"RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC2679)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing number of advertising and marketing companies to drive the rich communication services market growthThe global RCS market size is projected to grow from USD 4.5 billion in 2019 to USD 10.6 billion by 2024, at a CAGR of 18.9% during 2019–2024. Major growth factors for the market include Increasing investments on digital marketing across the verticals

By application, advertising campaign segment to account for a higher market share during the forecast period
Advertising campaigns via digital marketing is the prominent approach adopted by enterprises to attract customers. Sharing rich media contents have enabled end-users to engage significantly with the enterprises to take benefits of the services. Advertising campaigns may vary from vertical to vertical; for instance, media and entertainment vertical would share advertisings, teasers, or some trailers of upcoming shows. Likewise, BFSI vertical would share interactive media content to advertise funds and policies. Advertising campaigns are mainly followed through SMS protocol and are expected to be significantly offloaded on RCS protocol to enable enhanced messaging service through an interactive platform.

By end-user, enterprises segment to hold a larger market size during the forecast period
By end-users global rich communication services market is segregated into enterprises and consumers. The enterprises throughout verticals are expected to have a significant dependency on SMS for digital marketing. Deployment of RCS messaging platforms to share media-rich content amongst the end-users is expected to bring growing instances of customer engagements. Apart from digital marketing, RCS can be widely deployed by enterprises to share the relevant information to their customers, which would include tickets, passes, policy details, wealth performance stats, logistics details, product information, service reminders, and others.

Among regions, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC is expected to have the highest growth rate in the RCS market among all areas. The high rate of adoption of digital technologies, especially in countries, such as Australia, India, Japan, China, and Singapore, has made APAC a lucrative market in the IT industry. The growing development in these countries is expected to provide several new opportunities in the APAC RCS market. The growth driver for RCS in this region is increasing population, rising smartphone connections, increasing the mobile payments, growing the retail industry, and the use of advanced SMS systems for marketing and customer relationship management. Many mobile engagement and communications providers in this region have partnered with various telecom operators to provide rich, personalized multimedia content to their customers. For instance, Karix Mobile had partnered with Google and Reliance Jio Infocomm to support RCS. With RCS, the company helps its clients in providing a more in-depth and richer engagement experience.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-Level – 40%, Director Level – 35%, Managers–15%, and others- 10%
• By Region: North America – 45%, Europe – 30%, APAC – 15%, and RoW – 10%
The following key rich communication services vendors are profiled in the report:
• Google (US),
• China Mobile Limited (Spain),
• AT&T Inc. (US),
• Sprint Corporation (US)
• Deutsche Telekom AG (Germany)
• Vodafone Group plc (UK)
• Verizon (US)
• Telefonica (US)
• Orange Business (US)
• KDDI (Japan)
• Slovak Telekom (Slovakia)
• TELIT (Italy)
• SK Telecom (South Korea)
• Telstra (Australia)
• LG U+ (South Korea)
• Celcom (Malaysia)
• Freedom Mobile (Canada)
• Rogers (Canada)
• T-Mobile (US), O2 (UK).

Research Coverage
The rich communication services market is segmented by application (advertising campaign, content delivery, and integrated solutions), end-user (consumers and enterprises), enterprise size, enterprise vertical, and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews, services; key strategies; new service and product launches, partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the rich communication services market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the rich communication services market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities in the market.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes a competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Inclusions and Exclusions
1.4 Market Scope
1.4.1 Market Segmentation
1.4.2 Regions Covered
1.5 Years Considered for the Study
1.6 Currency Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Global RCS Market Size Estimation Methodology and Key Assumptions
2.3.1 Method 1: Based on the Companies’ Revenue Generation From A2p Messaging Service for Digital Marketing and Advertising (Top-Down Approach)
2.3.2 Method 2: Vertical-Level, Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Rich Communication Services Market
4.2 Market By Application, 2019
4.3 North America: Market By Enterprise Size and End User, 2019
4.4 Asia Pacific: Market By Enterprise Size and End User, 2019
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Number of Advertising and Marketing Companies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Capability to Offer End-To-End Encryption
5.2.2.2 Lack of Interoperability Between Oems and Carrier Networks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Strict Regulations for Ott Messaging Services to Boost the Adoption of RCS
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulty to Cope With Ott Service Providers
5.2.4.2 Lower User Base Due to Proliferation of Messaging APPs
5.3 Use Cases
5.4 Enabling Technologies
5.4.1 Artificial Intelligence
5.4.2 Internet of Things
6 Rich Communication Services Market Analysis, By Application (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Advertising Campaign
6.2.1 Strong Marketing Activities on Digital Platforms to Boost RCS Adoption for Advertising Campaigns
6.3 Content Delivery
6.3.1 Growing Influence of Social Media Across Multitudes to Support Growth for Content Delivery
6.4 Integrated Solutions
6.4.1 Ease of Multichannel Communication Across the Globe to be the Major Market Driver for Integrated Solutions
6.5 Others
7 Rich Communication Services Market Analysis, By End User (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Consumers
7.2.1 Growing Internet Penetration and Consequent Demand for Rich Media Delivery Platforms Within P2p to Support the Favorable Growth of RCS Among Consumers
7.3 Enterprises
7.3.1 Growing Proliferation of Digital Content Delivery Through A2p Messaging Services to Support Adoption Among Enterprises
8 Rich Communication Services Market Analysis, By Enterprise Size (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises to be Significant Revenue Contributors for Rich Communication Service Vendors in the Near Future
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Easy Availability of Resources and Funds to Drive the Adoption of RCS Among Large Enterprises
9 Rich Communication Services Market Analysis, By Enterprise Vertical (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 Authentications, Service Reminders, Policy Deliveries, and Other use Cases for Customer Engagement to Support Strong Adoption of RCS
9.3 Telecom and IT
9.3.1 Growing Number of Telecom Users and Increasing Number of It-Enabled Survivors to Drive the Market Growth in Telecom and IT Industry
9.4 Media and Entertainment
9.4.1 Rising Proliferation of Ott Media Players to Support the RCS Market Growth in Media and Entertainment Industry
9.5 Tourism and Logistics
9.5.1 Ticketing, Real-Time Location Status, and Delivery Updates are Some of the Prominent use Cases to Support RCS Adoption in Tourism and Logistics Industry
9.6 Retail and Ecommerce
9.6.1 Digital Marketing Pertaining to Consumer Goods and Online Platforms to Support the RCS Deployment in Retail and Ecommerce Industry
9.7 Healthcare
9.7.1 Real-Time Decision-Making for Patient Engagement Solutions to Drive the Need for RCS in Healthcare Industry
9.8 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Increasing Number of Mobile Users and RCS-Enabled Devices to Drive the RCS Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increasing Number of RCS Users on Mnos’ Network to Boost the RCS Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Increasing Number of Partnerships to Propel the RCS Market in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Increasing Number of Mergers and Acquisitions By Market Players to Propel the RCS Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Need for Enhancing Customer Experience to Drive the RCS Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 High Investments Mnos in Their Networks for Excellent Services to Boost the RCS Market in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Increasing Number of Service Launches and Partnerships to Drive the Growth of the RCS Market in Japan
10.4.3 South Korea
10.4.3.1 Rising Need to Compete With the Ott Players to Boost the RCS Market in South Korea
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Mexico
10.5.1.1 Increasing It Investments and the Presence of Leading Players to Drive the Growth of the RCS Market in Mexico
10.5.2 Brazil
10.5.2.1 Need to Combat the Ott Threat to Drive the Adoption of RCS in Brazil
10.5.3 Rest of Latin America
10.6 Middle East and Africa
10.6.1 Middle East
10.6.1.1 High Penetration Rate of Smartphones to Boost the RCS Market in the Middle East
10.6.2 Africa
10.6.2.1 Growing Demand By Marketers and Brands to Access RCS to Enhance Customer Experience in Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 99)
11.1 Competitive Leadership Mapping of RCS Solution Vendors Offering to Telecom Operators
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
11.2 Strength of Product Portfolio (15 Players)
11.3 Business Strategy Excellence (15 Players)
11.4 Ranking of Key Players Offering RCS Solutions to the Telecom Operators, 2019
12 Company Profiles (Page No. – 104)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 AT&T
12.3 Sprint
12.4 Vodafone
12.5 Deutsche Telekom
12.6 Google
12.7 Verizon
12.8 Telefonica
12.9 Orange Business
12.10 China Mobile
12.11 KDDI
12.12 Slovak Telekom
12.13 TELIT
12.14 SK Telecom
12.15 Telstra
12.16 LG U+
12.17 Celcom
12.18 Freedom Mobile
12.19 Rogers
12.20 T-Mobile
12.21 O2
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 137)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC2679
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 先進複合材料の世界市場:炭素繊維複合材、ガラス繊維複合材、アラミド繊維複合材
    当調査レポートでは、先進複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、先進複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医サービスの世界市場:動物タイプ別(畜産動物、コンパニオンアニマル)、セグメント予測
    獣医サービスの世界市場は2025年には1,420億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、食品の安全性に対する懸念の高まりやペットの養子縁組の拡大が考えられます。本調査レポートでは、獣医サービスの世界市場について調査・分析し、獣医サービスの世界市場動向、獣医サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別獣医サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 木材防腐剤の世界市場予測(~2022年):水性、オイル系、溶剤系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、木材防腐剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、木材防腐剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の末梢血管用装置市場見通し
  • フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場について調べ、フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界規模、市場動向、市場環境、紙の種類別(漂白板紙、コーティングされた未漂白クラフト紙)分析、厚さ別(240µm未満、240〜260µm、260〜280µm、280µm超)分析、包装構造タイプ別(5層、6層、7層以上)分析、最終用途別(乳製品、飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場動向 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場環境 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材のバリューチェーン分析 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場規模 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場規模:紙の種類別(漂白板紙、コーティングされた未漂白クラフト紙) ・フラットトップ …
  • 自動料金徴収システムの世界市場:用途別(バス、通行料、電車、レンタカー)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびサービス)、テクノロジープラットフォーム別(スマートカード、近距離無線通信、光学式文字認識(OCR)、その他(磁気ストリップおよびバーコード)
    当調査レポートでは、自動料金徴収システムの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別分析、コンポーネント別分析、テクノロジープラットフォーム別分析、地域別分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動料金徴収システムの世界市場:用途別(バス、通行料、電車、レンタカー) ・自動料金徴収システムの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびサービス) ・自動料金徴収システムの世界市場:テクノロジープラットフォーム別(スマートカード、近距離無線通信、光学式文字認識(OCR)、その他(磁気ストリップおよびバーコード) ・自動料金徴収システムの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • 保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別予測
    本資料は、保険業界におけるブロックチェーンの世界市場について調べ、保険業界におけるブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場概要 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場環境 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場動向 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・保険業界におけるブロックチェーンの北米市場規模・予測 ・保険業界におけるブロック …
  • 世界のナイロン12市場2016
    本調査レポートでは、世界のナイロン12市場2016について調査・分析し、ナイロン12の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のライノウイルス感染症市場2019
    本調査レポートでは、世界のライノウイルス感染症市場2019について調査・分析し、ライノウイルス感染症の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ライノウイルス感染症のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ライノウイルス感染症メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ライノウイルス感染症の市場概要 ・ライノウイルス感染症の上流・下流市場分析 ・ライノウイルス感染症のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ライノウイルス感染症のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ライノウイルス感染症のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ライノウイルス感染症のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ライノウイルス感染症の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ライノウイルス感染症の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ライノウイルス感染症の北米市 …
  • 世界の関節鏡検査カニューレ市場2016
    本調査レポートでは、世界の関節鏡検査カニューレ市場2016について調査・分析し、関節鏡検査カニューレの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーラル(口腔)ケアの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、オーラル(口腔)ケアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オーラル(口腔)ケア市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場概要 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場環境 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場動向 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場規模 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:業界構造分析 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーラル(口腔)ケアの北米市場規模・予測 ・オーラル(口腔)ケアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オーラル(口腔)ケアのアジア太平洋市場規模・予測 ・オーラル(口腔)ケアの主要国分析 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:意思決定フレームワーク ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:成長要因、課題 ・オーラル(口腔)ケアの世界 …
  • 中国のL‐システイン及びL‐システイン塩酸塩市場2015
    本調査レポートでは、中国のL‐システイン及びL‐システイン塩酸塩市場2015について調査・分析し、L‐システイン及びL‐システイン塩酸塩の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 採用管理システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、採用管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入別(オンプレミス、クラウド)分析、組織サイズ別分析、垂直産業別(小売・消費財、政府機関・公共部門、製造)分析、採用管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)のフェーズ3治 …
  • 高圧直流送電(HVDC)の世界市場:CCC(コンデンサ整流コンバータ)、VSC(電圧源コンバータ)、LCC(ライン整流コンバータ)、UHVDC
    当調査レポートでは、高圧直流送電(HVDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、プロジェクト種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場予測(~2021年):ガスクロマトグラフィー、HPLC、UPLC、NMR、マススペクトロメトリー、表面ベース質量分析、バイオインフォマティクス
    当調査レポートでは、メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、疾患別分析、地域別分析、メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カロチノイドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、カロチノイドの世界市場について調査・分析し、カロチノイドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別カロチノイドシェア、市場規模推移、市場規模予測、カロチノイド種類別分析(アスタキサンチン、ベータカロチン、カンタキサンチン、リコピン、ルテイン)、カロチノイド用途別分析(食品、飼料、製薬、化粧品)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・カロチノイドの市場概観 ・カロチノイドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・カロチノイドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・カロチノイドの世界市場規模 ・カロチノイドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・カロチノイドのアメリカ市場規模推移 ・カロチノイドのカナダ市場規模推移 ・カロチノイドのメキシコ市場規模推移 ・カロチノイドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・カロチノイドのドイツ市場規模推移 ・カロチノイドのイギリス市場規模推移 ・カロチノイドのロシア市場規模推移 ・カロチノイドのア …
  • 世界のチアメトキサム市場2015
    本調査レポートでは、世界のチアメトキサム市場2015について調査・分析し、チアメトキサムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽光発電用バックシート市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽光発電用バックシート市場2015について調査・分析し、太陽光発電用バックシートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アフェクティブ・コンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の麻酔器市場
  • 航空機用合成視野システム(SVS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用合成視野システム(SVS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用合成視野システム(SVS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トルコの自動車用プラスチック配合の世界市場分析:製品別(ABS、PP、PU、PVC、PE、PC、PA、TPE)、用途別(インストルメントパネル、ドアシステム、内装部品、外装用看板、アンダーザフード部品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、トルコの自動車用プラスチック配合の世界市場について調査・分析し、トルコの自動車用プラスチック配合の世界市場動向、トルコの自動車用プラスチック配合の世界市場規模、市場予測、セグメント別トルコの自動車用プラスチック配合市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ゲームシミュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲームシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲームシミュレーターの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カナダの心臓補助装置市場(~2021)
  • 物理セキュリティの世界市場予測(~2021年):アクセス制御、ビデオ監視、PSIM、境界侵入検知・予防、セキュリティスキャニング、画像・金属探知、火災・人命セーフティー、サービス
    当調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、産業別分析、地域別分析、物理セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリックストリーム分析の世界市場予測(~2022年):クリック経路、ウェブサイト最適化、顧客分析、かご分析、パーソナライゼーション、トラフィック解析
    当調査レポートでは、クリックストリーム分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、アプリケーション別分析、種類別分析、企業規模別分析、導入モデル別分析、クリックストリーム分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力取引の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力取引の世界市場について調べ、電力取引の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力取引の市場規模をセグメンテーション別(種類別(前日取引、日中取引)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は電力取引の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力取引の市場状況 ・電力取引の市場規模 ・電力取引の市場予測 ・電力取引の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(前日取引、日中取引) ・電力取引の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 船舶用照明の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、船舶用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、船舶別(旅客、商業、ヨット)分析、技術別(LED、蛍光、ハロゲン、キセノン)分析、用途別(ナビゲーション、ドーム、C&U、読書、ドッキング、安全、装飾)分析、種類別(機能性、装飾用)分析、船舶用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、船舶用照明の世界市場規模が2019年328百万ドルから2027年495百万ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。
  • 石油・ガスセパレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガスセパレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガスセパレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は石油・ガスセパレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ALFA LAVAL• TechnipFMC • Frames• Halliburton• Schlumberger等です。
  • 創薬の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • コンタクトレンズの世界市場
    当調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・コンタクトレンズの世界市場:デザイン別分析/市場規模 ・コンタクトレンズの世界市場:使用別分析/市場規模 ・コンタクトレンズの世界市場:製品別分析/市場規模 ・コンタクトレンズの世界市場:地域別分析/市場規模 ・コンタクトレンズのアメリカ市場規模予測 ・コンタクトレンズのヨーロッパ市場規模予測 ・コンタクトレンズのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ボイラー制御の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボイラー制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ボイラータイプ別(水管ボイラー、煙管ボイラー)分析、制御タイプ別(調節制御、オン・オフ制御)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(工業、商業)分析、ボイラー制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歩行型トラクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歩行型トラクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩行型トラクターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の不眠症治療市場予測(~2021):非薬理学的療法別(認知行動療法、催眠療法)、処方せん睡眠薬別(ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピン(ザレプロン)、オレキシン遮断薬,)、一般用治療別(抗ヒスタミン剤、メラトニン、ワレリアナ根))
  • 腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の概要 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 中国のラクツロース市場2015
    本調査レポートでは、中国のラクツロース市場2015について調査・分析し、ラクツロースの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃腸治療の世界市場:種類別(先発医薬品、ジェネリック医薬品)、投与経路別、用途別(潰瘍性大腸炎、クローン病、GERD)、流通経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、胃腸治療の世界市場について調査・分析し、胃腸治療の世界市場動向、胃腸治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別胃腸治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジア太平洋の美白製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の美白製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の美白製品市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • FOWLPの世界市場:用途別、地域別予測
    本資料は、FOWLPの世界市場について調べ、FOWLPの世界規模、市場動向、市場環境、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・FOWLPの世界市場概要 ・FOWLPの世界市場環境 ・FOWLPの世界市場動向 ・FOWLPの世界市場規模 ・FOWLPの世界市場規模:用途別 ・FOWLPの世界市場:地域別市場規模・分析 ・FOWLPの北米市場規模・予測 ・FOWLPのアメリカ市場規模・予測 ・FOWLPのヨーロッパ市場規模・予測 ・FOWLPのアジア市場規模・予測 ・FOWLPの日本市場規模・予測 ・FOWLPの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 遠隔医療の世界市場分析:製品別(ハードウェア、接続性、ネットワーク)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、遠隔医療の世界市場について調査・分析し、遠隔医療の世界市場動向、遠隔医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別遠隔医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パイプ塗装の世界市場:熱可塑性プラスチックコーティング、金属コーティング、融着エポキシ樹脂コーティング、コンクリート重量コーティング
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防火装置の世界市場予測(~2022年):センサー、火災感知器、RFID、スプリンクラー設備、消火器
    当調査レポートでは、防火装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、防火装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器リーダーシリーズ:薬剤充填済み注入器トップメーカー2016-2026
    当調査レポートは以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 薬剤充填済み注入器の概要 3. プレフィルドシリンジ製造市場における主要企業 4. 薬剤充填済み注入器部品製造市場における主要企業 5. ペン型注入器・自動注入器製造市場における主要企業 6. 薬剤充填済み注入器受託製造市場における主要企業 7. 調査インタビュー 8. 結論
  • マウスウォッシュ(洗口液)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界の溶解パルプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の溶解パルプ市場2016について調査・分析し、溶解パルプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 路面標識用塗料の世界市場:製品別(塗料、溶融式路面標示材、予備成形ポリマーテープ、エポキシ樹脂)、地域別(アジア太平洋、北米、欧州、MEA)
    本調査レポートでは、路面標識用塗料の世界市場について調査・分析し、路面標識用塗料の世界市場動向、路面標識用塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別路面標識用塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍用インフラ及び物流サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用インフラ及び物流サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用インフラ及び物流サービスの世界市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アンビエント照明の世界市場予測(~2023年):表面実装型ライト、ストリップライト、トラックライト、ダウンライト、空中浮遊ライト
    当調査レポートでは、アンビエント照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、提供商品別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、アンビエント照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バッグインボックス型容器の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:用途別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:受注別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:材料別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"