"心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD1038)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing prevalence of CVD to drive the growth of this market.”The cardiac monitoring and cardiac rhythm management devices market is projected to reach USD 25.0 billion by 2024 from USD 20.7 billion in 2019, at a CAGR of 3.9%. Growth in this market is primarily driven by the increasing incidence of cardiovascular diseases; technological advancements; increasing investments, funds, and grants for research on CM & CRM devices; and the growing preference for wearable cardiac devices. However, the dearth of skilled professionals and frequent product recalls are expected to challenge market growth in the coming years

“ILRs are expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on type, the CM devices market is segmented into ECG devices, ILR, MCT, event monitors, COM devices, and smart ECG monitors. Of these, ILRs are expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The advantages of ILRs are a higher rate of diagnosis of heart rhythm problems than external recorders, long-term monitoring of up to three years, large storage capacity, remote monitoring, and detection & reduction of recurrent syncopes. Owing to their benefits, the demand for these devices is expected to increase across the globe

“The defibrillators segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on type, the CRM devices market is segmented into defibrillators and pacemakers. The defibrillators segment is expected to grow at the highest CAGR in the forecast period. Technological advancements in defibrillators, rising prevalence of CVDs, and the growing focus on providing public-access defibrillators are some of the major factors expected to propel the growth of this market.

“The ambulatory surgical centers segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The ambulatory surgical centers segment is expected to grow at the highest CAGR in the forecast period. Growing number of ASCs and physicians are realizing the benefits of performing cardiovascular procedures at ASCs, thus attributing to its high CAGR during the forecast period.

“APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
In the CM & CRM devices market, the APAC market, particularly in China, Japan, India, and the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) countries, is expected to witness the highest growth in the next five years. This is due to the rising prevalence of CVDs in APAC countries, attributed to the increasing adoption of sedentary lifestyles, changing diets, increasing stress, and habitual smoking and drinking.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the CM & CRM devices market.
By Company Type: Tier 1: 40%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 30%
By Designation: C-level Executives: 27%, Directors: 18%, and Others: 55%
By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 15%, and RoW: 15%
The CM & CRM devices market comprises major players such as Medtronic (Ireland), Boston Scientific (US), Abbott Laboratories (US), GE Healthcare (US), BIOTRONIK (Germany), Hill-Rom Holdings (US), and Koninklijke Philips (Netherlands). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the CM & CRM devices market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the CM & CRM devices market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, based on CM devices by type, and based on CRM devices by type, end user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall CM & CRM devices market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of The Study
1.2 Market Definition
1.3 Markets Covered
1.4 Years Considered for The Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.5 Data Triangulation
2.5.1 Assumptions for The Study
2.5.2 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Cardiac Monitoring and Cardiac Rhythm Management Devices: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Cardiac Monitoring and Cardiac Rhythm Management Devices Market Share, By End User & Country (2018)
4.3 Cardiac Rhythm Management Devices Market, By Type (2017–2024)
4.4 Geographic Snapshot of The Cardiac Monitoring and Cardiac Rhythm Management Devices Market
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics: Drivers, Restraints, and Challenges
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Incidence of Cardiovascular Disease
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 Increasing Investments, Funds, and Grants for Research on CM & CRM Devices
5.2.1.4 Growing Preference for Wearable Cardiac Devices
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Increasing Incidence of Cied Infections
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Dearth of Skilled Professionals With Expertise in Electrocardiography and Cardiac Rhythm Management Devices
5.2.3.2 Frequent Product Recalls
6 Cardiac Monitoring Devices Market, By Type (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Ecg Devices
6.2.1 Resting Ecg Devices
6.2.1.1 Low Cost, Ease of Use, and Simplicity Have Driven The Adoption of Resting Ecg Devices
6.2.2 Stress Ecg Devices
6.2.2.1 Flexibility in Use has Driven The Demand for Stress Ecg Devices, But High Cost has Negatively Affected The Market
6.2.3 Holter Monitors
6.2.3.1 Short Duration of Monitoring is A Key Restraint to Market Growth
6.3 Implantable Loop Recorders
6.3.1 High Cost and Limited Applications Have Hindered Demand Growth
6.4 Mobile Cardiac Telemetry Devices
6.4.1 Increasing Demand for Cardiac Monitoring Solutions in Home Care Settings is Propelling Market Growth
6.5 Cardiac Output Monitoring Devices
6.5.1 Increasing Number of Cardiac Surgeries Will Drive The Demand for Com Devices
6.6 Event Monitors
6.6.1 Event Monitors Market, By Type
6.6.1.1 Pre-Symptom Event Monitors
6.6.1.1.1 Large Storage Capacity of Pre-Symptom Event Monitors Makes Them Ideal for Long-Term Monitoring
6.6.1.2 Post-Symptom Event Monitors
6.6.1.2.1 Emergence of Handheld, Wireless, and Remote Monitors Will Drive Market Growth
6.6.2 Event Monitors Market, By Technology
6.6.2.1 Autodetect Monitors
6.6.2.1.1 Autodetect Monitors are Ideal for Patients Who are Unable to Reliably Trigger Monitors
6.6.2.2 Manual Event Monitors
6.6.2.2.1 Manual Monitors Can Be Pre-Symptom Or Post-Symptom, But Rely on The Patient to Be Triggered
6.7 Smart Ecg Monitors
6.7.1 Lack of Data Security Hinders The Growth of The Smart Monitors Market to Some Extent
7 Cardiac Rhythm Management Devices Market, By Type (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Defibrillators
7.2.1 Implantable Cardioverter Defibrillators
7.2.1.1 Transvenous Implantable Cardioverter Defibrillators (T-Icds)
7.2.1.1.1 Biventricular Implantable Cardioverter Defibrillators/Cardiac Resynchronization Therapy Defibrillators
7.2.1.1.1.1 Biventricular Icds/Crt-Ds are Preferred for Heart Failure Patients
7.2.1.1.2 Dual-Chamber Implantable Cardioverter Defibrillators
7.2.1.1.2.1 Benefits of Dual-Chamber Icds, Such as Higher Diagnostic Accuracy, Make Them Ideal for Patients With Tachycardia Episodes
7.2.1.1.3 Single-Chamber Implantable Cardioverter Defibrillators
7.2.1.1.3.1 Launch of Mri-Compatible Single-Chamber Icds Will Drive Market Growth
7.2.1.2 Subcutaneous Implantable Cardioverter Defibrillators
7.2.1.2.1 Safety and Efficacy of S-Icds in The Prevention of Sudden Cardiac Arrest Will Boost Their Adoption
7.2.2 External Defibrillators
7.2.2.1 Automated External Defibrillators
7.2.2.1.1 Semi-Automated External Defibrillators
7.2.2.1.1.1 Semi-Automated External Defibrillators Accounted for The Largest Share of The Aeds Market in 2018
7.2.2.1.2 Fully Automated External Defibrillators
7.2.2.1.2.1 Benefits of Fully Automatic Aeds and Higher Accuracy Will Drive Market Growth
7.2.2.2 Manual External Defibrillators
7.2.2.2.1 North America Dominates The Manual Defibrillators Market
7.2.2.3 Wearable Cardioverter Defibrillators
7.2.2.3.1 Ease of Use and The Noninvasive Nature of Wearable Cardioverter Defibrillators Will Support Market Growth
7.3 Pacemakers
7.3.1 Pacemakers Market, By Implantability
7.3.1.1 Implantable Pacemakers
7.3.1.1.1 Introduction of Leadless and Mri-Safe Devices has Boosted Device Popularity
7.3.1.2 External Pacemakers
7.3.1.2.1 Increasing Number of Open-Heart Surgeries Will Drive The Demand for External Pacemakers
7.3.2 Pacemakers Market, By Type
7.3.2.1 Dual-Chamber Pacemakers
7.3.2.1.1 Dual-Chamber Pacemakers are The Most Commonly Implanted Pacemakers for Bradycardia—A Key Factor Driving Market Growth
7.3.2.2 Single-Chamber Pacemakers
7.3.2.2.1 Introduction of Leadless Pacemakers Will Stimulate Demand in This Product Segment
7.3.2.3 Biventricular/Crt Pacemakers
7.3.2.3.1 High Cost and Unfavorable Reimbursement Scenario Have Hindered Market Growth
8 Cardiac Monitoring and Cardiac Rhythm Management Devices Market, By End User (Page No. – 82)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals, Clinics, & Cardiac Centers
8.2.1 Growing Number of Cardiac Implant Procedures to Drive Market Growth
8.3 Ambulatory Surgery Centers
8.3.1 Growing Number of Ascs in The US to Drive The Adoption of CM & CRM Devices
8.4 Other End Users
9 Cardiac Monitoring and Cardiac Rhythm Management Devices Market, By Region (Page No. – 89)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Growing Number of Fda Approvals for CM & CRM Devices to Support Market Growth in The US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Focus of Government and Private Organizations on Providing Funding for Research to Drive Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Increasing Healthcare Expenditure to Drive Market Growth
9.3.2 France
9.3.2.1 Rising Prevalence of Heart Failure to Drive The Adoption of Crt Devices in France
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Demand for Home-Based Cardiac Monitoring Devices to Support Market Growth
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Increasing Incidence of Atrial Fibrillation Among The Elderly Will Drive Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Rising Awareness and Growing Device Adoption Indicate Strong Growth in The Coming Years
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 High Healthcare Expenditure and Favorable Reimbursement and Insurance Coverage to Support Market Growth in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Rising Prevalence of Cvds and Government Support for Infrastructural Improvements Will Drive Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Government Initiatives Will Propel Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of The World
10 Competitive Landscape (Page No. – 135)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Contracts, Partnerships, & Agreements (2016–2019)
10.3.2 Product Launches & Approvals (2016–2019)
10.3.3 Expansions (2016–2019)
10.3.4 Acquisitions (2016–2019)
10.4 Competitive Leadership Mapping (2019)
10.4.1 Vendor Inclusion Criteria
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 140)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Abbott Laboratories
11.2 Medtronic, PLC
11.3 Boston Scientific Corporation
11.4 GE Healthcare
11.5 Koninklijke Philips N.V.
11.6 Biotronik
11.7 Asahi Kasei Corporation
11.8 Microport Scientific Corporation
11.9 Hill-Rom Holdings
11.1 Nihon Kohden Corporation
11.11 Schiller
11.12 Biotelemetry
11.13 ACS Diagnostics
11.14 BPL Medical Technologies
11.15 BTL
11.16 Shenzhen Mindray Bio-Medical Electronics Co., Ltd.
11.17 Lepu Medical Technology
11.18 Shree Pacetronix
11.19 Osypka AG
11.2 Alivecor, Inc.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 179)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD1038
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • カペシタビンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、カペシタビンの世界市場について調査・分析し、カペシタビンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別カペシタビンシェア、市場規模推移、市場規模予測、カペシタビン種類別分析(500mg,50mg)、カペシタビン用途別分析(乳癌、結腸直腸癌、胃癌)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・カペシタビンの市場概観 ・カペシタビンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・カペシタビンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・カペシタビンの世界市場規模 ・カペシタビンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・カペシタビンのアメリカ市場規模推移 ・カペシタビンのカナダ市場規模推移 ・カペシタビンのメキシコ市場規模推移 ・カペシタビンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・カペシタビンのドイツ市場規模推移 ・カペシタビンのイギリス市場規模推移 ・カペシタビンのロシア市場規模推移 ・カペシタビンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等 …
  • 水溶性肥料の世界市場2016-2020:窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料
    当調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水溶性肥料の世界市場規模及び予測、方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のニフェジピン市場2015
    本調査レポートでは、中国のニフェジピン市場2015について調査・分析し、ニフェジピンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品増粘剤の世界市場2014-2025:製品別(スターチ、親水コロイド、タンパク質)、用途別(製パン、製菓、飲料、乳製品)、地域別
    本調査レポートでは、食品増粘剤の世界市場について調査・分析し、食品増粘剤の世界市場動向、食品増粘剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別食品増粘剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ロボットサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用ロボットサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ロボットサービス市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、溶接・はんだ付け、組立ライン、その他)分析、サービス別(エンジニアリング・コンサルティング、据付・試運転、ロボットプログラミング、保守・修理、研修)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ロボットサービスの世界市場概要 ・産業用ロボットサービスの世界市場環境 ・産業用ロボットサービスの世界市場動向 ・産業用ロボットサービスの世界市場規模 ・産業用ロボットサービスの世界市場:業界構造分析 ・産業用ロボットサービスの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、溶接・はんだ付け、組立ライン、その他) ・産業用ロボットサービスの世界市場:サービス別(エンジニアリング・コンサルティング、据付・試運転、ロボットプログラミング、保守・修理、研修) ・産業用ロボットサービスの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 糸球体腎炎(Glomerulonephritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糸球体腎炎(Glomerulonephritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糸球体腎炎(Glomerulonephritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糸球体腎炎(Glomerulonephritis)の概要 ・糸球体腎炎(Glomerulonephritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糸球体腎炎(Glomerulonephritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糸球体腎炎(Glomerulonephritis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 溶剤の世界市場予測(~2021年):ケトン類、エステル類、アルコール類、グリコールエーテル類、香料、脂肪族化合物
    当調査レポートでは、溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、溶剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワークプレースサービスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ワークプレースサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、ワークプレースサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 賦形剤の世界市場2012–2025:製品別(ポリマー(MCC、アルファでんぷん、デンプングリコール酸ナトリウム、CMC、HPMC、MC、ポビドン)、アルコール、ミネラル、砂糖・ゼラチン)
    本調査レポートでは、賦形剤の世界市場について調査・分析し、賦形剤の世界市場動向、賦形剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別賦形剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場:サービス別、技術別(燃焼後、産業ガス分離、酸素-燃料燃焼、燃焼前)、用途別(農業、原油増進回収、産業)、エンドユーザー別(政府、情報通信、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場について調べ、二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界規模、市場動向、市場環境、サービス別分析、技術別(燃焼後、産業ガス分離、酸素-燃料燃焼、燃焼前)分析、用途別(農業、原油増進回収、産業)分析、エンドユーザー別(政府、情報通信、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場概要 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場環境 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場動向 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:サービス別 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:技術別(燃焼後、産業ガス分離、酸素-燃料燃焼、燃焼前) ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:用途別(農業、原油増進回収、産業) ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:エンドユーザー別(政府、情報通信、製造、その他) ・二酸化炭 …
  • コンクリート及びセメントの世界市場2020-2024:製品別、エンドユーザー別、地域別
    「コンクリート及びセメントの世界市場2020-2024」は、コンクリート及びセメントについて市場概要、市場規模、製品別(セメント、コンクリート)分析、エンドユーザー別(住宅、非住宅)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コンクリート及びセメントの世界市場:製品別(セメント、コンクリート) ・コンクリート及びセメントの世界市場:エンドユーザー別(住宅、非住宅) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 塗料保護フィルムの世界市場:製品別(TPU、PVC、ポリエステルPET、ポリエチレン)、用途別(自動車、航空宇宙、船舶)、セグメント予測
    本調査レポートでは、塗料保護フィルムの世界市場について調査・分析し、塗料保護フィルムの世界市場動向、塗料保護フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別塗料保護フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の超音波センサー市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波センサー市場2015について調査・分析し、超音波センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フェノール樹脂の世界市場分析:製品別(ノボラック、レゾルツ)、用途別(木材接着剤、成形材料、断熱材、ラミネート、紙含浸・コーティング)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、フェノール樹脂の世界市場について調査・分析し、フェノール樹脂の世界市場動向、フェノール樹脂の世界市場規模、市場予測、セグメント別フェノール樹脂市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 機能性複合材料の世界市場:金属基複合材料(MMC)、高分子マトリックス複合材料(PMC)、セラミック基複合材料(CMC)、ハイブリッドマトリックス複合材料(HMC)
    当調査レポートでは、機能性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 膵臓癌治療法の世界市場2019-2023
  • レンタル発電機の世界市場:用途別(ピークシェービング、待機電力、ベース負荷・常時電力)、エンドユーザー別(ユーティリティ、石油・ガス、イベント、建設、鉱業、製造、輸送、その他)、地域別予測
    本資料は、レンタル発電機の世界市場について調べ、レンタル発電機の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ピークシェービング、待機電力、ベース負荷・常時電力)分析、エンドユーザー別(ユーティリティ、石油・ガス、イベント、建設、鉱業、製造、輸送、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・レンタル発電機の世界市場概要 ・レンタル発電機の世界市場環境 ・レンタル発電機の世界市場動向 ・レンタル発電機の世界市場規模 ・レンタル発電機の世界市場規模:用途別(ピークシェービング、待機電力、ベース負荷・常時電力) ・レンタル発電機の世界市場規模:エンドユーザー別(ユーティリティ、石油・ガス、イベント、建設、鉱業、製造、輸送、その他) ・レンタル発電機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レンタル発電機の北米市場規模・予測 ・レンタル発電機のアメリカ市場規模・予測 ・レンタル発電機のヨーロッパ市場規模・予測 ・レンタル発電機のアジア市場規模・予測 ・レンタル発 …
  • 世界のポリ乳酸市場規模・予測2017-2025:用途別(農業、電子機器、テキスタイル、運送機械、パッケージング)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のポリ乳酸市場について調査・分析し、世界のポリ乳酸市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のポリ乳酸関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模、製品別(cPDM、DM、CAD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場概要 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場環境 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場動向 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場規模 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:業界構造分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:製品別(cPDM、DM、CAD) ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)のアメリカ市場規模・予測 ・クラウドベースPLM(製品ラ …
  • Hadoopの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 韓国の整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 非侵襲性血糖モニタリング装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、非侵襲性血糖モニタリング装置の世界市場について調べ、非侵襲性血糖モニタリング装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、非侵襲性血糖モニタリング装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ウェアラブルデバイス、非ウェアラブルデバイス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は非侵襲性血糖モニタリング装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・非侵襲性血糖モニタリング装置の市場状況 ・非侵襲性血糖モニタリング装置の市場規模 ・非侵襲性血糖モニタリング装置の市場予測 ・非侵襲性血糖モニタリング装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ウェアラブルデバイス、非ウェアラブルデバイス) ・非侵襲性血糖モニタリング装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 直腸炎(Proctitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における直腸炎(Proctitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、直腸炎(Proctitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・直腸炎(Proctitis)の概要 ・直腸炎(Proctitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の直腸炎(Proctitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・直腸炎(Proctitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・直腸炎(Proctitis)治療薬開発 …
  • マヨネーズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マヨネーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マヨネーズの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの心臓血管手術装置市場見通し
  • アロマ化学物質の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、アロマ化学物質の世界市場について調査・分析し、アロマ化学物質の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アロマ化学物質の世界市場:市場動向分析 - アロマ化学物質の世界市場:競争要因分析 - アロマ化学物質の世界市場:化学物質別 ベンジノイド ムスク化学物質 ターベノイド及びターペノス(環状及びアクリル系) その他の化学物質種 - アロマ化学物質の世界市場:種類別 合成アロマ化学物質 天然物 - アロマ化学物質の世界市場:用途別 化粧品及びトイレ周辺品 食品及び飲料品 エッセンスオイル 香水 石鹸、洗剤 その他の用途 - アロマ化学物質の世界市場:主要地域別分析 - アロマ化学物質の北米市場規模(アメリカ市場等) - アロマ化学物質のヨーロッパ市場規模 - アロマ化学物質のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アロマ化学物質の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 映画館の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、映画館の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、映画館の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用ドアフレーム市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ドアフレーム市場2016について調査・分析し、自動車用ドアフレームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テレコム産業の世界市場:用途別(携帯電話、ポケットベル、その他)、地域別予測
    本資料は、テレコム産業の世界市場について調べ、テレコム産業の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(携帯電話、ポケットベル、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレコム産業の世界市場概要 ・テレコム産業の世界市場環境 ・テレコム産業の世界市場動向 ・テレコム産業の世界市場規模 ・テレコム産業の世界市場規模:用途別(携帯電話、ポケットベル、その他) ・テレコム産業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テレコム産業の北米市場規模・予測 ・テレコム産業のアメリカ市場規模・予測 ・テレコム産業のヨーロッパ市場規模・予測 ・テレコム産業のアジア市場規模・予測 ・テレコム産業の日本市場規模・予測 ・テレコム産業の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の限外ろ過市場:用途別、地域別
    本調査レポートは限外ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、産業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・限外ろ過の世界市場:用途別(都市用、産業用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • トルエンの世界市場予測(~2021):用途&誘導体別(ベンゼン、キシレン、溶剤、ガソリン添加剤、トルエンジイソシアネート(TDI)、安息香酸、トリニトロトルエン、ベンズアルデヒド)
    当調査レポートでは、トルエンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、誘導体別分析、地域別分析、トルエンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 切断装置・付属品・消耗品の世界市場:装置(手動、機械式)、付属品(ガス調整器、ガスフィルタ)、消耗品(シールド、オキシ燃料ガス)、技術(プラズマ、酸素燃焼、レーザー)
    当調査レポートでは、切断装置・付属品・消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、付属品別分析、消耗品別分析、技術別分析、切断装置・付属品・消耗品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 偽造防止包装技術の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、偽造防止包装技術の世界市場について調査・分析し、偽造防止包装技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・偽造防止包装技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・偽造防止包装技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・偽造防止包装技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 商用車用遠隔診断の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用車用遠隔診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用車用遠隔診断市場規模、用途別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bosch, Vector Informatik, Vidiwave, Magneti Marelli (FCA Group), WABCOなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用車用遠隔診断の世界市場概要 ・商用車用遠隔診断の世界市場環境 ・商用車用遠隔診断の世界市場動向 ・商用車用遠隔診断の世界市場規模 ・商用車用遠隔診断の世界市場:業界構造分析 ・商用車用遠隔診断の世界市場:用途別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)) ・商用車用遠隔診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用車用遠隔診断の北米市場規模・予測 ・商用車用遠隔診断のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商用車用遠隔診断のアジア太平洋市場規模・予測 ・商用車用遠隔診断 …
  • 世界のヘルニア修復デバイス市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ヘルニア修復デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘルニア修復デバイスの概要 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:領域別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別ヘルニア修復デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・ヘルニア修復デバイスの最近動向
  • ウィスキーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ウィスキーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウィスキー市場規模、製品別(スコッチウィスキー、アメリカンウィスキー、カナディアンウィスキー、アイリッシュウィスキー、その他)分析、流通経路別(オフトレード、オントレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウィスキーの世界市場概要 ・ウィスキーの世界市場環境 ・ウィスキーの世界市場動向 ・ウィスキーの世界市場規模 ・ウィスキーの世界市場:業界構造分析 ・ウィスキーの世界市場:製品別(スコッチウィスキー、アメリカンウィスキー、カナディアンウィスキー、アイリッシュウィスキー、その他) ・ウィスキーの世界市場:流通経路別(オフトレード、オントレード) ・ウィスキーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウィスキーのアメリカ市場規模・予測 ・ウィスキーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ウィスキーのアジア市場規模・予測 ・ウィスキーの主要国分析 ・ウィスキーの世界市場:意思 …
  • ロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤の概要 ・ロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ロイシンに富んだ繰り返しキナーゼ-2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 偽造防止包装の世界市場:RFID、コーディング/印刷、ホログラム、セキュリティラベル
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 野兎病(Tularaemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における野兎病(Tularaemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、野兎病(Tularaemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・野兎病(Tularaemia)の概要 ・野兎病(Tularaemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の野兎病(Tularaemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・野兎病(Tularaemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・野兎病(Tularaemi …
  • 組立オートメーションの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、組立オートメーション の世界市場について調査・分析し、組立オートメーション の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別組立オートメーション シェア、市場規模推移、市場規模予測、組立オートメーション 種類別分析(ロボットオートメーション機器、その他のオートメーション機器、中央制御システム)、組立オートメーション 用途別分析(自動車、3C産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・組立オートメーション の市場概観 ・組立オートメーション のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・組立オートメーション のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・組立オートメーション の世界市場規模 ・組立オートメーション の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・組立オートメーション のアメリカ市場規模推移 ・組立オートメーション のカナダ市場規模推移 ・組立オートメーション のメキシコ市場規模推移 ・組立オートメーション のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フラン …
  • 世界のタブレット用スタイラスペン市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用スタイラスペン市場2015について調査・分析し、タブレット用スタイラスペンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の体外診断薬(IVD)市場2019
    本調査レポートでは、世界の体外診断薬(IVD)市場2019について調査・分析し、体外診断薬(IVD)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、体外診断薬(IVD)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、体外診断薬(IVD)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・体外診断薬(IVD)の市場概要 ・体外診断薬(IVD)の上流・下流市場分析 ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市 …
  • 世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別
    MarketsandMarkets社は、統合ブリッジシステムの世界市場規模が2019年70億ドルから2025年88億ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当資料では、世界の統合ブリッジシステム市場を統合的に調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、船種類別(商用、防衛)分析、サブシステム別(統合ナビゲーションシステム、自動気象観測システム、航海データレコーダー(VDR)、自動識別システム(AIS))分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の統合ブリッジシステム市場:船種類別(商用、防衛) ・世界の統合ブリッジシステム市場:サブシステム別(統合ナビゲーションシステム、自動気象観測システム、航海データレコーダー(VDR)、自動識別システム(AIS)) ・世界の統合ブリッジシス …
  • IT支出(IT投資)の東南アジア市場
    当調査レポートでは、IT支出(IT投資)の東南アジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IT支出(IT投資)の東南アジア市場規模及び予測、種類別分析、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場予測2019-2024
    「航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、パレット、コンテナなど、用途別には、Civil Air Transport、Cargo Air Transport、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空貨物ULD(Unit Load Device)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場概要(サマリー) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別販売量・売上 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別市場シェア ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:種類別(パレット、コンテナ) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:用途別(Civil Air Transport、Cargo Air Transport、O …
  • 血管ステントの世界市場:冠動脈ステント、末梢血管ステント
    当調査レポートでは、血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • RAIDコントローラ・カードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RAIDコントローラ・カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RAIDコントローラ・カードの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次亜リン酸ナトリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、次亜リン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、次亜リン酸ナトリウムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別次亜リン酸ナトリウムシェア、市場規模推移、市場規模予測、次亜リン酸ナトリウム種類別分析(電子グレード、工業グレード)、次亜リン酸ナトリウム用途別分析(電子、科学・医薬品、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・次亜リン酸ナトリウムの市場概観 ・次亜リン酸ナトリウムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・次亜リン酸ナトリウムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・次亜リン酸ナトリウムの世界市場規模 ・次亜リン酸ナトリウムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・次亜リン酸ナトリウムのアメリカ市場規模推移 ・次亜リン酸ナトリウムのカナダ市場規模推移 ・次亜リン酸ナトリウムのメキシコ市場規模推移 ・次亜リン酸ナトリウムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・次亜リン酸ナトリウムのドイツ市場規模推移 ・次亜リン酸 …
  • 進行性多巣性白質脳症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における進行性多巣性白質脳症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、進行性多巣性白質脳症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・進行性多巣性白質脳症の概要 ・進行性多巣性白質脳症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の進行性多巣性白質脳症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・進行性多巣性白質脳症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・進行性多巣性白質脳症治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"