"無人航空機(UAV)の世界市場予測:業種別、クラス別、システム別、産業別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS2802)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"無人航空機(UAV)の世界市場予測:業種別、クラス別、システム別、産業別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The UAV market is projected to grow at a CAGR of 15.5% during the forecast period.”The UAV market is projected to grow from USD 19.3 billion in 2019 to USD 45.8 billion by 2025, at a CAGR of 15.5% during the forecast period. The increasing use of unmanned aerial vehicles in commercial and military applications is one of the most significant factors expected to drive the growth of the UAV market. Improvements in flight control systems, owing to the development of sense & avoid technology, are expected to fuel the growth of the UAV market. One of the major challenges for the growth of the UAV market across the globe is the rules and regulations imposed by various government agencies on the use of UAVs in civil & commercial applications. The Federal Aviation Administration (FAA) has offered three pathways for the lawful use of UAVs in the US airspace, which are a Certificate of Authorization (CoA) issued by the Federal Aviation Administration (FAA) for public agencies, permission from the Federal Aviation Administration (FAA) in the form of a special airworthiness certification for private entities, and adherence to model aircraft standards by UAV users.

“Based on type, the fixed-wing UAVs segment is estimated to lead the UAV market in 2019.”
Based on type, the fixed-wing UAVs segment is estimated to lead the UAV market in 2019. Fixed-wing UAVs have longer endurance as compared to other UAVs, thereby making them suitable for use in commercial and military applications. Moreover, the increasing procurement of these types of UAVs for ISR, combat, and logistics operations has resulted in the growth of the UAV market. Medium Altitude Long Endurance (MALE) and High Altitude Long Endurance (HALE) UAVs fall under the category of fixed-wing UAVs. Predator and Reaper are the most commonly used fixed-wing UAVs in military applications.

“Based on class, the strategic & tactical UAVs segment is estimated to lead the UAV market in 2019”.
Based on class, the strategic & tactical UAVs segment is estimated to lead the UAV market in 2019. The growth of the strategic & tactical UAVs segment can be attributed to the extensive use of MALE and HALE UAVs by defense forces worldwide to obtain situational awareness for threat evaluation during combat operations.

“Based on vertical, the military segment is estimated to lead the UAV market in 2019.”
Based on vertical, the military segment is estimated to lead the UAV market in 2019. The growth of the military segment can be attributed to the increasing use of UAVs in various military applications, such as intelligence, surveillance, and reconnaissance (ISR) and electronic warfare. Resupplying, aerial refueling, and air combat are some of the upcoming applications of UAVs in the military sector. UAVs reduce collateral damage while hovering, searching, identifying, and striking targets, which makes them an invaluable asset for the military, driving the growth of the UAV market.

“North America is estimated to lead the UAV market in 2019.”
The North American region is estimated to lead the UAV market in 2019. The US and Canada are key countries considered for market analysis in this region. An increase in the defense expenditure of the US and Canada and the presence of major UAV manufacturers in North America are key factors contributing to the growth of the UAV market in this region.

Break-up of profiles of primary participants for this report:
• By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C Level – 35%, Manager Level – 40%, and Director Level – 25%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, Asia Pacific – 30%, and RoW – 5%

Key players operating in the UAV market include General Atomics (US), Northrop Grumman (US), Textron (US), Boeing (US), DJI (China), Parrot (France), 3D Robotics (US), and Aeryon Labs (Canada).

Research Coverage
This research study covers the segmentation of the UAV market on the basis of UAV type (fixed-wing UAVs, fixed-wing VTOL UAVs, and rotary-wing UAVs), class (small UAVs, strategic & tactical UAVs, and special purpose UAVs), vertical (military, commercial, government & law enforcement, and consumer), industry (defense & security, agriculture, logistics & transportation, energy & power, construction & mining, media & entertainment, insurance, wildlife & forestry, and academics & research), mode of operation (remotely piloted UAVs, optionally piloted UAVs, and fully-autonomous UAVs), range [Visual Line of Sight (VLOS), Extended Visual Line of Sight (EVLOS), and Beyond Line of Sight (BLOS)], MTOW (<25 kilograms, 25-170 kilograms, and >170 kilograms), point of sale (OEM and aftermarket), and system (UAV platforms, UAV payloads, UAV data links, UAV ground control stations, and UAV launch & recovery systems). These segments and subsegments are mapped across various regions, such as North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, Latin America, and Africa. The report provides in-depth market intelligence regarding key factors such as drivers, opportunities, and industry-specific challenges influencing the growth of the UAV market. It also offers an analysis of micromarkets with respect to individual growth trends, prospects, and their contribution to the UAV market.

Reasons to buy the report:
The UAV market report focuses on various levels of analyses—industry analysis, market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; high-growth regions and countries, and their respective regulatory policies; and drivers, opportunities, and challenges.
The UAV market report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Information regarding the competitive landscape of the UAV market
• Market Sizing: The estimated market size in 2019 and projection of the market from 2019 to 2025
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the UAV market
• Market Overview: Market dynamics and subsequent analysis of associated trends as well as drivers, restraints, opportunities, and challenges prevailing in the UAV market
• Market Development: Comprehensive information about lucrative markets – the report analyzes the market for UAVs across various regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the UAV market
• Regional Analysis: Factors influencing the market share of North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, Latin America, and Africa
• Competitive Assessment: In-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of leading market players


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"無人航空機(UAV)の世界市場予測:業種別、クラス別、システム別、産業別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 31)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 35)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Definition & Scope
2.2.1 Segments and Subsegments
2.2.2 Segment Definition
2.2.2.1 UAV Market, By System
2.2.2.2 UAV Market, By Vertical
2.2.2.3 UAV Market, By Industry
2.2.2.4 UAV Market, By Class
2.2.2.5 UAV Market, By Type
2.2.2.6 UAV Market, By Mode of Operation
2.2.2.7 UAV Market, By Range
2.2.2.8 UAV Market, By Mtow
2.2.3 Exclusion
2.3 Research Approach & Methodology
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.1.1 Approach for UAV Market
2.3.1.2 Regional Split of UAV Market
2.3.2 Top-Down Approach
2.3.3 Pricing Analysis
2.4 Data Triangulation
2.5 Research Assumptions
2.6 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 47)
4 Premium Insights (Page No. – 51)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the UAV Market
4.2 UAV Market, By Range
4.3 UAV Market, By Mode of Operation
4.4 North America UAV Market, By Vertical
4.5 Strategic & Tactical UAVs Market
4.6 UAV Market, By Vertical
4.7 UAV Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 55)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use of UAVs in Civil & Commercial Applications
5.2.1.2 Growing Use of UAVs in Military Applications
5.2.1.2.1 Increasing Use of UAVs in Life-Threatening Military Missions
5.2.1.2.2 Increasing Use of Modern Warfare Techniques By Defense Forces
5.2.1.2.3 Increasing Use of UAVs as Loitering Munition
5.2.1.3 Increasing Use of UAVs in Advanced Patrolling of Marine Borders
5.2.1.4 Exemptions Made By the Federal Aviation Administration (FAA) to Permit the Use of UAVs in Several Industries
5.2.1.5 Growing Use of UAVs to Counter Terrorism
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Increased Deployment of UAVs to Carry Out Aerial Remote Sensing
5.2.2.2 Growing Defense Budgets of Major Economies
5.2.2.3 Technological Developments in the Field of Drone Payloads
5.2.2.4 Use of UAVs for Cargo Delivery in Military Operations
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Lack of Proper Air Traffic Management for UAVs
5.2.3.2 Restrictions Imposed on the Commercial Use of UAVs in Various Countries
5.2.3.3 Possible Threats to Safety and Violation of Privacy
5.2.3.4 Issues With Political and Social Acceptability of UAVs
5.2.3.5 Lack of Skilled & Trained Personnel to Operate UAVs
5.2.3.6 Issues With Safety and Security of UAVs
6 Industry Trends (Page No. – 65)
6.1 Introduction
6.2 Technology Trends
6.2.1 Artificial Intelligence in UAVs
6.2.2 3D Printing of UAVs
6.2.3 Use of Advanced Materials in Manufacturing UAVs
6.2.4 Multi-Sensor Data Fusion for UAV Navigation
6.2.5 Cloud Computing-Based Services
6.2.6 Endurance in UAVs
6.2.7 Development of Superior Computing Technologies for UAVs
6.2.8 Drone Payloads
6.2.9 Wireless Charging
6.2.10 Automated Ground Control Stations
6.2.11 Computer Vision
6.2.12 Machine Learning-Powered Analytics
6.2.13 Connected Drones
6.3 Product Innovations
6.3.1 Drone Taxies Or Passenger Drones
6.3.2 Refueling Drones
6.3.3 Swarm Drones
6.3.4 Spy Drones
6.3.5 Combat Drones
6.3.6 Inflatable Drones
6.3.7 IoT Drones
6.3.8 VTOL UAVs
6.3.9 Thinking Drones
6.3.10 Anti-UAV Defense Systems
6.3.11 Tethered Drones
6.3.12 Fishing Drones
6.4 Industry Use Cases
6.4.1 Inspection of Inaccessible Project Sites
6.4.2 Continuous Data Sharing for Development of Digital Twin Technology
6.4.3 Identification of Anomalous Events Through Predictive Maintenance
6.4.4 High Accuracy Data for Detection of Volumetric Changes
6.4.5 Classification and Identification of Objects of Insurance Industry
6.4.6 Improvised Payload Capabilities for Mapping & Surveying Industry
6.4.7 Aviation Mro Assistance By External Inspection of Aircraft
6.4.8 Urbanization, Crowd Control, and Traffic Assistance Through Real-Time Data Exchange
6.4.9 Disease Control and Prevention
6.4.10 Aerial Drone Delivery
6.5 UAV Ecosystem
6.5.1 Major UAV Products
6.5.2 Level of Autonomy
6.5.2.1 Level 1
6.5.2.2 Level 2
6.5.2.3 Level 3
6.5.2.4 Level 4
6.5.2.5 Level 5
6.5.3 Maturity Mapping of Drone Technologies
6.5.4 Maturity Mapping of Commercial Drone Applications
6.5.5 Interconnected UAV Solutions
6.5.6 Country-Wise Drone Regulations
6.5.7 Drone Insurance
6.6 Patent Analysis
7 UAV Market, By System (Page No. – 94)
7.1 Introduction
7.2 UAV Platforms Market, By Subsystem
7.2.1 UAV Airframes, By Material Type
7.2.1.1 Increasing Demand for Light Weight UAVs is Leading to Higher Adoption Composite Material Airframes
7.2.1.2 UAV Alloys
7.2.1.3 UAV Plastics
7.2.1.4 UAV Composites, By Type
7.2.1.4.1 Carbon Fiber Reinforced Polymers
7.2.1.4.2 Glass Fiber Reinforced Polymers
7.2.1.4.3 Boron Fiber Reinforced Polymers
7.2.1.4.4 Aramid Fiber Reinforced Polymers
7.2.2 UAV Avionics, By Component
7.2.2.1 Rising Need for UAVs Equipped With Advanced Flight Control Systems and Communications System Drives Demand for Advanced Avionics
7.2.2.2 UAV Flight Control Systems, By Subcomponent
7.2.2.2.1 UAV Air Data Computers
7.2.2.2.2 UAV Autopilots/Flight Control Computers
7.2.2.3 UAV Navigation Systems, By Subcomponent
7.2.2.3.1 UAV Gps/Gnss
7.2.2.3.2 UAV Ins/Imu
7.2.2.3.3 UAV Sense & Avoid Systems
7.2.2.4 UAV Sensors, By Type
7.2.2.4.1 Speed Sensors
7.2.2.4.2 Light Sensors
7.2.2.4.3 Proximity Sensors
7.2.2.4.4 Position Sensors
7.2.2.4.5 Temperature Sensors
7.2.2.5 UAV Communication Systems
7.2.2.6 Others
7.2.3 UAV Propulsion Systems, By Component
7.2.3.1 Growing Use of Small UAVs in Commercial Applications is Leading to Increased Use of Electric Engines
7.2.3.2 UAV Engines, By Type
7.2.3.2.1 Gas Engines
7.2.3.2.2 Electric Engines
7.2.3.3 UAV Power Sources, By Type
7.2.3.4 UAV Batteries
7.2.3.4.1 Solar Cells
7.2.3.4.2 Hybrid Cells
7.2.3.4.3 Fuel Cells
7.2.4 UAV Software
7.2.4.1 Increasing Use of UAVs in Commercial Applications is Leading to Develop Industry-Specific UAV Software
7.3 UAV Payloads, By Type
7.3.1 UAV Cameras, By Type
7.3.1.1 Use of Thermal and Eo/Ir Cameras By Government & Law Enforcement Agencies for Night Surveillance is Increasing
7.3.1.2 High-Resolution Cameras
7.3.1.3 Multispectral Cameras
7.3.1.4 Hyperspectral Cameras
7.3.1.5 Thermal Cameras
7.3.1.6 Eo/Ir Cameras
7.3.2 UAV Cbrn Sensors
7.3.2.1 Development of Advanced Sensors for Armed Forces to Detect Nuclear, Chemical, Biological Crises is on the Rise
7.3.3 UAV Electronic Intelligence Payloads, By Type
7.3.3.1 Wide-Scale Use of Electronic Payloads By Military UAVs in Intelligence Gathering Drives Demand for Them
7.3.3.2 Signal Intelligence
7.3.3.3 Electronic Intelligence
7.3.3.4 Communication Intelligence
7.3.3.5 Telemetry Intelligence
7.3.4 UAV Radar, By Type
7.3.4.1 Increasing Use of Portable Radars By Armed Forces Drives the Market for Them
7.3.4.2 Synthetic Aperture Radar
7.3.4.3 Active Electronically Scanned Array Radar
7.3.5 UAV Lidar
7.3.5.1 Use of Lidar is Increasing in Commercial UAV Applications
7.3.6 UAV Gimbals
7.3.6.1 Higher Adoption of Gimbal-Based Moving Cameras in Photography Applications is Driving Their Demand
7.4 UAV Data Links
7.4.1 Risks Associated With Military Data Transfer is Leading to High Demand for UAV Data Links
7.5 UAV Ground Control Stations
7.5.1 Development of Advanced Military UAVs is Driving the Need for Technologically Advanced Ground Control Stations
7.6 UAV Launch & Recovery Systems
7.6.1 Increasing Use of Catapult-Launched UAVs Drives Demand for Launch & Recovery Systems
8 UAV Market, By Class (Page No. – 112)
8.1 Introduction
8.2 Small UAVs
8.2.1 Advancements in Technology for Miniaturisation of Drones is Leading to Increased Use of Small UAVs in Commercial Applications
8.2.2 Nano UAVs
8.2.3 Micro UAVs
8.2.4 Mini UAVs
8.3 Strategic & Tactical UAVs
8.3.1 Rising Demand for Surveillance and Intelligence Gathering By Military and Law Enforcement Agencies Drives the Market
8.3.2 Close-Range (CR) UAVs
8.3.3 Short-Range (SR) UAVs
8.3.4 Medium-Range (MR) UAVs
8.3.5 Medium-Range Endurance (MRE) UAVs
8.3.6 Low-Altitude Deep Penetration (LADP) UAVs
8.3.7 Low-Altitude Long Endurance (LALE) UAVs
8.3.8 Medium-Altitude Long Endurance (MALE) UAVs
8.3.9 High-Altitude Long Endurance (HALE) UAVs
8.4 Special-Purpose UAVs
8.4.1 Demand for Combat Drones is Increasing in Major Economies Such as China, France, Germany, US, and Australia
8.4.2 Unmanned Combat Aerial Vehicles (UCAVS)
8.4.3 Loitering UAVs
8.4.4 Swarm Drones
8.4.5 Lethal UAVs
8.4.6 Decoy UAVs
8.4.7 Stratospheric UAVs
8.4.8 Exo-Stratospheric UAVs
9 UAV Market, By Vertical (Page No. – 123)
9.1 Introduction
9.2 Military
9.2.1 Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance (ISR)
9.2.1.1 Development of Advanced Surveillance UAVs for Military and Government Applications By Major Manufacturers Drives the Market
9.2.2 Combat Operations
9.2.2.1 Use of Combat UAVs to Launch Precision Guided Munitions on Terrorists Launchpads is Increasing
9.2.3 Battle Damage Management
9.2.3.1 Spending on R&D to Develop Unmanned Aerial Platforms to Reduce Collateral Damage is Increasing
9.3 Commercial
9.3.1 Remote Sensing
9.3.1.1 Development of High-Altitude UAVs is Leading to Increased Use of UAVs in Remote Sensing Applications
9.3.2 Inspection & Monitoring
9.3.2.1 Rising Need for Inspection & Monitoring Activities in Oil & Gas and Mining Industries is Driving Demand for UAVs
9.3.3 Product Delivery
9.3.3.1 Amazon and Dhl Starting Aerial Drone Delivery Services is Resulting Increased Demand for UAVs for Product Delivery
9.3.4 Surveying & Mapping
9.3.4.1 UAVs Equipped With Advanced Payloads are Helping Companies Reduce Operational Costs of Surveying and Mapping
9.3.5 Inspection & Monitoring
9.3.5.1 Growing Need for Aerial Monitoring in Mining Industry Drives the Demand for UAVs
9.3.6 Aerial Imaging
9.3.6.1 Increasing Use of UAVs in the Film Industry and Journalism Drive the Aerial Imaging Segment
9.3.7 Industrial Warehousing
9.3.7.1 The Use of UAVs in Automated Warehousing to Reduce Operational Time is Increasing
9.3.8 Others
9.4 Government & Law Enforcement
9.4.1 Border Management
9.4.1.1 Development of Specialized Products By Major Manufacturers for Border Management Applications is Increasing
9.4.2 Traffic Monitoring
9.4.2.1 Growing Traffic is Leading to Increasing Real-Time Monitoring Using UAVs to Track Accidents
9.4.3 Firefighting & Disaster Management
9.4.3.1 Advancements in UAV Payloads Help Enhance the Monitoring of Forest Fires
9.4.4 Search & Rescue
9.4.4.1 The Use of Small UAVs for Search & Rescue Operations By Local Police Authorities is Rising
9.4.5 Police Operations & Investigations
9.4.5.1 Use of Advanced UAVs in Crime Scene Investigation By Local Police Departments is Driving the Segment
9.4.6 Maritime Security
9.4.6.1 Growing Integration of Surveillance UAVs With Naval Fleets Across the Globe Drives the Market
9.5 Consumer
9.5.1 Prosumers
9.5.1.1 Increasing Use of Flying Cameras for Making Video Contents
9.5.2 Hobbyists
9.5.2.1 Growing Use of Toy Drones for Leisure Activities
10 UAV Market, By Industry (Page No. – 137)
10.1 Introduction
10.2 Defense & Security
10.2.1 Drones have Become an Integral Part of Military and Defense Operations
10.3 Agriculture
10.3.1 Increasing Demand for Crop Monitoring, Inspection, and Pesticide Spraying Applications Resulting in the Growth of UAV Market
10.4 Logistics & Transportation
10.4.1 Postal & Package Delivery
10.4.1.1 Use of Drones in Australia, Germany, Switzerland, and Singapore for Postal Delivery is Expected to Begin
10.4.2 Healthcare & Pharmacy
10.4.2.1 Delivery of Medical Supplies Using Autonomous Aerial Drones is Expected to Commercialize in the Forecast Period
10.4.3 Retail & Food
10.4.3.1 Retail & Food Delivery is Anticipated to Adopt Autonomous Last Mile Delivery Solutions
10.5 Energy & Power
10.5.1 Power Generation
10.5.1.1 Drones Used for Inspection and Maintenance of High-Voltage Transmission and Distribution Lines is Expected to Drive the UAV Market
10.5.2 Oil & Gas
10.5.2.1 Safe and Efficient Maintenance and Inspections By Drones in Oil & Gas Plants Drive the Market for UAV
10.6 Construction & Mining
10.6.1 Data Collection of Construction Site, 3D Mapping, Environmental Management, and Stockpile Management has Resulted in the Adoption of UAV
10.7 Media & Entertainment
10.7.1 Use of UAVs for Live Streaming of Aerial Photography and Videography is Driving the Market
10.8 Insurance
10.8.1 Drone Services Widely Used for Property Review, Damage Inspection, and Insurance Claim Investigations
10.9 Wildlife & Forestry
10.9.1 Specialized Micro Drones Equipped With High-Resolution Cameras Map and Monitor Wildlife
10.10 Academics & Research
10.10.1 Use of UAVs to Examine the Level of Greenhouse Gas Emissions and Monitor Pollution Levels is Increasing
11 UAV Market, By Type (Page No. – 147)
11.1 Introduction
11.2 Fixed-Wing UAVs
11.2.1 Predator and Reaper are the Most Commonly Used Fixed-Wing UAVs in Military Applications
11.3 Fixed-Wing VTOL UAVs
11.3.1 Fixed-Wing VTOL UAVs are Capable of Carrying Heavy Payloads Resulting in Growth of the UAV Market
11.4 Rotary-Wing UAVs
11.4.1 Rotary-Wing UAVs are Used for Search & Rescue Operations, Precision Farming, and Law Enforcement
11.4.2 Single Rotor UAVs
11.4.3 Multi Rotor UAVs
11.4.3.1 Bicopters
11.4.3.2 Tricopters
11.4.3.3 Quadcopters
11.4.3.4 Octocopters
12 UAV Market, By Range (Page No. – 151)
12.1 Introduction
12.2 Visual Line of Sight UAVs
12.3 Extended Visual Line of Sight UAVs
12.4 Beyond Line of Sight UAVs
13 UAV Market, By Mtow (Page No. – 155)
13.1 Introduction
13.2 <25 Kilograms
13.3 25-170 Kilograms
13.4 >170 Kilograms
14 UAV Market, By Mode of Operation (Page No. – 159)
14.1 Introduction
14.2 Remotely Piloted
14.3 Optionally Piloted
14.4 Fully Autonomous
15 UAV Market, By Point of Sale (Page No. – 163)
15.1 Introduction
15.2 Original Equipment Manufacturer (OEM)
15.3 Aftermarket
16 UAV Adjacent Market (Page No. – 166)
16.1 Introduction
16.2 Drone Analytics Market, By Application
16.2.1 Thermal Detection
16.2.2 Geolocation Tagging
16.2.3 Aerial Monitoring
16.2.4 Ground Exploration
16.2.5 Volumetric Calculations
16.2.6 3D Modeling
16.2.7 Others
16.3 Drone Analytics Market, By Type
16.3.1 On-Premises
16.3.2 On-Demand
16.4 Drone Services Market, By Application
16.4.1 Aerial Photography & Remote Sensing
16.4.2 Data Acquisition & Analytics
16.4.3 Mapping & Surveying
16.4.4 3D Modeling
16.4.5 Disaster Risk Management & Mitigation
16.4.6 Inspection & Environmental Monitoring
16.4.7 Others
16.5 Drone Services Market, By Type
16.5.1 Drone Platform Services
16.5.2 Drone Mro Services
16.5.3 Drone Training & Education Services
16.6 Anti-Drone Market, By Application
16.6.1 Detection
16.6.2 Detection & Disruption
16.7 Anti-Drone Market, By Technology
16.7.1 Laser Systems
16.7.2 Kinetic Systems
16.7.3 Electronic Systems
17 Regional Analysis (Page No. – 180)
17.1 Introduction
17.2 Regional Contract Mapping for the UAV Market
17.3 North America
17.3.1 US
17.3.1.1 Changing FAA Regulations and the Increasing Use of Commercial and Military Drones Will Drive the Growth of the UAV Market in the US
17.3.2 Canada
17.3.2.1 Stringent Regulations and Licensing Requirements Restrain the Growth of the UAV Market in Canada
17.4 Europe
17.4.1 UK
17.4.1.1 Technological Advancement and Changed Regulatory Policies is Expected to Drive the Unmanned Aerial Market in UK
17.4.2 France
17.4.2.1 Government Initiatives to Support Development of UAV Capabilities is Expected to Fuel the UAV Market in France
17.4.3 Germany
17.4.3.1 Increasing Demand for Logistics and Delivery Services By Aerial Drones
17.4.4 Italy
17.4.4.1 Rising Demand of Uass for Border Surveillance, Intelligence Gathering and Maritime Patrol in Expected to Lead the UAV Market in Italy
17.4.5 Russia
17.4.5.1 Increasing Spending on Procurement of Technologically Advanced Combat Drones By Russian Armed Forces
17.4.6 Sweden
17.4.6.1 Growing Procurement of UAV’s for Military Applications
17.4.7 Rest of Europe
17.5 Asia Pacific
17.5.1 China
17.5.1.1 Rising Procurement of Combat Drones and Growing Use of UAVs in Commercial Application in the Country
17.5.2 Japan
17.5.2.1 Increasing Use of Agricultural Drones for Monitoring, Spraying, and Surveying Applications in Japan
17.5.3 India
17.5.3.1 Increasing Demand for Military UAVs Leading to Indigenous Development of UAV
17.5.4 South Korea
17.5.4.1 Growing Use of UAV By Armed Force in Surveillance and Monitoring Applications
17.5.5 Australia
17.5.5.1 Growing Use of UAVs for Commercial Applications Such as Delivery of Food Products and Medical Supplies
17.5.6 Rest of Asia Pacific
17.6 Middle East
17.6.1 Saudi Arabia
17.6.1.1 Increasing Demand for Armed Drones Drives the Market in Saudi Arabia
17.6.2 Israel
17.6.2.1 Increased Spending in Research & Development of UAVs for Military and Commercial Applications Drives the Market in Israel
17.6.3 Turkey
17.6.3.1 Increasing Focus on Indigenization of UAV Platforms and Subsystems in the Country Drives the Market in Turkey
17.6.4 UAE
17.6.4.1 Increasing Procurement of UAVs for Military and Law Enforcement Applications Drives the Market in the UAE
17.6.5 Rest of Middle East
17.7 Latin America
17.7.1 Brazil
17.7.1.1 Rising Use of UAVs By the Police Force to Monitor Drug Trafficking and Smuggling Drives the Market
17.7.2 Mexico
17.7.2.1 Rising Use of UAVs By the Mexican Government to Fight Organized Crimes and Carry Out Surveillance Activities Drives Market Growth
17.7.3 Argentina
17.7.3.1 Rising Demand for UAVs for Pipeline Inspections Drives the Market in Argentina
17.7.4 Rest of Latin America
17.8 Africa
18 Competitive Landscape (Page No. – 227)
18.1 Introduction
18.2 Competitive Analysis
18.3 Oem Competitive Leadership Mapping
18.3.1 Visionary Leaders
18.3.2 Innovators
18.3.3 Dynamic Differentiators
18.3.4 Emerging Companies
18.4 Startup Competitive Leadership Mapping
18.4.1 Progressive Companies
18.4.2 Responsive Companies
18.4.3 Dynamic Companies
18.4.4 Starting Blocks
18.5 Major Players in the UAV Market
18.6 Brand Analysis
18.7 Competitive Scenario
18.8 Investment Analysis
18.9 Leading/Emerging Drone Manufacturing Companies, By Area of Expertise
18.9.1 Next-Generation Drone Chip Manufacturers
18.9.2 Manufacturers of Drones That Capture Aerial Videos, Data, and Imagery
18.9.3 Manufacturers of Delivery Drones
18.9.4 Drone and Pilot Rental Service Providers
18.9.5 Manufacturers of UAV Hardware
18.9.6 Manufacturers of Commercial Drones
18.9.7 Manufacturers of Drones and UAV Software
18.9.8 UAV Training & Support Service Providers
18.9.9 New Product Launches
18.9.10 Contracts
18.9.11 Agreements, Acquisitions, Collaborations, and Joint Ventures
19 Company Profiles (Page No. – 248)
(Business Overview, Products & Services Offered, Recent Developments, and MnM View)*
19.1 Introduction
19.2 General Atomics
19.3 Northrop Grumman Corporation
19.4 Elbit Systems
19.5 Israel Aerospace Industries
19.6 Aerovironment
19.7 Lockheed Martin
19.8 Boeing
19.9 Aeronautics
19.10 Saab
19.11 Thales
19.12 DJI
19.13 Parrot
19.14 3D Robotics
19.15 Textron
19.16 Bae Systems
19.17 Raytheon
19.18 Ehang
19.19 Eca Group
19.20 Turkish Aerospace Industry
19.21 Yuneec
19.22 Microdrones
19.23 Precisionhawk
19.24 Flir Systems Inc.
19.25 Airbus
*Details on Business Overview, Products & Services Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
20 Appendix (Page No. – 313)
20.1 Discussion Guide
20.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
20.3 Available Customizations
20.4 Related Reports
20.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】無人航空機(UAV)の世界市場予測:業種別、クラス別、システム別、産業別
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS2802
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
無人航空機(UAV)の世界市場予測:業種別、クラス別、システム別、産業別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポリアスパラティック (ポリアスパラギン酸) コーティングの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、ポリアスパラティック (ポリアスパラギン酸) コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(ポリ尿素、ポリ尿素ハイブリッド)分析、システム別(クォーツ、金属)分析、エンドユーズ産業別(建築・建設、輸送、産業、発電、景観)分析、ポリアスパラティック (ポリアスパラギン酸) コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビブリオ検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 自動車用シミュレーションの世界市場予測(~2025年)
    自動車用シミュレーションの世界市場は、2018年の14億米ドルから2025年には29億米ドルに達し、この期間中に11.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コネクティッドカーの数と自動車あたりの電子コンテンツの増加、自動車の安全性と快適性に関する規制団体の権限強化、および自律走行車、トラックプラトーニング、Vehicle-to-Everything(V2X)などの技術の進歩が考えれられます。一方で、リアルタイム制御の複雑さにより、市場の成長が抑制される可能性があります。シミュレーションおよび解析市場におけるベンチマークと標準の欠如、そして統合の複雑さは、自動車用シミュレーション市場における課題となるでしょう。当調査レポートでは、自動車用シミュレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、導入(オンプレミス、クラウド)分析、コンポーネント(ソフトウェア、サービス)分析、最終市場(OEM、自動車部品メーカー、規制団体)分析、自動車用シミュレーションの世界市場規模及び予 …
  • 土壌湿潤剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、土壌湿潤剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTクラウドプラットフォームの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoTクラウドプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、プラットフォーム別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、アプリケーション別分析、IoTクラウドプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場
    当調査レポートでは、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) の世界市場について調査・分析し、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のモアコンディショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモアコンディショナー市場2015について調査・分析し、モアコンディショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)の概要 ・脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脈絡膜血 …
  • 院内感染(Nosocomial Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・院内感染(Nosocomial Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・院内感染(Nosocomial Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・院内感染(Nosocomial Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・院内感染(Nosocomial Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の院内感染(Nosocomial Infections)治療薬剤
  • PCベースオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、PCベースオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、PCベースオートメーション市場規模、販売チャンネル別(間接、オンライン、直売)分析、提供サービス別(サービス)分析、構成品別(監視制御およびデータ収集機器(SCADA)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、産業用PC(IPC)、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)、分散制御システム(DCS)、その他)分析、オートメーション形態別(ワイヤレス通信技術、有線通信技術)分析、エンドユーザ別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ PCベースオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ PCベースオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ PCベースオートメーションの世界市場:販売チャンネル別(間接、オンライン、直売) ・ PCベースオートメーションの世界市場:提供サービス別(サービス) ・ PCベースオートメー …
  • 自動車用ジャンクションボックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ジャンクションボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ジャンクションボックス市場規模、車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場概要 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場環境 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場動向 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場規模 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車) ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ジャンクションボックスの北米市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・自 …
  • 医療機器向け抗菌コーティング市場におけるビジネスモデル分析
    当調査レポートでは、医療機器向け抗菌コーティング市場におけるビジネスモデルについて調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・医療機器向け抗菌コーティングの市場 ・ビジネスモデル ・企業別ビジネスモデル分析 - 主要パートナー - 主要活動 - 主なリソース (資源) - バリュープロポジション (提供価値) - 販売チャネル - 顧客セグメント - 顧客管理 - 収益源 - 競争戦略
  • 世界の自動車用電子機器市場規模・予測2017-2025:用途別(先進運転支援システム(ADAS)、車体用電子機器、インフォテインメント、パワートレイン、安全システム)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用電子機器市場について調査・分析し、世界の自動車用電子機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用電子機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 建設重機の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、建設重機の世界市場について調査・分析し、建設重機の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・建設重機の世界市場:市場動向分析 ・建設重機の世界市場:競争要因分析 ・建設重機の世界市場:用途別分析/市場規模 ・建設重機の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・建設重機の世界市場:装置タイプ別分析/市場規模 ・建設重機の世界市場:地域別分析/市場規模 ・建設重機の北米市場規模・分析 ・建設重機の欧州市場・分析 ・建設重機のアジア市場・分析 ・建設重機の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ハンガリーのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 外科手術用ステープリング装置の世界市場:製品別(電動式、手動式)、タイプ別(使い捨て、再利用可能)、最終用途別(病院、通院外科診療所)、セグメント予測
    外科手術用ステープリング装置の世界市場は2025年には73億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.13%で成長すると予測されています。外科手術用ステープラーの用途は、侵襲外科手術から低侵襲外科手術へと徐々に広がりを見せています。高度な外科手術用ステープラーの導入により、従来ステープラーの使用に伴う課題が解決されました。本調査レポートでは、外科手術用ステープリング装置の世界市場について調査・分析し、外科手術用ステープリング装置の世界市場動向、外科手術用ステープリング装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別外科手術用ステープリング装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 神経障害性疼痛治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、神経障害性疼痛治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、神経障害性疼痛治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜用被膜剤の世界市場:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)、地域別予測
    本資料は、果物・野菜用被膜剤の世界市場について調べ、果物・野菜用被膜剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・果物・野菜用被膜剤の世界市場概要 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場環境 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場動向 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤) ・果物・野菜用被膜剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・果物・野菜用被膜剤の北米市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアメリカ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアジア市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の日本市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のバイオ炭市場規模・予測2017-2025:技術別(ガス化、熱分解、その他)、用途別(園芸、農業、家畜、その他)、地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ炭市場について調査・分析し、世界のバイオ炭市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ炭関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 農業用噴霧器の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用噴霧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、電源別分析、容量別分析、地域別分析、農業用噴霧器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートアンテナの世界市場
    当調査レポートでは、スマートアンテナの世界市場について調査・分析し、スマートアンテナの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 二輪車用ノックセンサーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、二輪車用ノックセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用ノックセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は二輪車用ノックセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、Delphi Automotive、DENSO CORPORATION、NGK Spark Plugs (U.S.A)等です。
  • 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場について調査・分析し、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:市場動向分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:競争要因分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:部品別 ・セパレータープレート ・シール ・平形電池 ・マニホールド ・その他 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:用途別 ・携帯型 ・移動型 ・固定 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主要地域別分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 平板型固体酸化物燃料電池のヨーロッパ市場規模 - 平板型固体酸化物燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 圧迫療法の南米市場
  • 細菌流出ポンプ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における細菌流出ポンプ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌流出ポンプ阻害剤の概要 ・細菌流出ポンプ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の細菌流出ポンプ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・細菌流出ポンプ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・細菌流出ポンプ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 油井管の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、油井管の世界市場について調査・分析し、油井管の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・油井管の世界市場規模:製造プロセス別分析 ・油井管の世界市場規模:グレード別分析 ・油井管の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の圧力制御機器市場2019
    本調査レポートでは、世界の圧力制御機器市場2019について調査・分析し、圧力制御機器の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、圧力制御機器のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、圧力制御機器メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・圧力制御機器の市場概要 ・圧力制御機器の上流・下流市場分析 ・圧力制御機器のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・圧力制御機器のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・圧力制御機器のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・圧力制御機器のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・圧力制御機器の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・圧力制御機器の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・圧力制御機器の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・圧力制御機器の北米市場:市場予測(生産 …
  • 統合失調症(SZ)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、統合失調症(SZ)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、統合失調症(SZ)治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は統合失調症(SZ)治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AstraZeneca• Eli Lilly• GlaxoSmithKline• Johnson & Johnson等です。
  • 世界の患者モニター市場2015
    本調査レポートでは、世界の患者モニター市場2015について調査・分析し、患者モニターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 物流ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、物流ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物流ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場予測(~2022):サービス別、導入別、最終用途別(商用、製造&産業、政府機関、公共設備)、地域別
    当調査レポートでは、サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、サービス別分析、導入別分析、最終用途別分析、地域別分析、サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グルジアの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パソコンバッグの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パソコンバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パソコンバッグの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパソコンバッグの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Belkin International、Kensington Computer Products Group、Samsonite International、Sanwa Supply、Targus等です。
  • Anti-CD28抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD28抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD28抗体の概要 ・Anti-CD28抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD28抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD28抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD28抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の水素化リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の水素化リチウム市場2016について調査・分析し、水素化リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • フィンランドの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 真空包装の世界市場
    当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・真空包装の世界市場:包装材料別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:包装プロセス別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:機械別分析/市場規模 ・真空包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・真空包装のアメリカ市場規模予測 ・真空包装のヨーロッパ市場規模予測 ・真空包装のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ウエビングの世界市場:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維)、用途別、地域別予測
    本資料は、ウエビングの世界市場について調べ、ウエビングの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウエビングの世界市場概要 ・ウエビングの世界市場環境 ・ウエビングの世界市場動向 ・ウエビングの世界市場規模 ・ウエビングの世界市場規模:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維) ・ウエビングの世界市場規模:用途別 ・ウエビングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウエビングの北米市場規模・予測 ・ウエビングのアメリカ市場規模・予測 ・ウエビングのヨーロッパ市場規模・予測 ・ウエビングのアジア市場規模・予測 ・ウエビングの日本市場規模・予測 ・ウエビングの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 溶剤再生の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、溶剤再生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶剤再生の世界市場規模及び予測、設備種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コプロセッサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コプロセッサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コプロセッサの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコプロセッサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.76%成長すると予測しています。
  • スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマート学習の世界市場規模が2019年232億ドルから2024年565億ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスマート学習市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、学習種類別(同期学習、非同期学習)分析、エンドユーザー別(アカデミック、企業)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマート学習市場:学習種類別(同期学習、非同期学習) ・世界のスマート学習市場:エンドユーザー別(アカデミック、企業) ・世界のスマート学習市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ボディケア(スキンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界のサードパーティーリスク管理(TPRM)市場:コンポーネント別(ソリューション(財務管理、契約、オペレーショナルリスク、監査、コンプライアンス)、サービス(プロフェッショナルおよびマネージド))、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、サードパーティーリスク管理(TPRM)の世界市場規模が2019年32億ドルから2024年68億ドルまで年平均15.9%成長すると予測しています。本書は、世界のサードパーティーリスク管理(TPRM)市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、ソリューション別(財務管理、契約管理、業務リスク管理、監査管理、コンプライアンス管理、その他)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(BFSI、ITおよびテレコム、ヘルスケアおよびライフサイエンス、政府、航空宇宙、防衛、連邦直轄、小売および消費財、製造、エネルギーおよび公益事業、その他の順守が必要)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のサードパーティーリスク管理(TPRM)市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世 …
  • 世界のイソソルビド市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソソルビド市場2015について調査・分析し、イソソルビドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫診断の世界市場2017-2021:免疫測定法、免疫測定装置
    当調査レポートでは、免疫診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫診断の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スクアレンの世界市場:動物由来スクアレン、野菜由来スクアレン
    当調査レポートでは、スクアレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用保護手袋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用保護手袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用保護手袋の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"