"MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC7429)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Provision of demographic-related customer services and profit maximization opportunity for both MNOs AND MVNOs to drive the MNVO marketThe MVNO market size is projected to grow from USD 64.0 billion in 2019 to USD 89.0 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 6.8% during the forecast period. The major factors driving the growth of the MVNO market include provision of demographic-related customer services and profit maximization opportunity for both MNOs AND MVNOs. The primary factor expected to hinder the growth of the MNVO is MNOs giving low priority to MNVO customers.

Service operator segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The service operator segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Within the service operator model, MVNOs have more control over customer-facing elements, which enable the model to integrate with its services and systems in a better way. The service operator nos have their own infrastructure which allows them to have complete control over their business and service offerings. The degree of control and flexibility an MVNO has will depend on which operating elements it controls. However, under this model, host operators may impose some restrictions on what MVNOs can do in the retail environment. The service operator is one of the most popular models for new entrants. It enables MVNOs to start with a select set of operating elements and build their operations over a while

Consumer segment to lead the MNVO market in 2019
The consumer segment is projected to lead the MNVO market from 2019 to 2024. MVNO is a consumer-driven market, with more than 80% of the market covered by vendors who are consumer-based. Consumer is projected to be the dominant segment during the forecast period, due to the availability of MVNOs who provide customer-centric offerings, such as affordable data and voice plans and latest technologies. Currently, MVNOs are attracting more customers due to higher brand loyalty as compared to new mobile entrants. The differentiated services offered by consumer-based vendors have driven the growth of the MVNO market.

SMEs segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The SMEs segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The MNVOs generally targets SMEs, as large corporates are served more robustly by MNOs who have control over their networks and more reputability. This business model offers more bespoke services, such as security, roaming, and tracking, to SMEs in a shorter timeframe.

Asia Pacific (APAC) MNVO market to grow at the highest CAGR during the forecast period
The Asia Pacific (APAC) MNVO market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The APAC has always been an emerging region for the telecom industry. With a diversified geographic area and a high customer base, the region creates huge opportunities for MVNOs. As per the International Telecommunication Union (ITU), APAC has emerged as the largest marketplace for the telecom industry across the globe. China and India are the world’s largest marketplaces for the telecom industry in terms of network infrastructure capacity and end-user subscribers. In terms of mobile subscribers base, the region holds the most number of consumers as compared to the other areas and remains one of the fastest-growing markets by 2024 and beyond. The area encompasses developed economies and developing economies, such as Australia, Singapore, China, India, New Zealand, and South Korea. In APAC, the organizations are rapidly adopting MVNOs for managing their network connectivity, IT services, data center, ISP, and unified communication. The advent of technologies, such as IoT and M2M, has been impacting the MVNO market. In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the MNVO market.
• By Company Type: Tier 1 – 62%, Tier 2 – 23%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C-level – 38%, Directors – 30%, and Others – 32%
• By Region: North America – 40%, Europe – 15%, APAC – 35%, MEA – 5%, and Latin America– 5%
Major vendors of include Virgin Media Business (UK), DataXoom(US), Lebara(UK), KDDI(Japan), Asahi Net(Japan), Virgin Mobile USA(US), TracFone Wireless(US), Boost Mobile(Australia), Lycamobile(UK), Tesco Mobile(UK), PosteMobile(Italy), Airvoice Wireless(US), Asda Mobile(UK), Giffgaff(UK), Kajeet(US), Voiceworks(Netherlands), Ting(US), Red Pocket Mobile(US) and Consumer Cellular(US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the MNVO market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on by operational models (reseller, service operator, Full MVNO), subscribers (consumer and enterprise), and organization size (SMEs and large enterprise) and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall MNVO market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Break-Up and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the MVNO Market
4.2 Asia Pacific Market By Subscriber and Country
4.3 MVNO Market: Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Provision of Demographic-Related Customer Services
5.2.1.2 Profit Maximization Opportunity for Both Mnos and MVNOs
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Mnos Giving Low Priority to MVNO Customers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Adoption of Iot, M2m, and Byod By MVNOs to Attract New Customers
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Fragmented Nature of the Market
5.2.4.2 Stringent Government Rules and Regulations for Mnos and MVNOs
5.3 Regulatory Landscape
5.3.1 Federal Communications Commission
5.3.2 Office of Communications
5.3.3 Ministry of Industry and Information Technology
5.3.4 Telecommunications Regulatory Authority
5.3.5 Federal Telecommunications Institute
6 MVNO Market, By Operational Model (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Reseller
6.2.1 Reseller: Market Drivers
6.3 Service Operator
6.3.1 Service Operator: Market Drivers
6.4 Full MVNO
6.4.1 Full MVNO: Market Drivers
7 MVNO Market By Subscriber (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Consumer
7.2.1 Consumer: Market Drivers
7.3 Enterprise
7.3.1 Enterprise: Market Drivers
8 MVNO Market By Business Model (Page No. – 45)
8.1 Introduction
8.2 Discount
8.3 Specialist Data
8.4 Ethnic
8.5 Business
8.6 International/ Roaming
8.7 Youth/ Media
8.8 Bundled
8.9 Others
9 MVNO Market, By Organization Size (Page No. – 47)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Market Drivers
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Large Enterprises: Market Drivers
10 MVNO Market, By Region (Page No. – 51)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Demand for Flexible Data Packs and Affordable Mobile Services to Drive the Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Rising Adoption of the Innovative Delivery Method to Drive the Growth of Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Multiple Applications of MVNOs in IoT and M2M to Drive the Growth of MVNO Market in Germany
10.3.2 United Kingdom
10.3.2.1 Mnos Creating MVNOs to Cater to New Customer Base
10.3.3 France
10.3.3.1 Support From Government and Demand for Wi-Fi Services to Drive the Growth of Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Demand for Wi-Fi and an Affordable Internet Connection to Drive the Growth of Market in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Technological Advancements and Developed Economy to Drive the Growth of Market in Japan
10.4.3 Australia and New Zealand
10.4.3.1 Service Differentiation By MVNOs to Drive the Growth of MVNO Market in Anz
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East
10.5.1.1 Price-Sensitive Strategy to Drive the Growth of Market in the Middle East
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Business Transformations and Supportive Policies to Gainmarket Traction
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Increasing Adoption of Internet Connectivity By Enterprises to Drive the Growth of Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Wireless Internet Connectivity Initiatives to Fuel the Growth of Market in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 90)
11.1 Overview
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Partnerships
11.2.2 New Service Launches and Service Enhancements
12 Company Profiles (Page No. – 94)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2 Virgin Media Business (UK)
12.3 Dataxoom
12.4 Lebara
12.5 KDDI
12.6 Asahi Net
12.7 Virgin Mobile USA
12.8 Tracfone Wireless
12.9 Friendi Mobile
12.10 Boost Mobile
12.11 Lycamobile
* Business Overview, Solutions/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.12 Tesco Mobile
12.13 PosteMobile
12.14 Airvoice Wireless
12.15 Asda Mobile
12.16 Giffgaff
12.17 Kajeet
12.18 Voiceworks
12.19 Ting
12.20 Red Pocket Mobile
12.21 Consumer Cellular
13 Appendix (Page No. – 115)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customization
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC7429
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 眼底カメラの世界市場:無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ
    当調査レポートでは、眼底カメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼底カメラ市場規模、製品別(無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ)分析、エンドユーザー別(眼科クリニック、病院、ASC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canon, Carl Zeiss Meditec, Kowa Optimed, NIDEK, OPTOMED OY, TOPCONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・眼底カメラの世界市場概要 ・眼底カメラの世界市場環境 ・眼底カメラの世界市場動向 ・眼底カメラの世界市場規模 ・眼底カメラの世界市場:業界構造分析 ・眼底カメラの世界市場:製品別(無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ) ・眼底カメラの世界市場:エンドユーザー別(眼科クリニック、病院、ASC) ・眼底カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼底カメラの北米市場規模・予測 ・眼底カメラのヨーロッパ・中東・アフ …
  • 肥料添加物の世界市場:製品別(尿素、硝酸アンモニウム)、機能別(防塵剤、凝固剤)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、肥料添加物の世界市場について調査・分析し、肥料添加物の世界市場動向、肥料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別肥料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ダイエットサプリメントの世界市場分析:植物、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素
    本調査レポートでは、ダイエットサプリメントの世界市場について調査・分析し、ダイエットサプリメントの世界市場動向、ダイエットサプリメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別ダイエットサプリメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気自動車レンタルの世界市場:種類別(短期レンタル、中長期レンタル)、用途別(高級車、エコノミーカー)、地域別予測
    本資料は、電気自動車レンタルの世界市場について調べ、電気自動車レンタルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(短期レンタル、中長期レンタル)分析、用途別(高級車、エコノミーカー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAvis Budget Group、 Enterprise Holdings、 Europcar Group、Hertz、Sixt、Bluelndy、Drive Electric、Drive Electric Orlando、Easirent、Green Motion、Wattacars、Zoomcar、Drive Nowなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電気自動車レンタルの世界市場概要 ・電気自動車レンタルの世界市場環境 ・電気自動車レンタルの世界市場動向 ・電気自動車レンタルの世界市場規模 ・電気自動車レンタルの世界市場規模:種類別(短期レンタル、中長期レンタル) ・電気自動車レンタルの世界市場規模:用途別(高級車、エコノミー …
  • 半導体のベトナム市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体のベトナム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体のベトナム市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体のベトナム市場が2017-2021年期間中に年平均19.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Hitachi• Intel• Saigon Semiconductor Technology• STMicroelectronics等です。
  • PCB・MCM向け電子設計自動化(EDA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PCB・MCM向け電子設計自動化(EDA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PCB・MCM向け電子設計自動化(EDA)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の衛生陶器市場2015
    本調査レポートでは、世界の衛生陶器市場2015について調査・分析し、衛生陶器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用照明の世界市場分析:技術別(ハロゲン、キセノン、LED)、用途別(フロント/ヘッドランプ、後部、側面、車内)、セグメント予測、- 2022
    本調査レポートでは、自動車用照明の世界市場について調査・分析し、自動車用照明の世界市場動向、自動車用照明の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用照明市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アフリカの給油カード市場分析
  • 酸化セリウムナノ粒子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、酸化セリウムナノ粒子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酸化セリウムナノ粒子市場規模、形状別(粉末、分散)分析、用途別(自動車、生物医学、触媒、化学機械平坦化(CMP)、電子機器、エネルギー貯蔵、パーソナルケア・化粧品、研磨、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 酸化セリウムナノ粒子の世界市場:市場動向分析 ・ 酸化セリウムナノ粒子の世界市場:競争要因分析 ・ 酸化セリウムナノ粒子の世界市場:形状別(粉末、分散) ・ 酸化セリウムナノ粒子の世界市場:用途別(自動車、生物医学、触媒、化学機械平坦化(CMP)、電子機器、エネルギー貯蔵、パーソナルケア・化粧品、研磨、その他) ・ 酸化セリウムナノ粒子の世界市場:主要地域別分析 ・ 酸化セリウムナノ粒子の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 酸化セリウムナノ粒子のヨーロッパ市場規模 ・ 酸化セリウムナノ粒子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・酸 …
  • スペースヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スペースヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スペースヒーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 偽造防止包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、偽造防止包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016
    本調査レポートでは、世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016について調査・分析し、ストリートスィーパ(街路清掃車)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臍帯血バンクサービスの米国市場
  • 世界の渦電流センサ市場2016
    本調査レポートでは、世界の渦電流センサ市場2016について調査・分析し、渦電流センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 5-HT1Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT1Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)の概要 ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT1Bアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中東・アフリカ(MENA)の継目無銅管市場2015-2019
    当調査レポートでは、中東・アフリカ(MENA)の継目無銅管市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東・アフリカ(MENA)の継目無銅管市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エプロン給鉱機の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「エプロン給鉱機の世界市場2020-2024」は、エプロン給鉱機について市場概要、市場規模、製品別(大型エプロンフィーダー、小型エプロンフィーダー)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・エプロン給鉱機の世界市場:製品別(大型エプロンフィーダー、小型エプロンフィーダー) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の自動車用方向指示器市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用方向指示器市場2015について調査・分析し、自動車用方向指示器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ネットワーク用ハードウエアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、光ネットワーク用ハードウエアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光ネットワーク用ハードウエアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) の世界市場について調査・分析し、ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • キサンタンガムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、機能別分析、形状別分析、地域別分析、キサンタンガムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の種もみ市場2016
    本調査レポートでは、世界の種もみ市場2016について調査・分析し、種もみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、障害復旧サービス(DRaaS)市場規模、導入形態別(パブリッククラウドベース、プライベートクラウドベース、ハイブリッドクラウドベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場概要 ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場環境 ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場動向 ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場規模 ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場:業界構造分析 ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場:導入形態別(パブリッククラウドベース、プライベートクラウドベース、ハイブリッドクラウドベース) ・障害復旧サービス(DRaaS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・障害復旧サービス(DRaaS)の北米市場規模・予測 ・障害復旧サービス(DRaaS)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 世界のイソフィトール市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソフィトール市場2015について調査・分析し、イソフィトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トーニングベルトの世界市場
    当調査レポートでは、トーニングベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トーニングベルトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 消化性潰瘍(Peptic Ulcers):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)のフェーズ3治験薬の状況 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬の市場規模(販売予測) ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬剤
  • プログラマティック広告支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プログラマティック広告支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プログラマティック広告支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用アダプティブ緊急ブレーキライトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アダプティブ緊急ブレーキライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アダプティブ緊急ブレーキライトの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アプタマーの世界市場分析:核酸分子、ペプチド
    本調査レポートでは、アプタマーの世界市場について調査・分析し、アプタマーの世界市場動向、アプタマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別アプタマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生鮮魚介用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生鮮魚介用包装の世界市場について調査・分析し、生鮮魚介用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生鮮魚介用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、生鮮魚介用包装種類別分析(剛性包装、柔軟材包装)、生鮮魚介用包装用途別分析(魚、エビ、その他魚介類)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生鮮魚介用包装の市場概観 ・生鮮魚介用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生鮮魚介用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生鮮魚介用包装の世界市場規模 ・生鮮魚介用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生鮮魚介用包装のアメリカ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のカナダ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のメキシコ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生鮮魚介用包装のドイツ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のイギリス市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のロシア市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のアジア市場分析(日 …
  • DIY工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、DIY工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DIY工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺がん(Thyroid Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における甲状腺がん(Thyroid Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)の概要 ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・甲状腺がん(Thyroid Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 心臓インプラントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、心臓インプラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、心臓インプラント市場規模、製品別(心臓アシストデバイス、心臓モニタリングデバイス)分析、用途別(病院・診療所、外来外科センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・心臓インプラントの世界市場概要 ・心臓インプラントの世界市場環境 ・心臓インプラントの世界市場動向 ・心臓インプラントの世界市場規模 ・心臓インプラントの世界市場:業界構造分析 ・心臓インプラントの世界市場:製品別(心臓アシストデバイス、心臓モニタリングデバイス) ・心臓インプラントの世界市場:用途別(病院・診療所、外来外科センター) ・心臓インプラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・心臓インプラントの北米市場規模・予測 ・心臓インプラントのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・心臓インプラントのアジア太平洋市場規模・予測 ・心臓インプラントの主要国分析 ・心臓インプラントの世界市場: …
  • 電磁弁(ソレノイドバルブ)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、電磁弁(ソレノイドバルブ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器の3Dプリンティングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器の3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、材料別分析、技術別分析、製品別分析、医療機器の3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経リハビリテーション装置の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、神経リハビリテーション装置の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:イントロダクション ・神経リハビリテーション装置の世界市場:市場概観 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・神経リハビリテーション装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:用途別分析/市場規模 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:主要地域別市場分析 ・神経リハビリテーション装置の世界市場:関連企業分析
  • 世界のグルカナーゼ市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルカナーゼ市場2015について調査・分析し、グルカナーゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓律動管理(CRM)機器の世界市場2017-2021:除細動器、ペースメーカー、CRT機器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、心臓律動管理(CRM)機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓律動管理(CRM)機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は心臓律動管理(CRM)機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Boston Scientific、Medtronic等です。
  • 韓国の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 世界の食肉用接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食肉用接着剤市場2015について調査・分析し、食肉用接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用屋内天井クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用屋内天井クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用屋内天井クレーン市場規模、用途別分析、製品別(二重桁、単一桁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eilbeck Cranes, GH Crane & Components, GORBEL, KITO, Konecranes, Mazzella Companiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場概要 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場環境 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場動向 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場規模 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:業界構造分析 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:用途別 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:製品別(二重桁、単一桁) ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用屋内天井クレーンの北米市場規模・予測 ・産業用屋内天井クレーンのヨーロッパ・中東 …
  • 送電・配電(T&D)インフラの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、送電・配電(T&D)インフラの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場:送電タイプ別市場分析 ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • パーソナルアイデンティティー管理の世界市場:アクセス制御、コンテンツ管理、サービス
    当調査レポートでは、パーソナルアイデンティティー管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、サービス別分析、導入形態別分析、需要先別分析、パーソナルアイデンティティー管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食道炎(Esophagitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、食道炎(Esophagitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・食道炎(Esophagitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・食道炎(Esophagitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・食道炎(Esophagitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・食道炎(Esophagitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・食道炎(Esophagitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の食道炎(Esophagitis)治療薬剤
  • 腸腫瘍(Intestinal Tumors):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腸腫瘍(Intestinal Tumors)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腸腫瘍(Intestinal Tumors):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腸腫瘍(Intestinal Tumors)のフェーズ3治験薬の状況 ・腸腫瘍(Intestinal Tumors)治療薬の市場規模(販売予測) ・腸腫瘍(Intestinal Tumors)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腸腫瘍(Intestinal Tumors)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腸腫瘍(Intestinal Tumors)治療薬剤
  • 製品エンジニアリングサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、製品エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製品エンジニアリングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾癬治療の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、乾癬治療の世界市場について調査・分析し、乾癬治療の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・乾癬治療の世界市場規模:剤形別分析 ・乾癬治療の世界市場規模:分子別分析 ・乾癬治療の世界市場規模:作用メカニズム別分析 ・乾癬治療の世界市場規模:薬の投与ルート別分析 ・乾癬治療の世界市場規模:流通チャンネル別分析 ・乾癬治療の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 水性樹脂の世界市場予測(~2023年):アクリル、エポキシ、ポリウレタン、アルキド
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水性樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類(アクリル、エポキシ、ポリウレタン、アルキド)別分析、用途(塗料、接着剤、シーラント剤、インク)別分析、地域別分析、水性樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"