"音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場予測:コンポーネント別、用途別、展開モード別、組織規模別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC7421)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場予測:コンポーネント別、用途別、展開モード別、組織規模別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global speech-to-text API market size to grow at a CAGR of 20.6% during the forecast periodThe speech-to-text Application Program Interface (API) market size is projected to grow from USD 1.6 billion in 2019 to USD 4.1 Billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 20.6% during the forecast period. The speech-to-text API market is driven by the growing adoption of smart speakers and mobile phones and stringent regulatory and compliance. However, transcribing audio from multi-channels and its accuracy may hinder the growth of the speech-to-text API market.

Services segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
The speech-to-text API market by component is segmented into solutions and services. The services segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The services considered in the report are professional services and managed services. Professional services are further bifurcated into consulting, deployment and integration, and support and maintenance. The growth of this segment can be attributed to the increasing deployment of the speech-to-text API software, which leads to the increasing the demand for pre- and post-deployment services, as these solutions require training, owing to technical complexities.

Retail and eCommerce vertical to grow at the highest CAGR during the forecast period
The speech-to-text API market by vertical has been segmented into Banking, Financial Services and Insurance (BFSI), telecommunications and Information Technology (IT), retail and eCommerce, healthcare, media and entertainment, government and defense, travel and hospitality, manufacturing, others (transportation and logistics, and education). A rise in competition among players in the online retail market and thr emergence of a number of eCommerce players are factors projected to drive the growth of this vertical.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The region is becoming a new hotspot in the speech-to-text API market, due to rising investments in the process of digitalization across potential economies in the region.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the speech-to-text API market.
 By Company: Tier I: 38%, Tier II: 41%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level Executives: 65%, Directors: 20%, and Others: 15%
 By Region: North America: 45%, APAC: 30%, Europe: 15%, MEA: 5%, and Latin America: 5%
The report includes the study of the key players offering speech-to-text API solutions and services. It profiles major vendors in the global speech-to-text API market. The major vendors are Google (US), Microsoft (US), IBM (US), AWS (US), Nuance Communications (US), Verint (US), Speechmatics (England), Vocapia Research (France), Twilio (US), Baidu (China), Facebook (US), iFLYTEK (China), Govivace (US), Deepgram (US), Nexmo (US), VoiceBase (US), Otter.ai (US), Voci (US), GL Communications (US), and Contus (India). It also includes an in-depth competitive analysis of key players in the speech-to-text API market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the speech-to-text API market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as component, deployment mode, organization size, application, vertical, and region..

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall speech-to-text API market and subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場予測:コンポーネント別、用途別、展開モード別、組織規模別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Comtettitive Leadership Mapping Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Speech-to-text API Market
4.2 Market Top 3 Applications
4.3 Market By Region
4.4 Market in North America, By Application and Industry Vertical
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Adoption of Smart Speakers and Mobile Phones
5.2.1.2 Stringent Regulatory and Compliance
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Transcribing Audio From Multi-Channels and Its Accuracy
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Innovation in Speech-to-text Solutions for Temporarily and Permanently Disabled Students
5.2.3.2 Growing Inclination Toward Cloud-Based Deployment Mode
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Multilingual Support for Captioning and Subtitling
5.2.4.2 Building Custom Vocabulary as Per Different Industry Verticals
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 Americans With Disabilities Act
5.4.2 Office of Communications
5.4.3 Polish Civil Code
5.4.4 Federal Communications Commission
5.4.5 General Data Protection Regulation
6 Speech-to-text API Market By Component (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Growth in Voice-Based Technology to Drive the Demand for Speech-to-text API Software
6.3 Services
6.3.1 Managed Services
6.3.1.1 Increasing Need to Monitor and Maintain Tool Operations and Reduce Overhead Costs Driving the Demand for Managed Services
6.3.2 Professional Services
6.3.2.1 Consulting
6.3.2.1.1 Technicalities Involved in Implementing Speech-to-text API Tools and Services to Boost the Demand for Consulting Services
6.3.2.2 Deployment and Integration
6.3.2.2.1 Growing Need to Overcome System-Related Issues Effectively Driving the Demand for Deployment and Integration Services
6.3.2.3 Support and Maintenance
6.3.2.3.1 Growing Deployment of Speech-to-text API Software to Boost the Demand for Support and Maintenance Services
7 Speech-to-text API Market By Application (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Risk and Compliance Management
7.2.1 Rising Costs of Non-Compliance Forcing Companies to Adopt Speech-to-text API
7.3 Fraud Detection and Prevention
7.3.1 Increasing Instances of Frauds Prompting Banks and Financial Institutions to Employ Advanced Speech-to-text API
7.4 Customer Management
7.4.1 Need to Extract Meaningful Data From Customer Interactions Driving the Adoption of Speech-to-text API
7.5 Content Transcription
7.5.1 Growing Need to Provide Understandable and Searchable Transcription of Audio and Video Data to Fuel the Adoption of Speech-to-text API
7.6 Others
8 Speech-to-text API Market By Deployment Mode (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Cost-Effectiveness and Scalability to Boost the Adoption of Cloud-Based Speech-to-text Api
8.3 On-Premises
8.3.1 Data-Sensitive Organizations Preferring the On-Premises Deployment Mode for Speech-to-text API Software
9 Speech-to-text API Market By Organization Size (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Availability of Cloud-Based Cost-Effective Solutions to Fuel the Adoption of Speech-to-text API in Small and Medium-Sized Enterprises
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Increasing Adoption of Advanced Technologies to Boost the Adoption of Speech-to-text API in Large Enterprises
10 Speech-to-text API Market By Industry Vertical (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services, and Insurance
10.2.1 Rising Need for Automated Customer Service and Query Resolver to Fuel the Adoption of Speech-to-text API in BFSI
10.3 Retail and Ecommerce
10.3.1 Need to Deliver Real-Time Customer Experience Driving the Adoption of Speech-to-text API in Retail and Ecommerce
10.4 Telecommunications and IT
10.4.1 Widespread Adoption of Advanced Technologies to Boost the Adoption of Speech-to-text API in Telecommunications and It
10.5 Healthcare
10.5.1 Growing Regulatory Requirements and Need for Documentation to Fuel the Adoption of Speech-to-text API in Healthcare
10.6 Manufacturing
10.6.1 Growing Demand for In-Car Infotainment Systems to Drive the Adoption of Speech-to-text API in Manufacturing
10.7 Media and Entertainment
10.7.1 Increased Demand for Content Transcription to Boost the Adoption of Speech-to-text API in Media and Entertainment
10.8 Government and Defense
10.8.1 Demand for Advanced Technologies to Drive the Adoption of Speech-to-text API in the Government and Defense Sector
10.9 Travel and Hospitality
10.9.1 Increasing Competition Among Players to Drive the Adoption of Speech-to-text API in Travel and Hospitality
10.1 Others
11 Speech-to-text API Market By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Rapid Growth of Technologies and Infrastructure to Fuel the Adoption of Speech-to-text API in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Growing R&D Activities to Boost the Growth of Speech-to-text API Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Growing Focus on Automating Customer Service to Boost the Adoption of Speech-to-text API in the UK
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Government Initiatives for the Adoption of AI and Interest Among Enterprises to Offer Personalized Customer Services Driving the Growth of Market in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Ongoing Efforts From Private Companies and Institutional Players to Boost the Growth of Market in France
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Increasing use of Iva and Chatbots in Telecommunications and Retail Industries to Drive the Adoption of Speech-to-text API in Japan
11.4.2 Australia
11.4.2.1 Increasing Need to Make Timely Business and Communication Decisions to Drive the Growth of Speech-to-text API Market Across the Telecommunication Industry Verticals in Australia
11.4.3 China
11.4.3.1 Increasing Need for Automation Across Healthcare Institutions and BFSI Organizations to Drive the Growth of Market in China
11.4.4 India
11.4.4.1 Growing Investment of Industry Players in AI Technology to Drive the Growth of Market in India
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Government Regulations and Increased Penetration of Mobile Devices to Carry Out Different Operations Driving the Growth of Speech-to-text API Market in the Middle East
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Increasing Investments in Technologies, Such as Cloud, Analytics, and Information Security to Drive the Growth of Market in Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Growing Industries, Such as Banking and Ecommerce to Boost the Adoption of the Speech-to-text API in Brazil
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Growing Developments in IVR, Chatbots, and Customer Self-Service Capabilities to Drive the Growth of Speech-to-text API Market in Mexico
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 123)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
13 Company Profiles (Page No. – 125)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Google
13.3 Microsoft
13.4 IBM
13.5 AWS
13.6 Nuance Communications
13.7 Verint
13.8 Speechmatics
13.9 Vocapia Research
13.10 Twilio
13.11 Baidu
13.12 Facebook
13.13 iFLYTEK
13.14 Govivace
13.15 Deepgram
13.16 Nexmo
13.17 Voicebase
13.18 Otter.AI
13.19 Voci
13.20 GL Communications
13.21 Contus
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 162)
14.1 Industry Excerpts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場予測:コンポーネント別、用途別、展開モード別、組織規模別
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC7421
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
音声認識 (Speech-to-text) APIの世界市場予測:コンポーネント別、用途別、展開モード別、組織規模別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場について調査・分析し、麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別麻酔ビデオ咽頭鏡シェア、市場規模推移、市場規模予測、麻酔ビデオ咽頭鏡種類別分析(マイクロハンドヘルド型ユニット、大型ユニット)、麻酔ビデオ咽頭鏡用途別分析(緊急治療科、手術室、ラピッドレスポンスアプリケーション)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の市場概観 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場規模 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のアメリカ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のカナダ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメキシコ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のドイツ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のイギリス …
  • CRISPR技術の世界市場予測(~2023年)
    CRISPR技術の世界市場は、2018年の5億6200万米ドルから2023年には17億1500万米ドルに達し、この期間中25%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、資金調達および個人投資の増加、CRISPR術の採用の拡大などが考えれられます。一方で、代替技術も存在することから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、CRISPR技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(酵素、キット、gRNA、ライブラリ、デザインツール)分析、サービス(gRNAデザイン、細胞株エンジニアリング)分析、用途(バイオメディカル、農業)分析、エンドユーザー(製薬・バイオ医薬品企業、学術機関、CRO)分析、CRISPR技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のポリプロピレン市場(~2019)
  • 排気浄化触媒(ECC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、排気浄化触媒(ECC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、排気浄化触媒(ECC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • BYOD及び企業モビリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、BYOD及び企業モビリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BYOD及び企業モビリティの世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓律動管理デバイス市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の心臓律動管理デバイス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の心臓律動管理デバイス市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 通気性フィルムの世界市場予測(~2021年):ポリエチレンフィルム、ポリウレタンフィルム、ポリプロピレンフィルム
    当調査レポートでは、通気性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、通気性フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブル用付属品のアメリカ市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ケーブル用付属品のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブル用付属品のアメリカ市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はケーブル用付属品のアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はNexans、NKT Cables、Prysmian Group等です。
  • 電池管理システムの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、電池管理システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年126億ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電池管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、種類別(定置用バッテリー、動力用バッテリー)分析、トポロジー別(集中化、モジュール化、分散)分析、電池種類別(リチウムイオン電池、先進鉛蓄電池、その他)分析、用途別(自動車、無停電電源装置(UPS)、通信、再生可能エネルギーシステム、軍事、その他)分析、地域別(北米、アジア太平洋、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・電池管理システムの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・電池管理システムの世界市場:種類別(定置用バッテリー、動力用バッテリー) ・電池管理システムの世界市場:トポロジー別(集中化、モジュール化、分散) ・電池管理システ …
  • フレキシタンクの世界市場分析:製品別(シングルトリップ、マルチトリップ)、用途別(食品、ワイン・スピリッツ、化学薬品、オイル、工業製品、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、フレキシタンクの世界市場について調査・分析し、フレキシタンクの世界市場動向、フレキシタンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別フレキシタンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 配合飼料/飼料添加物の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、配合飼料/飼料添加物の世界市場について調査・分析し、配合飼料/飼料添加物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・配合飼料/飼料添加物の世界市場:市場動向分析 ・配合飼料/飼料添加物の世界市場:競争要因分析 ・配合飼料/飼料添加物の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・配合飼料/飼料添加物の世界市場:地域別分析/市場規模 ・配合飼料/飼料添加物の北米市場規模 ・配合飼料/飼料添加物の欧州市場規模 ・配合飼料/飼料添加物のアジア市場規模 ・配合飼料/飼料添加物の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 作物保護用農薬の世界市場
    本調査レポートでは、作物保護用農薬の世界市場について調査・分析し、作物保護用農薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • エアバッグの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エアバッグの世界市場について調査・分析し、エアバッグの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エアバッグシェア、市場規模推移、市場規模予測、エアバッグ種類別分析(運転席用エアバッグ、助手席用エアバッグ、サイドエアバック、膝用エアバック、その他)、エアバッグ用途別分析(乗用車、商用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エアバッグの市場概観 ・エアバッグのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エアバッグのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エアバッグの世界市場規模 ・エアバッグの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エアバッグのアメリカ市場規模推移 ・エアバッグのカナダ市場規模推移 ・エアバッグのメキシコ市場規模推移 ・エアバッグのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・エアバッグのドイツ市場規模推移 ・エアバッグのイギリス市場規模推移 ・エアバッグのロシア市場規模推移 ・エアバッグのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 人工呼吸用マスクの世界市場2019-2023
    人工呼吸用マスクは、心停止または呼吸停止中に呼吸を安全に確保するために使用される装置です。人工呼吸用マスクの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率4.14%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Allied Healthcare Products、Ambu、Fisher & Paykel Healthcare、Intersurgical、Laerdal Medical、Smiths Medicalなどです。 当調査レポートでは、人工呼吸用マスクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工呼吸用マスク市場規模、製品別(再利用可能、使い捨て)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工呼吸用マスクの世界市場概要 ・人工呼吸用マスクの世界市場環境 ・人工呼吸用マスクの世界市場動向 ・人工呼吸用マスクの世界市場規模 ・人工呼吸用マスクの世界市場:業界構造分析 ・人工呼吸用マスクの世界市場:製品別(再利用可能、使い捨て …
  • 心房細動(Atrial Fibrillation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心房細動(Atrial Fibrillation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心房細動(Atrial Fibrillation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心房細動(Atrial Fibrillation)のフェーズ3治験薬の状況 ・心房細動(Atrial Fibrillation)治療薬の市場規模(販売予測) ・心房細動(Atrial Fibrillation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心房細動(Atrial Fibrillation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心房細動(Atrial Fibrillation)治療薬剤
  • 非接触型検知装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、非接触型検知装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非接触型検知装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンテロウイルス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • ボクシング用品の世界市場2017-2021:ボクシンググローブ、防具、トレーニング器具
    当調査レポートでは、ボクシング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボクシング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 部分発作(Partial Seizure):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における部分発作(Partial Seizure)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、部分発作(Partial Seizure)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・部分発作(Partial Seizure)の概要 ・部分発作(Partial Seizure)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の部分発作(Partial Seizure)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・部分発作(Partial Seizure)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 世界のタイヤ成形ドラム市場2016
    本調査レポートでは、世界のタイヤ成形ドラム市場2016について調査・分析し、タイヤ成形ドラムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用合金の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用合金の世界市場について調査・分析し、自動車用合金の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用合金の世界市場規模:用途別分析 ・自動車用合金の世界市場規模:合金種類別分析 ・自動車用合金の世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車用合金の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ファサードの世界市場分析:製品別(換気、換気なし、カーテンウォール)、エンドユーザー別(商業用、住居用、産業用)、材料別(アルミ、プラスチック・繊維、ガラス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ファサードの世界市場について調査・分析し、ファサードの世界市場動向、ファサードの世界市場規模、市場予測、セグメント別ファサード市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘリコプターの世界市場予測:POS別、OEM種類別、OEM用途別、OEMコンポーネント&システム別
    MarketsandMarkets社は、ヘリコプターの世界市場規模が2019年317億ドルから2025年374億ドルまで年平均2.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ヘリコプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、OEM種類別(ライト、ミディアム、ヘビー)分析、OEM用途別(軍事、民生、商業)分析、OEMコンポーネント&システム別分析、ヘリコプターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力レンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電力レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力レンタルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物乱用検査の世界市場予測
  • アルゼンチンの股関節再建装置市場見通し
  • スポーツ医学の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、スポーツ医学の世界市場について調査・分析し、スポーツ医学の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スポーツ医学の世界市場:市場動向分析 ・スポーツ医学の世界市場:競争要因分析 ・スポーツ医学の世界市場:治療別分析/市場規模 ・スポーツ医学の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・スポーツ医学の世界市場:用途別分析/市場規模 ・スポーツ医学の世界市場:地域別分析/市場規模 ・スポーツ医学の北米市場規模 ・スポーツ医学の欧州市場規模 ・スポーツ医学のアジア市場規模 ・スポーツ医学の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ポルトガルの脊椎手術装置市場見通し
  • 世界の多血小板血漿市場2015
    本調査レポートでは、世界の多血小板血漿市場2015について調査・分析し、多血小板血漿の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノシリカの世界市場分析:製品別(Pタイプ、Sタイプ、およびタイプ3)、用途別(ゴム、医療、食品、コーティング、プラスチック、コンクリート、石膏、電池、電子、化粧品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノシリカの世界市場について調査・分析し、ナノシリカの世界市場動向、ナノシリカの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノシリカ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 女性不妊症治療薬の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、女性不妊症治療薬の世界市場について調べ、女性不妊症治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、女性不妊症治療薬の市場規模をセグメンテーション別(投与経路別(非経口、経口、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は女性不妊症治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・女性不妊症治療薬の市場状況 ・女性不妊症治療薬の市場規模 ・女性不妊症治療薬の市場予測 ・女性不妊症治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:投与経路別(非経口、経口、その他) ・女性不妊症治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 新生児インキュベーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、新生児インキュベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新生児インキュベーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は新生児インキュベーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Atom Medical• Drägerwerk• GE Healthcare• Natus Medical 等です。
  • 農薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農薬市場規模、用途別(作物、畜産、林業、非作物)分析、タイプ別(農薬、アジュバント、肥料、植物成長調整剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農薬の世界市場:市場動向分析 ・ 農薬の世界市場:競争要因分析 ・ 農薬の世界市場:用途別(作物、畜産、林業、非作物) ・ 農薬の世界市場:タイプ別(農薬、アジュバント、肥料、植物成長調整剤) ・ 農薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 農薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農薬のヨーロッパ市場規模 ・ 農薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • コネクティッド・ホーム・セキュリティ・システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクティッド・ホーム・セキュリティ・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクティッド・ホーム・セキュリティ・システムの世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)の概要 ・ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • 世界の圧迫骨折用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧迫骨折用デバイス市場2015について調査・分析し、圧迫骨折用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水処理技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水処理技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水処理技術市場規模、ポンプシステム別(オートメーションシステム、ポンプ、バルブ・制御)分析、化学品別(活性炭、消泡剤、殺生物剤、凝固剤・凝集剤、腐食抑制剤・スケール抑制剤、その他)分析、メンブレンシステム別(電気透析、精密ろ過、逆浸透膜、限外ろ過膜、気体分離膜)分析、タイプ別(生物学的処理・栄養素および金属の回収、消毒・酸化、溶解物質の除去、油水分離、浮遊物質の除去、その他)分析、用途別(都市下水道処理、食品・飲料産業、パルプ・製紙産業、ヘルスケア産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水処理技術の世界市場:市場動向分析 ・ 水処理技術の世界市場:競争要因分析 ・ 水処理技術の世界市場:ポンプシステム別(オートメーションシステム、ポンプ、バルブ・制御) ・ 水処理技術の世界市場:化学品別(活性炭、消泡剤、殺生物剤、凝固剤・凝集剤、腐食抑制剤・スケール抑制剤 …
  • 軍用レーザー照準器の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、軍用レーザー照準器の世界市場について調べ、軍用レーザー照準器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、軍用レーザー照準器の市場規模をセグメンテーション別(製品別(車載、マンポータブル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は軍用レーザー照準器の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・軍用レーザー照準器の市場状況 ・軍用レーザー照準器の市場規模 ・軍用レーザー照準器の市場予測 ・軍用レーザー照準器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(車載、マンポータブル) ・軍用レーザー照準器の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の加温ブランケット市場2015
    本調査レポートでは、世界の加温ブランケット市場2015について調査・分析し、加温ブランケットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成皮革の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、合成皮革の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成皮革の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は合成皮革の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、KURARAY、Mayur Uniquoters、NAN YA PLASTICS、TEIJIN、TORAY INDUSTRIES等です。
  • RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の世界市場について調べ、RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(産業用、輸送及び物流、小売、健康管理、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はRFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の市場状況 ・RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の市場規模 ・RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の市場予測 ・RFIDミドルウェア(RFIDマネージャー)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業用、輸送及び …
  • ユーロピウムの世界市場2014-2025:用途別(永久磁石、媒体、ガラス研磨、蛍光体、セラミックス、金属合金、ガラス添加剤)、最終用途別
    本調査レポートでは、ユーロピウムの世界市場について調査・分析し、ユーロピウムの世界市場動向、ユーロピウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別ユーロピウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場の動向分析:用途別(食品・飲料、栄養補助食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場について調査・分析し、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場動向、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラクトオリゴ糖(GOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベトナムのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 医療機器リーダーシリーズ:コンパニオン診断薬(CDx)開発、製造および販売のトップ企業2016
    当調査レポートでは、コンパニオン診断薬(CDx)開発、製造および販売のトップ企業について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. コンパニオン診断薬の概要 3. コンパニオン診断薬の世界市場2016-2026 4. 米国に拠点を置くコンパニオン診断薬の主要企業2016 5. 欧州におけるコンパニオン診断薬の主要企業2016 6. その他地域におけるコンパニオン診断薬の主要企業2016 7. 調査インタビュー 8. コンパニオン診断薬市場の定性分析2016-2026 9. 調査・分析の結論
  • ニュージーランドの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • ドローンサービスの世界市場予測(~2025年)
    ドローンサービスの世界市場は、2018年の44億米ドルから2025年には636億米ドルに達し、この期間中55.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、業界固有ソリューションへのドローンサービスの使用増加、規制枠組みの適正化、さまざまな業界での定性的データの要件の高まりなどが考えられます。一方で、安全性への懸念と訓練を受けた熟練オペレーターの不足が市場全体の成長を制限しています。当調査レポートでは、ドローンサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(航空写真、データ収集・アナリティクス)分析、産業(インフラ、メディア・エンターテイメント、農業)分析、種類(プラットフォームサービス、MRO、トレーニング)分析、ソリューション分析、ドローンサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 製油所水素化分解装置の世界市場
  • 医薬品ロジスティクスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医薬品ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品ロジスティクス市場規模、サービス別(輸送、倉庫業)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医薬品ロジスティクスの世界市場概要 ・医薬品ロジスティクスの世界市場環境 ・医薬品ロジスティクスの世界市場動向 ・医薬品ロジスティクスの世界市場規模 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:サービス別(輸送、倉庫業) ・医薬品ロジスティクスの世界市場:製品別 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医薬品ロジスティクスの北米市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスの主要国分析 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:成長要因、課題 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:競争環境 ・医薬品 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"