"電子化学薬品及び材料の世界市場予測:特殊ガス、CMPスラリー、導電性ポリマー、フォトレジストケミカル、低K誘電体、ウェットケミカル、シリコンウェーハ、PCBラミネート"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH2300)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電子化学薬品及び材料の世界市場予測:特殊ガス、CMPスラリー、導電性ポリマー、フォトレジストケミカル、低K誘電体、ウェットケミカル、シリコンウェーハ、PCBラミネート"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing demand from microelectronic and chip manufacturing companies is expected to drive the market.”The electronic chemicals and materials market size is projected to grow from USD 56.3 billion in 2019 to USD 81.6 billion by 2024, at a compound annual growth rate (CAGR) of 7.7% during the forecast period. The market is driven by the growth of the microelectronics industry, which is characterized by the emergence of new technologies.

“The silicon wafers segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
Silicon wafers are a thin slice of semiconductor, which is made out of crystalline silicon and is a key component in the fabrication of integrated circuits and serve as a substrate for microelectronics devices. The primary use of silicon wafer is in integrated circuits, which are the basic building block of any electronic devices, such as computers and smartphones.

“Semiconductor application segment is expected to hold the larger market share during the forecast period.”
A semiconductor is a solid chemical compound or element, which can conduct electricity under certain conditions depending upon the dopants added during the manufacturing process. Integrated circuits and printed circuit boards are the basic building blocks of any semiconductor materials. These semiconductor devices require proper maintenance for their functionality; hence, certain electronic chemicals and materials are used for cleaning, etching, polishing, doping, and servicing of semiconductors.

“APAC is estimated to be the fastest-growing electronic chemicals and materials market during the forecast period.”
APAC is estimated to be the fastest-growing electronic chemicals and materials market during the forecast period due to the rapid growth of the global electronics industry, which has driven the demand for printed circuit boards in the region. The growth of the printed circuit board industry is directly associated with the development in telecommunications and IT, smart cards, electronic gaming, and consumer goods applications.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size for several segments and sub-segments and the information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type – Tier 1 – 55%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 15%
• By Designation – C level – 42%, Director Level – 30%, and Others – 28%
• By Region – APAC– 40%, Europe – 28%, North America – 25%, Rest of World – 7%

The leading players in the electronic chemicals and materials market are Linde plc (Ireland), Air Products and Chemicals (US), DowDuPont (US), Cabot Microelectronics (US), BASF AG (Germany), Hitachi Chemical (Japan), Air Liquide (France), Solvay A.G. (Belgium), Shin-Etsu (Japan), Covestro (France), and Songwon (South Korea).

Research Coverage:
This research report categorizes the electronic chemicals and materials market on the basis of type, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews and recent developments associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the electronic chemicals and materials market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and sub-segments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes developments such as new product launches.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電子化学薬品及び材料の世界市場予測:特殊ガス、CMPスラリー、導電性ポリマー、フォトレジストケミカル、低K誘電体、ウェットケミカル、シリコンウェーハ、PCBラミネート"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Electronic Chemicals and Materials Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Supply Side
2.2.4 Demand Side
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Electronic Chemicals and Materials Market
4.2 APAC Electronic Chemicals and Materials Market, By Application and Country, 2018
4.3 Electronic Chemicals and Materials Market, By Type
4.4 Electronic Chemicals and Materials Market, By Wet Chemicals
4.5 Electronic Chemicals and Materials Market, By Key Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Technological Advancements in the Electronics Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Health and Environmental Regulations Regarding Certain Chemicals and Materials
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Improved IT Infrastructure and Upcoming Technologies Such as AI and IoT
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 A Rapid Decline in the Use of Old Technologies
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 YC, YCC Shift
6 Electronic Chemicals and Materials Market, By Type (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Specialty Gases
6.2.1 Photovoltaic, Display, and LED Lighting are the Major Applications of Specialty Gases in the Electronics Industry
6.3 CMP Slurries
6.3.1 Aluminum Oxide, Ceramic, and Silica are Among the Majorly Used CMP Slurries
6.4 Photoresist Chemicals
6.4.1 Technological Advancements Such as the Growing Focus on Nano Devices is A Major Growth Driver for the Photoresist Chemicals Market
6.5 Conductive Polymers
6.5.1 Electrically Conductive Polymers have the Functionality of Both Electrical and Thermal Conductivity
6.6 Low K Dielectrics
6.6.1 The Growing Production of ICS is Influencing the Demand for Low-K Dielectric Materials Positively
6.7 Wet Chemicals
6.7.1 APAC is the Largest Market for Wet Chemicals
6.8 Silicon Wafers
6.8.1 Silicon Wafers are the Most Widely Used Electronic Chemicals and Materials
6.9 Pcb Laminates
6.9.1 Increasing Automation in Almost All the Industries is Instrumental to the Growth of the Pcb Laminates Demand
7 Electronic Chemicals and Materials Market, By Application (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Semiconductors
7.2.1 Changes in the Electronics Industry are Affecting the Demand for Electronic Chemicals and Materials in This Segment
7.3 Others
8 Electronic Chemicals and Materials Market, By Region (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 Increasing Display Production in the Country is Expected to Drive the Market in the Future
8.2.2 Taiwan
8.2.2.1 Presence of Various Large Semiconductor Manufacturers in the Country is Boosting the Market
8.2.3 South Korea
8.2.3.1 Trade Tensions With Japan Can have an Adverse Impact on the Growth of the Semiconductor Industry in the Country
8.2.4 Japan
8.2.4.1 Increasing Manufacturing Capacity By the Leading Semiconductor Companies are Expected to Drive the Market in the Country
8.2.5 Singapore
8.2.5.1 The Electronics Industry is Growing in Singapore
8.2.6 Rest of APAC
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 Ongoing Trade War With China is Likely to Affect the Market in the Country
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Upcoming Investments By the Government and Leading Semiconductor Manufacturers are Expected to Propel the Market
8.3.3 Mexico
8.3.3.1 The Market is Benefitting From the Shift in Manufacturing Base From China to Mexico
8.4 Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Production of Microelectronics in the Country is Spurring the Demand for Electronic Chemicals and Materials
8.4.2 UK
8.4.2.1 Growing Automotive Industry is Indirectly Impacting the Microelectronics Industry in the Country
8.4.3 France
8.4.3.1 There is an Increasing Demand for Semiconductors From Different End-Use Industries in the Country
8.4.4 The Netherlands
8.4.4.1 Increasing Demand From High-Resolution Imaging and Atomic Layer Deposition Industries is Boosting the Market in the Country
8.4.5 Rest of Europe
8.5 Rest of the World (RoW)
8.5.1 Israel
8.5.1.1 The Increasing Number of Chip Manufacturers in the Country is Fueling the Market
8.5.2 Brazil
8.5.2.1 Increasing Investments By the Leading Chip Manufacturing Companies are Expected to Drive the Market in the Country
9 Competitive Landscape (Page No. – 98)
9.1 Overview
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Expansion
9.2.2 Merger & Acquisition
9.2.3 New Product Launch
9.2.4 Partnership & Agreement
10 Company Profiles (Page No. – 101)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competition, Right to Win)*
10.1 Linde PLC
10.2 Air Products and Chemicals
10.3 Dowdupont
10.4 Cabot Microelectronics
10.5 BASF AG
10.6 Hitachi Chemical
10.7 Air Liquide
10.8 Solvay
10.9 Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.
10.10 Covestro
10.11 Songwon
10.12 Other Key Players
10.12.1 Honshu Chemical Industry Ltd.
10.12.2 Mitsui Chemicals America, Inc.
10.12.3 Siltronic AG Atlas Copco
10.12.4 Lord AG
10.12.5 Freiberger Compound Materials
10.12.6 Okmetic Oy
10.12.7 Globalwafers Co., Ltd.
10.12.8 Sumco Corp.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competition, Right to Win Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 142)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電子化学薬品及び材料の世界市場予測:特殊ガス、CMPスラリー、導電性ポリマー、フォトレジストケミカル、低K誘電体、ウェットケミカル、シリコンウェーハ、PCBラミネート
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH2300
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電子化学薬品及び材料の世界市場予測:特殊ガス、CMPスラリー、導電性ポリマー、フォトレジストケミカル、低K誘電体、ウェットケミカル、シリコンウェーハ、PCBラミネートについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のトラディショナル血糖測定器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、トラディショナル血糖測定器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トラディショナル血糖測定器の概要 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:開発段階別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:セグメント別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:領域別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:規制Path別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別トラディショナル血糖測定器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・トラディショナル血糖測定器の最近動向
  • 世界の超音波発生器市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波発生器市場2015について調査・分析し、超音波発生器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事無人機(UAV)用燃料電池の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍事無人機(UAV)用燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事無人機(UAV)用燃料電池の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事無人機(UAV)用燃料電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、EnergyOR Technologies、Horizon Fuel Cell Technologies、MicroMultiCopter Aero Technology、Protonex、Ultra Electronics等です。
  • 防かび剤の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、防かび剤の世界市場について調査・分析し、防かび剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 防かび剤の世界市場:市場動向分析 - 防かび剤の世界市場:競争要因分析 - 防かび剤の世界市場:製品別 ・ベンゾイミダゾール ・トリアゾール ・ストロビルリン ・ベンズアミド ・ジチオカーバメート ・クロロニトリル ・その他 - 防かび剤の世界市場:作物の種類別 ・作物ベース ・穀類 ・油糧種子と豆類 ・果物と野菜 ・非作物ベース ・芝生 ・その他 - 防かび剤の世界市場:用途モード別 ・土壌処理 ・種子処理 ・ポスト・ハーベスト ・葉面散布 - 防かび剤の世界市場:形状別 ・水和剤 ・顆粒水和剤 ・液体状 ・濃厚懸濁液 ・水溶性原液 ・乳剤 - 防かび剤の世界市場:主要地域別分析 - 防かび剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 防かび剤のヨーロッパ市場規模 - 防かび剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・防かび剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 暴動鎮圧の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、暴動鎮圧の世界市場について調査・分析し、暴動鎮圧の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・暴動鎮圧の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・暴動鎮圧の世界市場:セグメント別市場分析 ・暴動鎮圧の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV)のフェーズ3治験薬の状況 ・放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV)治療薬の市場規模(販売予測) ・放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の放射線療法に伴う吐き気と嘔吐(RINV)治療薬剤
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用補助エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セロトニン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン受容体アンタゴニストの概要 ・セロトニン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の小売産業におけるBluetoothビーコン市場
    当調査レポートでは、世界の小売産業におけるBluetoothビーコン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の小売産業におけるBluetoothビーコン市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調査・分析し、ホワイトボックスサーバーのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(ラック取り付けサーバー、ブレードサーバー、ホールキャビネットサーバー)、用途別販売分析(データセンター、企業顧客)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、ホワイトボックスサーバー産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ホワイトボックスサーバー市場概要 ・ホワイトボックスサーバーのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:種類別販売量(ラック取り付けサーバー、ブレードサーバー、ホールキャビネットサーバー) ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:用途別販売量(データセンター、企業顧客) ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・ホワイトボックスサーバーの米国市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの中国市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの欧州市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの日本市場規模 ・ホワイトボ …
  • がん免疫療法の世界市場2014-2025:製品別(モノクローナル抗体、免疫調節剤、腫瘍溶解性ウイルス療法、がんワクチン)、がんのタイプ別
    本調査レポートでは、がん免疫療法の世界市場について調査・分析し、がん免疫療法の世界市場動向、がん免疫療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん免疫療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データセンターの東南アジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターの東南アジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターの東南アジア市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • POC診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、POC診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、POC診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016
    本調査レポートでは、世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016について調査・分析し、ストリートスィーパ(街路清掃車)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 発泡トレイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、発泡トレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発泡トレイの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 癒着防止剤の世界市場:製品別(再生セルロース、ヒアルロン酸、ポリエチレングリコール、フィブリン、コラーゲン、タンパク質)、タイプ別(フィルム、ゲル、液体)、用途別(腹部手術、整形外科手術、心臓血管手術、婦人科手術)、地域別予測
    本資料は、癒着防止剤の世界市場について調べ、癒着防止剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(再生セルロース、ヒアルロン酸、ポリエチレングリコール、フィブリン、コラーゲン、タンパク質)分析、タイプ別(フィルム、ゲル、液体)分析、用途別(腹部手術、整形外科手術、心臓血管手術、婦人科手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・癒着防止剤の世界市場概要 ・癒着防止剤の世界市場環境 ・癒着防止剤の世界市場動向 ・癒着防止剤の世界市場規模 ・癒着防止剤の世界市場規模:製品別(再生セルロース、ヒアルロン酸、ポリエチレングリコール、フィブリン、コラーゲン、タンパク質) ・癒着防止剤の世界市場規模:タイプ別(フィルム、ゲル、液体) ・癒着防止剤の世界市場規模:用途別(腹部手術、整形外科手術、心臓血管手術、婦人科手術) ・癒着防止剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・癒着防止剤の北米市場規模・予測 ・癒着防止剤のアメリカ市場規模・予測 ・癒着防止剤のヨーロッパ …
  • カナダの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 元素分析の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、元素分析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、元素分析市場規模、エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Danaher, PerkinElmer, Shimadzu, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・元素分析の世界市場概要 ・元素分析の世界市場環境 ・元素分析の世界市場動向 ・元素分析の世界市場規模 ・元素分析の世界市場:業界構造分析 ・元素分析の世界市場:エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他) ・元素分析の世界市場:地域別市場規模・分析 ・元素分析の北米市場規模・予測 ・元素分析のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・元素分析のアジア太平洋市場規模・予測 ・元素分析の主要国分析 ・元素分析の世界市場:意思決定フレ …
  • バッグインボックス型容器の世界市場2014-2025:材料別(低密度ポリエチレン、エチレン酢酸ビニル、エチレンビニルアルコール)、タイプ別(リジッド型、柔軟型)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場動向、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場予測、セグメント別バッグインボックス型容器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 低電力次世代ディスプレイの世界市場
    当調査レポートでは、低電力次世代ディスプレイの世界市場について調査・分析し、低電力次世代ディスプレイの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 低電力次世代ディスプレイの世界市場:市場動向分析 - 低電力次世代ディスプレイの世界市場:競争要因分析 - 低電力次世代ディスプレイの世界市場:素材別 ・金属箔およびガラス基板 ・ポリマー ・プラスチック基板 ・ナノ材料 - 低電力次世代ディスプレイの世界市場:用途別 ・広告 ・自動車 ・家電 ・防衛および航空宇宙 ・電子書籍リーダー ・産業用 ・医療設備 ・携帯電話 ・映画/娯楽 ・テレビ/モニター ・その他 - 低電力次世代ディスプレイの世界市場:製品別 ・フレキシブルディスプレイ ・空中ディスプレイ ・3Dディスプレイ ・透明ディスプレイ ・両面2D簡易ディスプレイ ・片面簡易ディスプレイ ・片面2D簡易タッチスクリーン・ディスプレイ - 低電力次世代ディスプレイの世界市場:主要地域別分析 - 低電力次世代ディスプレイの北米市場規模(アメリカ市場等) - 低電 …
  • 引き出し用スライドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、引き出し用スライドの世界市場について調査・分析し、引き出し用スライドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別引き出し用スライドシェア、市場規模推移、市場規模予測、引き出し用スライド種類別分析(軽量、中量、重量、超重量)、引き出し用スライド用途別分析(工業用、家具、金融用、家電、輸送・自動車、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・引き出し用スライドの市場概観 ・引き出し用スライドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・引き出し用スライドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・引き出し用スライドの世界市場規模 ・引き出し用スライドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・引き出し用スライドのアメリカ市場規模推移 ・引き出し用スライドのカナダ市場規模推移 ・引き出し用スライドのメキシコ市場規模推移 ・引き出し用スライドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・引き出し用スライドのドイツ市場規模推移 ・引き出し用スライドのイ …
  • スマートカードの材料の世界市場:材料別(PVC、ポリカーボネート)、タイプ別(接触式、非接触式、マルチコンポーネント式)、用途別(テレコム、BFSI、小売、政府)、セグメント予測
    スマートカードの材料の世界市場は2025年には12億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全で信頼できる支払い取引に対する需要の増加、クレジットカード会社のコスト削減スキーム、さらにキャッシュレス支払いに対する意識の高まりなどが考えられます。本調査レポートでは、スマートカードの材料の世界市場について調査・分析し、スマートカードの材料の世界市場動向、スマートカードの材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートカードの材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場について調査・分析し、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • マイクロリアクター技術の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、マイクロリアクター技術の世界市場について調査・分析し、マイクロリアクター技術の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車ブレーキシステムの世界市場2014-2025:ブレーキタイプ別(ディスク型、ドラム型)、車両タイプ別、技術別(ABS、TCS、ESC、EBD)、地域別
    本調査レポートでは、自動車ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、自動車ブレーキシステムの世界市場動向、自動車ブレーキシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車ブレーキシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電動式船舶の世界市場予測(~2030年)
    MarketsandMarkets社は、電動式船舶の世界市場規模が2019年52億ドルから2030年156億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電動式船舶の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,種類別(完全電動、ハイブリッド)分析、システム別(エネルギー貯蔵システム、電力変換、発電、配電)分析、動作モード別(有人、遠隔操作、自律)分析、船舶種類別(商用、防衛)分析、電気別(
  • 再生医療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生医療市場規模、技術別(細胞・組織療法、遺伝子療法)分析、用途別(筋骨格、皮膚、循環器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・再生医療の世界市場概要 ・再生医療の世界市場環境 ・再生医療の世界市場動向 ・再生医療の世界市場規模 ・再生医療の世界市場:業界構造分析 ・再生医療の世界市場:技術別(細胞・組織療法、遺伝子療法) ・再生医療の世界市場:用途別(筋骨格、皮膚、循環器) ・再生医療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再生医療のアメリカ市場規模・予測 ・再生医療のヨーロッパ市場規模・予測 ・再生医療のアジア市場規模・予測 ・再生医療の主要国分析 ・再生医療の世界市場:意思決定フレームワーク ・再生医療の世界市場:成長要因、課題 ・再生医療の世界市場:競争環境 ・再生医療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 採掘装置の世界市場2018-2022
    オートメーションや人工知能などのさまざまな技術の進歩は、鉱業業界で牽引されています。鉱業企業の業務効率を向上させる必要性が高まっていることから、採鉱装置メーカーは、AIなどの最新技術の導入に注力しています。採鉱装置の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率7%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Atlas Copco、Caterpillar、Komatsu、Metso、Sandvikなどです。 当調査レポートでは、採掘装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、採掘装置市場規模、製品別(表面採鉱装置 、地下採鉱装置、粉砕・微粉砕・ふるい分け装置、採鉱用ドリル・破砕機、選鉱用機械、その他)分析、用途別(石炭採掘、金属採掘、鉱物採掘)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・採掘装置の世界市場概要 ・採掘装置の世界市場環境 ・採掘装置の世界市場動向 ・採掘装置の世界市場規模 ・採掘装置の世界市場:業界構造分析 …
  • ゲノミクスの世界市場2020-2024
    「ゲノミクスの世界市場2020-2024」は、ゲノミクスについて市場概要、市場規模、ソリューション別(製品、サービス)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ゲノミクスの世界市場:ソリューション別(製品、サービス) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • シンガポールのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 子宮筋腫(Uterine Fibroids):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮筋腫(Uterine Fibroids)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮筋腫(Uterine Fibroids)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮筋腫(Uterine Fibroids)の概要 ・子宮筋腫(Uterine Fibroids)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮筋腫(Uterine Fibroids)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮筋腫(Uterine Fibroids)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 民間航空機用アビオニクスの世界市場:FMS、FCS、CNS、HMS、電気・非常システム
    当調査レポートでは、民間航空機用アビオニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、プラットフォーム別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニッケル合金の世界市場予測(~2022年):耐腐食性、耐熱性、高機能、電子用合金
    当調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、ニッケル合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dレーザースキャナーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、3Dレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、3Dレーザースキャナーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 3Dレーザースキャナーの世界市場:市場動向分析 - 3Dレーザースキャナーの世界市場:競争要因分析 - 3Dレーザースキャナーの世界市場:スキャナー種類別 ・レーザー3Dスキャナー ・オプティカルスキャナー ・構造化光スキャナー ・その他 - 3Dレーザースキャナーの世界市場:産業別 ・医療・ヘルスケア ・自動車 ・エネルギー・電力 ・軍事・防衛 ・輸送 ・建築・建設 ・芸術品・遺物 ・地理空間 ・エンターテインメント・メディア ・工業生産 ・トンネル・鉱業 ・その他 - 3Dレーザースキャナーの世界市場:製品別 ・ポータブル座標測定器(CMM)系 ・自動化座標測定器(CMM)系 ・三脚付き ・デスクトップ・固定式 ・固定座標測定器(CMM)系 ・その他 - 3Dレーザースキャナーの世界市場:測定範囲別 ・ショートレンジスキャナー ・ミディアムレンジスキャナー ・ロング …
  • 軽飛行機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、軽飛行機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軽飛行機市場規模、技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cirrus Aircraft, Diamond Aircraft, Piper Aircraft, TECNAM, Textron Aviationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軽飛行機の世界市場概要 ・軽飛行機の世界市場環境 ・軽飛行機の世界市場動向 ・軽飛行機の世界市場規模 ・軽飛行機の世界市場:業界構造分析 ・軽飛行機の世界市場:技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式) ・軽飛行機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・軽飛行機の北米市場規模・予測 ・軽飛行機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軽飛行機のアジア太平洋市場規模・予測 ・軽飛行機の主要国分析 ・軽飛行機の世界市場:意思決定フレームワーク ・軽飛行機の世界市場:成長要因、課題 ・軽 …
  • サウジアラビアの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • クラウドセキュリティーの世界市場予測&動向分析:会社規模別、ソリューション別(クラウドIAM、クラウド電子メールセキュリティ、クラウドIDS / IPS、クラウドDLP)、展開別、地域別、セグメント予測 -2014-2024
    本調査レポートでは、クラウドセキュリティーの世界市場について調査・分析し、クラウドセキュリティーの世界市場動向、クラウドセキュリティーの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラウドセキュリティー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マイクロスフェアの世界市場分析:タイプ別(ガラス、ポリマー、セラミック、フライアッシュ、メタリック)、用途別(建設複合材料、塗料・コーティング、ヘルスケア、化粧品、石油・ガス、自動車)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、マイクロスフェアの世界市場動向、マイクロスフェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロスフェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オランダのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 世界のウェーブ・スプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のウェーブ・スプリング市場2016について調査・分析し、ウェーブ・スプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDトラック照明の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDトラック照明の世界市場について調査・分析し、LEDトラック照明の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDトラック照明シェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDトラック照明種類別分析(1照明型、2照明型、4照明型、その他)、LEDトラック照明用途別分析(住居用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDトラック照明の市場概観 ・LEDトラック照明のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDトラック照明のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDトラック照明の世界市場規模 ・LEDトラック照明の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDトラック照明のアメリカ市場規模推移 ・LEDトラック照明のカナダ市場規模推移 ・LEDトラック照明のメキシコ市場規模推移 ・LEDトラック照明のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LEDトラック照明のドイツ市場規模推移 ・LEDトラック照明のイギリス市場規模推移 ・ …
  • プロセス分析計(液体&ガス)、ガスクロマトグラフィーおよび分光法の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、プロセス分析計(液体&ガス)、ガスクロマトグラフィーおよび分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートロックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートロック市場規模、エンドユーザー別(住宅、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allegion, APX Group, ASSA ABLOY, SALTO Systems, Spectrum Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートロックの世界市場概要 ・スマートロックの世界市場環境 ・スマートロックの世界市場動向 ・スマートロックの世界市場規模 ・スマートロックの世界市場:業界構造分析 ・スマートロックの世界市場:エンドユーザー別(住宅、その他) ・スマートロックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートロックの北米市場規模・予測 ・スマートロックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートロックのアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートロックの主要国分析 ・スマートロックの世界市場:意思決定フレームワーク ・スマートロッ …
  • フィリピンの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 中国の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 分光法の世界市場:原子分光法、分子分光法
    当調査レポートでは、分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分光法の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場見通し2016-2022:ネットワークインフラストラクチャ装置、ディスプレイ装置
    当調査レポートでは、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:使用モデル別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の北米市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の欧州市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の …
  • 液化天然ガス(LNG)キャリアの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)キャリアの世界市場について調査・分析し、液化天然ガス(LNG)キャリアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・液化天然ガス(LNG)キャリアの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・液化天然ガス(LNG)キャリアの世界市場:セグメント別市場分析 ・液化天然ガス(LNG)キャリアの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"