"コイルドチュービング(CT)の世界市場予測:フリート別、サービス別、用途別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP3441)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コイルドチュービング(CT)の世界市場予測:フリート別、サービス別、用途別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The coiled tubing market is projected to grow at a CAGR of 7.1% from 2019 to 2024” The global coiled tubing market size is projected to reach USD 5.4 billion by 2024, from an estimated USD 3.8 billion in 2019, growing at a CAGR of 7.1% during the forecast period. The global coiled tubing industry is driven mainly by the growing demand for well intervention operations, redevelopment of mature fields, and advancements in shale developments. The increasing demand for larger diameter coiled tubing and the evolution of intelligent coiled tubing units are likely to offer lucrative opportunities for the market players over the next five years.

“The onshore segment, by application, is expected to be the fastest-growing market from 2019 to 2024”
The coiled tubing market is witnessing high demand from onshore applications as new well drilling activities are rising in onshore locations at a faster pace than in the offshore fields. Also, most of the onshore fields in the Middle East and North America are in their declining phase, where pumping operations and mechanical operations performed through coiled tubing can improve the production from reservoirs.
Additionally, the development of domestic shale gas and tight oil reserves drive the major surge in crude oil and natural gas production in North America. This has resulted in the improved efficiency of the operations for increasing production from oil & gas wells. This increase in well intervention activities leads to a rise in coiled tubing operations in onshore wells.

“North America: The largest and the fastest-growing region in the global coiled tubing market.”
North America is expected to dominate the global coiled tubing market between 2019 and 2024. The North American oil production is rising drastically, with a growth rate of 7.7% from 2017 to 2018. Moreover, the continuous shale activities in the region are driving the demand for well intervention operations. The upstream operators, such as Total, ExxonMobil, Chevron, and Apache, also have a significant presence in North America. This creates more opportunities for oilfield service providers to capture long-term contracts.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier 1- 65%, Tier 2- 24%, and Tier 3- 11%
By Designation: C-Level- 30%, Director Level- 25%, and Others- 45%
By Region: Asia Pacific- 25%, Middle East– 23, Africa – 12%, Europe- 18%, North America- 13%, and South & Central America- 9%
Note: Others include sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined based on their total revenue as of 2017. Tier 1: USD 1 billion and above, Tier 2: From USD 500 million to USD 1 billion, and Tier 3: The coiled tubing market is dominated by a few major players that have a wide regional presence. The leading players in the coiled tubing are Halliburton (US), Schlumberger (US), BHGE (US), Weatherford (US), and C&J Energy Services (US).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the coiled tubing by service, application, fleet, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major coiled tubing market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market, which include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates in terms of value, and future trends in the coiled tubing.

Why Buy this Report?
1. The report identifies and addresses the key markets for coiled tubing operations and services, which would help equipment manufacturers and service providers review the growth in demand.
2. The report helps system providers understand the pulse of the market and provides insights into drivers, restraints, opportunities, and challenges.
3. The report will help key players understand the strategies of their competitors better and help them in making better strategic decisions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コイルドチュービング(CT)の世界市場予測:フリート別、サービス別、用途別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.2.1 Coiled Tubing Market, By Service: Inclusions Vs. Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Primary Sources
2.1.1.2 Breakdown of Primaries
2.2 Scope
2.2.1 Scope of the Coiled Tubing Market
2.3 Key Influencing Factors/Drivers
2.3.1 Well Count
2.3.2 Coiled Tubing Unit Count
2.3.3 Production Trends
2.3.4 Crude Oil Prices
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Ideal Demand-Side Analysis
2.4.1.1 Assumptions
2.4.1.2 Calculation
2.4.2 Supply-Side Analysis
2.4.2.1 Assumptions
2.4.2.2 Calculation
2.4.3 Forecast
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Primary Insights
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 40)
4.1 Attractive Opportunities in the Coiled Tubing Market
4.2 Market, By Service
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Region
4.5 North America Coiled Tubing Market, By Application & Country
5 Coiled Tubing Market, By Service (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.1.1 Well Intervention
5.1.1.1 Well Completions & Mechanical Operations
5.1.1.1.1 Increasing Concerns for Improving Well Accessibility and Enhancing Production are Expected to Drive the Well Completions & Mechanical Operations Market
5.1.1.2 Well Cleaning & Pumping Operations
5.1.1.2.1 Optimization of Mature Oil & Gas Reservoirsdrives the Demand for Well Cleaning & Pumping Operations
5.1.2 Drilling
5.1.2.1 Multilateral Well Drilling is Driving the Coiled Tubing Drilling Market
5.1.3 Others
6 Coiled Tubing Market, By Application (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Onshore
6.2.1 Onshore Shale Development in North America and Higher Number of Mature Onshore Oilfields in the Middle East are Likely to Provide Opportunities for Coiled Tubing Service Providers
6.3 Offshore
6.3.1 Greater Logistical and Operational Challenges are Affecting the Growth of Coiled Tubing Operations in Offshore Regions
7 Coiled Tubing Market, By Fleet (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 By Region
7.2.1 North America
7.2.1.1 Demand for Coiled Tubing Operations From Shale Development in North America is the Major Reason for the Higher Number of Active Fleets in the Region
7.2.2 Europe
7.2.2.1 Europe Witnessed the Highest Utilization Rate for Coiled Tubing Fleet as the Offshore Operations are High in the Region
7.2.3 Asia Pacific
7.2.3.1 Asia Pacific is Expected to Increase the Highest Number of Fleet in the Next 5 Years as the Production Activities in the Region are Rising
7.2.4 South & Central America
7.2.4.1 High Well Intervention Demand From Brazil and Mexico Were Major Demand Generators for Coiled Tubing Units in South & Central America
7.2.5 Middle East
7.2.5.1 Redevelopment of the Mature Fields in the Middle East Creates Enormous Demand for Coiled Tubing Services in the Region
7.2.6 Africa
7.2.6.1 Africa is Still in the Nascent Phase for the Coiled Tubing Market; Thus the Fleet Count is Lower in the Region
7.3 By Operator
7.3.1 Introduction
7.3.2 C&J Energy Services
7.3.3 Step Energy Services
7.3.4 Key Energy Services
7.3.5 Pioneer Energy Services
7.3.6 Basic Energy Services
7.3.7 Calfrac Well Services
8 Coiled Tubing Market, By Region (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 By Fleet
8.2.2 By Service
8.2.3 By Application
8.2.4 By Country
8.2.5 US
8.2.5.1 Rising Demand for Well Intervention Operations for Shale Development and Redevelopment of Mature Oil Basins is Driving the US Coiled Tubing Market
8.2.6 Canada
8.2.6.1 Rising Focus on the Increasing Production From the Oil Sands is Likely to Drive the Coiled Tubing Market in Canada
8.3 Europe
8.3.1 By Fleet
8.3.2 By Service
8.3.3 By Application
8.3.4 By Country
8.3.4.1 Russia
8.3.4.1.1 Rising E&P Activities in the East Siberia and Caspian Region are Likely to Drive the Russian Coiled Tubing Market
8.3.4.2 UK
8.3.4.2.1 Rising Well Intervention Operations Demand in the UK is Likely to Drive the Coiled Tubing Market
8.3.4.3 Norway
8.3.4.3.1 High Maturity Rates of Oil & Gas Fields in Norwegian Continental Shelf (Ncs) are Boosting the Demand for Coiled Tubing Operations in Norway
8.3.4.4 Rest of Europe
8.4 South & Central America
8.4.1 By Fleet
8.4.2 By Service
8.4.3 By Application
8.4.4 By Country
8.4.4.1 Mexico
8.4.4.1.1 Investments for Expediting Oil & Gas Production From Existing Reserves are Driving the Mexican Coiled Tubing Market
8.4.4.2 Brazil
8.4.4.2.1 Recent Developments in Offshore Brazilian Oil & Gas Fields are Driving the Coiled Tubing Market
8.4.4.3 Venezuela
8.4.4.3.1 Reviving Oil & Gas Activities in Venezuela are Likely to Bring Opportunities for the Coiled Tubing Market
8.4.4.4 Argentina
8.4.4.4.1 Development of Shale Reserves is Expected to Drive the Well Intervention Market
8.4.4.5 Rest of South & Central America
8.5 Asia Pacific
8.5.1 By Fleet
8.5.2 By Service
8.5.3 By Application
8.5.4 By Country
8.5.4.1 China
8.5.4.1.1 Deepwater Drilling Activities and Shale Exploration & Production are Likely to Drive the Chinese Coiled Tubing Market
8.5.4.2 India
8.5.4.2.1 Revamping of Mature Oilfields is Expected to Drive the Market in India During the Forecast Period
8.5.4.3 Australia
8.5.4.3.1 Development of the Untapped Shale Reserves in Australia is Driving the Australian Market
8.5.4.4 Indonesia
8.5.4.4.1 Rising Demand for Well Intervention Operations to Revive the Production is Boosting the Demand for Coiled Tubing Operations in Indonesia
8.5.4.5 Malaysia
8.5.4.5.1 Concerns for Optimization of Oil & Gas Production are Likely to Drive the Malaysian Market
8.5.4.6 Rest of Asia Pacific
8.6 Middle East
8.6.1 By Fleet
8.6.2 By Service
8.6.3 By Application
8.6.4 By Country
8.6.4.1 Saudi Arabia
8.6.4.1.1 Boosted Oil Production From Onshore Fields and the Surge in Offshore Oil & Gas Exploration are Expected to Drive the Market
8.6.4.2 UAE
8.6.4.2.1 Demand for Well Intervention Services is Likely to Grow With Fast Depleting Oil Production From Oilfields
8.6.4.3 Kuwait
8.6.4.3.1 The Government’s Focus to Increase Oil Production is Expected to Create Opportunities for Coiled Tubing Operations
8.6.4.4 Oman
8.6.4.4.1 Recent Oil & Gas Exploration & Production Activities in Onshore Oman are Likely to Create Demand for the Market in the Country
8.6.4.5 Rest of Middle East
8.7 Africa
8.7.1 By Fleet
8.7.2 By Service
8.7.3 By Application
8.7.4 By Country
8.7.4.1 Algeria
8.7.4.1.1 Upcoming Drilling Projects in Algeria and Rising Capital Expenditure in Upstream Operations are Likely to Boost the Market in the Country
8.7.4.2 Egypt
8.7.4.2.1 New Discoveries in Egypt Pave Demand Opportunities for Coiled Tubing Operations
8.7.4.3 Nigeria
8.7.4.3.1 Rising Exploration Activities and Developments in Mature Oil & Gas Fields are Expected to Support the Market in Nigeria During the Forecast Period
8.7.4.4 Angola
8.7.4.4.1 Demand for Well Intervention Operations From Offshore Locations is Driving the Market in Angola
8.7.4.5 Rest of Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 118)
9.1 Overview
9.2 Ranking of Players and Industry Concentration, 2018
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Mergers & Acquisitions
9.3.2 Contracts & Agreements
9.3.3 New Product Launches
9.3.4 Partnerships/Collaborations/Joint Ventures/Mergers & Acquisitions
9.4 Competitive Leadership Mapping
9.4.1 Visionary Leaders
9.4.2 Innovators
9.4.3 Dynamic
9.4.4 Emerging
10 Company Profile (Page No. – 127)
10.1 Halliburton
10.1.1 Business Overview
10.1.2 Product & Service Offerings
10.1.3 Recent Developments
10.1.4 MnM View
10.2 Schlumberger
10.2.1 Business Overview
10.2.2 Product & Service Offerings
10.2.3 Recent Developments
10.2.4 MnM View
10.3 Baker Hughes, a GE Company
10.3.1 Business Overview
10.3.2 Product & Service Offerings
10.3.3 Recent Developments
10.3.3.1 Bhge
10.3.4 MnM View
10.4 Weatherford
10.4.1 Business Overview
10.4.2 Product & Service Offerings
10.4.3 MnM View
10.5 C&J Energy Services
10.5.1 Business Overview
10.5.2 Product Offerings
10.5.3 Recent Developments
10.5.4 MnM View
10.6 Superior Energy Services
10.6.1 Business Overview
10.6.2 Product Offerings
10.6.3 Recent Developments
10.6.4 MnM View
10.7 Trican
10.7.1 Business Overview
10.7.2 Product Offerings
10.7.3 Recent Developments
10.7.4 MnM View
10.8 Altus Intervention
10.8.1 Business Overview
10.8.2 Product Offerings
10.8.3 Recent Developments
10.8.4 MnM View
10.9 National Energy Services Reunited (NESR)
10.9.1 Business Overview
10.9.2 Product Offerings
10.10 Sahara Petroleum Services Company (SAPESCO)
10.10.1 Business Overview
10.10.2 Product Offerings
10.11 Oilserv
10.11.1 Business Overview
10.11.2 Product Offerings
10.12 RPC Inc.
10.12.1 Business Overview
10.12.2 Product Offerings
10.12.3 Recent Developments
10.12.4 MnM View
10.13 Basic Energy Services
10.13.1 Business Overview
10.13.2 Product Offerings
10.13.3 MnM View
10.14 Oceaneering International
10.14.1 Business Overview
10.14.2 Product Offerings
10.14.3 Recent Developments
10.14.4 MnM View
10.15 Step Energy Services
10.15.1 Business Overview
10.15.2 Product Offerings
10.15.3 Recent Developments
10.15.4 MnM View
10.16 Calfrac Well Services
10.16.1 Business Overview
10.16.2 Product Offerings
10.16.3 MnM View
10.17 Key Energy Services
10.17.1 Business Overview
10.17.2 Product Offerings
10.17.3 MnM View
10.18 Nine Energy Services
10.18.1 Business Overview
10.18.2 Product Offerings
10.18.3 Recent Developments
10.18.4 MnM View
10.19 Pioneer Energy Services
10.19.1 Business Overview
10.19.2 Product Offerings
10.19.3 MnM View
10.20 Legend Energy Services
10.20.1 Business Overview
10.20.2 Product Offerings
11 Appendix (Page No. – 169)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コイルドチュービング(CT)の世界市場予測:フリート別、サービス別、用途別
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP3441
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コイルドチュービング(CT)の世界市場予測:フリート別、サービス別、用途別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 陽子線治療システムの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、陽子線治療システムの世界市場について調査・分析し、陽子線治療システムの世界市場動向、陽子線治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別陽子線治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 包装用袋の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装用袋の世界市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の埋め込み型注入ポンプ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、埋め込み型注入ポンプのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・埋め込み型注入ポンプの概要 ・埋め込み型注入ポンプの開発動向:開発段階別分析 ・埋め込み型注入ポンプの開発動向:セグメント別分析 ・埋め込み型注入ポンプの開発動向:領域別分析 ・埋め込み型注入ポンプの開発動向:規制Path別分析 ・埋め込み型注入ポンプの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別埋め込み型注入ポンプの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・埋め込み型注入ポンプの最近動向
  • 商業用海藻の世界市場分析:製品別(茶色海藻、赤色海藻、緑色海藻)、形状別(液体、粉体、フレーク)、用途別(農業、飼料、人による消費)、セグメント予測
    本調査レポートでは、商業用海藻の世界市場について調査・分析し、商業用海藻の世界市場動向、商業用海藻の世界市場規模、市場予測、セグメント別商業用海藻市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ソーラーカーの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ソーラーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、 EV別(BEV、HEV・PHEV)分析、車両タイプ別(PC・CV)分析、バッテリー別(リチウムイオン、鉛酸、鉛カーボン)分析、ーラーパネル別(単結晶・多結晶)分析、ソーラーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デキストランの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デキストランの世界市場について調査・分析し、デキストランの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デキストランシェア、市場規模推移、市場規模予測、デキストラン種類別分析(デキストラン20、デキストラン40、デキストラン60、デキストラン70、その他)、デキストラン用途別分析(注射・注入用溶液、デキストラン誘導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デキストランの市場概観 ・デキストランのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デキストランのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デキストランの世界市場規模 ・デキストランの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デキストランのアメリカ市場規模推移 ・デキストランのカナダ市場規模推移 ・デキストランのメキシコ市場規模推移 ・デキストランのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・デキストランのドイツ市場規模推移 ・デキストランのイギリス市場規模推移 ・デキストランのロシア市場 …
  • 自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワートレイン試験サービス市場規模、種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場概要 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場環境 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場動向 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場規模 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン) ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワートレイン試験サービスの北米市場規模・予測 ・自動車用パワートレイン試験サービスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用パワ …
  • 歯痛(Dental Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、歯痛(Dental Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯痛(Dental Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・歯痛(Dental Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・歯痛(Dental Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・歯痛(Dental Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・歯痛(Dental Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の歯痛(Dental Pain)治療薬剤
  • 植物ゲノムの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、植物ゲノムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、目的別(抽出、シーケンス、ジェノタイピング、遺伝子発現、MAS、およびGMO形質純度試験)分析、種類別(分子工学および遺伝子工学)分析、特性別分析、用途別分析、植物ゲノムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、植物ゲノムの世界市場規模が2019年73億ドルから2025年117億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。
  • リスク分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、リスク分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア種類別(ETL、リスク計算エンジン、スコアカード、視覚化)分析、サービス別分析、リスク種類別(戦略的リスク、運用リスク、財務リスク)分析、展開モード別分析、リスク分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、リスク分析の世界市場規模が2019年230億ドルから2024年459億ドルまで年平均14.8%成長すると予測しています。
  • 電力供給の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力供給の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、出力電力別分析、製品タイプ別分析、産業別(照明、民生機器、テレコム、輸送、食品・飲料、医療・ヘルスケア、軍事・航空宇宙、工業)分析、電力供給の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体製造装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体製造装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体製造装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 半導体製造装置とは、半導体素子を製造する装置です。半導体素子を製造する装置は、そのプロセスによりフロントエンド装置とバックエンド装置に分類されます。フロントエンド装置には、ウエハー製造、リソグラフィ、成膜、エッチング、洗浄、化学機械研磨などが含まれます。バックエンド装置には、組み立て、パッケージング装置、IC検査が含まれます。Technavio社は半導体製造装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.36 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Applied Materials • ASML• KLA-Tencor• Lam Research• Tokyo Electron等です。
  • 電力系統シミュレータの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、電力系統シミュレータの世界市場について調査・分析し、電力系統シミュレータの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・電力系統シミュレータの世界市場規模:実装モデル別分析 ・電力系統シミュレータの世界市場規模:モジュール別分析 ・電力系統シミュレータの世界市場規模:提供別分析 ・電力系統シミュレータの世界市場規模:用途別分析 ・電力系統シミュレータの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・電力系統シミュレータの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 韓国の整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 膣鏡の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膣鏡の世界市場について調査・分析し、膣鏡の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膣鏡シェア、市場規模推移、市場規模予測、膣鏡種類別分析(プラスチック、ステンレス)、膣鏡用途別分析(外科用、検査用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膣鏡の市場概観 ・膣鏡のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膣鏡のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膣鏡の世界市場規模 ・膣鏡の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膣鏡のアメリカ市場規模推移 ・膣鏡のカナダ市場規模推移 ・膣鏡のメキシコ市場規模推移 ・膣鏡のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膣鏡のドイツ市場規模推移 ・膣鏡のイギリス市場規模推移 ・膣鏡のロシア市場規模推移 ・膣鏡のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・膣鏡の日本市場規模推移 ・膣鏡の中国市場規模推移 ・膣鏡の韓国市場規模推移 ・膣鏡のインド市場規模推移 ・膣鏡の東南アジア市場規模推移 ・膣鏡 …
  • 電池マネージメントシステムの世界市場
    当調査レポートでは、電池マネージメントシステムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電池マネージメントシステムの世界市場:種類別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムのアメリカ市場規模予測 ・電池マネージメントシステムのヨーロッパ市場規模予測 ・電池マネージメントシステムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • がんの支持療法薬剤の世界市場:治療クラス別(G-CSF、ビスホスホネート、制吐薬、オピオイド、NSAID、ESA)、主要市場別、ベンダーの展望別、セグメント予測
    がんの支持療法薬剤の世界市場は2022年には235億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率1.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がん治療に伴う多くの副作用、バイオシミラーの使用増加、医療支出の増加、効果的な治療法(標的治療、カスタマイズされた治療など)が利用可能になったことなどが考えられます。本調査レポートでは、がんの支持療法薬剤の世界市場について調査・分析し、がんの支持療法薬剤の世界市場動向、がんの支持療法薬剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別がんの支持療法薬剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脊椎炎(Spondylitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊椎炎(Spondylitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊椎炎(Spondylitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊椎炎(Spondylitis)の概要 ・脊椎炎(Spondylitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊椎炎(Spondylitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊椎炎(Spondylitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脊椎炎(Spo …
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボディケア(スキンケア)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界のモンタンワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のモンタンワックス市場2015について調査・分析し、モンタンワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用スプレーバルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用スプレーバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スプレーバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドストレージサービスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、クラウドストレージサービスの世界市場について調べ、クラウドストレージサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、クラウドストレージサービスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(大企業、中小企業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はクラウドストレージサービスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均28%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・クラウドストレージサービスの市場状況 ・クラウドストレージサービスの市場規模 ・クラウドストレージサービスの市場予測 ・クラウドストレージサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・クラウドストレージサービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アンチセンス及びRNAi治療の世界市場:技術別(siRNA、miRNA)、用途別(腫瘍、心血管、神経変性疾患)、投与経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場について調査・分析し、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場動向、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別アンチセンス及びRNAi治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 透明セラミックスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、透明セラミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、透明セラミックス市場規模、材料別(イットリウムアルミニウムガーネット(YAG)、スピネル、サファイア、酸窒化アルミニウム、その他)分析、種類別(多結晶質透明セラミック、単結晶質透明セラミック、その他)分析、用途別(ドーム・窓、透明アーマー、その他)分析、エンドユーザー別(光学・オプトエレクトロニクス、航空宇宙・防衛・セキュリティ、機械・化学、センサー・器具、医療、エネルギー、消費財/エレクトロニクス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 透明セラミックスの世界市場:市場動向分析 ・ 透明セラミックスの世界市場:競争要因分析 ・ 透明セラミックスの世界市場:材料別(イットリウムアルミニウムガーネット(YAG)、スピネル、サファイア、酸窒化アルミニウム、その他) ・ 透明セラミックスの世界市場:種類別(多結晶質透明セラミック、単結晶質透明セラミック、その他) …
  • ガスタービンサービスの世界市場予測:ヘビーデューティ型、航空機転用型
    当調査レポートでは、ガスタービンサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、サービスプロバイダ別分析、ガスタービンサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アーモンドミルクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アーモンドミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーモンドミルクの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ハイチ産ベチバ油の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ハイチ産ベチバ油の世界市場について調査・分析し、ハイチ産ベチバ油の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:市場動向分析 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:競争要因分析 - ハイチ産べチバ油の世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・香水・香料製品 ・医薬品 ・その他 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:製品別 ・オーガニック ・ 従来型 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:主要地域別分析 - ハイチ産ベチバ油の北米市場規模(アメリカ市場等) - ハイチ産ベチバ油のヨーロッパ市場規模 - ハイチ産ベチバ油のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ハイチ産ベチバ油の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車オンデマンドモビリティの世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、自動車オンデマンドモビリティの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. オンデマンドモビリティ市場の概要 3. オンデマンドモビリティの世界市場 4. オンデマンドモビリティの国別市場予測 2016-2026 5. オンデマンドモビリティ市場における障壁と機会 6. 専門家の意見 7. オンデマンドモビリティ市場における主要企業 8. 結論 9. 用語集
  • 韓国の小関節処置動向(~2021)
  • 椎骨形成術用装置の世界市場分析・予測
  • 糖尿病患者用食品の世界市場
    当調査レポートでは、糖尿病患者用食品の世界市場について調査・分析し、糖尿病患者用食品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 糖尿病患者用食品の世界市場:市場動向分析 - 糖尿病患者用食品の世界市場:競争要因分析 - 糖尿病患者用食品の世界市場:製品別 ・糖尿病患者用スプレッド ・糖尿病患者用菓子 ・糖尿病患者用パン ・乳製品 ・アイスクリームおよびゼリー ・ダイエット飲料 ・その他 - 糖尿病患者用食品の世界市場:主要地域別分析 - 糖尿病患者用食品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 糖尿病患者用食品のヨーロッパ市場規模 - 糖尿病患者用食品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・糖尿病患者用食品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • セシウムの世界市場:塩化セシウム、ヨウ化セシウム、水酸化セシウム、その他
    当調査レポートでは、セシウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セシウム市場規模、製品別(塩化セシウム、ヨウ化セシウム、水酸化セシウム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Elements, Avalon Advanced Materials, Cabot Corporation, Frontier Lithium, Pioneer Resourcesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セシウムの世界市場概要 ・セシウムの世界市場環境 ・セシウムの世界市場動向 ・セシウムの世界市場規模 ・セシウムの世界市場:業界構造分析 ・セシウムの世界市場:製品別(塩化セシウム、ヨウ化セシウム、水酸化セシウム、その他) ・セシウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セシウムの北米市場規模・予測 ・セシウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セシウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・セシウムの主要国分析 ・セシウム …
  • 世界の自動車アフターマーケット市場規模・予測2017-2025:交換部品別(タイヤ、電池、ブレーキ部品、フィルター、ボディパーツ、照明・電子部品、タイヤ、排気部品、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車アフターマーケット市場について調査・分析し、世界の自動車アフターマーケット市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車アフターマーケット関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場:用途別、類型別(品質管理、品質保証サービス)、エンドユーズ別(実験室、在宅医療、病院)
    本調査レポートでは、体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場について調査・分析し、体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場動向、体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別体外診断薬(IVD)品質管理製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車フライホイールの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車フライホイールの世界市場について調査・分析し、自動車フライホイールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車フライホイールの世界市場:市場動向分析 - 自動車フライホイールの世界市場:競争要因分析 - 自動車フライホイールの世界市場見通し:用途別 商用軽自動車 (LCVs) 商用中型及び大型自動車 (M&HCV) 自家用車 - 自動車フライホイールの世界市場:主要地域別分析 - 自動車フライホイールの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車フライホイールのヨーロッパ市場規模 - 自動車フライホイールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車フライホイールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • テーマパークバケーションの世界市場:ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク
    当調査レポートでは、テーマパークバケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク、その他)分析、年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ)分析、旅行客種類別(ソロ、グループ)分析、販売チャンネル(オンラインチャネル、ダイレクトチャネル)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・テーマパークバケーションの世界市場:種類別(ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク、その他) ・テーマパークバケーションの世界市場:年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ) ・テーマパークバケーションの世界市場:旅行客種類別(ソロ、グループ) ・テーマパークバケーションの世界市場:販売チャンネル(オンラインチャネル、ダイレクトチャネル) ・テーマパークバケーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界の輸液ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の輸液ポンプ市場2015について調査・分析し、輸液ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サプライチェーン分析の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、サプライチェーン分析の世界市場について調査・分析し、サプライチェーン分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・サプライチェーン分析の世界市場:市場動向分析 ・サプライチェーン分析の世界市場:競争要因分析 ・サプライチェーン分析の世界市場:導入別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:用途別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の北米市場規模 ・サプライチェーン分析の欧州市場規模 ・サプライチェーン分析のアジア市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 石油・ガス産業向け空気圧縮機の世界市場:PD空気圧縮機、遠心空気圧縮機
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け空気圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け空気圧縮機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 花火の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、花火の世界市場について調査・分析し、花火の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別花火シェア、市場規模推移、市場規模予測、花火種類別分析(カテゴリA、カテゴリB、カテゴリC、カテゴリD)、花火用途別分析(政府、商業用、個人用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・花火の市場概観 ・花火のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・花火のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・花火の世界市場規模 ・花火の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・花火のアメリカ市場規模推移 ・花火のカナダ市場規模推移 ・花火のメキシコ市場規模推移 ・花火のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・花火のドイツ市場規模推移 ・花火のイギリス市場規模推移 ・花火のロシア市場規模推移 ・花火のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・花火の日本市場規模推移 ・花火の中国市場規模推移 ・花火の韓国市場規模推移 ・花火のインド市場規模推移 ・ …
  • 世界のサイクラミン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイクラミン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、サイクラミン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場分析
    本調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場について調査・分析し、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場動向、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別嚢胞性線維症(CF)治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオプラスチックの世界市場:生分解性プラスチック、非生分解性プラスチック
    当調査レポートでは、バイオプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、バイオプラスチックの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料用酸性化剤の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、飼料用酸性化剤の世界市場について調査・分析し、飼料用酸性化剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・飼料用酸性化剤の世界市場:市場動向分析 ・飼料用酸性化剤の世界市場:競争要因分析 ・飼料用酸性化剤の世界市場:種類別分析/市場規模 ・飼料用酸性化剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・飼料用酸性化剤の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・飼料用酸性化剤の世界市場:形態別分析/市場規模 ・飼料用酸性化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・飼料用酸性化剤の北米市場規模 ・飼料用酸性化剤の欧州市場規模 ・飼料用酸性化剤のアジア市場規模 ・飼料用酸性化剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の磁性粒子市場2016
    本調査レポートでは、世界の磁性粒子市場2016について調査・分析し、磁性粒子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シェアードサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シェアードサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シェアードサービスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 放線菌症(Actinomycosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、放線菌症(Actinomycosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・放線菌症(Actinomycosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・放線菌症(Actinomycosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・放線菌症(Actinomycosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・放線菌症(Actinomycosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・放線菌症(Actinomycosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の放線菌症(Actinomycosis)治療薬剤
  • 原薬(API)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、原薬(API)の世界市場について調査・分析し、原薬(API)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 原薬(API)の世界市場:市場動向分析 - 原薬(API)の世界市場:競争要因分析 - 原薬の世界市場:原薬種類別 ・合成化学原薬 ・バイオ原薬 ・高活性原薬(HPAPI) - 原薬の世界市場:製造種類別 ・自家用製造 ・委託製造 - 原薬の世界市場:治療用途別 ・抗感染薬 ・心臓血管・造血系 ・中枢神経系・神経疾患 ・糖尿病 ・内分泌学 ・消化器疾患 ・ホルモン障害 ・代謝異常 ・筋骨格障害 ・腎臓 ・腫瘍学 ・眼科 ・整形外科的障害 ・肺臓学 - 原薬(API)の世界市場:主要地域別分析 - 原薬(API)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 原薬(API)のヨーロッパ市場規模 - 原薬(API)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・原薬(API)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 一般外科用装置の世界市場:種類別(消耗品、直視下手術用器具、エネルギーベース及び動力付き機器)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、一般外科用装置の世界市場について調査・分析し、一般外科用装置の世界市場動向、一般外科用装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別一般外科用装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"