"ポリグリコール酸の世界市場予測:フォーム別、エンドユーズ産業別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH7420)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ポリグリコール酸の世界市場予測:フォーム別、エンドユーズ産業別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The growth in polyglycolic acid demand is majorly driven by its huge consumption in the medical industry, particularly in the absorbable surgical suture segment.”The polyglycolic acid market size is estimated to be USD 4.1 billion in 2019 and is projected to reach USD 6.5 billion by 2024, at a CAGR of 9.5%. The rapidly developing and growing demand for polyglycolic acid in the medical industry, individually as a preferred raw material for manufacturing surgical sutures, hernia meshes, drug delivery devices, grafts, and scaffolds for tissue regeneration, is expected to drive the market demand for polyglycolic acid during the forecast period. Also, the considerable consumption of polyglycolic acid as a biodegradable polymer in the packaging industry will further contribute to driving its market demand. However, the vast production cost associated with polyglycolic acid will act as a restraint for the market growth.

“Fibers is the fastest-growing form of polyglycolic acid.”
Fibers are the fastest-growing form of the polyglycolic acid market globally during the forecast period. The huge preference of fiber form of polyglycolic acid in surgical sutures production used for different medical procedures including ophthalmic, gynecological and obstetric, general, orthopedic, urological, and gastroenterological surgeries are expected to drive the demand for fiber form of polyglycolic acid in future.

“Medical is the largest end-use industry of polyglycolic acid.”
Medical is the most extensive end-use industry of polyglycolic acid. Polyglycolic acid-based sutures are considered ideal to be used in the medical industry owing to its non-toxicity, easy excretion and metabolism properties with no residues when comes in contact with the body. The exceptional biodegradability property of the polymer is another factor supporting its huge consumption in the medical industry thus driving the market for polyglycolic acid during the forecast period.

“North America is the largest and the fastest-growing market for polyglycolic acid.”
North America is projected to register the highest growth rate during the forecast period owing to the presence of major polyglycolic acid markets such as the US, Canada, and Mexico in the region. The increased risk of non-communicable diseases along with other lifestyle diseases to boost the need for different surgical procedures thus escalating the demand for polyglycolic acid in the region. Also, the major increase noticed in shale gas extraction in the past few years has boosted the demand for effective and efficient hydraulic fracturing systems which in turn has escalated the need for PGA based frac balls and plugs thereby driving polyglycolic acid market during the forecast period.
Extensive primary interviews were conducted in the process of determining and verifying sizes of different types, end-user of the polyglycolic acid market gathered through secondary research.
The breakdown of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 20%, Tier 2 – 70%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C-Level Executives – 10%, Director-Level – 20%, and Others – 70%
• By Region: North America – 10%, Europe – 20%, APAC – 40%, South America – 20%, and MEA – 10%
The key companies profiled in this report on the polyglycolic acid market include Kureha Corporation (Japan), Corbion (Netherlands), Shenzhen Polymtek Biomaterial Co,.Ltd. (China), BMG Incorporated (JAPAN), Huizhou Foryou Medical Devices Co., Ltd. (China), Teleflex Incorporated (US).

Research Coverage
The polyglycolic acid market has been segmented based on form, end-use industry, and region. This report covers the polyglycolic acid market and forecasts its market size until 2024. It also provides detailed information on company profiles and competitive strategies adopted by the key players to strengthen their position in the polyglycolic acid market. The report also provides insights into the drivers and restraints in the polyglycolic acid market along with opportunities and challenges. The report also includes profiles of top manufacturers in the polyglycolic acid market.

Reasons to Buy the Report
The report is expected to help market leaders/new entrants in the following ways:
1. This report segments the polyglycolic acid market and provides the closest approximations of revenue numbers for the overall market and its segments across different verticals and regions.
2. This report is expected to help stakeholders understand the pulse of the polyglycolic acid market and provide information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the market growth.
3. This report is expected to help stakeholders obtain an in-depth understanding of the competitive landscape of the polyglycolic acid market and gain insights to improve the position of their businesses. The competitive landscape section includes detailed information on strategies, such as joint venture and expansion.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ポリグリコール酸の世界市場予測:フォーム別、エンドユーズ産業別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.2 Base Number Calculation
2.2.1 Supply Side Approach
2.2.2 Demand Side Approach
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Market Size Estimation Methodology: Bottom-Up Approach
2.3.2 Market Size Estimation Methodology: Top-Down Approach
2.4 Primary Data
2.4.1 Key Data From Primary Sources
2.4.2 Breakdown of Primary Interviews
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Polyglycolic Acid Market
4.2 Polyglycolic Acid Market in North America, By Form and Country, 2018
4.3 Polyglycolic Acid Market, By End-Use Industry
4.4 Polyglycolic Acid Market, By Region
5 Market Business Overview (Page No. – 28)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Demand for PGA in Biomedical Application
5.2.1.2 Growing Biodegradable Polymer Demand in the Packaging Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Huge Cost of Production
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing PGA Application in Shale Gas Extraction
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Substitutes
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicators
5.4.1 Contribution of Healthcare to Gdp
6 Glycolic Acid Market, By Form (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.1.1 Fiber
6.1.1.1 Fiber Form Pgas Offer Superior Elasticity and Strength Than Other Braided Structures
6.1.2 Film
6.1.2.1 PGA in Film Form is Used in the Packaging Materials of Food, Electronics, and Medical
6.1.3 Others
6.1.3.1 Plate
6.1.3.2 Composites
6.1.3.3 Rod
7 Polyglycolic Acid Market, By End-Use Industry (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.1.1 Medical
7.1.1.1 Unmatched Compatibility and Unique Properties of PGA are Increasing Its Demand in Various Applications in This Industry
7.1.2 Oil & Gas
7.1.2.1 Increasing Demand for Biodegradable Frac Balls and Plugs is Likely to Influence the Polyglycolic Acid Market Positively
7.1.3 Packaging
7.1.3.1 Increasing Bioplastic Demand in Packaging Industry is Expected to Drive the Market
7.1.4 Others
7.1.4.1 Civil Engineering
7.1.4.2 Agriculture
7.1.4.3 Filter
8 Polyglycolic Acid Market, By Region (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Increasing Risk of Cardiovascular and Other Non-Communicable Diseases is Expected to Spur the PGA Demand
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Increasing Cardio-Related Surgeries are Leading to the Market Growth
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Rising Need for Varied Surgical Procedures in the Country Will Positively Influence the PGA Demand
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Presence of A Major Healthcare Industry Will Drive the PGA Demand in the Country
8.3.2 UK
8.3.2.1 Increasing Risk of Cardio Vascular Diseases is Likely to Boost the Demand for PGA
8.3.3 Italy
8.3.3.1 Rising Demand for Effective and Efficient Surgical Procedures Will Drive the Market in the Country
8.3.4 France
8.3.4.1 Increasing Surgical Procedures in the Country is Likely to Increase the Demand for PGA
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Increasing Consumption of PGA is Witnesses in Healthcare and Packaging Industries in the Country
8.3.6 Russia
8.3.6.1 Increasing Government Initiatives in the Healthcare Industry Will Drive the PGA Demand
8.3.7 Turkey
8.3.7.1 High Demand for PGA is Witnessed Due to the Increasing Risk of Non-Communicable Diseases Owing Rising Elderly Population in the Country
8.3.8 Rest of Europe
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.1.1 Increasing Risk of Diseases Owing to Prominent Old Age Population of the Country is Expected to Drive the PGA Demand
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Presence of Prominent PGA Manufacturers Along With Increasing Demand From Healthcare Industry Will to Drive the Market
8.4.3 India
8.4.3.1 Rapidly Growing Cardiovascular Diseases is Expected to Drive the PGA Demand
8.4.4 South Korea
8.4.4.1 Increasing Demand for Surgical Procedures With Rising Old Age Population to Boost PGA Demand
8.4.5 Australia
8.4.5.1 Growing Rate of Non-Communicable Diseases Will Lead to High Demand for PGA
8.4.6 Indonesia
8.4.6.1 Expected Rise in Surgical Treatment Owing to Rising Old Age Population and Cosmetic Surgery are Likely to Drive the Polyglycolic Acid Market
8.4.7 Rest of APAC
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Growing Healthcare Industry of the Country is Likely to Influence the PGA Demand Positively
8.5.2 UAE
8.5.2.1 The Presence of Major Natural Gas Reserve Along With Growing Healthcare Sector is Expected to Drive PGA Demand
8.5.3 Rest of the Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Rising Incidences of Non-Communicable Diseases are Expected to Drive the PGA Demand
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Increasing Health Risk is Expected to Drive PGA Demand in Surgical Suture Application in the Country
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 92)
9.1 Introduction
9.2 Market Ranking of PGA Manufacturers
9.3 Competitive Situation and Trends
9.3.1 Expansion
9.3.2 Joint Venture
10 Company Profiles (Page No. – 94)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Kureha Corporation
10.2 Corbion
10.3 BMG Incorporated
10.4 Teleflex Incorporated
10.5 Foryou Medical
10.6 Shenzhen Polymtek Biomaterial Co., Ltd.
10.7 Additional Company Profiles
10.7.1 Suppliers of PGA
10.7.1.1 Triveni Interchem Pvt. Ltd.
10.7.1.2 Spectrum Chemical Manufacturing Corp.
10.7.1.3 Boc Sciences
10.7.1.4 Regent Science Industry Limited
10.7.1.5 Hangzhou Keying Chem Co., Ltd.
10.7.1.6 Krackeler Scientific
10.7.2 End-Users of PGA
10.7.2.1 Advanced Medical Solutions Group PLC
10.7.2.2 Hu-Friedy Mfg. Co., LLC
10.7.2.3 Unisur Lifecare Pvt. Ltd.
10.7.2.4 Lotus Surgicals
10.7.2.5 Orion Sutures India Pvt Ltd
10.7.2.6 Futura Surgicare Pvt Ltd
10.7.2.7 LUX Sutures
10.7.2.8 Katsan Surgical Sutures
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 109)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ポリグリコール酸の世界市場予測:フォーム別、エンドユーズ産業別
【発行日】2019年11月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH7420
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ポリグリコール酸の世界市場予測:フォーム別、エンドユーズ産業別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デンマークの心臓律動管理装置市場見通し
  • マイクロLEDディスプレイの世界市場:製品別(大型ディスプレイ、中小型ディスプレイ、マイクロディスプレイ)、用途別(スマートフォン・タブレット、PC・ラップトップ、TV、スマートウォッチ、その他)、業種別(民生機器、エンターテイメント・スポーツ、自動車、小売、政府機関・防衛、その他)
    本資料は、マイクロLEDディスプレイの世界市場について調べ、マイクロLEDディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(大型ディスプレイ、中小型ディスプレイ、マイクロディスプレイ)分析、業種別(民生機器、エンターテイメント・スポーツ、自動車、小売、政府機関・防衛、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マイクロLEDディスプレイの世界市場概要 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場環境 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場動向 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場規模 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場:製品別(大型ディスプレイ、中小型ディスプレイ、マイクロディスプレイ) ・マイクロLEDディスプレイの世界市場:用途別(スマートフォン・タブレット、PC・ラップトップ、TV、スマートウォッチ、その他) ・マイクロLEDディスプレイの世界市場:業種別(民生機器、エンターテイメント・スポーツ、自動車、小売、政府機関・防衛、その他 …
  • スペインの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • アメリカの半導体設備投資市場:ウエハ製造装置、ダイレベルパッケージング装置、自動検査装置、ウエハレベルパッケージング装置
    当調査レポートでは、アメリカの半導体設備投資市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの半導体設備投資市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場:製品別(試薬、器具)、技術別(イムノアッセイ、分子診断)、エンドユーザー別(研究機関、病院)、地域別予測
    本資料は、神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場について調べ、神経科学研究用抗体およびアッセイの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(試薬、器具)分析、技術別(イムノアッセイ、分子診断)分析、エンドユーザー別(研究機関、病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場概要 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場環境 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場動向 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模:製品別(試薬、器具) ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模:技術別(イムノアッセイ、分子診断) ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模:エンドユーザー別(研究機関、病院) ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの北米市場規模・予測 ・神経科学研究用抗体 …
  • コンピュータ支援コーディング(CAC)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、コンピュータ支援コーディング(CAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、コンピュータ支援コーディング(CAC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用アクティブシャシーシステムの世界市場2018-2022
    自動車技術の進歩により、世界の自動車市場は急速に進化しています。アクティブシャーシシステムは、多様な外部条件下で乗り心地と安定性を大幅に向上させるダイナミックシャーシシステムです。アクティブシャーシシステムに関連するこのような利点とメリットによって、世界の自動車市場における自動車アクティブシャーシシステムの普及が促進されています。 主な分析対象企業は、ZF Friedrichshafen、Continental、Bosch、Tenneco、BWI Group、RAUSCH & PAUSCH、ClearMotionなどです。 当調査レポートでは、自動車用アクティブシャシーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用アクティブシャシーシステム市場規模、用途別(セダン、SUV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用アクティブシャシーシステムの世界市場概要 ・自動車用アクティブシャシーシステムの世界市場環境 ・自動車用ア …
  • (弾性治療)亜鉛ペースト包帯の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、(弾性治療)亜鉛ペースト包帯の世界市場について調査・分析し、(弾性治療)亜鉛ペースト包帯の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別(弾性治療)亜鉛ペースト包帯シェア、市場規模推移、市場規模予測、(弾性治療)亜鉛ペースト包帯種類別分析(酸化亜鉛10%、酸化亜鉛20%、その他(酸化亜鉛6%等))、(弾性治療)亜鉛ペースト包帯用途別分析(整形外科、皮膚科、静脈、スポーツ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯の市場概観 ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯の世界市場規模 ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯のアメリカ市場規模推移 ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯のカナダ市場規模推移 ・(弾性治療)亜鉛ペースト包帯のメキシコ市場規模推移 ・( …
  • PT検査の世界市場:市場予測、技術、競争戦略
  • 臭素の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臭素の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動マテリアルハンドリングの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリングの世界市場について調査・分析し、自動マテリアルハンドリングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:市場動向分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:競争要因分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:オペレーション別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:ソフトウェア&サービス別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの北米市場規模・分析 ・自動マテリアルハンドリングの欧州市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングのアジア市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 血液透析装置の世界市場:製品別(シングルポンプ、ダブルポンプ)、エンドユーザー別(血液透析装置、血液透析ろ過装置、ベッドサイド血液透析ろ過装置)、地域別予測
    本資料は、血液透析装置の世界市場について調べ、血液透析装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(シングルポンプ、ダブルポンプ)分析、エンドユーザー別(血液透析装置、血液透析ろ過装置、ベッドサイド血液透析ろ過装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFresenius、Nikkiso、Diaverum?Gambro?、Asahi Kasei、Nipro、B.Braum、Nxstage、Toray、Bellco、Allmed、WEGO、JMS、Shanwaishan、Jihua、NxStage Medicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・血液透析装置の世界市場概要 ・血液透析装置の世界市場環境 ・血液透析装置の世界市場動向 ・血液透析装置の世界市場規模 ・血液透析装置の世界市場規模:製品別(シングルポンプ、ダブルポンプ) ・血液透析装置の世界市場規模:エンドユーザー別(血液透析装置、血液透析ろ過装置、ベッドサイド血液透析ろ過装置) ・血液 …
  • 医療機器用プラスチックの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療機器用プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 月経カップのベトナム市場:再利用可能月経カップ、使い捨て月経カップ
  • 航空機用無線ルーターの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、航空機用無線ルーターの世界市場について調べ、航空機用無線ルーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、航空機用無線ルーターの市場規模をセグメンテーション別(用途別(民間及びビジネス航空機、軍用機)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は航空機用無線ルーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・航空機用無線ルーターの市場状況 ・航空機用無線ルーターの市場規模 ・航空機用無線ルーターの市場予測 ・航空機用無線ルーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(民間及びビジネス航空機、軍用機) ・航空機用無線ルーターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 長鎖ジカルボン酸の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、長鎖ジカルボン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、長鎖ジカルボン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は長鎖ジカルボン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cathay Industrial Biotech、Evonik Industries、Henan Junheng Industrial Group Biotechnology、Shandong Hilead Biotechnology、Zibo Guangtong Chemical等です。
  • 沿岸監視の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、沿岸監視の世界市場規模が2017年306.2億ドルから2026年487.3億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、沿岸監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、沿岸監視市場規模、組織別(全国、地域、港)分析、規模別(中規模監視、大規模監視)分析、用途別(コマンド&コントロール、コンピュータ、監視・偵察、コミュニケーション、インテリジェンス)分析、エンドユーザ―別(海軍、沿岸警備隊、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 沿岸監視の世界市場:市場動向分析 ・ 沿岸監視の世界市場:競争要因分析 ・ 沿岸監視の世界市場:組織別(全国、地域、港) ・ 沿岸監視の世界市場:規模別(中規模監視、大規模監視) ・ 沿岸監視の世界市場:用途別(コマンド&コントロール、コンピュータ、監視・偵察、コミュニケーション、インテリジェンス) ・ 沿岸監視の世界市場:エンドユーザ …
  • ディスクリート産業における工業用無線の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ディスクリート産業における工業用無線の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ディスクリート産業における工業用無線市場規模、技術別分析、最終用途別(自動車産業、電子産業、航空宇宙産業、機械産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場概要 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場環境 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場動向 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場規模 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:業界構造分析 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:技術別 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:最終用途別(自動車産業、電子産業、航空宇宙産業、機械産業) ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ディスクリート産業における工業用無線のアメリカ市場規模・予測 ・ディス …
  • スマートファブリックの世界市場:製品別(アクティブ、Very Smart)エンドユーズ別(防衛・軍事、スポーツ・フィットネス)、機能性(センシング、エネルギーハーベスティング)
    本調査レポートでは、スマートファブリックの世界市場について調査・分析し、スマートファブリックの世界市場動向、スマートファブリックの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートファブリック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のベタイン市場規模・予測2017-2025:種類別(合成、天然)、用途別(食品・飲料、動物用飼料、コスメティクス、洗剤・その他)、形態別(無水ベタイン・コカミドプロピルベタイン・ベタイン一水和物)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベタイン市場について調査・分析し、世界のベタイン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベタイン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 筋骨格障害治療薬の世界市場:リウマチ性関節炎、骨関節炎、骨粗鬆症、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、線維筋痛症
    当調査レポートでは、筋骨格障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、筋骨格障害治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冠動脈ステントの世界市場:製品別(金属ステント、薬剤溶出性ステント、生体吸収性血管ステント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、冠動脈ステントの世界市場について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場動向、冠動脈ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別冠動脈ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 界面活性剤による石油増進回収法(EOR)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、界面活性剤による石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化工デンプンの世界市場分析:製品別(澱粉エステル・エーテル、難消化性デンプン、カチオン化澱粉、プレゼラチン)、コンポーネント別、用途別(食品・飲料、紙、医薬品、繊維)、セグメント予測
    本調査レポートでは、化工デンプンの世界市場について調査・分析し、化工デンプンの世界市場動向、化工デンプンの世界市場規模、市場予測、セグメント別化工デンプン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クリーンルーム用照明の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、クリーンルーム用照明の世界市場規模が2017年6672.2億ドルから2026年1兆1563.0億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、クリーンルーム用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クリーンルーム用照明市場規模、取付タイプ別(表面取付、埋込取付)分析、提供別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、光源別(発光ダイオード(LED)、蛍光灯、その他の光源)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、医療・ライフサイエンス、産業製造、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ クリーンルーム用照明の世界市場:市場動向分析 ・ クリーンルーム用照明の世界市場:競争要因分析 ・ クリーンルーム用照明の世界市場:取付タイプ別(表面取付、埋込取付) ・ クリーンルーム用照明の世界市場:提供別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・ クリーンルーム用照明の世界 …
  • 世界の衛生陶器市場2015
    本調査レポートでは、世界の衛生陶器市場2015について調査・分析し、衛生陶器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の呼吸器ケアデバイス市場規模・予測2017-2025:商品別(治療用、モニタリング、診断デバイス、消耗品)、病気別(慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸、喘息、感染症、その他病気/疾患)エンドユーザー別(病院、ホームケア、救急外来)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の呼吸器ケアデバイス市場について調査・分析し、世界の呼吸器ケアデバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の呼吸器ケアデバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コンデンシングユニットの世界市場:空冷式、水冷式、蒸発式
    当調査レポートでは、コンデンシングユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、コンデンシングユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染予防の世界市場予測(~2021年):消毒剤、消毒器、内視鏡洗浄機、洗浄綿、フェイスマスク、蒸気滅菌、エチレンオキシド、VHP、Eビーム、契約消毒サービス
    当調査レポートでは、感染予防の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、消毒製品別分析、殺菌製品別分析、需要先別分析、地域別分析、感染予防の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートロックの世界市場予測(~2023年):デッドボルト、レバーハンドル、南京錠
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ロック種類別分析、通信プロトコル別分析、産業別分析、地域別分析、スマートロックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバーセキュリティの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、サイバーセキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サイバーセキュリティの世界市場:市場動向分析 - サイバーセキュリティの世界市場:競争要因分析 - サイバーセキュリティの世界市場:ソリューション別 ・ウェブのフィルタリング ・統合脅威管理(UTM) ・セキュリティおよび脆弱性管理 ・リスクおよびコンプライアンス管理 ・侵入検知システム/侵入防御システム(IDS/IPS) ・アイデンティティ・アクセス管理(IAM) ・ファイヤーウォール ・暗号化 ・分散型サービス妨害 ・障害回復 ・情報漏えい防止(DLP) ・ウイルス・マルウェア対策 ・ホワイトリスト ・その他 - サイバーセキュリティの世界市場:セキュリティの種類別 ・アプリケーションのセキュリティ ・クラウドのセキュリティ ・コンテンツのセキュリティ ・エンドポイントセキュリティ ・ネットワークのセキュリティ ・ワイヤレスのセキュリティ ・産業用制御システムのセキュリ …
  • 韓国のポリプロピレン市場(~2019)
  • 低温保存の世界市場2014-2025:倉庫タイプ別(民間・半民間、公的)、温度タイプ別(冷蔵、冷凍)、構造タイプ別、用途別
    本調査レポートでは、低温保存の世界市場について調査・分析し、低温保存の世界市場動向、低温保存の世界市場規模、市場予測、セグメント別低温保存市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアロゲルの世界市場:形態別(ブランケット、粒子、パネル、モノリス)、製品別(シリカ、炭素、ポリマー)、最終用途別、技術別、セグメント予測
    エアロゲルの世界市場は2025年には32億9,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率22.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、石油・ガス、建築・建設、自動車、航空宇宙・船舶、高性能コーティング剤などの様々な最終用途産業からの需要の増加が考えられます。特に予測期間中の住宅建設プロジェクトおよび商業施設建設プロジェクトが世界中で増加すると見込まれ、建築および建設業界の堅調な拡大がエアロゲルの需要にプラスの影響を与えます。本調査レポートでは、エアロゲルの世界市場について調査・分析し、エアロゲルの世界市場動向、エアロゲルの世界市場規模、市場予測、セグメント別エアロゲル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用バッテリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バッテリー市場規模、バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他)分析、車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車)分析、機能別(照明・点火、電気推進)分析、販売経路別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他) ・ 自動車用バッテリーの世界市場:車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車) ・ 自動車用 …
  • イヤホン・ヘッドホンの世界市場分析:製品別(耳内、オーバーイヤー)、技術別(ワイヤー式、ワイヤレス)、価格別(50未満、50~100、100以上)、用途別(フィットネス/スポーツ、ゲーム、VR、音楽)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、イヤホン・ヘッドホンの世界市場について調査・分析し、イヤホン・ヘッドホンの世界市場動向、イヤホン・ヘッドホンの世界市場規模、市場予測、セグメント別イヤホン・ヘッドホン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車音響工学サービスの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車音響工学サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロセス(設計、開発、試験)分析、ソフトウェア(較正、信号解析、シミュレーション、振動)分析、提供(物理、仮想)分析、用途分析、自動車音響工学サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット掃除機の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ロボット掃除機の世界市場について調べ、ロボット掃除機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロボット掃除機の市場規模をセグメンテーション別(用途別、エンドユーザー別(住宅部門、商業部門)、充電別)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はロボット掃除機の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロボット掃除機の市場状況 ・ロボット掃除機の市場規模 ・ロボット掃除機の市場予測 ・ロボット掃除機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(住宅部門、商業部門) ・市場セグメンテーション:充電別 ・ロボット掃除機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 圧力容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、圧力容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力容器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場について調査・分析し、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. アレルギー性鼻炎治療薬の概要 3. アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場2016-2026 4. 経口抗ヒスタミン薬市場:市場分析・予測2016-2026 5. 鼻腔内副腎皮質ステロイド薬市場:市場分析・予測2016-2026 6. 免疫療法およびワクチン:市場分析・予測2016-2026 7. 鼻腔内抗ヒスタミン薬市場:市場分析・予測2016-2026 8. アレルギー性鼻炎治療薬の主要国市場2016-2026 9. アレルギー性鼻炎治療薬市場における主要企業2016-2026 10. アレルギー性鼻炎治療薬:研究開発パイプライン2016-2026 11. アレルギー性鼻炎治療薬市場の定性分析2016-2026 12. 結論
  • スキー用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セイボリースナックの世界市場分析:製品別(ポテトチップ、押出成形技術使用スナック菓子、ナッツ・シード、ポップコーン)、流通経路別(スーパーマーケット、コンビニエンスストア)、風味別(ロースト/トースト、バーベキュー、スパイス、ビーフ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、セイボリースナックの世界市場について調査・分析し、セイボリースナックの世界市場動向、セイボリースナックの世界市場規模、市場予測、セグメント別セイボリースナック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シリカゲルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シリカゲルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリカゲルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硝酸カリウムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、硝酸カリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硝酸カリウム市場規模、エンドユーザー別(農業、一般産業、医薬品、飲食料品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硝酸カリウムの世界市場概要 ・硝酸カリウムの世界市場環境 ・硝酸カリウムの世界市場動向 ・硝酸カリウムの世界市場規模 ・硝酸カリウムの世界市場:業界構造分析 ・硝酸カリウムの世界市場:エンドユーザー別(農業、一般産業、医薬品、飲食料品) ・硝酸カリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・硝酸カリウムの北米市場規模・予測 ・硝酸カリウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・硝酸カリウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・硝酸カリウムの主要国分析 ・硝酸カリウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・硝酸カリウムの世界市場:成長要因、課題 ・硝酸カリウムの世界市場:競争環境 ・硝酸カリウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 火災検知・火災抑制装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、火災検知・火災抑制装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、火災検知・火災抑制装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の道路貨物輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、北米の道路貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の道路貨物輸送の世界市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ディーゼルエンジン用コモンレール噴射システムの世界市場
    当調査レポートでは、ディーゼルエンジン用コモンレール噴射システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディーゼルエンジン用コモンレール噴射システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 加齢黄斑変性(AMD)治療薬の世界市場:ルセンティス、アイリーア、アバスチン
    当調査レポートでは、加齢黄斑変性(AMD)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加齢黄斑変性(AMD)治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アブレーションカテーテルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アブレーションカテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アブレーションカテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病食品の世界市場:菓子類、パン類、スプレッド
    当調査レポートでは、糖尿病食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"