"アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC3707)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Deployment of emotion AI-related technologies in customer interaction solutions across retail and healthcare verticals and growing adoption of virtual assistants for healthcare and entertainment purposes are driving the overall growth of the affective computing market.The global affective computing market size is projected to grow from USD 22.2 billion in 2019 to USD 90.0 billion by 2024, at a CAGR of 32.3% during the forecast period. Technological advancements, along with the rising adoption of advanced electronic devices, are projected to stimulate the growth of the market during the forecast period. Voice-activated biometrics used for security purposes help in providing access to authenticated users for performing a transaction, therefore, surging the use of affective computing solutions across the globe.

By component, the software segment is estimated to hold a larger market size than the hardware segment in 2019.
The increasing need to capture customer behavior & personality, the demand for software platforms for the provision of efficient learning tools in educational institutes, and the rapidly growing use of supportive tools for medical emergencies are the major drivers that have bolstered the software providers to offer affective computing software platforms. Growing virtualization across industries and the adoption of cloud computing is promoting the demand for software-based affective computing solutions in various countries. Moreover, software installations are suitable for business entities that are dynamic in nature and usually have a limited budget allocated for deploying new infrastructure.

By software, facial feature extraction is expected to register a higher growth rate than any other software segments during the forecast period in the affective computing market.
Facial recognition is a type of biometric software that is used to scan, store, and recognize human faces by comparing digital images with those stored in databases. One of the major advantages of facial recognition is that it enables the identification of a person by comparing a person’s image with that stored in the database, resulting in a higher level of security. Facial recognition has found increasing usage where it is used by defense personnel to identify criminals and by enterprises to identify personnel to prevent any unauthorized use of the enterprise resources.

The Asia Pacific affective computing market is expected to register the highest growth rate during the forecast period.
APAC has witnessed advanced and dynamic adoption of new technologies and expected to record the highest CAGR in the global affective computing market during the forecast period. APAC constitutes major economies, such as China, India, Japan, and Australia, which are expected to register high growth in the affective computing industry.

Verticals, such as healthcare and life sciences, government, and IT and telecom, are expected to adopt affective computing solutions at the highest rate in the region. Companies operating in APAC would benefit from the flexible economic conditions, industrialization–motivated policies of the governments, as well as from the growing digitalization, which is expected to have a significant impact on the business community.
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level – 35%, D-level – 35%, and Others – 30%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, Asia Pacific – 25%, RoW – 5%
Major vendors offering affective computing solutions include Google (US), Microsoft (US), IBM (US), Apple (US), Qualcomm (US), Affectiva (US), Elliptic Labs (Norway), Eyesight Technologies (Israel), Sony Depthsensing Solutions (Belgium), Intel (US), Pyreos (UK), Cognitec Systems (Germany), Beyond Verbal (Israel), GestureTek (Canada), SightCorp (Noord-Holland), CrowdEmotion (UK), Kairos (US), nViso (Switzerland), PointGrab (US), Eyeris (US), Numenta (US). The affective computing market study includes an in-depth competitive analysis of these key market players, along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the affective computing market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments by technology, component, software, hardware, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall affective computing market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Affective Computing Market
4.2 Market, Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
4.3 Market, By Technology, 2019–2024
4.4 Market, By Software, 2019–2024
4.5 Market, By Hardware, 2019–2024
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need for Telehealth-Related Affective Computing Solutions
5.2.1.2 Rising Need for Socially Intelligent Artificial Agents
5.2.1.3 Increasing Adoption of Wearable Devices and Growing Internet Penetration Across Industry Verticals
5.2.1.4 Technological Advancements Across the Globe
5.2.1.5 Growing Need for High Operational Excellence, Increased Resource Utilization, and Enhanced Productivity
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Production Cost of Affective Computing Systems
5.2.2.2 Gap Between Academic Research and Real-Life Applications
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Inclination Toward Industry-Specific Solutions
5.2.3.2 Increasing Government Initiatives to Leverage the Benefits of Emotion AI/Affective Computing Technology
5.2.3.3 Growing Adoption of Cloud-Based Applications and Services
5.2.3.4 Growing Number of Partnerships and Widening Ecosystems
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complex Systems for Emotion Recognition
5.2.4.2 Lack of Knowledge and Awareness and Technical Challenges
5.2.4.3 High Power Consumption of Wearable Computing Devices
5.3 Ethics of Measuring Emotions
5.4 Key Guardrails for Adoption of Affective Computing
5.5 Innovation Spotlight
5.5.1 Neurodata Lab
5.5.2 EMTEQ
5.5.3 Sensum
5.6 Use Cases
5.6.1 Use Cases: Gaming
5.6.2 Use Cases: Government and Defense
5.6.3 Use Cases: Automotive
5.6.4 Use Cases: High-Tech
6 Affective Computing Market, By Technology (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Touch-Based
6.2.1 Growing Need to Adopt Touch-Based Affective Computing for People Engagement
6.3 Touchless
6.3.1 Rising Demand for High-Security Measures and User Authentication to Drive the Growth of Touchless Technologies
7 Market, By Component (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Software
7.2.1 Rising Implementation of Software-Based Affective Computing for Improved Time and Resource Efficiency
7.3 Hardware
7.3.1 Growing use of Miniaturized Hardware By End Users
8 Market, By Software (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Speech Recognition
8.2.1 Growing use of Speech Recognition Software in the Healthcare and Government Sectors for Implementing Affective Computing Applications
8.3 Gesture Recognition
8.3.1 Increasing Need to Determine Emotional Behavior Through Gesture Recognition Across Verticals
8.4 Facial Feature Extraction
8.4.1 Growing Demand for Fast and Secure User Identification to Fuel the Demand for Facial Feature Extraction
8.5 Analytics Software
8.5.1 Growing Need to Optimize Operations and Increase Productivity to Drive the Demand for Analytics Software
8.6 Enterprise Software
8.6.1 Growing Preference for Standardization of Processes to Drive the Market Growth of Enterprise Software
9 Affective Computing Market, By Hardware (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 Sensors
9.2.1 Growing Adoption of Home Healthcare Services to Drive the Affective Computing-Enabled Sensors Industry
9.3 Cameras
9.3.1 Increasing use of Smart Cameras for Security and Surveillance Purposes
9.4 Storage Devices and Processors
9.4.1 Growing Adoption of Solid-State Devices to Drive the Demand for Storage Devices and Processors
9.5 Others
10 Market, By Vertical (Page No. – 76)
10.1 Introduction
10.2 Academia and Research
10.2.1 Enhanced Class Monitoring and Student Engagement to Drive the Adoption of Affective Computing in the Academia and Research Vertical
10.3 Media and Entertainment
10.3.1 Growing Demand for Digital Media Content to Drive the Market Growth in the Media and Entertainment Vertical
10.4 Government and Defense
10.4.1 Increasing Need to Protect Sensitive Data and Ensure the Safety of Citizens to Drive the Adoption of Affective Computing Solutions in the Government and Public Sector
10.5 Healthcare and Life Sciences
10.5.1 Need to Analyze Patient Information to Drive the Market Growth in the Healthcare and Life Sciences Vertical
10.6 IT and Telecom
10.6.1 Growing Demand for Enhanced Customer Experience to Drive the Market Growth in the IT and Telecom Vertical
10.7 Retail and Ecommerce
10.7.1 Increasing Popularity of Wearable Biosensors to Monitor Emotional and Physiological Changes to Drive the Market Growth in the Retail and Ecommerce Vertical
10.8 Automotive
10.8.1 Growing Adoption of Affective Computing to Provide Ease of Access for Drivers in the Automotive Vertical
10.9 Banking, Financial Services, and Insurance
10.9.1 Rising Need for Virtual Assistants and Customer Behavioral Analytics to Drive the Adoption of Affective Computing in the Banking, Financial Services, and Insurance Vertical
10.1 Others
11 Affective Computing Market, By Region (Page No. – 88)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Government Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Affective Computing Technologies in the United States
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Government Initiatives for the Adoption of Affective Computing Technologies to Drive the Growth of the Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Rising Adoption of Affective Computing Technologies Across BFSI, Retail, and Government Verticals to Boost the Growth of the Market in the United Kingdom
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Increasing Adoption of Affective Technologies Across Healthcare, Automotive, and BFSI Verticals to Boost the Growth of the Market in Germany
11.3.3 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Investments in Integrating AI and ML With Affective Computing Solutions to Drive the Adoption of the Market in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Government Initiatives to Provide Opportunities for the Adoption of AI-Enabled Technologies Driving the Growth of the Affective Computing Market in Japan
11.4.3 Australia
11.4.3.1 Increasing Digitalization Initiatives to Provide Deployment Opportunities for Affective Computing Solutions in Australia
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World
11.5.1 Middle East and Africa
11.5.1.1 Increasing Investments in Advanced Technologies to Drive the Growth of the Market in MEA
11.5.2 Latin America
11.5.2.1 Growing Technological Advancements to Drive the Growth of the Affective Computing Market in Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 128)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Innovators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.3.2 Partnerships and Collaborations
12.3.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 134)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Google
13.3 Microsoft
13.4 IBM
13.5 Apple
13.6 Qualcomm
13.7 Affectiva
13.8 Elliptic Labs
13.9 Eyesight Technologies
13.10 Sony Depthsensing Solutions
13.11 Intel
13.12 Pyreos
13.13 Cognitec Systems
13.14 Beyond Verbal
13.15 GestureTek
13.16 SightCorp
13.17 CrowdEmotion
13.18 Kairos
13.19 nViso
13.20 PointGrab
13.21 Eyeris
13.22 Numenta
13.23 Right to Win
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 170)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC3707
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレスについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車向け拡張現実(AR)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車向け拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、自動車向け拡張現実(AR)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車向け拡張現実(AR)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車向け拡張現実(AR)の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車向け拡張現実(AR)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 糖尿病性網膜症の世界市場2018–2025:種類別(増殖性DR、非増殖性DR)、管理別(抗VEGF治療、眼内ステロイド注入、レーザー手術、硝子体切除)
    本調査レポートでは、糖尿病性網膜症の世界市場について調査・分析し、糖尿病性網膜症の世界市場動向、糖尿病性網膜症の世界市場規模、市場予測、セグメント別糖尿病性網膜症市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PETパッケージングの世界市場:非結晶性PET、結晶性PET、ボトル・瓶、バック・ポーチ、トレー、蓋/キャップ・クロージャ
    当調査レポートでは、PETパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、形状別分析、種類別分析、 充填技術別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ系防腐剤の世界市場:製品(機器、媒体、LIMS)、用途別(再生医療、バイオバンキング、創薬)、幹細胞別(CD34+、CD19+、MSC、Ipsc)、地域別予測
    本資料は、バイオ系防腐剤の世界市場について調べ、バイオ系防腐剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品(機器、媒体、LIMS)分析、用途別(再生医療、バイオバンキング、創薬)分析、幹細胞別(CD34+、CD19+、MSC、Ipsc)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオ系防腐剤の世界市場概要 ・バイオ系防腐剤の世界市場環境 ・バイオ系防腐剤の世界市場動向 ・バイオ系防腐剤の世界市場規模 ・バイオ系防腐剤の世界市場規模:製品(機器、媒体、LIMS) ・バイオ系防腐剤の世界市場規模:用途別(再生医療、バイオバンキング、創薬) ・バイオ系防腐剤の世界市場規模:幹細胞別(CD34+、CD19+、MSC、Ipsc) ・バイオ系防腐剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオ系防腐剤の北米市場規模・予測 ・バイオ系防腐剤のアメリカ市場規模・予測 ・バイオ系防腐剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオ系防腐剤のアジア市場規模・予測 ・バイオ系防腐剤の日本市 …
  • 教育の世界市場
    本資料は、教育の世界市場について調べ、教育の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(クラウド、オンプレミス)分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDel Monte Foods、H.J. Heinz、Birds Eye Foods、Dole Food、Bonduelle、Ardo、Kendall Frozen Fruit、ConAgra Foods、McCain Foods、SunOpta、Simplot Food、CROP
  • 宇宙旅行の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宇宙旅行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、宇宙旅行の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 自動料金収受システム(ETC)の世界市場予測(~2023年)
    自動料金収受システム(ETC)の世界市場は、2018年の71億米ドルから2023年には107億米ドルに達し、8.54%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、車線当たりの交通流の改善、政府によるITSの展開を目的とした予算の増加、ETCシステムによる環境汚染の低減、キャッシュレス交通機関による利便性の向上、およびスマートシティの開発が考えれられます。さらには、発展途上国への経済的・技術的な投資機会の増加、輸送セクターでの官民パートナーシップ(PPP)締結の増加、および完全電子化料金徴収(AET)システムへの移行の拡大によっても、この市場の成長が後押しされると見られています。一方で、発展途上の国々におけるインフラ開発の鈍化と高い運用コストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、自動料金収受システム(ETC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術(RFID、DSRC、その他)分析、提供(ハードウェア、バックオフィス、その他)分析、用途(高 …
  • グローテントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グローテントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グローテントの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はグローテントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GrowLab• Gorilla Grow Tent• Secret Jardin• Sun Hut• Trojan Tents等です。
  • ポルトガルの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • (男性用化粧品)アフターシェーブ・香水の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • モバイル拡張現実(AR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル拡張現実(AR)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • PCIe(ピーシーアイエクスプレス)SSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PCIe(ピーシーアイエクスプレス)SSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PCIe(ピーシーアイエクスプレス)SSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 液体取扱装置の世界市場予測(~2022年):ピペット、消耗品、ワークステーション、マイクロプレート・ディスペンサー、ビュレット
    当調査レポートでは、液体取扱装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、液体取扱装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートフリート管理の市場規模・予測2017-2025:輸送機器(鉄道車両、船舶、自動車)、ハードウェア(リモート診断、ADAS、トラッキング、最適化)、コネクティビティ別(長距離通信、クラウド、短距離通信)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートフリート管理の市場について調査・分析し、世界のスマートフリート管理の市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートフリート管理の関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の自動車トランスミッション市場規模・予測2017-2025:トランスミッションの種類別(マニュアル・オートマチック)、燃料別(ガソリン・ディーゼル)、車種別(乗用車、LCV、ICV、HCV、道路外、建築、防衛・農業用トラクター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車トランスミッション市場について調査・分析し、世界の自動車トランスミッション市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車トランスミッション関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dプリンティング市場規模、工程別(液槽光重合、粉末床溶融結合、材料押出、結合剤噴射、指向エネルギー堆積、材料噴射、シート積層)分析、提供製品別(素材、金属、形態、サービス、ソフトウェア、プリンター)分析、技術別(レーザー金属積層(LMD)、直接金属レーザー焼結(DMLS)、デジタル光処理(DMLS)、ステレオリソグラフィ(SLA)、薄膜積層(LOM)、選択的レーザー焼結(SLS)、電子ビーム溶融(EBM)、熱溶解積層(FDM)、その他)分析、用途別(機能部品製造、試作、金型製作、サプライチェーンの改善、製品開発、技術革新、コスト低減、効率増強、その他)分析、エンドユーザー別(食品・料理、自動車、宝飾・工芸品・ファッション、航空宇宙・防衛、印刷電子工学、ヘルスケア、エネルギー、建築・建設、生産技術、日用品、工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 3 …
  • 電動芝刈機の世界市場
    当調査レポートでは、電動芝刈機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動芝刈機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二軸延伸ポリアミドフィルム市場規模、用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場概要 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場環境 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場動向 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場規模 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:業界構造分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他) ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのアジア市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの主要国分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:意思決定フレ …
  • 乳製品加工装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乳製品加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳製品加工装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スパンボンド不織布の世界市場予測(~2023年)
    スパンボンド不織布の世界市場は、2018年の127億米ドルから2023年には183億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ほかの不織布と比較してスパンボンド不織布が選好されるようになったこと、医療分野での使用拡大、そしてポリプロピレンスパンボンド不織布に対する高い需要が考えられます。一方で、完成品の高コストは中間業者の価格構造に影響を与え、成熟市場における乳児用おむつセグメントの伸び悩みは市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、スパンボンド不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能(使い捨て、耐久性)分析、材料(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエステル)分析、最終用途(パーソナルケア・衛生用品、医療、農業、包装、自動車)分析、スパンボンド不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節再建術用器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、関節再建術用器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、関節再建術用器具市場規模、製品別(膝関節置換術用、股関節置換術用、外傷・四肢用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・関節再建術用器具の世界市場概要 ・関節再建術用器具の世界市場環境 ・関節再建術用器具の世界市場動向 ・関節再建術用器具の世界市場規模 ・関節再建術用器具の世界市場:業界構造分析 ・関節再建術用器具の世界市場:製品別(膝関節置換術用、股関節置換術用、外傷・四肢用) ・関節再建術用器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・関節再建術用器具のアメリカ市場規模・予測 ・関節再建術用器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・関節再建術用器具のアジア市場規模・予測 ・関節再建術用器具の主要国分析 ・関節再建術用器具の世界市場:意思決定フレームワーク ・関節再建術用器具の世界市場:成長要因、課題 ・関節再建術用器具の世界市場:競争環境 ・関節再建術用器具の世界市 …
  • 髄腔内薬物送達ポンプの世界市場:オピオイド、バクロフェン、ジコノチド
    当調査レポートでは、髄腔内薬物送達ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、髄腔内薬物送達ポンプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メタロセンポリエチレン(mPE)市場規模、種類別(メタロセン高密度ポリエチレン(mHDPE)、メタロセン線状低密度ポリエチレン(mLLDPE)、その他)分析、用途別(押し出しコーティング、シート、射出成形、フィルム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:市場動向分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:競争要因分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:種類別(メタロセン高密度ポリエチレン(mHDPE)、メタロセン線状低密度ポリエチレン(mLLDPE)、その他) ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:用途別(押し出しコーティング、シート、射出成形、フィルム、その他) ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:主要地域別分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE …
  • 世界の石油添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油添加剤市場2015について調査・分析し、石油添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 検査/計測装置および医療機器向けLEDの世界市場予測・分析
  • タンパク質加水分解物の世界市場予測(~2022年):乳タンパク質加水分解物、植物性タンパク質加水分解物、動物性タンパク質加水分解物
    当調査レポートでは、タンパク質加水分解物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、プロセス別分析、形状別分析、タンパク質加水分解物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの電気生理学装置市場(~2021)
  • 鉄道車両シートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道車両シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の開瞼鉤市場2015
    本調査レポートでは、世界の開瞼鉤市場2015について調査・分析し、開瞼鉤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐食コーティング(CPC)&耐酸ライニング(APL)のオーストラリア市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 世界の冠動脈ステント市場2016
    本調査レポートでは、世界の冠動脈ステント市場2016について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペンキ及び塗料の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ペンキ及び塗料の世界市場について調査・分析し、ペンキ及び塗料の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場について調べ、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(非遺伝子組み換え穀物及びシリアル、非遺伝子組み換えリキュール、非遺伝子組み換え肉及び家禽、非GMOベーカリー製品、非遺伝子組み換え食用油、他の非遺伝子組み換え食品)、流通チャンネル別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場状況 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場規模 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場予測 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非遺伝子組み換え穀物及びシリ …
  • 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場について調査・分析し、慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:市場動向分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:競争要因分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:エンドユーザー別 専門医診療所 病院 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:エンドユーザー別:薬剤クラス別 カルシウムチャネルブロッカー 抗高血圧薬 貧血治療薬 抗高脂血症薬 エリスロポイエシス刺激剤(ESAs) むくみ治療薬 ベータブロッカー 利尿剤 アンジオテンシンII受容体ブロッカー ACE阻害剤 その他の製薬クラス - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:主要地域別分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の北米市場規模(アメリカ市場等) - 慢性腎臓病薬 (CKD) のヨーロッパ市場規模 - 慢性腎臓病薬 (CKD) のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・慢性腎臓病薬 (CKD) の世界 …
  • 世界の核医学イメージングシステム市場2015
    本調査レポートでは、世界の核医学イメージングシステム市場2015について調査・分析し、核医学イメージングシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • SSDコントローラーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、SSDコントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、SSDコントローラー市場規模、最終用途別(データセンター・企業、クライアント・小売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・SSDコントローラーの世界市場概要 ・SSDコントローラーの世界市場環境 ・SSDコントローラーの世界市場動向 ・SSDコントローラーの世界市場規模 ・SSDコントローラーの世界市場:業界構造分析 ・SSDコントローラーの世界市場:最終用途別(データセンター・企業、クライアント・小売) ・SSDコントローラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・SSDコントローラーのアメリカ市場規模・予測 ・SSDコントローラーのヨーロッパ市場規模・予測 ・SSDコントローラーのアジア市場規模・予測 ・SSDコントローラーの主要国分析 ・SSDコントローラーの世界市場:意思決定フレームワーク ・SSDコントローラーの世界市場:成長要因、課題 ・SS …
  • 強直性脊椎炎(ベクテレフ病):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における強直性脊椎炎(ベクテレフ病)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)の概要 ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬開発 …
  • タイのアクリル酸市場(~2019)
  • ウロダイナミクス検査機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウロダイナミクス検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウロダイナミクス検査機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はウロダイナミクス検査機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• LABORIE• CooperSurgical• Verathon• Albyn Medical等です。
  • システムオンチップ(SoC)の世界市場
    当調査レポートでは、システムオンチップ (SoC)の世界市場について調査・分析し、システムオンチップ (SoC)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アメリカの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 緑内障手術装置の世界市場:低侵襲緑内障手術(MIGS)装置、レーザー治療装置、従来型治療装置
    当調査レポートでは、緑内障手術装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、緑内障手術装置市場規模、製品別(低侵襲緑内障手術(MIGS)装置、レーザー治療装置、従来型治療装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・緑内障手術装置の世界市場概要 ・緑内障手術装置の世界市場環境 ・緑内障手術装置の世界市場動向 ・緑内障手術装置の世界市場規模 ・緑内障手術装置の世界市場:業界構造分析 ・緑内障手術装置の世界市場:製品別(低侵襲緑内障手術(MIGS)装置、レーザー治療装置、従来型治療装置) ・緑内障手術装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・緑内障手術装置の北米市場規模・予測 ・緑内障手術装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・緑内障手術装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・緑内障手術装置の主要国分析 ・緑内障手術装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・緑内障手術装置の世界市場:成長要因、課題 ・緑内障手術装置の世界市場:競争環境 …
  • データセンターセキュリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターセキュリティの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートポリマーの世界市場分析:刺激別(物理、化学、生物学)、用途別(生物医学・バイオテクノロジー、自動車、繊維、電気電子、繊維、原子力エネルギー)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、スマートポリマーの世界市場について調査・分析し、スマートポリマーの世界市場動向、スマートポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 在宅輸液療法の世界市場分析:製品別(輸液ポンプ、IVセット、IVカニューレ、ニードルレスコネクタ)、用途別(抗感染薬、内分泌学、水和療法、非経口栄養)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、在宅輸液療法の世界市場について調査・分析し、在宅輸液療法の世界市場動向、在宅輸液療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別在宅輸液療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高電圧機器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、高電圧機器の世界市場について調査・分析し、高電圧機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 高電圧機器の世界市場:市場動向分析 - 高電圧機器の世界市場:競争要因分析 - 高電圧機器の世界市場:電圧レベル別 ・高電圧(HV)~200kv ・直流高電圧(HVDC)200~800Kv ・超高電圧機器(EHV)500kv ・超超高電圧(UHV)800kv以上 - 高電圧機器の世界市場:機器の種類別 ・無効電力機器 ・絶縁体 ・計器用変成器 ・開閉装置 ・電源変圧器 ・アース材料 ・スイッチ ・制御装置 ・バッテリーセット ・キャリアキャビネット ・通信機器 ・継電器盤 ・リモート監視・制御システム ・その他 - 高電圧機器の世界市場:主要地域別分析 - 高電圧機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 高電圧機器のヨーロッパ市場規模 - 高電圧機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高電圧機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬剤
  • プラスチック/ゴム産業用ガスの世界市場:窒素、一酸化炭素、二酸化炭素
    当調査レポートでは、プラスチック/ゴム産業用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、ガス種類別分析、プロセス別分析、輸送別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラナの世界市場
    当調査レポートでは、ガラナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラナの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 音声認識ソフトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、音声認識ソフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音声認識ソフトの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"