"ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST7417)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising demand for ATP assays in pharmaceutical and biotechnology companiesThe global ATP assays market is projected to reach USD 315 million by 2024 from USD 191 million in 2019, at a CAGR of 10.5%. Growth in this market is majorly driven by the increasing demand for ATP assays in pharmaceutical and biotechnology companies, rising investments in pharmaceutical and biotechnology R&D, increasing prevalence of cancer and other chronic and infectious diseases, and shift from culture-based tests to rapid tests.

The consumables & accessories segment will register the highest growth in the market, by product
Based on product, the market is segmented into consumables & accessories and instruments. The consumables & accessories segment is expected to witness the highest CAGR in the ATP assays market during the forecast period. The large share of this segment can be attributed to the high usage of ATP assays for microbial contamination testing and the growing applications of ATP assays in different industries like food & beverage and agriculture. Their high usage and the need for repeat purchases equate to a larger market share and higher growth rate.

Contamination testing is the largest application segment of the ATP assays industry
Based on application, the market is segmented into contamination testing, disease testing, and drug discovery & development. In 2018, the contamination testing segment accounted for the largest share of the ATP assays market. This is attributed to the high frequency of contamination testing protocols carried out by pharmaceutical & biotechnology companies, the food & beverage industry, and hospitals & diagnostic laboratories, among other end users.

North America will continue to dominate the ATP assays market during the forecast period
By region, the market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. In 2018, North America accounted for the largest share of the ATP assays market. The large share of North America can be attributed to the rising incidence and prevalence of chronic and infectious diseases, rising demand for cell-based assays in research, increasing focus on cell-based therapeutics, favorable government support for research, and the presence of high-quality infrastructure for clinical & laboratory research in the region.

The breakup of primary participants is as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1: 50%; Tier 2: 10%; and Tier 3: 40%
• By Designation: C-level: 35%; Director-level: 25%; and Others: 40%
• By Region: North America: 40%; Europe: 20%; Asia Pacific: 25%; Latin America: 10%; and the Middle East & Africa: 5%

The prominent players in the global ATP assays market are Merck KGaA (Germany), Thermo Fisher Scientific, Inc. (US), PerkinElmer, Inc. (US), Lonza Group (Switzerland), Promega Corporation (US), Agilent Technologies, Inc. (US), Abcam plc. (UK), Danaher Corporation (US), Hygiena, LLC. (US), BioThema AB (Sweden), Abnova Corporation (Taiwan), AAT Bioquest (US), PromoCell GmbH (Germany), BioVision, Inc. (US), Geno Technology, Inc. (US), Biotium (US), Canvax Biotech S.L. (Spain), Creative Bioarray (US), Elabscience (US) and MBL International Corporation (US).

Research Coverage:
The report analyzes the ATP assays market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments such as product, application, end user, and region. The report also provides a competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, recent developments, and key market strategies.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share of the market. Firms purchasing the report could use one or a combination of the below-mentioned strategies to strengthen their positions in the market.

This report provides insights into:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the ATP assays market. The report analyzes this market by product, application, end user, and region.
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging markets by product, application, end user, and region.
• Market Diversification: Exhaustive information about products, growing geographies, recent developments, and investments in the ATP assays market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, product offerings, and capabilities of leading players in the ATP assays market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Markets Covered
1.5 Years Considered for the Study
1.6 Currency
1.7 Stakeholders
1.8 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Ranking Analysis
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 ATP Assays: Market Overview
4.2 ATP Assays Market: Geographic Growth Opportunities
4.3 Regional Mix: Market
4.4 Market: Developed Vs. Developing Markets
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for ATP Assays in Pharmaceutical & Biotechnology Companies
5.2.1.2 Rising Investments in Pharmaceutical & Biotechnology R&D
5.2.1.3 Increasing Prevalence of Cancer
5.2.1.4 Shift From Culture-Based Tests to Rapid Tests
5.2.1.5 Rising Incidence and Prevalence of Chronic & Infectious Diseases
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Instruments
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Technology Enhancements in ATP Assay Probes
5.2.3.2 Growth Prospects in Emerging Markets
6 ATP Assays Market, By Product (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Consumables & Accessories
6.2.1 Reagents & Kits
6.2.1.1 Wide Applications of Reagents & Kits Account for the Large Share of This Segment
6.2.2 Microplates
6.2.2.1 As Miniaturization of Microplates Provides High Utility Over Gel-Based Well Systems, Their Adoption is High in the Analytical and Life Science Industry
6.2.3 Other Consumables & Accessories
6.3 Instruments
6.3.1 Luminometers
6.3.1.1 Luminometers are Comparatively Low-Priced and Therefore Widely Adopted
6.3.2 Spectrophotometers
6.3.2.1 Spectrophotometers are Costlier Than Luminometers And, Therefore, Less-Preferred By End Users in the Market
7 ATP Assays Market, By Application (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Contamination Testing
7.2.1 Need to Meet Regulatory Mandates for Contamination and Quality Testing is a Key Driver of Market Growth
7.3 Disease Testing
7.3.1 Growing Disease Incidence and Rising Awareness are Expected to Support Market Growth During the Forecast Period
7.4 Drug Discovery & Development
7.4.1 Increasing R&D Pipeline for Pharmaceutical Drugs Will Drive Market Growth
8 ATP Assays Market, By End User (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Growth in Drug R&D Pipelines to Increase the Focus of Pharma & Biotech Companies on Quality Control Measures—Driving Growth in the Market
8.3 Food & Beverage Industry
8.3.1 Incidents of Food Contamination Have Led to the Introduction of New Legislations for Food Safety Testing, Thereby Driving the Growth of the Market
8.4 Hospitals & Diagnostic Laboratories
8.4.1 Growing Demand for Early Diagnosis of Diseases is a Major Factor Driving the Adoption of ATP Assays
8.5 Academic & Research Institutions
8.5.1 ATP Assays are Used for Research Activities Related to the Growth Rate & Viability of Microorganisms
9 ATP Assays Market, By Region (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Dominate the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of a Broad Range of Government Funding Programs to Support Life Science Research to Drive Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Demand for ATP Assays Will be Driven By the Large-Scale Outsourcing of Clinical Diagnostic Testing By Hospitals to Commercial Service Providers
9.3.2 France
9.3.2.1 Strong Agro-Food Sector and a Major Focus on Biotechnology R&D to Drive Market Growth in France
9.3.3 UK
9.3.3.1 UK has the Largest Pharmaceutical R&D Expenditure in Europe
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Cancer Burden to Increase the Demand for ATP Assays in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth in the Personalized Medicine Sector and Clinical Diagnostics Market to Drive the Market in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 High Incidence of Cancer to Increase the Demand for ATP Assays in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Increasing Pharmaceutical R&D Investments in the Country to Support Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Adoption of ATP Assay Techniques in Research and Clinical Applications to Drive Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.6 Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Introduction
10.2 Market Ranking for Key Players in the ATP Assays Market
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situations and Trends
10.5 Competitive Assessment of R&D Expenditure
10.6 Product Portfolio Analysis
11 Company Profiles (Page No. – 118)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View)*
11.1 Thermo Fisher Scientific, Inc.
11.2 Promega Corporation
11.3 Merck KGaA
11.4 PerkinElmer, Inc.
11.5 Agilent Technologies, Inc.
11.6 Abcam PLC.
11.7 Lonza Group
11.8 Neogen Corporation
11.9 3M Company
11.10 Danaher Corporation
11.11 PromoCell GmbH
11.12 Geno Technology, Inc.
11.13 Abnova Corporation
11.14 AAT Bioquest, Inc.
11.15 BioThema AB
11.16 BioVision, Inc.
11.17 Hygiena, LLC.
11.18 Biotium
11.19 Creative Bioarray
11.20 Canvax Biotech S.L.
11.21 Elabscience
11.22 MBL International Corporation (A Subsidiary of Jsr Corporation)
11.23 Ruhof Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 157)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)
【発行日】2019年10月31日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST7417
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のLED蛍光体市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED蛍光体市場2015について調査・分析し、LED蛍光体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの滅菌器市場見通し(~2021)
  • エアホッケーテーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エアホッケーテーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアホッケーテーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・商品別市場分析 ・小売業態別市場分析 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・主要企業分析 ・付録
  • 塗料用樹脂の世界市場:アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、PU樹脂、エポキシ樹脂、アミノ樹脂、UPR、SPR
    当調査レポートでは、塗料用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散制御システム(DCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分散制御システム(DCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散制御システム(DCS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015について調査・分析し、クエチアピンフマル酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 蒸気式アイロンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、蒸気式アイロンの世界市場について調査・分析し、蒸気式アイロンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別蒸気式アイロンシェア、市場規模推移、市場規模予測、蒸気式アイロン種類別分析(加圧式、非加圧式)、蒸気式アイロン用途別分析(商業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・蒸気式アイロンの市場概観 ・蒸気式アイロンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・蒸気式アイロンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・蒸気式アイロンの世界市場規模 ・蒸気式アイロンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・蒸気式アイロンのアメリカ市場規模推移 ・蒸気式アイロンのカナダ市場規模推移 ・蒸気式アイロンのメキシコ市場規模推移 ・蒸気式アイロンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・蒸気式アイロンのドイツ市場規模推移 ・蒸気式アイロンのイギリス市場規模推移 ・蒸気式アイロンのロシア市場規模推移 ・蒸気式アイロンのアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • 塗料添加剤の世界市場:レオロジー調節剤、分散剤、湿潤剤、耐衝撃性改良剤、消泡剤
    当調査レポートでは、塗料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、機能別分析、用途別分析、形状別分析、種類別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • がん化学療法による悪心・嘔吐(CINV)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、がん化学療法による悪心・嘔吐(CINV)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、がん化学療法による悪心・嘔吐(CINV)治療薬の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラズマ切断装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プラズマ切断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラズマ切断装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラプチャーディスク(破裂板)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラプチャーディスク(破裂板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラプチャーディスク(破裂板)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ドローン(無人機)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ドローン(無人機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ドローン(無人機)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • セイボリー成分のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • フランスの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 新型出生前診断(NIPT)の世界市場
    当調査レポートでは、新型出生前診断 (NIPT) の世界市場について調査・分析し、新型出生前診断 (NIPT) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • チャットボットの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、チャットボットの世界市場規模が2019年26億ドルから2024年94億ドルまで年平均29.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、チャットボットの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、技術別(機械学習&深層学習、自然言語処理、自動音声認識)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、使用法別(ウェブサイト、コンタクトセンター、ソーシャルメディア、モバイルプラットフォーム)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(カスタマーサポート、パーソナルアシスタント、ブランディング&広告、顧客エンゲージメント&リテンション、データプライバシー&コンプライアンス、オンボード&従業員エンゲージメント、その他)分析、業種別(BFSI、小売&eコマース、ヘルスケア、旅行&ホスピタリティ、メディア&エンターテイメント、通信、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・ …
  • 口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))のフェーズ3治験薬の状況 ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))治療薬の市場規模(販売予測) ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Her …
  • アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アプリケーションパフォーマンス管理市場規模、最終用途別(BFSI、小売、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場概要 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場環境 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場動向 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場規模 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場:業界構造分析 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場:最終用途別(BFSI、小売、医療、その他) ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アプリケーションパフォーマンス管理のアメリカ市場規模・予測 ・アプリケーションパフォーマンス管理のヨーロッパ市場規模・予測 ・アプリケーションパフォーマンス管理のアジア市場規模・予測 ・アプ …
  • ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場分析:サービス・製品別(モバイルデバイス、モバイルアプリケーション、企業用モビリティプラットフォーム)、用途別(企業用ソリューション、mヘルス)、エンドユーザー別、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場について調査・分析し、ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場動向、ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケアモビリティソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 免疫組織化学の世界市場予測(~2021):抗体、試薬、キット、スライド染色装置、組織マイクロアレイ
    当調査レポートでは、免疫組織化学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫組織化学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バルーン血管形成術の世界市場
    当調査レポートでは、バルーン血管形成術の世界市場について調査・分析し、バルーン血管形成術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・バルーン血管形成術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・バルーン血管形成術の世界市場:セグメント別市場分析 ・バルーン血管形成術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のビニールシート杭市場2019
    本調査レポートでは、世界のビニールシート杭市場2019について調査・分析し、ビニールシート杭の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ビニールシート杭のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ビニールシート杭メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ビニールシート杭の市場概要 ・ビニールシート杭の上流・下流市場分析 ・ビニールシート杭のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ビニールシート杭のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ビニールシート杭のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ビニールシート杭のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ビニールシート杭の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ビニールシート杭の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ビニールシート杭の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • ロシアの滅菌器市場見通し(~2021)
  • クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場について調査・分析し、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超音波ドップラー流速分布計(ADCP)シェア、市場規模推移、市場規模予測、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)種類別分析(2ビーム式ADCP、3ビーム式ADCP、4ビーム式ADCP、5ビーム式ADCP、9ビーム式ADCP、)、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)用途別分析(ボトムトラッキング、流量測定、DVL、波動計測、乱気流)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の市場概観 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場規模 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超音 …
  • フローリングの世界市場分析:製品別(ソフトカバー、弾力性フローリング、非弾力性フローリング、継ぎ目のないフローリング)、用途別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、フローリングの世界市場について調査・分析し、フローリングの世界市場動向、フローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別フローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアレス包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エアレス包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアレス包装市場規模、エンドユーザー別(パーソナルケア、ヘルスケア、ホームケア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Albéa, AptarGroup, HCP Packaging, Quadpack, Silgan Dispensing Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアレス包装の世界市場概要 ・エアレス包装の世界市場環境 ・エアレス包装の世界市場動向 ・エアレス包装の世界市場規模 ・エアレス包装の世界市場:業界構造分析 ・エアレス包装の世界市場:エンドユーザー別(パーソナルケア、ヘルスケア、ホームケア) ・エアレス包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアレス包装の北米市場規模・予測 ・エアレス包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアレス包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・エアレス包装の主要国分析 ・エアレス包装の世界市場:意 …
  • 頭蓋インプラントの世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、頭蓋インプラントの世界市場について調べ、頭蓋インプラントの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(カスタマイズ、非カスタマイズ)分析、材料別(ポリマー、セラミック、金属)分析、エンドユーザー別(病院、脳神経外科専門センター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・頭蓋インプラントの世界市場動向 ・頭蓋インプラントの世界市場環境 ・頭蓋インプラントの世界市場規模 ・頭蓋インプラントの世界市場規模:製品別(カスタマイズ、非カスタマイズ) ・頭蓋インプラントの世界市場規模:材料別(ポリマー、セラミック、金属) ・頭蓋インプラントの世界市場規模:エンドユーザー別(病院、脳神経外科専門センター) ・頭蓋インプラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・頭蓋インプラントの北米市場規模・予測 ・頭蓋インプラントのアメリカ市場規模・予測 ・頭蓋インプラントの中南米市場規模・予測 ・頭蓋 …
  • 慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬剤
  • 椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、椎弓根スクリューシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ別(単軸タイプ、多軸タイプ)分析、手術別(直視下手術、低侵襲手術)分析、適応症別(脊椎変形、脊椎外傷)分析、用途別(胸腰椎固定、頸椎固定)分析、椎弓根スクリューシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 貿易金融の世界市場:製品種類別(サプライチェーンファイナンス、輸出&機関ファイナンス)、サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関、その他)、エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、貿易業者)
    本調査レポートでは、貿易金融の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(サプライチェーンファイナンス、輸出&機関ファイナンス)分析、サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関、その他)分析、エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、貿易業者)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・貿易金融の世界市場:製品種類別(サプライチェーンファイナンス、輸出&機関ファイナンス) ・貿易金融の世界市場:サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関、その他) ・貿易金融の世界市場:エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、貿易業者) ・貿易金融の世界市場:地域別 ・企業概要
  • エジプトの整形外科補綴市場見通し
  • カーボンブラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カーボンブラック市場規模、用途別(タイヤ、タイヤ以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カーボンブラックの世界市場概要 ・カーボンブラックの世界市場環境 ・カーボンブラックの世界市場動向 ・カーボンブラックの世界市場規模 ・カーボンブラックの世界市場:業界構造分析 ・カーボンブラックの世界市場:用途別(タイヤ、タイヤ以外) ・カーボンブラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カーボンブラックのアメリカ市場規模・予測 ・カーボンブラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・カーボンブラックのアジア市場規模・予測 ・カーボンブラックの主要国分析 ・カーボンブラックの世界市場:意思決定フレームワーク ・カーボンブラックの世界市場:成長要因、課題 ・カーボンブラックの世界市場:競争環境 ・カーボンブラックの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のソーナー装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のソーナー装置市場2015について調査・分析し、ソーナー装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートマテリアルの世界市場2020-2024
    「スマートマテリアルの世界市場2020-2024」は、スマートマテリアルについて市場概要、市場規模、材料別(圧電材料、形状記憶合金、熱電材料、レオロジー流体、磁歪材料、その他の材料)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートマテリアルの世界市場:材料別(圧電材料、形状記憶合金、熱電材料、レオロジー流体、磁歪材料、その他の材料) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 調味料ソースの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • レシートプリンターの世界市場
    当調査レポートでは、レシートプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レシートプリンターの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 法的手続きのアウトソーシングの世界市場:ロケーション別(オフショアアウトソーシング、オンショアアウトソーシング)、サービス別(契約草案作成、レビュー管理、コンプライアンス支援、eディスカバリー、訴訟支援、特許支援、その他)、地域別予測
    本資料は、法的手続きのアウトソーシングの世界市場について調べ、法的手続きのアウトソーシングの世界規模、市場動向、市場環境、ロケーション別(オフショアアウトソーシング、オンショアアウトソーシング)分析、サービス別(契約草案作成、レビュー管理、コンプライアンス支援、eディスカバリー、訴訟支援、特許支援、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場概要 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場環境 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場動向 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場規模 ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場規模:ロケーション別(オフショアアウトソーシング、オンショアアウトソーシング) ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場規模:サービス別(契約草案作成、レビュー管理、コンプライアンス支援、eディスカバリー、訴訟支援、特許支援、その他) ・法的手続きのアウトソーシングの世界市場:地域別市 …
  • バイオプリザバティブの世界市場:製品別(装置、培地、LIMS)、用途別、地域別予測
    本資料は、バイオプリザバティブの世界市場について調べ、バイオプリザバティブの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(装置、培地、LIMS)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオプリザバティブの世界市場概要 ・バイオプリザバティブの世界市場環境 ・バイオプリザバティブの世界市場動向 ・バイオプリザバティブの世界市場規模 ・バイオプリザバティブの世界市場規模:製品別(装置、培地、LIMS) ・バイオプリザバティブの世界市場規模:用途別 ・バイオプリザバティブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオプリザバティブの北米市場規模・予測 ・バイオプリザバティブのアメリカ市場規模・予測 ・バイオプリザバティブのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオプリザバティブのアジア市場規模・予測 ・バイオプリザバティブの日本市場規模・予測 ・バイオプリザバティブの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のHadoopビッグデータ解析市場規模・予測2017-2025:構成要素別(ソリューション、サービス)、用途別(セキュリティインテリジェンス、リスク・不正分析、IoT、サプライチェーン分析、カスタマー分析、オペレーショナルインテリジェンス)、業界別(BFSI、ICT、小売、製造、ヘルスケア、政府・防衛)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のHadoopビッグデータ解析市場について調査・分析し、世界のHadoopビッグデータ解析市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のHadoopビッグデータ解析関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ティラピアの世界市場2018-2022
    ティラピアはスズキ目カワスズメ科に属するカワスズメの通称です。藻類や小さな水生植物の細胞を食べる草食性の魚で、主に水槽、池、レースウェイ型水槽、または開放水域の淡水システムで飼育されます。ティラピアの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率5.13%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Baiyang Investment Group、Goulian Group、Hainan Qinfu Food、HAINAN XIANGTAI FISHERY、Zhenye Fish&Foods Groupなどです。 当調査レポートでは、ティラピアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティラピア市場規模、製品別(ナイルティラピア、ブルーティラピア、モザンビークティラピア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ティラピアの世界市場概要 ・ティラピアの世界市場環境 ・ティラピアの世界市場動向 ・ティラピアの世界市場規模 ・ティ …
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、車両種類別分析、構成要素別分析、材料別分析、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • タイニーハウスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、タイニーハウスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タイニーハウス市場規模、製品別(移動型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タイニーハウスの世界市場概要 ・タイニーハウスの世界市場環境 ・タイニーハウスの世界市場動向 ・タイニーハウスの世界市場規模 ・タイニーハウスの世界市場:業界構造分析 ・タイニーハウスの世界市場:製品別(移動型、固定型) ・タイニーハウスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タイニーハウスのアメリカ市場規模・予測 ・タイニーハウスのヨーロッパ市場規模・予測 ・タイニーハウスのアジア市場規模・予測 ・タイニーハウスの主要国分析 ・タイニーハウスの世界市場:意思決定フレームワーク ・タイニーハウスの世界市場:成長要因、課題 ・タイニーハウスの世界市場:競争環境 ・タイニーハウスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 配電フィーダー自動化の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、配電フィーダー自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、配電フィーダー自動化の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場:ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他)、エンドユーザ別(食品および飲料、医療、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場予測 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他) ・市場セグメンテーシ …
  • 日本の注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • モバイル広告の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、モバイル広告の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モバイル広告市場規模、ソリューション別(レポート・アナリティクス、位置情報連動、統合、コンテンツ配信、広告キャンペーン、その他)分析、カテゴリ別(趣味、アート・エンターテイメント、その他)分析、広告タイプ別(オーディオ広告、アプリ内広告、メッセージ広告、モバイルデジタルクーポン広告、検索広告、ビジュアル広告、ゲーム内広告、リッチメディア、その他)分析、用途別(ヘルスケア、製造・サプライチェーン、IT・テレコム、防衛・政府、輸送・物流、銀行・保険、メディア・エンターテイメント、エネルギー・電力・ユーティリティ、日用消費財(FMCG)、その他)分析、デバイス別(スマートフォン、デスクトップ・ラップトップ・ノートブック、タブレット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ モバイル広告の世界市場:市場動向分析 ・ モバイル広告の世界市場:競争要因分析 ・ モバイル広告 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"