"MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC7429)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Provision of demographic-related customer services and profit maximization opportunity for both MNOs AND MVNOs to drive the MNVO marketThe MVNO market size is projected to grow from USD 64.0 billion in 2019 to USD 89.0 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 6.8% during the forecast period. The major factors driving the growth of the MVNO market include provision of demographic-related customer services and profit maximization opportunity for both MNOs AND MVNOs. The primary factor expected to hinder the growth of the MNVO is MNOs giving low priority to MNVO customers.

Service operator segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The service operator segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Within the service operator model, MVNOs have more control over customer-facing elements, which enable the model to integrate with its services and systems in a better way. The service operator nos have their own infrastructure which allows them to have complete control over their business and service offerings. The degree of control and flexibility an MVNO has will depend on which operating elements it controls. However, under this model, host operators may impose some restrictions on what MVNOs can do in the retail environment. The service operator is one of the most popular models for new entrants. It enables MVNOs to start with a select set of operating elements and build their operations over a while

Consumer segment to lead the MNVO market in 2019
The consumer segment is projected to lead the MNVO market from 2019 to 2024. MVNO is a consumer-driven market, with more than 80% of the market covered by vendors who are consumer-based. Consumer is projected to be the dominant segment during the forecast period, due to the availability of MVNOs who provide customer-centric offerings, such as affordable data and voice plans and latest technologies. Currently, MVNOs are attracting more customers due to higher brand loyalty as compared to new mobile entrants. The differentiated services offered by consumer-based vendors have driven the growth of the MVNO market.

SMEs segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The SMEs segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The MNVOs generally targets SMEs, as large corporates are served more robustly by MNOs who have control over their networks and more reputability. This business model offers more bespoke services, such as security, roaming, and tracking, to SMEs in a shorter timeframe.

Asia Pacific (APAC) MNVO market to grow at the highest CAGR during the forecast period
The Asia Pacific (APAC) MNVO market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The APAC has always been an emerging region for the telecom industry. With a diversified geographic area and a high customer base, the region creates huge opportunities for MVNOs. As per the International Telecommunication Union (ITU), APAC has emerged as the largest marketplace for the telecom industry across the globe. China and India are the world’s largest marketplaces for the telecom industry in terms of network infrastructure capacity and end-user subscribers. In terms of mobile subscribers base, the region holds the most number of consumers as compared to the other areas and remains one of the fastest-growing markets by 2024 and beyond. The area encompasses developed economies and developing economies, such as Australia, Singapore, China, India, New Zealand, and South Korea. In APAC, the organizations are rapidly adopting MVNOs for managing their network connectivity, IT services, data center, ISP, and unified communication. The advent of technologies, such as IoT and M2M, has been impacting the MVNO market. In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the MNVO market.
• By Company Type: Tier 1 – 62%, Tier 2 – 23%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C-level – 38%, Directors – 30%, and Others – 32%
• By Region: North America – 40%, Europe – 15%, APAC – 35%, MEA – 5%, and Latin America– 5%
Major vendors of include Virgin Media Business (UK), DataXoom(US), Lebara(UK), KDDI(Japan), Asahi Net(Japan), Virgin Mobile USA(US), TracFone Wireless(US), Boost Mobile(Australia), Lycamobile(UK), Tesco Mobile(UK), PosteMobile(Italy), Airvoice Wireless(US), Asda Mobile(UK), Giffgaff(UK), Kajeet(US), Voiceworks(Netherlands), Ting(US), Red Pocket Mobile(US) and Consumer Cellular(US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the MNVO market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on by operational models (reseller, service operator, Full MVNO), subscribers (consumer and enterprise), and organization size (SMEs and large enterprise) and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall MNVO market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Break-Up and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the MVNO Market
4.2 Asia Pacific Market By Subscriber and Country
4.3 MVNO Market: Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Provision of Demographic-Related Customer Services
5.2.1.2 Profit Maximization Opportunity for Both Mnos and MVNOs
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Mnos Giving Low Priority to MVNO Customers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Adoption of Iot, M2m, and Byod By MVNOs to Attract New Customers
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Fragmented Nature of the Market
5.2.4.2 Stringent Government Rules and Regulations for Mnos and MVNOs
5.3 Regulatory Landscape
5.3.1 Federal Communications Commission
5.3.2 Office of Communications
5.3.3 Ministry of Industry and Information Technology
5.3.4 Telecommunications Regulatory Authority
5.3.5 Federal Telecommunications Institute
6 MVNO Market, By Operational Model (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Reseller
6.2.1 Reseller: Market Drivers
6.3 Service Operator
6.3.1 Service Operator: Market Drivers
6.4 Full MVNO
6.4.1 Full MVNO: Market Drivers
7 MVNO Market By Subscriber (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Consumer
7.2.1 Consumer: Market Drivers
7.3 Enterprise
7.3.1 Enterprise: Market Drivers
8 MVNO Market By Business Model (Page No. – 45)
8.1 Introduction
8.2 Discount
8.3 Specialist Data
8.4 Ethnic
8.5 Business
8.6 International/ Roaming
8.7 Youth/ Media
8.8 Bundled
8.9 Others
9 MVNO Market, By Organization Size (Page No. – 47)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Market Drivers
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Large Enterprises: Market Drivers
10 MVNO Market, By Region (Page No. – 51)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Demand for Flexible Data Packs and Affordable Mobile Services to Drive the Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Rising Adoption of the Innovative Delivery Method to Drive the Growth of Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Multiple Applications of MVNOs in IoT and M2M to Drive the Growth of MVNO Market in Germany
10.3.2 United Kingdom
10.3.2.1 Mnos Creating MVNOs to Cater to New Customer Base
10.3.3 France
10.3.3.1 Support From Government and Demand for Wi-Fi Services to Drive the Growth of Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Demand for Wi-Fi and an Affordable Internet Connection to Drive the Growth of Market in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Technological Advancements and Developed Economy to Drive the Growth of Market in Japan
10.4.3 Australia and New Zealand
10.4.3.1 Service Differentiation By MVNOs to Drive the Growth of MVNO Market in Anz
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East
10.5.1.1 Price-Sensitive Strategy to Drive the Growth of Market in the Middle East
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Business Transformations and Supportive Policies to Gainmarket Traction
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Increasing Adoption of Internet Connectivity By Enterprises to Drive the Growth of Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Wireless Internet Connectivity Initiatives to Fuel the Growth of Market in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 90)
11.1 Overview
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Partnerships
11.2.2 New Service Launches and Service Enhancements
12 Company Profiles (Page No. – 94)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2 Virgin Media Business (UK)
12.3 Dataxoom
12.4 Lebara
12.5 KDDI
12.6 Asahi Net
12.7 Virgin Mobile USA
12.8 Tracfone Wireless
12.9 Friendi Mobile
12.10 Boost Mobile
12.11 Lycamobile
* Business Overview, Solutions/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.12 Tesco Mobile
12.13 PosteMobile
12.14 Airvoice Wireless
12.15 Asda Mobile
12.16 Giffgaff
12.17 Kajeet
12.18 Voiceworks
12.19 Ting
12.20 Red Pocket Mobile
12.21 Consumer Cellular
13 Appendix (Page No. – 115)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customization
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別
【発行日】2019年11月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC7429
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
MVNOの世界市場予測:運用モデル別、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農村地域における臨床・医薬品ロジスティクス市場規模、サービス別(輸送、倉庫業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場概要 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場環境 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場動向 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場規模 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場:サービス別(輸送、倉庫業) ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスのアメリカ市場規模・予測 ・農村地域における臨床・医薬品ロジスティクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・農村地域 …
  • 機能性食品・飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機能性食品・飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性食品・飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タッキファイヤー(粘着付与樹脂)のアジア市場
    本調査レポートでは、タッキファイヤー(粘着付与樹脂)のアジア市場について調査・分析し、タッキファイヤー(粘着付与樹脂)のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるM2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・M2プロトンチャンネル阻害剤の概要 ・M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のM2プロトンチャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・M2プロトンチャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・M2プロトンチャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 低侵襲脊椎手術機器の世界市場分析・予測
  • 無緊張性神経因性膀胱(Atonic Neurogenic Bladder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における無緊張性神経因性膀胱(Atonic Neurogenic Bladder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、無緊張性神経因性膀胱(Atonic Neurogenic Bladder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・無緊張性神経因性膀胱(Atonic Neurogenic Bladder)の概要 ・無緊張性神経因性膀胱(Atonic Neurogenic Bladder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の無緊張性神経因性膀胱(Atonic Neurogenic Bladder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・無緊張性 …
  • 世界のマンナンオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンナンオリゴ糖市場2015について調査・分析し、マンナンオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 物理蒸着(PVD)の世界市場分析:種類別(PVD装置、PVD材質、PVDサービス)、用途別(マイクロエレクトロニクス、データストレージ、太陽光発電製品、切削工具、医療機器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、物理蒸着(PVD)の世界市場について調査・分析し、物理蒸着(PVD)の世界市場動向、物理蒸着(PVD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別物理蒸着(PVD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場2017-2021:cPDM、CAD
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はアパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDassault SystèmesGerber TechnologyLectraVisualNext等です。
  • 世界の警報制御装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の警報制御装置市場2016について調査・分析し、警報制御装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 住宅用太陽光発電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、住宅用太陽光発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用太陽光発電システム市場規模、用途別分析、技術別(結晶シリコン、薄膜型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場概要 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場環境 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場動向 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場規模 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:業界構造分析 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:用途別 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:技術別(結晶シリコン、薄膜型) ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用太陽光発電システムの北米市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムの主要国分析 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場: …
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、原料別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における歯科用ウォーターピック市場2018-2023
    本調査レポートでは、歯科用ウォーターピックの世界市場について調査・分析し、歯科用ウォーターピックの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(カウンタートップ型、コードレス型)、用途別市場規模(家庭用、歯科用、旅行用、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、歯科用ウォーターピックの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・歯科用ウォーターピックの世界市場概要 ・歯科用ウォーターピックの企業別市場シェア ・歯科用ウォーターピックの地域別市場規模 ・歯科用ウォーターピックの種類別市場規模(カウンタートップ型、コードレス型) ・歯科用ウォーターピックの用途別市場規模(家庭用、歯科用、旅行用、その他) ・歯科用ウォーターピックの主要企業分析 ・歯科用ウォーターピックの北米市場規模 ・歯科用ウォーターピックの米国市場規模 ・歯科用ウォータ …
  • コバルトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コバルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コバルト市場規模、用途別(バインダー剤、ライフサイエンス、整形外科、熱溶射皮膜、磁石、防水性合金、超合金、再利用可能エネルギー貯蔵システム、触媒、セラミック・顔料、電池用化学品、硬質金属)分析、エンドユーザー別(大気清浄、健康、ライフスタイル、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コバルトの世界市場:市場動向分析 ・ コバルトの世界市場:競争要因分析 ・ コバルトの世界市場:用途別(バインダー剤、ライフサイエンス、整形外科、熱溶射皮膜、磁石、防水性合金、超合金、再利用可能エネルギー貯蔵システム、触媒、セラミック・顔料、電池用化学品、硬質金属) ・ コバルトの世界市場:エンドユーザー別(大気清浄、健康、ライフスタイル、防衛) ・ コバルトの世界市場:主要地域別分析 ・ コバルトの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ コバルトのヨーロッパ市場規模 ・ コバルトのアジア市 …
  • 寸法計測ソフトウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、寸法計測ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、寸法計測ソフトウェア市場規模、用途別(自動車、航空・宇宙、家電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場概要 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場環境 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場動向 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場規模 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場:業界構造分析 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場:用途別(自動車、航空・宇宙、家電、その他) ・寸法計測ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・寸法計測ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・寸法計測ソフトウェアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・寸法計測ソフトウェアのアジア太平洋市場規模・予測 ・寸法計測ソフトウェアの主要国分析 ・寸法計測ソフトウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・寸法計測ソフトウェアの世界市場:成長要因、課題 ・寸法計測ソフト …
  • 自律走行トラクターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自律走行トラクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自律走行トラクター市場規模、出力別(30HP以下、31-100HP、101HP以上)分析、コンポーネント別(レーダー、カメラ・視覚セグメント、ハンドヘルド装置、LiDAR、GPS、超音波センサー)分析、穀物種類別(油糧種子・豆類、穀草類・穀類、果物・野菜)分析、農業利用別(耕作、収穫、播種、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自律走行トラクターの世界市場:市場動向分析 ・ 自律走行トラクターの世界市場:競争要因分析 ・ 自律走行トラクターの世界市場:出力別(30HP以下、31-100HP、101HP以上) ・ 自律走行トラクターの世界市場:コンポーネント別(レーダー、カメラ・視覚セグメント、ハンドヘルド装置、LiDAR、GPS、超音波センサー) ・ 自律走行トラクターの世界市場:穀物種類別 …
  • 人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の概要 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • こめ油の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、こめ油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、こめ油の世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジシクロペンタジエン(DCPD)の世界市場
    当調査レポートでは、ジシクロペンタジエン (DCPD) の世界市場について調査・分析し、ジシクロペンタジエン (DCPD) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ポリイソブチレンの世界市場
    当調査レポートでは、ポリイソブチレンの世界市場について調査・分析し、ポリイソブチレンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 滅菌技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、滅菌技術の世界市場について調査・分析し、滅菌技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 滅菌技術の世界市場:市場動向分析 - 滅菌技術の世界市場:競争要因分析 - 滅菌技術の世界市場:種類別 ・化学的滅菌 ・濾過減菌 ・放射線滅菌 ・温熱殺菌 - 滅菌技術の世界市場:用途別 ・調剤 ・医療機器 ・生命科学 ・その他 - 滅菌技術の世界市場:エンドユーザー別 ・食品・飲料 ・病院 ・医療機器 ・調剤 ・その他 - 滅菌技術の世界市場:主要地域別分析 - 滅菌技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 滅菌技術のヨーロッパ市場規模 - 滅菌技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・滅菌技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のソフトコンタクトレンズ市場2015
    本調査レポートでは、世界のソフトコンタクトレンズ市場2015について調査・分析し、ソフトコンタクトレンズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無鉛石油(ULP)市場2015
    本調査レポートでは、世界の無鉛石油(ULP)市場2015について調査・分析し、無鉛石油(ULP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 風疹(Rubella):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における風疹(Rubella)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、風疹(Rubella)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・風疹(Rubella)の概要 ・風疹(Rubella)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の風疹(Rubella)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・風疹(Rubella)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・風疹(Rubella)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ログ管理の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、ログ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、地域別分析、ログ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空貨物サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物サービスの世界市場規模及び予測、市場セグメンテーション、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オピオイド誘発性便秘治療薬のアジア太平洋市場
  • 血管内カテーテルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、血管内カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血管内カテーテル市場規模、製品別(統合/閉鎖型末梢静脈カテーテル(PIVC)、短末梢静脈カテーテル(PIVC))分析、適応別(感染症、腎臓病、腫瘍、消化器病、その他)分析、エンドユーザー別(在宅医療、クリニック、ASC、病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 血管内カテーテルの世界市場:市場動向分析 ・ 血管内カテーテルの世界市場:競争要因分析 ・ 血管内カテーテルの世界市場:製品別(統合/閉鎖型末梢静脈カテーテル(PIVC)、短末梢静脈カテーテル(PIVC)) ・ 血管内カテーテルの世界市場:適応別(感染症、腎臓病、腫瘍、消化器病、その他) ・ 血管内カテーテルの世界市場:エンドユーザー別(在宅医療、クリニック、ASC、病院、その他) ・ 血管内カテーテルの世界市場:主要地域別分析 ・ 血管内カテーテルの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 血管内カ …
  • 電気航空機の世界市場
    当調査レポートでは、電気航空機の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電気航空機の世界市場:航空機種類別分析/市場規模 ・電気航空機の世界市場:用途別分析/市場規模 ・電気航空機の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気航空機のアメリカ市場規模予測 ・電気航空機のヨーロッパ市場規模予測 ・電気航空機のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • トルコのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 天然着色料の世界市場の予測&動向分析:製品別(クルクミン、カロテノイド、アントシアニン、カルミン、クロロフィリン)、用途別(製パン・製菓、飲料、乳製品・冷凍製品、肉製品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、天然着色料の世界市場について調査・分析し、天然着色料の世界市場動向、天然着色料の世界市場規模、市場予測、セグメント別天然着色料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の概要 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非血液性悪性腫瘍(Nonhe …
  • スマート・コネクテッド洗濯機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート・コネクテッド洗濯機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・コネクテッド洗濯機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RFIDタグの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RFIDタグの世界市場について調べ、RFIDタグの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RFIDタグの市場規模をセグメンテーション別(種類別(牛、ヤギ及び羊、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は家畜管理用RFIDタグの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・RFIDタグの市場状況 ・RFIDタグの市場規模 ・RFIDタグの市場予測 ・RFIDタグの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(牛、ヤギ及び羊、その他) ・RFIDタグの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 製品ベース販売トレーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、製品ベース販売トレーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、製品ベース販売トレーニング市場規模、学習方法別(ブレンド学習、オンライン学習、ILT)分析、エンドユーザー別(消費財、自動車、BFSI、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AllenComm, ASLAN Training and Development, DoubleDigit Sales, GP Strategies, Miller Heiman Group, RAIN Group, Sandler Training, The Brooks Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・製品ベース販売トレーニングの世界市場概要 ・製品ベース販売トレーニングの世界市場環境 ・製品ベース販売トレーニングの世界市場動向 ・製品ベース販売トレーニングの世界市場規模 ・製品ベース販売トレーニングの世界市場:業界構造分析 ・製品ベース販売トレーニングの …
  • ステレオヘッドセットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ステレオヘッドセットの世界市場について調査・分析し、ステレオヘッドセットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ステレオヘッドセットシェア、市場規模推移、市場規模予測、ステレオヘッドセット種類別分析(オンイヤー型、オーバーイヤー型、イヤホン・インイヤー型)、ステレオヘッドセット用途別分析(スマートフォン、コンピュータ、音楽プレーヤー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ステレオヘッドセットの市場概観 ・ステレオヘッドセットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ステレオヘッドセットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ステレオヘッドセットの世界市場規模 ・ステレオヘッドセットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ステレオヘッドセットのアメリカ市場規模推移 ・ステレオヘッドセットのカナダ市場規模推移 ・ステレオヘッドセットのメキシコ市場規模推移 ・ステレオヘッドセットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ス …
  • 写真プリントキオスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、写真プリントキオスクの世界市場について調査・分析し、写真プリントキオスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別写真プリントキオスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、写真プリントキオスク種類別分析()、写真プリントキオスク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・写真プリントキオスクの市場概観 ・写真プリントキオスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・写真プリントキオスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・写真プリントキオスクの世界市場規模 ・写真プリントキオスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・写真プリントキオスクのアメリカ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのカナダ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのメキシコ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・写真プリントキオスクのドイツ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのイギリス市場規模推移 ・写真プリントキオス …
  • ヒト・マイクロバイオームの世界市場:プロバイオティクス、食品、プレバイオティクス、医療食品、診断デバイス、医薬品、サプリメント
    当調査レポートでは、ヒト・マイクロバイオームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、疾患別分析、用途別分析、製品別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物性タンパク質製品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、植物性タンパク質製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物性タンパク質製品市場規模、製品別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、えんどう豆タンパク質、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・植物性タンパク質製品の世界市場概要 ・植物性タンパク質製品の世界市場環境 ・植物性タンパク質製品の世界市場動向 ・植物性タンパク質製品の世界市場規模 ・植物性タンパク質製品の世界市場:業界構造分析 ・植物性タンパク質製品の世界市場:製品別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、えんどう豆タンパク質、その他) ・植物性タンパク質製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物性タンパク質製品の北米市場規模・予測 ・植物性タンパク質製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・植物性タンパク質製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・植物性タンパク質製品の主要国分析 ・植物性タンパク質製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・植物性タ …
  • 小型自動車用トランスミッション及びクラッチの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用トランスミッション及びクラッチの世界市場について調査・分析し、小型自動車用トランスミッション及びクラッチの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 液状代用乳の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液状代用乳の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(医薬品、非医薬品)分析、家畜別(子牛、子豚、子猫、子犬、仔馬、子ヤギ、子羊)分析、液状代用乳の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)の概要 ・抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)治療薬 …
  • 世界の生分解性コポリエステル市場2016
    本調査レポートでは、世界の生分解性コポリエステル市場2016について調査・分析し、生分解性コポリエステルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シクロヘキサンの世界市場2017-2021:カプロラクタム、アジピン酸、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、シクロヘキサンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、シクロヘキサンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はシクロヘキサンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、CEPSA、Chevron Phillips Chemical、ExxonMobil、Huntsman等です。
  • 卓上用/小袋入り甘味料の世界市場
    当調査レポートでは、卓上用/小袋入り甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓上用/小袋入り甘味料の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機スパイスの世界市場動向・予測
  • スマート家電の世界市場2020-2024
    「スマート家電の世界市場2020-2024」は、スマート家電について市場概要、市場規模、製品別(スマート洗濯機&乾燥機、スマートエアコン、スマート冷蔵庫、スマート電子レンジ、スマート食器洗い機)分析、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマート家電の世界市場:製品別(スマート洗濯機&乾燥機、スマートエアコン、スマート冷蔵庫、スマート電子レンジ、スマート食器洗い機) ・スマート家電の世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • コールドチェーン物流の世界市場:エンドユーズ産業別、
    当調査レポートでは、コールドチェーン物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(果物&野菜、パン&菓子、乳製品&冷凍デザート、肉、魚&シーフード、薬&医薬品、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コールドチェーン物流の世界市場:エンドユーズ産業別(果物&野菜、パン&菓子、乳製品&冷凍デザート、肉、魚&シーフード、薬&医薬品、その他) ・コールドチェーン物流の世界市場:地域別 ・企業動向
  • ベルギーの心臓血管補綴装置市場見通し
  • ティーバッグ自動包装装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ティーバッグ自動包装装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティーバッグ自動包装装置市場規模、包装形状別(三角形(ピラミッド型、円形、その他)分析、包装原材料別(ナイロン、シルク、紙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:市場動向分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:競争要因分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:包装形状別(三角形(ピラミッド型、円形、その他) ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:包装原材料別(ナイロン、シルク、紙、その他) ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:主要地域別分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ティーバッグ自動包装装置のヨーロッパ市場規模 ・ ティーバッグ自動包装装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ティーバッグ自動包装装置の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"