"イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB7423)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The isoflavones market is projected to grow at a CAGR of 4.7%, in terms of value.”The global isoflavones market is estimated to be valued at USD 1.1 billion in 2019 and is likely to reach USD 1.5 billion by 2025, growing at a CAGR of 4.7% during the forecast period. Isoflavones are a phytoestrogen produced mainly by plants of the legume family, namely, soybeans, chickpeas, and red clover. They are potentially useful in lowering cholesterol, treating cancers and menopausal symptoms, maintain bone health, and so on. Growth in this market is mainly driven by the increasing incidences of chronic diseases, rising prevalence of cancer, technological advancements in the manufacturing of isoflavones, and the rapidly increasing geriatric population. However, stringent regulatory requirements and unfavorable drug price control policies across various countries are significant factors that are expected to restrain the growth of this market to a certain extent.

“The soy segment in isoflavones market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the source, the soy segment is estimated to account for the largest share in the isoflavones market in 2019. The segment is growing owing to factors such as nutritional and functional health-related properties since soy isoflavones are derived from soybeans and are particularly prevalent in soy germ. Genistein and daidzein are the major isoflavones present in soybean, which help in promoting overall health and wellness.

“The pharmaceuticals segment in the isoflavones market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the application, pharmaceuticals are estimated to account for the largest market share. The factors behind the growth is increasing the prevalence of diseases such as cancer, osteoporosis, and arthritis fuels the demand for isoflavones as they reduce the risk of the above-mentioned diseases and provide therapeutic effects.

“The North American isoflavones market is projected to witness significant growth.”
The North America region is projected to hold the major market share in the isoflavones market. It includes the US, Canada, Mexico. According to the United States Department of Agriculture, the US produced 341.62 million metric tons of soybean, Canada produced 7.72 million metric tons, and Mexico 0.43 million metric tons, in the year 2017–2018. The region is one of the leading producers of soybeans, which creates ample opportunities for the manufacturing of isoflavones. Another factor propelling the growth of isoflavones in the region is rising obesity, which is a major concern among the youth, which is directing consumer focus toward a healthy lifestyle, thereby promoting their overall health and wellness.

Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 45 %, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: C-level – 70%, Director-level – 20%, and Others* – 10%
 By Region: North America – 40%, Europe – 30%, Asia Pacific – 20%, and RoW**– 10%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report:
This report includes a study of marketing and development strategies along with the product portfolios of the leading companies in the isoflavones market. It consists of the profiles of leading companies such as Cargill (Germany), ADM (US), BASF (Germany), DSM (Netherlands), International Flavors and Fragrances (Frutarom) (US), Shanghai Freemen (US), Nexira Inc. (France), Bio-gen Extracts, Sikko Industries, SK Bioland (South Korea), BioMax (India), Avestia Pharma (India), NutraScience Labs (US), Tradichem S.L. (Spain), Nutra Green Biotechnology (China), Herbo Nutra (India), FutureCeuticals Inc. (US), Bio-gen Extracts (US), Xena Bio Herbals Pvt. Ltd. (India), Sikko Industries (India), Biomax (India), and Lactonova (India).

Research Coverage:
The report segments the isoflavones market based on source, application, form, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global isoflavones high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the isoflavones market.
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them.
• To gain insights about the major countries/regions, in which the isoflavones market is gaining popularity.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Isoflavones Market
4.2 Isoflavones Market, By Region
4.3 Isoflavones Market, By Application
4.4 Asia Pacific: Isoflavones Market, By Source and Country
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Rising Prevalence of Cancer and Cardiovascular Diseases
5.1.1.2 Rapidly Increasing Geriatric Population
5.1.1.3 Prevalence of Menopausal Issues
5.1.1.4 Growth in Demand for Fortified Food Owing to the Increasing Health-Consciousness Amongst Consumers
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Stringent Regulatory Requirements
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Emerging Markets
5.1.3.2 Emerging Technologies
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Less Efficiency Compared to Alternatives
5.2 Adjacent Economies – Market Size (Historical/Forecast)
5.3 YC & YCC Shift
6 Isoflavones Market, By Source (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Soy
6.2.1 Owing to the Nutritional and Functional Health-Related Properties, the Soy Segment is Projected to Dominate the Isoflavones Market
6.3 Red Clover
6.3.1 The Wide Applications of Red Clover in Applications Such as Food & Beverages, Pharmaceuticals, and Nutraceuticals to Drive the Demand
6.4 Others
7 Isoflavones Market, By Application (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Pharmaceuticals
7.3 Nutraceuticals
7.4 Cosmetics
7.5 Food & Beverages
8 Isoflavones Market, By Form (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Powder
8.2.1 Owing to Factors Such as Convenience in Handling, Powdered Isoflavones in Pharmaceutical and Nutraceutical Industries to Witness High Demand
8.3 Liquid
8.3.1 Demand for Liquid Isoflavones From Cosmetic and Nutraceutical Industries to Fuel the Market
9 Isoflavones Market, By Region (Page No. – 57)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Rise in Cardiovascular Diseases and Menopausal Issues to Drive the Isoflavones Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Well-Established and Constantly Growing Pharmaceuticals Market to Drive the Growth
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Growing Demand for Supplements With Natural Ingredients to Drive the Growth
9.3 Europe
9.3.1 Switzerland
9.3.1.1 Growing Pharmaceutical Industry With Rising R&D Investment
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Growing Pharmaceutical and Nutraceutical Industry to Drive the Growth
9.3.3 France
9.3.3.1 Rise in Sales of Beauty Cosmetic Products as Well as Growing Pharmaceutical Industry to Drive the Demand
9.3.4 UK
9.3.4.1 Rise in Investments in Pharmaceutical Therapeutics to Drive the Market
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Rising Consumption of Supplement to Drive the Market
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Growing Incidences of Chronic Diseases to Drive the Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Aging Population to Opt for Isoflavone Nutraceutical Supplement
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Instances of Chronic Diseases to Drive the Market
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 Growing Nutraceutical, and Functional Food & Beverages Market to Drive the Isoflavone Market
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Growing Lifestyle-Related Health Concerns, Such as Obesity, and Heart Diseases Market to Drive the Isoflavone Market
10 Competitive Landscape (Page No. – 94)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
10.2.1 Terminology/Nomenclature
10.2.1.1 Visionary Leaders
10.2.1.2 Innovators
10.2.1.3 Dynamic Differentiators
10.2.1.4 Emerging Companies
10.3 Ranking of Key Players, 2018
11 Company Profiles (Page No. – 97)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis)*
11.1 Cargill
11.2 ADM
11.3 International Flavors and Fragrances (Frutarom)
11.4 BASF
11.5 DSM
11.6 Nexira Inc.
11.7 Shanghai Freemen
11.8 SK Bioland
11.9 Biomax
11.1 Avestia Pharma
11.11 Nutrascience Labs
11.12 Tradichem S.L
11.13 Nutra Green Biotechnology
11.14 Herbo Nutra
11.15 Futureceuticals Inc.
11.16 Bio-Gen Extracts Pvt. Ltd
11.17 Xena Bio Herbals Pvt Ltd.
11.18 Sikko Industries Ltd.
11.19 Shaanxi Hongda Phytochemistry Co Ltd
11.20 Lactonova
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 122)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.1 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB7423
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ギリシャの心臓補助装置市場見通し
  • 世界のイットリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のイットリウム市場2016について調査・分析し、イットリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • C-RANの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、C-RANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、地域別分析、C-RANの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 難燃性化学物質の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、難燃性化学物質の世界市場について調査・分析し、難燃性化学物質の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・難燃性化学物質の世界市場:市場動向分析 ・難燃性化学物質の世界市場:競争要因分析 ・難燃性化学物質の世界市場:化学的種類別分析/市場規模 ・難燃性化学物質の世界市場:製品別分析/市場規模 ・難燃性化学物質の世界市場:用途別分析/市場規模 ・難燃性化学物質の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・難燃性化学物質の世界市場:地域別分析/市場規模 ・難燃性化学物質の北米市場規模 ・難燃性化学物質の欧州市場規模 ・難燃性化学物質のアジア市場規模 ・難燃性化学物質の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 血管造影用カテーテルの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管造影用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、地域別分析、需要先別分析、血管造影用カテーテルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の生化学メタン市場-分析及び展望(~2022年)
  • マイクロ波アブレーション装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロ波アブレーション装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ波アブレーション装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルキド樹脂の世界市場2019-2023
    アルキド樹脂は多価アルコールを多塩基酸もしくは無水物で加熱することによって作れられるポリエステル樹脂であり、塗料やコーティング組成物の主要成分です。アルキド樹脂は、様々な用途における高い相溶性、耐候性、低コストという理由で保護コーティング剤として使用されます。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間のアルキド樹脂の世界市場が6.78%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Akzo Nobel、Arkema、BASF、Evonik Industries、PPG Industries、W. R. Graceなどです。 当調査レポートでは、アルキド樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルキド樹脂市場規模、用途別(建築、工業、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルキド樹脂の世界市場概要 ・アルキド樹脂の世界市場環境 ・アルキド樹脂の世界市場動向 ・アルキド樹脂の世界市場 …
  • 施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サービスロボットのアジア太平洋市場
  • CO2レーザーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CO2レーザーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CO2レーザー市場規模、用途別(工業用、医療用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CO2レーザーの世界市場概要 ・CO2レーザーの世界市場環境 ・CO2レーザーの世界市場動向 ・CO2レーザーの世界市場規模 ・CO2レーザーの世界市場:業界構造分析 ・CO2レーザーの世界市場:用途別(工業用、医療用、その他) ・CO2レーザーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CO2レーザーのアメリカ市場規模・予測 ・CO2レーザーのヨーロッパ市場規模・予測 ・CO2レーザーのアジア市場規模・予測 ・CO2レーザーの主要国分析 ・CO2レーザーの世界市場:意思決定フレームワーク ・CO2レーザーの世界市場:成長要因、課題 ・CO2レーザーの世界市場:競争環境 ・CO2レーザーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 産業廃棄物処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業廃棄物処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業廃棄物処理市場規模、サービス別(焼却、埋め立て、回収、再利用)分析、廃棄物タイプ別(製造廃棄物、エネルギー廃棄物、農業廃棄物、核廃棄物、発電所廃棄物、その他)分析、種類別(無害廃棄物、有害廃棄物)分析、エンドユーザー別(製薬、航空宇宙・防衛、紙・パルプ、食品・飲料、エレクトロニクス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業廃棄物処理の世界市場:市場動向分析 ・ 産業廃棄物処理の世界市場:競争要因分析 ・ 産業廃棄物処理の世界市場:サービス別(焼却、埋め立て、回収、再利用) ・ 産業廃棄物処理の世界市場:廃棄物タイプ別(製造廃棄物、エネルギー廃棄物、農業廃棄物、核廃棄物、発電所廃棄物、その他) ・ 産業廃棄物処理の世界市場:種類別(無害廃棄物、有害廃棄物) ・ 産業廃棄物処理の世界市場:エンドユーザー別(製薬、航空宇宙・防衛、紙・パルプ、食品・飲料、エ …
  • 世界の水力タービン発電機ユニット市場2016
    本調査レポートでは、世界の水力タービン発電機ユニット市場2016について調査・分析し、水力タービン発電機ユニットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾癬性関節炎治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • スポーツ用サングラスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スポーツ用サングラスの世界市場について調べ、スポーツ用サングラスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スポーツ用サングラスの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はスポーツ用サングラスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スポーツ用サングラスの市場状況 ・スポーツ用サングラスの市場規模 ・スポーツ用サングラスの市場予測 ・スポーツ用サングラスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・スポーツ用サングラスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自動車テレマティクスの世界市場:チャンネル別(OEMおよびアフターマーケット)、車両別(商用車、乗用車、および2輪車)、用途別(車両/資産管理、ナビゲーションおよび位置情報システム、インフォテインメントシステム、保険テレマティック、安全およびセキュリティ、V2X、および その他)、接続ソリューション別(組み込み、統合されたスマートフォン、およびテザー)
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、チャンネル別分析、車両別分析、用途別分析、接続ソリューション別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車テレマティクスの世界市場:チャンネル別(OEMおよびアフターマーケット) ・自動車テレマティクスの世界市場:車両別(商用車、乗用車、および2輪車) ・自動車テレマティクスの世界市場:用途別(車両/資産管理、ナビゲーションおよび位置情報システム、インフォテインメントシステム、保険テレマティック、安全およびセキュリティ、V2X、および その他) ・自動車テレマティクスの世界市場:接続ソリューション別(組み込み、統合されたスマートフォン、およびテザー) ・自動車テレマティクスの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • 天然・人造黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、天然・人造黒鉛の世界市場について調査・分析し、天然・人造黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別天然・人造黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、天然・人造黒鉛種類別分析()、天然・人造黒鉛用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・天然・人造黒鉛の市場概観 ・天然・人造黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・天然・人造黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・天然・人造黒鉛の世界市場規模 ・天然・人造黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・天然・人造黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のカナダ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・天然・人造黒鉛のドイツ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のイギリス市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のロシア市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 自動車イモビライザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車イモビライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車イモビライザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用ソフトウェアの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の整形外科用ソフトウェア市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:イントロダクション ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場概観 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:主要地域別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:関連企業分析
  • クラウド通信プラットフォームの世界市場:ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、クラウド通信プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の概要 ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デジタル音楽コンテンツの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタル音楽コンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル音楽コンテンツの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用砂糖の世界市場予測(~2022年):白砂糖、黒砂糖、液糖
    当調査レポートでは、工業用砂糖の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、原料別分析、工業用砂糖の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヴィーガンアイスクリームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヴィーガンアイスクリームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヴィーガンアイスクリーム市場規模、製品別(持ち帰り用アイスクリーム、インパルスアイスクリーム、アーティザナルアイスクリーム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場概要 ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場環境 ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場動向 ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場規模 ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場:業界構造分析 ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場:製品別(持ち帰り用アイスクリーム、インパルスアイスクリーム、アーティザナルアイスクリーム) ・ヴィーガンアイスクリームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヴィーガンアイスクリームのアメリカ市場規模・予測 ・ヴィーガンアイスクリームのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヴィーガンアイスクリームのアジア市場規模・予測 ・ヴィーガンアイスクリームの主 …
  • 産業用エアコンプレッサー(空気圧縮機)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、産業用エアコンプレッサー(空気圧縮機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、圧力別分析、出力別分析、需要先別分析、産業用エアコンプレッサー(空気圧縮機)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港情報システムの世界市場
    当調査レポートでは、空港情報システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港情報システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の血管内コイル市場2015
    本調査レポートでは、世界の血管内コイル市場2015について調査・分析し、血管内コイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用増粘剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品用増粘剤の世界市場について調査・分析し、食品用増粘剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品用増粘剤の世界市場:市場動向分析 - 食品用増粘剤の世界市場:競争要因分析 - 食品用増粘剤の世界市場:由来別 ・動物 ・植物 ・微生物 - 食品用増粘剤の世界市場:用途別 ・ソース、ドレッシング、マリネ、グレイビーソース ・乳製品&冷凍のデザート ・菓子 ・インスタント&加工食品 ・パン ・飲料 - 食品用増粘剤の世界市場:種類別 ・プロテイン ・親水コロイド ・澱粉 - 食品用増粘剤の世界市場:主要地域別分析 - 食品用増粘剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品用増粘剤のヨーロッパ市場規模 - 食品用増粘剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品用増粘剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホスト型構内交換機(PBX)市場規模、ソリューション別(仮想開発・セットアップ、ネットワークトラフィック管理、仮想支援・サポート、構成・変更管理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場概要 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場環境 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場動向 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場規模 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:業界構造分析 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:ソリューション別(仮想開発・セットアップ、ネットワークトラフィック管理、仮想支援・サポート、構成・変更管理、その他) ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホスト型構内交換機(PBX)の北米市場規模・予測 ・ホスト型構内交換機(PBX)のヨーロッパ・中東・ …
  • スマートヘルスケアの世界市場分析:製品別(RFIDカンバンシステム、RFIDスマートキャビネット、電子健康記録/ EHR、遠隔医療、mHealth、スマートピル、スマートシリンジ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートヘルスケアの世界市場について調査・分析し、スマートヘルスケアの世界市場動向、スマートヘルスケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートヘルスケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の繊維セメント市場2016
    本調査レポートでは、世界の繊維セメント市場2016について調査・分析し、繊維セメントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC薬(一般用医薬品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTC薬(一般用医薬品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTC薬(一般用医薬品)の世界市場規模及び予測、種類別分析、治療クラス別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シアヌル酸の世界市場2018-2022
    シアヌル酸は、イソシアヌル酸としても知られており、白色、無臭、結晶性固体として存在する化合物であり、分子式は(CNOH)3です。 殺菌剤、プール用塩素安定剤、漂白剤、除草剤として広く使用されています。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の期間にシアヌル酸の世界市場が3.53%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Merck、Shandong Daming Science and Technology、Shandong Lantian Disinfection Technology、Shandong Xingda Chemicalなどです。 当調査レポートでは、シアヌル酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シアヌル酸市場規模、用途別(化学合成、水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シアヌル酸の世界市場概要 ・シアヌル酸の世界市場環境 ・シアヌル酸の世界市場動向 ・シアヌ …
  • 世界のポリアミド(ナイロン)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド(ナイロン)市場2015について調査・分析し、ポリアミド(ナイロン)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心房細動(AF)の疫学的予測
    当調査レポートでは、心房細動(AF)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心房細動(AF)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・心房細動(AF)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 企業資産管理ソフトウェアの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、企業資産管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT対応産業用ウェアラブル機器の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、IoT対応産業用ウェアラブル機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoT対応産業用ウェアラブル機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はIoT対応産業用ウェアラブル機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alphabet、DAQRI、Epson、Fujitsu、Microsoft、Vuzix等です。
  • イランの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界のコンクリート膨張剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンクリート膨張剤市場2016について調査・分析し、コンクリート膨張剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胎児・新生児ケア装置のアジア市場
    本調査レポートでは、胎児・新生児ケア装置のアジア市場について調査・分析し、胎児・新生児ケア装置のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 脳波検査デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脳波検査デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳波検査デバイスの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は脳波検査デバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Advanced Brain Monitoring• Compumedics• Natus Medical• Nihon Kohden等です。
  • 歯科矯正器具の世界市場予測:ブラケット、アーチワイヤー、リガチャー、固定物、ブレース
    当調査レポートでは、歯科矯正器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、患者別分析、地域別分析、歯科矯正器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の長鎖ジカルボン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の長鎖ジカルボン酸市場2016について調査・分析し、長鎖ジカルボン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート・パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・パッケージ市場2015について調査・分析し、スマート・パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 360度カメラの世界市場2020-2024
    「360度カメラの世界市場2020-2024」は、360度カメラについて市場概要、市場規模、用途別(映画製作、イベント、その他)分析、エンドユーザー別(専門家、非専門家)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・360度カメラの世界市場:用途別(映画製作、イベント、その他) ・360度カメラの世界市場:エンドユーザー別(専門家、非専門家) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 家禽診断の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、家禽診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、検査種類別分析、疾患種類別分析、サービス別分析、地域別分析、家禽診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオチップの世界市場:DNAチップ、ラボオンチップ、タンパク質チップ
    当調査レポートでは、バイオチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、製造技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトバイオテクノロジーの世界市場2017-2021:バイオエネルギー、食品・飼料添加物、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はホワイトバイオテクノロジーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBASF、Cargill、DuPont、Novozymes等です。
  • 脳・身体酸素濃度計の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、脳・身体酸素濃度計の世界市場について調べ、脳・身体酸素濃度計の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(デュアルエミッター・デュアル検出器、シングルエミッター・デュアル検出器、その他)分析、臨床応用別(心臓手術、血管手術、その他)分析、患者タイプ別(NICU、小児科、成人)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・脳・身体酸素濃度計の世界市場動向 ・脳・身体酸素濃度計の世界市場環境 ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模 ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模:種類別(デュアルエミッター・デュアル検出器、シングルエミッター・デュアル検出器、その他) ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模:臨床応用別(心臓手術、血管手術、その他) ・脳・身体酸素濃度計の世界市場規模:患者タイプ別(NICU、小児科、成人) ・脳・身体酸素濃度 …
  • マイクロインバーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、マイクロインバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロインバーター市場規模、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、種類別(単相、三相)分析、接続方式別(電力網接続型、スタンドアロン型)分析、技術別(有線、無線)分析、販売経路別(直販、関節)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ マイクロインバーターの世界市場:市場動向分析 ・ マイクロインバーターの世界市場:競争要因分析 ・ マイクロインバーターの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア) ・ マイクロインバーターの世界市場:種類別(単相、三相) ・ マイクロインバーターの世界市場:接続方式別(電力網接続型、スタンドアロン型) ・ マイクロインバーターの世界市場:技術別(有線、無線) ・ マイクロインバーターの世界市場:販売経路別(直販、関節) ・ マイクロインバーターの世界市場:主要地域別分析 ・ マイクロインバーターの北米市場規模 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"