"電力監視の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 5516)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電力監視の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The power monitoring market is expected to reach USD 5.2 billion by 2024, at a CAGR of 6.1% from 2019 to 2024
The global power monitoring market is projected to reach USD 5.2 billion by 2024 from an estimated USD 3.8 billion in 2019, at a CAGR of 6.1% during the forecast period. There is an increasing focus on the efficient utilization of power resources. The power monitoring system plays a vital role by reducing the energy costs and maximizing the reliability of electrical infrastructure. It hence offers opportunities for the increasing adoption of smart grid technologies.

“Hardware segment of power monitoring dominates the global market.”
The hardware segment of the power monitoring market is expected to be the largest market, by component, during the forecast period. The growth of the market is driven by the increasing number of smart grid installations as well as investments globally.
Hardware segment is further sub-segmented into metering & communication devices and measurement devices. Metering & communication devices is expected to be the largest market during the forecast period. The basic function of metering devices is to measure, record, and monitor the quantity of power flowing through any part of the electric system.

“Datacenters segment power monitoring dominate the global market “
The datacenters segment, by end-user is estimated to be the fastest-growing during the forecast period. This growth is attributed to the need for reliable power supply and increasing investments in the IT hubs and electrical power distribution infrastructure. Moreover, datacenter consumes a large amount of energy for its functioning. Any loss of power can result in data loss and huge monetary loss. So, power monitoring systems are used in datacenters for the optimization of power utilization.

“Asia Pacific to lead the global power monitoring market in terms of growth rate.”
The power monitoring market in Asia Pacific is projected to grow at the fastest rate during the forecast period. Increasing installation of power monitoring systems dominate the market in countries such as China, Japan, South Korea, and India for maximizing the reliability of electrical infrastructure and reducing the energy costs. Besides Asia Pacific, North America was one of the largest markets for power monitoring. The demand for power monitoring in North America is driven mainly by the increasing focus on upgrading the aging power infrastructure in the region.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–55%, Tier II–30%, and Tier III–15%
By Designation: C-Level–60%, Director Level–20%, and Others–20%
By Region: North America- 61%, Europe- 18%, Asia Pacific- 10%, Middle East & Africa- 9%, and South America- 2%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:

The global power monitoring market is dominated by a few major players that have an extensive regional presence. The leading players in the power monitoring are Schneider Electric (France), ABB(Switzerland), Eaton(Ireland), Siemens(Germany), General Electric(US), Emerson(US), Rockwell Automation (US), Mitsubishi Electric (Japan), Omron(Japan), Yokogawa(Japan).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global power monitoring market, by technology, capacity, end-user, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the power monitoring market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電力監視の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.2.1 Power Monitoring Market, By Component: Inclusions & Exclusions
1.2.2 Power Monitoring Market, By End-User: Inclusions & Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakup of Primaries
2.2 Scope
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Demand-Side Analysis
2.3.1.1 Key Assumptions
2.3.1.2 Calculation
2.3.2 Forecast
2.3.3 Supply-Side Analysis
2.3.3.1 Assumptions and Calculations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Power Monitoring Market
4.2 Power Monitoring Market, By Region
4.3 Power Monitoring Market, By Component & Country
4.4 Power Monitoring Market, By Component
4.5 Power Monitoring Market, By End-User
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Focus on Effective Utilization of Power Resources
5.2.1.2 Growing Attention to Reducing Energy Cost
5.2.1.3 Maximizing the Reliability of Electrical Infrastructure
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Higher Costs of High-End Monitoring Devices
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Smart Grid Technologies
5.2.3.2 Growing Focus on Industrial Developments
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Alternatives Such as Energy Management System
6 Power Monitoring Market, By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Increasing Investments in Smart Technology are Expected to Drive the Hardware Segment
6.2.2 Metering & Communication Devices
6.2.3 Measurement Devices
6.3 Software
6.3.1 Organizing Data to Provide Meaningful Information Via Web Interface is Expected to Drive the Software Segment
6.4 Services
6.4.1 Installation of New Components and Upgrading the Existing Ones is Expected to Drive the Services Segment
7 Power Monitoring Market, By End-User (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Manufacturing & Process Industry
7.2.1 Increasing Focus on Energy Efficiency is Expected to Drive the Manufacturing & Process Industry Segment
7.3 Data Center
7.3.1 Need for Reliable Power Supply is Driving the Data Center Power Monitoring Market
7.4 Utilities & Renewables
7.4.1 Increasing Attention to Reducing Energy Cost & Growing Investments in Smart Grid Technology are Expected to Drive the Market
7.5 Public Infrastructure
7.5.1 Increase in Urbanization Coupled With the Need for Real-Time Monitoring of Power Usage is Expected to Drive This Segment
7.6 Electric Vehicle Charging Station
7.6.1 Rise in Global Electric Car Fleet is Expected to Drive This Segment
8 Power Monitoring Market, By Region (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Increasing Focus on Upgrading the Aging Power Equipment is Expected to Boost the Demand for the US Power Monitoring Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 High Maintenance Costs Due to the Aging Electricity Infrastructure in Canada are Likely to Drive the Canadian Power Monitoring Market
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Focus on New Electrical Infrastructure is Expected to Drive the Demand for the Mexican Power Monitoring Market
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Increase in Renewable Power Generation is Driving the Power Monitoring Market
8.3.2 UK
8.3.2.1 Need to Manage and Monitor Complex Grid is Driving the Power Monitoring Market
8.3.3 France
8.3.3.1 Focus on Strengthening the Energy Supply Chain is Driving the Power Monitoring Market
8.3.4 Italy
8.3.4.1 Need for Reliable Power Supply and Achieving Energy Efficiency are Driving the Power Monitoring Market
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Focus on Decreasing Energy Costs is Driving the Power Monitoring Market
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Focus on Integrating Renewable Energy Generation and Smart Grid Technologies is Driving the Market
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Need for Real-Time Communication of the Power Generated is Driving the Power Monitoring Market
8.4.3 South Korea
8.4.3.1 Increasing Focus on Greater Efficiency in Power Distribution is Driving the Power Monitoring Market
8.4.4 India
8.4.4.1 Focus on Reducing Costs and Monitoring the Entire Electrical Infrastructure is Driving the Power Monitoring Market
8.4.5 Rest of Asia Pacific
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Focus on Reducing Energy Costs is Expected to Increase the Demand for Power Monitoring Market
8.5.2 UAE
8.5.2.1 Higher Standards for Energy Efficiency and Smart Grid Initiatives are Expected to Boost the UAE Power Monitoring Market
8.5.3 South Africa
8.5.3.1 Focus on Improving Energy Efficiency and Fulfilling Future Energy Requirements are Expected to Boost the South African Power Monitoring Market
8.5.4 Algeria
8.5.4.1 Increasing Focus on Distributed Energy Solutions is Expected to Boost the Algerian Power Monitoring Market
8.5.5 Qatar
8.5.5.1 Increasing Investments in Infrastructure are Expected to Boost the Qatari Power Monitoring Market
8.5.6 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 By Country
8.6.2 Brazil
8.6.2.1 Investments in Smart Meter and Pilot Smart Grid Projects are Expected to Boost the Power Monitoring Market in Brazil
8.6.3 Argentina
8.6.3.1 Economic and Regulatory Changes in the Energy Sector are Expected to Boost the Argentinian Power Monitoring Market
8.6.4 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 90)
9.1 Introduction
9.2 Market Share Analysis
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Contracts & Agreements
9.3.2 Mergers & Acquisitions
9.3.3 New Product Developments
9.3.4 Others
9.4 Competitive Leadership Mapping
9.4.1 Visionary Leaders
9.4.2 Innovators
9.4.3 Dynamic
9.4.4 Emerging
10 Company Profile (Page No. – 97)
(Overview, Product Offerings, Recent Developments, and SWOT Analysis)*
10.1 Schneider Electric
10.2 ABB
10.3 Eaton
10.4 Siemens
10.5 General Electric
10.6 Emerson
10.7 Rockwell Automation
10.8 Mitsubishi Electric
10.9 Omron
10.10 Yokogawa
10.11 Littelfuse
10.12 Fuji Electric Fa Components & Systems
10.13 Fluke Corporation
10.14 Samsara
10.15 Accuenergy
10.16 Veris Industries
10.17 Albireo Energy
10.18 Vacom Technologies
10.19 Etap- Operation Technology
10.20 Greystone Energy Systems
*Details on Overview, Product Offerings, Recent Developments, and SWOT Analysis Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 134)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電力監視の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 5516
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電力監視の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬の状況 ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)治療薬の市場規模(販売予測) ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insuffic …
  • アーケードゲームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アーケードゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーケードゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はアーケードゲームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(9.28%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CXC Simulations• Eleetus• NAMCO• SEGA等です。
  • 世界のトップ10クラウド技術市場
  • 教育コンテンツ管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育コンテンツ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育コンテンツ管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロテインサプリの世界市場2014-2025:原材料別(乳清、カゼイン、豆)、由来別、製品別(プロテインパウダー、プロテインバー、RTD)、流通経路別、用途別
    本調査レポートでは、プロテインサプリの世界市場について調査・分析し、プロテインサプリの世界市場動向、プロテインサプリの世界市場規模、市場予測、セグメント別プロテインサプリ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の画像診断メーカーの戦略的方向性分析2016
  • 産業用アクセス制御の世界市場予測(~2023年):カードリーダー、生体認証リーダー、電子ロック、制御装置/サーバ
    当調査レポートでは、産業用アクセス制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、産業用アクセス制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体廃棄物管理の世界市場: 発生源別(住宅、商業施設)、産業別、サービス別(収集、輸送)
    本調査レポートでは、液体廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、液体廃棄物管理の世界市場動向、液体廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の水処理用化学品市場規模・予測2017-2025種類別(凝固剤・凝集剤、防錆剤、スケール防止剤、・バイオサイド・消毒薬)、エンドユーザー別(地方自治体、電力、石油・ガス、・鉱業)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の水処理用化学品市場について調査・分析し、世界の水処理用化学品市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の水処理用化学品関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの滅菌器市場見通し(~2021)
  • チリの股関節再建装置市場見通し
  • ライフサイエンスBPOの世界市場
    当調査レポートでは、ライフサイエンスBPOの世界市場について調査・分析し、ライフサイエンスBPOの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ダイエットサプリメントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイエットサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイエットサプリメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイエットサプリメントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.52%成長すると予測しています。
  • 麻酔ガスモニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔ガスモニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔ガスモニタリング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • パスワード管理の世界市場見通し2016-2022:セルフサービスパスワードリセット、特権ユーザパスワード管理
    当調査レポートでは、パスワード管理の世界市場について調査・分析し、パスワード管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・パスワード管理の世界市場:市場動向分析 ・パスワード管理の世界市場:競争要因分析 ・パスワード管理の世界市場:産業別分析/市場規模 ・パスワード管理の世界市場:アクセス別分析/市場規模 ・パスワード管理の世界市場:導入別分析/市場規模 ・パスワード管理の世界市場:組織規模別分析/市場規模 ・パスワード管理の世界市場:種類別分析/市場規模 ・パスワード管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・パスワード管理の北米市場規模 ・パスワード管理の欧州市場規模 ・パスワード管理のアジア市場規模 ・パスワード管理の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アメリカの坑内採鉱装置市場予測
  • 世界の携帯型バーコード・スキャナー市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型バーコード・スキャナー市場2015について調査・分析し、携帯型バーコード・スキャナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験・検査・認証(TIC)の世界市場予測(~2024年)
    試験・検査・認証(TIC)の世界市場は、2019年の2,094億米ドルから2024年には2,662億米ドルに達し、この期間中4.91%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、発展途上国における可処分所得の増加と急速な都市化、世界全体における製品リコールの急増、メーカーによるアウトソーシングサービスモデルの高い採用、統一規格に対する要求の高まり、違法取引・偽造・違法コピーの急増、そしてさまざまな分野にわたる厳格な政府規制・規格の施行が考えられます。一方で、サプライチェーンの複雑な特性と海外認定試験における長いリードタイムは、TIC市場プレイヤーにとって大きな課題となっています。当調査レポートでは、試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス(試験、検査、認証)分析、ソーシングタイプ(社内、外注)分析、用途(消費財・小売、建設・インフラ)分析、試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届け …
  • UAEの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 世界の自動車用サーモスタット市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用サーモスタット市場2016について調査・分析し、自動車用サーモスタットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ステアリングコラム装置の世界市場
    当調査レポートでは、ステアリングコラム装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ステアリングコラム装置の世界市場:ステアリング装置別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:コラム種類別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:ピボット配置別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置のアメリカ市場規模予測 ・ステアリングコラム装置のヨーロッパ市場規模予測 ・ステアリングコラム装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • タンパク質加水分解物の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、タンパク質加水分解物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(牛乳、食肉、海産物、卵、植物、酵母)分析、用途別(乳児栄養、臨床栄養、体重管理、飼料)分析、プロセス別(酵素加水分解、酸性・アルカリ性加水分解)分析、ソース別分析、タンパク質加水分解物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター設計の世界市場:MEP設計、ITインフラ設計
    当調査レポートでは、データセンター設計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター設計の世界市場規模及び予測、設計種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無人機(UAV)降着装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無人機(UAV)降着装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人機(UAV)降着装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソソルビド市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソソルビド市場2015について調査・分析し、イソソルビドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ピート(泥炭)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ピート(泥炭)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピート(泥炭)市場規模、原料別(ヘミック(土壌物質の分解が中程度のもの)、セプリック(土壌物質の分解が進み腐朽したもの)、ファブリック(土壌物質の分解が低程度で繊維質のもの)、その他)分析、種類別(ココ泥炭、芝泥炭、その他)分析、用途別(薬剤、農業・園芸、燃料・エネルギー、家庭用、水濾過、淡水水族館、発電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ピート(泥炭)の世界市場:市場動向分析 ・ ピート(泥炭)の世界市場:競争要因分析 ・ ピート(泥炭)の世界市場:原料別(ヘミック(土壌物質の分解が中程度のもの)、セプリック(土壌物質の分解が進み腐朽したもの)、ファブリック(土壌物質の分解が低程度で繊維質のもの)、その他) ・ ピート(泥炭)の世界市場:種類別(ココ泥炭、芝泥炭、その他) ・ ピート(泥炭)の世界市場:用途別(薬剤、農業・園芸、燃料・エネルギー、家庭 …
  • 小水力発電の世界市場
    当調査レポートでは、小水力発電の世界市場について調査・分析し、小水力発電の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • カザフスタンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • mHealthソリューションの世界市場予測(~2022年):血圧モニター、血糖値測定器、ピークフローメーター
    当調査レポートでは、mHealthソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、デバイス別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析、mHealthソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • ブラジルの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • 坑井試験サービスの世界市場:ステージ(探査、評価、開発、生産)、用途別(オンショア、オフショア)、サービス別(リアルタイム抗井試験、ダウンホール抗井試験、油層サンプリング、地表抗井試験)、地域別予測
    本資料は、坑井試験サービスの世界市場について調べ、坑井試験サービスの世界規模、市場動向、市場環境、ステージ(探査、評価、開発、生産)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、サービス別(リアルタイム抗井試験、ダウンホール抗井試験、油層サンプリング、地表抗井試験)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・坑井試験サービスの世界市場概要 ・坑井試験サービスの世界市場環境 ・坑井試験サービスの世界市場動向 ・坑井試験サービスの世界市場規模 ・坑井試験サービスの世界市場規模:ステージ(探査、評価、開発、生産) ・坑井試験サービスの世界市場規模:用途別(オンショア、オフショア) ・坑井試験サービスの世界市場規模:サービス別(リアルタイム抗井試験、ダウンホール抗井試験、油層サンプリング、地表抗井試験) ・坑井試験サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・坑井試験サービスの北米市場規模・予測 ・坑井試験サービスのアメリカ市場規模・予測 ・坑井試験サービスの …
  • ゴルフ用GPSの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ゴルフ用GPSの世界市場について調査・分析し、ゴルフ用GPSの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ゴルフ用GPSシェア、市場規模推移、市場規模予測、ゴルフ用GPS種類別分析(リストバンドウオッチ型、携帯機器型)、ゴルフ用GPS用途別分析(プロ用、アマチュア用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ゴルフ用GPSの市場概観 ・ゴルフ用GPSのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ゴルフ用GPSのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ゴルフ用GPSの世界市場規模 ・ゴルフ用GPSの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ゴルフ用GPSのアメリカ市場規模推移 ・ゴルフ用GPSのカナダ市場規模推移 ・ゴルフ用GPSのメキシコ市場規模推移 ・ゴルフ用GPSのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ゴルフ用GPSのドイツ市場規模推移 ・ゴルフ用GPSのイギリス市場規模推移 ・ゴルフ用GPSのロシア市場規模推移 ・ゴルフ用GPSのアジア …
  • コネクテッドシップの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コネクテッドシップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(船舶航行管理、フリートオペレーション、フリートヘルスオペレーション)分析、設置タイプ別(オンボード、オンショア)分析、船舶タイプ別(民間、防衛)分析、フィット別(ラインフィット、レトロフィット)分析、コネクテッドシップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブルガリアの原子力発電市場2015
  • モーター保護用回路遮断器の世界市場2017-2021:中電圧、低電圧
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モーター保護用回路遮断器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、モーター保護用回路遮断器の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモーター保護用回路遮断器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEaton、General Electric、Rockwell Automation、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 民間航空機用シート電源システムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、民間航空機用シート電源システムの世界市場について調べ、民間航空機用シート電源システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間航空機用シート電源システムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(エコノミークラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、ファーストクラス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は民間航空機用シート電源システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間航空機用シート電源システムの市場状況 ・民間航空機用シート電源システムの市場規模 ・民間航空機用シート電源システムの市場予測 ・民間航空機用シート電源システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(エコノミークラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、ファーストクラス) ・民間航空機用シート電源システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル …
  • 家庭用キッチンレールキットの世界市場2017-2021:欧州規格、米国規格
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用キッチンレールキットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用キッチンレールキットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用キッチンレールキットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はACCURIDE INTERNATIONAL、Grass America、Hettich、Julius Blum等です。
  • 5-HT1Fアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT1Fアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT1Fアゴニスト(作動薬)の概要 ・5-HT1Fアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT1Fアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT1Fアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT1Fアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 土壌湿潤剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、土壌湿潤剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコンフォトニクスの世界市場分析:コンポーネント別、製品別、用途別(T・通信、消費者家電、ヘルスケア、生命科学、商業、防衛と安全保障)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、シリコンフォトニクスの世界市場について調査・分析し、シリコンフォトニクスの世界市場動向、シリコンフォトニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコンフォトニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱交換器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱交換器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クライミングジムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、クライミングジムの世界市場について調べ、クライミングジムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、クライミングジムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(屋内、屋外)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はクライミングジムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・クライミングジムの市場状況 ・クライミングジムの市場規模 ・クライミングジムの市場予測 ・クライミングジムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(屋内、屋外) ・クライミングジムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヒュームド・シリカの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヒュームド・シリカの世界市場について調査・分析し、ヒュームド・シリカの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヒュームド・シリカシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヒュームド・シリカ種類別分析()、ヒュームド・シリカ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヒュームド・シリカの市場概観 ・ヒュームド・シリカのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヒュームド・シリカのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヒュームド・シリカの世界市場規模 ・ヒュームド・シリカの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヒュームド・シリカのアメリカ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのカナダ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのメキシコ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ヒュームド・シリカのドイツ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのイギリス市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのロシア市場規模推移 ・ヒューム …
  • 世界主要国における自動車用アンプ市場2018-2023
    本調査レポートでは、自動車用アンプの世界市場について調査・分析し、自動車用アンプの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(2chアンプ、4chアンプ、その他)、用途別市場規模(アフターマーケット、OEMマーケット)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、自動車用アンプの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・自動車用アンプの世界市場概要 ・自動車用アンプの企業別市場シェア ・自動車用アンプの地域別市場規模 ・自動車用アンプの種類別市場規模(2chアンプ、4chアンプ、その他) ・自動車用アンプの用途別市場規模(アフターマーケット、OEMマーケット) ・自動車用アンプの主要企業分析 ・自動車用アンプの北米市場規模 ・自動車用アンプの米国市場規模 ・自動車用アンプの南米市場規模 ・自動車用アンプの欧州市場規模 ・自動車用アンプのアジア …
  • 世界のリハビリ用ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界のリハビリ用ロボット市場2015について調査・分析し、リハビリ用ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの体外式除細動器市場(~2021)
  • 水路測量装置の世界市場予測(~2022年):センシングシステム、ポジショニングシステム、海底センサー、無人車両、ソフトウェア
    当調査レポートでは、水路測量装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、水路測量装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"