"自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測:試験、検査、認証"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE6416)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測:試験、検査、認証"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Automotive TIC market to grow at CAGR of 5.5% from 2019 to 2024”The automotive TIC market is expected to grow from USD 16.9 billion in 2019 to USD 22.1 billion by 2024, at a CAGR of 5.5%. The growth of this market can be attributed to the increasing automobile production in emerging economies, growing inclination toward outsourcing TIC services, rising focus of governments to impose strict regulatory standards on the automotive industry, surging adoption of automotive electronics to maintain passenger and vehicle safety, augmenting awareness among consumers regarding product quality and safety, and increasing instances of vehicle recalls due to component failures. However, varying regulations/standards across various regions is the factor that restrains the market growth.

“Certification services to register highest CAGR in automotive TIC market, by service type, during forecast period”
In the TIC ecosystem, certification services validate the test and inspection results against a range of pre-specified standards set by governments, international standardization institutions, or clients. In the current scenario, certification services are widely used by manufacturers to demonstrate if their products adhere to the government/regulatory mandates, as well as to improve the marketability of their offerings. Certification services re crucial for manufacturers to ensure the compliance of their products with regulatory standards, thereby improving the marketability of products/services. Certifications ensure that manufacturers have followed safety, quality, and environmental standards and norms during the production process. A few of the major certifications in the automotive industry are ISO/TS 16949, ISO 9001, AS9100C, ISO 20000, ISO 27001, EU Data Protection Directive, TL 9000, ESD S20.20, OHSAS 18001, ANSI/AIHA Z10, ISO 50001, Superior Energy Performance (SEP), ISO 14001, and ISO 14064.

“In-house services to hold larger size of automotive TIC market, by sourcing type, during forecast period”
In automotive applications, in-house testing of electronic control units (ECUs) and other core components is done by automakers at their manufacturing facilities. They are collaborating with public bodies and organizations including customs, competition authorities, and industrial health and safety authorities for conducting activities related to quality control and assurance. Conducting in-house TIC services allow manufacturers to exert higher levels of control by keeping services and personnel under direct control; therefore, in-house services are likely to capture a larger share of the automotive TIC market. In-house services not only lower the risks associated with poor vehicle maintenance, including equipment failure and crashes but also enable manufacturers to identify the problems instantaneously.

“Vehicle inspection services to hold largest size of automotive TIC market, by application, during forecast period”
Vehicle inspection is the process of inspecting vehicles to ensure that they conform to safety and emission regulations mandated by national or subnational governments. Vehicles have to undergo a safety inspection before registration. Vehicle inspection services are performed for new, as well as used/resale vehicles. Vehicle inspection services for new vehicles include a comprehensive inspection of the overall vehicle, which includes inspection of electrical systems and components; electric vehicles, hybrid electric vehicles, and battery systems; telematics; and others.

“Automotive TIC market in APAC is expected to grow at highest CAGR during forecast period”
Asia Pacific is expected to be the fastest-growing region in terms of the automotive TIC market. In this study, APAC represents India, China, Japan, South Korea, Australia, and Rest of APAC (RoAPAC). This region has become a global focal point for investors focusing on making huge investments or seeking business expansion opportunities. Many economically advanced countries have their manufacturing units in the developing economies of APAC, especially in China and India. These units are required to manufacture products in compliance with internationally accepted standards. Domestic markets in APAC are rapidly growing owing to the rising per capita income of the middle-class population in these countries.
Breakdown of Profile of Primary Participants:
• By Company Type: Tier 1 – 27%, Tier 2 – 41%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-level Executives – 26%, Directors – 40%, and Others – 34%
• By Region: North America – 47%, Europe – 28%, APAC – 19%, and RoW – 6%
DEKRA SE (DEKRA) (Germany), TÜV SÜD Group (TÜV SÜD) (Germany), Applus Services S.A. (Applus+) (Spain), SGS Group (SGS) (Switzerland), TÜV Nord Group (TÜV Nord) (Germany), TÜV Rheinland Group (TÜV Rheinland) (Germany), Bureau Veritas S.A. (Bureau Veritas) (France), Intertek Group PLC (Intertek) (UK), Eurofins Scientific (Eurofins) (Luxembourg), Element Materials Technology (Element) (UK), Lloyd’s Register Group Limited (Lloyd’s) (UK), MISTRAS Group, Inc. (MISTRAS) (US) are a few key players in the automotive TIC market.

Research Coverage:
 The study covers the automotive TIC market. It aims to estimate the size and growth potential of this market across different segments, such as by service type, sourcing type, application, and geography. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying This Report:
The report will help leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of revenue numbers for the overall automotive TIC market and the market based on segments covered in this report. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測:試験、検査、認証"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.3 Inclusions and Exclusions
1.4 Study Scope
1.4.1 Markets Covered
1.4.2 Geographic Scope
1.4.3 Years Considered
1.5 Currency
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Study Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in Automotive TIC Market
4.2 Market, By Service Type
4.3 Market, By Sourcing Type
4.4 Market, By Application
4.5 Market, By Application (Global Market) and Region (Market in APAC)
4.6 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Automobile Production in Emerging Economies
5.2.1.2 Growing Inclination Toward Outsourcing TIC Services
5.2.1.3 Rising Focus of Governments to Impose Strict Regulatory Standards on Automotive Industry
5.2.1.4 Surging Adoption of Automotive Electronics to Maintain Passenger and Vehicle Safety
5.2.1.5 Augmenting Awareness Among Consumers Regarding Product Quality and Safety
5.2.1.6 Increasing Instances of Vehicle Recalls Due to Component Failures
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Varying Regulations/Standards Across Regions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Mandate of Periodic Technical Inspection (PTI) of Vehicles By Governments in Countries Such as US and Germany
5.2.3.2 Lucrative Opportunities Provided By Small and Medium-Sized Businesses to TIC Service Providers
5.2.3.3 Adoption of Electric Vehicles and Hybrid Electric Vehicles
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Declining Global Vehicle Sales
5.2.4.2 Long Lead Time Required for Overseas Qualification Tests
6 Major Focus Areas for TIC Services in Automotive Applications (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Functional Safety
6.3 Adas and Safety Controller
6.3.1 Adaptive Cruise Control (ACC)
6.3.2 Auto Emergency Braking (AEB)
6.3.3 Lane Departure Warning System (LDWS)
6.3.4 Tire Pressure Monitoring System (TPMS)
6.3.5 Pedestrian Warning/Protection System
6.3.6 Traffic Sign Recognition
6.3.7 Automotive Night Vision
6.3.8 Blind Spot Detection
6.3.9 Driver Drowsiness Detection
6.3.10 Automatic Parking
6.3.11 Other Adas and Safety Controllers
6.4 Cockpit Controller
6.4.1 Heads-Up Display (HUD)
6.4.2 Human–Machine Interface (HMI)
6.4.3 Other Cockpit Controllers
6.5 Chassis and Body Controller
7 Automotive TIC Market, By Service Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Testing Services
7.2.1 Testing Services Assist Manufacturers in Improving Marketability of Their Products and Lowering Costs in Pre-Production Phase
7.3 Inspection Services
7.3.1 Vehicle Inspection Services Ensure High-Quality Production
7.4 Certification Services
7.4.1 Certification Services to Witness Highest CAGR in Market During 2019–2024
7.5 Other Services
8 Automotive TIC Market, By Sourcing Type (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 In-House
8.2.1 In-House Services Reduce Risks Associated With Poor Vehicle Maintenance and Enable Manufacturers to Identify Problems Instantaneously
8.3 Outsourced
8.3.1 Privatization of State-Owned Laboratories Will Boost Demand for TIC Services in Coming Years
9 Automotive TIC Market, By Application (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 Electrical Systems and Components
9.2.1 Emc Testing Helps Improve Safety of Electric and Electronic Devices Used in Electric Vehicles
9.3 Electric Vehicles, Hybrid Electric Vehicles, and Battery Systems
9.3.1 Investments Made By Worldwide Governments Would Lead to Adoption of Electric Vehicles
9.4 Telematics
9.4.1 Testing Services Expected to Hold Largest Market Size for Telematics Applications During Forecast Period
9.5 Fuels, Fluids, and Lubricants
9.5.1 Fuel, Fluid, and Lubricant Testing Ensures That Vehicle Abide With Federal Emissions and Fuel Economy Standards
9.6 Interior and Exterior Materials and Components
9.6.1 Continuous Changes in Trends Create Need for Improved Safety and Quality Standards for Automotive Interior and Exterior Materials
9.7 Vehicle Inspection Services (VIS)
9.7.1 Periodical Technical Inspection Drives Market for Vehicle Inspection Services
9.8 Homologation Testing
9.8.1 Homologation Testing Ensures That Vehicles Fulfill Required Emission and Safety Standards for Car Safety and Environmental Protection
9.9 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 95)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US Held Most Significant Share of North American Market in 2018
10.2.1.2 Strong Presence of Major Automobile Manufacturers in the Country
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Crucial Role of Ontario in Growth of Canadian Automotive Industry
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Ranked 6th in World for Automotive Production in 2018 By Oica
10.2.3.2 Stringent Regulatory Standards Followed During Vehicle Production in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany’s Automotive Industry Driving Overall TIC Market Growth
10.3.2 UK
10.3.2.1 Significant Presence of Manufacturers of Luxury and Sports Cars
10.3.3 France
10.3.3.1 Country With Strong Transportation Sector in TIC Market
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Presence of Numerous Automobile Companies
10.3.5 Spain
10.3.5.1 Second-Largest Automotive Manufacturer in Europe in 2018
10.3.6 Rest of Europe (RoE)
10.3.6.1 Major Role of Russia in European Automotive Industry Growth
10.4 Asia Pacific (APAC)
10.4.1 China
10.4.1.1 Production of One-Third of World’s Total Automobilespropels TIC Services Growth in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 World’s Third-Largest Country Producing Automobiles in 2018
10.4.3 India
10.4.3.1 Government Incentives Likely to Drive Demand for TIC Services
10.4.4 South Korea
10.4.4.1 Home to Major Automotive Companies
10.4.5 Australia
10.4.5.1 Expert in In-House Car Manufacturing and Assembly Processes
10.4.6 Rest of APAC
10.4.6.1 Improved Living Standards and Rising Per Capita Income Likely to Augment Market Growth in RoAPAC
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 South America
10.5.1.1 Brazil is World’s One of the Fastest-Growing Economies
10.5.2 Middle East & Africa
10.5.2.1 Iran and South Africa are Two Major Contributors to Market Growth
11 Automotive TIC Market for Periodic Technical Inspection Services, By Region (Page No. – 121)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US is Major Market for PTI in North America
11.3 Europe
11.3.1 Strong Automotive Industry in Germany Demand PTI Services in Europe
11.4 APAC
11.4.1 China to Exhibit Highest Growth Rate in PTI Market in APAC During 2019–2024
11.5 Rest of World (RoW)
11.5.1 Market for PTI Services in RoW is Still in Nascent Stage
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 Mergers and Acquisitions
12.3.2 Expansions
12.3.3 Product and Service Launches
12.3.4 Partnerships, Agreements, and Contracts
12.3.5 Other Developments
12.4 Competitive Leadership Mapping
12.4.1 Visionary Leaders
12.4.2 Dynamic Differentiators
12.4.3 Innovators
12.4.4 Emerging Companies
13 Company Profiles (Page No. – 136)
(Business Overview, Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 Dekra SE
13.1.2 TUV SUD
13.1.3 Applus+
13.1.4 SGS Group
13.1.5 TUV Rheinland AG Group
13.1.6 TUV Nord Group
13.1.7 Bureau Veritas S.A.
13.1.8 Intertek
13.1.9 Eurofins
13.1.10 Element Materials
13.2 Other Key Companies
13.2.1 British Standards Institution (BSI)
13.2.2 Rina S.P.A.
13.2.3 Norges Elektriske Materiellkontroll (NEMKO)
13.2.4 Nsf International
13.2.5 Engineering, Quality, and Safety (EQS)
13.2.6 Lloyd’s
13.2.7 Mistras
13.2.8 DNV GL
13.2.9 UL LLC
*Details on Business Overview, Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 172)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測:試験、検査、認証
【発行日】2019年10月31日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE6416
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測:試験、検査、認証についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 検査カメラの世界市場
    当調査レポートでは、検査カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、検査カメラの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 廃プラスチック管理の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、廃プラスチック管理の世界市場について調査・分析し、廃プラスチック管理の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別廃プラスチック管理シェア、市場規模推移、市場規模予測、廃プラスチック管理種類別分析(ごみ処理地、リサイクル、焼却)、廃プラスチック管理用途別分析(廃プラスチック、熱エネルギー発生、再利用プラスチック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・廃プラスチック管理の市場概観 ・廃プラスチック管理のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・廃プラスチック管理のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・廃プラスチック管理の世界市場規模 ・廃プラスチック管理の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・廃プラスチック管理のアメリカ市場規模推移 ・廃プラスチック管理のカナダ市場規模推移 ・廃プラスチック管理のメキシコ市場規模推移 ・廃プラスチック管理のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・廃プラスチック管理のドイツ市場規模推移 ・廃プラ …
  • インドネシアの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 血液癌治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、血液癌治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血液癌治療市場規模、疾病種類別(白血病、リンパ腫、骨髄腫)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・血液癌治療の世界市場概要 ・血液癌治療の世界市場環境 ・血液癌治療の世界市場動向 ・血液癌治療の世界市場規模 ・血液癌治療の世界市場:業界構造分析 ・血液癌治療の世界市場:疾病種類別(白血病、リンパ腫、骨髄腫) ・血液癌治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血液癌治療の北米市場規模・予測 ・血液癌治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・血液癌治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・血液癌治療の主要国分析 ・血液癌治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・血液癌治療の世界市場:成長要因、課題 ・血液癌治療の世界市場:競争環境 ・血液癌治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の浴室用手すり(つかみ棒)市場2016
    本調査レポートでは、世界の浴室用手すり(つかみ棒)市場2016について調査・分析し、浴室用手すり(つかみ棒)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削流体の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、掘削流体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削流体市場規模、製品別(水性流体(WBF)、油性流体(OBF)、合成流体(SBF)、空圧流体、その他)分析、用途別(オフショア石油・ガス、オンショア石油・ガス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 掘削流体の世界市場:市場動向分析 ・ 掘削流体の世界市場:競争要因分析 ・ 掘削流体の世界市場:製品別(水性流体(WBF)、油性流体(OBF)、合成流体(SBF)、空圧流体、その他) ・ 掘削流体の世界市場:用途別(オフショア石油・ガス、オンショア石油・ガス) ・ 掘削流体の世界市場:主要地域別分析 ・ 掘削流体の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 掘削流体のヨーロッパ市場規模 ・ 掘削流体のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・掘削流体の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 建設機械の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、機械種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボードゲームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボードゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボードゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、浸漬冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(単相および二相)分析、用途別(高性能コンピューティング、エッジコンピューティング、暗号通貨マイニング)分析、冷却液種類別(鉱油、合成油、フルオロカーボンベース)分析、浸漬冷却の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、浸漬冷却の世界市場規模が2019年177百万ドルから2024年501百万ドルまで年平均23.2%成長すると予測しています。
  • スマート煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート煙感知器の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均47.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Birdi• BRK Brands• Nest Labs等です。
  • 世界の酵母細胞壁エキス市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、暗号通貨マイニングハードウェア市場規模、製品別(ASIC、GPU)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場概要 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場環境 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場動向 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場規模 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場:業界構造分析 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場:製品別(ASIC、GPU) ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・暗号通貨マイニングハードウェアのアメリカ市場規模・予測 ・暗号通貨マイニングハードウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・暗号通貨マイニングハードウェアのアジア市場規模・予測 ・暗号通貨マイニングハードウェアの主要国分析 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市 …
  • フラッシュライト(懐中電灯)の世界市場予測・分析
  • 電子カルテの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、電子カルテの世界市場について調査・分析し、電子カルテの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子カルテの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子カルテの世界市場:セグメント別市場分析 ・電子カルテの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬質プラスチックパッケージングの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、硬質プラスチックパッケージングの世界市場について調査・分析し、硬質プラスチックパッケージングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・硬質プラスチックパッケージングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・硬質プラスチックパッケージングの世界市場:セグメント別市場分析 ・硬質プラスチックパッケージングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 産業用RFIDの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用RFIDの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用RFID市場規模、製品別(RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDミドルウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用RFIDの世界市場概要 ・産業用RFIDの世界市場環境 ・産業用RFIDの世界市場動向 ・産業用RFIDの世界市場規模 ・産業用RFIDの世界市場:業界構造分析 ・産業用RFIDの世界市場:製品別(RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDミドルウェア) ・産業用RFIDの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用RFIDのアメリカ市場規模・予測 ・産業用RFIDのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用RFIDのアジア市場規模・予測 ・産業用RFIDの主要国分析 ・産業用RFIDの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用RFIDの世界市場:成長要因、課題 ・産業用RFIDの世界市場:競争環境 ・産業用RFIDの世界市場:関連企業情報( …
  • ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場:用途別(自動車、電気・電子、工業、塗装)、地域別
    本調査レポートでは、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場動向、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンスルファイド (PPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカの教育アプリ市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの教育アプリ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの教育アプリ市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の教育産業における3Dプリンティング市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の教育産業における3Dプリンティング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の教育産業における3Dプリンティング市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット用ソフトウェアプラットフォームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロボット用ソフトウェアプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット用ソフトウェアプラットフォームの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインスリンデリバリーデバイス市場規模・予測2017-2025:種類別(インスリンペン、インスリンパンプ、インスリンインジェクター、インスリン注射器)、エンドユーザー別(自宅、病院、その他)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のインスリンデリバリーデバイス市場について調査・分析し、世界のインスリンデリバリーデバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のインスリンデリバリーデバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アデノシン注射の世界市場予測2019-2024
    「アデノシン注射の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、6 mg/2 mL、3 mg/mlなど、用途別には、Hospitals、Clinics、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アデノシン注射のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アデノシン注射の世界市場概要(サマリー) ・アデノシン注射の企業別販売量・売上 ・アデノシン注射の企業別市場シェア ・アデノシン注射の世界市場規模:種類別(6 mg/2 mL、3 mg/ml) ・アデノシン注射の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Other) ・アデノシン注射の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アデノシン注射のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アデノシン注射の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アデノシン注射の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、 …
  • 再利用可能マスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、再利用可能マスクの世界市場について調査・分析し、再利用可能マスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別再利用可能マスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、再利用可能マスク種類別分析()、再利用可能マスク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・再利用可能マスクの市場概観 ・再利用可能マスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・再利用可能マスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・再利用可能マスクの世界市場規模 ・再利用可能マスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・再利用可能マスクのアメリカ市場規模推移 ・再利用可能マスクのカナダ市場規模推移 ・再利用可能マスクのメキシコ市場規模推移 ・再利用可能マスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・再利用可能マスクのドイツ市場規模推移 ・再利用可能マスクのイギリス市場規模推移 ・再利用可能マスクのロシア市場規模推移 ・再利用可能マスクのアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界のアプリケーションプラットフォーム市場:展開別、地域別
    本調査レポートはアプリケーションプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(オンプレミス、aPaaS)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アプリケーションプラットフォームの世界市場:展開別(オンプレミス、aPaaS) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • サリチル酸の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、サリチル酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サリチル酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 木質床材の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、木質床材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木質床材の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポテトチップスの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場について調査・分析し、ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場:産業別 ・通信・IT ・小売 ・メディア・娯楽 ・製造 ・医療 ・行政 ・エネルギー・電力 ・教育 ・銀行・金融サービス・保険 ・その他 - ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場:組織の規模別 ・中小企業(SMB) ・大企業 - ビジネスインテリジェンス・アナリティクスソフトウェアの世界市場:プラットフォーム別 ・ビジネスインテリジェント(BI)プラットフォーム ・予測分析 ・分析の適用 ・コンテンツ分析 ・企業業績管理(CPM)ソフト - ビジネスインテリジェ …
  • 世界のオレキシン受容体1型市場2019
    本調査レポートでは、世界のオレキシン受容体1型市場2019について調査・分析し、オレキシン受容体1型の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、オレキシン受容体1型のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、オレキシン受容体1型メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体1型の市場概要 ・オレキシン受容体1型の上流・下流市場分析 ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市 …
  • ニューロキニン1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロキニン1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロキニン1受容体アゴニストの概要 ・ニューロキニン1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロキニン1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロキニン1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロキニン1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 遠隔医療(テレメディシン)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、遠隔医療(テレメディシン)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遠隔医療(テレメディシン)市場規模、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、サービス別(遠隔監視、遠隔教育、遠隔トレーニング、遠隔診療、遠隔手術、遠隔治療、その他)分析、導入モード別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース)分析、医療分野別(整形外科、神経科、内科、婦人科、救急医療、皮膚科、心臓科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 遠隔医療(テレメディシン)の世界市場:市場動向分析 ・ 遠隔医療(テレメディシン)の世界市場:競争要因分析 ・ 遠隔医療(テレメディシン)の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・ 遠隔医療(テレメディシン)の世界市場:サービス別(遠隔監視、遠隔教育、遠隔トレーニング、遠隔診療、遠隔手術、遠隔治療、その他) ・ 遠隔医療(テレメディシン)の世界市場:導入モー …
  • 世界の殺線虫剤市場:種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、バイオネマチサイド)、適用方法別(燻蒸、灌注、土壌ドレッシング、種子処理)、線虫種類別(ルートノット、嚢胞)、作物種類別、フォーム別、地域別
    MarketsandMarkets社は、殺線虫剤の世界市場規模が2019年13億ドルから2025年16億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本書は、世界の殺線虫剤市場について調査・分析し、市場概要、線虫タイプ別(ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、その他)分析、種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、殺生物剤、その他)分析、適用方法別(燻蒸、潅水、土壌ドレッシング)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の殺線虫剤市場:線虫タイプ別(ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、その他) ・世界の殺線虫剤市場:種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、殺生物剤、その他) ・世界の殺線虫剤市場:適用方法別(燻蒸、潅水、土壌ドレッシング) ・世界の殺線虫剤市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • エアブレーキシステムの世界市場:種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)、構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他)、車両種類別(トラック、バス、鉄道車両)
    本調査レポートでは、エアブレーキシステムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)分析、構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他)分析、車両種類別(トラック、バス、鉄道車両)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エアブレーキシステムの世界市場:種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ) ・エアブレーキシステムの世界市場:構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他) ・エアブレーキシステムの世界市場:車両種類別(トラック、バス、鉄道車両) ・エアブレーキシステムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 自動車内装用アンビエント照明の世界市場:用途別(ダッシュボード、フットウェル、ドア)、車両タイプ別(通常車、エコカー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車内装用アンビエント照明の世界市場について調査・分析し、自動車内装用アンビエント照明の世界市場動向、自動車内装用アンビエント照明の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車内装用アンビエント照明市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の高級自動車市場2015
    本調査レポートでは、世界の高級自動車市場2015について調査・分析し、高級自動車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 注射ペンの世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、用量別(固定、可変)、用途別、セグメント予測
    注射ペンの世界市場は2025年には679億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな慢性疾患および急性疾患を管理するために使用する注射ペンに対する高い需要、および発展途上地域における意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、注射ペンの世界市場について調査・分析し、注射ペンの世界市場動向、注射ペンの世界市場規模、市場予測、セグメント別注射ペン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の概要 ・エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エンテロウイルス感染症(En …
  • 水中探査の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水中探査の世界市場について調査・分析し、水中探査の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水中探査シェア、市場規模推移、市場規模予測、水中探査種類別分析(軽作業、重作業)、水中探査用途別分析(穴あけサポート、建設サポート、修理・保全)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水中探査の市場概観 ・水中探査のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水中探査のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水中探査の世界市場規模 ・水中探査の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水中探査のアメリカ市場規模推移 ・水中探査のカナダ市場規模推移 ・水中探査のメキシコ市場規模推移 ・水中探査のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水中探査のドイツ市場規模推移 ・水中探査のイギリス市場規模推移 ・水中探査のロシア市場規模推移 ・水中探査のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・水中探査の日本市場規模推移 ・水中探査の中国市場規模推 …
  • 工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場:製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター)、最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品)、地域別予測
    本資料は、工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場について調べ、工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター)分析、最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場概要 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場環境 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場動向 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模:製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター) ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模:最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品) ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世 …
  • チリの血栓管理装置市場見通し
  • 飼料用特殊添加剤の世界市場予測(~2022年):香料、甘味料、ミネラル、バインダー、ビタミン、酸味料、抗酸化剤
    当調査レポートでは、飼料用特殊添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、家畜別分析、機能別分析、形状別分析、飼料用特殊添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接変圧器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶接変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接変圧器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は溶接変圧器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Colfax• Fronius• ITW Welding• Lincoln Electric等です。
  • 世界の酸化ジスプロシウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化ジスプロシウム市場2015について調査・分析し、酸化ジスプロシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体飼料添加物の世界市場:タンパク質、ミネラル、ビタミン
    当調査レポートでは、液体飼料添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、原料別分析、家畜別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療製品用滅菌包装の世界市場:材料(プラスチック、ガラス、金属、紙)、包装材種類、滅菌方式、用途別分析
    当調査レポートでは、医療製品用滅菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、滅菌方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガススクラバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガススクラバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガススクラバーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・地域別分析 ・エンドユーザー別市場分類 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 電子レジスター(ECR)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電子レジスター(ECR)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子レジスター(ECR)市場規模、種類別(標準型ECR、チェックアウト/POSシステム、セルフサービスPOS)分析、エンドユーザー別(小売、ホスピタリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子レジスター(ECR)の世界市場概要 ・電子レジスター(ECR)の世界市場環境 ・電子レジスター(ECR)の世界市場動向 ・電子レジスター(ECR)の世界市場規模 ・電子レジスター(ECR)の世界市場:業界構造分析 ・電子レジスター(ECR)の世界市場:種類別(標準型ECR、チェックアウト/POSシステム、セルフサービスPOS) ・電子レジスター(ECR)の世界市場:エンドユーザー別(小売、ホスピタリティ) ・電子レジスター(ECR)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子レジスター(ECR)の北米市場規模・予測 ・電子レジスター(ECR)のヨーロッパ・中東 …
  • 世界の合成黒鉛市場2015
    本調査レポートでは、世界の合成黒鉛市場2015について調査・分析し、合成黒鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 地上配備型弾道ミサイル防衛システムの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、地上配備型弾道ミサイル防衛システムの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・地上配備型弾道ミサイル防衛システムの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・地上配備型弾道ミサイル防衛システムの世界市場:セグメント別市場分析 ・地上配備型弾道ミサイル防衛システムの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"