"SCARAロボットの世界市場予測:ペイロード容量別、用途別、産業別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE7410)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"SCARAロボットの世界市場予測:ペイロード容量別、用途別、産業別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“SCARA robot market projected to grow at a CAGR of 10.3% during 2019–2024” The SCARA robot market (including prices of peripherals, software, and system engineering) is expected to grow from USD 6.4 billion in 2019 to USD 10.4 billion by 2024, at a CAGR of 10.3%. One of the major driving factors for the SCARA robot market is the rising adoption of SCARA robots in the electronics industry. Also, due to the growing need to reduce human efforts and errors in the production process, demand for SCARA robots is increasing. However, high overall installation cost for low volume production acts as a key restraining factor for the market growth.

“Market for robots with payload capacity ranging 5.01–15.00 kg to grow at highest CAGR during forecast period”
SCARA robots with payload capacity ranging 5.01–15.00 kg are mainly used for applications such as handling, assembly, and packaging. These robots are mainly adopted in the food & beverages; plastics, rubber, and chemicals; and precision engineering and optics industries. In the food & beverages industry, these SCARA robots are typically used in food processing applications as they help prevent food contamination. These robots are used for loading and unloading application, specifically to unload the molding machine in the plastics industry. Increasing demand from food & beverages; plastics, rubber and chemicals; and precision engineering and optics industries for food handling and packaging applications is expected to propel the demand for SCARA robots with payload capacity ranging 5.01–15.00 kg.

“Processing application to grow at highest CAGR from 2019 to 2024”
Processing application is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. SCARA robots are highly beneficial for various processing applications. Processing adds value to the product so as to enhance its appearance and marketability. In robotic processing operations, a SCARA robot controls a tool through its arm to perform a process on the work part. Also, SCARA robots are increasingly used in the medical industry for specimen processing applications. Many clinical laboratories are facing a shortage of trained microbiologists, which, in turn, offers opportunities for adopting SCARA robots in clinical laboratories; this is expected to propel the demand for SCARA robots in processing applications in coming years.

“Market in Europe to grow at significant CAGR during forecast period”
The market in Europe is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. In Europe, automotive is the leading industry adopting SCARA robots, along with other industries such as metals & machinery, food & beverages, and electrical & electronics. One of the key factors driving the growth of the SCARA robot market is strong interdisciplinary research along the value chain of robotics in Europe. The growing demand from the automotive industry and improving electrical & electronics and metals & machinery sectors in Europe are expected to drive the SCARA robot market during the forecast period.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through the secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the SCARA robot marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 = 40%, Tier 2 = 40%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-level Executives = 35%, Directors = 25%, and Others = 40%
• By Region: North America = 40%, APAC = 30%, Europe = 25%, and RoW = 5%
The report profiles key players in the SCARA robot market with their respective market ranking analysis. Prominent players profiled in this report are Seiko Epson (Japan), Yamaha Motor (Japan), YASKAWA (Japan), Denso (Japan), Stäubli (Switzerland), Mitsubishi Electric (Japan), Kawasaki Heavy Industries (Japan), ABB (Switzerland), Toshiba Machine (Japan), Comau (Italy), Nachi-Fujikoshi (Japan), KUKA (Germany), FANUC (Japan), Omron Adept (US), Durr (Germany), Hiwin Technologies (Taiwan), Janome (Japan), Hirata (Japan), ADTECH (China), Delta Electronics (Taiwan), Fisnar (US), Gridbots (India), Japan Unix (Japan), GOOGOLTECH (Hong Kong), and Innovative Robotics (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the global SCARA robot market based on payload capacity, application, industry, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the SCARA robot market and forecasts the same till 2024. Also, the report consists of our proprietary platform called Micro-Quadrant wherein we have analyzed the top 25 companies in the SCARA robot market, based on their business strategies and product offerings, and have placed them into four different quadrants, namely, Visionary Leaders, Innovators, Dynamic Differentiators, and Emerging Companies.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the SCARA robot market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product developments and launches, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"SCARAロボットの世界市場予測:ペイロード容量別、用途別、産業別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Market Projections
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in SCARA Robot Market
4.2 Market, By Payload Capacity
4.3 Market, By Application
4.4 Market in Europe, By Industry vs By Country
4.5 Market, By Industry
4.6 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need to Reduce Human Efforts and Errors in Production Process
5.2.1.2 Increasing Adoption of SCARA Robots in Electronics Sector
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Overall Installation Cost for Low Volume Production
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Labor Costs in Developing Countries
5.2.3.2 Growing Integration of SCARA Robots With AI and IoT Technologies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increasing Demand for Collaborative Robots
5.2.4.2 Interoperability and Integration Issues With SCARA Robots
5.3 Value Chain Analysis
6 SCARA Robot Market, By Payload Capacity (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Up to 5.00 kg
6.2.1 SCARA Robots With Payload Capacity of Up to 5.00 kg Accounted for Largest Share in 2018
6.3 5.01–15.00 kg
6.3.1 Market for SCARA Robots With Payload Capacity Ranging 5.01–15.00 kg to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
6.4 More Than 15.00 kg SCARA Robots With Payload Carrying Capacity of More Than 15.00 kg Mainly Adopted in Automotive, and Metals and Machinery Industries
7 SCARA Robot Market, By Application (Page No. – 64)
7.1 Introduction
7.2 Handling
7.2.1 Handling Application Held Largest Share of Market in 2018
7.3 Assembling and Disassembling
7.3.1 SCARA Robots are Mainly Used for Small Products During Assembling and Disassembling Applications
7.4 Welding and Soldering
7.4.1 Welding and Soldering Application of SCARA Robots is Ideal for Small-Volume Production
7.5 Processing
7.5.1 Market for Processing Applications to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
7.6 Dispensing
7.6.1 SCARA Robots Provide Maximum Flexibility for Complex Dispensing Applications Such as Painting and Gluing
7.7 Others
8 SCARA Robot Market, By Industry (Page No. – 83)
8.1 Introduction
8.2 Electrical & Electronics
8.2.1 Electrical & Electronics Industry Accounted for Largest Share of Market in 2018
8.3 Automotive
8.3.1 SCARA Robots are Mainly Used for Assembling & Disassembling Applications in Automotive Industry
8.4 Metals & Machinery
8.4.1 SCARA Robots are Used for Material Handling, Assembly, and Dispensing Applications in Metals & Machinery Industry
8.5 Plastics, Rubbers, and Chemicals
8.5.1 SCARA Robots are Used for Handling Hazardous Explosive Substances in Chemicals Industry
8.6 Precision Engineering and Optics
8.6.1 Precision Engineering and Optics Industry to Witness Highest CAGR During Forecast Period
8.7 Food & Beverages
8.7.1 SCARA Robots are Used for Wide Range of Handling Processes
8.8 Pharmaceuticals & Cosmetics
8.8.1 SCARA Robots are Used for Assembling and Packaging Medical Devices and Implants, and Custom Prescription Filling
8.9 Others
9 Geographic Analysis (Page No. – 108)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Held Largest Share of Market in 2018
9.2.2 Mexico
9.2.2.1 Market in Mexico to Witness Highest CAGR During Forecast Period
9.2.3 Canada
9.2.3.1 Canada to Witness Accelerated Demand for SCARA Robots Due to Continuous Investments By Automotive Players in Industrial Automation
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Accounted for Largest Share of European Market in 2018
9.3.2 Italy
9.3.2.1 Demand for SCARA Robots in Electrical & Electronics and Automotive Industries in Italy to Grow During Forecast Period
9.3.3 Spain
9.3.3.1 Rising Awareness About Benefits of SCARA Robots to Increase Their Demand in Spain
9.3.4 France
9.3.4.1 France to Witness Highest CAGR in European Market During Forecast Period
9.3.5 UK
9.3.5.1 Increase in Government Funding for Research on Artificial Intelligence and Robotics to Strengthen Market in Uk
9.3.6 Rest of Europe (RoE)
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China Held Largest Share of Market in APAC in 2018
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Development and Production of Electric Cars By Japanese Automotive Manufacturers to Propel Growth of Market in Japan
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Financial Support of South Korean Government to Develop SCARA Robots Likely to Propel Market Growth
9.4.4 Taiwan
9.4.4.1 Electrical & Electronics and Metals & Machining Industries in Taiwan to Drive Market for SCARA Robots
9.4.5 Thailand
9.4.5.1 Government Initiatives in Thailand to Boost Demand for SCARA Robots
9.4.6 India
9.4.6.1 Market in India to Grow at Highest CAGR in APAC During Forecast Period
9.4.7 Rest of APAC (RoAPAC)
9.5 RoW
9.5.1 Middle East and Africa
9.5.1.1 Middle East and Africa to Hold Larger Market in 2018
9.5.2 South America
9.5.2.1 Market in South America to Witness Higher CAGR During Forecast Period
10 Competitive Landscape (Page No. – 128)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis: Market, 2018
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.3.5 Strength of Product Portfolio (25 Players)
10.3.6 Business Strategy Excellence (25 Players)
10.4 Competitive Situations and Trends
10.4.1 Expansions
10.4.2 Product Launches
10.4.3 Partnerships and Collaborations
10.4.4 Acquisitions
11 Company Profiles (Page No. – 140)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Seiko Epson
11.1.2 Yamaha Motor
11.1.3 Denso
11.1.4 Yaskawa
11.1.5 Stäubli
11.1.6 ABB
11.1.7 Mitsubishi Electric
11.1.8 Kawasaki Heavy Industries
11.1.9 Toshiba Machine
11.1.10 Comau
11.2 Right to Win
11.2.1 Seiko Epson
11.2.2 Yamaha Motor
11.2.3 Denso
11.2.4 Yaskawa
11.2.5 Stäubli
11.3 Other Players
11.3.1 Nachi-Fujikoshi
11.3.2 Kuka
11.3.3 Fanuc
11.3.4 Omron Adept
11.3.5 Durr
11.3.6 Hiwin Technologies
11.3.7 Janome
11.3.8 Hirata
11.3.9 Adtech
11.3.10 Delta Electronics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 178)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】SCARAロボットの世界市場予測:ペイロード容量別、用途別、産業別
【発行日】2019年10月31日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE7410
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
SCARAロボットの世界市場予測:ペイロード容量別、用途別、産業別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 脳波記録(EEG)システムの世界市場
    当調査レポートでは、脳波記録(EEG)システムの世界市場について調査・分析し、脳波記録(EEG)システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:市場動向分析 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:競争要因分析 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:方式別 ・スタンドアロン型(固定)装置 ・携帯可能な装置 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:製品別 ・マルチチャンネルEEG ・40チャンネルEEG ・32チャンネルEEG ・25チャンネルEEG ・21チャンネルEEG ・8チャンネルEEG - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:用途別 ・外来用EEG ・ビデオ遠隔測定 ・所定のEEG ・睡眠時EEG - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:エンドユーザー別 ・診断センター ・病院 ・その他 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:主要地域別分析 - 脳波記録(EEG)システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 脳波記録(EEG)システムのヨーロ …
  • アメリカの風力発電市場2015
  • 肝性脳症(Hepatic Encephalopathy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬剤
  • 認知症(Dementia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、認知症(Dementia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・認知症(Dementia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・認知症(Dementia)のフェーズ3治験薬の状況 ・認知症(Dementia)治療薬の市場規模(販売予測) ・認知症(Dementia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・認知症(Dementia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の認知症(Dementia)治療薬剤
  • 皮膚科デバイスの世界市場予測:画像機器、皮膚鏡、顕微鏡
    当調査レポートでは、皮膚科デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、診断機器別分析、治療機器別分析、用途別分析、地域別分析、皮膚科デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害市場:アメリカの治療薬市場
  • 世界のパーソナルクラウド市場:収益種類別(直接収益および間接収益)、ユーザー種類別(企業および消費者)、地域別
    MarketsandMarkets社は、パーソナルクラウドの世界市場規模が2019年237億ドルから2024年734億ドルまで年平均25.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のパーソナルクラウド市場を広く調査・分析し、市場概要、価格戦略別(フリーミアムモデル、無料ユーザーVS有料ユーザー)分析、収益タイプ別(直接収入、間接収入)分析、ユーザー種類別(企業、消費者)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のパーソナルクラウド市場:価格戦略別(フリーミアムモデル、無料ユーザーVS有料ユーザー) ・世界のパーソナルクラウド市場:収益タイプ別(直接収入、間接収入) ・世界のパーソナルクラウド市場:ユーザー種類別(企業、消費者) ・世界のパーソナルクラウド市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 皮膚科用装置の世界市場:最終用途別(診療所、病院)、製品・用途別(診断、治療)、セグメント予測
    皮膚科用装置の世界市場は2025年には257億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エステに対する関心の高まりが考えられます。毛髪および皮膚関連のさまざまなエステ施術についての認識が高まっています。特に女性は皮膚やヘアケアの施術により多く投資するため、市場の主要な収益源とみなされます。本調査レポートでは、皮膚科用装置の世界市場について調査・分析し、皮膚科用装置の世界市場動向、皮膚科用装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別皮膚科用装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 温度センサーの世界市場予測(~2023年):バイメタル、サーミスタ、IC、RTD、熱電対、IR、光ファイバー
    当調査レポートでは、温度センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、温度センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 木工用水性コーティング剤の世界市場2017-2021:家具、敷板、建具、 壁板、床
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、木工用水性コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木工用水性コーティング剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は木工用水性コーティング剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Axalta Coating Systems、PPG Industries、The Sherwin-Williams Company、The Dow Chemical Company等です。
  • 自動車のオンライン販売(ネット通販)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車のオンライン販売(ネット通販)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車のオンライン販売(ネット通販)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの電気生理学装置市場(~2021)
  • 冷凍食品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、冷凍食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冷凍食品市場規模、製品別(冷凍ピザ、牛肉食品、鶏肉食品、ベジタリアン食品、菓子、パイ、冷凍魚介、ポテト、スープ、その他)分析、含水量別(高含水量、中含水量、低含水量)分析、流通経路別(オンライン店舗、スーパーマーケット、専門店、大型スーパーマーケット、コンビニエンスストア、その他)分析、成分別(高甘味度甘味料、香料、天然着色料、天然香料、脂肪酸)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 冷凍食品の世界市場:市場動向分析 ・ 冷凍食品の世界市場:競争要因分析 ・ 冷凍食品の世界市場:製品別(冷凍ピザ、牛肉食品、鶏肉食品、ベジタリアン食品、菓子、パイ、冷凍魚介、ポテト、スープ、その他) ・ 冷凍食品の世界市場:含水量別(高含水量、中含水量、低含水量) ・ 冷凍食品の世界市場:流通経路別(オンライン店舗、スーパーマーケット、専門店、大型スーパーマーケット、コンビニエンスストア、そ …
  • 世界の虫除け市場2015
    本調査レポートでは、世界の虫除け市場2015について調査・分析し、虫除けの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸化鉄顔料の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、酸化鉄顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、色別分析、需要先別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体製造用ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体製造用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体製造用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インターフェロン受容体結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターフェロン受容体結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターフェロン受容体結合剤の概要 ・インターフェロン受容体結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターフェロン受容体結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターフェロン受容体結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターフェロン受容体結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • モバイル決済用セキュリティソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル決済用セキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル決済用セキュリティソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、製品ライフサイクル分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍魚介類の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冷凍魚介類の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍魚介類の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ピラティス用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ピラティス用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピラティス用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用高吸水性高分子市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用高吸水性高分子市場2015について調査・分析し、医療用高吸水性高分子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用バッテリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、民間航空機用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 手術用顕微鏡のアメリカ市場:種類別(キャスター付き、天井取付け式、壁掛け式)、用途別、最終用途別(病院、診療所/歯科医院)、セグメント予測
  • セルロースエステルの世界市場予測(~2023年):アセチルセルロース、酢酸酪酸セルロース、セルロースアセテートプロピオネート、ニトロセルロース
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルロースエステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(アセチルセルロース、酢酸酪酸セルロース、セルロースアセテートプロピオネート、ニトロセルロース)分析、用途別(コーティング剤、可塑剤、たばこフィルター、フィルム・テープ、インク)分析、セルロースエステルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属顔料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、金属顔料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属顔料市場規模、製品別(ステンレス鋼、銅、アルミニウム、亜鉛、その他)分析、エンドユーザー別(化粧品、印刷インク、塗料、プラスチック、パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 金属顔料の世界市場:市場動向分析 ・ 金属顔料の世界市場:競争要因分析 ・ 金属顔料の世界市場:製品別(ステンレス鋼、銅、アルミニウム、亜鉛、その他) ・ 金属顔料の世界市場:エンドユーザー別(化粧品、印刷インク、塗料、プラスチック、パーソナルケア、その他) ・ 金属顔料の世界市場:主要地域別分析 ・ 金属顔料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 金属顔料のヨーロッパ市場規模 ・ 金属顔料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・金属顔料の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界のルテイン市場2016
    本調査レポートでは、世界のルテイン市場2016について調査・分析し、ルテインの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オン&オフハイウェイ用テレマティクスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、オン&オフハイウェイ用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、サービス別分析、形状別分析、車両別分析、地域別分析、オン&オフハイウェイ用テレマティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場
    当調査レポートでは、バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場について調査・分析し、バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • デンマークの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)の世界市場:スマートフォン、カメラ、テレビ、ブルーレイプレーヤー、セットトップボックス、プロジェクター、ノートPC、タブレット
    当調査レポートでは、ハイダイナミックレンジ(HDR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用OEショックアブソーバーの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEショックアブソーバーの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEショックアブソーバーの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 片頭痛治療薬の世界市場:治療クラス別(トリプタン、CGRP治療、ディタン、神経毒、NSAID)、治療別、投与ルート別、セグメント予測
    片頭痛治療薬の世界市場は2025年には77億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率18.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、疾病の蔓延、新規治療法の開発、生活習慣の変化、ホルモン療法などが考えられます。本調査レポートでは、片頭痛治療薬の世界市場について調査・分析し、片頭痛治療薬の世界市場動向、片頭痛治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別片頭痛治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場におけるトップ15企業分析2016
    当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場におけるトップ15社について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 大規模陸上液化インフラ市場の概要 3. 重要問題 4. LNG市場における競合企業のポジショニング 5. LNG市場における主要企業 6. 大規模陸上LNGインフラ市場のPEST分析 7. 専門家の意見 8. 結論 9. 用語集
  • 歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場2016-2020:歯科矯正、歯内療法、歯周療法、歯科手術
    当調査レポートでは、歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis))のフェーズ3治験薬の状況 ・網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis))治療薬の市場規模(販売予測) ・網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・網膜色素変性症(網膜炎)(Retinitis Pigmentosa (Retinitis))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の網膜色素変性症(網膜炎) …
  • 電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場
    当調査レポートでは、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • マイクロカプセル化農薬の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、マイクロカプセル化農薬の世界市場について調査・分析し、マイクロカプセル化農薬の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:技術別分析 ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:種類別分析 ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:用途別分析 ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 可変周波数駆動装置の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、可変周波数駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、電圧別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワクチンの世界市場予測(~2022年):生ワクチン、結合型ワクチン、トキソイド・ワクチン、組み換えワクチン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、疾患別分析、経路別分析、需要先別分析、ワクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボトリングラインマシンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボトリングラインマシンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボトリングラインマシンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ボトリングラインマシンは、飲料をボトルに充填する大規模な生産ラインの一部です。飲料業界において、ボトリングには外部環境から飲料を保護し防腐する役割があり、重要な工程です。Technavio社はボトリングラインマシンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bosch Packaging Technology• Coesia• GEA Group• Krones• Sidel等です。
  • サウジアラビアの末梢血管用装置市場見通し
  • バイオ農薬のアメリカ市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬のアメリカ市場について調査・分析し、バイオ農薬のアメリカ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の静脈内注入ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈内注入ポンプ市場2015について調査・分析し、静脈内注入ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数駆動(VFD)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、可変周波数駆動(VFD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、可変周波数駆動(VFD)市場規模、種類別(低電圧ドライブ、中電圧ドライブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、上下水処理、石油・ガス、発電、鉱業・金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場概要 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場環境 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場動向 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場規模 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:業界構造分析 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:種類別(低電圧ドライブ、中電圧ドライブ) ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:エンドユーザー別(食品・飲料、上下水処理、石油・ガス、発電、鉱業・金属、その他) ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・可変周波数駆動(VFD)の北米市場規模・予測 ・可変周波数駆動(VFD)のヨーロッ …
  • 中枢神経系治療の世界市場:タイプ別(神経変性、気分障害、統合失調症、自閉症、うつ病)、用途別(病院、診療所、家庭、その他)、地域別予測
    本資料は、中枢神経系治療の世界市場について調べ、中枢神経系治療の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(神経変性、気分障害、統合失調症、自閉症、うつ病)分析、用途別(病院、診療所、家庭、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer、Janseen Pharmaceuticals、Allergan、Lundbeck、Teva、Camber Pharmaceuticals、Zhejiang Haisen Pharmaceuticals、Jewim Pharmaceuticals、Cipla、Merck Sharp & Dohme Corp.、Eli Lilly、GlaxoSmithKline、Novartis、LUPIN 、ZYDUS PHARMSなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・中枢神経系治療の世界市場概要 ・中枢神経系治療の世界市場環境 ・中枢神経系治療の世界市場動向 ・中枢神経系治療の世界市場規模 ・中枢神経系治療の世界市場規 …
  • シームレスパイプの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、シームレスパイプの世界市場について調査・分析し、シームレスパイプの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - シームレスパイプの世界市場:市場動向分析 - シームレスパイプの世界市場:競争要因分析 - シームレスパイプの世界市場:材料別 ・銅・合金 ・ニッケル・合金 ・スチール・合金 ・その他 - シームレスパイプの世界市場:パイプの種類別 ・コールド材 ・ホット材 - シームレスパイプの世界市場:エンドユーザー別 ・インフラ・建設 ・自動車 ・石油・ガス ・エンジニアリング ・発電 ・その他 - シームレスパイプの世界市場:生産工程別 ・マルチスタンドプラグミル ・ピアシングおよびピルガー圧延 (Cross-Roll Piercing & Pilger Rolling) ・連続マンドレルミル - シームレスパイプの世界市場:主要地域別分析 - シームレスパイプの北米市場規模(アメリカ市場等) - シームレスパイプのヨーロッパ市場規模 - シームレスパイプのアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • 排気システムの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、排気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、後処理装置別(DOC、DPF、LNT、SCR、GPF)分析、アフターマーケット別(DOC、DPF、SCR)分析、車両タイプ別(乗用車、LCV、HCV、建設機械、農業用トラクター)分析、コンポーネント別分析、排気システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 宝くじのアメリカ市場2020-2024
  • ウォールパネルの世界市場:材料別(金属、PVC、木材、MDF、その他)、種類別(標準(平面)、3Dウォールパネル)、地域別予測
    本資料は、ウォールパネルの世界市場について調べ、ウォールパネルの世界規模、市場動向、市場環境、材料別(金属、PVC、木材、MDF、その他)分析、種類別(標準(平面)、3Dウォールパネル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArmstrong 、Vicoustic、Estel、Caimi、Ideal Decor 、Wizard & Genius、EZWALLcover、Walldecor3d、Fasade、Branches、Plant Fiber Wainscot、RONA、WallPopsEurocousticなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウォールパネルの世界市場概要 ・ウォールパネルの世界市場環境 ・ウォールパネルの世界市場動向 ・ウォールパネルの世界市場規模 ・ウォールパネルの世界市場規模:材料別(金属、PVC、木材、MDF、その他) ・ウォールパネルの世界市場規模:種類別(標準(平面)、3Dウォールパネル) ・ウォールパネルの世界 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"