"サイドビューカメラシステムの世界市場予測:シングルカメラ、マルチカメラ"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT7419)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"サイドビューカメラシステムの世界市場予測:シングルカメラ、マルチカメラ"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing focus on safety and technological advancements in the automotive industry are driving the growth of the side-view camera system market.”The side-view camera system market is projected to grow from USD 2 million in 2020 to USD 388 million by 2027, at a CAGR of 112.0%. The market is driven by the rising demand for the safety and comfort of passengers. Asia Pacific is estimated to lead the side view camera system market due to the increasing focus on safety standards to minimize fatal accidents on the road. The rising adoption of electric vehicles in China and Japan is also expected to drive the side view camera system market in this region.

“Favorable regulation and early adoption of technology is likely to propel the growth of the market during the forecast period.”
Due to favorable regulations for side view camera systems and early adoptions in countries such as Germany. The market growth in the Asia Pacific region is driven by a significant demand for increasing innovations and production volume in China, Japan, South Korea. For instance, Japanese luxury automaker Lexus launched ES300h version L sedan with side view camera systems in 2018. Japan passed regulations for side view camera systems in 2016 allowing OEMs to integrate camera systems in place of side-view mirrors. Favorable regulations and innovations for Japanese OEMs are expected to drive the market in this region.

“Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The Asia Pacific region comprises rapidly emerging economies such as China and India, along with developed nations such as Japan, and is the largest market for automotive. In recent years, the region has emerged as a hub for automobile production. As the governments of these countries have imposed stringent emission standards and fuel efficiency levels, upcoming vehicles must go through strict new car assessment programs. Thus, OEMs are expected to launch cars with improved safety features for higher occupant safety to achieve higher safety ratings. The rising demand for clean, safe, and smart mobility in China, India, South Korea, Thailand, and Japan would foster the growth of the side camera system market.

“Europe is expected to be the largest market during the forecast period.”
The region had a total 309 automobile assembly and production plants as of June 2019. Leading automotive manufacturers in Europe offer innovative automotive solutions such as high-performance engines and advanced connectivity features to stay competitive. In motor vehicle production Europe stood second after China. According to the European Automobile Manufacturers Association (ACEA), Europe accounted for 23.2% of the global vehicle production in 2018.

The European Commission passed legislation to allow side view camera systems in place of optical side view mirrors. Safety regulations and supportive guidelines regarding side view camera systems will fuel early adoption in this region.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the side view camera system market.
• By Company Type: OEMs – 31%, Tier I – 57%, and Tier II & III – 12%,
• By Designation: CXOs – 25%, Manager – 46%, and Others – 29%
• By Region: North America – 39%, Europe – 28%, Asia Pacific – 31%, and Rest of the World- 2%
The side-view camera system market comprises major manufacturers such as such as Hyundai Mobis (South Korea), Continental AG (Germany), Valeo (France), Samvardhana Motherson (India), Magna International (Canada), Robert Bosch (Germany), and Stoneridge (US) and many others.

Research Coverage:
The study covers the side view camera system market across various segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as camera type, component, vehicle type, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and acquisitions.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall side view camera system market. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"サイドビューカメラシステムの世界市場予測:シングルカメラ、マルチカメラ"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions & Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.3.3 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Data Triangulation Approach
2.4.2 Bottom-Up Approach
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions
2.7 Risk Assessment & Ranges
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Side View Camera System Market to Grow at A Significant Rate During the Forecast Period (2020–2027)
4.2 Europe is Expected to Lead the Global Side View Camera System Market in 2022
4.3 Side View Camera System Market, By Component and Camera Type
4.4 Side View Camera System Market, By Component Type
4.5 Side View Camera System Market, By Camera Type
4.6 Side View Camera System Market, By Vehicle Type
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Lower Fuel Consumption
5.2.1.2 Improved Ergonomics of Luxury Cars
5.2.1.3 Increased Production of Light & Heavy Trucks
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Reliability of Technology
5.2.2.2 Behavioral Changes
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of Autonomous Vehicles
5.2.3.2 Demand for Active Safety Features (Real Time)
5.2.3.3 Growth of Electric Vehicle (EV)
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Country-Specific Regulations
5.2.4.2 High R&D Cost
5.2.5 Impact of Market Dynamics
5.3 Vehicle Model Analysis for Side View Camera System Market
5.4 Revenue Shift Driving Market Growth
5.5 Revenue Missed: Opportunities for Side View Camera System Manufacturers
5.6 Side View Camera System Market, Scenarios (2019–2027)
5.6.1 Side View Camera System Market, Most Likely Scenario
5.6.2 Side View Camera System Market, Optimistic Scenario
5.6.3 Side View Camera System Market, Pessimistic Scenario
6 Industry Trends (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Technological Overview
6.2.1 Multi Camera Support for Autonomous/Semi Autonomous Vehicles
6.2.2 Conjunction of Adas, Camera, and Ai
6.2.3 Requirements of A Camera Monitor System (CMS)
6.2.3.1 High Image Quality and Low Light Performance
6.2.3.2 Led Flicker Mitigation and Obstruction Detection
6.3 Porters Five Forces
6.4 Regulatory Overview
6.4.1 Japan Side View Camera System Regulations
6.4.2 European Union Side View Camera System Regulations
6.4.3 United States Side View Camera System Regulations
7 Side View Camera System Market, By Camera Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Research Methodology
7.3 Assumptions
7.4 Single Camera System
7.4.1 Low Cost of Cameras is Expected to Drive the Adoption of Single Camera Systems
7.5 Multi Camera System
7.5.1 Additional Camera Features Will Fuel the Demand for Multi Camera Systems
7.6 Market Leaders
8 Side View Camera System Market, By Component Type (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 Research Methodology
8.3 Assumptions
8.4 Camera
8.4.1 Extensive Use of Cameras in Automotive Will Increase the Adoption of Hd Cameras in Side View Camera System
8.5 Ecu
8.5.1 Advancements in Ecu Will Allow Easy Integration of Side View Camera Systems
8.6 Display
8.6.1 Planned Mass Adoption of Oled in Panel Lighting and Hmi Will Reduce Cost of Displays in the Future
8.6.2 Liquid Crystal Display (LCD)
8.6.3 Thin Film Transistor-Liquid Crystal Display (TFT-LCD)
8.6.4 Organic Light Emitting Diode (OLED)
8.7 Others
8.7.1 Early Adoption in Asian Countries Will Impact the Market
8.8 Market Leaders
9 Side View Camera System Market, By Vehicle Type (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 Research Methodology
9.3 Assumptions
9.4 Passenger Car
9.4.1 Incorporation of Advanced Safety Features Will Boost the Adoption of Side View Camera System in Passenger Cars
9.5 Commercial Vehicle
9.5.1 Bus
9.5.2 Truck
9.5.2.1 Increasing Concern Over Blind Spot Reduction in Trucks and Trailers Will Drive the Adoption of Side View Camera System in Commercial Vehicles
9.6 Market Leaders
10 Side View Camera System Market, By Region (Page No. – 76)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 Technological Advancements in Autonomous Driving Will Boost the Side View Camera System Market in China
10.2.2 India
10.2.2.1 Increasing Demand for Trucks Will Fuel the Demand for Safety Features in India
10.2.3 Japan
10.2.3.1 Increasing Innovation By Automakers Will Drive Market Growth in Japan
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 Developments By Local Component Manufacturers Will Drive the Market
10.2.5 Thailand
10.2.5.1 Favorable Government Policy Would Drive the Market
10.2.6 Rest of Asia Pacific
10.2.6.1 Growth of Autonomous Vehicles Will Fuel Demand in This Region
10.3 Europe
10.3.1 France
10.3.1.1 Growth of Premium Automakers Will Drive Market Growth in France
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Early Adoption of Side View Camera System Will Drive the Market in Germany
10.3.3 Italy
10.3.3.1 Government Collaborations and Strategies Will Drive the Market in Italy
10.3.4 Russia
10.3.4.1 Increasing Innovation and Developments in Trucking Will Fuel the Demand for Side View Camera Systems in Russia
10.3.5 Spain
10.3.5.1 Growing Vehicle Production and Export Will Fuel the Demand for Side View Camera Systems
10.3.6 Turkey
10.3.6.1 Developments By Component Manufacturers Will Drive the Market
10.3.7 UK
10.3.7.1 Increasing Sales of Premium Passenger Cars Would Fuel the Demand for Side View Camera Systems
10.3.8 Rest of Europe
10.3.8.1 Increasing Passenger Car Production in Other European Countries Will Drive the Market
10.4 North America
10.4.1 Canada
10.4.1.1 Upcoming Fuel Efficiency Regulations Will Drive the Market in Canada
10.4.2 Mexico
10.4.2.1 Increasing Focus on Lcv Will Drive the Market in Mexico
10.4.3 US
10.4.3.1 Nhtsa Initiatives Would Fuel the Demand for Side View Camera Systems in the US
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Demand for Trucks in Agriculture and Highway Construction Would Fuel the Demand for Safety Features
10.5.2 Iran
10.5.2.1 Partnerships With Global Oems Will Help Incorporate Innovations in the Country
10.5.3 RoW Others
10.5.3.1 New Vehicle Safety Assessments Will Influence the Adoption of Side View Camera Systems
11 Recommendations By Marketsandmarkets (Page No. – 105)
11.1 Europe Will Be the Key Market for Automotive Side View Camera Systems
11.2 Multi Camera System in Commercial Vehicles Can Be A Key Focus for Manufacturers
11.3 Conclusion
12 Competitive Landscape (Page No. – 106)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio
12.5 Business Strategy Excellence
12.6 Winners vs. Losers
12.7 Competitive Scenario
12.7.1 New Product Development
12.7.2 Acquisition
12.7.3 Expansion
13 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
13.1 Valeo
13.2 Robert Bosch GmbH
13.3 Continental AG
13.4 Stoneridge Inc.
13.5 Magna International Inc
13.6 Panasonic Corporation
13.7 Hyundai Mobis
13.8 Samsung Elctro-Mechanics
13.9 Mitsubishi Electric
13.10 Gentex Corporation
13.11 Samvardhana Motherson Group
13.12 Kyocera Corporation
13.13 Denso Corporation
13.14 Other Key Players
13.14.1 Asia Pacific
13.14.1.1 Mcnex Co. Ltd
13.14.1.2 Clarion
13.14.1.3 Murakami Corporation
13.14.1.4 Tokai Rika Co. Ltd
13.14.1.5 Stonkam Co. Ltd
13.14.1.6 Sl Corporation
13.14.2 Europe
13.14.2.1 Kappa Optronics GmbH
13.14.2.2 Brigade Electronics Group PLC
13.14.2.3 Zf Friedrichshafen AG
13.14.3 North America
13.14.3.1 Ambarella Inc
13.14.3.2 Texas Instruments
13.14.3.3 Omnivision Technologies Inc
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 152)
14.1 Discussion Guide
14.2 Currency
14.3 Package Size
14.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.5 Available Customizations
14.6 Related Reports
14.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】サイドビューカメラシステムの世界市場予測:シングルカメラ、マルチカメラ
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT7419
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
サイドビューカメラシステムの世界市場予測:シングルカメラ、マルチカメラについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用ガスの世界市場:窒素、酸素、二酸化物、アルゴン、水素、アセチレン、ヘリウム、アンモニア
    当調査レポートでは、産業用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ガスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 抗菌テキスタイルの世界市場:作用物質別(合成有機化合物、金属・金属塩、バイオベース)、仕上げ技術別(排気、パッド・ドライ・キュア、吹き付け、発泡成形)、用途別(商業用、アパレル用、医療用、家庭用、その他)、地域別予測
    本資料は、抗菌テキスタイルの世界市場について調べ、抗菌テキスタイルの世界規模、市場動向、市場環境、作用物質別(合成有機化合物、金属・金属塩、バイオベース)分析、仕上げ技術別(排気、パッド・ドライ・キュア、吹き付け、発泡成形)分析、用途別(商業用、アパレル用、医療用、家庭用、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・抗菌テキスタイルの世界市場概要 ・抗菌テキスタイルの世界市場環境 ・抗菌テキスタイルの世界市場動向 ・抗菌テキスタイルの世界市場規模 ・抗菌テキスタイルの世界市場規模:作用物質別(合成有機化合物、金属・金属塩、バイオベース) ・抗菌テキスタイルの世界市場規模:仕上げ技術別(排気、パッド・ドライ・キュア、吹き付け、発泡成形) ・抗菌テキスタイルの世界市場規模:用途別(商業用、アパレル用、医療用、家庭用、その他) ・抗菌テキスタイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・抗菌テキスタイルの北米市場規模・予測 ・抗菌テキスタイルのアメリカ …
  • 産業用塗料の世界市場予測(~2022年):アクリル塗料、アルキド塗料、エポキシ塗料、ポリウレタン塗料、ポリエステル塗料
    当調査レポートでは、産業用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、産業用塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のピーナッツ粉市場2015
    本調査レポートでは、世界のピーナッツ粉市場2015について調査・分析し、ピーナッツ粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用CAD/CAMの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯科用CAD/CAMの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯科用CAD/CAM市場規模、製品別(歯科医院用、歯科技工所用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯科用CAD/CAMの世界市場概要 ・歯科用CAD/CAMの世界市場環境 ・歯科用CAD/CAMの世界市場動向 ・歯科用CAD/CAMの世界市場規模 ・歯科用CAD/CAMの世界市場:業界構造分析 ・歯科用CAD/CAMの世界市場:製品別(歯科医院用、歯科技工所用) ・歯科用CAD/CAMの世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯科用CAD/CAMのアメリカ市場規模・予測 ・歯科用CAD/CAMのヨーロッパ市場規模・予測 ・歯科用CAD/CAMのアジア市場規模・予測 ・歯科用CAD/CAMの主要国分析 ・歯科用CAD/CAMの世界市場:意思決定フレームワーク ・歯科用CAD/CAMの世界市場:成長要因、課題 ・歯科用CAD/CAMの世界市場:競争環境 ・ …
  • アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 研磨紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、研磨紙の世界市場について調査・分析し、研磨紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別研磨紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、研磨紙種類別分析(ドライ研磨紙、ウェット研磨紙、その他)、研磨紙用途別分析(木材、金属、ニス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・研磨紙の市場概観 ・研磨紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・研磨紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・研磨紙の世界市場規模 ・研磨紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・研磨紙のアメリカ市場規模推移 ・研磨紙のカナダ市場規模推移 ・研磨紙のメキシコ市場規模推移 ・研磨紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・研磨紙のドイツ市場規模推移 ・研磨紙のイギリス市場規模推移 ・研磨紙のロシア市場規模推移 ・研磨紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・研磨紙の日本市場規模推移 ・研磨紙の中国市場規模推移 ・研磨紙の韓国市場規模推移 ・ …
  • バイオマス加熱プラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バイオマス加熱プラントの世界市場について調査・分析し、バイオマス加熱プラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオマス加熱プラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオマス加熱プラント種類別分析(<5 MW、10-20 MW、その他)、バイオマス加熱プラント用途別分析(発電、熱分配)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオマス加熱プラントの市場概観 ・バイオマス加熱プラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオマス加熱プラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオマス加熱プラントの世界市場規模 ・バイオマス加熱プラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バイオマス加熱プラントのアメリカ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのカナダ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのメキシコ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・バイオマス加熱プラントのドイツ市 …
  • 小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場:タイプ別(上流、中流、下流、形状摩耗)、用途別(オフショア、オンショア)、地域別予測
    本資料は、小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場について調べ、小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(上流、中流、下流、形状摩耗)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGulf Agency Company Ltd.、Agility Project Logistics Inc.、Kuehne + Nagel Company、BDP International、DB Schenker、Crown Logistics、Neovia Logistics、A.Hartrodt GmbH、SGS Logistics、SDV International Logistics、Bollore Africa Logistics Ltd.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場概要 ・小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場環境 ・小売目的の …
  • 皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の概要 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚T細胞リンパ腫 …
  • 船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の世界市場について調べ、船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場規模をセグメンテーション別(種類別(AC駆動、DC駆動)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場状況 ・船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場規模 ・船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場予測 ・船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(AC駆動、DC駆動) ・船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 低温貯蔵の世界市場: 倉庫の類型別 (バルク倉庫、工場用倉庫)、保存温度別 (冷蔵、冷凍)、用途別、倉庫の形態別
    本調査レポートでは、低温貯蔵の世界市場について調査・分析し、低温貯蔵の世界市場動向、低温貯蔵の世界市場規模、市場予測、セグメント別低温貯蔵市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 渦巻ポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、渦巻ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、渦巻ポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リウマチ性関節炎(RA)治療薬の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、リウマチ性関節炎(RA)治療薬の世界市場について調査・分析し、リウマチ性関節炎(RA)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. リウマチ性関節炎とは 3. リウマチ性関節炎治療薬の世界市場 4. リウマチ性関節炎市場における主要治療薬 5. リウマチ性関節炎の主要国市場 6. リウマチ性関節炎の研究開発パイプライン 7. リウマチ性関節炎治療薬市場における主要企業 8. リウマチ性関節炎治療薬市場の定性分析 9. 結論
  • 医療用警告システムの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用警告システムの世界市場について調査・分析し、医療用警告システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用警告システムの世界市場:市場動向分析 ・医療用警告システムの世界市場:競争要因分析 ・医療用警告システムの世界市場:システム別分析/市場規模 ・医療用警告システムの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・医療用警告システムの世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・医療用警告システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用警告システムの北米市場規模・分析 ・医療用警告システムの欧州市場・分析 ・医療用警告システムのアジア市場・分析 ・医療用警告システムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アジアの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場について調査・分析し、等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別等方性黒鉛および押出成形黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、等方性黒鉛および押出成形黒鉛種類別分析(等方性黒鉛、押出成形黒鉛)、等方性黒鉛および押出成形黒鉛用途別分析(電動ブラシモーター、太陽光発電産業、半導体・LED産業、金属産業、ガラス・耐火物質産業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の市場概観 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場規模 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のカナダ市場規模推移 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメキシコ市場 …
  • ナノセルロースの世界市場予測(~2023年):ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ナノセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル)分析、用途別(パルプ・製紙、複合材料・パッケージング、生体医療・製薬、エレクトロニクス・センサー)分析、ナノセルロースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD28抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD28抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD28抗体の概要 ・Anti-CD28抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD28抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD28抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD28抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 熱可塑性ポリオレフィンの世界市場2017-2021:自動車、屋根ふき、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、熱可塑性ポリオレフィンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性ポリオレフィンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱可塑性ポリオレフィンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はSchulman、Borealis、ExxonMobil、LyondellBasell Industries Holdings、SABIC、Sumitomo Chemical等です。
  • ココナッツウォーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • カーボンブラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カーボンブラック市場規模、用途別(タイヤ、タイヤ以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カーボンブラックの世界市場概要 ・カーボンブラックの世界市場環境 ・カーボンブラックの世界市場動向 ・カーボンブラックの世界市場規模 ・カーボンブラックの世界市場:業界構造分析 ・カーボンブラックの世界市場:用途別(タイヤ、タイヤ以外) ・カーボンブラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カーボンブラックのアメリカ市場規模・予測 ・カーボンブラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・カーボンブラックのアジア市場規模・予測 ・カーボンブラックの主要国分析 ・カーボンブラックの世界市場:意思決定フレームワーク ・カーボンブラックの世界市場:成長要因、課題 ・カーボンブラックの世界市場:競争環境 ・カーボンブラックの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)、技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)
    本資料は、テレラジオロジーの世界市場について調べ、テレラジオロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレラジオロジーの世界市場概要 ・テレラジオロジーの世界市場環境 ・テレラジオロジーの世界市場動向 ・テレラジオロジーの世界市場規模 ・テレラジオロジーの世界市場:市場シェア ・テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他) ・テレラジオロジーの世界市場:技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク) ・テレラジオロジーの世界市場:エンド …
  • 分布型光ファイバセンサの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、分布型光ファイバセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、作動原理別分析、ファイバータイプ別分析、用途別分析、地域別分析、分布型光ファイバセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 永久磁石の世界市場予測(~2021):Nd−Fe−B系磁石、フェライト磁石、サマリウムコバルト磁石、アルニコ磁石
    当調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、永久磁石の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの股関節置換処置動向(~2021)
  • 二酸化チタン(TiO2)の世界市場2014-2025:用途別(塗料・コーティング、プラスチック、紙・パルプ、化粧品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、二酸化チタン(TiO2)の世界市場について調査・分析し、二酸化チタン(TiO2)の世界市場動向、二酸化チタン(TiO2)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化チタン(TiO2)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプログルミド市場2015
    本調査レポートでは、世界のプログルミド市場2015について調査・分析し、プログルミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲノミクスの世界市場予測(~2022年):装置/システム、消耗品、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ゲノミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品・サービス別分析、技術別分析、プロセス別分析、用途別分析、ゲノミクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油増進回収法(EOR)の世界市場2018-2025:技術別(熱、ガス注入、化学品)、用途別(オンショア、オフショア)
    本調査レポートでは、石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、石油増進回収法(EOR)の世界市場動向、石油増進回収法(EOR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別石油増進回収法(EOR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アスファルト(土瀝青)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アスファルト(土瀝青)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アスファルト(土瀝青)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 細菌性皮膚および皮膚組織感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬剤
  • 世界及び米国の脱毛器市場2017-2022
  • メキシコの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • 自動車用パワーエレクトロニクスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、自動車用パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途別分析、車両種類別分析、構成品別分析、地域別分析、自動車用パワーエレクトロニクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの外傷固定装置市場見通し
  • バッグインボックス型容器の世界市場2014-2025:材料別(低密度ポリエチレン、エチレン酢酸ビニル、エチレンビニルアルコール)、タイプ別(リジッド型、柔軟型)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場動向、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場予測、セグメント別バッグインボックス型容器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オンライン室内装飾の世界市場2017-2021:家具、ホームファニシング
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オンライン室内装飾の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン室内装飾の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンライン室内装飾の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmazon、Bed Bath & Beyond、Inter IKEA Systems、Wayfair等です。
  • 水性UV硬化樹脂の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、水性UV硬化樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝疾患治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肝疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肝疾患治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 肝臓は、損傷を受けても完全に回復することができる、身体の中でもっとも大きな臓器です。しかしながら、長い間治療を受けずに肝臓に負担をかけ続ける事は、死につながることもあります。ウイルス性肝炎は世界中の多くの人々が罹患している肝臓の主な病気の一つですが、ウイルスの感染によるものであり、汚染された食料や水を通じて広まります。Technavio社は肝疾患治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• F. Hoffmann-la Roche• Gilead• GlaxoSmithKline• Merck等です。
  • 胆管癌(肝内胆管癌)(Bile Duct Cancer (Cholangiocarcinoma)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胆管癌(肝内胆管癌)(Bile Duct Cancer (Cholangiocarcinoma))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胆管癌(肝内胆管癌)(Bile Duct Cancer (Cholangiocarcinoma))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胆管癌(肝内胆管癌)(Bile Duct Cancer (Cholangiocarcinoma))の概要 ・胆管癌(肝内胆管癌)(Bile Duct Cancer (Cholangiocarcinoma))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胆管癌(肝内胆管癌)(Bile Duct Cancer (Cholangiocarcinoma))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤 …
  • GPS追跡装置の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、GPS追跡装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、導入方式別分析、産業別分析、地域別分析、GPS追跡装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エラストマー膜の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エラストマー膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、エラストマー膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米タンパク質の世界市場分析:製品別(アイソレート、コンセントレート)、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)、有機米タンパク質 用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、米タンパク質の世界市場について調査・分析し、米タンパク質の世界市場動向、米タンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別米タンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リハビリ用ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リハビリ用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リハビリ用ロボット市場規模、製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リハビリ用ロボットの世界市場概要 ・リハビリ用ロボットの世界市場環境 ・リハビリ用ロボットの世界市場動向 ・リハビリ用ロボットの世界市場規模 ・リハビリ用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット) ・リハビリ用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リハビリ用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのアジア市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットの主要国分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・リハビリ用ロボットの世界市場:成長要因、課題 ・リハビリ用 …
  • RFID製品の世界市場予測(~2023年):RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDソフトウェア
    当調査レポートでは、RFID製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、RFID製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スリランカのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 吻合装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、吻合装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、手術用ステープラー別(手動、動力付き)分析、手術用縫合糸別(吸収性、非吸収性)分析、手術用シーラント及び接着剤別分析、吻合装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、吻合装置の世界市場規模が2019年21億ドルから2024年29億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。
  • 消費者向けドローンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者向けドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者向けドローンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"