"小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP7427)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The small hydropower market is projected to reach USD 3.0 billion by 2024, at a CAGR of 2.4% from 2019 to 2024.”The global small hydropower market is projected to reach USD 3.0 billion by 2024 from an estimated market size of USD 2.6 billion in 2019, at a CAGR of 2.4% during the forecast period. The growing investments in small hydropower projects to increase rural electrification in developing countries is expected to drive the demand for small hydropower. Moreover, the financial incentives and assistance in the form of low-interest loans, grants, renewable purchase obligations, and feeding tariffs, would further aid the growth of this market. The unstable supply as the energy generated depends on seasonal highs and lows is a restraint for the growth of the small hydropower market.

“The 1–10 MW segment is expected to dominate the small hydropower market in 2019.”
The 1–10 MW segment is expected to dominate the small hydropower market in 2019 owing to the small hydropower installations in various countries across the globe. This higher share of 1–10 MW plants can be attributed to the small-scale decentralized projects being deployed in developing nations, especially in Asia Pacific, for rural electrification. Asia Pacific dominated the 1–10 MW segment of the small hydropower market. China, Vietnam, and India are the account for the significant share of the small hydropower installations in this region. The demand for small hydropower is driven by increasing investments for rural electrification in these countries.

“The small hydropower, civil works segment is expected to hold the largest share during the forecast period. “
The civil works segment is estimated to hold the largest share of the small hydropower market, by component, from 2019 to 2024. Civil works account for the significant share of project costs in all small hydropower projects. Small hydropower plants generally do not require the construction of dams, reservoirs, or any kind of storage structure as most plants are runoff run-of-river plants. But, to properly guide the water on to turbines and to increase the water head, civil structures such as weirs are constructed. These simple civil structures are cheaper than those in large hydropower plants, but they constitute a large share of the total project cost in small hydropower plants.

“Asia Pacific is expected to lead the global small hydropower market in terms of market size”
Asia Pacific is currently the largest small hydropower market, followed by Europe and North America. China, Vietnam, and India are the world’s fastest-growing economies, contributing largely to the Asia Pacific market. The Asia Pacific market is expected to grow during the forecast period owing to the investments in rural electrification and off-grid energy generation.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:

By Company Type: Tier I: 60%, Tier II: 27%, and Tier III: 13%
By Designation: C-Level: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
By Region: Asia Pacific: 40%, North America: 20%, Europe: 18%, South America: 16%, and the Rest of the World: 6%
Note: Others include sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue, as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: USD 500 million–1 billion, and Tier 3: The global small hydropower market is dominated by a few major players that have an extensive global and regional presence. The leading players in the small hydropower market are Voith(Germany), ANDRITZ(Austria), GE Renewable Energy(France), Toshiba(Japan), Siemens(Germany), BHEL(India), Gilbert Gilkes & Gordon(UK), and Flovel(India).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global small hydropower market by capacity, type, component, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the small hydropower market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
2 Research Methodology
3 Executive Summary
4 Market Overview
4.1. Introduction
4.2. Market Segmentation
4.2.1. By Type
4.2.2. By Component
4.2.3. By Capacity
4.2.4. By Region
4.3. Market Dynamics
4.3.1. Drivers
4.3.2. Restraints
4.3.3. Opportunities
4.3.4. Challenges
5 Global Small Hydropower Market, By Type
(USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
5.1. Introduction
5.2. Mini Hydropower
5.3. Micro Hydropower
6 Global Small Hydropower Market, By Capacity
(USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
6.1. Introduction
6.2. Up to 1 Mw
6.3. 1–10 Mw
7 Global Small Hydropower Market, By Component
(USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
7.1. Introduction
7.2. Electromechanical Equipment
7.3. Electric Infrastructure
7.4. Civil Works
7.5. Other
8 Global Small Hydropower Market, By Region
(USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
*(Country Level Information for All the Countries Would Be Same as Mentioned for North American Countries)
8.1. North America
8.1.1. By Type
8.1.2. By Component
8.1.3. By Capacity
8.1.4. By Country
8.1.4.1. US*
8.1.4.1.1. By Component
8.1.4.1.2. By Capacity
8.1.4.2. Canada
8.1.4.3. Mexico
8.2. Europe
8.2.1. By Type
8.2.2. By Component
8.2.3. By Capacity
8.2.4. By Country
8.2.4.1. Germany
8.2.4.1.1. By Component
8.2.4.1.2. By Capacity
8.2.4.2. UK
8.2.4.3. France
8.2.4.4. Italy
8.2.4.5. Spain
8.2.4.6. Rest of Europe
8.3. Asia Pacific
8.3.1. By Type
8.3.2. By Component
8.3.3. By Capacity
8.3.4. By Country
8.3.4.1. China
8.3.4.1.1. By Component
8.3.4.1.2. By Capacity
8.3.4.2. Australia
8.3.4.3. India
8.3.4.4. Japan
8.3.4.5. Thailand
8.3.4.6. Indonesia
8.3.4.7. Malaysia
8.3.4.8. the Philippines
8.3.4.9. Vietnam
8.4. South America
8.4.1. By Type
8.4.2. By Component
8.4.3. By Capacity
8.4.4. By Country
8.4.4.1. Brazil
8.4.4.1.1. By Component
8.4.4.1.2. By Capacity
8.4.4.2. Argentina
8.4.4.3. Venezeula
8.4.4.4. Chile
8.4.4.5. Colombia
8.4.4.6. Peru
8.4.4.7. Bolivia
8.4.4.8. Ecuador
8.5. Rest of the World
8.5.1. By Type
8.5.2. By Component
8.5.3. By Capacity
8.5.4. By Region
8.5.4.1. Middle East
8.5.4.2. Africa
9 Competitive Landscape
9.1. Overview
9.2. Competitive Landscape
9.3. Competitive Leadership Mapping
9.3.1. Terminology/Nomenclature
9.3.1.1. Visionary Leaders
9.3.1.2. Dynamic Differentiators
9.3.1.3. Emerging Companies
9.3.1.4. Innovators
9.3.2. Strength of Product Portfolio
9.3.3. Business Strategy Excellence
9.4. Market Share Analysis/Ranking of Key Players, 2018
9.5. Competitive Scenario
9.5.1. New Product Launches
9.5.2. Mergers & Acquisitions
10 Company Profiles
10.1. Introduction
10.2. Voith
10.2.1. Business Overview
10.2.1.1. Segments Overview
10.2.1.2. Geographic Reach
10.2.1.3. Manufacturing Bases and Sales Offices Overview
10.2.1.4. Top Competitors
10.2.2. Products & Services
10.3. Andritz
10.4. GE Renewable Energy
10.5. Siemens
10.6. Toshiba
10.7. Bhel
10.8. Snc-Lavalin
10.9. Hnac Technology
10.10. Gilbert Gilkes & Gordon
10.11. Mavel
10.12. HM Hydro
10.13. GANZ EEM
10.14. Kolektor Turboinstitut
10.15. Canyon Hydro
10.16. CKD Blansko
10.17. Canadian Hydro Components
10.18. ATB Riva Calzoni
10.19. Flovel
10.20. B Fouress
10.21. Global Hydro
11 Appendix

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP7427
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スパンボンド不織布の世界市場予測(~2023年)
    スパンボンド不織布の世界市場は、2018年の127億米ドルから2023年には183億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ほかの不織布と比較してスパンボンド不織布が選好されるようになったこと、医療分野での使用拡大、そしてポリプロピレンスパンボンド不織布に対する高い需要が考えられます。一方で、完成品の高コストは中間業者の価格構造に影響を与え、成熟市場における乳児用おむつセグメントの伸び悩みは市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、スパンボンド不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能(使い捨て、耐久性)分析、材料(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエステル)分析、最終用途(パーソナルケア・衛生用品、医療、農業、包装、自動車)分析、スパンボンド不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライナーレスラベルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ライナーレスラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライナーレスラベルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脳腫瘍の診断と治療の世界市場分析:タイプ別(MRI、CTスキャン、組織サンプリング、PET-CTスキャン、脳動脈瘤、腰椎穿刺、分子検査、脳波)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、脳腫瘍の診断と治療の世界市場について調査・分析し、脳腫瘍の診断と治療の世界市場動向、脳腫瘍の診断と治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別脳腫瘍の診断と治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ホットスタンプ箔の世界市場:金属、顔料、ホログラフィック
    当調査レポートでは、ホットスタンプ箔の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホットスタンプ箔市場規模、製品別(金属、顔料、ホログラフィック)分析、基質別(プラスチック、紙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、API, CFC International, Crown Roll Leaf, LEONHARD KURZ, UNIVACCO Technologyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホットスタンプ箔の世界市場概要 ・ホットスタンプ箔の世界市場環境 ・ホットスタンプ箔の世界市場動向 ・ホットスタンプ箔の世界市場規模 ・ホットスタンプ箔の世界市場:業界構造分析 ・ホットスタンプ箔の世界市場:製品別(金属、顔料、ホログラフィック) ・ホットスタンプ箔の世界市場:基質別(プラスチック、紙) ・ホットスタンプ箔の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホットスタンプ箔の北米市場規模・予測 ・ホットスタンプ箔のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の概要 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・本態性血小板血症(Essen …
  • 航空貨物輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空貨物輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空貨物輸送市場規模、エンドユーザ―別(製造業、小売、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CEVA Logistics, DB Schenker, Deutsche Post DHL Group, KUEHNE + NAGEL, UPSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空貨物輸送の世界市場概要 ・航空貨物輸送の世界市場環境 ・航空貨物輸送の世界市場動向 ・航空貨物輸送の世界市場規模 ・航空貨物輸送の世界市場:業界構造分析 ・航空貨物輸送の世界市場:エンドユーザ―別(製造業、小売、その他) ・航空貨物輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空貨物輸送の北米市場規模・予測 ・航空貨物輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・航空貨物輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・航空貨物輸送の主要国分析 ・航空貨物輸送の世界市場:意思決定フレームワーク ・航空 …
  • クロストリジウム検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • CTスキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CTスキャナー市場規模、デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー)分析、用途別(研究、医療、動物医療)分析、種類別(ポータブル型、据置型)分析、技術別(コーンビームCT(CBCT)、低線量CT、中線量CT、高線量CT)分析、エンドユーザー別(動物病院、研究所、病院、外来治療センター、診断センター、学術機関、臨床研究機関(CRO)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ CTスキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ CTスキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ CTスキャナーの世界市場:デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー) ・ CTスキャナーの世界市場:用途別(研究、医療、動物医療) ・ CTスキャナーの世界市場:種類別(ポータブル型、据置型) ・ CTスキャナーの世界市場:技術別(コー …
  • 衝突回避センサーの世界市場分析:技術別(レーダー、カメラ、超音波、LiDAR)、用途別(ACC、BSD、FCWS、LDWS、駐車支援)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、LATAM、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、衝突回避センサーの世界市場について調査・分析し、衝突回避センサーの世界市場動向、衝突回避センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別衝突回避センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 燃料添加剤の世界市場2017-2021:付着物制御添加剤、セタン価向上剤、抗酸化剤、低温流動性向上剤、潤滑性向上剤、腐食抑制剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Afton Chemical、BASF、Chevron Oronite、Innospec、The Lubrizol Corporation等です。
  • オレオケミカルの世界市場:製品別(脂肪酸、グリセロール、脂肪アルコール)、セグメント予測
    オレオケミカルの世界市場は2025年には319億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.2%で成長すると予測されています。石油化学製品が環境におよぼす悪影響に対する懸念が高まっていることから、石油化学製品からバイオベースの化学製品への移行が進むと考えられています。本調査レポートでは、オレオケミカルの世界市場について調査・分析し、オレオケミカルの世界市場動向、オレオケミカルの世界市場規模、市場予測、セグメント別オレオケミカル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リチウムイオン電池用バインダーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、リチウムイオン電池用バインダーの世界市場について調べ、リチウムイオン電池用バインダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、リチウムイオン電池用バインダーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(カソードバインダー、アノードバインダー)、用途別(パワー電池、蓄電池、デジタル電池、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はリチウムイオン電池用バインダーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均22%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・リチウムイオン電池用バインダーの市場状況 ・リチウムイオン電池用バインダーの市場規模 ・リチウムイオン電池用バインダーの市場予測 ・リチウムイオン電池用バインダーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(カソードバインダー、アノードバインダー) ・市場セグメンテーション:用途別(パワー電池、蓄電池、デジタ …
  • 3Dプリンティング市場におけるM&A、投資、特許の見通し
  • 一次リチウム電池の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一次リチウム電池 の世界市場について調査・分析し、一次リチウム電池 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一次リチウム電池 シェア、市場規模推移、市場規模予測、一次リチウム電池 種類別分析()、一次リチウム電池 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一次リチウム電池 の市場概観 ・一次リチウム電池 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一次リチウム電池 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一次リチウム電池 の世界市場規模 ・一次リチウム電池 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一次リチウム電池 のアメリカ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のカナダ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のメキシコ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・一次リチウム電池 のドイツ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のイギリス市場規模推移 ・一次リチウム電池 のロシア市場規模推移 ・一次リチ …
  • 金属除去液の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属除去液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属除去液の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の概要 ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 海上保安の世界市場予測(~2021):監視・追跡、探知機、GIS、通信、SCADA、スクリーニング・スキャン、アクセスコントロール、気象モニタリング
    当調査レポートでは、海上保安の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術・システム別分析、サービス別分析、カテゴリ別分析、地域別分析、海上保安の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発酵用化学品の世界市場
    本調査レポートでは、発酵用化学品の世界市場について調査・分析し、発酵用化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ハンガリーの関節鏡検査装置市場見通し
  • フランスのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 止血剤の世界市場予測(~2023年):トロンビン、酸化再生セルロース、併用止血剤、ゼラチン、コラーゲン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、止血剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(トロンビン、酸化再生セルロース、併用止血剤、ゼラチン、コラーゲン)分析、用途(婦人科、神経外科、心臓血管、再建)分析、形態(粉体、マトリックス材・ゲル、シート・パッド)分析、止血剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析)、用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究)、地域別予測
    本資料は、循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場について調べ、循環腫瘍細胞(CTC)の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析)分析、用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場概要 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場環境 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場動向 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模:技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析) ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模:用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究) ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・循環腫瘍細胞(CTC)の北米市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のアメリカ市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のヨーロッパ市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のアジア …
  • 屋内栽培技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋内栽培技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋内栽培技術市場規模、用途別(温室栽培、垂直農法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋内栽培技術の世界市場概要 ・屋内栽培技術の世界市場環境 ・屋内栽培技術の世界市場動向 ・屋内栽培技術の世界市場規模 ・屋内栽培技術の世界市場:業界構造分析 ・屋内栽培技術の世界市場:用途別(温室栽培、垂直農法) ・屋内栽培技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋内栽培技術のアメリカ市場規模・予測 ・屋内栽培技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・屋内栽培技術のアジア市場規模・予測 ・屋内栽培技術の主要国分析 ・屋内栽培技術の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋内栽培技術の世界市場:成長要因、課題 ・屋内栽培技術の世界市場:競争環境 ・屋内栽培技術の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホメオパシー療法の世界市場:種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来)、用途別(病院、ホメオパシークリニック)、地域別予測
    本資料は、ホメオパシー療法の世界市場について調べ、ホメオパシー療法の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来)分析、用途別(病院、ホメオパシークリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHahnemann Laboratories Inc. 、Natural Health Supply、Boiron USA、Homelab USA、SBL、Hyland’s Homeopathic、Nelson & Co. Ltd. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホメオパシー療法の世界市場概要 ・ホメオパシー療法の世界市場環境 ・ホメオパシー療法の世界市場動向 ・ホメオパシー療法の世界市場規模 ・ホメオパシー療法の世界市場規模:種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来) ・ホメオパシー療法の世界市場規模:用途別(病院、ホメオパシークリニック) ・ホメオパシー療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホメオパシー療法の北米市 …
  • 板金の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、板金の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、板金市場規模、エンドユーザー別(自動車、建設、機械、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acosta Sheet Metal Manufacturing, NCI Building Systems, Shanghai Metal Corporation, Tata Sons, United States Steelなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・板金の世界市場概要 ・板金の世界市場環境 ・板金の世界市場動向 ・板金の世界市場規模 ・板金の世界市場:業界構造分析 ・板金の世界市場:エンドユーザー別(自動車、建設、機械、その他) ・板金の世界市場:製品別 ・板金の世界市場:地域別市場規模・分析 ・板金の北米市場規模・予測 ・板金のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・板金のアジア太平洋市場規模・予測 ・板金の主要国分析 ・板金の世界市場:意思決定フ …
  • 世界のトータルステーション経緯儀市場2015
    本調査レポートでは、世界のトータルステーション経緯儀市場2015について調査・分析し、トータルステーション経緯儀の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウルトラブック市場2015
    本調査レポートでは、世界のウルトラブック市場2015について調査・分析し、ウルトラブックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのアルコール飲料市場:ビール、スピリッツ、ワイン
    当調査レポートでは、アメリカのアルコール飲料市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのアルコール飲料市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 空気輸送システムの世界市場:動作原理別(希薄相、濃密相)、技術別(陽圧システム、真空システム)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、空気輸送システムの世界市場について調査・分析し、空気輸送システムの世界市場動向、空気輸送システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別空気輸送システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の血液ろ過器市場2016
    本調査レポートでは、世界の血液ろ過器市場2016について調査・分析し、血液ろ過器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 補聴器の世界市場予測(~2022年):耳あな型補聴器、耳かけ型補聴器、カナル型補聴器、人工内耳、BAHAインプラント
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、補聴器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、聴力損失タイプ別分析、患者別分析、地域別分析、補聴器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科動力ツールの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、外科動力ツールの世界市場について調査・分析し、外科動力ツールの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・外科動力ツールの世界市場規模:用途別分析 ・外科動力ツールの世界市場規模:動力源別分析 ・外科動力ツールの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • 血管ガイドワイヤーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管ガイドワイヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュール工法の世界市場:タイプ別(常設、再配置可能)、材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック)、モジュール別、最終用途分野別、地域別予測
    本資料は、モジュール工法の世界市場について調べ、モジュール工法の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(常設、再配置可能)分析、材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック)分析、モジュール別分析、最終用途分野別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モジュール工法の世界市場概要 ・モジュール工法の世界市場環境 ・モジュール工法の世界市場動向 ・モジュール工法の世界市場規模 ・モジュール工法の世界市場規模:タイプ別(常設、再配置可能) ・モジュール工法の世界市場規模:材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック) ・モジュール工法の世界市場規模:モジュール別 ・モジュール工法の世界市場規模:最終用途分野別 ・モジュール工法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・モジュール工法の北米市場規模・予測 ・モジュール工法のアメリカ市場規模・予測 ・モジュール工法のヨーロッパ市場規模・予測 ・モジュール工法のアジア市場規模・予測 …
  • ミートスナックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ミートスナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミートスナックの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コーヒーポッドの世界市場:種類別(AOCC、DCS)、用途別(民間空港、商用空港)、地域別予測
    本資料は、コーヒーポッドの世界市場について調べ、コーヒーポッドの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AOCC、DCS)分析、用途別(民間空港、商用空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNestle、Kraft Foods、LUIGI LAVAZZA SPA、Keurig Green Mountain、Coffechino、DUNKIN' DONUTS、ETHICAL COFFEE COMPANY、The Folger Coffee Company、Gloria Jean's Coffees、Jacobs Douwe Egberts、Melitta coffee pods、Seattle’s Best Coffee、STARBUCKSなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーヒーポッドの世界市場概要 ・コーヒーポッドの世界市場環境 ・コーヒーポッドの世界市場動向 ・コーヒーポッドの世界市場規模 ・コーヒーポッドの世界市場規模:種類別(AOC …
  • eVTOL航空機の世界市場予測(~2030年)
    eVTOL航空機の世界市場は、2025年の1億6,200万米ドルから2030年には4億1,100万米ドルに達し、この期間中20.42%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、効率性とヒトの安全性の向上、および投資活動の増加が考えられます。一方で、輸送中のeVTOLの信頼性が制限されていること、そして外部環境を予測できないことが市場の成長を妨げると予測されます。当調査レポートでは、eVTOL航空機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、揚力技術(推力ベクトル方式、マルチローター方式、揚力+巡航技術)分析、MTOW(250KG未満、250~500KG、500~1500KG、1500KG超)分析、用途分析、動作モード分析、eVTOL航空機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業衛星イメージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商業衛星イメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、商業衛星イメージングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホエイプロテイン市場2016
    本調査レポートでは、世界のホエイプロテイン市場2016について調査・分析し、ホエイプロテインの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの電気生理学装置市場(~2021)
  • オートパイロットシステムの世界市場
    当調査レポートでは、オートパイロットシステムの世界市場について調査・分析し、オートパイロットシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の抗酸化剤3114市場2016
    本調査レポートでは、世界の抗酸化剤3114市場2016について調査・分析し、抗酸化剤3114の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドサーバーの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドサーバーの世界市場について調査・分析し、クラウドサーバーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラウドサーバーの世界市場:市場動向分析 - クラウドサーバーの世界市場:競争要因分析 - クラウドサーバーの世界市場:産業別 ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・教育 ・政府 ・ヘルスケアおよび生命科学 ・製造 ・メディアと娯楽 ・小売 ・電気通信およびIT ・運送およびロジスティクス ・旅行およびサービス業 ・その他 - クラウドサーバーの世界市場:用途別 ・開発とテスト ・災害復旧 ・生産 ・その他 - クラウドサーバーの世界市場:展開モデル別 ・ハイブリッドクラウド ・プライベートクラウド ・パブリッククラウド - クラウドサーバーの世界市場:主要地域別分析 - クラウドサーバーの北米市場規模(アメリカ市場等) - クラウドサーバーのヨーロッパ市場規模 - クラウドサーバーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・クラウドサーバーの世界市場:主な市場 …
  • 無人搬送車(AGV)の世界市場:タイプ別、用途別、エンドユーズ産業別、電池タイプ別、構成要素別、ナビゲーション技術別、地域別
    本調査レポートでは、無人搬送車(AGV)の世界市場について調査・分析し、無人搬送車(AGV)の世界市場動向、無人搬送車(AGV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別無人搬送車(AGV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリイミドフィルムテープの世界市場予測(~2023年)
    ポリイミドフィルムテープの世界市場は、2018年の14億米ドルから2022年には26億米ドルに達し、この期間中12.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、電子機器産業や成長を続ける自動車産業からの需要の高まり、そしてほかのポリマーと比較してポリイミドフィルムが持つ優れた熱的および機械的特性が考えられます。一方で、ポリイミドフィルムの高コストは、市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、ポリイミドフィルムテープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(フレキシブルプリント回路基板、特殊加工品、感圧接着テープ、モーター・発電機、ワイヤー、ケーブル)分析、最終用途産業(電子機器、自動車、航空宇宙、ラベリング)分析、ポリイミドフィルムテープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ボイラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、燃料(天然ガス、バイオマス、石油、石炭)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、産業用ボイラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"