"スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB2307)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The starter culture market is projected to grow at a CAGR of 5.3%; the key drivers include growth in the end-user industries such as dairy and dairy products, meat and sea food. Another key driver is the growing demand for dairy processing industries.”The global starter culture market size is estimated at USD 964 million in 2019 and projected to grow at a CAGR of 5.3% to reach USD 1,314 million by 2025. The growth of the starter culture market is driven by the rising demand for dairy and clean label products. The key driver for market growth is the increasing demand for natural preservative-free products and clean label products.
Microbial Food Cultures (MFC) are preparations or formulations consisting of concentrates of one or more microbial species and/or strains including unavoidable media components carried over from the fermentation and components, which are necessary for their survival, storage, standardization, and to facilitate their application in the food production process.

“Dairy & dairy products segment led the market with the largest share in 2018.”
Based on the application, starter cultures are used predominantly in the dairy & dairy products segment. Companies have a significant presence in the dairy & dairy products segment with a wide array of protective cultures that cover all aspects of the dairy market.
The dairy & dairy products segment constitutes cheese, fermented milk products, butter, and spreads. The use of starter cultures in dairy primarily arises out of its compatibility with fermented products, in which it is commonly used. The first generation of protective cultures has had a profound impact on the dairy products industry by offering a multitude of solutions to different types of products used in the market.

“Freeze-dried protective cultures accounted for a larger share in 2018.”
Based on the product form, the freeze-dried segment is estimated to account for a larger share of the starter culture market in 2018 as compared to others. Protective cultures are highly unstable during storage and need to be preserved well to extend their shelf-life. Freeze-dried cultures, also known as lyophilized cultures, are used to remove water for preserving perishable products. This involves freezing the culture first and then drying it (via sublimation) under vacuum at low temperatures.
Freeze-dried cultures remain increasingly preferred due to long-term storage and handling features. Freeze-drying conditions differ for different strains and species, and hence, the cultures will have to undergo multiple tests to determine their compatibility and target function before deployment.

“Multi-strain mixed to be the fastest-growing refining method of starter cultures.”
Based on the composition, the multi-strain mixed segment is projected to be the fastest-growing during the forecast period in the global starter culture market. The multi-strain mixed protective culture consists of more than two microbial strains from different species. All the species used in multi-strain mixed cultures have different functions and may target different microorganisms. These cultures are the most commonly used ones because of the benefits they offer over single and multi-strain cultures. Every individual strain in these cultures offers different functions and inhibits the growth of either a particular microorganism or different microorganisms.

“High growth is projected in the Asia Pacific starter culture market.”
The Asia Pacific starter culture market is projected to be the fastest-growing for the period considered for this study due to the large dairy industry, along with the growing industrial base, leading to increased demand for protective cultures in the region. Also, the market is driven by the increasing demand for clean label products in developing countries such as India, China, and Japan.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 55 %, Tier 2 – 25%, and Tier 3 – 20%
 By Designation: D Level – 45%, C Level – 30%, and Others* – 25%
 By Region: Europe – 46%, Asia Pacific – 20%, North America – 20%, , South America – 10%, and RoW – 8%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• CHR Hansen (Denmark)
• DowDuPont (US)
• Sacco S.R.L (Italy)
• CSK Food Enrichment B.V (Netherlands)
• THT S.A. (Belgium)
• Dalton Biotechnologies (Italy)
• Biochem S.R.L(Italy)
• Royal DSM N.V (Netherland)

Research Coverage:
The report segments the starter culture market based on product form, target microorganism, composition, application, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles, which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global protective cultures, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the starter cultures
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the starter cultures market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Segmentation
1.2.2 Regions Covered
1.3 Periodization Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Opportunities in the Starter Culture Market
4.2 Starter Culture Market, By Microorganism, 2018
4.3 Europe: Starter Culture Market, By Application and Key Country
4.4 Market, By Composition and Region, 2018
4.5 Market, By Key Country, 2019–2025
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Supply Chain Analysis
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Production of Dairy-Based Products and Meat and Seafood
5.3.1.2 Technological Advancements
5.3.1.3 Health Benefits Provided By Starter Cultures
5.3.1.4 Growing Consumption of Functional Drinks
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Stringent Regulations Concerning the use of Starter Cultures
5.3.2.2 Strict Conditions for the Growth of Starter Cultures
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growth Prospects for Untapped Industrial Applications
5.3.3.2 High-Growth Potential Markets of Asia Pacific and South America
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Fluctuations in the Prices of Raw Materials
5.3.4.2 Lack of Awareness Regarding the Selection of Starter Cultures
5.4 YC & YCC Shift
6 Starter Culture Market, By Application (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Dairy & Dairy-Based Products
6.2.1 Cheese Contributed the Maximum Share in 2018
6.3 Meat & Seafood
6.3.1 Starter Cultures Help in the Effective Preservation of Fermented Meat
6.4 Others (Bread and Fruit Juices)
6.4.1 Lactobacillus Sakei and Lactobacillus Acidophilus are Used as Starter Cultures in Sourdough Bread
7 Starter Culture Market, By Microorganism (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Bacteria
7.2.1 Thermophilic Bacteria are the Most Preferred Starter Culture
7.3 Yeasts
7.3.1 Yeast is Mostly Used as a Starter Culture in Bread Dough
7.4 Molds
7.4.1 Molds are Mostly Used in Sausages and Other Meat Items
8 Starter Culture Market, By Composition (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Multi-Strain Mix
8.2.1 Multi-Strain Mix Helps Incorporate Adjunct Functions to the Final Product, Thereby Experiencing Massive Demand
8.3 Single Strain
8.3.1 Single Strain Starter Culture Majorly Helps Attain Uniform Flavor Profile Development
8.4 Multi-Strain
8.4.1 Multi-Strain Mesophilic Starter Cultures Have Been in High Demand Across Developing Economies
9 Starter Culture Market, By Form (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Freeze-Dried
9.2.1 Lyophilization Eases Transport and Storage Properties for Starter Culture
9.3 Frozen
9.3.1 Temperature Requirements are the Major Restraint for Storage/Transportation of Frozen Starter Culture
10 Starter Culture Market, By Region (Page No. – 68)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Dairy Industry is Expected to Drive the Starter Culture Market in the US
10.2.2 Mexico
10.2.2.1 Increasing Dairy Exports to Drive the Market Growth in Mexico
10.2.3 Canada
10.2.3.1 Local Manufacturers Dominate the Starter Culture Market in the Country
10.3 Europe
10.3.1 France
10.3.1.1 Meat Industry is Expected to Drive the Starter Culture Market in France
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Increasing Dairy Exports Drive the Market Growth in Germany
10.3.3 Netherlands
10.3.3.1 Local Manufacturers Dominate the Starter Culture Market in the Country
10.3.4 UK
10.3.4.1 Well-Established Dairy Industry is Expected to Drive the Demand for Starter Culture
10.3.5 Turkey
10.3.5.1 Growth in Meat Demand is Driving the Market for Starter Culture
10.3.6 Italy
10.3.6.1 Increasing Production and Export are Expected to Drive the Market for Starter Culture
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Switzerland is a Leading Dairy-Based Product Market, Which Drives the Demand for Starter Culture
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Meat Industry is Expected to Drive the Starter Culture Market in China
10.4.2 India
10.4.2.1 Large-Scale Production of Butter and Increasing Awareness Regarding the Benefits of Starter Culture are Driving the Market
10.4.3 Australia & New Zealand
10.4.3.1 Well-Established Dairy and Meat Industries are Expected to Generate Future Demand for Starter Culture
10.4.4 Japan
10.4.4.1 Large-Scale Consumption of Yogurt and Fish is a Major Driver for Growth in Japan
10.4.5 Malaysia
10.4.5.1 Increasing Demand for Meat & Seafood is Expected to be a Major Driver for Starter Culture
10.4.6 Rest of Asia Pacific
10.4.6.1 Growth in Meat & Seafood Demand Drives the Market for Starter Culture
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Brazil’s Dairy Industry Positively Impacts the Starter Culture Market
10.5.2 Argentina
10.5.2.1 Growing Demand for Cheese to Drive the Demand for Starter Culture
10.5.3 Rest of South America
10.5.3.1 High Demand for Meat & Seafood Products Acts as Major Growth Drivers for Starter Culture
10.6 Rest of the World (RoW)
10.6.1 Middle East
10.6.1.1 Increasing Penetration of Market Players Drives the Demand for Starter Culture to Have a Positive Impact
10.6.2 Africa
10.6.2.1 High Consumption of Cheese has Fueled the Demand for Starter Culture Among Manufacturers
11 Competitive Landscape (Page No. – 112)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping (Global)
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Strength of Product Portfolio (15 Players)
11.4 Business Strategy Excellence (15 Players)
11.5 Competitive Leadership Mapping (Start-Ups)
11.5.1 Emerging Leaders
11.5.2 Progressive Companies
11.5.3 Dynamic Capitalizers
11.5.4 Starting Blocks
11.6 Strength of Product Portfolio (10 Players)
11.7 Business Strategy Excellence (10 Players)
11.8 Competitive Scenario
11.8.1 New Product Launches
11.8.2 Expansions
11.8.3 Mergers & Acquisitions
11.8.4 Investments and Partnerships
12 Company Profiles (Page No. – 122)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
12.1 CHR. Hansen Holding A/S
12.2 DuPont
12.3 Royal DSM N.V.
12.4 LB Bulgaricum
12.5 Biochem SRL
12.6 Gewurzmuller
12.7 Dalton Biotecnologie
12.8 Mediterranea Biotecnologie
12.9 IGEA Dairy Cultures
12.10 Absource Biologics
12.11 Biena
12.12 Kultured Wellness
12.13 Biolacter Inc.
12.14 Genesis Laboratories Ltd
12.15 Bioprox
12.16 THT Probiotics and Starter Cultures
12.17 Codex-Ing Biotech Ingredients
12.18 CSK Food Enrichment
12.19 Sacco S.R.L
12.20 BDF Natural Ingredients
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 149)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別
【発行日】2019年10月31日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB2307
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)の概要 ・家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 耐熱電線の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、耐熱電線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、耐熱電線の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 固定式・可動式Cアームの世界市場分析:製品別(固定・持ち運びサイズ:フルサイズ/ミニCアーム)、用途別(整形外科、脳神経外科、心臓外科、血管外科、疼痛管理)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、固定式・可動式Cアームの世界市場について調査・分析し、固定式・可動式Cアームの世界市場動向、固定式・可動式Cアームの世界市場規模、市場予測、セグメント別固定式・可動式Cアーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘア美容液の世界市場:ヘアースタイリング美容液、ヘアトリートメント美容液
    当調査レポートでは、ヘア美容液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘア美容液の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエーテルポリオール市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエーテルポリオール市場2015について調査・分析し、ポリエーテルポリオールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドライビングシミュレーターの世界市場予測(~2025年)
    ドライビングシミュレーターの世界市場は、2019年の17億米ドルから2025年には24億米ドルに達し、この期間中6.32%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、交通安全への関心の高まりが考えられます。一方で、リアルタイム制御の複雑化と統合の複雑性により、市場の成長が妨げられます。当調査レポートでは、ドライビングシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、シミュレータータイプ(運転教習用シミュレーター、高度運転(自動運転)用シミュレーター)分析、車両のタイプ分析、用途(研究・テスト、教習)分析、教習用シミュレーターの種類分析、ドライビングシミュレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)の世界市場分析・予測
  • 歯車ポンプの世界市場2017-2020
    当調査レポートでは、歯車ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯車ポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PETスキャナの世界市場:PET、ハイブリッドPET/CT、PET/MRI
    当調査レポートでは、PETスキャナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PETスキャナの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンピューター断層撮影(CT)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、コンピューター断層撮影(CT)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コンピューター断層撮影(CT)装置の概要 ・コンピューター断層撮影(CT)装置の開発動向:開発段階別分析 ・コンピューター断層撮影(CT)装置の開発動向:セグメント別分析 ・コンピューター断層撮影(CT)装置の開発動向:領域別分析 ・コンピューター断層撮影(CT)装置の開発動向:規制Path別分析 ・コンピューター断層撮影(CT)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別コンピューター断層撮影(CT)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・コンピューター断層撮影(CT)装置の最近動向
  • 獣医向け注入ポンプの米国市場予測(~2021):種類別(大容量注入ポンプ、シリンジ注入ポンプ)、需要先別
  • 車載監視製品の世界市場:パーキングアシストシステム、自律走行システム、ヘッドアップディスプレイ、車線逸脱警報システム、死角検知システム、GPS
    当調査レポートでは、車載監視製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超伝導線材の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、超伝導線材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、超伝導線材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 弁形成リングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、弁形成リングの世界市場について調査・分析し、弁形成リングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別弁形成リングシェア、市場規模推移、市場規模予測、弁形成リング種類別分析(タイプ1、タイプ2)、弁形成リング用途別分析( 僧帽弁形成術、三尖弁形成術、大動脈弁形成術、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・弁形成リングの市場概観 ・弁形成リングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・弁形成リングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・弁形成リングの世界市場規模 ・弁形成リングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・弁形成リングのアメリカ市場規模推移 ・弁形成リングのカナダ市場規模推移 ・弁形成リングのメキシコ市場規模推移 ・弁形成リングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・弁形成リングのドイツ市場規模推移 ・弁形成リングのイギリス市場規模推移 ・弁形成リングのロシア市場規模推移 ・弁形成リングのアジア市場分析(日本、中国 …
  • アルミ溶接ワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、アルミ溶接ワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミ溶接ワイヤーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 世界のエアバッグ市場2016
    本調査レポートでは、世界のエアバッグ市場2016について調査・分析し、エアバッグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ダイレクトドライブ モータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ダイレクトドライブ モータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ダイレクトドライブ モータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱処理の世界市場2014–2025:材料別(スチール、鋳鉄)、プロセス別、機器別、用途別(自動車、航空宇宙)
    本調査レポートでは、熱処理の世界市場について調査・分析し、熱処理の世界市場動向、熱処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用オンボード・パワーインバーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用オンボード・パワーインバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用オンボード・パワーインバーターの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 荷役機械の世界市場分析:製品別(貯蔵・取扱機器、自動貯蔵・回収システム、産業用トラック、バルク材料処理機器)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、荷役機械の世界市場について調査・分析し、荷役機械の世界市場動向、荷役機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別荷役機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイル端末用バイオメトリクス認証の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モバイル端末用バイオメトリクス認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル端末用バイオメトリクス認証の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモバイル端末用バイオメトリクス認証の世界市場が2017-2021年期間中に年平均79.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BioID、Crossmatch、HID Global、NEC、Nuance Communications等です。
  • デオドラント(脱臭剤)の世界市場:スプレー式デオドラント、ロールオン式デオドラント、スティック・固形デオドラント
    当調査レポートでは、デオドラント(脱臭剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デオドラント(脱臭剤)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動倉庫 (ASRS) の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自動倉庫 (ASRS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別 (ユニットロード、ミニロード、VLM、カルーセル、ミッドロード、オートストア)分析、機能別 (組立、キッティング 、オーダーピッキング、物流、保管)分析、産業別分析、自動倉庫 (ASRS) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートロックの世界市場見通し2016-2022:Wi-Fiベーススマートロック、Bluetoothベーススマートロック
    当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、スマートロックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スマートロックの世界市場:市場動向分析 ・スマートロックの世界市場:競争要因分析 ・スマートロックの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・スマートロックの世界市場:二次市場別分析/市場規模 ・スマートロックの世界市場:サブプロダクト別分析/市場規模 ・スマートロックの世界市場:ロック種類別分析/市場規模 ・スマートロックの世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマートロックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートロックの北米市場規模 ・スマートロックの欧州市場規模 ・スマートロックのアジア市場規模 ・スマートロックの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 内視鏡検査装置の世界市場:内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、可視化及び文書化システム、アクセサリー
    当調査レポートでは、内視鏡検査装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、視覚化、文書化システム、アクセサリー、その他)分析、衛生別(使い捨て、再処理、滅菌)分析、用途別(気管支鏡検査、関節鏡検査、腹腔鏡検査、泌尿器内視鏡検査、神経内視鏡検査、消化管内視鏡検査、婦人科内視鏡検査、耳鼻咽喉科内視鏡検査など)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、クリニック、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・内視鏡検査装置の世界市場:製品種類別(内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、視覚化、文書化システム、アクセサリー、その他) ・内視鏡検査装置の世界市場:衛生別(使い捨て、再処理、滅菌) ・内視鏡検査装置の世界市場:用途別(気管支鏡検査、関節鏡検査、腹腔鏡検査、泌尿器内視鏡検査、神経内視鏡検査、消化管内視鏡検査、婦人科内視鏡検査、耳鼻咽喉科内視鏡検査など) ・内視鏡検査装置の世界市場:エンドユーザー別(病院、外来手術センター、クリニック、その他) ・内 …
  • 歯科用オートクレーブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、歯科用オートクレーブの世界市場について調査・分析し、歯科用オートクレーブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別歯科用オートクレーブシェア、市場規模推移、市場規模予測、歯科用オートクレーブ種類別分析(半自動、自動、手動)、歯科用オートクレーブ用途別分析(病院、歯科クリニック)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・歯科用オートクレーブの市場概観 ・歯科用オートクレーブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・歯科用オートクレーブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・歯科用オートクレーブの世界市場規模 ・歯科用オートクレーブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・歯科用オートクレーブのアメリカ市場規模推移 ・歯科用オートクレーブのカナダ市場規模推移 ・歯科用オートクレーブのメキシコ市場規模推移 ・歯科用オートクレーブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・歯科用オートクレーブのドイツ市場規模推移 ・歯科用オートクレーブのイギ …
  • 世界の発電産業におけるスイッチギヤ市場2015:市場規模、シェア、主要国分析
  • 生体吸収性ポリマーの世界市場:アグロポリマー(たんぱく質、多糖類)、バイオポリエステル(ポリグリコール酸、ポリ乳酸、ポリカプロラクトン)
    当調査レポートでは、生体吸収性ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イムノアッセイの世界市場:製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア)、技術別(ELISA、迅速試験)、プラットフォーム別(放射免疫測定)、用途別(感染症、がん、心臓疾患)、エンドユーザー別(病院)、地域別予測
    本資料は、イムノアッセイの世界市場について調べ、イムノアッセイの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア)分析、技術別(ELISA、迅速試験)分析、プラットフォーム別(放射免疫測定)分析、用途別(感染症、がん、心臓疾患)分析、エンドユーザー別(病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・イムノアッセイの世界市場概要 ・イムノアッセイの世界市場環境 ・イムノアッセイの世界市場動向 ・イムノアッセイの世界市場規模 ・イムノアッセイの世界市場規模:製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア) ・イムノアッセイの世界市場規模:技術別(ELISA、迅速試験) ・イムノアッセイの世界市場規模:プラットフォーム別(放射免疫測定) ・イムノアッセイの世界市場規模:用途別(感染症、がん、心臓疾患) ・イムノアッセイの世界市場規模:エンドユーザー別(病院) ・イムノアッセイの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 自動車用イーサネットの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自動車用イーサネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)分析、帯域幅別分析、用途別分析、車種別(乗用車、商用車、農業・オフハイウェイ車両)分析、自動車用イーサネットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用イーサネットの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年44億ドルまで年平均21.7%成長すると予測しています。
  • 食品オートメーションの世界市場予測(~2022年):モータ制御、ディスクリート・コントローラ、視覚化、ロータリー&リニア製品
    当調査レポートでは、食品オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、食品オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリカーボネートジオールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリカーボネートジオールの世界市場について調査・分析し、ポリカーボネートジオールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリカーボネートジオールシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリカーボネートジオール種類別分析(固体、液体)、ポリカーボネートジオール用途別分析(ポリウレタンエラストマ、ポリウレタン系接着剤、ポリウレタンコーティング、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリカーボネートジオールの市場概観 ・ポリカーボネートジオールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリカーボネートジオールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリカーボネートジオールの世界市場規模 ・ポリカーボネートジオールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリカーボネートジオールのアメリカ市場規模推移 ・ポリカーボネートジオールのカナダ市場規模推移 ・ポリカーボネートジオールのメキシコ市場規模推移 ・ポリカーボネートジオールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • 世界のコンタクトレンズ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、コンタクトレンズのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コンタクトレンズの概要 ・コンタクトレンズの開発動向:開発段階別分析 ・コンタクトレンズの開発動向:セグメント別分析 ・コンタクトレンズの開発動向:領域別分析 ・コンタクトレンズの開発動向:規制Path別分析 ・コンタクトレンズの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別コンタクトレンズの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・コンタクトレンズの最近動向
  • エンジニアリングウッド(EW)製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンジニアリングウッド(EW)製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンジニアリングウッド(EW)製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッド航空機の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、コネクテッド航空機の世界市場について調査・分析し、コネクテッド航空機の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. コネクテッド航空機世界市場の概要 3. コネクテッド航空機世界市場 4. 世界のコネクテッド航空機2次市場予測 5. 主要地域のコネクテッド航空機市場予測 6. コネクテッド航空機市場のSWOT分析 7. コネクテッド航空機世界市場における主要企業10社 8. 結論 9. 用語集
  • 固体照明(SSL)および蛍光照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固体照明(SSL)および蛍光照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固体照明(SSL)および蛍光照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用レーザ市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用レーザ市場2015について調査・分析し、眼科用レーザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐火布の世界市場予測(~2021):種類別(加工(FR綿、FRビスコース)、自然(アラミド、PBI))、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、耐火布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、耐火布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラシミュレータの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ソーラシミュレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、光源別分析、用途別分析、地域別分析、ソーラシミュレータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中南米のバイオコントロール市場:バイオ殺虫剤、バイオ殺菌剤、バイオ 除草剤、バイオ殺線虫剤
  • 緊急避妊ピルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、緊急避妊ピルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、緊急避妊ピル市場規模、流通経路別(小売店、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、LUPIN, Mankind Pharma, Perrigo, Piramal Enterprises, Sun Pharmaceutical Industriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・緊急避妊ピルの世界市場概要 ・緊急避妊ピルの世界市場環境 ・緊急避妊ピルの世界市場動向 ・緊急避妊ピルの世界市場規模 ・緊急避妊ピルの世界市場:業界構造分析 ・緊急避妊ピルの世界市場:流通経路別(小売店、オンラインストア) ・緊急避妊ピルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・緊急避妊ピルの北米市場規模・予測 ・緊急避妊ピルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・緊急避妊ピルのアジア太平洋市場規模・予測 ・緊急避妊ピルの主要国分析 ・緊急避妊ピルの世界市場:意思決定フレーム …
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ぶどう膜炎(Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・ぶどう膜炎(Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬剤
  • クリーンルーム技術装置の世界市場:HVACシステム、HEPAフィルター、ファンフィルタ、層流空気流・バイオセイフティー、散気装置、エアーシャワ装置
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム技術装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの膝関節再建装置市場見通し
  • セラミック織物の世界市場予測(~2021年):耐火セラミック繊維(RCF)、低生体内耐久性セラミック繊維、多結晶セラミック繊維
    当調査レポートでは、セラミック織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、繊維種類別分析、形状別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、セラミック織物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUSBフラッシュドライブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のUSBフラッシュドライブ市場2016について調査・分析し、USBフラッシュドライブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の空気入りタイヤ市場2015
    本調査レポートでは、中国の空気入りタイヤ市場2015について調査・分析し、空気入りタイヤの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソプレノール市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソプレノール市場2016について調査・分析し、イソプレノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アダプティブ・セキュリティの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、アダプティブ・セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、用途別分析、導入形態別分析、産業別分析、アダプティブ・セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"