"自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE7414)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The automatic bending machine market to exhibit significant growth from 2019 to 2024”The automatic bending machine market is expected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 2.4 billion by 2024, at a CAGR of 4.5%. The growth of this market can be attributed to the high safety and accuracy offered by programmable bending. However, the high maintenance cost, along with the need for qualified operators, hinders the market growth.

“Automatic bending machines capture larger market share than semiautomatic bending machines”
Automatic type bending machines are expected to account for a larger market share than semiautomatic types bending machines from 2019 to 2024. Semi-automatic type bending machines bend the workpiece automatically, but the workpiece has to be fed manually, while automatic type bending machines offer safe automatic loading and unloading of the workpiece, as well as accurate bending. Thus, safe automatic loading and unloading and ease of use drive the market for automatic bending machines.

“Electric bending machines are likely to hold largest market share of the automatic bending machine market”
Electric bending machines are easy to use and offer accuracy in bending tubes/pipes, metal sheets, and bars, as well as consume lower electricity than other types of bending machines such as pneumatic and hydraulic. Also, electric bending machines are cheaper than bending machines based on other technologies, which ultimately boosts the demand for electric bending machines.

“APAC to be fastest-growing market for automatic bending machines during forecast period”
Among all regions, the market in APAC is expected to grow at the highest rate from 2019 to 2024. The growth of the market in this region is attributed to technological innovations. World’s major automakers are focusing on establishing their manufacturing plants in the APAC region, and some of them are even offering tailored electric and hybrid vehicles in this region. Since the economic liberalization in 1991, India has attracted unprecedented attention from major automakers. Shipbuilding has shifted from Europe to APAC. Most of the shipbuilding construction (more than 80%) is concentrated in APAC countries such as Korea, Japan, and China. APAC also has a few of the vital shipbuilding companies that use automatic bending machines.

The break-up of profiles of primary participants for the report:
• By Company Type – Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation – C-level Executives – 70%, Managers – 20%, and Others – 10%
• By Region – North America – 35%, Europe – 25%, APAC – 25%, and RoW – 15%
Major players operating in the automatic bending machine market are TRUMPF GmbH + Co. KG (Germany), AMADA HOLDINGS Co., Ltd. (Japan), HACO BV (Belgium), Bystronic Laser AG (Germany), Prima Industrie S.p.A. (Italy), DANOBAT GROUP (Spain), WAFIOS AG (Germany), BLM Group (Italy), transfluid® Maschinenbau GmbH (Germany), and AMOB (Portugal), among many others.
This global automatic bending machine market has been segmented by type, technology, application, industry, and geography. The automatic bending machine market based on type has been segmented into automatic and semiautomatic. The automatic bending machine market based on the technology has been segmented further into electric, hydraulic, pneumatic, and induction based. The automatic bending machine market by application has been segmented into tube/pipe, metal sheet, and bar. The industry segment has been further classified into automotive, shipbuilding, aerospace & defense, construction and mining, and others. The automatic bending machine market by geography has been segmented into 4 regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for the market based on type, technology, application, industry, and region have been included to give an overall view of the automatic bending machine market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the automatic bending machine market growth have been detailed in this report.
• The report includes detailed information on the competitive landscape, along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition & Scope
1.3 Inclusion/Exclusion
1.4 Study Scope
1.4.1 Markets Covered
1.4.2 Geographic Scope
1.4.3 Years Considered
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Introduction
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Automatic Bending Machine Market
4.2 Market, By Type (2019–2024)
4.3 Market, By Application (2019 and 2024)
4.4 Market, By Technology (2019 and 2024)
4.5 Market, By Industry (2019 and 2024)
4.6 Market, By Region (2019–2024)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Availability of Safe Programmable Bending Machines With High Precision
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Maintenance Cost and Requirement of Qualified Operators and Maintenance Technicians
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Robots With Bending Machines
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Deformation of Metallic Parts Owing to Variations in Speed and Pressure
6 Market, By Type (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Automatic
6.2.1 Automatic Bending Machines Expect to Dominate Market During Forecast Period
6.3 Semiautomatic
6.3.1 Automotive Industry to Witness Highest Demand for Hydraulic Semiautomatic Bending Machines
7 Market, By Technology (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Electric
7.2.1 Electric Automatic Bending Machines Consume Lowest Energy Than That of Other Technologies
7.3 Hydraulic
7.3.1 Automotive Industry to Witness Highest Demand for Hydraulic Automatic Bending Machines
7.4 Pneumatic
7.4.1 Automatic Type Pneumatic Bending Machines to Continue to Hold Larger Market Share Than That of Semiautomatic Type Pneumatic Bending Machines
7.5 Induction Based
7.5.1 Shipbuilding Industry to Exhibit Highest Demand for Induction Technology-Based Automatic Bending Machines
8 Market, By Application (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Tube/Pipe
8.2.1 Tube/Pipe Bending Application to Dominate Automatic Bending Market During Forecast Period
8.3 Metal Sheet
8.3.1 Metal Sheet Bending Application to Lead Market for Automotive Industry During Forecast Period
8.4 Bar
8.4.1 Use of Reinforcement Bar Bending Machines for Making Safer and Stronger Structures in Consturction Industry
9 Market, By Industry (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Automotive
9.2.1 Automotive Industry to Witness Highest CAGR in Market During Forecast Period
9.3 Shipbuilding
9.3.1 Shipbuilding Industry to Account for Largest Market Share in APAC During Forecast Period
9.4 Aerospace & Defense
9.4.1 Electric Bending Machines are Most Preferred in Aerospace & Defense Industry
9.5 Construction and Mining
9.5.1 Construction and Mining Industry to Witness Highest Growth Rate in Market in APAC
9.6 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US to Continue to Account for Largest Share of North American Market for Automatic Bending Machines
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada to Continue to Account for Second-Largest Share of North American Automatic Bending Machines in Coming Years
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Mexico to Witness Highest CAGR in North American Market for Automatic Bending Machines
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 UK to Witness Largest Size of Electric Bending Machine Market During Forecast Period
10.3.2 France
10.3.2.1 Aerospace & Defense Industry to Witness Highest CAGR in Market in France
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Innovative Automotive Industry in Germany to Drive Demand for Automatic Bending Machines
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific (APAC)
10.4.1 China
10.4.1.1 China to Account for Largest Size of Market in APAC
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Strong Automotive Industry to Drive Japanese Market for Automatic Bending Machines
10.4.3 India
10.4.3.1 India is Expected to Witness Highest CAGR in Market
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of The World (RoW)
10.5.1 Middle East and Africa
10.5.2 South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Overview
11.2 Ranking Analysis of Market Players
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Product Launches
11.4.2 Expansions
11.4.3 Agreements
12 Company Profiles (Page No. – 119)
12.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1.1 Trumpf
12.1.2 Amada
12.1.3 Haco
12.1.4 Bystronic
12.1.5 Prima Industrie
12.1.6 Danobatgroup
12.1.7 Wafios
12.1.8 BLM
12.1.9 Transfluid
12.1.10 Amob
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.1.11 Right to Win
12.2 Other Key Players
12.2.1 Shuz Tung Machinery Industrial
12.2.2 Euromac
12.2.3 Soco Machinery
12.2.4 Universal Tool & Engineering
12.2.5 Kersten
12.2.6 Knuth Machine Tools
12.2.7 Dural Machinery
12.2.8 Unison
12.2.9 Horn Machine Tools
12.2.10 Winton Machine Company
13 Appendix (Page No. – 143)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE7414
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 補修工事の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、補修工事の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、補修工事市場規模、種類別(改修、亀裂修理、修復)分析、用途別(住宅、インフラ、工業、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 補修工事の世界市場:市場動向分析 ・ 補修工事の世界市場:競争要因分析 ・ 補修工事の世界市場:種類別(改修、亀裂修理、修復) ・ 補修工事の世界市場:用途別(住宅、インフラ、工業、商業) ・ 補修工事の世界市場:主要地域別分析 ・ 補修工事の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 補修工事のヨーロッパ市場規模 ・ 補修工事のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・補修工事の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • シリコンアノード電池の世界市場見通し2016-2022:角柱型、パウチ型、円筒型
    当調査レポートでは、シリコンアノード電池の世界市場について調査・分析し、シリコンアノード電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・シリコンアノード電池の世界市場:市場動向分析 ・シリコンアノード電池の世界市場:競争要因分析 ・シリコンアノード電池の世界市場:種類別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:用途別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:容量別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:地域別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の北米市場規模 ・シリコンアノード電池の欧州市場規模 ・シリコンアノード電池のアジア市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015について調査・分析し、水酸化マグネシウム難燃剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用ファスナーの世界市場予測
  • 有機大豆タンパク質の世界市場予測:大豆タンパク質濃縮物、大豆タンパク質分離物、大豆タンパク質粉
    当調査レポートでは、有機大豆タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、有機大豆タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フリーズドライ食品の世界市場:タイプ別(コーヒー、フルーツ、野菜、飲料、乳製品)、地域別予測
    本資料は、フリーズドライ食品の世界市場について調べ、フリーズドライ食品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(コーヒー、フルーツ、野菜、飲料、乳製品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNestle、Kerry、Unilever、Watties、Mondelez、Lyofal、DSM、Novartis、Mercer Foods、Freeze Dry Foods、European Freeze Dry、Amalgam Foodsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フリーズドライ食品の世界市場概要 ・フリーズドライ食品の世界市場環境 ・フリーズドライ食品の世界市場動向 ・フリーズドライ食品の世界市場規模 ・フリーズドライ食品の世界市場規模:タイプ別(コーヒー、フルーツ、野菜、飲料、乳製品) ・フリーズドライ食品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・フリーズドライ食品の北米市場規模・予測 ・フリーズドライ食品のアメリカ市場規模・予測 ・フリーズドラ …
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の電気生理学装置市場(~2021)
  • 産業用緊急停止システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用緊急停止システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用緊急停止システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高圧ケーブルの世界市場:架空ケーブル、地中ケーブル、海底ケーブル
    当調査レポートでは、高圧ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用椅子の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、歯科用椅子の世界市場について調査・分析し、歯科用椅子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 歯科用椅子の世界市場:市場動向分析 - 歯科用椅子の世界市場:競争要因分析 - 歯科用椅子の世界市場:製品別 ・非電動式 ・電動式 - 歯科用椅子の世界市場:用途別 ・口腔手術用 ・検査用 ・ポータブル型 ・患者用 ・歯科矯正用 - 歯科用椅子の世界市場:最終用途別 ・歯科医院 ・病院 ・学術研究機関 - 歯科用椅子の世界市場:主要地域別分析 - 歯科用椅子の北米市場規模(アメリカ市場等) - 歯科用椅子のヨーロッパ市場規模 - 歯科用椅子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・歯科用椅子の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ガスタービンの世界市場
    当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、ガスタービンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ガスタービンの世界市場:市場動向分析 - ガスタービンの世界市場:競争要因分析 - ガスタービンの世界市場:用途別 ・産業用 ・航空 ・発電 ・船舶 ・石油&ガス - ガスタービンの世界市場:定格出力別 ・1-40 MW ・40-120 MW ・120-300 MW ・300 MW超 - ガスタービンの世界市場:技術別 ・複合サイクル ・開放サイクル - ガスタービンの世界市場:製品の種類別 ・航空転用型 ・高負荷型 - ガスタービンの世界市場:主要地域別分析 - ガスタービンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ガスタービンのヨーロッパ市場規模 - ガスタービンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ガスタービンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の実験用ミキサー市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは実験用ミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・実験用ミキサーの世界市場:エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 血管性浮腫(Angioedema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管性浮腫(Angioedema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管性浮腫(Angioedema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管性浮腫(Angioedema)の概要 ・血管性浮腫(Angioedema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管性浮腫(Angioedema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管性浮腫(Angioedema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血 …
  • マネージド型セキュリティサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マネージド型セキュリティサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マネージド型セキュリティサービスの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 質量分析法(MS)の世界市場予測(~2022年):種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、質量分析法(MS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、質量分析法(MS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコン金属の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリコン金属の世界市場について調査・分析し、シリコン金属の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリコン金属シェア、市場規模推移、市場規模予測、シリコン金属種類別分析(含有量98.0%-99.0%、含有量99.0%-99.5%、含有量 >99.5%)、シリコン金属用途別分析(アルミニウム産業、シリコン化合物、太陽光電池、半導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリコン金属の市場概観 ・シリコン金属のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリコン金属のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリコン金属の世界市場規模 ・シリコン金属の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリコン金属のアメリカ市場規模推移 ・シリコン金属のカナダ市場規模推移 ・シリコン金属のメキシコ市場規模推移 ・シリコン金属のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シリコン金属のドイツ市場規模推移 ・シリコン金属のイギリス市場規模推移 ・シリコ …
  • 短繊維用スピンドルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、短繊維用スピンドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、短繊維用スピンドルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリブタジエンの世界市場分析:製品別(低シス、高シス、高ビニル、高トランス)、用途別(タイヤ製造、ポリマー改質、工業用ゴム製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、ポリブタジエンの世界市場動向、ポリブタジエンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリブタジエン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 油圧式ドージングポンプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、油圧式ドージングポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油圧式ドージングポンプ市場規模、種類別(プログラマブルASIC、フルカスタムASIC、セミカスタム設計)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:市場動向分析 ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:競争要因分析 ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:種類別(プログラマブルASIC、フルカスタムASIC、セミカスタム設計) ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:主要地域別分析 ・ 油圧式ドージングポンプの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 油圧式ドージングポンプのヨーロッパ市場規模 ・ 油圧式ドージングポンプのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油圧式ドージングポンプの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ガスケット・シール材の世界市場:ゴム、繊維、シリコーン、グラファイト、PTFE、その他
    当調査レポートでは、ガスケット・シール材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガスケット・シール材市場規模、種類別(ゴム、繊維、シリコーン、グラファイト、PTFE、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、産業機械、電気・電子、石油・ガス、化学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガスケット・シール材の世界市場概要 ・ガスケット・シール材の世界市場環境 ・ガスケット・シール材の世界市場動向 ・ガスケット・シール材の世界市場規模 ・ガスケット・シール材の世界市場:業界構造分析 ・ガスケット・シール材の世界市場:種類別(ゴム、繊維、シリコーン、グラファイト、PTFE、その他) ・ガスケット・シール材の世界市場:エンドユーザー別(自動車、産業機械、電気・電子、石油・ガス、化学、その他) ・ガスケット・シール材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ガスケット・シール材の北米市場規模・予測 ・ガスケット・シール材のヨーロッパ・中東・ア …
  • ユーイング肉腫治療の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ユーイング肉腫治療の世界市場について調べ、ユーイング肉腫治療の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ユーイング肉腫治療の市場規模をセグメンテーション別(種類別(併用療法、単独療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はユーイング肉腫治療の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ユーイング肉腫治療の市場状況 ・ユーイング肉腫治療の市場規模 ・ユーイング肉腫治療の市場予測 ・ユーイング肉腫治療の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(併用療法、単独療法) ・ユーイング肉腫治療の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 金属産業用ガスの世界市場
    当調査レポートでは、金属産業用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属産業用ガスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場:タイプ別、製品別(糖ポリマー、皮膚軟化剤、活性成分)、用途別(スキンケア、口腔ケア、ヘアケア、化粧品)、セグメント予測
    パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場は2025年には111億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、オーガニックや天然素材のスキンケアやヘアケア用品に対する需要の増加が考えられます。本調査レポートでは、パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場動向、パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケア用オーガニック原材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 筋けいれん(Muscle Spasm):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋けいれん(Muscle Spasm)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋けいれん(Muscle Spasm)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋けいれん(Muscle Spasm)の概要 ・筋けいれん(Muscle Spasm)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋けいれん(Muscle Spasm)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋けいれん(Muscle Spasm)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • アメリカの産業用ロボット市場
    当調査レポートでは、アメリカの産業用ロボット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの産業用ロボット市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 業務用包丁の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、業務用包丁の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用包丁市場規模、製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用包丁の世界市場概要 ・業務用包丁の世界市場環境 ・業務用包丁の世界市場動向 ・業務用包丁の世界市場規模 ・業務用包丁の世界市場:業界構造分析 ・業務用包丁の世界市場:製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他) ・業務用包丁の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用包丁の北米市場規模・予測 ・業務用包丁のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・業務用包丁のアジア太平洋市場規模・予測 ・業務用包丁の主要国分析 ・業務用包丁の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用包丁の世界市場:成長要因、課題 ・業務用包丁の世界市場:競争環境 ・業務用包丁の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 合成開口レーダー(SAR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、合成開口レーダー(SAR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、合成開口レーダー(SAR)の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD37抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD37抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD37抗体の概要 ・Anti-CD37抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD37抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD37抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD37抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のナノ医薬品市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノ医薬品市場2015について調査・分析し、ナノ医薬品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ピクルスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ピクルスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピクルス市場規模、製品別(フルーツ、野菜、その他)分析、最終用途別(小売、食品サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ピクルスの世界市場概要 ・ピクルスの世界市場環境 ・ピクルスの世界市場動向 ・ピクルスの世界市場規模 ・ピクルスの世界市場:業界構造分析 ・ピクルスの世界市場:製品別(フルーツ、野菜、その他) ・ピクルスの世界市場:最終用途別(小売、食品サービス) ・ピクルスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ピクルスのアメリカ市場規模・予測 ・ピクルスのヨーロッパ市場規模・予測 ・ピクルスのアジア市場規模・予測 ・ピクルスの主要国分析 ・ピクルスの世界市場:意思決定フレームワーク ・ピクルスの世界市場:成長要因、課題 ・ピクルスの世界市場:競争環境 ・ピクルスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の塩素酸カリウム(99.8%)市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩素酸カリウム(99.8%)市場2016について調査・分析し、塩素酸カリウム(99.8%)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 滅菌包装の世界市場2016-2020:プラスチック、ガラス
    当調査レポートでは、滅菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、滅菌包装の世界市場規模及び予測、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オキシトシン受容体アンタゴニストの概要 ・オキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオキシトシン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オキシトシン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オキシトシン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 企業向けファイル共有・同期(EFSS)アプリケーションの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、企業向けファイル共有・同期(EFSS)アプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、アプリケーション種類別分析、導入形態別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インスリン抵抗性(Insulin Resistance):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるインスリン抵抗性(Insulin Resistance)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、インスリン抵抗性(Insulin Resistance)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・インスリン抵抗性(Insulin Resistance)の概要 ・インスリン抵抗性(Insulin Resistance)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のインスリン抵抗性(Insulin Resistance)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インスリン抵抗性(Insulin Resistance)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 回転翼機用エンジンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、回転翼機用エンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、回転翼機用エンジン市場規模、用途別(軍用ヘリコプター、商用ヘリコプター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、GE Aviation, Honeywell International, Pratt & Whitney, Rolls-Royce, Safran Helicopter Enginesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・回転翼機用エンジンの世界市場概要 ・回転翼機用エンジンの世界市場環境 ・回転翼機用エンジンの世界市場動向 ・回転翼機用エンジンの世界市場規模 ・回転翼機用エンジンの世界市場:業界構造分析 ・回転翼機用エンジンの世界市場:用途別(軍用ヘリコプター、商用ヘリコプター) ・回転翼機用エンジンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・回転翼機用エンジンの北米市場規模・予測 ・回転翼機用エンジンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・回転翼機用エ …
  • 部分発作(Partial Seizure):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における部分発作(Partial Seizure)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、部分発作(Partial Seizure)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・部分発作(Partial Seizure)の概要 ・部分発作(Partial Seizure)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の部分発作(Partial Seizure)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・部分発作(Partial Seizure)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • ヨウ素の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヨウ素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヨウ素市場規模、用途別(X線造影剤、医薬品、LCD・LEDスクリーン、栄養、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ISE CHEMICALS CORPORATION, Iochem Corporation, Iofina, NIPPOH CHEMICALS, SQM, Toyota Tsusho Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヨウ素の世界市場概要 ・ヨウ素の世界市場環境 ・ヨウ素の世界市場動向 ・ヨウ素の世界市場規模 ・ヨウ素の世界市場:業界構造分析 ・ヨウ素の世界市場:用途別(X線造影剤、医薬品、LCD・LEDスクリーン、栄養、その他) ・ヨウ素の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨウ素の北米市場規模・予測 ・ヨウ素のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヨウ素のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヨウ素の主要国分析 ・ヨウ素の世界市場 …
  • 世界の人工弁輪市場2015
    本調査レポートでは、世界の人工弁輪市場2015について調査・分析し、人工弁輪の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワーウィンドウスイッチ市場規模、用途別(乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場概要 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場環境 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場動向 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場規模 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場:用途別(乗用車) ・自動車用パワーウィンドウスイッチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワーウィンドウスイッチのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用パワーウィンドウスイッチのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用パワーウィンドウスイッチのアジア市場規模・予測 ・自動車用パワーウィンドウスイッチの主要国分析 ・自動車用パワーウィンドウスイッチ …
  • 高性能電動オートバイの世界市場2017-2021:ストリート用、オフロード用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高性能電動オートバイの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Energica Motor Company、Lightning Motorcycle、SAROLÉA、Zero Motorcycles等です。
  • 世界のオメガ3 PUFA市場
  • バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])
    本調査レポートでは、バンキングのアルメニア市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)分析、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング) ・バンキングのアルメニア市場:種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC]) ・企業概要
  • スマートシェード機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートシェード機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシェード機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コーヒーポッドの世界市場:種類別(AOCC、DCS)、用途別(民間空港、商用空港)、地域別予測
    本資料は、コーヒーポッドの世界市場について調べ、コーヒーポッドの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AOCC、DCS)分析、用途別(民間空港、商用空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNestle、Kraft Foods、LUIGI LAVAZZA SPA、Keurig Green Mountain、Coffechino、DUNKIN' DONUTS、ETHICAL COFFEE COMPANY、The Folger Coffee Company、Gloria Jean's Coffees、Jacobs Douwe Egberts、Melitta coffee pods、Seattle’s Best Coffee、STARBUCKSなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーヒーポッドの世界市場概要 ・コーヒーポッドの世界市場環境 ・コーヒーポッドの世界市場動向 ・コーヒーポッドの世界市場規模 ・コーヒーポッドの世界市場規模:種類別(AOC …
  • 世界のオルトジクロロベンゼン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオルトジクロロベンゼン市場2015について調査・分析し、オルトジクロロベンゼンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニコチンガム市場2015
    本調査レポートでは、世界のニコチンガム市場2015について調査・分析し、ニコチンガムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリンダー用LPガス調整器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリンダー用LPガス調整器の世界市場について調査・分析し、シリンダー用LPガス調整器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリンダー用LPガス調整器シェア、市場規模推移、市場規模予測、シリンダー用LPガス調整器種類別分析(低圧調整器、高圧調整器、中圧調整器)、シリンダー用LPガス調整器用途別分析(家庭用、屋外用、自動車用、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリンダー用LPガス調整器の市場概観 ・シリンダー用LPガス調整器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリンダー用LPガス調整器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリンダー用LPガス調整器の世界市場規模 ・シリンダー用LPガス調整器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリンダー用LPガス調整器のアメリカ市場規模推移 ・シリンダー用LPガス調整器のカナダ市場規模推移 ・シリンダー用LPガス調整器のメキシコ市場規模推移 ・シリンダー用LPガス調整器のヨーロッパ市場分析(ド …
  • オンライン食料品販売の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オンライン食料品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン食料品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小売業のモノのインターネット(IOT)の世界市場分析:ハードウェア別(ビーコン、RFIDタグ、センサー、ウェアラブル)、サービス別、技術別(ブルートゥース低エネルギー、近距離通信、ZigBee)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、小売業のモノのインターネット(IOT)の世界市場について調査・分析し、小売業のモノのインターネット(IOT)の世界市場動向、小売業のモノのインターネット(IOT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別小売業のモノのインターネット(IOT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"