"極低温タンクの世界市場予測:原材料別、低温液体別、用途別、エンドユーズ産業別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH7409)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"極低温タンクの世界市場予測:原材料別、低温液体別、用途別、エンドユーズ産業別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The cryogenic tanks market is projected to register a CAGR of 5.5%, in terms of value, between 2019 and 2024.” The global cryogenic tanks market size in 2019 was USD 6.2 billion in 2019 and is expected to reach USD 8.1 billion by 2024, at a CAGR of 5.5% between 2019 and 2024. The increasing demand for LNG in the energy generation industry primarily triggers the growth of the global cryogenic tanks industry. However, the steel industry is facing a slowdown due to overcapacity, the current economic scenario in China, and declining oil & gas prices. Decrease in global steel production is hampering the growth of the market.

“The steel segment is estimated to lead the cryogenic tanks market, by raw material, during the forecast period.”
Steel is primarily used in the manufacturing of cryogenic tanks. Most of the materials are ductile at room temperature and abruptly lose their ductility when a given threshold is exceeded. They then become brittle even at relatively low temperatures. The austenitic stainless steel is majorly used for working in low temperature range. Carbon and alloy grade steels used for low-temperature service are required to provide the high strength, ductility, and toughness in vehicles, vessels, and structures that are used at –49°F and lower. These factors are contributing to the growth of demand for steel in manufacturing of cryogenic tanks.

“Liquid Nitrogen is the fastest-growing cryogenic liquid segment of the cryogenic tanks market.”
Liquid nitrogen is primarily used in the metal processing, food & beverage, electronics, and healthcare industries. The steel manufacturing industry is one of the major consumers of nitrogen. Nitrogen is used in the food & beverage industry for food preservation and packaging applications. The use of liquid nitrogen in this industry enables cost savings during storage and transportation and improves food quality. Liquid nitrogen is used to cool normally soft or heat-sensitive materials, such as plastics, tires, and certain metals. The increasing demand for liquid nitrogen from metal processing, food, and medical industries is expected to drive the market in this segment.

“Metal processing is expected to lead the end-use industry segment of the cryogenic tanks market during the forecast period”
Metal processing was the largest end-use industry of the cryogenic tanks market, in 2018. Cryogenic tanks are increasingly being used in metal-processing industries, especially the steel industry. Huge quantities of nitrogen and other industrial gases are used during the metal manufacturing process. Nitrogen is also known to be largest consumed gas in the industry. It is used as a high pressure gas for laser cutting of steel and metal. The inert properties of nitrogen, facilitates its use as a blanketing gas. Some gases, including hydrogen and oxygen, are also used in the metal processing industry. Cryogenic tanks are commonly used in storage and transportation of these gases in manufacturing plants, which drives the market demand.

“APAC is projected to be the fastest-growing cryogenic tanks market during the forecast period.”
APAC is a high potential market with growing metal processing and energy and petrochemical industries. It is projected to be the fastest-growing market for cryogenic tanks owing to considerable increase in investments in the energy sector in the past five years, creating high demand for cryogenic tanks in the region. It is also witnessing significant developments in energy, power, and technology sectors which further drives the market for cryogenic tanks in the region.

China is witnessing significant growth in the energy sector owing to continuous energy consumption and strong policies supporting economic development. Other developing Asian economies are also expected to create opportunities for natural gas growth in the region, although the sensitivity to policies and price levels remain uncertain. Thus, the developments in the energy sector are expected to drive the cryogenic tanks market, as these tanks are commonly used for storage and transportation of liquefied gases including LNG.

This study was validated through primary interviews conducted with various industry experts worldwide. The primary sources were divided into three categories, namely, company type, designation, and region.

• By Company Type– Tier 1: 57%, Tier 2: 29%, and Tier 3: 14%
• By Designation–C Level: 43%, Director Level: 36%, and Others: 21%
• By Region–Europe: 35%, APAC: 25%, North America: 20%, Middle East & Africa: 12%, and South America: 8%

The report profiles several leading players of the cryogenic tanks market that include Chart Industries (US), Cryofab (US), INOX India (India), Linde PLC (UK), Air Products (US), Cryolor (France), Air Water (Japan), Wessington Cryogenics (UK), FIBA Technologies (US), and ISISAN (Turkey). The report also includes detailed information about various growth strategies adopted by these key players to strengthen their positions in the cryogenic tanks industry.

Research Coverage:
The report offers insights on cryogenic tanks used in various end-use industries across regions. It aims at estimating the size of the cryogenic tanks market during the forecast period and projects the future growth of the market across the raw material, cryogenic liquid, application, end-use industry, and region segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market along with their company profiles, SWOT analysis, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in the cryogenic tanks market by providing them with the closest approximations of the revenues for the overall market and its various sub-segments. This report will help stakeholders obtain a better understanding of the competitive landscape and gain insights to enhance their businesses and devise suitable market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and help acquire information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities affecting the growth of the cryogenic tanks market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"極低温タンクの世界市場予測:原材料別、低温液体別、用途別、エンドユーズ産業別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Cryogenic Tanks Market Analysis
2.5 Assumptions
2.6 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Cryogenic Tanks Market
4.2 Cryogenic Tanks Market, By Cryogenic Liquid
4.3 Cryogenic Tanks Market, By Major Countries
4.4 APAC Cryogenic Tanks Market, By End-Use Industry and Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for LNG
5.2.1.2 Improving Healthcare Services in Developing Economies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Decrease in Global Steel Production
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Applications in Space Technology
5.2.3.2 Development of Cryogenic Energy Storage Systems
5.2.3.3 Increasing Spending on Infrastructure
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Cryogenic Leakage
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Bargaining Power of Buyers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Cryogenic Tanks Market, By Raw Material (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Steel
6.2.1 Austenitic Stainless Steel is Another Commonly Used Raw Material for the Construction of Cryogenic Tanks
6.3 Nickel Alloy
6.3.1 9% Nickel Steel and 5% Nickel Steel are the Most Commonly Used Nickel Alloys for Construction of Cryogenic Tanks
6.4 Aluminum Alloy
6.4.1 Excellent Structural Properties Such as Low Weight, Formability, and Corrosion Resistance are Increasing the Demand for Aluminum Alloys
6.5 Others
7 Cryogenic Tanks Market, By Cryogenic Liquid (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Liquid Nitrogen
7.2.1 Increasing Applications of Liquid Nitrogen From the Metal Processing Industry are Creating High Demand for Cryogenic Tanks
7.3 Liquefied Natural Gas (LNG)
7.3.1 the Use of LNG in Power Generation is Expected to Drive the Market Growth
7.4 Liquid Oxygen
7.4.1 Liquid Oxygen is Among Key Cryogenic Liquids Transported Through Cryogenic Tanks
7.5 Liquid Hydrogen
7.5.1 Liquid Hydrogen Finds Significant Applications in Food, Space, Electronics, and Metal Industries
7.6 Others
8 Cryogenic Tanks Market, By Application (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Storage
8.2.1 Cryogenic Storage Tanks are Mounted in Fixed Locations and Widely Used for Bulk Storage of Liquefied Gases
8.3 Transportation
8.3.1 The High Demand for Transportation Tanks for Conveyance of Cryogenic Liquid From Manufacturers is Driving the Market
9 Cryogenic Tanks Market, By End-Use Industry (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Metal Processing
9.2.1 Metal Processing Requires Cryogens in Huge Quantities, Which Drives the Demand for Cryogenic Tanks
9.3 Energy Generation
9.3.1 The Recent Growth in the LNG Market has Increased the Demand for Cryogenic Tanks
9.4 Electronics
9.4.1 Cryogenic Equipment Such as Semiconductor Grade Vaporizers and Tanks are Extensively Used in the Electronics Industry
9.5 Medical Technology
9.5.1 The Use of Cryogenic Tanks for Fast Freezing of Vaccines and Preserving Biological Samples is Boosting the Market Growth
9.6 Food & Beverage
9.6.1 Cryogenic Tanks are Used in Cooling and Freezing A Wide Variety of Bakery and Related Snack Products
9.7 Water Treatment
9.7.1 The Use of Liquid Oxygen in Water Treatment is Positively Influencing the Demand for Cryogenic Tanks
9.8 Others
10 Cryogenic Tanks Market, By Region (Page No. – 58)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Increasing Production and Exports of Natural Gas are Driving the Market for Cryogenic Tanks
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Aggressive Economic Expansion in Canada is Boosting the Market Growth
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Rapid Reforms in Mexico Related to the Energy Sector is Expected to Drive the Market
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Increasing Focus on Energy Generation From Renewable Sources is Expected to Boost the Demand for Cryogenic Tanks
10.3.2 UK
10.3.2.1 Increasing LNG Consumption is Expected to Boost the Cryogenic Tanks Market in the Country.
10.3.3 France
10.3.3.1 Significant Growth of the Steel and Metal Manufacturing Industry in France is Driving the Demand for Cryogenic Tanks
10.3.4 Italy
10.3.4.1 The Use of Cryogenic Tanks in the Medical and Chemical Industries is Expected to Propel the Market Growth
10.3.5 Russia
10.3.5.1 Growing Exports of Natural Gas in the Country is Increasing the Demand for Cryogenic Tanks
10.3.6 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 High Demand for LNG in Electronic, Chemical, and Metal Processing Industries is Likely to Drive the Market
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Rising Imports of Natural Gases and Increasing Investments in the Energy Sector are Fueling the Demand
10.4.3 India
10.4.3.1 Increasing Developments in Healthcare and Infrastructure Industries in India are Leading to the Market Growth
10.4.4 South Korea
10.4.4.1 The Growing Steel Manufacturing Industry in the Country is Resulting in the Growth of the Cryogenic Tanks Market
10.4.5 Australia
10.4.5.1 Investments From Oil & Gas Giants in the Country are Expected to Boost the Growth of the Cryogenic Tanks Market
10.4.6 Rest of APAC
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Increase in Steel Consumption and Export of Natural Gas are Driving the Market
10.5.2 South Africa
10.5.2.1 Shift in Resources for Energy Generation in the Country is Likely to Provide Growth Opportunities to the Market
10.5.3 Qatar
10.5.3.1 Significant Reserves of Natural Gas in the Country Will Propel the Demand for Cryogenic Tanks
10.5.4 Rest of the Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing Consumption of Natural Gas in the Country is Driving the Demand
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 The Electronics Industry in the Country Offers New Opportunities for Cryogenic Tanks Manufacturers
10.6.3 Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 111)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Innovators
11.2.3 Visionary Leaders
11.2.4 Emerging Companies
11.2.5 Strength of Product Portfolio
11.2.6 Business Strategy Excellence
11.3 Market Ranking of Key Players, 2018
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launch
11.4.2 Expansion
11.4.3 Merger & Acquisition and Contract & Agreement
12 Company Profiles (Page No. – 120)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Chart Industries
12.2 Cryofab
12.3 INOX India
12.4 Linde PLC
12.5 Air Products
12.6 Cryolor
12.7 Air Water
12.8 Wessington Cryogenics
12.9 FIBA Technologies
12.10 ISISAN
12.11 Other Players
12.11.1 Nikkiso Cryo
12.11.2 Gardner Cryogenic
12.11.3 Beijing Tianhai Industry
12.11.4 Hoover Ferguson
12.11.5 Universal Industrial Gases
12.11.6 Vijay Tanks & Vessels
12.11.7 Auguste Cryogenics
12.11.8 Macomber Cryogenics
12.11.9 M1 Engineering
12.11.10 GTS Group
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 141)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】極低温タンクの世界市場予測:原材料別、低温液体別、用途別、エンドユーズ産業別
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH7409
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
極低温タンクの世界市場予測:原材料別、低温液体別、用途別、エンドユーズ産業別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 起立性低血圧症治療薬の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、起立性低血圧症治療薬の世界市場について調べ、起立性低血圧症治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、起立性低血圧症治療薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ミドドリン、ノーセラ(ドロキシドパ)、フルドロコルチゾン、他の薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は起立性低血圧症治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・起立性低血圧症治療薬の市場状況 ・起立性低血圧症治療薬の市場規模 ・起立性低血圧症治療薬の市場予測 ・起立性低血圧症治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ミドドリン、ノーセラ(ドロキシドパ)、フルドロコルチゾン、他の薬) ・起立性低血圧症治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関 …
  • 尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)の概要 ・尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・尿素サイクル異常症(Urea Cycle Disorders)治療薬 …
  • CaaS(サービスとしてのコンテナ)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、CaaS(サービスとしてのコンテナ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サービス種類別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、CaaS(サービスとしてのコンテナ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小信号トランジスターの世界市場2019-2023
    小信号トランジスターは、電気信号の増幅、制御、および生成に使用される固体素子です。トランジスターにはPNPトランジスターとNPNトランジスターの2種類があります。一部の用途では、スイッチおよびアンプとして使用できます。小信号トランジスターの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率3%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Infineon Technologies、Maxim Integrated、NXP Semiconductors、Renesas Electronics、STMicroelectronicsなどです。 当調査レポートでは、小信号トランジスターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、小信号トランジスター市場規模、用途別(工業、自動車、通信、家電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・小信号トランジスターの世界市場概要 ・小信号トランジスターの世界市場環境 ・小信号トランジスターの世界市 …
  • 車両アナリティクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、車両アナリティクスの世界市場について調査・分析し、車両アナリティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・車両アナリティクスの世界市場規模:展開モデル別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:用途別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・車両アナリティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の携帯型Bluetoothスピーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型Bluetoothスピーカー市場2015について調査・分析し、携帯型Bluetoothスピーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 発泡性耐火塗料の世界市場:技術別(水溶性、油溶性、エポキシ系)、用途別(炭化水素類、セルロース)、最終用途別、地域別予測
    本資料は、発泡性耐火塗料の世界市場について調べ、発泡性耐火塗料の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(水溶性、油溶性、エポキシ系)分析、用途別(炭化水素類、セルロース)分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・発泡性耐火塗料の世界市場概要 ・発泡性耐火塗料の世界市場環境 ・発泡性耐火塗料の世界市場動向 ・発泡性耐火塗料の世界市場規模 ・発泡性耐火塗料の世界市場規模:技術別(水溶性、油溶性、エポキシ系) ・発泡性耐火塗料の世界市場規模:用途別(炭化水素類、セルロース) ・発泡性耐火塗料の世界市場規模:最終用途別 ・発泡性耐火塗料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・発泡性耐火塗料の北米市場規模・予測 ・発泡性耐火塗料のアメリカ市場規模・予測 ・発泡性耐火塗料のヨーロッパ市場規模・予測 ・発泡性耐火塗料のアジア市場規模・予測 ・発泡性耐火塗料の日本市場規模・予測 ・発泡性耐火塗料の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 酵母の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、酵母の世界市場について調査・分析し、酵母の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベルギーの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場分析:方法別(侵襲的、非侵襲的)、用途別(外傷性脳傷害、脳内出血、髄膜炎、くも膜下出血、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場動向、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 歯科コンプレッサーの世界市場分析:製品別(潤滑油付きコンプレッサー、オイルフリーコンプレッサー)、技術別(乾燥剤ベース、膜ベース)、用途別(ハンドピース、スケーラ、チェアバルブ)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、歯科コンプレッサーの世界市場について調査・分析し、歯科コンプレッサーの世界市場動向、歯科コンプレッサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別歯科コンプレッサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤の概要 ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の紅茶キノコ市場2015
    本調査レポートでは、世界の紅茶キノコ市場2015について調査・分析し、紅茶キノコの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のXRF装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のXRF装置市場2015について調査・分析し、XRF装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用DUAL VVTの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用DUAL VVTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用DUAL VVTの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 多層ブローフィルムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、多層ブローフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、多層ブローフィルム市場規模、製品別(パウチ、袋、ラップ、ふた、その他)分析、層別(11層、9層、7層、5層、3層、2層、その他)分析、フィルム種類別(特殊フィルム、シュリンクフィルム、ストレッチフィルム)分析、材料別(エチレンビニルアセテート(EVA)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、エチルビニルアルコール(EVOH)、ポリアミド、ポリ塩化ビニリデン(PVCD)、その他)分析、製造工程別(ブローフィルム押出、共押出ラミネーション、キャストフィルム押出、共押出コーティング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 多層ブローフィルムの世界市場:市場動向分析 ・ 多層ブローフィルムの世界市場:競争要因分析 ・ 多層ブローフィルムの世界市場:製品別(パウチ、袋、ラップ、ふた、その他) ・ 多層ブローフィルムの世界市場:層別(11層、9層、7層、5層、3層、 …
  • ベーカリー&シリアルの香港市場
  • 中国のPID市場2015
    本調査レポートでは、中国のPID市場2015について調査・分析し、PIDの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルセンサーの世界市場予測(~2022):種類別(加速度計、磁気計、ジャイロスコープ、画像センサー、慣性センサー、温度&湿度センサー、圧力&力センサー、タッチセンサー&モーションセンサー)、用途別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ウェアラブルセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、ウェアラブルセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チリの装具市場見通し
  • 医薬品包装機械の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、医薬品包装機械の世界市場について調査・分析し、医薬品包装機械の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医薬品包装機械の世界市場:市場動向分析 - 医薬品包装機械の世界市場:競争要因分析 - 医薬品包装機械の世界市場:包装の種類別 ・ブリスター包装機 ・ストリップ包装機 ・充填キャッパー複合機 ・小箱詰機 ・包装機 ・トレー包装機 ・その他 - 医薬品包装機械の世界市場:製品の種類別 ・固形物包装機械 ・半固形物包装機械 ・液体包装機械 ・その他 - 医薬品包装機械の世界市場:主要地域別分析 - 医薬品包装機械の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医薬品包装機械のヨーロッパ市場規模 - 医薬品包装機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医薬品包装機械の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 照明ソケットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、照明ソケットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、照明ソケット市場規模、エンドユーザー別(住宅、商業、工業、屋外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acuity Brands Lighting, Cree, Eaton, GENERAL ELECTRIC, Hubbellなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・照明ソケットの世界市場概要 ・照明ソケットの世界市場環境 ・照明ソケットの世界市場動向 ・照明ソケットの世界市場規模 ・照明ソケットの世界市場:業界構造分析 ・照明ソケットの世界市場:エンドユーザー別(住宅、商業、工業、屋外) ・照明ソケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・照明ソケットの北米市場規模・予測 ・照明ソケットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・照明ソケットのアジア太平洋市場規模・予測 ・照明ソケットの主要国分析 ・照明ソケットの世界市場:意思決定フレームワーク ・照明ソケットの世界市場 …
  • 水性塗料の世界市場:樹脂別(アクリル、ポリウレタン、エポキシ、アルキド、ポリエステル、PTFE、PVDC、PVDF、その他)、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、水性塗料の世界市場について調査・分析し、水性塗料の世界市場動向、水性塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別水性塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(垂直産業、サービスプロバイダー)分析、組織サイズ別分析、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのCEE高炉スラグ市場
  • キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 キャリアイーサネットとは、通信事業者にイーサネットサービスを提供するサービスです。このサービスにはE-Line、E-LAN、E-Treeがあります。Technavio社はキャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Arista Networks• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell• HPE• Juniper Networks等です。
  • 冷凍手術器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷凍手術器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍手術器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 分子分光法の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分子分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、分子分光法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 染料の世界市場分析:用途別(プラスチック、繊維、食品、パーソナルケア、印刷、塗料およびコーティング)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、染料の世界市場について調査・分析し、染料の世界市場動向、染料の世界市場規模、市場予測、セグメント別染料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、システム・ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防水層の世界市場:変性ビチューメン、PVC、EPDM、TPO、HDPE、LDPE
    当調査レポートでは、防水層の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の股関節再建市場動向(~2021)
  • 世界のHDPEパイプ市場2016
    本調査レポートでは、世界のHDPEパイプ市場2016について調査・分析し、HDPEパイプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • e-バイクの世界市場:種類別(ペダルアシスト、スロットル、スピードペデレック、原付・オートバイ)、電池の種類別(リン酸鉄リチウム、リチウムイオン、ニッケル水素、リチウムポリマー、チタン酸リチウム、その他)、変換キットの種類別(ハブモーター、ミッドドライブ、オールインワンホイール、摩擦駆動式)、地域別予測
    本資料は、e-バイクの世界市場について調べ、e-バイクの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ペダルアシスト、スロットル、スピードペデレック、原付・オートバイ)分析、電池の種類別(リン酸鉄リチウム、リチウムイオン、ニッケル水素、リチウムポリマー、チタン酸リチウム、その他)分析、変換キットの種類別(ハブモーター、ミッドドライブ、オールインワンホイール、摩擦駆動式)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはRobert Bosch GmbH、Accell Group N.V.、Giant Manufacturing Co. Ltd.、Derby Cycle Holding GmbH、Jiangsu Xinri E-Vehicle Co. Ltd.、Panasonic Corp、Bionx International Corporation、Mahindra & Mahindra Ltd.、Samsung SDI Co. Ltd.、Prodeco Technologies LLC …
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 工業用触媒の世界市場:石油精製、化学合成、石油化学・ポリマー用途
    当調査レポートでは、工業用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用触媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンチントン病(Huntington’s Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ハンチントン病(Huntington's Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ハンチントン病(Huntington's Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ハンチントン病(Huntington's Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・ハンチントン病(Huntington's Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・ハンチントン病(Huntington's Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ハンチントン病(Huntington's Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のハンチントン病(Huntington's Disease)治療薬剤
  • アメリカの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 酢酸エチルの世界市場2020-2024
    「酢酸エチルの世界市場2020-2024」は、酢酸エチルについて市場概要、市場規模、用途別(コーティング剤、パーソナルケア、F&B、医薬品、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング剤、パーソナルケア、F&B、医薬品、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • IBS-C薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、IBS-C薬の世界市場について調査・分析し、IBS-C薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • マイクロディスプレーの世界市場予測(~2023年):NTE、プロジェクション、OLED、LCoS、LCD、DLP
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロディスプレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、マイクロディスプレーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自律移動ロボット(AMR)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自律移動ロボット(AMR)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自律移動ロボット(AMR)市場規模、製品別(UAV、UGV、UMV)分析、エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、石油・ガス、物流・輸送・製造、農業・鉱業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場概要 ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場環境 ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場動向 ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場規模 ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場:業界構造分析 ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場:製品別(UAV、UGV、UMV) ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、石油・ガス、物流・輸送・製造、農業・鉱業、その他) ・自律移動ロボット(AMR)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自律移動ロボット(AMR)の北米市場規模・予測 ・自律移動ロボット(A …
  • 口腔粘膜炎(Oral Mucositis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の概要 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 世界の骨関節炎痛み止め市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 中国の肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治験薬の状況 ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の市場規模(販売予測) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発性多形性膠芽腫(Recurrent Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治 …
  • バイオ樹脂の世界市場
    当調査レポートでは、バイオ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ樹脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの装具市場動向(~2021)
  • 世界の指紋錠市場2016
    本調査レポートでは、世界の指紋錠市場2016について調査・分析し、指紋錠の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"