"油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE5728)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Hydraulic cylinder market to exhibit significant growth during 2019–2024”The global hydraulic cylinder market size was valued at USD 14.2 billion in 2018 and is projected to reach USD 19.4 billion by 2024; it is expected to grow at a CAGR of 5.4% from 2019 to 2024. The growth of this market is attributed to rising demand in the construction industry, increasing demand in mining process equipment, and growing demand for material handling equipment. However, factors such as increasing oil leakages from hydraulic cylinders and the high cost of manufacturing and maintenance are restraining the market growth.

“Double-acting hydraulic cylinder market to witness high-growth potential during the forecast period”
Double-acting hydraulic cylinders are used in aerospace, automotive, agriculture, and several other industries owing to their retraction property. Double-acting hydraulic cylinders have a higher demand in mobile applications such as lifting equipment, earth moving equipment, forklifts, and heavy trucks.

“Telescopic cylinder market to grow at highest CAGR during the forecast period “
Telescopic cylinders are also called multistage cylinders. They comprise of several cylinders nested inside each other, termed as stages. To maintain stability, there are six stages. The largest sleeve is called the main or barrel within which the smaller ones fit. The retraction length of these cylinders is 20–40% of the fully extended length. The high growth of telescopic hydraulic cylinders is attributed to their extensive use in applications such as dump trucks, excavators, roll-off trucks, and cranes.

“Mobile application market to grow at highest CAGR during the forecast period “
The mobile equipment application of hydraulic cylinders held a larger share of the hydraulic cylinder market. Mobile equipment, such as excavators, loaders, and cranes, requires hydraulic cylinders to operate. The applications of hydraulic cylinders in the mobile equipment industry include earthmoving, material handling, mining, and defense. An increase in industrialization and construction activities will further increase the demand for hydraulic cylinders in mobile applications.

“APAC to be the largest market for hydraulic cylinders during the forecast period”
APAC is expected to lead the hydraulic cylinder market in terms of size, from 2019 to 2024. Growing demand for agricultural, construction, and mining equipment in APAC is supporting the growth of the hydraulic cylinder industry. The need to meet the requirements of a growing population in APAC, along with increasing industrialization in emerging countries, is fueling the growth of agriculture and construction industries, which, in turn, are increasing the demand for hydraulic cylinders for use in agriculture and construction equipment.

Profile break-up of primary participants for the report is given below:
• By Company Type – Tier 1 = 40%, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 25%
• By Designation – C Level = 48%, Director Level = 33%, and Manager Level = 19%
• By Region – North America = 35%, Europe = 18%, APAC = 40%, and RoW = 7%
Key players in the market include Actuant (US), Bosch Rexroth (Germany), Caterpillar (US), Eaton (Ireland), KYB Corporation (Japan), Parker Hannifin (US), SMC Corporation (Japan), Jiangsu Hengli Hydraulic (China), Wipro Enterprises (India), and Hydac (Germany).
The global hydraulic cylinder market is segmented into the function, specification, application, bore size, industry, and geography. The market based on function is segmented into single-acting hydraulic cylinders and double-acting hydraulic cylinders. Based on the specification, the hydraulic cylinder market has been split into tie-rod cylinders, welded cylinders, telescopic cylinders, and mill-type cylinders. Based on the application, the market is segmented into mobile and industrial. Based on bore size, the market has been split into <50 MM, 50–150 MM, and >150 MM. Industries that are included in the study of the market include construction, aerospace & defense, material handling, agriculture, automotive, mining, oil & gas, marine, and others. The hydraulic cylinder industry is segmented into four regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on function, specification, application, bore size, industry, and region have been conducted to give an overall view of the hydraulic cylinder market.
• The value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the hydraulic cylinder industry.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges pertaining to the hydraulic cylinder market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.1.3.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Hydraulic Cylinder Market, 2019–2024 (USD Billion)
4.2 Market, By Specification
4.3 Market, By Type
4.4 Market, By Application
4.5 Market, By Bore Size
4.6 Market, By Industry and Region
4.7 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand From Construction Industry
5.2.1.2 Growing Use in Mining Equipment
5.2.1.3 Increasing Demand for Material Handling Equipment
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Increased Concerns Regarding Oil Leaks
5.2.2.2 High Manufacturing and Maintenance Costs
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Lifting Equipment in Shipping Industry
5.2.3.2 Rising Aircraft Manufacturing
5.2.3.3 Growing Focus on Developing Smart Hydraulic Cylinders
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Substitute Products
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Components of Hydraulic Cylinders
5.4.1 Piston
5.4.2 Cylinder Barrel
5.4.3 Piston Rod
5.4.4 Cylinder Base
5.4.5 Cylinder Head
5.4.6 Cylinder Seal
6 Hydraulic Cylinder Market, By Function (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Double-Acting Hydraulic Cylinders
6.2.1 Advantages of Double-Acting Hydraulic Cylinders
6.2.2 Disadvantages of Double-Acting Hydraulic Cylinders
6.3 Single-Acting Hydraulic Cylinders
6.3.1 Advantages of Single-Acting Hydraulic Cylinders
6.3.2 Disadvantages of Single-Acting Hydraulic Cylinders
7 Hydraulic Cylinder Market, By Specification (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Welded Cylinders
7.2.1 Advantages of Welded Hydraulic Cylinders
7.3 Tie-Rod Cylinders
7.3.1 Advantages of Tie-Rod Hydraulic Cylinders
7.4 Telescopic Cylinders
7.4.1 Advantages of Telescopic Hydraulic Cylinders
7.5 Mill-Type Cylinders
7.5.1 Advantages of Mill-Type Hydraulic Cylinders
8 Hydraulic Cylinder Market, By Application (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Mobile
8.2.1 Mobile Hydraulic Cylinders to Hold Larger Market Size During Forecast Period
8.3 Industrial
8.3.1 Market for Industrial Hydraulic Cylinders in APAC to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
9 Hydraulic Cylinder Market, By Bore Size (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 <50 MM
9.2.1 Benefits of Hydraulic Cylinders With <50 MM Bore
9.3 50–150 MM
9.3.1 Benefits of Hydraulic Cylinders With 50–150 MM Bore
9.4 >150 MM
9.4.1 Benefits of Hydraulic Cylinders With >150 MM Bore
10 Hydraulic Cylinder Market, By Industry (Page No. – 79)
10.1 Introduction
10.2 Construction
10.2.1 Construction Industry to Lead Market, in Terms of Size, During Forecast Period
10.3 Aerospace & Defense
10.3.1 Market for Aerospace & Defense Industry to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
10.4 Material Handling
10.4.1 Welded Market for Material Handling Industry to Hold Largest Size During Forecast Period
10.5 Agriculture
10.5.1 Double-Acting Cylinder Market for Agriculture Industry to Hold Larger Size During Forecast Period
10.6 Mining
10.6.1 Telescopic Cylinder Market for Mining Industry to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
10.7 Automotive
10.7.1 Double-Acting Cylinder Market for Automotive Industry to Hold Larger Size During Forecast Period
10.8 Marine
10.8.1 Welded Cylinder Market for Marine Industry to Hold Largest Size During Forecast Period
10.9 Oil & Gas
10.9.1 Telescopic Cylinder Market for Oil & Gas Industry to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
10.10 Others
10.10.1 Double-Acting Cylinder Market for Other Industries to Grow at Higher CAGR During Forecast Period
11 Geographic Analysis (Page No. – 102)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US to Hold Largest Market Size in North America During Forecast Period
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canadian Market to Be Driven By Growing Mining Industry
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Mexican Market to Be Driven By Growing Oil & Gas Industry
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Increasing Number of Passenger Vehicles to Drive Market in Germany
11.3.2 France
11.3.2.1 Rising Demand for Material Handling Equipment to Drive Hydraulic Cylinder Market in France
11.3.3 UK
11.3.3.1 Growing Marine Industry to Boost Demand for Hydraulic Cylinders in Uk
11.3.4 Netherlands
11.3.4.1 Rising Demand From Oil & Gas and Maritime Industries to Create Demand for Hydraulic Cylinders in Netherlands
11.3.5 Rest of Europe
11.3.5.1 Expanding Manufacturing Capabilities in Rest of European Countries to Create Demand for Hydraulic Cylinders
11.4 APAC
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan to Be Leading Market in APAC, in Terms of Size, During Forecast Period
11.4.2 Australia
11.4.2.1 Increasing Growth in Mining Industry to Boost Market for Hydraulic Cylinders in Australia
11.4.3 China
11.4.3.1 China to Be Fastest-Growing Market in APAC
11.4.4 India
11.4.4.1 Rising Demand for Hydraulic Cylinders From Construction Industry to Boost Market in India
11.4.5 South Korea
11.4.5.1 Growth of Shipbuilding Industry in South Korea to Boost Demand for Hydraulic Cylinders
11.4.6 Rest of APAC
11.4.6.1 Growing Agriculture Industry in Rest of APAC Region to Drive Demand for Hydraulic Cylinders
11.5 RoW
11.5.1 South America
11.5.1.1 Brazil
11.5.1.1.1 Brazil to Hold Largest Size of Market in South America During Forecast Period
11.5.1.2 Argentina
11.5.1.2.1 Increasing Deployment of Material Handling Solutions to Boost Market in Argentina
11.5.1.3 Chile
11.5.1.3.1 Rising Demand for Mining Equipment to Create Demand for Hydraulic Cylinders in Chile
11.5.1.4 Peru
11.5.1.4.1 Market in Peru to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
11.5.2 Middle East
11.5.2.1 Rising Investments in Oil & Gas Sector to Drive Market in Middle East
11.5.3 Africa
11.5.3.1 Growing Demand for Mining Equipment to Create Demand for Hydraulic Cylinders in Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 124)
12.1 Overview
12.2 Ranking of Players in Hydraulic Cylinder Market
12.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Situations & Trends
12.4.1 Product Launches
12.4.2 Expansions and Partnerships
12.4.3 Acquisitions
12.4.4 Contracts and Agreements
13 Company Profiles (Page No. – 133)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 Actuant
13.1.2 Bosch Rexroth
13.1.3 Caterpillar
13.1.4 Eaton
13.1.5 KYB Corporation
13.1.6 Parker Hannifin
13.1.7 SMC Corporation
13.1.8 Jiangsu Hengli Hydraulic
13.1.9 Wipro Enterprises
13.1.10 Hydac
13.2 Other Key Players
13.2.1 Burnside Autocyl
13.2.2 Jarp Industries
13.2.3 Kappa Engineering
13.2.4 Ligon Hydraulic Cylinder Group
13.2.5 Marrel
13.2.6 Pacoma
13.2.7 Prince Manufacturing
13.2.8 Standex International
13.2.9 Texas Hydraulics
13.2.10 Weber-Hydraulik
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 161)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE5728
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用軽量素材の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用軽量素材の世界市場について調査・分析し、自動車用軽量素材の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用軽量素材の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用軽量素材の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用軽量素材の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • フライングカーの世界市場2018-2022
    ロサンゼルス、東京、ニューデリー、ロンドンなどの大都市では、交通渋滞の増加が避けられない状況です。交通渋滞は深刻な問題であり、特にインド、中国、ベトナムなどの都市ではこれまでにない都市交通量の増加とそれに伴う交通渋滞を経験しています。 2016年には、交通渋滞に関連する直接的費用と間接的費用の合計が、米国だけで約3,000億ドル近くに達しました。今後数十年になると、人口の増加や都市化の進展などにより、これらの数字は増加することが予想されます。その為、都市での渋滞と混雑の増加は、予測期間中のフライングカーの世界市場の成長を促進する見込みです。 主な分析対象企業は、PAL-V、AeroMobil、Carplane、TERRAFUGIA、Lilium、EHANGなどです。 当調査レポートでは、フライングカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フライングカー市場規模、製品別(フライングカー、旅客ドローン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手 …
  • 世界の前立腺がん診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、前立腺がん診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・前立腺がん診断検査装置の概要 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別前立腺がん診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・前立腺がん診断検査装置の最近動向
  • 3Dマシンビジョンの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、3Dマシンビジョンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、提供商品別分析、製品種類別分析、用途別分析、産業別分析、3Dマシンビジョンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 再帰反射性材料の世界市場:技術別(マイクロプリズム、ガラスビーズ、セラミックビーズ)、製品タイプ別(フィルム・シート・テープ、塗料・ンク・コーティング剤、その他)、用途別(交通整理・工事区域、パーソナルセーフティ(対人安全対策用)、その他)、地域別予測
    本資料は、再帰反射性材料の世界市場について調べ、再帰反射性材料の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(マイクロプリズム、ガラスビーズ、セラミックビーズ)分析、製品タイプ別(フィルム・シート・テープ、塗料・ンク・コーティング剤、その他)分析、用途別(交通整理・工事区域、パーソナルセーフティ(対人安全対策用)、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・再帰反射性材料の世界市場概要 ・再帰反射性材料の世界市場環境 ・再帰反射性材料の世界市場動向 ・再帰反射性材料の世界市場規模 ・再帰反射性材料の世界市場規模:技術別(マイクロプリズム、ガラスビーズ、セラミックビーズ) ・再帰反射性材料の世界市場規模:製品タイプ別(フィルム・シート・テープ、塗料・ンク・コーティング剤、その他) ・再帰反射性材料の世界市場規模:用途別(交通整理・工事区域、パーソナルセーフティ(対人安全対策用)、その他) ・再帰反射性材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再帰反射性 …
  • 世界の振動フィーダ市場2016
    本調査レポートでは、世界の振動フィーダ市場2016について調査・分析し、振動フィーダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • 線量測定器の世界市場
    当調査レポートでは、線量測定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、線量測定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの整形外科装置市場見通し
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、ウェアラブル電子機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 - ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 - ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別 ・手首に着用 ・首に着用 ・眼に着用 ・脚に着用 ・体に着用 ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:技術別 ・コンピューター技術 ・ディスプレイ ・音声認識 ・センサー技術 ・測位技術 ・ネットワーク技術 - ウェアラブル電子機器の世界市場:構成要素別 ・知覚 ・ディスプレイ ・インターフェース ・メモリー ・制御 ・測位とネットワーク ・電源 ・PCB ・電池 ・音声 ・カメラ ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:用途別 ・家電 ・医療 ・企業・産業 ・娯楽アプリ ・防衛 ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:主要地域別分析 - ウェアラブル電子機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - ウェアラブル電子機器の …
  • ナノ銅粉末の世界市場
    当調査レポートでは、ナノ銅粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ銅粉末の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエチレンラミネーター市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンラミネーター市場2019について調査・分析し、ポリエチレンラミネーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレンラミネーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレンラミネーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレンラミネーターの市場概要 ・ポリエチレンラミネーターの上流・下流市場分析 ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 世界の超接合MOSFET市場2015
    本調査レポートでは、世界の超接合MOSFET市場2015について調査・分析し、超接合MOSFETの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオフェンシングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ジオフェンシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジオフェンシング市場規模、製品別(固定型、携帯型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ジオフェンシングの世界市場概要 ・ジオフェンシングの世界市場環境 ・ジオフェンシングの世界市場動向 ・ジオフェンシングの世界市場規模 ・ジオフェンシングの世界市場:業界構造分析 ・ジオフェンシングの世界市場:製品別(固定型、携帯型) ・ジオフェンシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ジオフェンシングの北米市場規模・予測 ・ジオフェンシングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ジオフェンシングのアジア太平洋市場規模・予測 ・ジオフェンシングの主要国分析 ・ジオフェンシングの世界市場:成長要因、課題 ・ジオフェンシングの世界市場:競争環境 ・ジオフェンシングの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界及び欧州の炭素繊維テープ市場-分析及び展望(~2022年)
  • 食道ステントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食道ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食道ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食道ステントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boston Scientific • Cook Medical• ELLA - CS• Merit Medical Systems • M.I. TECH• Taewoong Medical等です。
  • 穀物および種子洗浄機の世界市場
    当調査レポートでは、穀物および種子洗浄機の世界市場について調査・分析し、穀物および種子洗浄機の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:市場動向分析 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:競争要因分析 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:機械の種類別 ・穀物洗浄機 ・種子洗浄機 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:作業別 ・仕分け ・予備洗浄 ・精密な洗浄 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:製品の種類別 ・スパイラル式分離器 ・脱ぷ機 ・振動コンベヤー ・空気によるふるい分けを行う洗浄機 ・重力分離装置 ・吸引装置 ・その他 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:主要地域別分析 - 穀物および種子洗浄機の北米市場規模(アメリカ市場等) - 穀物および種子洗浄機のヨーロッパ市場規模 - 穀物および種子洗浄機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・穀物および種子洗浄機の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス種類別分析、ユーザー位置別分析、企業規模別分析、産業別分析、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 導電性テキスタイルの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、導電性テキスタイルの世界市場規模が2017年10.7億ドルから2026年46.5億ドルまで年平均17.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、導電性テキスタイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、導電性テキスタイル市場規模、種類別(不織導電性テキスタイル、ニット導電性織物、織物導電性テキスタイル)分析、ファブリック種類別(ナイロン、ウール、コットン、ポリエステル、他のファブリック種類)分析、エンドユーザー別(健康管理、スポーツ&フィットネス、軍事&防衛、家電、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 導電性テキスタイルの世界市場:市場動向分析 ・ 導電性テキスタイルの世界市場:競争要因分析 ・ 導電性テキスタイルの世界市場:種類別(不織導電性テキスタイル、ニット導電性織物、織物導電性テキスタイル) ・ 導電性テキスタイルの世界市場:ファブリック種類別(ナイロン、ウール、コ …
  • 世界のXバンド・レーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のXバンド・レーダー市場2015について調査・分析し、Xバンド・レーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセリン市場2016
    本調査レポートでは、世界のセリン市場2016について調査・分析し、セリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 潜水艦発射ミサイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、潜水艦発射ミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦発射ミサイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))の概要 ・原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • 精巣がん(Testicular Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における精巣がん(Testicular Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、精巣がん(Testicular Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・精巣がん(Testicular Cancer)の概要 ・精巣がん(Testicular Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の精巣がん(Testicular Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 中国の水力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 世界の紙およびプラスチックフィルムコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙およびプラスチックフィルムコンデンサ市場2015について調査・分析し、紙およびプラスチックフィルムコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフォノプリアンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォノプリアンプ市場2015について調査・分析し、フォノプリアンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性タンパク質の世界市場予測(~2022年):加水分解物、ホエータンパク質濃縮物、ホエータンパク質分離物、カゼイン、大豆プロテイン
    当調査レポートでは、機能性タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、機能性タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別(PLA、PBAT、PBS、PHA、澱粉ブレンド、その他)、用途別(包装、農業、耐久消費財、繊維、その他)
    当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別(PLA、PBAT、PBS、PHA、澱粉ブレンド、その他) ・生分解性プラスチックの世界市場:用途別(包装、農業、耐久消費財、繊維、その他) ・生分解性プラスチックの世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • イスラエルの心臓補助装置市場見通し
  • 机上用IP電話の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、机上用IP電話の世界市場について調査・分析し、机上用IP電話の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別机上用IP電話シェア、市場規模推移、市場規模予測、机上用IP電話種類別分析(ビデオIP電話、共用)、机上用IP電話用途別分析(ビデオIP電話、共用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・机上用IP電話の市場概観 ・机上用IP電話のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・机上用IP電話のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・机上用IP電話の世界市場規模 ・机上用IP電話の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・机上用IP電話のアメリカ市場規模推移 ・机上用IP電話のカナダ市場規模推移 ・机上用IP電話のメキシコ市場規模推移 ・机上用IP電話のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・机上用IP電話のドイツ市場規模推移 ・机上用IP電話のイギリス市場規模推移 ・机上用IP電話のロシア市場規模推移 ・机上用IP電話のアジア市場分析(日本 …
  • 濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma)治療薬剤
  • 装甲材料の世界市場:金属、合金、セラミック、複合材、パラアミド繊維、UHMWPE、ガラス繊維
    当調査レポートでは、装甲材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • X線セキュリティスクリーニングの世界市場分析:エンドユーザー別(交通機関、商業、政府)、用途別(人のスクリーニング、製品スクリーニング)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、X線セキュリティスクリーニングの世界市場について調査・分析し、X線セキュリティスクリーニングの世界市場動向、X線セキュリティスクリーニングの世界市場規模、市場予測、セグメント別X線セキュリティスクリーニング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 新規用途向けジェスチャ認識の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、新規用途向けジェスチャ認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新規用途向けジェスチャ認識の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 道路マーキングコーティングの世界市場分析:ペンキ、熱可塑性物質、プレフォームドポリマーテープ、エポキシ
    本調査レポートでは、道路マーキングコーティングの世界市場について調査・分析し、道路マーキングコーティングの世界市場動向、道路マーキングコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別道路マーキングコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 超崩壊剤の世界市場:種類別(合成、天然、その他)、剤型別(錠剤、カプセル剤)、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)、地域別予測
    本資料は、超崩壊剤の世界市場について調べ、超崩壊剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(合成、天然、その他)分析、剤型別(錠剤、カプセル剤)分析、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超崩壊剤の世界市場概要 ・超崩壊剤の世界市場環境 ・超崩壊剤の世界市場動向 ・超崩壊剤の世界市場規模 ・超崩壊剤の世界市場規模:タイプ別(合成、天然、その他) ・超崩壊剤の世界市場規模:剤型別(錠剤、カプセル剤) ・超崩壊剤の世界市場規模:治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性) ・超崩壊剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超崩壊剤の北米市場規模・予測 ・超崩壊剤のアメリカ市場規模・予測 ・超崩壊剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・超崩壊剤のアジア市場規模・予測 ・超崩壊剤の日本市場規模・予測 ・超崩壊剤の中国市場規模・予測 ・関連企 …
  • ライナーハンガーシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ライナーハンガーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライナーハンガーシステム市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライナーハンガーシステムの世界市場概要 ・ライナーハンガーシステムの世界市場環境 ・ライナーハンガーシステムの世界市場動向 ・ライナーハンガーシステムの世界市場規模 ・ライナーハンガーシステムの世界市場:業界構造分析 ・ライナーハンガーシステムの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・ライナーハンガーシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ライナーハンガーシステムの北米市場規模・予測 ・ライナーハンガーシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ライナーハンガーシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・ライナーハンガーシステムの主要国分析 ・ライナーハンガーシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ライナーハンガーシステムの世 …
  • テキスタイル用化学品の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、テキスタイル用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維(天然、合成)分析、製品タイプ(コーティング剤・繊維用のり剤、着色剤・助剤、仕上げ剤、のり抜き剤、界面活性剤)分析、用途(アパレル、ホームテキスタイル、テクニカルテキスタイル)分析、テキスタイル用化学品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非接触式PoS端末の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非接触式PoS端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非接触式PoS端末の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 建設用リフトの世界市場
    当調査レポートでは、建設用リフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用リフトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • E-バイクドライブユニットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、E-バイクドライブユニットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、E-バイクドライブユニット市場規模、モーター種類別(ミッドドライブモーター、ハブモーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・E-バイクドライブユニットの世界市場概要 ・E-バイクドライブユニットの世界市場環境 ・E-バイクドライブユニットの世界市場動向 ・E-バイクドライブユニットの世界市場規模 ・E-バイクドライブユニットの世界市場:業界構造分析 ・E-バイクドライブユニットの世界市場:モーター種類別(ミッドドライブモーター、ハブモーター) ・E-バイクドライブユニットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・E-バイクドライブユニットの北米市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットのアジア太平洋市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットの主要国分析 ・E-バイクドライブユ …
  • 生産水処理の世界市場分析:生産由来別(原油、天然ガス)、技術別(一次分離、二次分離、三次分離)、用途別(オンショア、オフショア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生産水処理の世界市場について調査・分析し、生産水処理の世界市場動向、生産水処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別生産水処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の電子制御ユニット(ECU)市場2016
    本調査レポートでは、世界の電子制御ユニット(ECU)市場2016について調査・分析し、電子制御ユニット(ECU)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キューバの市場見通し(~2021年)
  • 腐食防止コーティングの世界市場分析:樹脂別(アルキド、アクリル、エポキシ、ポリウレタン、亜鉛)、製品別(溶剤系、水系、固形)、用途別(海洋、石油・ガス、建設、工業、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、腐食防止コーティングの世界市場について調査・分析し、腐食防止コーティングの世界市場動向、腐食防止コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別腐食防止コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 蛋白質治療の世界市場2017-2021:mAbs、ヒトインスリン、凝固因子、EPO、ヒト成長ホルモン
    当調査レポートでは、蛋白質治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、蛋白質治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ロック装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ロック装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ロック装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスポーツウェア市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツウェア市場2015について調査・分析し、スポーツウェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性食品成分のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"