Region (2019–2024)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Availability of Safe Programmable Bending Machines With High Precision
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Maintenance Cost and Requirement of Qualified Operators and Maintenance Technicians
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Robots With Bending Machines
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Deformation of Metallic Parts Owing to Variations in Speed and Pressure
6 Market, By Type (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Automatic
6.2.1 Automatic Bending Machines Expect to Dominate Market During Forecast Period
6.3 Semiautomatic
6.3.1 Automotive Industry to Witness Highest Demand for Hydraulic Semiautomatic Bending Machines
7 Market, By Technology (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Electric
7.2.1 Electric Automatic Bending Machines Consume Lowest Energy Than That of Other Technologies
7.3 Hydraulic
7.3.1 Automotive Industry to Witness Highest Demand for Hydraulic Automatic Bending Machines
7.4 Pneumatic
7.4.1 Automatic Type Pneumatic Bending Machines to Continue to Hold Larger Market Share Than That of Semiautomatic Type Pneumatic Bending Machines
7.5 Induction Based
7.5.1 Shipbuilding Industry to Exhibit Highest Demand for Induction Technology-Based Automatic Bending Machines
8 Market, By Application (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Tube/Pipe
8.2.1 Tube/Pipe Bending Application to Dominate Automatic Bending Market During Forecast Period
8.3 Metal Sheet
8.3.1 Metal Sheet Bending Application to Lead Market for Automotive Industry During Forecast Period
8.4 Bar
8.4.1 Use of Reinforcement Bar Bending Machines for Making Safer and Stronger Structures in Consturction Industry
9 Market, By Industry (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Automotive
9.2.1 Automotive Industry to Witness Highest CAGR in Market During Forecast Period
9.3 Shipbuilding
9.3.1 Shipbuilding Industry to Account for Largest Market Share in APAC During Forecast Period
9.4 Aerospace & Defense
9.4.1 Electric Bending Machines are Most Preferred in Aerospace & Defense Industry
9.5 Construction and Mining
9.5.1 Construction and Mining Industry to Witness Highest Growth Rate in Market in APAC
9.6 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US to Continue to Account for Largest Share of North American Market for Automatic Bending Machines
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada to Continue to Account for Second-Largest Share of North American Automatic Bending Machines in Coming Years
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Mexico to Witness Highest CAGR in North American Market for Automatic Bending Machines
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 UK to Witness Largest Size of Electric Bending Machine Market During Forecast Period
10.3.2 France
10.3.2.1 Aerospace & Defense Industry to Witness Highest CAGR in Market in France
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Innovative Automotive Industry in Germany to Drive Demand for Automatic Bending Machines
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific (APAC)
10.4.1 China
10.4.1.1 China to Account for Largest Size of Market in APAC
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Strong Automotive Industry to Drive Japanese Market for Automatic Bending Machines
10.4.3 India
10.4.3.1 India is Expected to Witness Highest CAGR in Market
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of The World (RoW)
10.5.1 Middle East and Africa
10.5.2 South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Overview
11.2 Ranking Analysis of Market Players
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Product Launches
11.4.2 Expansions
11.4.3 Agreements
12 Company Profiles (Page No. – 119)
12.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1.1 Trumpf
12.1.2 Amada
12.1.3 Haco
12.1.4 Bystronic
12.1.5 Prima Industrie
12.1.6 Danobatgroup
12.1.7 Wafios
12.1.8 BLM
12.1.9 Transfluid
12.1.10 Amob
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.1.11 Right to Win
12.2 Other Key Players
12.2.1 Shuz Tung Machinery Industrial
12.2.2 Euromac
12.2.3 Soco Machinery
12.2.4 Universal Tool & Engineering
12.2.5 Kersten
12.2.6 Knuth Machine Tools
12.2.7 Dural Machinery
12.2.8 Unison
12.2.9 Horn Machine Tools
12.2.10 Winton Machine Company
13 Appendix (Page No. – 143)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE7414
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 貯蔵分析の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、貯蔵分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、貯蔵種類別分析、地域別分析、貯蔵分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワートレイン試験サービス市場規模、種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場概要 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場環境 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場動向 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場規模 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン) ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワートレイン試験サービスの北米市場規模・予測 ・自動車用パワートレイン試験サービスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用パワ …
  • 心臓バイオマーカーの世界市場分析:タイプ別(トロンポニン、クレアチンキナーゼ-MB(CK-MB)、ナトリウム利尿ペプチド-B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)・N末端プロb型ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)、ミオグロビン、虚血修飾アルブミン(IMA)、心臓型脂肪酸結合タンパク質(H-FABP)、LDHアイソザイム)、用途別(急性冠動脈症候群、心筋梗塞、うっ血性心不全、心筋症、虚血、心筋炎、心房細動)、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、心臓バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、心臓バイオマーカーの世界市場動向、心臓バイオマーカーの世界市場規模、市場予測、セグメント別心臓バイオマーカー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウォーターチラー産業の世界市場:種類別(スクリュチラー、遠心冷凍機、往復動冷凍機、水冷チラー、蒸発冷却)、用途別(メディカル、化学&製薬、プラスチック&ゴム、メタルフォーミング、食品加工)、地域別予測
    本資料は、ウォーターチラー産業の世界市場について調べ、ウォーターチラー産業の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(スクリュチラー、遠心冷凍機、往復動冷凍機、水冷チラー、蒸発冷却)分析、用途別(メディカル、化学&製薬、プラスチック&ゴム、メタルフォーミング、食品加工)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKennametal Inc.、KMT Waterjet、Flow International Corporation、H2O Jet、GMA Garnet Pty. Ltd.、Wardjet Inc.、Techni Waterjet、Jet Edge Inc.、V.V. Minerals、Barton International Inc.、Opta Minerals Inc.、Kimblad Technology AB、Oskar Moser Technische Edelsteine、Diamond Technology Innovations Inc.、OMAX C …
  • モバイル・チケッティング(発券)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル・チケッティング(発券)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル・チケッティング(発券)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動フレキシブル洗浄器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動フレキシブル洗浄器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動フレキシブル洗浄器の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 木工塗料用樹脂の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、木工塗料用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、木工塗料用樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソース・ドレッシング・調味料のアジア太平洋市場
  • 民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、民間航空機用インタフェース装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、民間航空機用インタフェース装置市場規模、用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機)分析、航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場概要 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場環境 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場動向 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場規模 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:業界構造分析 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・民間航空機用インタフェ …
  • 北米のITサービス市場予測(~2021):種類別(プロフェッショナル、マネージド、テレコム)、配置種類別(自社運用およびクラウド)、組織規模別(中小企業と大企業)、ビジネス機能別、業界別
  • 膵がんの治療の世界市場分析:影響を受ける部分別(外分泌、内分泌腺)、タイプ別(化学療法、標的療法、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、膵がんの治療の世界市場について調査・分析し、膵がんの治療の世界市場動向、膵がんの治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別膵がんの治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品コーティングの世界市場予測(~2023年):バッター、小麦粉
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(バッター、小麦粉)分析、用途別(ベーカリー、スナック)分析、装置タイプ別(コーター・アプリケーター、エンローバー)分析、形態別(乾燥、液体)分析、食品コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場:製品の類型別、GLP(優良試験所規範)タイプ別、疾患別(糖尿病、肥満、自己免疫/炎症性、CNS Conditions)
    本調査レポートでは、生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場について調査・分析し、生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場動向、生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別生体内の医薬品開発受託機関(CRO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 実験室バイオアナリシス自動化の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、実験室バイオアナリシス自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室バイオアナリシス自動化の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は実験室バイオアナリシス自動化の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Beckman Coulter、F. Hoffmann-La Roche、Thermo Fisher Scientific等です。
  • 医薬品分析試験委託の世界市場分析:サービス別(生物分析検査、メソッド開発とバリデーション、安定性試験)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医薬品分析試験委託の世界市場について調査・分析し、医薬品分析試験委託の世界市場動向、医薬品分析試験委託の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品分析試験委託市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 微結晶セルロースの世界市場2017-2021:医薬品、飲食料品、化粧品・パーソナルケア、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、微結晶セルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、微結晶セルロースの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は微結晶セルロースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAsahi Kasei、FMC、FrieslandCampina、MINGTAI CHEMICAL、Tembec等です。
  • 世界のライター市場2016
    本調査レポートでは、世界のライター市場2016について調査・分析し、ライターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの風力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)、タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨)、用途別(膝、肩、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)
    本資料は、軟骨修復の世界市場について調べ、軟骨修復の世界規模、市場動向、市場環境、モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント)分析、用途別(膝、肩、その他)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・軟骨修復の世界市場概要 ・軟骨修復の世界市場環境 ・軟骨修復の世界市場動向 ・軟骨修復の世界市場規模 ・軟骨修復の世界市場:モダリティ別(軟骨形成術・マイクロフラクチャー、自己軟骨細胞移植、骨軟骨同種移植、若年性同種移植フラグメント) ・軟骨修復の世界市場:タイプ別(硝子軟骨、繊維軟骨) ・軟骨修復の世界市場:用途別(膝、肩、その他) ・軟骨修復の世界市場:エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所、その他) ・軟骨修復の世界市場:地域別市場規模・分析 ・軟骨修復の北米市場規模・予測 ・軟骨修復のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • 世界のオンライン・オンデマンドホームサービス市場:サービス別、地域別
    本調査レポートはオンライン・オンデマンドホームサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、サービス別(ホームケア及びデザイン、修理及び点検、ヘルス・ウェルネス・美容、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン・オンデマンドホームサービスの世界市場:サービス別(ホームケア及びデザイン、修理及び点検、ヘルス・ウェルネス・美容、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 動物診断の世界市場予測(~2022年):診断装置、消耗品、動物検査技術
    当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別分析、技術別分析、動物種類別分析、需要先別分析、動物診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国のセクシャルウェルネス(性的健康増強)市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のセクシャルウェルネス(性的健康増強)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のセクシャルウェルネス(性的健康増強)市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ボクシング用品の世界市場:ボクシンググローブ、防具、トレーニング用品
    当調査レポートでは、ボクシング用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ボクシング用品市場規模、製品別(ボクシンググローブ、防具、トレーニング用品)分析、販売経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、adidas, Century, Everlast Worldwide, Hayabusa Fightwear, Twins Specialなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ボクシング用品の世界市場概要 ・ボクシング用品の世界市場環境 ・ボクシング用品の世界市場動向 ・ボクシング用品の世界市場規模 ・ボクシング用品の世界市場:業界構造分析 ・ボクシング用品の世界市場:製品別(ボクシンググローブ、防具、トレーニング用品) ・ボクシング用品の世界市場:販売経路別(オフライン、オンライン) ・ボクシング用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ボクシング用品の北米市場規模・予測 ・ボクシング用品のヨーロッパ・中東・アフ …
  • RSウイルス感染症治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RSウイルス感染症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、RSウイルス感染症治療薬の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車フェンダー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車フェンダー市場2016について調査・分析し、自動車フェンダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維ガラスフローリングの世界市場分析:用途別(住宅、商業、工業用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、国別(米国、ドイツ、フランス、中国、ブラジル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維ガラスフローリングの世界市場について調査・分析し、繊維ガラスフローリングの世界市場動向、繊維ガラスフローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維ガラスフローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの市場見通し(~2021年)
  • 迅速診断機器の世界市場:血糖値検査、心血管代謝検査、感染症検査、妊娠検査、毒物検査、便潜血検査、凝固検査
    当調査レポートでは、迅速診断機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、迅速診断機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所)
    本資料は、ウシ胎児血清(FMS)の世界市場について調べ、ウシ胎児血清(FMS)の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場概要 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場環境 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場動向 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場規模 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:市場シェア ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他) ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所) ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウシ胎児血清(FMS)の北米市場規模・予測 ・ウシ胎児血清(FMS)のアメリカ市場規模・予測 ・ウシ胎児血清(FMS)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ウシ …
  • サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ナイトビジョンシステム(暗視装置)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナイトビジョンシステム(暗視装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ナイトビジョンシステム(暗視装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 抗菌コーティングの世界市場分析:製品別(抗菌パウダーコーティング(銀、銅)、表面改質剤およびコーティング(大腸菌、リステリア、シュードモナス)、用途別(プラスチック、塗料・コーティング、パルプ・紙)、用途別、動向・動態、競争戦略と予測、2014-2025
    本調査レポートでは、抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、抗菌コーティングの世界市場動向、抗菌コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別抗菌コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • メキシコの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 加工助剤(PA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加工助剤(PA)の世界市場について調査・分析し、加工助剤(PA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加工助剤(PA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、加工助剤(PA)種類別分析(ポリマー、アクリル)、加工助剤(PA)用途別分析(管/配管用器具、プロファイル・ホース/チュービング、リジッドフィルム/シート、ケーブル、 その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加工助剤(PA)の市場概観 ・加工助剤(PA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加工助剤(PA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加工助剤(PA)の世界市場規模 ・加工助剤(PA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加工助剤(PA)のアメリカ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のカナダ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のメキシコ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加工助剤(PA)のドイツ市場規模推移 ・加工助剤( …
  • 救急処置用ニードルレスコネクタの世界市場
    当調査レポートでは、救急処置用ニードルレスコネクタの世界市場について調査・分析し、救急処置用ニードルレスコネクタの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オンライン映画チケット販売サービスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、オンライン映画チケット販売サービスの世界市場について調査・分析し、オンライン映画チケット販売サービスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - オンライン映画チケット販売サービスの世界市場:市場動向分析 - オンライン映画チケット販売サービスの世界市場:競争要因分析 - オンライン映画チケット販売サービスの世界市場:スクリーン別 ・デジタルスクリーン ・デジタル3Dスクリーン - オンライン映画チケット販売サービスの世界市場:販売者別 ・小規模販売者 ・大規模販売者 - オンライン映画チケット販売サービスの世界市場:サービス別 ・音声サービス ・払い戻しサービス ・モバイルアプリサービス ・オンライン映画チケット購入 ・その他 - オンライン映画チケット販売サービスの世界市場:主要地域別分析 - オンライン映画チケット販売サービスの北米市場規模(アメリカ市場等) - オンライン映画チケット販売サービスのヨーロッパ市場規模 - オンライン映画チケット販売サービスのアジア市場規模(日本市場、 …
  • 廃棄物処理の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、廃棄物処理の世界市場について調査・分析し、廃棄物処理の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別廃棄物処理シェア、市場規模推移、市場規模予測、廃棄物処理種類別分析(埋め立てごみ処理、償却、リサイクル、その他)、廃棄物処理用途別分析(地方自治体、農業、社会、工業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・廃棄物処理の市場概観 ・廃棄物処理のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・廃棄物処理のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・廃棄物処理の世界市場規模 ・廃棄物処理の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・廃棄物処理のアメリカ市場規模推移 ・廃棄物処理のカナダ市場規模推移 ・廃棄物処理のメキシコ市場規模推移 ・廃棄物処理のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・廃棄物処理のドイツ市場規模推移 ・廃棄物処理のイギリス市場規模推移 ・廃棄物処理のロシア市場規模推移 ・廃棄物処理のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・廃 …
  • 細胞培養の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(消耗品(メディア、FBS)、機器(バイオリアクター、遠心分離機、インキュベーター、顕微鏡、オートクレーブ))分析、用途別(幹細胞、ワクチン、治療用タンパク質)分析、エンドユーザー別(製薬、研究機関)分析、細胞培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、細胞培養の世界市場規模が2019年160億ドルから2024年292億ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。
  • 消費者用ドローンの世界市場:製品別(マルチローター、ナノ、その他)、用途別(プロシューマー、玩具、写真測量)、地域別予測
    本資料は、消費者用ドローンの世界市場について調べ、消費者用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(マルチローター、ナノ、その他)分析、用途別(プロシューマー、玩具、写真測量)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3D Robotics、Blade、Cheerson、DJI Innovations、Eachine、Hubsan、JJRCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・消費者用ドローンの世界市場概要 ・消費者用ドローンの世界市場環境 ・消費者用ドローンの世界市場動向 ・消費者用ドローンの世界市場規模 ・消費者用ドローンの世界市場規模:製品別(マルチローター、ナノ、その他) ・消費者用ドローンの世界市場規模:用途別(プロシューマー、玩具、写真測量) ・消費者用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・消費者用ドローンの北米市場規模・予測 ・消費者用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・消費者用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・消費者用 …
  • 掻痒(Pruritus):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における掻痒(Pruritus)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、掻痒(Pruritus)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・掻痒(Pruritus)の概要 ・掻痒(Pruritus)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の掻痒(Pruritus)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・掻痒(Pruritus)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・掻痒(Pruritus)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • スマート教育・学習の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ、ハードウェア)、学習法別(仮想インストラクター主導のトレーニング、シミュレーションベースの学習、社会的学習、ブレンド型学習、アダプティブラーニング(適応学習)、協調学習)、エンドユーザー別(学術機関、企業)
    本資料は、スマート教育・学習の世界市場について調べ、スマート教育・学習の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ、ハードウェア)分析、エンドユーザー別(学術機関、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート教育・学習の世界市場概要 ・スマート教育・学習の世界市場環境 ・スマート教育・学習の世界市場動向 ・スマート教育・学習の世界市場規模 ・スマート教育・学習の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ、ハードウェア) ・スマート教育・学習の世界市場:学習法別(仮想インストラクター主導のトレーニング、シミュレーションベースの学習、社会的学習、ブレンド型学習、アダプティブラーニング(適応学習)、協調学習) ・スマート教育・学習の世界市場:エンドユーザー別(学術機関、企業) ・スマート教育・学習の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート教育・学習の北米市場規模・予測 ・ …
  • 航空管制(ATC)の世界市場予測(~2022年):ATCSCC、ARTCC、TRACON、ATCT、FSS
    当調査レポートでは、航空管制(ATC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、領空別分析、用途別分析、分野別分析、地域別分析、航空管制(ATC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テラヘルツ技術の世界市場:テラヘルツ画像、テラヘルツ分光法、テラヘルツ通信システム
    当調査レポートでは、テラヘルツ技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トリポリリン酸ナトリウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トリポリリン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トリポリリン酸ナトリウム市場規模、最終用途別(洗剤・洗浄製品、飲食料品、水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場概要 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場環境 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場動向 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場規模 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:業界構造分析 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:最終用途別(洗剤・洗浄製品、飲食料品、水処理、その他) ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トリポリリン酸ナトリウムのアメリカ市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムのアジア市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムの主要国分析 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • マイカ(雲母)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、マイカ(雲母)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイカ(雲母)市場規模、グレード別(積層マイカ、粉砕マイカ、板状マイカ)分析、形状別(人工マイカ、天然マイカ)分析、エンドユーザー別(電子機器、化粧品、塗料、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ マイカ(雲母)の世界市場:市場動向分析 ・ マイカ(雲母)の世界市場:競争要因分析 ・ マイカ(雲母)の世界市場:グレード別(積層マイカ、粉砕マイカ、板状マイカ) ・ マイカ(雲母)の世界市場:形状別(人工マイカ、天然マイカ) ・ マイカ(雲母)の世界市場:エンドユーザー別(電子機器、化粧品、塗料、建設、その他) ・ マイカ(雲母)の世界市場:主要地域別分析 ・ マイカ(雲母)の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ マイカ(雲母)のヨーロッパ市場規模 ・ マイカ(雲母)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・マイカ(雲母)の世界市場:主な市場開 …
  • CNC工作機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、CNC工作機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CNC工作機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はCNC工作機械の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• DMTG • DMG MORI • SMTCL • Yamazaki Mazak等です。
  • 止血(Hemostasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における止血(Hemostasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、止血(Hemostasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・止血(Hemostasis)の概要 ・止血(Hemostasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の止血(Hemostasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・止血(Hemostasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・止血(Hemostasis)治療薬開発 …
  • 世界の葉酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の葉酸市場2016について調査・分析し、葉酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スキー用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用ナセルおよびスラストリバーサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機用ナセルおよびスラストリバーサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンドユーザー別(OEM、MRO)分析、材料別(アルミニウム合金、チタン合金、複合材料、ニッケルクロム)分析、コンポーネント別(ファンカウル、エンジンカウル、スラストリバーサー)分析、エンジンタイプ別分析、航空機用ナセルおよびスラストリバーサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"