"延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測:フォーム別、用途別、エンドユーズ産業別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH7418)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測:フォーム別、用途別、エンドユーズ産業別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand from oil & gas and chemical end-use industries to drive the overall growth of the ePTFE market.The ePTFE market size is expected to grow from USD 816 million in 2019 to USD 1,105 million by 2024, at a CAGR of 6.2% during the forecast period. The ePTFE market is driven by various factors, such as increasing demand from chemical, oil &gas, and transportation industries. The growth of these industries is anticipated to further propel the growth of the market over the forecast period. However, the high manufacturing cost of ePTFE is likely to hinder the growth of the market.

Gaskets segment to drive the global market during the forecast period
The ePTFE market has been segmented based on application into gaskets, filtration & separation, dielectric constant, and others. Among these applications, the gaskets segment accounted for the largest share of the market over the forecast period. The market growth in this segment is attributed to its flexible nature, which makes it a useful sealing material in bolted flange joints in pipelines, hydraulic systems, and pneumatic systems. These factors are expected to drive demand during the forecast period.

Oil & gas segment expected to hold the largest market share during the forecast period
The oil & gas segment is growing rapidly owing to the various properties of ePTFE, including chemical inertness, thermal stability, and corrosion resistance make it suitable for use in vessel linings, seals, gaskets, spacers, plain bearings, gears, pipes, slide plates, and drilling parts. These factors are expected to drive the demand for polyurethane in paints & coatings application.

APAC is expected to record the highest growth rate during the forecast period
APAC is expected to have the highest growth rate during the forecast period due to the increasing usage of ePTFE in various end-use industries such as oil & gas, chemical, medical, and transportation, among others. China, India, Japan, and South Korea provide enormous opportunities for the ePTFE market due to the presence of a large manufacturing sector and growing construction industry. On the other hand, North America is projected to hold the second-largest market size during the forecast period.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the PUDs marketplace.

• By Company Type – Tier 1: 30%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 30%
• By Designation – C Level: 30%, Managers: 50%, Others : 20%
• By Region – North America: 30%, Europe: 30%, APAC: 10%, Middle East & Africa: 10% and South America: 10%

The ePTFE market comprises major solution providers, such as W.L. Gore & Associates, Inc. (US), Donaldson Company, Inc. (US), Teadit (Austria) Zeus Industrial Products, Inc. (US), Dexmet Corporation (US), Phillips Scientific, Inc. (US), Rogers Corporation (US), Poly Fluoro Ltd (India), Markel Corporation (US), Shanghai Lanle Plastics Co.Ltd (China). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the ePTFE market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The report covers the ePTFE market based on form, application, end-use industry, and region. This study aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segmentation types. It also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall ePTFE market and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測:フォーム別、用途別、エンドユーズ産業別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Expanded PTFE Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Expanded PTFE Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Base Number Calculation
2.2.1 Supply Side Analysis
2.2.1.1 Approach 1
2.2.1.2 Approach 2
2.2.2 Demand Side Analysis
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Market Size Estimation Methodology: Bottom-Up Approach
2.3.2 Market Size Estimation Methodology: Top-Down Approach
2.4 Primary Data
2.4.1 Key Data From Primary Sources
2.4.1.1 Breakdown of Primary Interviews
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Expanded PTFE Market
4.2 Expanded PTFE Market, By Region
4.3 Expanded PTFE Market in APAC, By Country and Form, 2018
4.4 Global Expanded PTFE Market, By Key Countries
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for ePTFE Gaskets From the Oil & Gas and Chemical Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Production Cost of ePTFE
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Use in Microfiltration and Venting Applications, and Medical Accessories
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Fluctuating Oil & Gas Prices
6 Industry Trends (Page No. – 36)
6.1 Porter’s Five Forces Analysis
6.1.1 Bargaining Power of Suppliers
6.1.2 Threat of New Entrants
6.1.3 Threat of Substitutes
6.1.4 Bargaining Power of Buyers
6.1.5 Intensity of Competitive Rivalry
6.2 Macroeconomic Indicators
6.2.1 Trends of Oil Production and Drilling
6.2.2 Trends of Gas Production
6.2.3 Trends and Forecast of GDP
6.2.4 Contribution of Healthcare Spending to GDP
6.3 Expanded Polytetrafluoroethylene (ePTFE) Patent Analysis
7 Expanded PTFE Market, By Form (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Sheets
7.2.1 ePTFE Sheets are Used as Sealing Materials in Various Industries
7.3 Tapes
7.3.1 The Soft and Flexible Nature of ePTFE Tapes Help Provide Seal on Irregular Surfaces
7.4 Membranes
7.4.1 ePTFE Membranes Have High Filtration Efficiency and Air Permeability
7.5 Fibers
7.5.1 ePTFE Fabrics Can Be Bonded to Many Materials Using Resins
7.6 Others
8 Expanded PTFE Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Gaskets
8.2.1 Increased Demand for Acoustic Insulation in the Construction Industry is Expected to Boost the Market
8.3 Filtration & Separation
8.3.1 Aerosol Sampling, Air Venting, and Gas Filtration are Among the Major Uses of ePTFE Filters
8.4 Dielectric Materials
8.4.1 Cables for High Data Rate, Power and Signal Delivery, and CAPACitors are Some of the Key Uses of ePTFE-Based Dielectric Materials
8.5 Others
9 Expanded PTFE Market, By End-Use Industry (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Oil & Gas
9.2.1 ePTFE is Used in Pipe Liners, Coatings, Control Line Encapsulation, Power Cables, and Other Applications in This End-Use Industry
9.3 Chemical
9.3.1 ePTFE Prevents Contamination of Products and Maintains Purity of Processing Streams
9.4 Transportation
9.4.1 ePTFE is Used in Low Friction Applications in the Automotive Industry
9.5 Medical
9.5.1 The Applications of ePTFE are Growing in This End-Use Industry
9.6 Others
10 Expanded PTFE Market, By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 APAC
10.2.1 China
10.2.1.1 China is the Largest Producer of the Major Raw Materials for Fluoropolymer
10.2.2 Japan
10.2.2.1 High Growth Prospects of the Chemical Industry in the Country are Expected to Propel the Market in the Future
10.2.3 India
10.2.3.1 Increasing Demand From the Chemical Industry is Fueling the Market
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 The Automotive Industry is One of the Key End Users of ePTFE in the Country
10.2.5 Indonesia
10.2.5.1 Urbanization is Expected to Indirectly Influence the Demand for ePTFE in the Country
10.2.6 Rest of APAC
10.3 North America
10.3.1 US
10.3.1.1 Increasing Demand From the Chemical Industry is Expected to Drive the Market
10.3.2 Canada
10.3.2.1 The Growing Chemical Industry is Boosting the Market
10.3.3 Mexico
10.3.3.1 The Country’s Electronics Industry Holds Potential for Market Growth
10.4 Europe
10.4.1 Germany
10.4.1.1 As an Automotive Production Hub, Germany Witnesses Demand for ePTFE From the Country’s Automotive Industry
10.4.2 France
10.4.2.1 The Chemical Industry Offers Opportunities for ePTFE Manufacturers in the Country
10.4.3 Russia
10.4.3.1 The Country’s Pharmaceutical Industry is Promising for the Growth of the ePTFE Market
10.4.4 UK
10.4.4.1 The Consumption of ePTFE is Growing in the Country’s Machinery Production Sector
10.4.5 Italy
10.4.5.1 The Recovery of the Country’s Chemical Industry is Positive for the ePTFE Market Growth
10.4.6 Spain
10.4.6.1 Growing End-Use Industries and Economic Expansion are Driving the Market
10.4.7 Rest of Europe
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 The Petrochemical Industry is Impacting the Demand for ePTFE Positively
10.5.2 Iran
10.5.2.1 The Country has A Significant Number of Onshore Crude Oil Reserves
10.5.3 UAE
10.5.3.1 The Country is One of the World’s 10 Largest Oil and Natural Gas Producers
10.5.4 Rest of Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 The Growth of the Chemical Industry is Expected to Increase the Demand for ePTFE
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Argentina has the Third-Largest Automobile Industry in the Region
10.6.3 Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 106)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking of Key Players
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Expansion
11.3.2 New Product Launch
12 Company Profiles (Page No. – 109)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 W.L. Gore & Associates, Inc.
12.2 Donaldson Company, Inc.
12.3 Teadit
12.4 Zeus Industrial Products, Inc.
12.5 Dexmet Corporation
12.6 Phillips Scientific Inc.
12.7 Rogers Corporation
12.8 Poly Fluoro Ltd.
12.9 Markel Corporation
12.10 Shanghai Lanle Plastics Co.,Ltd.
12.11 Other Players
12.11.1 Wuxi Rayflon Polymer Technology Co.
12.11.2 Nitto Denko
12.11.3 Teflex Gasket
12.11.4 Sealmax
12.11.5 Sanghvi Techno Products
12.11.6 KWO Dichtungstechnik GmbH
12.11.7 Ningbo Changqi International Co., Ltd
12.11.8 Zhejiang Jiari Fluoroplastic Co., Ltd.
12.11.9 Inventro Polymers
12.11.10 International Polymer Engineering
12.11.11 Adtech Polymer Engineering
12.11.12 PAR Group
12.11.13 Avko
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 128)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測:フォーム別、用途別、エンドユーズ産業別
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH7418
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測:フォーム別、用途別、エンドユーズ産業別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医療用ロボットの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(機器・付属品、医療用ロボットシステム)分析、用途別(腹腔鏡検査、医薬用途)分析、医療用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックフィルターの世界市場:用途別(産業(バイオフィルター、高温ガスフィルター)、住宅、商業施設)、製品別(水フィルター、エアフィルター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、セラミックフィルターの世界市場動向、セラミックフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脳脊髄液管理の世界市場:製品別(シャント、外部ドレナージ装置)、最終用途別(小児、大人、高齢者)、地域別予測
    本資料は、脳脊髄液管理の世界市場について調べ、脳脊髄液管理の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(シャント、外部ドレナージ装置)分析、最終用途別(小児、大人、高齢者)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脳脊髄液管理の世界市場概要 ・脳脊髄液管理の世界市場環境 ・脳脊髄液管理の世界市場動向 ・脳脊髄液管理の世界市場規模 ・脳脊髄液管理の世界市場規模:製品別(シャント、外部ドレナージ装置) ・脳脊髄液管理の世界市場規模:最終用途別(小児、大人、高齢者) ・脳脊髄液管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳脊髄液管理の北米市場規模・予測 ・脳脊髄液管理のアメリカ市場規模・予測 ・脳脊髄液管理のヨーロッパ市場規模・予測 ・脳脊髄液管理のアジア市場規模・予測 ・脳脊髄液管理の日本市場規模・予測 ・脳脊髄液管理の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 特殊紙の世界市場2018-2022
  • ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飽和ポリエステル樹脂(SPR)の世界市場:液状SPR、固形SPR
    当調査レポートでは、飽和ポリエステル樹脂(SPR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝細胞増殖因子模倣薬の概要 ・肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン概要 ・企業別開発中の肝細胞増殖因子模倣薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝細胞増殖因子模倣薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・肝細胞増殖因子模倣薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 子供用トロリーバッグの世界市場:タイプ別(ハードラゲッジおよびソフトラゲッジ)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他)
    当調査レポートでは、子供用トロリーバッグの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場ランドスケープ、タイプ別分析、流通経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場ランドスケープ ・子供用トロリーバッグの世界市場:タイプ別(ハードラゲッジおよびソフトラゲッジ) ・子供用トロリーバッグの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他) ・子供用トロリーバッグの世界市場:地域別 ・企業概要
  • ガラスハンドリングツール及び機器の世界市場2017-2021:バキュームリフター、搭載・格納機器、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガラスハンドリングツール及び機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラスハンドリングツール及び機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガラスハンドリングツール及び機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBottero、CMS Glass Machinery、Conzzeta Management、C.R. Laurence、HEGLA等です。
  • 高電圧機器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、高電圧機器の世界市場について調査・分析し、高電圧機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 高電圧機器の世界市場:市場動向分析 - 高電圧機器の世界市場:競争要因分析 - 高電圧機器の世界市場:電圧レベル別 ・高電圧(HV)~200kv ・直流高電圧(HVDC)200~800Kv ・超高電圧機器(EHV)500kv ・超超高電圧(UHV)800kv以上 - 高電圧機器の世界市場:機器の種類別 ・無効電力機器 ・絶縁体 ・計器用変成器 ・開閉装置 ・電源変圧器 ・アース材料 ・スイッチ ・制御装置 ・バッテリーセット ・キャリアキャビネット ・通信機器 ・継電器盤 ・リモート監視・制御システム ・その他 - 高電圧機器の世界市場:主要地域別分析 - 高電圧機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 高電圧機器のヨーロッパ市場規模 - 高電圧機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高電圧機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • クロマトグラフィー樹脂の世界市場:タイプ別、技法別(イオン交換、親和性)、最終用途別(製薬・バイオテクノロジー、食品・飲料)、セグメント予測
    クロマトグラフィー樹脂の世界市場は2025年には28億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、契約研究機関(CRO)と契約製造組織(CMO)の数が増加し、食品品質と安全性試験におけるクロマトグラフィーの使用が増えたことが考えられます。本調査レポートでは、クロマトグラフィー樹脂の世界市場について調査・分析し、クロマトグラフィー樹脂の世界市場動向、クロマトグラフィー樹脂の世界市場規模、市場予測、セグメント別クロマトグラフィー樹脂市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • でん粉誘導体の世界市場
    当調査レポートでは、でん粉誘導体の世界市場について調査・分析し、でん粉誘導体の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ケーブル用導管システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブル用導管システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブル用導管システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホルモン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホルモン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)の概要 ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のホルモン・アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用モーターの世界市場:種類別(DCブラシ付きモーター、ブラシレスDCモーター、ステッピングモーター、トラクションモーター)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車、BEV、PHEV)、用途別(パフォーマンス、快適性、利便性、 安全性とセキュリティ)
    本市場調査レポートでは自動車用モーターの代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(DCブラシ付きモーター、ブラシレスDCモーター、ステッピングモーター、トラクションモーター)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車、BEV、PHEV)分析、用途別(パフォーマンス、快適性、利便性、 安全性とセキュリティ)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・自動車用モーターの世界市場:種類別(DCブラシ付きモーター、ブラシレスDCモーター、ステッピングモーター、トラクションモーター) ・自動車用モーターの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車、BEV、PHEV) ・自動車用モーターの世界市場:用途別(パフォーマンス、快適性、利便性、 安全性とセキュリティ) ・自動車用モーターの世界市場:地域別 ・企業概要
  • スマートカードの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートカードの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートカード市場規模、通信別(接触型、非接触型、ハイブリッド型、デュアルインターフェース型、その他)分析、アクセス制御別(物理的、論理的)分析、用途別(医療、輸送、政府、通信、BFSI、サービス、小売、その他)分析、展開方法別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、コンポーネント別(マイクロコントローラーカード、メモリカード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートカードの世界市場:市場動向分析 ・ スマートカードの世界市場:競争要因分析 ・ スマートカードの世界市場:通信別(接触型、非接触型、ハイブリッド型、デュアルインターフェース型、その他) ・ スマートカードの世界市場:アクセス制御別(物理的、論理的) ・ スマートカードの世界市場:用途別(医療、輸送、政府、通信、BFSI、サービス、小売、その他) ・ スマートカードの世界市場:展開方法別(ハードウェア …
  • 珪藻土の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、珪藻土の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、珪藻土市場規模、用途別(濾過、骨材、フィルター、吸収剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・珪藻土の世界市場概要 ・珪藻土の世界市場環境 ・珪藻土の世界市場動向 ・珪藻土の世界市場規模 ・珪藻土の世界市場:業界構造分析 ・珪藻土の世界市場:用途別(濾過、骨材、フィルター、吸収剤、その他) ・珪藻土の世界市場:地域別市場規模・分析 ・珪藻土のアメリカ市場規模・予測 ・珪藻土のヨーロッパ市場規模・予測 ・珪藻土のアジア市場規模・予測 ・珪藻土の主要国分析 ・珪藻土の世界市場:意思決定フレームワーク ・珪藻土の世界市場:成長要因、課題 ・珪藻土の世界市場:競争環境 ・珪藻土の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 湿潤創傷被覆材の世界市場:フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他
    当調査レポートでは、湿潤創傷被覆材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、湿潤創傷被覆材市場規模、製品別(フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Acelity, Coloplast, ConvaTec, Mölnlycke Health Care, Smith & Nephewなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・湿潤創傷被覆材の世界市場概要 ・湿潤創傷被覆材の世界市場環境 ・湿潤創傷被覆材の世界市場動向 ・湿潤創傷被覆材の世界市場規模 ・湿潤創傷被覆材の世界市場:業界構造分析 ・湿潤創傷被覆材の世界市場:製品別(フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他) ・湿潤創傷被覆材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・湿潤創傷被覆材の北米市場規模・予測 ・湿潤創傷被覆材のヨーロッ …
  • 包装機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装機械の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セックストイのアジア太平洋市場2016-2020
    当調査レポートでは、セックストイのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セックストイのアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用ワイヤの世界市場について調査・分析し、自動車用ワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用ワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用ワイヤ種類別分析(銅コア、アルミコア、その他)、自動車用ワイヤ用途別分析(車体、シャシー、エンジン、HVAC、スピードセンサー他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用ワイヤの市場概観 ・自動車用ワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用ワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用ワイヤの世界市場規模 ・自動車用ワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用ワイヤのアメリカ市場規模推移 ・自動車用ワイヤのカナダ市場規模推移 ・自動車用ワイヤのメキシコ市場規模推移 ・自動車用ワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用ワイヤのドイツ市場規模推移 ・自動車用ワイヤのイギリス市場規模推移 ・自動車用ワイヤのロシア市場規模推移 …
  • 応募者追跡システムの米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、応募者追跡システムの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、応募者追跡システムの米国市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社は応募者追跡システムの米国市場が2017-2021年期間中に年平均8.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ApplicantStack• Greenhouse Software• Hyrell• iCIMS• Workable等です。
  • 軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場2017-2021:無人用、有人用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAeroVironment、BAE Systems、Ford Motor Company、General Motors、Lockheed Martin等です。
  • 自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動売買システム(システムトレード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動売買システム(システムトレード)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルアプリケーションの世界市場:マーケットプレイス別(Apple iOSストア、Google Playストア、その他)、アプリカテゴリ別(ゲーム、エンターテイメント、音楽、健康、フィットネス)
    本市場調査レポートではモバイルアプリケーションについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、マーケットプレイス別(Apple iOSストア、Google Playストア、その他)分析、アプリカテゴリ別(ゲーム、エンターテイメント、音楽、健康、フィットネス)分析、エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・モバイルアプリケーションの世界市場:マーケットプレイス別(Apple iOSストア、Google Playストア、その他) ・モバイルアプリケーションの世界市場:アプリカテゴリ別(ゲーム、エンターテイメント、音楽、健康、フィットネス) ・モバイルアプリケーションの世界市場:エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター) ・モバイルアプリケーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • けい酸ナトリウムの世界市場
    当調査レポートでは、けい酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、けい酸ナトリウムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ハイブリッド商用車の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハイブリッド商用車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド商用車の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハイブリッド商用車の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daimler、Hino Motors、PACCAR、Volvo等です。
  • 世界の超音波装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、超音波装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・超音波装置の概要 ・超音波装置の開発動向:開発段階別分析 ・超音波装置の開発動向:セグメント別分析 ・超音波装置の開発動向:領域別分析 ・超音波装置の開発動向:規制Path別分析 ・超音波装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別超音波装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・超音波装置の最近動向
  • 心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の概要 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心血管危険因子(C …
  • 紫外線(UV)消毒装置の世界市場分析:用途別(水処理、廃水処理、空気処理、プロセス水処理、表面消毒)、セグメント予測
    本調査レポートでは、紫外線(UV)消毒装置の世界市場について調査・分析し、紫外線(UV)消毒装置の世界市場動向、紫外線(UV)消毒装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別紫外線(UV)消毒装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-2受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-2受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-2受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-2受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 作業服&ユニフォームの世界市場:種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム)、用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業、エアライン産業、農業&山林業、その他)、地域別予測
    本資料は、作業服&ユニフォームの世界市場について調べ、作業服&ユニフォームの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム)分析、用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業、エアライン産業、農業&山林業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSchneider Electric、EATON、Emerson、Activepower、S&C、ABB、Socomec、Toshiba、Gamatronic、Kehua、KSTARなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・作業服&ユニフォームの世界市場概要 ・作業服&ユニフォームの世界市場環境 ・作業服&ユニフォームの世界市場動向 ・作業服&ユニフォームの世界市場規模 ・作業服&ユニフォームの世界市場規模:種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム) ・作業服&ユニフォームの世界市場規模:用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業 …
  • 血液ガス分析装置市場の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液ガス分析装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液ガス分析装置市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・商品種類別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動物診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abaxis • Heska • IDEXX Laboratories• Thermo Fisher Scientific• Zoetis等です。
  • サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ6阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ6阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸増幅、(リアルタイムPCR)、ELISA(化学発光免疫測定法)、ラピッドテスト、ウエスタンブロット)、製品別(機器、試薬&キット、ソフトウェア)、エンドユーザー別(血液銀行、病院)
    MarketsandMarkets社は、血液スクリーニングの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年33億ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。本書は、世界の血液スクリーニング市場について調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(試薬&キット、機器、ソフトウェア&サービス)分析、技術別(核酸検査、酵素免疫測定法、迅速検査、ウェスタンブロット検査、次世代シーケンス)分析、エンドユーザー別(血液銀行、病院)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の血液スクリーニング市場:製品&サービス別(試薬&キット、機器、ソフトウェア&サービス) ・世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸検査、酵素免疫測定法、迅速検査、ウェスタンブロット検査、次世代シーケンス) ・世界の血液スクリーニング市場:エンドユーザー別(血液銀行、病院) ・世界の血液スクリーニング市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 複合材料の世界市場予測(~2022年):ガラス繊維、炭素繊維、熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂種類別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 造影剤注入器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、造影剤注入器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、造影剤注入器市場規模、製品別(CT用、MRI用、血管造影用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・造影剤注入器の世界市場概要 ・造影剤注入器の世界市場環境 ・造影剤注入器の世界市場動向 ・造影剤注入器の世界市場規模 ・造影剤注入器の世界市場:業界構造分析 ・造影剤注入器の世界市場:製品別(CT用、MRI用、血管造影用) ・造影剤注入器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・造影剤注入器のアメリカ市場規模・予測 ・造影剤注入器のヨーロッパ市場規模・予測 ・造影剤注入器のアジア市場規模・予測 ・造影剤注入器の主要国分析 ・造影剤注入器の世界市場:意思決定フレームワーク ・造影剤注入器の世界市場:成長要因、課題 ・造影剤注入器の世界市場:競争環境 ・造影剤注入器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ポリ塩化アルミニウム(PAC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリ塩化アルミニウム(PAC)の世界市場について調査・分析し、ポリ塩化アルミニウム(PAC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリ塩化アルミニウム(PAC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリ塩化アルミニウム(PAC)種類別分析(固体、液体)、ポリ塩化アルミニウム(PAC)用途別分析(紙・パルプ、織物、水処理、プラスチック・ゴム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)の市場概観 ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)の世界市場規模 ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)のアメリカ市場規模推移 ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)のカナダ市場規模推移 ・ポリ塩化アルミニウム(PAC)のメキシコ市場規模推移 ・ポリ塩化ア …
  • X線検査装置の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、X線検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、X線検査装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 原料炭の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、原料炭の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、原料炭市場規模、用途別(製鋼、非製鋼業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・原料炭の世界市場概要 ・原料炭の世界市場環境 ・原料炭の世界市場動向 ・原料炭の世界市場規模 ・原料炭の世界市場:業界構造分析 ・原料炭の世界市場:用途別(製鋼、非製鋼業) ・原料炭の世界市場:地域別市場規模・分析 ・原料炭の北米市場規模・予測 ・原料炭のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・原料炭のアジア太平洋市場規模・予測 ・原料炭の主要国分析 ・原料炭の世界市場:意思決定フレームワーク ・原料炭の世界市場:成長要因、課題 ・原料炭の世界市場:競争環境 ・原料炭の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • トルコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 前立腺がん(Prostate Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、前立腺がん(Prostate Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・前立腺がん(Prostate Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・前立腺がん(Prostate Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・前立腺がん(Prostate Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・前立腺がん(Prostate Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・前立腺がん(Prostate Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の前立腺がん(Prostate Cancer)治療薬剤
  • 韓国のプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • オーストリアの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • ドローン輸送・物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドローン輸送・物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドローン輸送・物流市場規模、用途別(輸送・倉庫業)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Deutsche Post DHL Group, Drone Delivery Canada, Matternet, United Parcel Service, Ziplineなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドローン輸送・物流の世界市場概要 ・ドローン輸送・物流の世界市場環境 ・ドローン輸送・物流の世界市場動向 ・ドローン輸送・物流の世界市場規模 ・ドローン輸送・物流の世界市場:業界構造分析 ・ドローン輸送・物流の世界市場:用途別(輸送・倉庫業) ・ドローン輸送・物流の世界市場:エンドユーザー別 ・ドローン輸送・物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドローン輸送・物流の北米市場規模・予測 ・ドローン輸送・物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 手術用画像装置の世界市場予測(~2022年):イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネルディテクターCアーム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、手術用画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、手術用画像装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"