"電池管理システムの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 4338)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電池管理システムの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing trend of electric vehicles propelling growth of battery management system market”
The global battery management system market is expected to grow at a CAGR of 19.5% from 2019 to 2024, reaching USD 12.6 billion by 2024 from USD 5.2 billion in 2019. In the current automotive market, there has been an increase in the number of electric vehicles (EVs), hybrid electric vehicles (HEVs), and plug-in hybrid vehicles (PHVs) that require recharging. This is mainly due to increasing fuel prices. The battery-operated vehicles consist of series-connected battery packs that require extensive monitoring for the effective running of a vehicle. Therefore, management and control of the battery is the biggest challenge faced by the manufacturers of these vehicles as it can mainly influence the performance of the vehicles. Thus, battery management systems are among the vital components of these vehicles.

“Battery management system market to be driven by lithium-ion battery during forecast period”
The lithium-ion battery segment is expected to hold a significant share of the battery management system market during the forecast period. Lithium-ion batteries are widely used in various industrial applications, such as automotive, medical devices, and UPS owing to their high energy and power density, light weight, and low standby losses. Lithium-ion batteries with high energy density require battery management systems to ensure their efficient operation in electric vehicles, portable devices, renewable energy systems, and so on. Moreover, the reduced cost of lithium-ion batteries and the high adoption of these batteries in applications such as electric vehicles, UPS, and renewable energy systems are expected to drive the market growth in the coming years.

“Stationary battery segment to grow at significant CAGR during forecast period”
Battery management systems have a significant market for stationary applications such as energy storage, UPS, telecommunications, military, and medical devices. Stationary batteries act as a source of standby power or emergency power, depending on the nature of the critical loads. The battery management system constantly captures and securely transfers battery performance data as a failure in backup power sources may result in major productive loss.

“Battery management system market in APAC to witness highest growth rate in coming years”
The battery management system market in APAC is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. APAC witnesses a huge demand for battery management systems from automotive applications for electric vehicles, e-bikes, and automated guided vehicles. Lithium-ion batteries with high energy density are used in these applications in which dozens of cells are stacked in a series. These cells need to be managed and controlled to avoid battery failure in vehicles, thus making the battery management system a key element in the electric vehicle architecture. A battery management system determines the usage, state of safety, and performance of the battery. It also prolongs the battery life and extends the possible range of the vehicle.
To determine and verify the market size of several segments and subsegments, extensive primary interviews have been conducted with key personalities in the battery management system market. Following is the breakup of the primary participants:
• By Company Type: Tier 1 = 45 %, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-Level Executives = 40%, Directors = 45%, and Others = 15%
• By Region: APAC = 35%, North America = 30%, Europe = 20%, and RoW = 15%
The report profiles the key players in the battery management system market and analyzes their market rankings. A few prominent players profiled in this report include Leclanche (Switzerland), Lithium Balance (Denmark), Nuvation Engineering (US), Eberspaecher Vecture (Canada), Storage Battery Systems (US), and Johnson Matthey (UK).

Research Coverage:
This research report categorizes the battery management system market by battery type, topology, type, application, and region. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy the Report:
The report would help leaders/new entrants in the battery management system market in the following ways:
1. The report segments the battery management system market comprehensively and provides the market size estimation for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report would help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the battery management system market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電池管理システムの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at the Market Share By Bottom-Up Approach (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at the Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Battery Management System Market
4.2 Market, By Battery Type
4.3 Market, By Type
4.4 Market in North America, By Country and Application
4.5 Market, By Application
4.6 Market, By Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Trend of Electric Vehicles
5.2.1.2 Increasing Requirement for Battery Monitoring in Renewable Energy Systems
5.2.1.3 Need for Effective Electric Grid Management
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Standardized Regulations for Developing Battery Management System
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Battery-Operated Vehicles in Public Transport
5.2.3.2 Growing Demand From Data Centers Due to Large Storage Requirements
5.2.3.3 Government Initiatives Encourage Use of Electric Vehicles and Setting Up of E-Charging Stations
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complex Architecture of Battery Management Systems
5.2.4.2 Meeting High Level of Accuracy in Real-Time Applications
5.3 Value Chain Analysis
6 Components of Battery Management System (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Battery Control Unit
6.2.1.1 Battery Control Unit – A Preliminary Element in Battery Management Systems
6.2.2 Power Management Components
6.2.2.1 Power Management Components are Building Blocks of Battery Management Systems
6.2.3 Communication Channels
6.2.3.1 Can Bus is A Major Communication Protocol Used Significantly in Automotive Applications
6.3 Software
6.3.1 BMS Software Supports in Monitoring Key Control Actions of Battery Management Systems
7 Battery Management System Market, By Type (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Stationary Battery
7.2.1 Usage of Li-Ion Battery in Stationary Applications to Grow at Significant Rate During Forecast Period
7.3 Motive Battery
7.3.1 Battery Management System Monitors and Controls Battery Current and Voltage of Motive Battery
8 Battery Management System, By Topology (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Centralized
8.2.1 Centralized Battery Management Systems are Appropriate for Small Battery Packs
8.3 Modular
8.3.1 Modular BMS Architecture Balances Benefits and Pitfalls of Centralized and Distributed Types
8.4 Distributed
8.4.1 Distributed Battery Management System Preferred Due to Simple Design and High Reliability
9 Battery Management System Market, By Battery Type (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Lithium-Ion Battery
9.3 Advanced Lead-Acid Battery
9.3.1 Use of Battery Management Systems in Advanced Lead-Acid Batteries to Extend Battery Life
9.4 Others
9.4.1 Solid-State Battery
9.4.1.1 Solid-State Batteries Play Crucial Role in Electric Vehicles
9.4.2 Flow Battery
9.4.2.1 Flow Batteries are Appropriate for High-Energy Storage Applications
9.4.3 Nickel-Based Battery
9.4.3.1 Nickel-Metal Hydride Battery is Most Commonly Used Nickel-Based Battery
10 Battery Management System Market, By Application (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 Automotive
10.2.1 Electric Vehicles
10.2.1.1 Growing Demand for Electric Vehicles to Boost Market
10.2.2 E-Bikes
10.2.2.1 Battery Management Systems for E-Bikes Enhance Adoption
10.2.3 Automated Guided Vehicles
10.2.3.1 Efficient and Cheap Battery Management Systems Leading to Wider Adoption for Agvs
10.3 Uninterrupted Power Supply (UPS)
10.3.1 Battery Management Systems Support Monitoring of Critical Parameters in UPS
10.4 Telecommunications
10.4.1 Battery Management Systems for Telecommunications Application to Enhance Battery Efficiency
10.5 Renewable Energy Systems
10.5.1 Renewable Energy Systems to Encourage Use of Battery Management Systems
10.6 Military
10.6.1 Battery Management System to Help in Precise Management of Batteries Used in Military Devices
10.7 Others
10.7.1 Marine
10.7.2 Medical Devices
11 Geographic Analysis (Page No. – 96)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US to Be Largest Market for Battery Management System in 2019
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada is Fastest-Growing Market in North America
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Growing Manufacturing Infrastructure in Mexico to Propel Demand for Battery Management Systems
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Germany Held Largest Share of European Market in 2018
11.3.2 France
11.3.2.1 France has Significant Potential for Development of Market
11.3.3 UK
11.3.3.1 UK is Significant Market for Battery Management Systems
11.3.4 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 Rising Automotive Production to Empower Battery Management System in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Existence of Key Players Offering BMS to Drive the Market in Japan
11.4.3 India
11.4.3.1 India has Significant Potential for Development of Battery Management System
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 South Korea has Presence of Major Lithium Battery Manufacturers
11.4.5 Rest of APAC
11.5 RoW
11.5.1 Middle East & Africa
11.5.1.1 Growth in Infrastructure Development and Renewable Energy Systems Empowering the Market in Middle East
11.5.2 South America
11.5.2.1 Developing Economies Such as Brazil and Argentina to Drive Future Growth
12 Competitive Landscape (Page No. – 125)
12.1 Overview
12.2 Competitive Analysis
12.2.1 Market Ranking Analysis: Market, 2018
12.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Dynamic Differentiators
12.3.3 Innovators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Situation and Trends
12.4.1 Joint Ventures, Acquisitions, Expansions
12.4.2 Product Developments
13 Company Profiles (Page No. – 130)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 Leclanche
13.1.2 Lithium Balance
13.1.3 Nuvation Engineering
13.1.4 Eberspaecher Vecture
13.1.5 Storage Battery Systems
13.1.6 Renesas Electronics
13.1.7 Johnson Matthey
13.1.8 Elithion
13.1.9 BMS Powersafe
13.1.10 Navitas Systems
13.2 Other Players
13.2.1 AVL List
13.2.2 Roboteq
13.2.3 EPEC
13.2.4 Ansys
13.2.5 Sedemac
13.2.6 AVID Technology
13.2.7 Analog Devices
13.2.8 Texas Instruments
13.2.9 Ewert Energy Systems
13.2.10 Maxim Integrated
13.2.11 Toshiba
13.2.12 Panasonic
13.2.13 Lion Smart
13.2.14 Technology With Spirit
13.2.15 Tronico
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 155)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電池管理システムの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 4338
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電池管理システムの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クリーンルーム用照明の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、クリーンルーム用照明の世界市場規模が2017年6672.2億ドルから2026年1兆1563.0億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、クリーンルーム用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クリーンルーム用照明市場規模、取付タイプ別(表面取付、埋込取付)分析、提供別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、光源別(発光ダイオード(LED)、蛍光灯、その他の光源)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、医療・ライフサイエンス、産業製造、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ クリーンルーム用照明の世界市場:市場動向分析 ・ クリーンルーム用照明の世界市場:競争要因分析 ・ クリーンルーム用照明の世界市場:取付タイプ別(表面取付、埋込取付) ・ クリーンルーム用照明の世界市場:提供別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・ クリーンルーム用照明の世界 …
  • イギリスの電気生理学装置市場(~2021)
  • 押出プラスチックの世界市場予測(~2026):種類別(高圧法低密度ポリエチレン(LDPE)、中低圧法高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル(PVC))、エンドユーザー別(梱包材、建築物、自動車、一般消費財、電気・電子)、地域別
    当調査レポートでは、押出プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、押出プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高等教育ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高等教育ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高等教育ソリューションの世界市場規模及び予測、学習方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニキビ治療薬の世界市場:タイプ別、治療クラス別(レチノイド、抗生物質、上記の併用)、投与法別(注射、局所、経口)、セグメント予測
    ニキビ治療薬の世界市場は2025年には59億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、生物製剤の登場、不健康な生活習慣、疾患率の上昇などが考えられます。本調査レポートでは、ニキビ治療薬の世界市場について調査・分析し、ニキビ治療薬の世界市場動向、ニキビ治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別ニキビ治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 推進システムの世界市場:空気吸い込み式エンジン(ABE)、非空気吸い込み式エンジン、電気推進エンジン
    当調査レポートでは、推進システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、推進システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の概要 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • 膵臓&胆汁用ステントの世界市場分析・予測
  • ハエ駆除用化学薬品の世界市場:種類別(殺幼虫剤&殺ダニ剤)、廃棄物処理方法別(機械的生物学的処理、焼却、嫌気性消化)、適用方法別(毒性餌、ジクロロス気化器、屋外噴霧、殺幼虫剤噴霧器、その他)
    本調査レポートでは、ハエ駆除用化学薬品の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(殺幼虫剤&殺ダニ剤)分析、廃棄物処理方法別(機械的生物学的処理、焼却、嫌気性消化)分析、適用方法別(毒性餌、ジクロロス気化器、屋外噴霧、殺幼虫剤噴霧器、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ハエ駆除用化学薬品の世界市場:種類別(殺幼虫剤&殺ダニ剤) ・ハエ駆除用化学薬品の世界市場:廃棄物処理方法別(機械的生物学的処理、焼却、嫌気性消化) ・ハエ駆除用化学薬品の世界市場:適用方法別(毒性餌、ジクロロス気化器、屋外噴霧、殺幼虫剤噴霧器、その他) ・ハエ駆除用化学薬品の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • インドのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 世界の冠動脈用ガイドワイヤ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、冠動脈用ガイドワイヤのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・冠動脈用ガイドワイヤの概要 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:開発段階別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:セグメント別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:領域別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:規制Path別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別冠動脈用ガイドワイヤの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・冠動脈用ガイドワイヤの最近動向
  • ロボット溶接の世界市場:タイプ別(アーク溶接、スポット溶接)、ペイロード別(50Kg未満、50~150Kg、150Kg超)、エンドユーザー別(自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛)、地域別予測
    本資料は、ロボット溶接の世界市場について調べ、ロボット溶接の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(アーク溶接、スポット溶接)分析、ペイロード別(50Kg未満、50~150Kg、150Kg超)分析、エンドユーザー別(自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ロボット溶接の世界市場概要 ・ロボット溶接の世界市場環境 ・ロボット溶接の世界市場動向 ・ロボット溶接の世界市場規模 ・ロボット溶接の世界市場規模:タイプ別(アーク溶接、スポット溶接) ・ロボット溶接の世界市場規模:ペイロード別(50Kg未満、50~150Kg、150Kg超) ・ロボット溶接の世界市場規模:エンドユーザー別(自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛) ・ロボット溶接の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット溶接の北米市場規模・予測 ・ロボット溶接のアメリカ市場規模・予測 ・ロボット溶接のヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 容量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容量管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、生産計画(PP)システム、供給チェーン管理(SCM))分析、エンドユーザー別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、政府・公共業務、医療、ホスピタリティー、情報テクノロジー、製造、小売、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 容量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 容量管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 容量管理の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 容量管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 容量管理の世界市場:用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、 …
  • 相変化物質(PCM)の世界市場
    当調査レポートでは、相変化物質(PCM)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・相変化物質(PCM)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)のアメリカ市場規模予測 ・相変化物質(PCM)のヨーロッパ市場規模予測 ・相変化物質(PCM)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 発泡ポリプロピレンフォーム(EPPフォーム)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、発泡ポリプロピレンフォーム(EPPフォーム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、発泡ポリプロピレンフォーム(EPPフォーム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機乳清タンパク質の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、有機乳清タンパク質の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機乳清タンパク質市場規模、用途別(栄養補給食品、飲食料品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・有機乳清タンパク質の世界市場概要 ・有機乳清タンパク質の世界市場環境 ・有機乳清タンパク質の世界市場動向 ・有機乳清タンパク質の世界市場規模 ・有機乳清タンパク質の世界市場:業界構造分析 ・有機乳清タンパク質の世界市場:用途別(栄養補給食品、飲食料品) ・有機乳清タンパク質の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機乳清タンパク質の北米市場規模・予測 ・有機乳清タンパク質のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・有機乳清タンパク質のアジア太平洋市場規模・予測 ・有機乳清タンパク質の主要国分析 ・有機乳清タンパク質の世界市場:意思決定フレームワーク ・有機乳清タンパク質の世界市場:成長要因、課題 ・有機乳清タンパク質の世界市場:競争環境 ・有機乳清タンパク質の世 …
  • プロセスオートメーション&計装の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プロセスオートメーション&計装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機器別(フィールド機器、制御バルブ、分析機器)分析、ソリューション別(APC、DCS、HMI、MES、PLC、安全オートメーション、SCADA)分析、産業別分析、プロセスオートメーション&計装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プロセスオートメーション&計装の世界市場規模が2019年714億ドルから2024年955億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • ラノリンの世界市場:用途別(パーソナルケア・化粧品、医薬品)、誘導体別(ラノリンアルコール、ラノステロール)、地域別
    本調査レポートでは、ラノリンの世界市場について調査・分析し、ラノリンの世界市場動向、ラノリンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ラノリン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コンテンツ保護の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンテンツ保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテンツ保護の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコンテンツ保護の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.93%成長すると予測しています。
  • (男性用化粧品)アフターシェーブ・香水の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • LEDライティングコントローラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDライティングコントローラの世界市場について調査・分析し、LEDライティングコントローラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDライティングコントローラシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDライティングコントローラ種類別分析()、LEDライティングコントローラ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDライティングコントローラの市場概観 ・LEDライティングコントローラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDライティングコントローラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDライティングコントローラの世界市場規模 ・LEDライティングコントローラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDライティングコントローラのアメリカ市場規模推移 ・LEDライティングコントローラのカナダ市場規模推移 ・LEDライティングコントローラのメキシコ市場規模推移 ・LEDライティングコントローラのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場について調査・分析し、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)種類別分析(nvSRAM、非同期SRAM、動機SRAM、低電力SRAM)、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)用途別分析(ネットワーキング、航空宇宙、医療、カーエレクトロニクス、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の市場概観 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場規模 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の …
  • 変速機用オイルポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、変速機用オイルポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、変速機用オイルポンプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動遮断機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動遮断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動遮断機の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脅威インテリジェンスの世界市場:ソリューション別、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)、導入モード別(オンクラウド、オンプレミス)、組織サイズ別(SME、大規模)、垂直産業別、地域別予測
    本資料は、脅威インテリジェンスの世界市場について調べ、脅威インテリジェンスの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別分析、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)分析、導入モード別(オンクラウド、オンプレミス)分析、組織サイズ別(SME、大規模)分析、垂直産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脅威インテリジェンスの世界市場概要 ・脅威インテリジェンスの世界市場環境 ・脅威インテリジェンスの世界市場動向 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:ソリューション別 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:サービス別(マネージド、プロフェッショナル) ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:導入モード別(オンクラウド、オンプレミス) ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:組織サイズ別(SME、大規模) ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:垂直産業別 ・脅威インテリジェンスの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 電動芝刈り機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電動芝刈り機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動芝刈り機市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、動力源別(ガス、電気)分析、製品別(有線、コードレス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Deere & Company, Husqvarna, STIGA, STIHL, The Toro Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動芝刈り機の世界市場概要 ・電動芝刈り機の世界市場環境 ・電動芝刈り機の世界市場動向 ・電動芝刈り機の世界市場規模 ・電動芝刈り機の世界市場:業界構造分析 ・電動芝刈り機の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・電動芝刈り機の世界市場:動力源別(ガス、電気) ・電動芝刈り機の世界市場:製品別(有線、コードレス) ・電動芝刈り機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電動芝刈り機の北米市場規模・予測 ・電動芝刈り機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • 金属基複合材料(MMC)の世界市場予測(~2021年):アルミニウムMMC、マグネシウムMMC、耐火物MMC
    当調査レポートでは、金属基複合材料(MMC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、製造技術別分析、強化タイプ別分析、地域別分析、金属基複合材料(MMC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の亜麻糸市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜麻糸市場2015について調査・分析し、亜麻糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの心臓人工弁市場見通し
  • 電離放射線滅菌法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電離放射線滅菌法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電離放射線滅菌法の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電離放射線滅菌法の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Astell• Getinge group• STERIS• Tuttnauer等です。
  • UHD(超高精細)テレビの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、UHD(超高精細)テレビの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、UHD(超高精細)テレビ市場規模、解像度別(4K、8K)分析、画面サイズ別(40~49インチ、50~59インチ、60~69インチ、70インチ以上)分析、ディスプレイタイプ別(LEDディスプレイ、QLEDディスプレイ、OLEDディスプレイ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・UHD(超高精細)テレビの世界市場概要 ・UHD(超高精細)テレビの世界市場環境 ・UHD(超高精細)テレビの世界市場動向 ・UHD(超高精細)テレビの世界市場規模 ・UHD(超高精細)テレビの世界市場:業界構造分析 ・UHD(超高精細)テレビの世界市場:解像度別(4K、8K) ・UHD(超高精細)テレビの世界市場:画面サイズ別(40~49インチ、50~59インチ、60~69インチ、70インチ以上) ・UHD(超高精細)テレビの世界市場:ディスプレイタイプ別(LEDディスプレ …
  • 受動型赤外線モーションセンサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、受動型赤外線モーションセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、受動型赤外線モーションセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘモグロビン検査の世界市場:ヘモグロビン検査装置、試薬、消耗品
    当調査レポートでは、ヘモグロビン検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘモグロビン検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ミリ波技術の世界市場:スキャナーシステム、レーダー&衛星通信システム、通信機器
    当調査レポートでは、ミリ波技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(アンテナ&トランシーバーコンポーネント、周波数源&関連コンポーネント、通信&ネットワークコンポーネント、イメージングコンポーネント、Rf&無線コンポーネント、センサー&コントロール、その他)分析、製品種類別(スキャナーシステム、レーダー、衛星通信システム、通信機器)分析、ライセンス種類別(ライトライセンス頻度、ライセンスなし頻度、フルライセンス頻度)分析、周波数帯域別(57GHz未満、57GHz~300GHz、300GHz以上)分析、用途別(通信、軍事、防衛、自動車、電波天文学、消費者産業、商業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ミリ波技術の世界市場:コンポーネント別(アンテナ&トランシーバーコンポーネント、周波数源&関連コンポーネント、通信&ネットワークコンポーネント、イメージングコンポーネント、Rf&無線コンポーネント、センサー&コントロール、その他) ・ミリ波技術の世界市場:製品種 …
  • デジタルポテンショメータICの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルポテンショメータICの世界市場について調査・分析し、デジタルポテンショメータICの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルポテンショメータICシェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルポテンショメータIC種類別分析(8ビット、6ビット、7ビット、10ビット、その他)、デジタルポテンショメータIC用途別分析(家電、通信製品、器具類、自動車用製品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタルポテンショメータICの市場概観 ・デジタルポテンショメータICのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタルポテンショメータICのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタルポテンショメータICの世界市場規模 ・デジタルポテンショメータICの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタルポテンショメータICのアメリカ市場規模推移 ・デジタルポテンショメータICのカナダ市場規模推移 ・デジタルポテンショメータICのメキシコ市場規模推移 ・デジタ …
  • 業務用照明器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用照明器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用照明器具市場規模、技術別(LED、従来型)分析、最終用途別(商業用、アウトドア用、工業用、建築用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用照明器具の世界市場概要 ・業務用照明器具の世界市場環境 ・業務用照明器具の世界市場動向 ・業務用照明器具の世界市場規模 ・業務用照明器具の世界市場:業界構造分析 ・業務用照明器具の世界市場:技術別(LED、従来型) ・業務用照明器具の世界市場:最終用途別(商業用、アウトドア用、工業用、建築用) ・業務用照明器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用照明器具のアメリカ市場規模・予測 ・業務用照明器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用照明器具のアジア市場規模・予測 ・業務用照明器具の主要国分析 ・業務用照明器具の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用照明器具の世界市場:成長要因、課題 ・業務用照明器具の世 …
  • ヘルスケア接着テープの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、ヘルスケア接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂別(アクリル、ゴム、シリコン)分析、下地材料別(紙、ファブリック、プラスチック)分析、用途別(手術、衛生、創傷被覆材、静脈ライン保護、オストミーシール、副木、包帯、診断)分析、ヘルスケア接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Alpha-2Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-2Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-2Bアゴニスト(作動薬)の概要 ・Alpha-2Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-2Bアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-2Bアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-2Bアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 機能性流体の世界市場:プロセス油、作動液/トランスミッション液、金属加工油、伝熱流体
    当調査レポートでは、機能性流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級家具の世界市場分析:材料別(木材、金属、ガラス、皮革、プラスチック)、エンドユーザー別(リビングルーム、ベッドルーム、キッチン、アウトドア、バスルーム、ホスピタリティ、オフィス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高級家具の世界市場について調査・分析し、高級家具の世界市場動向、高級家具の世界市場規模、市場予測、セグメント別高級家具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの電気生理学装置市場(~2021)
  • 溶射法の世界市場2017-2021:コーティングサービス、材料、装置
    当調査レポートでは、溶射法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶射法の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動化ソリューション向けMROサービスの世界市場
    当調査レポートでは、自動化ソリューション向けMROサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動化ソリューション向けMROサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 屋根塗装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、屋根塗装の世界市場について調査・分析し、屋根塗装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別屋根塗装シェア、市場規模推移、市場規模予測、屋根塗装種類別分析(エラストマ、タイル、金属、歴青質)、屋根塗装用途別分析(住居用建物用、商業用建物用、教育用建物用、医療用建物用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・屋根塗装の市場概観 ・屋根塗装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・屋根塗装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・屋根塗装の世界市場規模 ・屋根塗装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・屋根塗装のアメリカ市場規模推移 ・屋根塗装のカナダ市場規模推移 ・屋根塗装のメキシコ市場規模推移 ・屋根塗装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・屋根塗装のドイツ市場規模推移 ・屋根塗装のイギリス市場規模推移 ・屋根塗装のロシア市場規模推移 ・屋根塗装のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・屋根塗装の日本 …
  • 航空機除氷の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機除氷の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機除氷市場規模、方式別(代替方式、液体除氷)分析、使用機器別(除氷機、除氷トラック、その他)分析、使用液種類別(タイプI、タイプII、タイプIII、タイプIV)分析、用途別(商業航空機、軍用航空機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機除氷の世界市場:市場動向分析 ・ 航空機除氷の世界市場:競争要因分析 ・ 航空機除氷の世界市場:方式別(代替方式、液体除氷) ・ 航空機除氷の世界市場:使用機器別(除氷機、除氷トラック、その他) ・ 航空機除氷の世界市場:使用液種類別(タイプI、タイプII、タイプIII、タイプIV) ・ 航空機除氷の世界市場:用途別(商業航空機、軍用航空機) ・ 航空機除氷の世界市場:主要地域別分析 ・ 航空機除氷の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空機除氷のヨーロッパ市場規模 ・ 航空機除氷のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • 温水再循環ポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温水再循環ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温水再循環ポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 温水再循環ポンプは、水を加熱ユニットに絶え間なく循環させる特殊なタイプのポンプです。水流は循環バルブにより制御されます。循環された水は決められた水温に保たれているので、利用者は温水が出るまで冷水を流す必要はありません。Technavio社は温水再循環ポンプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Danfoss• Grundfos• NIBE• Taco Comfort Solutions• Xylem等です。
  • 薄膜太陽光発電モジュールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薄膜太陽光発電モジュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薄膜太陽光発電モジュール市場規模、技術別(テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場概要 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場環境 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場動向 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場規模 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:業界構造分析 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:技術別(テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS)) ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・薄膜太陽光発電モジュールの北米市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールのアジア太平洋市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールの主要 …
  • 偏光サングラスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、偏光サングラスの世界市場について調査・分析し、偏光サングラスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別偏光サングラスシェア、市場規模推移、市場規模予測、偏光サングラス種類別分析()、偏光サングラス用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・偏光サングラスの市場概観 ・偏光サングラスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・偏光サングラスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・偏光サングラスの世界市場規模 ・偏光サングラスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・偏光サングラスのアメリカ市場規模推移 ・偏光サングラスのカナダ市場規模推移 ・偏光サングラスのメキシコ市場規模推移 ・偏光サングラスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・偏光サングラスのドイツ市場規模推移 ・偏光サングラスのイギリス市場規模推移 ・偏光サングラスのロシア市場規模推移 ・偏光サングラスのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 航空機排気系統の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機排気系統の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンドユーザー別(OEM、MRO)分析、システム別(エンジン排気系、APU排気系)分析、コンポーネント別(排気コーン、排気パイプ、排気ノズル、APU排気ライナー)分析、航空機タイプ別分析、航空機排気系統の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床ワークフローソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、臨床ワークフローソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臨床ワークフローソリューション市場規模、種類別(エンタプライズレポーティング(ER)・分析ソリューション、データ統合ソリューション、ケアコラボレーションソリューション、ワークフロー自動化ソリューション、リアルタイム通信ソリューション)分析、エンドユーザー別(介護施設、外来治療センター、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:種類別(エンタプライズレポーティング(ER)・分析ソリューション、データ統合ソリューション、ケアコラボレーションソリューション、ワークフロー自動化ソリューション、リアルタイム通信ソリューション) ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:エンドユーザー別(介護施 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"