"イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB7423)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The isoflavones market is projected to grow at a CAGR of 4.7%, in terms of value.”The global isoflavones market is estimated to be valued at USD 1.1 billion in 2019 and is likely to reach USD 1.5 billion by 2025, growing at a CAGR of 4.7% during the forecast period. Isoflavones are a phytoestrogen produced mainly by plants of the legume family, namely, soybeans, chickpeas, and red clover. They are potentially useful in lowering cholesterol, treating cancers and menopausal symptoms, maintain bone health, and so on. Growth in this market is mainly driven by the increasing incidences of chronic diseases, rising prevalence of cancer, technological advancements in the manufacturing of isoflavones, and the rapidly increasing geriatric population. However, stringent regulatory requirements and unfavorable drug price control policies across various countries are significant factors that are expected to restrain the growth of this market to a certain extent.

“The soy segment in isoflavones market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the source, the soy segment is estimated to account for the largest share in the isoflavones market in 2019. The segment is growing owing to factors such as nutritional and functional health-related properties since soy isoflavones are derived from soybeans and are particularly prevalent in soy germ. Genistein and daidzein are the major isoflavones present in soybean, which help in promoting overall health and wellness.

“The pharmaceuticals segment in the isoflavones market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the application, pharmaceuticals are estimated to account for the largest market share. The factors behind the growth is increasing the prevalence of diseases such as cancer, osteoporosis, and arthritis fuels the demand for isoflavones as they reduce the risk of the above-mentioned diseases and provide therapeutic effects.

“The North American isoflavones market is projected to witness significant growth.”
The North America region is projected to hold the major market share in the isoflavones market. It includes the US, Canada, Mexico. According to the United States Department of Agriculture, the US produced 341.62 million metric tons of soybean, Canada produced 7.72 million metric tons, and Mexico 0.43 million metric tons, in the year 2017–2018. The region is one of the leading producers of soybeans, which creates ample opportunities for the manufacturing of isoflavones. Another factor propelling the growth of isoflavones in the region is rising obesity, which is a major concern among the youth, which is directing consumer focus toward a healthy lifestyle, thereby promoting their overall health and wellness.

Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 45 %, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: C-level – 70%, Director-level – 20%, and Others* – 10%
 By Region: North America – 40%, Europe – 30%, Asia Pacific – 20%, and RoW**– 10%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report:
This report includes a study of marketing and development strategies along with the product portfolios of the leading companies in the isoflavones market. It consists of the profiles of leading companies such as Cargill (Germany), ADM (US), BASF (Germany), DSM (Netherlands), International Flavors and Fragrances (Frutarom) (US), Shanghai Freemen (US), Nexira Inc. (France), Bio-gen Extracts, Sikko Industries, SK Bioland (South Korea), BioMax (India), Avestia Pharma (India), NutraScience Labs (US), Tradichem S.L. (Spain), Nutra Green Biotechnology (China), Herbo Nutra (India), FutureCeuticals Inc. (US), Bio-gen Extracts (US), Xena Bio Herbals Pvt. Ltd. (India), Sikko Industries (India), Biomax (India), and Lactonova (India).

Research Coverage:
The report segments the isoflavones market based on source, application, form, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global isoflavones high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the isoflavones market.
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them.
• To gain insights about the major countries/regions, in which the isoflavones market is gaining popularity.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Isoflavones Market
4.2 Isoflavones Market, By Region
4.3 Isoflavones Market, By Application
4.4 Asia Pacific: Isoflavones Market, By Source and Country
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Rising Prevalence of Cancer and Cardiovascular Diseases
5.1.1.2 Rapidly Increasing Geriatric Population
5.1.1.3 Prevalence of Menopausal Issues
5.1.1.4 Growth in Demand for Fortified Food Owing to the Increasing Health-Consciousness Amongst Consumers
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Stringent Regulatory Requirements
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Emerging Markets
5.1.3.2 Emerging Technologies
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Less Efficiency Compared to Alternatives
5.2 Adjacent Economies – Market Size (Historical/Forecast)
5.3 YC & YCC Shift
6 Isoflavones Market, By Source (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Soy
6.2.1 Owing to the Nutritional and Functional Health-Related Properties, the Soy Segment is Projected to Dominate the Isoflavones Market
6.3 Red Clover
6.3.1 The Wide Applications of Red Clover in Applications Such as Food & Beverages, Pharmaceuticals, and Nutraceuticals to Drive the Demand
6.4 Others
7 Isoflavones Market, By Application (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Pharmaceuticals
7.3 Nutraceuticals
7.4 Cosmetics
7.5 Food & Beverages
8 Isoflavones Market, By Form (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Powder
8.2.1 Owing to Factors Such as Convenience in Handling, Powdered Isoflavones in Pharmaceutical and Nutraceutical Industries to Witness High Demand
8.3 Liquid
8.3.1 Demand for Liquid Isoflavones From Cosmetic and Nutraceutical Industries to Fuel the Market
9 Isoflavones Market, By Region (Page No. – 57)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Rise in Cardiovascular Diseases and Menopausal Issues to Drive the Isoflavones Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Well-Established and Constantly Growing Pharmaceuticals Market to Drive the Growth
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Growing Demand for Supplements With Natural Ingredients to Drive the Growth
9.3 Europe
9.3.1 Switzerland
9.3.1.1 Growing Pharmaceutical Industry With Rising R&D Investment
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Growing Pharmaceutical and Nutraceutical Industry to Drive the Growth
9.3.3 France
9.3.3.1 Rise in Sales of Beauty Cosmetic Products as Well as Growing Pharmaceutical Industry to Drive the Demand
9.3.4 UK
9.3.4.1 Rise in Investments in Pharmaceutical Therapeutics to Drive the Market
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Rising Consumption of Supplement to Drive the Market
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Growing Incidences of Chronic Diseases to Drive the Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Aging Population to Opt for Isoflavone Nutraceutical Supplement
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Instances of Chronic Diseases to Drive the Market
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 Growing Nutraceutical, and Functional Food & Beverages Market to Drive the Isoflavone Market
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Growing Lifestyle-Related Health Concerns, Such as Obesity, and Heart Diseases Market to Drive the Isoflavone Market
10 Competitive Landscape (Page No. – 94)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
10.2.1 Terminology/Nomenclature
10.2.1.1 Visionary Leaders
10.2.1.2 Innovators
10.2.1.3 Dynamic Differentiators
10.2.1.4 Emerging Companies
10.3 Ranking of Key Players, 2018
11 Company Profiles (Page No. – 97)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis)*
11.1 Cargill
11.2 ADM
11.3 International Flavors and Fragrances (Frutarom)
11.4 BASF
11.5 DSM
11.6 Nexira Inc.
11.7 Shanghai Freemen
11.8 SK Bioland
11.9 Biomax
11.1 Avestia Pharma
11.11 Nutrascience Labs
11.12 Tradichem S.L
11.13 Nutra Green Biotechnology
11.14 Herbo Nutra
11.15 Futureceuticals Inc.
11.16 Bio-Gen Extracts Pvt. Ltd
11.17 Xena Bio Herbals Pvt Ltd.
11.18 Sikko Industries Ltd.
11.19 Shaanxi Hongda Phytochemistry Co Ltd
11.20 Lactonova
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 122)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.1 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB7423
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
イソフラボンの世界市場予測:由来別、用途別、フォーム別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • サービスロボティクスの世界市場予測(~2022):作業環境別(空中、地上、海洋)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、サービスロボティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、作業環境別分析、用途別分析、地域別分析、サービスロボティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ファイバーグラスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ファイバーグラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ファイバーグラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続的腎代替療法 (CRRT) の世界市場予測(~2022年):装置、血液ろ過器、血液用ライン、透析液
    当調査レポートでは、持続的腎代替療法 (CRRT) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、モード別分析、処置別分析、地域別分析、持続的腎代替療法 (CRRT) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場分析:原材料別(PAN、ピッチ)、用途別(自動車、航空宇宙&防衛、風力タービン、スポーツ、建設、海洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場について調査・分析し、炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場動向、炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭素熱可塑性(CFRTP)複合材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サッカー用品の世界市場2017-2021:サッカーシューズ、保護具、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サッカー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サッカー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はサッカー用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Adidas Group、Nike、Kering、Lotto Sport、Under Armour等です。
  • ベビー パウダーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー パウダーの世界市場について調べ、ベビー パウダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー パウダーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベビー パウダーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビー パウダーの市場状況 ・ベビー パウダーの市場規模 ・ベビー パウダーの市場予測 ・ベビー パウダーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ベビー パウダーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • リーチスタッカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リーチスタッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、リーチスタッカーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • データセンター液浸冷却の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データセンター液浸冷却の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンター液浸冷却市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンター液浸冷却の世界市場概要 ・データセンター液浸冷却の世界市場環境 ・データセンター液浸冷却の世界市場動向 ・データセンター液浸冷却の世界市場規模 ・データセンター液浸冷却の世界市場:業界構造分析 ・データセンター液浸冷却の世界市場:地域別市場規模・分析 ・データセンター液浸冷却のアメリカ市場規模・予測 ・データセンター液浸冷却のヨーロッパ市場規模・予測 ・データセンター液浸冷却のアジア市場規模・予測 ・データセンター液浸冷却の主要国分析 ・データセンター液浸冷却の世界市場:意思決定フレームワーク ・データセンター液浸冷却の世界市場:成長要因、課題 ・データセンター液浸冷却の世界市場:競争環境 ・データセンター液浸冷却の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ストリングインバータの世界市場予測(~2021):単相式ストリングインバータ、三相式ストリングインバータ
    当調査レポートでは、ストリングインバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位相別分析、システム種類別分析、定格別分析、需要先別分析、ストリングインバータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル・パワー・エレクトロニクス市場
  • 横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の概要 ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ガス発電機(少容量/中容量)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガス発電機(少容量/中容量)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガス発電機(少容量/中容量)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乳房生検市場規模・予測2017-2025:商品別(台、針、局所ワイヤー、ガイドシステム)、種類別(切除・切開)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の乳房生検市場について調査・分析し、世界の乳房生検市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の乳房生検関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の脊椎外傷用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の脊椎外傷用デバイス市場2015について調査・分析し、脊椎外傷用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場分析:薬の種類別(ヌクレオシドアナログ逆転写酵素阻害剤(NRTI)、非NRTI、侵入・融合、プロテアーゼ、インテグラーゼ阻害剤、補助受容体拮抗薬)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場について調査・分析し、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場動向、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用カウンター下製氷機の世界市場2017-2021:空冷式、水冷式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、業務用カウンター下製氷機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用カウンター下製氷機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用カウンター下製氷機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCornelius、Hoshizaki、Scotsman Ice Machines、Welbilt等です。
  • 電気生理学診断用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気生理学診断用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気生理学診断用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオクチルテレフタレートの世界市場:種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)、地域別予測
    本資料は、ジオクチルテレフタレートの世界市場について調べ、ジオクチルテレフタレートの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)分析、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、Aekyung Petrochemical、Oxea、LG Chemical、Eastman、ExxonMobil、Meltem Kimya、Nan Ya Plastics、UPC Group、Iro Group、Bluesail Chemical Group、Xiongye Chemical、Lingchuang Chemical、Xiangfeng Plastic、Kunshan Hefeng Chemicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオクチルテレフタレートの世界市場概要 ・ジ …
  • エジプトの関節鏡検査装置市場見通し
  • 航空・防衛(A&D)遠隔測定法の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空・防衛(A&D)遠隔測定法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空・防衛(A&D)遠隔測定法の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不凍タンパク質市場2015
    本調査レポートでは、世界の不凍タンパク質市場2015について調査・分析し、不凍タンパク質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の粉砕機市場2016
    本調査レポートでは、世界の粉砕機市場2016について調査・分析し、粉砕機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シロアリ防除の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、シロアリ防除の世界市場について調査・分析し、シロアリ防除の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - シロアリ防除の世界市場:市場動向分析 - シロアリ防除の世界市場:競争要因分析 - シロアリ防除の世界市場:防除方式別 ・生物学的防除方式 ・物理的機械的防除方式 ・化学的防除方式 ・その他 - シロアリ防除の世界市場:種別 ・乾いた木に住むシロアリ ・湿った木に住むシロアリ ・地下シロアリ ・その他 - シロアリ防除の世界市場:用途別 ・農業・家畜農場 ・商用&産業 ・住宅用 ・その他 - シロアリ防除の世界市場:主要地域別分析 - シロアリ防除の北米市場規模(アメリカ市場等) - シロアリ防除のヨーロッパ市場規模 - シロアリ防除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・シロアリ防除の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 核医学の世界市場:製品別(診断、治療)、用途別、セグメント予測
    核医学の世界市場は2025年には152億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率10.1%で成長すると予測されています。がんや心機能障害などの慢性疾患が増えており、核医学はこのような疾患の診断ならびに治療に広く使用されています。本調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、核医学の世界市場動向、核医学の世界市場規模、市場予測、セグメント別核医学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 船舶用潤滑油の世界市場
    当調査レポートでは、船舶用潤滑油の世界市場について調査・分析し、船舶用潤滑油の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場:プリンター、材料、材料の形状、プロセス、技術、ソフトウェア、サービス、用途、産業、地域別分析
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、プリンター種類別分析、材料種類別分析、技術別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用浄水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用浄水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、家庭用浄水器の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタブレット用プロセッサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用プロセッサ市場2015について調査・分析し、タブレット用プロセッサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサイレージ用接種剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイレージ用接種剤市場2015について調査・分析し、サイレージ用接種剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスタービンの世界市場予測(~2022年): 開放サイクル、コンバインドサイクル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、容量別分析、種類別分析、用途別分析、ガスタービンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 温水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温水器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は温水器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• A.O.Smith• Bradford White• GENERAL ELECTRIC• Rheem Manufacturing Company等です。
  • 世界の衛星電話市場2019
    本調査レポートでは、世界の衛星電話市場2019について調査・分析し、衛星電話の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、衛星電話のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、衛星電話メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・衛星電話の市場概要 ・衛星電話の上流・下流市場分析 ・衛星電話のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・衛星電話のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・衛星電話のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・衛星電話の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・衛星電話の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・衛星電話のヨー …
  • UAEの脊椎手術装置市場見通し
  • 世界のランニングシューズ市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 爆発物検知技術の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、爆発物検知技術の世界市場について調査・分析し、爆発物検知技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・爆発物検知技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・爆発物検知技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・爆発物検知技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • マイクロ電気自動車(EV)の世界市場:ゴルフカート、マイクロカー、四輪車
    当調査レポートでは、マイクロ電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 造核剤および清澄剤の世界市場予測2026
    当調査レポートでは、造核剤および清澄剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ポリマー別分析、用途別分析、地域別分析、造核剤および清澄剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キノア種子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キノア種子の世界市場について調査・分析し、キノア種子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キノア種子シェア、市場規模推移、市場規模予測、キノア種子種類別分析(黒色、赤、白色)、キノア種子用途別分析(直接食用、加工食用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キノア種子の市場概観 ・キノア種子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キノア種子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キノア種子の世界市場規模 ・キノア種子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キノア種子のアメリカ市場規模推移 ・キノア種子のカナダ市場規模推移 ・キノア種子のメキシコ市場規模推移 ・キノア種子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キノア種子のドイツ市場規模推移 ・キノア種子のイギリス市場規模推移 ・キノア種子のロシア市場規模推移 ・キノア種子のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・キノア種子の日本市場規模推移 ・ …
  • タイの試験測定機器市場2016-2020
    当調査レポートでは、タイの試験測定機器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイの試験測定機器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルARの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルARの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、モバイルARの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用ガラス器具・プラスチック器具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、実験室用ガラス器具・プラスチック器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用ガラス器具・プラスチック器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場:生活用品、移動補助機器、浴室用安全装置、医療用家具
    当調査レポートでは、高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(生活補助、移動補助機器、浴室の安全装置、医療用家具)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場:種類別(生活補助、移動補助機器、浴室の安全装置、医療用家具) ・高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場予測2019-2024
    「窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、平ヒーター、円筒型(チューブ)ヒーターなど、用途別には、Medical Device、Aerospace、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。窒化アルミニウムセラミックヒーターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場概要(サマリー) ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの企業別販売量・売上 ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの企業別市場シェア ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場規模:種類別(平ヒーター、円筒型(チューブ)ヒーター) ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場規模:用途別(Medical Device、Aerospace、Other) ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・窒化アルミニウムセラミックヒータ …
  • 顕微鏡の世界市場:光学顕微鏡、電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡
    当調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体肥料の世界市場:窒素肥料、カリ肥料、りん酸肥料、微量栄養素肥料
    当調査レポートでは、液体肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体肥料の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 飲料包装の世界市場:種類別(びん、缶、パウチ、カートン)、材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙)、用途別、地域別予測
    本資料は、飲料包装の世界市場について調べ、飲料包装の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(びん、缶、パウチ、カートン)分析、材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飲料包装の世界市場概要 ・飲料包装の世界市場環境 ・飲料包装の世界市場動向 ・飲料包装の世界市場規模 ・飲料包装の世界市場規模:種類別(びん、缶、パウチ、カートン) ・飲料包装の世界市場規模:材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙) ・飲料包装の世界市場規模:用途別 ・飲料包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飲料包装の北米市場規模・予測 ・飲料包装のアメリカ市場規模・予測 ・飲料包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・飲料包装のアジア市場規模・予測 ・飲料包装の日本市場規模・予測 ・飲料包装の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 医療機器受託製造の世界市場予測
    当調査レポートでは、医療機器受託製造の世界市場について調査・分析し、医療機器受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医療機器受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医療機器受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療機器受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • インターロイキン-8阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-8阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-8阻害剤の概要 ・インターロイキン-8阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-8阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-8阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-8阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場:アプリケーションテスト、製品テスト
    当調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェアテストサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"