"自動車用ヒートシールドの世界市場予測:用途別、製品別、機能別、材料別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT3749)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用ヒートシールドの世界市場予測:用途別、製品別、機能別、材料別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing vehicle production & focus on light-weighting, fuel efficiency, and technological advancements in the automotive industry are driving the growth of the automotive heat shield market.”The global automotive heat shield market size is projected to grow from USD 16.1 billion in 2019 to USD 19.8 billion by 2027, at a CAGR of 2.6%. Factors such as the increasing demand for commercial vehicles, rising vehicle production, and the adoption of advanced technologies are expected to boost the market growth. However, additional cost and vehicle weight and increasing competition are the key challenges in the automotive heat shield industry.

“Increasing emphasis on increasing fuel efficiency and reduce NVH levels are likely to propel the growth of the market during the forecast period.”
Increasing concerns over air pollution and global warming have forced the governments of several countries to enforce strict emission policies and regulations for ICE vehicles. OEMs are focusing on increasing fuel efficiency by adopting lightweight technologies in vehicles.
Manufacturers of heat shields are developing products best suited to fulfill the requirements of vehicle manufacturers. For instance, Autoneum manufactures multifunctional, lightweight components for optimal protection against heat and noise. The company’s RIMIC technology in heat shield designs heat-resistant up to 500°C. ElringKlinger specializes in lightweight solutions, e-mobility, sealing and shielding technology, tooling, and engineering services. The shielding technology develops high temperatures thermal and acoustic shielding solution. ElroTherm™ shielding systems product range for automotive heat shields manufactured by the company.

“Asia Pacific is expected to lead the market during the forecast period.”
Asia Pacific comprises rapidly emerging economies such as China and India, along with developed nations such as Japan, and is the largest market for automotive. In recent years, the region has emerged as a hub for automobile production.
The key drivers for the automotive heat shield market in the region are the growing concerns about rising emission and continuous increase in vehicle production. Additionally, factors such as the rapid industrialization and urbanization in the country are driving the demand for commercial as well as passenger vehicles. The total volume of light commercial vehicles sold in India during the year 2018 was exceeded 663 thousand, up from about 504 thousand in 2017.
Commercial vehicles are installed with exhaust systems and under chassis heat shields to protect the overheating of the engine. Hence, with the increase in commercial vehicle sales, the automotive heat shield market will be exhibiting significant growth.

“Europe is expected to be the second-largest market during the forecast period.”
Europe is pegged to be the second-largest market for automotive heat shield in 2019, after Asia Pacific. Europe is a major hub for several renowned automotive heat shield manufacturers such as Autoneum, Lydall, ElringKlinger, TKG Automotive, Zircotec, Carcoustics, Happich GmbH, and Morgan Advanced Materials, among others.
The growth of the automotive heat shield market in this region can be attributed to technological advancements such as lightweight and increased flexibility. The trend of engine downsizing and the growing demand for fuel-efficient vehicles are also driving the market for automotive heat shields in the region.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the automotive heat shield market.
• By Company Type: OEMs – 24%, Tier I – 63%, and Tier II & III – 13%,
• By Designation: CXOs – 27%, Manager – 41%, and Others – 32%
• By Region: North America – 27%, Europe – 32%, Asia Pacific – 37%, and Rest of the World- 4%
The automotive heat shield market comprises major manufacturers such as Dana Incorporated (US), Morgan Advanced Materials (UK), Autoneum (Switzerland), ElringKlinger AG (Germany), Lydall Inc. (UK), Carcoustics (Germany), and UGN Inc. (US), among others.

Research Coverage:
The study covers the automotive heat shield market across various segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as product type, application, function type, material, vehicle type, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and acquisitions.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall automotive heat shield market. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車用ヒートシールドの世界市場予測:用途別、製品別、機能別、材料別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Product Definition
1.2.1 Inclusions & Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for Study
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources for Automotive Heat Shield Market
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.3.3 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Data Triangulation Approach
2.4.2 Bottom-Up Approach
2.4.3 Bottom-Up Approach: Automotive Heat Shield Market
2.4.4 Top-Down Approach: Automotive Heat Shield Market
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions
2.7 Risk Assessment & Ranges
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Automotive Heat Shield Market to Grow at A Significant Rate During the Forecast Period (2019–2027)
4.2 Asia Pacific Leads the Global Automotive Heat Shield Market in 2019
4.3 Automotive Heat Shield Market, By Application
4.4 Automotive Heat Shield Market, By Function
4.5 Automotive Heat Shield Market, By Material Type
4.6 Automotive Heat Shield Market, By Product Type
4.7 Automotive Heat Shield Market, By Vehicle Type
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Number of Vehicles in Developing Countries
5.2.1.2 Rise in Electrical and Electronics Components in Vehicles
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Growing Demand for Battery Electric Vehicles
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Government Standards Pertaining to Components and Structures
5.2.3.2 Growth in Advanced Technologies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Vehicle Cost
5.2.4.2 Increased Vehicle Weight
5.2.5 Impact of Market Dynamics
5.3 Revenue Missed: Opportunities for Automotive Heat Shield Manufacturers
5.4 Revenue Shift Driving Market Growth
5.5 Automotive Heat Shield Market, Scenarios (2019–2027)
5.5.1 Automotive Heat Shield Market, Most Likely Scenario
5.5.2 Automotive Heat Shield Market, Optimistic Scenario
5.5.3 Automotive Heat Shield Market, Pessimistic Scenario
6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porters Five Forces
6.4 Macroindicator Analysis
6.4.1 Growth of Automotive Heat Shield Market
6.4.2 GDP (USD Billion)
6.4.3 GNI Per Capita, Atlas Method (USD)
6.4.4 GDP Per Capita PPP (USD)
6.4.5 Macroindicators Influencing the Automotive Heat Shield Market, Top 3 Countries
6.4.5.1 Germany
6.4.5.2 US
6.4.5.3 China
7 Automotive Heat Shield Market, By Product Type (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Research Methodology
7.3 Assumptions
7.4 Single Shell
7.4.1 High Reflectivity and Lightweight Property of Single Shell Aluminium Heat Shields Will Drive the Market
7.5 Double Shell
7.5.1 Need for Thermal Comfort in Passenger Compartments and Engine Encapsulations Will Boost Demand
7.6 Sandwich
7.6.1 Superior Thermal and Acoustical Performance of Sandwich Heat Shields Will Boost Demand
7.7 Market Leaders
8 Automotive Heat Shield Market, By Application (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Research Methodology
8.3 Assumptions
8.4 Exhaust System Heat Shield
8.4.1 Focus on Increasing Fuel Efficiency Would Impact Demand
8.4.1.1 Exhaust Pipes
8.4.1.2 Exhaust Manifold
8.4.1.3 Catalytic Convertor
8.5 Turbocharger Heat Shield
8.5.1 Growing Trend of Engine Downsizing is Expected to Fuel the Market
8.5.1.1 Intake Manifold
8.5.1.2 Air Intake
8.6 Under Bonnet Heat Shield
8.6.1 Government Regulations to Reduce Nvh Levels Will Drive Demand
8.6.1.1 Electronic Box/Ecu
8.6.1.2 Battery
8.6.1.3 Firewall
8.7 Engine Compartment Heat Shield
8.7.1 Demand for Powerful Engines With Reduced Noise Will Drive the Market
8.8 Under Chassis Heat Shield
8.8.1 Rising Engine Encapsulations to Reduce Fuel Consumption Will Boost Demand
8.8.1.1 Transmission Lines/Cables
8.8.1.2 Transmission Tunnel
8.8.1.3 Gearbox
8.9 Market Leaders
9 Automotive Heat Shield Market, By Function (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 Research Methodology
9.3 Assumptions
9.4 Acoustic
9.4.1 Need for Thermal Protection With Reduction in External Noise to Drive Demand
9.5 Non-Acoustic
9.5.1 Increasing Demand for Flexible and Rigid Technologies Will Drive the Market
9.6 Market Leaders
10 Automotive Heat Shield Market, By Material Type (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 Operational Data
10.3 Research Methodology
10.4 Assumptions
10.5 Metallic
10.5.1 Increasing Flexibility of Mettallic Shields Would Fuel Demand
10.6 Non-Metallic
10.6.1 Need for Lightweight Heat Shields to Increase Fuel Efficiency Will Drive Demand
10.7 Market Leaders
11 Automotive Heat Shield Market, By Vehicle Type (Page No. – 79)
11.1 Introduction
11.2 Operational Data
11.3 Research Methodology
11.4 Assumptions
11.5 Passenger Car
11.5.1 Rising Demand for Passenger Cars in Emerging Countries Would Trigger Market Growth
11.6 Light Commercial Vehicle
11.6.1 Rising Demand for LCVS in Developed Countries Would Drive the Market
11.7 Heavy Commercial Vehicle
11.7.1 High Demand for HCVS for Heavy Load Transfers Will Drive the Market
11.8 Market Leaders
12 Automotive Heat Shield Market, By Region (Page No. – 86)
12.1 Introduction
12.2 Asia Pacific
12.2.1 China
12.2.1.1 Presence of Heat Shield Manufacturers Will Drive the Market
12.2.2 India
12.2.2.1 Growing Demand for Fuel-Efficient Vehicles is Increasing Demand
12.2.3 Japan
12.2.3.1 Use of Advanced Electronic Components is Expected to Drive the Market
12.2.4 South Korea
12.2.4.1 Government Initiatives for Increased Safety to Drive Demand
12.2.5 Thailand
12.2.5.1 Favorable Government Tax Policies to Encourage Foreign Investments Will Drive the Market
12.2.6 Rest of Asia Pacific
12.2.6.1 OEM Focus on Expansion in the Region Will Drive the Market
12.3 Europe
12.3.1 France
12.3.1.1 Increasing Demand for Premium Passenger Cars Will Boost the Market
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Engine Downsizing Trend and Growing Demand for Fuel-Efficient Vehicles Will Drive Demand
12.3.3 Russia
12.3.3.1 Automotive Manufacturing Plant Expansions Will Drive Demand
12.3.4 UK
12.3.4.1 Advancements in Premium Passenger Car Segment to Fuel Demand
12.3.5 Italy
12.3.5.1 Government Collaborations and Strategies Will Impact the Market Positively
12.3.6 Turkey
12.3.6.1 Developments By Heat Shield Component Manufacturers Will Drive the Market
12.3.7 Spain
12.3.7.1 Increasing Vehicle Export Will Boost Demand
12.3.8 Rest of Europe
12.3.8.1 Increasing Passenger Car Production Will Drive Demand
12.4 North America
12.4.1 US
12.4.1.1 Increasing Developments in Light Weighting Will Impact the Market Positively
12.4.2 Canada
12.4.2.1 Upcoming Fuel Efficiency Regulations Will Boost Demand
12.4.3 Mexico
12.4.3.1 Focus on Light Vehicles Will Drive Demand
12.5 Rest of the World (RoW)
12.5.1 Brazil
12.5.1.1 Demand for Trucks in Agriculture and Highway Construction Would Fuel Demand
12.5.2 Iran
12.5.2.1 Partnerships With Global OEMs Will Help Innovations and Drive Demand
12.5.3 Rest of RoW
12.5.3.1 Government Initiatives to Drive Demand
13 Recommendations By Marketsandmarkets (Page No. – 115)
13.1 Asia Pacific Will Be the Major Market for Automotive Heat Shields
13.2 Turbocharger Heat Shield Can Be A Key Focus for Manufacturers
13.3 Conclusion
14 Competitive Landscape (Page No. – 117)
14.1 Overview
14.2 Market Ranking Analysis
14.3 Product Comparison Mapping, By Key Competitors
14.4 Competitive Leadership Mapping
14.4.1 Visionary Leaders
14.4.2 Innovators
14.4.3 Dynamic Differentiators
14.4.4 Emerging Companies
14.5 Strength of Product Portfolio
14.6 Business Strategy Excellence
14.7 Winners vs Tail-Enders
14.8 Competitive Scenario
14.8.1 Acquisitions
15 Company Profiles (Page No. – 125)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
15.1 Dana Incorporated
15.2 Morgan Advanced Materials
15.3 Autoneum Holding Ltd
15.4 Elringklinger AG
15.5 Lydall Inc.
15.6 Happich GmbH
15.7 Carcoustics
15.8 UGN Inc.
15.9 HKO Group
15.10 Tenneco Inc.
15.11 Shiloh Industries
15.12 The Narmco Group
15.13 Other Key Players
15.13.1 Asia Pacific
15.13.1.1 Sumitomo Riko Company Limited
15.13.1.2 Sanwa Packing Industry Co., Ltd.
15.13.1.3 Nichias Corporation
15.13.1.4 Kokusan Parts Industry Co., Ltd.
15.13.1.5 Datsons Engineering Works, Pvt. Ltd.
15.13.1.6 Talbros
15.13.2 Europe
15.13.2.1 Tkg Automotive
15.13.2.2 Borgers Se & Co. Kgaa
15.13.2.3 Röchling
15.13.2.4 Zircotec
15.13.2.5 J & S
15.13.3 North America
15.13.3.1 Soundwich Nvh & Thermal Innovations
15.13.3.2 Dupont De Nemours, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 147)
16.1 Discussion Guide
16.2 Currency
16.3 Package Size
16.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.5 Available Customizations
16.6 Related Reports
16.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用ヒートシールドの世界市場予測:用途別、製品別、機能別、材料別
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT3749
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用ヒートシールドの世界市場予測:用途別、製品別、機能別、材料別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 二輪車用ABSの世界市場
    当調査レポートでは、二輪車用ABSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用ABSの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用燃料タンクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用燃料タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用燃料タンクの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は移動式クラッシャー・スクリーナーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Anaconda Equipment、Komatsu、Metso、Sandvik、Terex等です。
  • ワイヤレスチップセットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ワイヤレスチップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ワイヤレスチップセットの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の重荷重用コンベアベルト市場2016
    本調査レポートでは、世界の重荷重用コンベアベルト市場2016について調査・分析し、重荷重用コンベアベルトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Eノーズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Eノーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eノーズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • HIV/AIDS検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用慣性計測装置 (IMU)センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 慣性計測装置 (IMU)とは、自動車で主に使われる電子装置で、フュージョンセンサー・ユニット (コンボセンサー)の一種であり、3種類 の加速度計と3種類のジャイロスコープとを格納したボックスです。オートバイ用IMUセンサーは、リフトアップ制御や牽引制御といった機能を一体化することによりオートバイの安定性を高め、より安全な走行体験が得られるようになります。
  • 腫瘍切除の世界市場:治療法別(外科的、経皮的)、技術別(凍結治療、IRE、MWA、RFA)、用途別(肝臓癌、肺癌、乳癌、前立腺癌)
    本調査レポートでは、腫瘍切除の世界市場について調査・分析し、腫瘍切除の世界市場動向、腫瘍切除の世界市場規模、市場予測、セグメント別腫瘍切除市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミドルオフィス業務アウトソーシング市場規模、最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場概要 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場環境 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場動向 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場規模 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他) ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのヨーロッパ市場規模・ …
  • コンプレッサー制御システムの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、コンプレッサー制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大型車用ブレーキシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、大型車用ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大型車用ブレーキシステム市場規模、用途別(トラック、バス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場概要 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場環境 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場動向 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場規模 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場:業界構造分析 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場:用途別(トラック、バス) ・大型車用ブレーキシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・大型車用ブレーキシステムの北米市場規模・予測 ・大型車用ブレーキシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・大型車用ブレーキシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・大型車用ブレーキシステムの主要国分析 ・大型車用ブレーキシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・大型車用ブレーキシステムの世界市場:成長要因 …
  • サイバーセキュリティの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サイバーセキュリティ市場規模、導入モード別(オンプレミス、クラウド)分析、組織の規模別(大企業、中小企業)分析、セキュリティタイプ別(アプリケーション・セキュリティ、クラウド・セキュリティ、エンドポイント・セキュリティ、ネットワーク・セキュリティ、エンタープライズ・セキュリティ、その他)分析、ソリューション別(データ損失防止、災害からの復旧、分散型サービス拒否、暗号化、ID・アクセス管理、侵入検知システム・侵入防止システム、リスク・コンプライアンス管理、セキュリティ・脆弱性管理、セキュリティ情報・イベント管理、UTM(統合脅威管理)、その他)分析、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サイバーセキュリティの世界市場:市場動向分析 ・ サイバーセキュリティの世界市場:競争要因分析 ・ サイバーセキュリティの世界市場: …
  • 産業用WLANの世界市場2017-2021:802.11ac、802.11n、802.11a/b/g
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用WLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用WLANの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用WLANの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcatel-Lucent、Cisco Systems、Dell、Huawei Technologies、Siemens等です。
  • がん栄養学の世界市場:がんのタイプ別(頭頸部がん、胃がん・消化器がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん、肺がん、乳がん、血液がん)、地域別予測
    本資料は、がん栄養学の世界市場について調べ、がん栄養学の世界規模、市場動向、市場環境、がんのタイプ別(頭頸部がん、胃がん・消化器がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん、肺がん、乳がん、血液がん)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・がん栄養学の世界市場概要 ・がん栄養学の世界市場環境 ・がん栄養学の世界市場動向 ・がん栄養学の世界市場規模 ・がん栄養学の世界市場規模:がんのタイプ別(頭頸部がん、胃がん・消化器がん、肝臓がん、膵臓がん、食道がん、肺がん、乳がん、血液がん) ・がん栄養学の世界市場:地域別市場規模・分析 ・がん栄養学の北米市場規模・予測 ・がん栄養学のアメリカ市場規模・予測 ・がん栄養学のヨーロッパ市場規模・予測 ・がん栄養学のアジア市場規模・予測 ・がん栄養学の日本市場規模・予測 ・がん栄養学の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 豚インフルエンザ(Swine Influenza):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における豚インフルエンザ(Swine Influenza)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)の概要 ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・豚インフルエンザ(Swine Influenza)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 組織切除の世界市場
    当調査レポートでは、組織切除の世界市場について調査・分析し、組織切除の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 組織切除の世界市場:市場動向分析 - 組織切除の世界市場:競争要因分析 - 組織切除の世界市場:種類別 ・泌尿器科 ・眼科 ・腫瘍科 ・婦人科 ・美容術 ・循環器科 - 組織切除の世界市場:用途別 ・超音波切除 ・高周波切除 ・マイクロ波切除 ・レーザー切除 ・熱水切除 ・外照射 ・凍結切除装置 - 組織切除の世界市場:主要地域別分析 - 組織切除の北米市場規模(アメリカ市場等) - 組織切除のヨーロッパ市場規模 - 組織切除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・組織切除の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 微粒炭酸カルシウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、微粒炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、微粒炭酸カルシウムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別微粒炭酸カルシウムシェア、市場規模推移、市場規模予測、微粒炭酸カルシウム種類別分析(タイプ1、タイプ2)、微粒炭酸カルシウム用途別分析(製紙、プラスチック、塗料・コーティング、接着剤・シーラント、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・微粒炭酸カルシウムの市場概観 ・微粒炭酸カルシウムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・微粒炭酸カルシウムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・微粒炭酸カルシウムの世界市場規模 ・微粒炭酸カルシウムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・微粒炭酸カルシウムのアメリカ市場規模推移 ・微粒炭酸カルシウムのカナダ市場規模推移 ・微粒炭酸カルシウムのメキシコ市場規模推移 ・微粒炭酸カルシウムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・微粒炭酸カルシウムのドイツ市場規模推移 ・微粒炭酸カ …
  • スペインの心臓人工弁市場(~2021)
  • 光ファイバーの世界市場:類型別(シングルモード、マルチモード、プラスチック光ファイバー)、用途別(通信、軍事・航空宇宙、医療)
    本調査レポートでは、光ファイバーの世界市場について調査・分析し、光ファイバーの世界市場動向、光ファイバーの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 全身性エリテマトーデスの世界市場:薬剤クラス別(免疫抑制薬、生物製剤、抗マラリア薬、NSAID、コルチコステロイド)、投与経路別、セグメント予測
    全身性エリテマトーデスの世界市場は2025年には30億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.0%で成長すると予測されています。開発パイプラインにおいて代替治療法として追加される新しい生物学的療法は、市場の収益創出を促すと考えられています。本調査レポートでは、全身性エリテマトーデスの世界市場について調査・分析し、全身性エリテマトーデスの世界市場動向、全身性エリテマトーデスの世界市場規模、市場予測、セグメント別全身性エリテマトーデス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの概要 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のPPAR-ベータ/デルタアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PPAR-ベータ/デルタアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 傾斜掘削の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、傾斜掘削の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、傾斜掘削の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 滅菌監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、滅菌監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌監視市場規模、製品別(BIs、CIs)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Cantel Medical, Cardinal Health, Mesa Labs, Sterisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・滅菌監視の世界市場概要 ・滅菌監視の世界市場環境 ・滅菌監視の世界市場動向 ・滅菌監視の世界市場規模 ・滅菌監視の世界市場:業界構造分析 ・滅菌監視の世界市場:製品別(BIs、CIs) ・滅菌監視の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関) ・滅菌監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滅菌監視の北米市場規模・予測 ・滅菌監視のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・滅菌監視のアジア太平洋市場規模・予測 ・滅菌監視の主要国分析 ・滅菌監視の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • ウィルス除去の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ウィルス除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(組換えタンパク質、血液、ワクチン)分析、エンドユーザー(製薬・バイオテクノロジー企業、CRO)分析、手法(ウィルス除去、ウィルス不活化)分析、ウィルス除去の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 位置分析の世界市場予測:ソフトウェア、サービス、屋内、屋外
    当調査レポートでは、位置分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、アプリケーション別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、地域別分析、位置分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血流測定機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血流測定機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血流測定機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・商品別市場分類 ・用途別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • オートクレーブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オートクレーブの世界市場について調査・分析し、オートクレーブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オートクレーブシェア、市場規模推移、市場規模予測、オートクレーブ種類別分析(100L以下、100L-200L、200L以上)、オートクレーブ用途別分析(医療、歯科医院・個人開業、実験室、製薬、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オートクレーブの市場概観 ・オートクレーブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オートクレーブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オートクレーブの世界市場規模 ・オートクレーブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オートクレーブのアメリカ市場規模推移 ・オートクレーブのカナダ市場規模推移 ・オートクレーブのメキシコ市場規模推移 ・オートクレーブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オートクレーブのドイツ市場規模推移 ・オートクレーブのイギリス市場規模推移 ・オートクレーブのロシア …
  • 3Dバイオプリントの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、3Dバイオプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント(3Dバイオプリンター(マイクロ押出、インクジェット、レーザー)、バイオインク(ナチュラル、合成、ハイブリッド))分析、材料別(ハイドロゲル、生細胞)分析、用途別(皮膚、薬物研究)分析、エンドユーザー別(バイオ医薬品、アカデミア)分析、3Dバイオプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、3Dバイオプリントのの世界市場規模が2019年651百万ドルから2024年1647百万ドルまで年平均20.4%成長すると予測しています。
  • ホッケー用品の世界市場2017-2021:ホッケー用保護具、ホッケー用シューズ、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホッケー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホッケー用品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はホッケー用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BAUER Hockey、CanAm Underwater Hockey Gear、Grays of Cambridge、GRYPHON HOCKEY、SHER-WOOD、TK Hockey Equipment等です。
  • 世界のスマートビーコン市場規模・予測2017-2025:商品タイプ別(壁、パネル・まぐさ)コンクリートの種類別(レディミックスコンクリート、ショットクリート、高性能、プレキャストコンクリート)、ソフトウェア(デザインソフトウェア、印刷ソフトウェア、検査用ソフトウェア)、エンドユーズ別セクター(ドメスティック建築、産業用建築)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートビーコン市場について調査・分析し、世界のスマートビーコン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートビーコン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 耕運機の世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、耕運機の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・耕運機の世界市場:製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 韓国の股関節再建市場動向(~2021)
  • トルエンジイソシアネートの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、トルエンジイソシアネートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トルエンジイソシアネート市場規模、エンドユーザー別(木材/家具、CASE(塗料・接着剤・シーリング材・弾性材)、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トルエンジイソシアネートの世界市場概要 ・トルエンジイソシアネートの世界市場環境 ・トルエンジイソシアネートの世界市場動向 ・トルエンジイソシアネートの世界市場規模 ・トルエンジイソシアネートの世界市場:業界構造分析 ・トルエンジイソシアネートの世界市場:エンドユーザー別(木材/家具、CASE(塗料・接着剤・シーリング材・弾性材)、自動車、その他) ・トルエンジイソシアネートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トルエンジイソシアネートの北米市場規模・予測 ・トルエンジイソシアネートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トルエンジイソシアネートのアジア太平洋市場規模・予測 ・トルエ …
  • アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アプリケーションゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、サービス(コンサルティング、統合、展開)分析、組織規模別(大企業およびSMES)分析、業種別(BFSIおよびITおよび通信)分析、アプリケーションゲートウェイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アプリケーションゲートウェイの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年25億ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。
  • 世界の油圧センサー市場2015
    本調査レポートでは、世界の油圧センサー市場2015について調査・分析し、油圧センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 導電性インクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、導電性インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、導電性インクの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フローラルフレーバーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フローラルフレーバーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フローラルフレーバー市場規模、用途別(飲料業界、食品業界)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フローラルフレーバーの世界市場概要 ・フローラルフレーバーの世界市場環境 ・フローラルフレーバーの世界市場動向 ・フローラルフレーバーの世界市場規模 ・フローラルフレーバーの世界市場:業界構造分析 ・フローラルフレーバーの世界市場:用途別(飲料業界、食品業界) ・フローラルフレーバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フローラルフレーバーのアメリカ市場規模・予測 ・フローラルフレーバーのヨーロッパ市場規模・予測 ・フローラルフレーバーのアジア市場規模・予測 ・フローラルフレーバーの主要国分析 ・フローラルフレーバーの世界市場:意思決定フレームワーク ・フローラルフレーバーの世界市場:成長要因、課題 ・フローラルフレーバーの世界市場:競争環境 ・フローラルフ …
  • 流量計の世界市場:製品別、用途別(水・廃水、石油・ガス、化学品、発電、パルプ・紙、食品・飲料)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、流量計の世界市場について調査・分析し、流量計の世界市場動向、流量計の世界市場規模、市場予測、セグメント別流量計市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インジウムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、インジウムの世界市場について調査・分析し、インジウムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・インジウムの世界市場規模:用途別分析 ・インジウムの世界市場規模:製品別分析 ・インジウムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 溶接ヒューム排出装置の世界市場分析:製品別(モバイルユニット、固定ユニット、大規模集中システム)、用途別(アーク、抵抗、レーザービーム、酸素燃料)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、溶接ヒューム排出装置の世界市場について調査・分析し、溶接ヒューム排出装置の世界市場動向、溶接ヒューム排出装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別溶接ヒューム排出装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤の概要 ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスーパーオキシドジスムターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オーロラAキナーゼ阻害剤の概要 ・オーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオーロラAキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オーロラAキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オーロラAキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーディオアンプの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、オーディオアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、チャンネルタイプ別(モノ、ツー、フォー、シックス)分析、デバイス別(スマートフォン、テレビ、デスクトップおよびラップトップ、ホームオーディオシステム、プロフェッショナルオーディオシステム、車載インフォテインメントシステム)分析、エンドユーズ産業別分析、オーディオアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オーディオアンプの世界市場規模が2019年34億ドルから2024年44億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。
  • 脂肪酸シンターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における脂肪酸シンターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脂肪酸シンターゼ阻害剤の概要 ・脂肪酸シンターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の脂肪酸シンターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脂肪酸シンターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脂肪酸シンターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 亜鉛メッキ鋼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、亜鉛メッキ鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、亜鉛メッキ鋼の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低侵襲手術(MIS)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、低侵襲手術(MIS)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低侵襲手術(MIS)装置の概要 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:開発段階別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:セグメント別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:領域別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:規制Path別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別低侵襲手術(MIS)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・低侵襲手術(MIS)装置の最近動向
  • 電油アクチュエータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電油アクチュエータの世界市場について調査・分析し、電油アクチュエータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電油アクチュエータシェア、市場規模推移、市場規模予測、電油アクチュエータ種類別分析(制御型、スイッチ型)、電油アクチュエータ用途別分析(石油・ガス、電力、工業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電油アクチュエータの市場概観 ・電油アクチュエータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電油アクチュエータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電油アクチュエータの世界市場規模 ・電油アクチュエータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電油アクチュエータのアメリカ市場規模推移 ・電油アクチュエータのカナダ市場規模推移 ・電油アクチュエータのメキシコ市場規模推移 ・電油アクチュエータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電油アクチュエータのドイツ市場規模推移 ・電油アクチュエータのイギリス市場規模推移 ・電 …
  • エネルギー回収換気システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エネルギー回収換気システムの世界市場について調査・分析し、エネルギー回収換気システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エネルギー回収換気システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、エネルギー回収換気システム種類別分析(壁掛け、天井取付型、キャビネット取付型)、エネルギー回収換気システム用途別分析(住宅用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エネルギー回収換気システムの市場概観 ・エネルギー回収換気システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エネルギー回収換気システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エネルギー回収換気システムの世界市場規模 ・エネルギー回収換気システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エネルギー回収換気システムのアメリカ市場規模推移 ・エネルギー回収換気システムのカナダ市場規模推移 ・エネルギー回収換気システムのメキシコ市場規模推移 ・エネルギー回収換気システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"