"解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD5104)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“High incidence of cancer & other target diseases, availability of reimbursement, and the growing focus on personalized medicine are driving the overall growth of the anatomic pathology market”The anatomic pathology market is projected to reach a value of USD 44.4 billion by 2024 from USD 33.0 billion in 2019, at a CAGR of 6.1% during the forecast period. The growth in this market is attributed to the high incidence of cancer and other target diseases, availability of reimbursement, and the growing focus on personalized medicine. In addition, emerging economies such as China, India, and Brazil are expected to offer significant growth opportunities for players operating in the anatomic pathology market during the forecast period. However, the availability of refurbished products, the lack of skilled professionals, and product recalls are expected to hamper market growth to a certain extent in the coming years.

“Disease diagnosis segment accounted for the larger share of the anatomic pathology market, by application, in 2018”
Based on application, the anatomic pathology market is segmented into disease diagnosis and medical research. In 2018, the disease diagnosis segment accounted for the larger market share, due to the rapid growth in the geriatric population and the increasing incidence of cancer and other chronic diseases.

“Hospital laboratories to register the highest growth in the anatomic pathology market during the forecast period”
Based on end user, the anatomic pathology market is segmented into clinical laboratories, hospital laboratories, and other end users. The hospital laboratories segment accounted for the largest market share in 2018 and is projected to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of this segment can be attributed to the increasing number of patient visits to hospitals, growing number of in-house diagnostic procedures performed in hospitals, growing awareness regarding early disease diagnosis, and the availability of reimbursements in developed markets for clinical tests performed in hospitals.

“North America will continue to dominate the anatomic pathology market during the forecast period”
Geographically, the anatomic pathology market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. In 2018, North America accounted for the largest market share, followed by Europe. Factors such as the rising prevalence of chronic diseases, increasing healthcare expenditure, the high-quality infrastructure for hospitals and clinical laboratories, and the presence of major market players in the region are driving the growth of the anatomic pathology market in North America.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 36%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 19%
• By Designation: C-level – 33%, D-level – 40%, and Others – 27%
• By Region: North America – 36%, Europe – 28%, Asia Pacific – 19%, and the Rest of the World – 17%

List of Companies Profiled in the Report
• F. Hoffmann-La Roche Ltd. (Switzerland)
• Danaher Corporation (US)
• Thermo Fisher Scientific (US)
• Hologic, Inc. (US)
• Agilent Technologies (US)
• Becton, Dickinson and Company (US)
• Sakura Finetek (Japan)
• Merck KGaA (Germany)
• Bio SB (US)
• Diapath S.p.A. (Italy)
• BioGenex Laboratories (US)
• Abcam (US)
• Milestone Medical (Italy)
• SLEE medical (Germany)
• Histo-Line Laboratories (Italy)
• Amos Scientific (Australia)
• Jinhua YIDI Medical Appliance Co. Ltd. (China)
• MEDITE GmbH (Germany)
• Cell Signaling Technology (US)
• CellPath (UK)

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global anatomic pathology market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product & service, application, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall anatomic pathology market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, opportunities, and trends.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.1.1 Bottom-Up Approach for the Instruments and Consumables Market
2.4.2 Top-Down Approach
2.4.2.1 Services Market Estimation Based on Number of Tests
2.4.2.2 Services Market Estimation Based on Procedures
2.4.3 Growth Forecast
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
3.1 Introduction
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Anatomic Pathology: Market Overview
4.2 North America: Anatomic Pathology Market, By Product & Service
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Incidence of Cancer and Other Target Diseases
5.2.1.2 Recommendations for Cancer Screening
5.2.1.3 Availability of Reimbursement
5.2.1.4 Growing Focus on Personalized Medicine
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Emerging Economies
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Availability of Refurbished Products
5.2.3.2 Lack of Skilled Professionals
5.2.3.3 Product Failures and Recalls
5.2.4 Trends
5.2.4.1 Reagent Rental Agreements
6 Anatomic Pathology Market, By Product & Service (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Services
6.2.1 Histopathology
6.2.1.1 the Majority of Cancers are Diagnosed Via Histopathology—A Key Factor Driving Market Growth
6.2.2 Cytopathology
6.2.2.1 Government Focus on Cervical Cancer Screening has Boosted the Growth of the Cytopathology Services Market
6.3 Consumables
6.3.1 Antibodies
6.3.1.1 Primary Antibodies
6.3.1.1.1 North America Dominates the Primary Antibodies Market
6.3.1.2 Secondary Antibodies
6.3.1.2.1 Asia Pacific Will Show the Highest Growth in the Market for Secondary Antibodies
6.3.2 Kits & Reagents
6.3.2.1 Stains & Solvents
6.3.2.1.1 North America Accounted for Highest Share in This Market
6.3.2.2 Fixatives
6.3.2.2.1 North America Accounts for the Largest Share of the Fixatives Market
6.3.2.3 Other Kits & Reagents
6.3.3 Probes
6.3.3.1 APAC is Expected to Show the Highest Growth in the Probes Market
6.3.4 Other Consumables
6.4 Instruments
6.4.1 Slide Staining Systems
6.4.1.1 Availability of Automated Systems Will Drive Market Growth During the Forecast Period
6.4.2 Tissue Processing Systems
6.4.2.1 Rising Adoption of Automation is a Key Trend in the Tissue Processing Systems Market
6.4.3 Cell Processors
6.4.3.1 Cell Processors are Used to Remove Unwanted Matter in Samples—Making Them Important Instruments in the Market
6.4.4 Microtomes
6.4.4.1 North America Accounts for the Largest Share of the Microtomes Market
6.4.5 Embedding Systems
6.4.5.1 Asia Pacific is Expected to Register the Highest Growth During the Forecast Period
6.4.6 Coverslippers
6.4.6.1 Coverslippers are Widely Used Instruments in Research Alongside Staining Systems
6.4.7 Other Instruments
7 Anatomic Pathology Market, By Application (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 Disease Diagnostics
7.2.1 Cancer
7.2.1.1 Breast Cancer
7.2.1.1.1 Breast Cancer Holds the Highest Mortality Rate Among Cancers in North America
7.2.1.2 Gastrointestinal Cancer
7.2.1.2.1 North America Accounts for the Largest Share of the Market for Gastrointestinal Cancer
7.2.1.3 Lung Cancer
7.2.1.3.1 Lung Cancer is the Most Common Cancer in the World
7.2.1.4 Prostate Cancer
7.2.1.4.1 Prostate is the Third-Leading Cause of Death By Cancer in North America
7.2.1.5 Other Cancers
7.2.2 Other Diseases
7.3 Medical Research
7.3.1 Growing Research Activities Will Drive the Adoption of Anatomic Pathology Products in This Application Segment
8 Anatomic Pathology Market, By End User (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Hospital Laboratories
8.2.1 Hospital Laboratories Accounted for the Largest Share of the Market
8.3 Clinical Laboratories
8.3.1 Increasing Outpatient Surgeries to Drive the Growth of This Segment
8.4 Other End Users
9 Anatomic Pathology Market, By Region (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the Global Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 High Burden of Cancer to Support Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Availability of Reimbursement for Colorectal Cancer Screening to Support Market Growth
9.3.2 France
9.3.2.1 Government Funding for Cancer Diagnosis & Prevention to Support Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Government Initiatives to Drive Market Growth in the UK
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Incidence of Cancer and Increasing Per Capita Healthcare Spending to Support Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 High Incidence of Chronic Diseases to Drive the Spanish Market
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Presence of a Well-Developed Healthcare System to Support Market Growth in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Rising Healthcare Expenditure to Drive the Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Healthcare Sector in the Country to Drive Market Growth
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Cancer Screening Programs to Support Market Growth
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Increasing Incidence of Cancer in Africa to Support Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 143)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Agreements & Partnerships (2016–2019)
10.3.2 Expansions (2016–2019)
10.3.3 Product Launches & Approvals (2016–2019)
10.3.4 Acquisitions (2016–2019)
10.4 Competitive Leadership Mapping (2019)
10.4.1 Vendor Inclusion Criteria
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Innovators
10.4.4 Dynamic Differentiators
10.4.5 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 150)
11.1 F. Hoffman-La Roche Ltd.
11.1.1 Business Overview
11.1.2 Products Offered
11.1.3 MnM View
11.2 Danaher
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 Recent Developments
11.2.4 MnM View
11.3 Thermo Fisher Scientific
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 MnM View
11.4 Abcam PLC.
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.3 Recent Developments
11.5 Hologic, Inc.
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 Recent Developments
11.6 Agilent Technologies
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.7 Becton, Dickinson and Company
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.7.3 Recent Developments
11.7.4 MnM View
11.8 Sakura Finetek USA Inc.
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.9 Merck KGaA
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.9.3 Recent Developments
11.10 Bio SB
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.10.3 Recent Developments
11.11 BioGenex
11.11.1 Business Overview
11.11.2 Products Offered
11.12 Milestone Medical
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.13 Histo-Line Laboratories
11.13.1 Business Overview
11.13.2 Products Offered
11.13.3 Recent Developments
11.14 Diapath S.P.A.
11.14.1 Business Overview
11.14.2 Products Offered
11.14.3 Recent Developments
11.15 Slee Medical GmbH
11.15.1 Business Overview
11.15.2 Products Offered
11.16 Amos Scientific Pty Ltd
11.16.1 Business Overview
11.16.2 Products Offered
11.17 Medite GmbH
11.17.1 Business Overview
11.17.2 Products Offered
11.18 Cell Signaling Technology
11.18.1 Business Overview
11.18.2 Products Offered
11.18.3 Recent Developments
11.19 CeLLPath Ltd.
11.19.1 Business Overview
11.19.2 Products Offered
11.20 Jinhua Yidi Medical Appliance Co. Ltd
11.20.1 Business Overview
11.20.2 Products Offered
12 Appendix (Page No. – 186)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD5104
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 脳・組織用酸素測定機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脳・組織用酸素測定機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳・組織用酸素測定機器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • がん栄養学の世界市場:がんのタイプ別(頭頸部がん、胃がん・消化器がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん、肺がん、乳がん、血液がん)、地域別予測
    本資料は、がん栄養学の世界市場について調べ、がん栄養学の世界規模、市場動向、市場環境、がんのタイプ別(頭頸部がん、胃がん・消化器がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん、肺がん、乳がん、血液がん)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・がん栄養学の世界市場概要 ・がん栄養学の世界市場環境 ・がん栄養学の世界市場動向 ・がん栄養学の世界市場規模 ・がん栄養学の世界市場規模:がんのタイプ別(頭頸部がん、胃がん・消化器がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん、肺がん、乳がん、血液がん) ・がん栄養学の世界市場:地域別市場規模・分析 ・がん栄養学の北米市場規模・予測 ・がん栄養学のアメリカ市場規模・予測 ・がん栄養学のヨーロッパ市場規模・予測 ・がん栄養学のアジア市場規模・予測 ・がん栄養学の日本市場規模・予測 ・がん栄養学の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の埋め込み式フォトアルバム市場予測2017-2025:エンドユーズ別(パーソナル、プロフェッショナル)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の埋め込み式フォトアルバム市場について調査・分析し、世界の埋め込み式フォトアルバム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の埋め込み式フォトアルバム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 返却可能輸送包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、返却可能輸送包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、返却可能輸送包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 消費者用ドローンの世界市場:製品別(マルチローター、ナノ、その他)、用途別(プロシューマー、玩具、写真測量)、地域別予測
    本資料は、消費者用ドローンの世界市場について調べ、消費者用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(マルチローター、ナノ、その他)分析、用途別(プロシューマー、玩具、写真測量)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3D Robotics、Blade、Cheerson、DJI Innovations、Eachine、Hubsan、JJRCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・消費者用ドローンの世界市場概要 ・消費者用ドローンの世界市場環境 ・消費者用ドローンの世界市場動向 ・消費者用ドローンの世界市場規模 ・消費者用ドローンの世界市場規模:製品別(マルチローター、ナノ、その他) ・消費者用ドローンの世界市場規模:用途別(プロシューマー、玩具、写真測量) ・消費者用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・消費者用ドローンの北米市場規模・予測 ・消費者用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・消費者用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・消費者用 …
  • 石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、超音波装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・超音波装置の概要 ・超音波装置の開発動向:開発段階別分析 ・超音波装置の開発動向:セグメント別分析 ・超音波装置の開発動向:領域別分析 ・超音波装置の開発動向:規制Path別分析 ・超音波装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別超音波装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・超音波装置の最近動向
  • 特発性頭蓋内圧亢進治療法の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、特発性頭蓋内圧亢進治療法の世界市場について調べ、特発性頭蓋内圧亢進治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、特発性頭蓋内圧亢進治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(炭酸脱水酵素阻害剤、その他の薬物クラス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は特発性頭蓋内圧亢進治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・特発性頭蓋内圧亢進治療法の市場状況 ・特発性頭蓋内圧亢進治療法の市場規模 ・特発性頭蓋内圧亢進治療法の市場予測 ・特発性頭蓋内圧亢進治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(炭酸脱水酵素阻害剤、その他の薬物クラス) ・特発性頭蓋内圧亢進治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中国の変性ポリプロピレン・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、中国の変性ポリプロピレン・ワックス市場2015について調査・分析し、変性ポリプロピレン・ワックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の世界市場について調べ、産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の市場規模をセグメンテーション別(用途別(空気ろ過、クリーンルーム、ガスタービン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の市場状況 ・産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の市場規模 ・産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の市場予測 ・産業用高効率粒子空気(HEPA)フィルター の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(空気ろ過、クリーンルーム、ガスタービン) ・産業用高効率粒子空気(H …
  • コニャックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コニャックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コニャック市場規模、製品別(VS、VSOP、XO)分析、流通経路別(オフトレード、オントレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コニャックの世界市場概要 ・コニャックの世界市場環境 ・コニャックの世界市場動向 ・コニャックの世界市場規模 ・コニャックの世界市場:業界構造分析 ・コニャックの世界市場:製品別(VS、VSOP、XO) ・コニャックの世界市場:流通経路別(オフトレード、オントレード) ・コニャックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コニャックの北米市場規模・予測 ・コニャックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コニャックのアジア太平洋市場規模・予測 ・コニャックの主要国分析 ・コニャックの世界市場:意思決定フレームワーク ・コニャックの世界市場:成長要因、課題 ・コニャックの世界市場:競争環境 ・コニャックの世界市場:関連企業情報(ベンダ …
  • 世界のショットキーダイオード市場2015
    本調査レポートでは、世界のショットキーダイオード市場2015について調査・分析し、ショットキーダイオードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱伝導率測定装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱伝導率測定装置市場2015について調査・分析し、熱伝導率測定装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコマンガン市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコマンガン市場2015について調査・分析し、シリコマンガンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場について調査・分析し、プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:市場動向分析 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:競争要因分析 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:用途別 ・包装用 ・非包装用 ・その他 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:製品の種類別 ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリエステル(PES) ・ポリアミド(PA) ・低密度ポリエチレン(LDPE) ・リニアポリエチレン(LLDPE) ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・無軸延伸ポリプロピレン(CPP) ・二軸配向ポリエチレンテレフタレート(BOPET) ・二軸配向ポリエチレン(BOPP) ・その他 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:主要地域別分析 - プラスチックフィルムとプ …
  • 乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、乳児用調整粉乳成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、成分種類別(炭水化物、油脂、タンパク質、ビタミン、ミネラル、プレバイオティクス)分析、用途別(成長乳、標準乳児用調製粉乳、後続調製粉乳、特殊品)分析、フォーム別分析、由来別分析、乳児用調整粉乳成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、乳児用調整粉乳成分の世界市場規模が2019年167億ドルから2025年255億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • 半導体レーザーの世界市場分:タイプ別(光ファイバーレーザー、面発光レーザー、コンパクトディスクレーザー、ハイパワーダイオードレーザー、赤色レーザー、バイオレットレーザー、グリーンレーザー、青色レーザー)、用途別(光ストレージ、リソグラフィ、ヘルスケア、研究開発および防衛、センサー、ディスプレイ、印刷、通信、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、半導体レーザーの世界市場について調査・分析し、半導体レーザーの世界市場動向、半導体レーザーの世界市場規模、市場予測、セグメント別半導体レーザー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウシ胎仔血清の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ウシ胎仔血清の世界市場について調査・分析し、ウシ胎仔血清の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ウシ胎仔血清シェア、市場規模推移、市場規模予測、ウシ胎仔血清種類別分析(米国産、南米産、オーストラリア産、その他 )、ウシ胎仔血清用途別分析(科学研究、工業生産)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ウシ胎仔血清の市場概観 ・ウシ胎仔血清のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ウシ胎仔血清のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ウシ胎仔血清の世界市場規模 ・ウシ胎仔血清の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ウシ胎仔血清のアメリカ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のカナダ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のメキシコ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ウシ胎仔血清のドイツ市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のイギリス市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のロシア市場規模推移 ・ウシ胎仔血清のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イ …
  • 海外旅行のイギリス市場ー旅行&支出
  • 中国の神経モニター市場2015
    本調査レポートでは、中国の神経モニター市場2015について調査・分析し、神経モニターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルジアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ポリイソブチレンの世界市場
    当調査レポートでは、ポリイソブチレンの世界市場について調査・分析し、ポリイソブチレンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のウラン市場2015
    本調査レポートでは、世界のウラン市場2015について調査・分析し、ウランの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用航空機向け情報・監視・偵察(ISR)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用航空機向け情報・監視・偵察(ISR)技術の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 航空機搭載ISR市場の概要 3. 航空機搭載ISRの世界市場 2016-2026 4. 世界の航空機搭載ISR2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の航空機搭載ISR市場予測 2016-2026 6. 航空機搭載ISR市場のSWOT分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 航空機搭載ISR企業の主要16社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 高級フレグランスの世界市場
    本資料は、高級フレグランスの世界市場について調べ、高級フレグランスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、 オー フレッシュ、その他)分析、用途別(メンズ、ウィメンズ、キッズ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSteel Case、Ashley Furniture Industries、Inter IKEA Group、Sears Holdings、Haworth、Herman Miller、HNI、Kimball International、Knoll、KOKUYO Furniture、Poltrona Frau、Masco、Mercury Row、Red Barrel Studio、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高級フレグランスの世界市場概要 ・高級フレグランスの世界市場環境 ・高級フレグランスの世界市場動向 ・高級フレグランスの世界市場規模 ・高級フレグランスの世界市場規模: …
  • 3DNANDフラッシュメモリの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、3DNANDフラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、3DNANDフラッシュメモリの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別3DNANDフラッシュメモリシェア、市場規模推移、市場規模予測、3DNANDフラッシュメモリ種類別分析(MLCタイプ、TLCタイプ、その他)、3DNANDフラッシュメモリ用途別分析(SSD、家電 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・3DNANDフラッシュメモリの市場概観 ・3DNANDフラッシュメモリのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・3DNANDフラッシュメモリのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・3DNANDフラッシュメモリの世界市場規模 ・3DNANDフラッシュメモリの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・3DNANDフラッシュメモリのアメリカ市場規模推移 ・3DNANDフラッシュメモリのカナダ市場規模推移 ・3DNANDフラッシュメモリのメキシコ市場規模推移 ・3DNANDフラッシュメモリのヨーロッパ市場分析( …
  • 同期フェーザ測定装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、同期フェーザ測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、同期フェーザ測定装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ベトナムのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の革用化学薬品市場2016
    本調査レポートでは、世界の革用化学薬品市場2016について調査・分析し、革用化学薬品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のロボット手術装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のロボット手術装置市場2015について調査・分析し、ロボット手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の開瞼鉤市場2015
    本調査レポートでは、世界の開瞼鉤市場2015について調査・分析し、開瞼鉤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 真性多血症から移行した骨髄線維症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真性多血症から移行した骨髄線維症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真性多血症から移行した骨髄線維症のフェーズ3治験薬の状況 ・真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬の市場規模(販売予測) ・真性多血症から移行した骨髄線維症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真性多血症から移行した骨髄線維症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬剤
  • スペインの股関節再建市場動向(~2021)
  • チューブ及びスティック包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チューブ及びスティック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、チューブ及びスティック包装の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のDC制御装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のDC制御装置市場2015について調査・分析し、DC制御装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセスオイルの世界市場予測(~2023年)
    予測期間中のプロセスオイル市場で最も大きくけん引した用途は、タイヤ・ゴムセグメントです。この分野は、プロセスオイルの世界市場における潜在的な用途の1つで、2018年から2023年の予測期間中にも成長が見込まれています。この分野の成長は、自動車産業におけるキャリアオイル、可塑剤、防塵剤および加工助剤としてのプロセスオイルの需要増加に起因すると考えられています。 タイヤ・ゴム分野は2018年から2023年の予測期間中に2番目に高い年平均成長率で成長すると予測されています。当調査レポートでは、プロセスオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(芳香族、パラフィン系、ナフテン系、非発がん性)分析、用途別(タイヤ・ゴム、ポリマー、パーソナルケア用品、テキスタイル)分析、プロセスオイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不織布材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の不織布材料市場2015について調査・分析し、不織布材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肉代用品の世界市場:豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベース
    当調査レポートでは、肉代用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど)分析、由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他)分析、カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・肉代用品の世界市場:製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど) ・肉代用品の世界市場:由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他) ・肉代用品の世界市場:カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定) ・肉代用品の世界市場:地域別 ・企業動向
  • ASA樹脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ASA樹脂の世界市場について調査・分析し、ASA樹脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ASA樹脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、ASA樹脂種類別分析(一般グレード、押出グレード、耐熱グレード)、ASA樹脂用途別分析(自動車、建築、電子、家庭、おもちゃ・スポーツ・レジャー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ASA樹脂の市場概観 ・ASA樹脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ASA樹脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ASA樹脂の世界市場規模 ・ASA樹脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ASA樹脂のアメリカ市場規模推移 ・ASA樹脂のカナダ市場規模推移 ・ASA樹脂のメキシコ市場規模推移 ・ASA樹脂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ASA樹脂のドイツ市場規模推移 ・ASA樹脂のイギリス市場規模推移 ・ASA樹脂のロシア市場規模推移 ・ASA樹脂のアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • チェコの心臓人工弁市場見通し
  • 中国のプラグ弁市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラグ弁市場2015について調査・分析し、プラグ弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の練乳(ンデンスミルク)市場2016
    本調査レポートでは、世界の練乳(ンデンスミルク)市場2016について調査・分析し、練乳(ンデンスミルク)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別
    MarketsandMarkets社は、農業用ロボットの世界市場規模が2020年74億ドルから2025年206億ドルまで年平均22.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の農業用ロボット市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、サービス)分析、種類別(無人航空機(UAVS)/ドローン、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム、その他)分析、農業環境別(屋外、屋内)分析、農産物別(果物&野菜、畑作物、乳牛、家畜、その他)分析、用途別(収穫管理、フィールドファーミング、酪農および家畜管理、土壌管理、灌漑管理、剪定管理、気象追跡および監視、在庫管理、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の農業用ロボット市場:提供別(ハードウェア、サービス) ・世界の農業用ロボット市場:種類別(無人航空機(UAVS)/ドローン、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム、その他) ・世界の農業用ロボット市 …
  • 電子走査アレイの世界市場予測:アクティブ電子走査アレイ(AESA)、パッシブ電子走査アレイ(PESA)
    当調査レポートでは、電子走査アレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、プラットフォーム別分析、範囲別分析、アレイ形状別分析、電子走査アレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用フェロモンの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用フェロモンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、作物種類別分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、農業用フェロモンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵ショーケース/飲料用冷蔵庫・ディスペンサ/冷蔵室の世界市場
    当調査レポートでは、冷蔵ショーケース/飲料用冷蔵庫・ディスペンサ/冷蔵室の世界市場について調査・分析し、冷蔵ショーケース/飲料用冷蔵庫・ディスペンサ/冷蔵室の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の石油精製用触媒市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油精製用触媒市場2015について調査・分析し、石油精製用触媒の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場:製品別、エンドユーズ別(化学、HVAC・冷却、発電、石油化学)
    本調査レポートでは、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場について調査・分析し、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場動向、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場規模、市場予測、セグメント別プレート及びフレーム式熱交換器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のポリエステル・ゲルコート市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエステル・ゲルコート市場2015について調査・分析し、ポリエステル・ゲルコートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デマンドレスポンス(DR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デマンドレスポンス(DR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デマンドレスポンス(DR)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 デマンドレスポンス (DR) とは、需要と供給のバランスをとるために利用者の電気消費パターンを変化させることです。電気料金価格の設定もしくはインセンティブの支払いによって、電力需要ピーク時の電力消費を減らしたり、ずらしたりすることができます。Technavio社はデマンドレスポンス(DR)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• CPower• EnerNOC • Honeywell International• Itron (Comverge)• Schneider Electric• Siemens等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"