"ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST7417)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising demand for ATP assays in pharmaceutical and biotechnology companiesThe global ATP assays market is projected to reach USD 315 million by 2024 from USD 191 million in 2019, at a CAGR of 10.5%. Growth in this market is majorly driven by the increasing demand for ATP assays in pharmaceutical and biotechnology companies, rising investments in pharmaceutical and biotechnology R&D, increasing prevalence of cancer and other chronic and infectious diseases, and shift from culture-based tests to rapid tests.

The consumables & accessories segment will register the highest growth in the market, by product
Based on product, the market is segmented into consumables & accessories and instruments. The consumables & accessories segment is expected to witness the highest CAGR in the ATP assays market during the forecast period. The large share of this segment can be attributed to the high usage of ATP assays for microbial contamination testing and the growing applications of ATP assays in different industries like food & beverage and agriculture. Their high usage and the need for repeat purchases equate to a larger market share and higher growth rate.

Contamination testing is the largest application segment of the ATP assays industry
Based on application, the market is segmented into contamination testing, disease testing, and drug discovery & development. In 2018, the contamination testing segment accounted for the largest share of the ATP assays market. This is attributed to the high frequency of contamination testing protocols carried out by pharmaceutical & biotechnology companies, the food & beverage industry, and hospitals & diagnostic laboratories, among other end users.

North America will continue to dominate the ATP assays market during the forecast period
By region, the market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. In 2018, North America accounted for the largest share of the ATP assays market. The large share of North America can be attributed to the rising incidence and prevalence of chronic and infectious diseases, rising demand for cell-based assays in research, increasing focus on cell-based therapeutics, favorable government support for research, and the presence of high-quality infrastructure for clinical & laboratory research in the region.

The breakup of primary participants is as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1: 50%; Tier 2: 10%; and Tier 3: 40%
• By Designation: C-level: 35%; Director-level: 25%; and Others: 40%
• By Region: North America: 40%; Europe: 20%; Asia Pacific: 25%; Latin America: 10%; and the Middle East & Africa: 5%

The prominent players in the global ATP assays market are Merck KGaA (Germany), Thermo Fisher Scientific, Inc. (US), PerkinElmer, Inc. (US), Lonza Group (Switzerland), Promega Corporation (US), Agilent Technologies, Inc. (US), Abcam plc. (UK), Danaher Corporation (US), Hygiena, LLC. (US), BioThema AB (Sweden), Abnova Corporation (Taiwan), AAT Bioquest (US), PromoCell GmbH (Germany), BioVision, Inc. (US), Geno Technology, Inc. (US), Biotium (US), Canvax Biotech S.L. (Spain), Creative Bioarray (US), Elabscience (US) and MBL International Corporation (US).

Research Coverage:
The report analyzes the ATP assays market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments such as product, application, end user, and region. The report also provides a competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, recent developments, and key market strategies.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share of the market. Firms purchasing the report could use one or a combination of the below-mentioned strategies to strengthen their positions in the market.

This report provides insights into:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the ATP assays market. The report analyzes this market by product, application, end user, and region.
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging markets by product, application, end user, and region.
• Market Diversification: Exhaustive information about products, growing geographies, recent developments, and investments in the ATP assays market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, product offerings, and capabilities of leading players in the ATP assays market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Markets Covered
1.5 Years Considered for the Study
1.6 Currency
1.7 Stakeholders
1.8 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Ranking Analysis
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 ATP Assays: Market Overview
4.2 ATP Assays Market: Geographic Growth Opportunities
4.3 Regional Mix: Market
4.4 Market: Developed Vs. Developing Markets
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for ATP Assays in Pharmaceutical & Biotechnology Companies
5.2.1.2 Rising Investments in Pharmaceutical & Biotechnology R&D
5.2.1.3 Increasing Prevalence of Cancer
5.2.1.4 Shift From Culture-Based Tests to Rapid Tests
5.2.1.5 Rising Incidence and Prevalence of Chronic & Infectious Diseases
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Instruments
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Technology Enhancements in ATP Assay Probes
5.2.3.2 Growth Prospects in Emerging Markets
6 ATP Assays Market, By Product (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Consumables & Accessories
6.2.1 Reagents & Kits
6.2.1.1 Wide Applications of Reagents & Kits Account for the Large Share of This Segment
6.2.2 Microplates
6.2.2.1 As Miniaturization of Microplates Provides High Utility Over Gel-Based Well Systems, Their Adoption is High in the Analytical and Life Science Industry
6.2.3 Other Consumables & Accessories
6.3 Instruments
6.3.1 Luminometers
6.3.1.1 Luminometers are Comparatively Low-Priced and Therefore Widely Adopted
6.3.2 Spectrophotometers
6.3.2.1 Spectrophotometers are Costlier Than Luminometers And, Therefore, Less-Preferred By End Users in the Market
7 ATP Assays Market, By Application (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Contamination Testing
7.2.1 Need to Meet Regulatory Mandates for Contamination and Quality Testing is a Key Driver of Market Growth
7.3 Disease Testing
7.3.1 Growing Disease Incidence and Rising Awareness are Expected to Support Market Growth During the Forecast Period
7.4 Drug Discovery & Development
7.4.1 Increasing R&D Pipeline for Pharmaceutical Drugs Will Drive Market Growth
8 ATP Assays Market, By End User (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Growth in Drug R&D Pipelines to Increase the Focus of Pharma & Biotech Companies on Quality Control Measures—Driving Growth in the Market
8.3 Food & Beverage Industry
8.3.1 Incidents of Food Contamination Have Led to the Introduction of New Legislations for Food Safety Testing, Thereby Driving the Growth of the Market
8.4 Hospitals & Diagnostic Laboratories
8.4.1 Growing Demand for Early Diagnosis of Diseases is a Major Factor Driving the Adoption of ATP Assays
8.5 Academic & Research Institutions
8.5.1 ATP Assays are Used for Research Activities Related to the Growth Rate & Viability of Microorganisms
9 ATP Assays Market, By Region (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Dominate the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of a Broad Range of Government Funding Programs to Support Life Science Research to Drive Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Demand for ATP Assays Will be Driven By the Large-Scale Outsourcing of Clinical Diagnostic Testing By Hospitals to Commercial Service Providers
9.3.2 France
9.3.2.1 Strong Agro-Food Sector and a Major Focus on Biotechnology R&D to Drive Market Growth in France
9.3.3 UK
9.3.3.1 UK has the Largest Pharmaceutical R&D Expenditure in Europe
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Cancer Burden to Increase the Demand for ATP Assays in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth in the Personalized Medicine Sector and Clinical Diagnostics Market to Drive the Market in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 High Incidence of Cancer to Increase the Demand for ATP Assays in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Increasing Pharmaceutical R&D Investments in the Country to Support Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Adoption of ATP Assay Techniques in Research and Clinical Applications to Drive Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.6 Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Introduction
10.2 Market Ranking for Key Players in the ATP Assays Market
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situations and Trends
10.5 Competitive Assessment of R&D Expenditure
10.6 Product Portfolio Analysis
11 Company Profiles (Page No. – 118)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View)*
11.1 Thermo Fisher Scientific, Inc.
11.2 Promega Corporation
11.3 Merck KGaA
11.4 PerkinElmer, Inc.
11.5 Agilent Technologies, Inc.
11.6 Abcam PLC.
11.7 Lonza Group
11.8 Neogen Corporation
11.9 3M Company
11.10 Danaher Corporation
11.11 PromoCell GmbH
11.12 Geno Technology, Inc.
11.13 Abnova Corporation
11.14 AAT Bioquest, Inc.
11.15 BioThema AB
11.16 BioVision, Inc.
11.17 Hygiena, LLC.
11.18 Biotium
11.19 Creative Bioarray
11.20 Canvax Biotech S.L.
11.21 Elabscience
11.22 MBL International Corporation (A Subsidiary of Jsr Corporation)
11.23 Ruhof Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 157)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)
【発行日】2019年10月31日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST7417
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)市場規模、エンドユーザー別(電力発電、石油、化学品、セメント、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場概要 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場環境 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場動向 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場規模 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場:業界構造分析 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場:エンドユーザー別(電力発電、石油、化学品、セメント、その他) ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)の北 …
  • 半自動&自動運転トラックの世界市場予測(~2030年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、半自動&自動運転トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ADAS機能別分析、センサ別分析、自動化レベル別分析、地域別分析、半自動&自動運転トラックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハラール食品の世界市場2018–2025:製品別(肉/肉代用品、牛乳/牛乳製品、果物・野菜、穀物製品)、地域別
    本調査レポートでは、ハラール食品の世界市場について調査・分析し、ハラール食品の世界市場動向、ハラール食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別ハラール食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療機器セキュリティソリューションの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、医療機器セキュリティソリューションの世界市場について調べ、医療機器セキュリティソリューションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療機器セキュリティソリューションの市場規模をセグメンテーション別(装置別(ウェアラブル&外部医療機器、病院医療機器、内部埋め込み医療機器)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は医療機器セキュリティソリューションの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・医療機器セキュリティソリューションの市場状況 ・医療機器セキュリティソリューションの市場規模 ・医療機器セキュリティソリューションの市場予測 ・医療機器セキュリティソリューションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:装置別(ウェアラブル&外部医療機器、病院医療機器、内部埋め込み医療機器) ・医療機器セキュリティソリューションの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレー …
  • 石油・ガス貯蔵サービスの世界市場2016-2020:貯蔵サービス、付帯サービス
    当調査レポートでは、石油・ガス貯蔵サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス貯蔵サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインスリン注入器市場予測2013-2020
    本調査レポートでは、世界のインスリン注入器市場について調査・分析し、世界のインスリン注入器市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヨーロッパの潤滑油基油市場動向及び予測(~2020)
  • バイオブタノールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バイオブタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオブタノールの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオブタノールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Butalco• Butamax Advanced Biofuels• Cobalt Technologies• Eastman Chemical Company• GEVO• Green Biologics等です。
  • ブレーキライニングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブレーキライニングの世界市場について調査・分析し、ブレーキライニングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブレーキライニングシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブレーキライニング種類別分析(モールドブレーキライニング、ウォーブンブレーキライニング)、ブレーキライニング用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブレーキライニングの市場概観 ・ブレーキライニングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブレーキライニングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブレーキライニングの世界市場規模 ・ブレーキライニングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブレーキライニングのアメリカ市場規模推移 ・ブレーキライニングのカナダ市場規模推移 ・ブレーキライニングのメキシコ市場規模推移 ・ブレーキライニングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブレーキライニングのドイツ市場規模推移 ・ブレーキライ …
  • 世界のモデルベース企業市場2019
    本調査レポートでは、世界のモデルベース企業市場2019について調査・分析し、モデルベース企業の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、モデルベース企業のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、モデルベース企業メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モデルベース企業の市場概要 ・モデルベース企業の上流・下流市場分析 ・モデルベース企業のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モデルベース企業のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・モデルベース企業のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モデルベース企業の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • コンタクトセンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンタクトセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンタクトセンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 過酸化水素の世界市場
    当調査レポートでは、過酸化水素の世界市場について調査・分析し、過酸化水素の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 中国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • コントロールバルブの世界市場2016-2020:スライディングシャフトコントロールバルブ、回転シャフトコントロールバルブ
    当調査レポートでは、コントロールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、コントロールバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アミノ酸の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アミノ酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アミノ酸の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 引火点試験器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、引火点試験器の世界市場について調査・分析し、引火点試験器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別引火点試験器シェア、市場規模推移、市場規模予測、引火点試験器種類別分析(開放式、密閉式)、引火点試験器用途別分析(化学・溶剤、化学薬品、塗料・インク、家庭用化学薬品、廃棄物処分、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・引火点試験器の市場概観 ・引火点試験器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・引火点試験器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・引火点試験器の世界市場規模 ・引火点試験器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・引火点試験器のアメリカ市場規模推移 ・引火点試験器のカナダ市場規模推移 ・引火点試験器のメキシコ市場規模推移 ・引火点試験器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・引火点試験器のドイツ市場規模推移 ・引火点試験器のイギリス市場規模推移 ・引火点試験器のロシア市場規模推移 ・引火点試験器のアジア市場分 …
  • ホームセキュリティソリューションの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ホームセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、ホームセキュリティソリューションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:建物種類別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの北米市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの欧州市場規模 ・ホームセキュリティソリューションのアジア市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 抗体産生の世界市場:産生プロセス、エンドユーザー、市場予測
    当調査レポートでは、抗体産生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、抗体産生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポテトチップスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポテトチップスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポテトチップスの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はポテトチップスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCalbee、Intersnack Group、Kellogg、PepsiCo等です。
  • 世界の歯科用リトラクタ市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用リトラクタ市場2016について調査・分析し、歯科用リトラクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フリップチップパッケージの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フリップチップパッケージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フリップチップパッケージ市場規模、バンプ加工技術別(銅ピラーバンプ加工、はんだバンプ加工、金バンプ加工)分析、エンドユーザー別(通信部門、コンピューティング・ネットワーク部門、産業部門、自動車部門、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Semiconductor Engineering, Chipbond Technology, Intel, Siliconware Precision Industries, Taiwan Semiconductor Manufacturing Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フリップチップパッケージの世界市場概要 ・フリップチップパッケージの世界市場環境 ・フリップチップパッケージの世界市場動向 ・フリップチップパッケージの世界市場規模 ・フリップチップパッケージの世界市場:業 …
  • 航空貨物サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空貨物サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物サービスの世界市場規模及び予測、市場セグメンテーション、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の乗用車市場:セダン・小型車、SUV/クロスオーバー、MPV、高級車
    当調査レポートでは、中国の乗用車市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の乗用車市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートロボットの世界市場:個人向けサービスロボット、スマートモバイルロボット、協力ロボット
    当調査レポートでは、スマートロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、スマートロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるR2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤の概要 ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のR2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フォトニクス(光工学)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、フォトニクス(光工学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別(LED及びレーザー、検出器、センサー及びイメージングデバイス)分析、用途別(ICT・生産技術)分析、エンドユーズ産業別(メディア、放送&電気通信、消費者&ビジネスオートメーション)分析、フォトニクス(光工学)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フォトニクス(光工学)の世界市場規模が2018年5564億ドルから2023年7804億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。
  • アンドロゲンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンドロゲンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンドロゲンアンタゴニストの概要 ・アンドロゲンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアンドロゲンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンドロゲンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンドロゲンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 梱包箱用仕切りの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、梱包箱用仕切りの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、梱包箱用仕切りの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は梱包箱用仕切りの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DS Smith、Multicell Packaging、Smurfit Kappa Group、The Golden Box等です。
  • ファイバースコープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバースコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバースコープの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・エンドユーザー別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 三相UPS装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、三相UPS装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三相UPS装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の作物保護市場予測2016-2023
    本調査レポートでは、北米の作物保護市場について調査・分析し、北米の作物保護市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 空港グランドハンドリングサービス(地上整備)の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、空港グランドハンドリングサービス(地上整備)の世界市場について調査・分析し、空港グランドハンドリングサービス(地上整備)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 空港地上整備市場の概要 3. 空港地上整備の世界市場 2016-2026 4. 世界の空港地上整備2次市場予測 2016-2026 5. 主要地域の空港地上整備市場予測 2016-2026 6. 空港地上整備市場のSWOT分析 2016-2026 7. 空港地上整備世界市場における主要10社 8. 結論 9. 専門家の意見 10. 用語集
  • ユーザ・プロビジョニングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ユーザ・プロビジョニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ビジネスアプリケーション別分析、サービス別分析、業務機能別分析、産業別分析、ユーザ・プロビジョニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物創傷ケアの世界市場予測:縫合糸、シーラント、接着剤、フィルム、フォーム、ハイドロゲル、ハイドロコロイド包帯、包帯、絆創膏、吸収剤、テープ、NPWTデバイス
    当調査レポートでは、動物創傷ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、動物別分析、需要先別分析、地域別分析、動物創傷ケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車センタリンク市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車センタリンク市場2016について調査・分析し、自動車センタリンクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品用HPMCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医薬品用HPMCの世界市場について調査・分析し、医薬品用HPMCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医薬品用HPMCシェア、市場規模推移、市場規模予測、医薬品用HPMC種類別分析(低粘度、中粘度、高粘度)、医薬品用HPMC用途別分析(錠剤コーティング・接着物、野菜カプセル、懸濁剤)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医薬品用HPMCの市場概観 ・医薬品用HPMCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医薬品用HPMCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医薬品用HPMCの世界市場規模 ・医薬品用HPMCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医薬品用HPMCのアメリカ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのカナダ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのメキシコ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医薬品用HPMCのドイツ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのイギリス市場規模推移 ・医薬品用HPM …
  • 世界のソーラーパネル市場規模・予測、種類別(単結晶、多結晶、薄型フィルム)、用途別(住宅用、商業用、発電所、オフグリッド)地域別、2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のソーラーパネル市場について調査・分析し、世界のソーラーパネル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のソーラーパネル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 織物の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、織物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、織物市場規模、製品別(天然繊維、ポリエステル、ナイロン、その他)分析、用途別(ファッション、技術、ハウスホールド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・織物の世界市場概要 ・織物の世界市場環境 ・織物の世界市場動向 ・織物の世界市場規模 ・織物の世界市場:業界構造分析 ・織物の世界市場:製品別(天然繊維、ポリエステル、ナイロン、その他) ・織物の世界市場:用途別(ファッション、技術、ハウスホールド、その他) ・織物の世界市場:地域別市場規模・分析 ・織物の北米市場規模・予測 ・織物のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・織物のアジア太平洋市場規模・予測 ・織物の主要国分析 ・織物の世界市場:意思決定フレームワーク ・織物の世界市場:成長要因、課題 ・織物の世界市場:競争環境 ・織物の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • マイクロ潅漑装置の世界市場予測
    本調査レポートでは、マイクロ潅漑装置の世界市場について調査・分析し、マイクロ潅漑装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 型枠の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、型枠の世界市場について調査・分析し、型枠の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別型枠シェア、市場規模推移、市場規模予測、型枠種類別分析(木材、鋼、アルミニウム、その他)、型枠用途別分析(建物、輸送、工業施設、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・型枠の市場概観 ・型枠のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・型枠のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・型枠の世界市場規模 ・型枠の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・型枠のアメリカ市場規模推移 ・型枠のカナダ市場規模推移 ・型枠のメキシコ市場規模推移 ・型枠のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・型枠のドイツ市場規模推移 ・型枠のイギリス市場規模推移 ・型枠のロシア市場規模推移 ・型枠のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・型枠の日本市場規模推移 ・型枠の中国市場規模推移 ・型枠の韓国市場規模推移 ・型枠のインド市場規模推移 ・型枠の東南アジア …
  • スポーツ医学の世界市場予測(~2022年):移植片、関節鏡検査、人工装具、オーソバイオロジクス、ブレース、コンプレッションウェア、物理療法
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スポーツ医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、スポーツ医学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌包装の世界市場分析:製品別(カートン、ボトル、バッグ・パウチ、充填済シリンジ、試料びん・アンプル)、用途別(食品、飲料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、無菌包装の世界市場動向、無菌包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別無菌包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 展開式軍用シェルターシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、展開式軍用シェルターシステムの世界市場について調査・分析し、展開式軍用シェルターシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別展開式軍用シェルターシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、展開式軍用シェルターシステム種類別分析(小型(長さ6メートル以下)、大型(長さ6メートル以上))、展開式軍用シェルターシステム用途別分析(司令所、医療施設ベース、航空機・車両整備、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・展開式軍用シェルターシステムの市場概観 ・展開式軍用シェルターシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・展開式軍用シェルターシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・展開式軍用シェルターシステムの世界市場規模 ・展開式軍用シェルターシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・展開式軍用シェルターシステムのアメリカ市場規模推移 ・展開式軍用シェルターシステムのカナダ市場規模推移 ・展開式軍用シェルターシステムのメキシコ市場規模推移 …
  • 医療における4Dプリントの世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、医療における4Dプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(機器、3DプリンターSMM、ハイドロゲル、ソフトウェア、サービス、セル)分析、技術別(FDM、SLS、ステレオリソグラフィー)分析、用途別(研究モデル、インプラント)分析、エンドユーザー別(病院、歯科ラボ、ASC)分析、医療における4Dプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療における4Dプリントの世界市場規模が2021年9百万ドルから2026年32百万ドルまで年平均29.9%成長すると予測しています。
  • 半導体用ダイアモンド材料の世界市場
    当調査レポートでは、半導体用ダイアモンド材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用ダイアモンド材料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システム市場規模、用途別(家庭用、公共用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場概要 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場環境 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場動向 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場規模 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場:用途別(家庭用、公共用) ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用電磁 …
  • 世界のイソプレンゴム(IR)市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソプレンゴム(IR)市場2016について調査・分析し、イソプレンゴム(IR)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場分析:用途別(ダッシュボード、ドアトリム、ピラートリム、シートキャリア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場について調査・分析し、自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場動向、自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車内装用耐スクラッチ性ポリプロピレン(PP)化合物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 狂犬病(Rabies):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における狂犬病(Rabies)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、狂犬病(Rabies)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・狂犬病(Rabies)の概要 ・狂犬病(Rabies)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の狂犬病(Rabies)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・狂犬病(Rabies)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・狂犬病(Rabies)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場:用途別(病院、大規模診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場について調べ、RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(病院、大規模診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場概要 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場環境 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場動向 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場規模 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場規模:用途別(病院、大規模診療所、その他) ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの北米市場規模・予測 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットのアメリカ市場規模・予測 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットのヨーロッパ市 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"