"RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC2679)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing number of advertising and marketing companies to drive the rich communication services market growthThe global RCS market size is projected to grow from USD 4.5 billion in 2019 to USD 10.6 billion by 2024, at a CAGR of 18.9% during 2019–2024. Major growth factors for the market include Increasing investments on digital marketing across the verticals

By application, advertising campaign segment to account for a higher market share during the forecast period
Advertising campaigns via digital marketing is the prominent approach adopted by enterprises to attract customers. Sharing rich media contents have enabled end-users to engage significantly with the enterprises to take benefits of the services. Advertising campaigns may vary from vertical to vertical; for instance, media and entertainment vertical would share advertisings, teasers, or some trailers of upcoming shows. Likewise, BFSI vertical would share interactive media content to advertise funds and policies. Advertising campaigns are mainly followed through SMS protocol and are expected to be significantly offloaded on RCS protocol to enable enhanced messaging service through an interactive platform.

By end-user, enterprises segment to hold a larger market size during the forecast period
By end-users global rich communication services market is segregated into enterprises and consumers. The enterprises throughout verticals are expected to have a significant dependency on SMS for digital marketing. Deployment of RCS messaging platforms to share media-rich content amongst the end-users is expected to bring growing instances of customer engagements. Apart from digital marketing, RCS can be widely deployed by enterprises to share the relevant information to their customers, which would include tickets, passes, policy details, wealth performance stats, logistics details, product information, service reminders, and others.

Among regions, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC is expected to have the highest growth rate in the RCS market among all areas. The high rate of adoption of digital technologies, especially in countries, such as Australia, India, Japan, China, and Singapore, has made APAC a lucrative market in the IT industry. The growing development in these countries is expected to provide several new opportunities in the APAC RCS market. The growth driver for RCS in this region is increasing population, rising smartphone connections, increasing the mobile payments, growing the retail industry, and the use of advanced SMS systems for marketing and customer relationship management. Many mobile engagement and communications providers in this region have partnered with various telecom operators to provide rich, personalized multimedia content to their customers. For instance, Karix Mobile had partnered with Google and Reliance Jio Infocomm to support RCS. With RCS, the company helps its clients in providing a more in-depth and richer engagement experience.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-Level – 40%, Director Level – 35%, Managers–15%, and others- 10%
• By Region: North America – 45%, Europe – 30%, APAC – 15%, and RoW – 10%
The following key rich communication services vendors are profiled in the report:
• Google (US),
• China Mobile Limited (Spain),
• AT&T Inc. (US),
• Sprint Corporation (US)
• Deutsche Telekom AG (Germany)
• Vodafone Group plc (UK)
• Verizon (US)
• Telefonica (US)
• Orange Business (US)
• KDDI (Japan)
• Slovak Telekom (Slovakia)
• TELIT (Italy)
• SK Telecom (South Korea)
• Telstra (Australia)
• LG U+ (South Korea)
• Celcom (Malaysia)
• Freedom Mobile (Canada)
• Rogers (Canada)
• T-Mobile (US), O2 (UK).

Research Coverage
The rich communication services market is segmented by application (advertising campaign, content delivery, and integrated solutions), end-user (consumers and enterprises), enterprise size, enterprise vertical, and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews, services; key strategies; new service and product launches, partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the rich communication services market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the rich communication services market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities in the market.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes a competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Inclusions and Exclusions
1.4 Market Scope
1.4.1 Market Segmentation
1.4.2 Regions Covered
1.5 Years Considered for the Study
1.6 Currency Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Global RCS Market Size Estimation Methodology and Key Assumptions
2.3.1 Method 1: Based on the Companies’ Revenue Generation From A2p Messaging Service for Digital Marketing and Advertising (Top-Down Approach)
2.3.2 Method 2: Vertical-Level, Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Rich Communication Services Market
4.2 Market By Application, 2019
4.3 North America: Market By Enterprise Size and End User, 2019
4.4 Asia Pacific: Market By Enterprise Size and End User, 2019
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Number of Advertising and Marketing Companies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Capability to Offer End-To-End Encryption
5.2.2.2 Lack of Interoperability Between Oems and Carrier Networks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Strict Regulations for Ott Messaging Services to Boost the Adoption of RCS
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulty to Cope With Ott Service Providers
5.2.4.2 Lower User Base Due to Proliferation of Messaging APPs
5.3 Use Cases
5.4 Enabling Technologies
5.4.1 Artificial Intelligence
5.4.2 Internet of Things
6 Rich Communication Services Market Analysis, By Application (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Advertising Campaign
6.2.1 Strong Marketing Activities on Digital Platforms to Boost RCS Adoption for Advertising Campaigns
6.3 Content Delivery
6.3.1 Growing Influence of Social Media Across Multitudes to Support Growth for Content Delivery
6.4 Integrated Solutions
6.4.1 Ease of Multichannel Communication Across the Globe to be the Major Market Driver for Integrated Solutions
6.5 Others
7 Rich Communication Services Market Analysis, By End User (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Consumers
7.2.1 Growing Internet Penetration and Consequent Demand for Rich Media Delivery Platforms Within P2p to Support the Favorable Growth of RCS Among Consumers
7.3 Enterprises
7.3.1 Growing Proliferation of Digital Content Delivery Through A2p Messaging Services to Support Adoption Among Enterprises
8 Rich Communication Services Market Analysis, By Enterprise Size (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises to be Significant Revenue Contributors for Rich Communication Service Vendors in the Near Future
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Easy Availability of Resources and Funds to Drive the Adoption of RCS Among Large Enterprises
9 Rich Communication Services Market Analysis, By Enterprise Vertical (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 Authentications, Service Reminders, Policy Deliveries, and Other use Cases for Customer Engagement to Support Strong Adoption of RCS
9.3 Telecom and IT
9.3.1 Growing Number of Telecom Users and Increasing Number of It-Enabled Survivors to Drive the Market Growth in Telecom and IT Industry
9.4 Media and Entertainment
9.4.1 Rising Proliferation of Ott Media Players to Support the RCS Market Growth in Media and Entertainment Industry
9.5 Tourism and Logistics
9.5.1 Ticketing, Real-Time Location Status, and Delivery Updates are Some of the Prominent use Cases to Support RCS Adoption in Tourism and Logistics Industry
9.6 Retail and Ecommerce
9.6.1 Digital Marketing Pertaining to Consumer Goods and Online Platforms to Support the RCS Deployment in Retail and Ecommerce Industry
9.7 Healthcare
9.7.1 Real-Time Decision-Making for Patient Engagement Solutions to Drive the Need for RCS in Healthcare Industry
9.8 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Increasing Number of Mobile Users and RCS-Enabled Devices to Drive the RCS Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increasing Number of RCS Users on Mnos’ Network to Boost the RCS Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Increasing Number of Partnerships to Propel the RCS Market in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Increasing Number of Mergers and Acquisitions By Market Players to Propel the RCS Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Need for Enhancing Customer Experience to Drive the RCS Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 High Investments Mnos in Their Networks for Excellent Services to Boost the RCS Market in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Increasing Number of Service Launches and Partnerships to Drive the Growth of the RCS Market in Japan
10.4.3 South Korea
10.4.3.1 Rising Need to Compete With the Ott Players to Boost the RCS Market in South Korea
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Mexico
10.5.1.1 Increasing It Investments and the Presence of Leading Players to Drive the Growth of the RCS Market in Mexico
10.5.2 Brazil
10.5.2.1 Need to Combat the Ott Threat to Drive the Adoption of RCS in Brazil
10.5.3 Rest of Latin America
10.6 Middle East and Africa
10.6.1 Middle East
10.6.1.1 High Penetration Rate of Smartphones to Boost the RCS Market in the Middle East
10.6.2 Africa
10.6.2.1 Growing Demand By Marketers and Brands to Access RCS to Enhance Customer Experience in Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 99)
11.1 Competitive Leadership Mapping of RCS Solution Vendors Offering to Telecom Operators
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
11.2 Strength of Product Portfolio (15 Players)
11.3 Business Strategy Excellence (15 Players)
11.4 Ranking of Key Players Offering RCS Solutions to the Telecom Operators, 2019
12 Company Profiles (Page No. – 104)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 AT&T
12.3 Sprint
12.4 Vodafone
12.5 Deutsche Telekom
12.6 Google
12.7 Verizon
12.8 Telefonica
12.9 Orange Business
12.10 China Mobile
12.11 KDDI
12.12 Slovak Telekom
12.13 TELIT
12.14 SK Telecom
12.15 Telstra
12.16 LG U+
12.17 Celcom
12.18 Freedom Mobile
12.19 Rogers
12.20 T-Mobile
12.21 O2
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 137)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC2679
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ナノセンサの世界市場
    当調査レポートでは、ナノセンサの世界市場について調査・分析し、ナノセンサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、船舶仲立人(シップブローカー)市場規模、用途別(バルク、タンカー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場概要 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場環境 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場動向 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場規模 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場:業界構造分析 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場:用途別(バルク、タンカー、その他) ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・船舶仲立人(シップブローカー)のアメリカ市場規模・予測 ・船舶仲立人(シップブローカー)のヨーロッパ市場規模・予測 ・船舶仲立人(シップブローカー)のアジア市場規模・予測 ・船舶仲立人(シップブローカー)の主要国分析 ・船舶仲立人(シップブロ …
  • 世界のコアドリル市場2016
    本調査レポートでは、世界のコアドリル市場2016について調査・分析し、コアドリルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエンドポイントセキュリティ市場:ソリューション別(エンドポイント保護プラットフォーム及びエンドポイント検出&応答)、サービス別、展開モード別、組織規模別、業種別(ヘルスケア、小売およびeコマース、政府)、地域別
    MarketsandMarkets社は、エンドポイントセキュリティの世界市場規模が2019年128億ドルから2024年184億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当資料では、世界のエンドポイントセキュリティ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、実施ポイント別(ワークステーション、モバイルデバイス、サーバー、POS端末、その他)分析、ソリューション別(エンドポイント保護プラットフォーム、エンドポイント検出&応答)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(SME、大企業)分析、業種別(BFSI、通信&IT、政府&防衛、ヘルスケア&ライフサイエンス、製造、小売&eコマース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のエンドポイントセキュリティ市場:実施ポイント別(ワークステーション、モバイルデバイス、サーバー、POS端末、その他) ・世界のエンドポイン …
  • 自動車用ラップフィルムの世界市場:用途別(大型車、中型車、小型車)、地域別(中南米、APAC、MEA、北米、欧州)
    本調査レポートでは、自動車用ラップフィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用ラップフィルムの世界市場動向、自動車用ラップフィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ラップフィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロセス自動化・計器装備のアジア市場
    本調査レポートでは、プロセス自動化・計器装備のアジア市場について調査・分析し、プロセス自動化・計器装備のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ボディーアーマーの世界市場
    当調査レポートでは、ボディーアーマーの世界市場について調査・分析し、ボディーアーマーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 東南アジアの生命保険市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアの生命保険市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアの生命保険市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)HIV検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, BD, bioMérieux, Danaher, F. Hoffmann-La Rocheなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の北米市場規模・予測 ・ポイントオブ …
  • アンチエイジング製品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アンチエイジング製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アンチエイジング製品市場規模、製品別(スキンケア、ヘアケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アンチエイジング製品の世界市場概要 ・アンチエイジング製品の世界市場環境 ・アンチエイジング製品の世界市場動向 ・アンチエイジング製品の世界市場規模 ・アンチエイジング製品の世界市場:業界構造分析 ・アンチエイジング製品の世界市場:製品別(スキンケア、ヘアケア、その他) ・アンチエイジング製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アンチエイジング製品の北米市場規模・予測 ・アンチエイジング製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アンチエイジング製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・アンチエイジング製品の主要国分析 ・アンチエイジング製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・アンチエイジング製品の世界市場:成長要因、課題 ・アンチエイジング製品の …
  • クラフト紙の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、クラフト紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、グレード別(漂白、未漂白、ラッピング&パッキング、袋用クラフト紙)分析、パッケージングフォーム別(ラップ、ポーチ、食料品および工業用バッグ、段ボール箱、封筒)分析、用途別分析、クラフト紙の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラフト紙の世界市場規模が2019年156億ドルから2025年187億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • クラスター弾の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラスター弾の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラスター弾の世界市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の聴覚補助装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、聴覚補助装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・聴覚補助装置の概要 ・聴覚補助装置の開発動向:開発段階別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:セグメント別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:領域別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:規制Path別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別聴覚補助装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・聴覚補助装置の最近動向
  • スポーツ装備・衣類のヨーロッパ市場
  • 患者保温機器の世界市場
    当調査レポートでは、患者保温機器の世界市場について調査・分析し、患者保温機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 陰イオン界面活性剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、陰イオン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、陰イオン界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボンディングフィルムの世界市場予測(~2022年):エポキシ、アクリル、ポリウレタン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボンディングフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、ボンディングフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の芝生用スプリンクラー装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の芝生用スプリンクラー装置市場2015について調査・分析し、芝生用スプリンクラー装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IQF冷凍野菜の世界市場:野菜の種類別、用途別(食品、飲料、濃縮物)、地域別予測
    本資料は、IQF冷凍野菜の世界市場について調べ、IQF冷凍野菜の世界規模、市場動向、市場環境、野菜の種類別分析、用途別(食品、飲料、濃縮物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはB & G Food Holdings Corp、Capricorn Food Products India Ltd、 ConAgra Foods, Inc、 Dole Food Co.、 Greenyard NV、 J.R. Simplot Co.、 Kerry Group Plc.、. Pinnacle Foods, Inc.、. SunOpta Inc.、 Uren Food Group Limitedなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IQF冷凍野菜の世界市場概要 ・IQF冷凍野菜の世界市場環境 ・IQF冷凍野菜の世界市場動向 ・IQF冷凍野菜の世界市場規模 ・IQF冷凍野菜の世界市場規模:野菜の種類別 ・IQF冷凍野菜の世界市場規模:用途別(食品、飲料、濃縮物 …
  • 癌免疫療法の世界市場:製品別(腫瘍溶解性ウイルス療法・癌ワクチン、モノクローナル抗体、免疫調節剤)、癌種類別(乳房、肺)、セグメント予測
    本調査レポートでは、癌免疫療法の世界市場について調査・分析し、癌免疫療法の世界市場動向、癌免疫療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別癌免疫療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の防護服市場2015
    本調査レポートでは、中国の防護服市場2015について調査・分析し、防護服の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビタミン成分の世界市場:ビタミンB、ビタミンK、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンA
    当調査レポートでは、ビタミン成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビタミン成分の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場分析:用途別(注射、テキスタイル、フィルム)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場動向、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリプロピレン(PP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヒートポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒートポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気ヒューズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気ヒューズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチクラウド管理の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マルチクラウド管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、サービス種類別分析、導入形態別分析、地域別分析、マルチクラウド管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LIDAR技術の北米市場
    本調査レポートでは、LIDAR技術の北米市場について調査・分析し、LIDAR技術の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • チタン粉末の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チタン粉末の世界市場について調査・分析し、チタン粉末の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チタン粉末シェア、市場規模推移、市場規模予測、チタン粉末種類別分析(高純度チタン粉末(CPTP)、合金チタン粉末 (ATP))、チタン粉末用途別分析(航空宇宙、自動車、石油化学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チタン粉末の市場概観 ・チタン粉末のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チタン粉末のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チタン粉末の世界市場規模 ・チタン粉末の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チタン粉末のアメリカ市場規模推移 ・チタン粉末のカナダ市場規模推移 ・チタン粉末のメキシコ市場規模推移 ・チタン粉末のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・チタン粉末のドイツ市場規模推移 ・チタン粉末のイギリス市場規模推移 ・チタン粉末のロシア市場規模推移 ・チタン粉末のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • 自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界市場について調べ、自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場規模をセグメンテーション別(用途別(乗用車、軽商用車、中型及び大型商用車)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場状況 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場規模 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場予測 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別 …
  • 除草剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、作物別分析、動作方式別分析、地域別分析、除草剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • セラミック膜の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セラミック膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミック膜の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセラミック膜の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• atech Innovations• Danaher• Hyflux Membranes• TAMI Industries• Veolia等です。
  • ガラスマットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガラスマットの世界市場について調査・分析し、ガラスマットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガラスマットシェア、市場規模推移、市場規模予測、ガラスマット種類別分析(チョップドストランドマット、連続フィラメントマット)、ガラスマット用途別分析(建設業・インフラ産業、自動車産業、工業・化学産業、造船業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ガラスマットの市場概観 ・ガラスマットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ガラスマットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ガラスマットの世界市場規模 ・ガラスマットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ガラスマットのアメリカ市場規模推移 ・ガラスマットのカナダ市場規模推移 ・ガラスマットのメキシコ市場規模推移 ・ガラスマットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ガラスマットのドイツ市場規模推移 ・ガラスマットのイギリス市場規模推移 ・ガラスマットのロシア市場規模推移 ・ガラ …
  • 自走式フォーレージハーベスタの世界市場:油圧アクチュエータ、電子アクチュエーター
    当調査レポートでは、自走式フォーレージハーベスタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自走式フォーレージハーベスタ市場規模、製品別(油圧アクチュエータ、電子アクチュエーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CLAAS, CNH Industrial, Deere & Company, Maschinenfabrik Bernard KRONE, Rostselmashなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場概要 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場環境 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場動向 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場規模 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場:業界構造分析 ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場:製品別(油圧アクチュエータ、電子アクチュエーター) ・自走式フォーレージハーベスタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自走式フォーレージハーベスタの北米市場 …
  • 紙・板紙包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、紙・板紙包装の世界市場について調査・分析し、紙・板紙包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 紙・板紙包装の世界市場:市場動向分析 - 紙・板紙包装の世界市場:競争要因分析 - 紙・板紙包装の世界市場:グレード別 ・漂白硫酸塩ボード(SBS) ・裏白チップボール(WLC) ・コート無漂白クラフトボール ・厚紙(FBB) ・グラシン・耐油紙 ・ラベル用紙 ・その他 - 紙・板紙包装の世界市場:種類別 ・段ボール箱 ・フレキシブル包装紙 ・ボール紙 - 紙・板紙包装の世界市場:用途別 ・食品 ・飲料 ・パーソナル・ホームケア ・医療 ・その他 - 紙・板紙包装の世界市場:主要地域別分析 - 紙・板紙包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 紙・板紙包装のヨーロッパ市場規模 - 紙・板紙包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・紙・板紙包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ポリマー充填剤の世界市場:酸化物、水酸化物、塩類、ケイ酸塩、金属
    当調査レポートでは、ポリマー充填剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 貴金属の世界市場2017-2021:金、銀、白金、パラジウム
    当調査レポートでは、貴金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、貴金属の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ハンドヘルド型手術器具の世界市場:製品別(鉗子、開創器、拡張器、把持器、メス、その他)、用途別(病院、診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、ハンドヘルド型手術器具の世界市場について調べ、ハンドヘルド型手術器具の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(鉗子、開創器、拡張器、把持器、メス、その他)分析、用途別(病院、診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはZimmer Biomet、Braun、BD、Integra Life Sciences、Smith & Nephew、Medtronic、Cooper Surgical、Johnson & Johnson、Thompson Surgical、Aspen Surgicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ハンドヘルド型手術器具の世界市場概要 ・ハンドヘルド型手術器具の世界市場環境 ・ハンドヘルド型手術器具の世界市場動向 ・ハンドヘルド型手術器具の世界市場規模 ・ハンドヘルド型手術器具の世界市場規模:製品別(鉗子、開創器、拡張器、把持器、メス、その他) ・ハンドヘルド型手術器具の世界市場規模:用途別(病院、診療所 …
  • バイオポリマーフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオポリマーフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオポリマーフィルム市場規模、用途別(飲食料品、医療・ヘルスケア、家庭用・パーソナルケア、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオポリマーフィルムの世界市場概要 ・バイオポリマーフィルムの世界市場環境 ・バイオポリマーフィルムの世界市場動向 ・バイオポリマーフィルムの世界市場規模 ・バイオポリマーフィルムの世界市場:業界構造分析 ・バイオポリマーフィルムの世界市場:用途別(飲食料品、医療・ヘルスケア、家庭用・パーソナルケア、農業) ・バイオポリマーフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオポリマーフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・バイオポリマーフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオポリマーフィルムのアジア市場規模・予測 ・バイオポリマーフィルムの主要国分析 ・バイオポリマーフィルムの世界市場:意思決定フレームワーク ・バ …
  • 世界の風力タービン運用&保守市場:市場規模、動向、主要国分析
  • 世界のウェアラブルカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブルカメラ市場2015について調査・分析し、ウェアラブルカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動アシスト自転車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電動アシスト自転車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動アシスト自転車市場規模、製品種類別(従来型、S型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動アシスト自転車の世界市場概要 ・電動アシスト自転車の世界市場環境 ・電動アシスト自転車の世界市場動向 ・電動アシスト自転車の世界市場規模 ・電動アシスト自転車の世界市場:業界構造分析 ・電動アシスト自転車の世界市場:製品種類別(従来型、S型) ・電動アシスト自転車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電動アシスト自転車のアメリカ市場規模・予測 ・電動アシスト自転車のヨーロッパ市場規模・予測 ・電動アシスト自転車のアジア市場規模・予測 ・電動アシスト自転車の主要国分析 ・電動アシスト自転車の世界市場:意思決定フレームワーク ・電動アシスト自転車の世界市場:成長要因、課題 ・電動アシスト自転車の世界市場:競争環境 ・電動アシスト自転車の世界市場:関連企業情報(ベン …
  • 牛乳パッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、牛乳パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、牛乳パッケージングの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィルタープレスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フィルタープレスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィルタープレスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフィルタープレスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ANDRITZ, • Evoqua Water Technologies,• FLSmidth, • MICRONICS, • M.W. Watermark等です。
  • イギリスのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • スクアレンエポキシ化阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクアレンエポキシ化阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクアレンエポキシ化阻害剤の概要 ・スクアレンエポキシ化阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクアレンエポキシ化阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクアレンエポキシ化阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクアレンエポキシ化阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スーパーフードベースパッケージスナック菓子の世界市場2020-2024
    「スーパーフードベースパッケージスナック菓子の世界市場2020-2024」は、スーパーフードベースパッケージスナック菓子について市場概要、市場規模、製品別(ナッツ&種、食用海藻、スーパーフルーツ、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スーパーフードベースパッケージスナック菓子の世界市場:製品別(ナッツ&種、食用海藻、スーパーフルーツ、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • EV充電アダプターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EV充電アダプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EV充電アダプターの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱交換器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱交換器市場規模、製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器)分析、最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱交換器の世界市場概要 ・熱交換器の世界市場環境 ・熱交換器の世界市場動向 ・熱交換器の世界市場規模 ・熱交換器の世界市場:業界構造分析 ・熱交換器の世界市場:製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器) ・熱交換器の世界市場:最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他) ・熱交換器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱交換器のアメリカ市場規模・予測 ・熱交換器のヨーロッパ市場規模・予測 ・熱交換器のアジア市場規模・予測 ・熱交換器の主要国分析 ・熱交換器の世界市場:意思決定フ …
  • 自動車用部品パッケージングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用部品パッケージングの世界市場規模が2017年13.7億ドルから2026年22.8億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用部品パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用部品パッケージング市場規模、製品別(トレイ、パレット、折りたたみカートン、木枠、段ボール箱)分析、パッケージ種類別(使い捨て、再利用可能)分析、コンポネント種類別(アンダーボディコンポーネント、照明部品、エンジン部品、電気部品、冷却システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用部品パッケージングの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用部品パッケージングの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用部品パッケージングの世界市場:製品別(トレイ、パレット、折りたたみカートン、木枠、段ボール箱) ・ 自動車用部品パッケージングの世界市場:パッケージ種類別(使い捨て、再利用可能) …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"