"アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC3707)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Deployment of emotion AI-related technologies in customer interaction solutions across retail and healthcare verticals and growing adoption of virtual assistants for healthcare and entertainment purposes are driving the overall growth of the affective computing market.The global affective computing market size is projected to grow from USD 22.2 billion in 2019 to USD 90.0 billion by 2024, at a CAGR of 32.3% during the forecast period. Technological advancements, along with the rising adoption of advanced electronic devices, are projected to stimulate the growth of the market during the forecast period. Voice-activated biometrics used for security purposes help in providing access to authenticated users for performing a transaction, therefore, surging the use of affective computing solutions across the globe.

By component, the software segment is estimated to hold a larger market size than the hardware segment in 2019.
The increasing need to capture customer behavior & personality, the demand for software platforms for the provision of efficient learning tools in educational institutes, and the rapidly growing use of supportive tools for medical emergencies are the major drivers that have bolstered the software providers to offer affective computing software platforms. Growing virtualization across industries and the adoption of cloud computing is promoting the demand for software-based affective computing solutions in various countries. Moreover, software installations are suitable for business entities that are dynamic in nature and usually have a limited budget allocated for deploying new infrastructure.

By software, facial feature extraction is expected to register a higher growth rate than any other software segments during the forecast period in the affective computing market.
Facial recognition is a type of biometric software that is used to scan, store, and recognize human faces by comparing digital images with those stored in databases. One of the major advantages of facial recognition is that it enables the identification of a person by comparing a person’s image with that stored in the database, resulting in a higher level of security. Facial recognition has found increasing usage where it is used by defense personnel to identify criminals and by enterprises to identify personnel to prevent any unauthorized use of the enterprise resources.

The Asia Pacific affective computing market is expected to register the highest growth rate during the forecast period.
APAC has witnessed advanced and dynamic adoption of new technologies and expected to record the highest CAGR in the global affective computing market during the forecast period. APAC constitutes major economies, such as China, India, Japan, and Australia, which are expected to register high growth in the affective computing industry.

Verticals, such as healthcare and life sciences, government, and IT and telecom, are expected to adopt affective computing solutions at the highest rate in the region. Companies operating in APAC would benefit from the flexible economic conditions, industrialization–motivated policies of the governments, as well as from the growing digitalization, which is expected to have a significant impact on the business community.
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level – 35%, D-level – 35%, and Others – 30%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, Asia Pacific – 25%, RoW – 5%
Major vendors offering affective computing solutions include Google (US), Microsoft (US), IBM (US), Apple (US), Qualcomm (US), Affectiva (US), Elliptic Labs (Norway), Eyesight Technologies (Israel), Sony Depthsensing Solutions (Belgium), Intel (US), Pyreos (UK), Cognitec Systems (Germany), Beyond Verbal (Israel), GestureTek (Canada), SightCorp (Noord-Holland), CrowdEmotion (UK), Kairos (US), nViso (Switzerland), PointGrab (US), Eyeris (US), Numenta (US). The affective computing market study includes an in-depth competitive analysis of these key market players, along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the affective computing market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments by technology, component, software, hardware, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall affective computing market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Affective Computing Market
4.2 Market, Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
4.3 Market, By Technology, 2019–2024
4.4 Market, By Software, 2019–2024
4.5 Market, By Hardware, 2019–2024
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need for Telehealth-Related Affective Computing Solutions
5.2.1.2 Rising Need for Socially Intelligent Artificial Agents
5.2.1.3 Increasing Adoption of Wearable Devices and Growing Internet Penetration Across Industry Verticals
5.2.1.4 Technological Advancements Across the Globe
5.2.1.5 Growing Need for High Operational Excellence, Increased Resource Utilization, and Enhanced Productivity
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Production Cost of Affective Computing Systems
5.2.2.2 Gap Between Academic Research and Real-Life Applications
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Inclination Toward Industry-Specific Solutions
5.2.3.2 Increasing Government Initiatives to Leverage the Benefits of Emotion AI/Affective Computing Technology
5.2.3.3 Growing Adoption of Cloud-Based Applications and Services
5.2.3.4 Growing Number of Partnerships and Widening Ecosystems
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complex Systems for Emotion Recognition
5.2.4.2 Lack of Knowledge and Awareness and Technical Challenges
5.2.4.3 High Power Consumption of Wearable Computing Devices
5.3 Ethics of Measuring Emotions
5.4 Key Guardrails for Adoption of Affective Computing
5.5 Innovation Spotlight
5.5.1 Neurodata Lab
5.5.2 EMTEQ
5.5.3 Sensum
5.6 Use Cases
5.6.1 Use Cases: Gaming
5.6.2 Use Cases: Government and Defense
5.6.3 Use Cases: Automotive
5.6.4 Use Cases: High-Tech
6 Affective Computing Market, By Technology (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Touch-Based
6.2.1 Growing Need to Adopt Touch-Based Affective Computing for People Engagement
6.3 Touchless
6.3.1 Rising Demand for High-Security Measures and User Authentication to Drive the Growth of Touchless Technologies
7 Market, By Component (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Software
7.2.1 Rising Implementation of Software-Based Affective Computing for Improved Time and Resource Efficiency
7.3 Hardware
7.3.1 Growing use of Miniaturized Hardware By End Users
8 Market, By Software (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Speech Recognition
8.2.1 Growing use of Speech Recognition Software in the Healthcare and Government Sectors for Implementing Affective Computing Applications
8.3 Gesture Recognition
8.3.1 Increasing Need to Determine Emotional Behavior Through Gesture Recognition Across Verticals
8.4 Facial Feature Extraction
8.4.1 Growing Demand for Fast and Secure User Identification to Fuel the Demand for Facial Feature Extraction
8.5 Analytics Software
8.5.1 Growing Need to Optimize Operations and Increase Productivity to Drive the Demand for Analytics Software
8.6 Enterprise Software
8.6.1 Growing Preference for Standardization of Processes to Drive the Market Growth of Enterprise Software
9 Affective Computing Market, By Hardware (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 Sensors
9.2.1 Growing Adoption of Home Healthcare Services to Drive the Affective Computing-Enabled Sensors Industry
9.3 Cameras
9.3.1 Increasing use of Smart Cameras for Security and Surveillance Purposes
9.4 Storage Devices and Processors
9.4.1 Growing Adoption of Solid-State Devices to Drive the Demand for Storage Devices and Processors
9.5 Others
10 Market, By Vertical (Page No. – 76)
10.1 Introduction
10.2 Academia and Research
10.2.1 Enhanced Class Monitoring and Student Engagement to Drive the Adoption of Affective Computing in the Academia and Research Vertical
10.3 Media and Entertainment
10.3.1 Growing Demand for Digital Media Content to Drive the Market Growth in the Media and Entertainment Vertical
10.4 Government and Defense
10.4.1 Increasing Need to Protect Sensitive Data and Ensure the Safety of Citizens to Drive the Adoption of Affective Computing Solutions in the Government and Public Sector
10.5 Healthcare and Life Sciences
10.5.1 Need to Analyze Patient Information to Drive the Market Growth in the Healthcare and Life Sciences Vertical
10.6 IT and Telecom
10.6.1 Growing Demand for Enhanced Customer Experience to Drive the Market Growth in the IT and Telecom Vertical
10.7 Retail and Ecommerce
10.7.1 Increasing Popularity of Wearable Biosensors to Monitor Emotional and Physiological Changes to Drive the Market Growth in the Retail and Ecommerce Vertical
10.8 Automotive
10.8.1 Growing Adoption of Affective Computing to Provide Ease of Access for Drivers in the Automotive Vertical
10.9 Banking, Financial Services, and Insurance
10.9.1 Rising Need for Virtual Assistants and Customer Behavioral Analytics to Drive the Adoption of Affective Computing in the Banking, Financial Services, and Insurance Vertical
10.1 Others
11 Affective Computing Market, By Region (Page No. – 88)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Government Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Affective Computing Technologies in the United States
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Government Initiatives for the Adoption of Affective Computing Technologies to Drive the Growth of the Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Rising Adoption of Affective Computing Technologies Across BFSI, Retail, and Government Verticals to Boost the Growth of the Market in the United Kingdom
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Increasing Adoption of Affective Technologies Across Healthcare, Automotive, and BFSI Verticals to Boost the Growth of the Market in Germany
11.3.3 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Investments in Integrating AI and ML With Affective Computing Solutions to Drive the Adoption of the Market in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Government Initiatives to Provide Opportunities for the Adoption of AI-Enabled Technologies Driving the Growth of the Affective Computing Market in Japan
11.4.3 Australia
11.4.3.1 Increasing Digitalization Initiatives to Provide Deployment Opportunities for Affective Computing Solutions in Australia
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World
11.5.1 Middle East and Africa
11.5.1.1 Increasing Investments in Advanced Technologies to Drive the Growth of the Market in MEA
11.5.2 Latin America
11.5.2.1 Growing Technological Advancements to Drive the Growth of the Affective Computing Market in Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 128)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Innovators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.3.2 Partnerships and Collaborations
12.3.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 134)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Google
13.3 Microsoft
13.4 IBM
13.5 Apple
13.6 Qualcomm
13.7 Affectiva
13.8 Elliptic Labs
13.9 Eyesight Technologies
13.10 Sony Depthsensing Solutions
13.11 Intel
13.12 Pyreos
13.13 Cognitec Systems
13.14 Beyond Verbal
13.15 GestureTek
13.16 SightCorp
13.17 CrowdEmotion
13.18 Kairos
13.19 nViso
13.20 PointGrab
13.21 Eyeris
13.22 Numenta
13.23 Right to Win
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 170)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレス
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC3707
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アフェクティブコンピューティングの世界市場予測:タッチベース、タッチレスについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 黄斑変性症治療の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、黄斑変性症治療の世界市場について調べ、黄斑変性症治療の世界規模、市場動向、市場環境、適応症別(ドライタイプ加齢黄斑変性症(dAMD)、ウェットタイプ加齢黄斑変性症(wAMD))分析、薬剤クラス別(抗血管内皮増殖因子、その他)分析、流通経路別(病院、眼科診療所、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・黄斑変性症治療の世界市場動向 ・黄斑変性症治療の世界市場環境 ・黄斑変性症治療の世界市場規模 ・黄斑変性症治療の世界市場規模:適応症別(ドライタイプ加齢黄斑変性症(dAMD)、ウェットタイプ加齢黄斑変性症(wAMD)) ・黄斑変性症治療の世界市場規模:薬剤クラス別(抗血管内皮増殖因子、その他) ・黄斑変性症治療の世界市場規模:流通経路別(病院、眼科診療所、通院外科診療所) ・黄斑変性症治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・黄斑変性症治療の北米市場規模・予 …
  • 無線インフラの世界市場:技術別(マクロセルRAN、スモールセル、RRH、DAS、クラウドRAN、キャリアWi-Fi、モバイルコア、バックホール)、セグメント予測
    本調査レポートでは、無線インフラの世界市場について調査・分析し、無線インフラの世界市場動向、無線インフラの世界市場規模、市場予測、セグメント別無線インフラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニューロキニン2受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロキニン2受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロキニン2受容体アンタゴニストの概要 ・ニューロキニン2受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロキニン2受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロキニン2受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロキニン2受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 緑茶の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、緑茶の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、緑茶市場規模、製品別(フレーバー、アンフレーバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・緑茶の世界市場概要 ・緑茶の世界市場環境 ・緑茶の世界市場動向 ・緑茶の世界市場規模 ・緑茶の世界市場:業界構造分析 ・緑茶の世界市場:製品別(フレーバー、アンフレーバー) ・緑茶の世界市場:地域別市場規模・分析 ・緑茶のアメリカ市場規模・予測 ・緑茶のヨーロッパ市場規模・予測 ・緑茶のアジア市場規模・予測 ・緑茶の主要国分析 ・緑茶の世界市場:意思決定フレームワーク ・緑茶の世界市場:成長要因、課題 ・緑茶の世界市場:競争環境 ・緑茶の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ボディーアーマーの世界市場
    当調査レポートでは、ボディーアーマーの世界市場について調査・分析し、ボディーアーマーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 口腔粘膜炎(Oral Mucositis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)のフェーズ3治験薬の状況 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の市場規模(販売予測) ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬剤
  • ゲノム編集の世界市場分析:技術別(CRISPR、TALEN、ZFN)、送達方法別(体外、体内)、用途別(動物/植物細胞の編集)、サービス別(インハウス、委託)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ゲノム編集の世界市場について調査・分析し、ゲノム編集の世界市場動向、ゲノム編集の世界市場規模、市場予測、セグメント別ゲノム編集市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ナフサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナフサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナフサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍ピザの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、冷凍ピザの世界市場について調べ、冷凍ピザの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、冷凍ピザの市場規模をセグメンテーション別(製品別(一般冷凍ピザ、プレミアム冷凍ピザ、グルメ冷凍ピザ)、流通チャンネル別、トップング別(ベジタリアン以外のトッピング、ベジタリアントッピング))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は冷凍ピザの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・冷凍ピザの市場状況 ・冷凍ピザの市場規模 ・冷凍ピザの市場予測 ・冷凍ピザの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(一般冷凍ピザ、プレミアム冷凍ピザ、グルメ冷凍ピザ) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別 ・市場セグメンテーション:トップング別(ベジタリアン以外のトッピング、ベジタリアントッピング) ・冷凍ピザの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、苦味抑制剤およびフレーバーキャリア市場規模、形態別(固体、液体)分析、カテゴリー別(フレーバーキャリア、苦味抑制剤)分析、フレーバー別(人工、天然)分析、種類別(非カプセル化、カプセル化)分析、用途別(飲料、医薬品、食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:市場動向分析 ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:競争要因分析 ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:形態別(固体、液体) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:カテゴリー別(フレーバーキャリア、苦味抑制剤) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:フレーバー別(人工、天然) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:種類別(非カプセル化、カプセル化) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリ …
  • セットトップボックス(STB)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セットトップボックス(STB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セットトップボックス(STB)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サスペンション(懸架装置)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、サスペンション(懸架装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、システム別分析、種類別分析、車両種類別分析、構成品別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車排気ガス用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車排気ガス用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車排気ガス用センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物送達技術の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、薬物送達技術の世界市場について調査・分析し、薬物送達技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 薬物送達技術:概要 3. 薬物送達技術:世界市場 4. 薬物送達技術:2次市場 5. 薬物送達技術:主要国市場 6. 薬物送達技術市場における主要企業 7. 薬物送達技術市場の定性分析 8. 専門家の意見 9. 結論 10. 用語集
  • カリ肥料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、カリ肥料の世界市場について調査・分析し、カリ肥料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・カリ肥料の世界市場規模:形状別分析 ・カリ肥料の世界市場規模:種類別分析 ・カリ肥料の世界市場規模:使用方法別分析 ・カリ肥料の世界市場規模:作物種類別分析 ・カリ肥料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場について調査・分析し、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別歯科用洗浄機・殺菌器シェア、市場規模推移、市場規模予測、歯科用洗浄機・殺菌器種類別分析(ベンチトップ、カウンター下、自立式)、歯科用洗浄機・殺菌器用途別分析(歯科クリニック、病院、研究所)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・歯科用洗浄機・殺菌器の市場概観 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場規模 ・歯科用洗浄機・殺菌器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のアメリカ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のカナダ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメキシコ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のドイツ市場規模推移 ・歯 …
  • 音声避難システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、音声避難システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、音声避難システム市場規模、エンドユーザー別(商業用、産業用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・音声避難システムの世界市場概要 ・音声避難システムの世界市場環境 ・音声避難システムの世界市場動向 ・音声避難システムの世界市場規模 ・音声避難システムの世界市場:業界構造分析 ・音声避難システムの世界市場:エンドユーザー別(商業用、産業用、住宅用) ・音声避難システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・音声避難システムの北米市場規模・予測 ・音声避難システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・音声避難システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・音声避難システムの主要国分析 ・音声避難システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・音声避難システムの世界市場:成長要因、課題 ・音声避難システムの世界市場:競争環境 ・音声避難システムの世界市場:関連企 …
  • トリプトファン水酸化酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトリプトファン水酸化酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トリプトファン水酸化酵素阻害剤の概要 ・トリプトファン水酸化酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトリプトファン水酸化酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トリプトファン水酸化酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トリプトファン水酸化酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ネットワークセキュリティファイアウォールの世界市場予測(~2023年)
    ネットワークセキュリティファイアウォールの世界市場は、2018年の30億米ドルから2023年には53億米ドルに達し、この期間中12.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。相互接続されたデバイスの増加に伴い、セキュリティ侵害のリスクが高まっています。通信事業者はネットワークセキュリティファイアウォールツールを使用して、ネットワークで送受信されるパケットからトラフィックパターンを動的に抽出し、悪意のあるコンテンツに対してネットワークの動作を継続的にチェックし、検出されたすべての異常を報告します。当調査レポートでは、ネットワークセキュリティファイアウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、ソリューション別(シグナリングファイアウォール、SMSファイアウォール)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、導入別分析、ネットワークセキュリティファイアウォールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション
    当調査レポートでは、コンパニオン診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、技術種類別(免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーションなど)分析、疾患別(腫瘍学、神経学、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コンパニオン診断の世界市場:技術種類別(免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーションなど) ・コンパニオン診断の世界市場:疾患別(腫瘍学、神経学、その他) ・コンパニオン診断の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • バスドアシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バスドアシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バスドアシステム市場規模、技術別(空気式バスドアシステム、電気式バスドアシステム)分析、ドア別分析、バス別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bode sud, Continental, Masats, Rotex Automation, Schaltbau Holding, Ventura Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バスドアシステムの世界市場概要 ・バスドアシステムの世界市場環境 ・バスドアシステムの世界市場動向 ・バスドアシステムの世界市場規模 ・バスドアシステムの世界市場:業界構造分析 ・バスドアシステムの世界市場:技術別(空気式バスドアシステム、電気式バスドアシステム) ・バスドアシステムの世界市場:ドア別 ・バスドアシステムの世界市場:バス別 ・バスドアシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バスドアシステムの北米市場規模・ …
  • グローライトの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、グローライトの世界市場について調べ、グローライトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、グローライトの市場規模をセグメンテーション別(製品別(HIDライト、LEDライト、蛍光灯、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はグローライトの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均19%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・グローライトの市場状況 ・グローライトの市場規模 ・グローライトの市場予測 ・グローライトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(HIDライト、LEDライト、蛍光灯、その他) ・グローライトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 除草剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、作物別分析、動作方式別分析、地域別分析、除草剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリーンルーム用使い捨て手袋の中国・日本・韓国市場:材料別(天然ゴム、ビニール、ニトリル、ネオプレン、その他)、エンドユーザー別(航空宇宙産業、ディスクドライブ産業、フラットパネル産業、食品産業、バイオテクノロジー、医療機器産業、製薬産業、電子および半導体産業、その他)
  • 世界の熱膨張計市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • スクロール・吸収冷凍器の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、スクロール・吸収冷凍器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、容量別分析、産業別分析、地域別分析、スクロール・吸収冷凍器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱管理の世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、インタフェース、基板)、用途別(コンピュータ、消費者家電、テレコミュニケーション、自動車電子部品、再生可能エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、熱管理の世界市場動向、熱管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 女性不妊症(Women Infertility):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、女性不妊症(Women Infertility)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・女性不妊症(Women Infertility):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬の状況 ・女性不妊症(Women Infertility)治療薬の市場規模(販売予測) ・女性不妊症(Women Infertility)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の女性不妊症(Women Infertility)治療薬剤
  • パキスタンの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 建設機械レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械レンタルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建設機械レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Sunbelt Rentals• Cramo • Loxam Group• Herc Rentals • United Rentals等です。
  • 世界の無線プリンター市場2016
    本調査レポートでは、世界の無線プリンター市場2016について調査・分析し、無線プリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レンジファインダーの世界市場予測(~2022年):超音波式レンジファインダー、レーザ式レンジファインダー
    当調査レポートでは、レンジファインダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、距離別分析、地域別分析、レンジファインダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CMOSカメラモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、CMOSカメラモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CMOSカメラモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 緊急用洗眼器及びシャワーの世界市場2017-2021:ポータブル、固定式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、緊急用洗眼器及びシャワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、緊急用洗眼器及びシャワーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は緊急用洗眼器及びシャワーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBRADLEY、Haws、Hughes Safety Showers、Pratt Safety、Sellstrom等です。
  • 商用車用インスツルメントクラスタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用インスツルメントクラスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用インスツルメントクラスタの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用インスツルメントクラスタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Continental、Bosch、Stoneridge、Delphi Automotive等です。
  • 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場
    当調査レポートでは、動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場について調査・分析し、動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:市場動向分析 - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:競争要因分析 - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:技術別 ・IPベースの動画管理ソフトウェア ・アナログベースの動画管理ソフトウェア - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:ソリューション別 ・高度な動画管理 ・ケース管理 ・カスタムアプリケーション管理 ・データ統合 ・インテリジェント・ストリーミング ・モバイルアプリケーション ・ナビゲーション管理 ・セキュリティー管理 ・ストレージ管理 ・動画インテリジェンス - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:展開別 ・オンプレミス ・クラウドベース - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場: …
  • 遠隔患者モニタリングシステムの世界市場:製品別(バイタルサインモニター、特殊モニター)、エンドユーズ別、用途別
    本調査レポートでは、遠隔患者モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、遠隔患者モニタリングシステムの世界市場動向、遠隔患者モニタリングシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別遠隔患者モニタリングシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 腎盂腎炎(Pyelonephritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎盂腎炎(Pyelonephritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎盂腎炎(Pyelonephritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎盂腎炎(Pyelonephritis)治療薬剤
  • 電池リサイクルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電池リサイクルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電池リサイクルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場について調査・分析し、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)種類別分析(マニュアル、オートマチック)、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)用途別分析(軍事車両、民間車両)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の市場概観 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場規模 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の北米市場分析(アメリカ …
  • 世界の整形外科用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の整形外科用デバイス市場2015について調査・分析し、整形外科用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の組織拡張器市場2016
    本調査レポートでは、世界の組織拡張器市場2016について調査・分析し、組織拡張器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向けプロセスオートメーション及びインストゥルメンテーションのアジア太平洋市場
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ワイヤーハーネス市場規模、車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、用途別(シャーシ、HVAC、センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場概要 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場環境 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別(シャーシ、HVAC、センサー) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ワイヤーハーネスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのアジア市場規模・予測 …
  • 電子戦(EW)の世界市場:電子攻撃、電子防護、電子戦支援
    当調査レポートでは、電子戦(EW)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子戦(EW)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子戦(EW)の世界市場:セグメント別市場分析  (電子攻撃、電子防護、電子戦支援) ・電子戦(EW)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 家電製品の日本市場
  • グリーン及びバイオポリオールの世界市場予測(~2021年):ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール
    当調査レポートでは、グリーン及びバイオポリオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、グリーン及びバイオポリオールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    スマートシティプラットフォームの世界市場は、2018年の1,046億米ドルから2023年には2,233億米ドルに達し、この期間中16.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。スマートシティにIoTソリューションを導入することは、プラットフォームプロバイダーにとって大きな好機となります。IoTソリューションには、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドセキュリティサービスなど、さまざまな分野があります。現在、プラットフォームプロバイダーは、スマートシティ向けの技術・ソリューションを統合プラットフォームにより定期的にインストール、管理、および保守する必要があり、スマートシティ環境で特定技術を実装する仲介的な役割を果たします。この市場の付加価値は、大手ITベンダー、インフラストラクチャベンダー、ITコンサルタントやインテグレーター、そして独立系インテグレーターなど、あらゆるタイプのプラットフォームプロバイダーに開かれた機会を提供するサービスによってもたらされています。当調査レポートでは、スマートシティプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、 …
  • レジオネラ検査の世界市場:市場機会および成長戦略
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"