"電力監視の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 5516)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電力監視の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The power monitoring market is expected to reach USD 5.2 billion by 2024, at a CAGR of 6.1% from 2019 to 2024
The global power monitoring market is projected to reach USD 5.2 billion by 2024 from an estimated USD 3.8 billion in 2019, at a CAGR of 6.1% during the forecast period. There is an increasing focus on the efficient utilization of power resources. The power monitoring system plays a vital role by reducing the energy costs and maximizing the reliability of electrical infrastructure. It hence offers opportunities for the increasing adoption of smart grid technologies.

“Hardware segment of power monitoring dominates the global market.”
The hardware segment of the power monitoring market is expected to be the largest market, by component, during the forecast period. The growth of the market is driven by the increasing number of smart grid installations as well as investments globally.
Hardware segment is further sub-segmented into metering & communication devices and measurement devices. Metering & communication devices is expected to be the largest market during the forecast period. The basic function of metering devices is to measure, record, and monitor the quantity of power flowing through any part of the electric system.

“Datacenters segment power monitoring dominate the global market “
The datacenters segment, by end-user is estimated to be the fastest-growing during the forecast period. This growth is attributed to the need for reliable power supply and increasing investments in the IT hubs and electrical power distribution infrastructure. Moreover, datacenter consumes a large amount of energy for its functioning. Any loss of power can result in data loss and huge monetary loss. So, power monitoring systems are used in datacenters for the optimization of power utilization.

“Asia Pacific to lead the global power monitoring market in terms of growth rate.”
The power monitoring market in Asia Pacific is projected to grow at the fastest rate during the forecast period. Increasing installation of power monitoring systems dominate the market in countries such as China, Japan, South Korea, and India for maximizing the reliability of electrical infrastructure and reducing the energy costs. Besides Asia Pacific, North America was one of the largest markets for power monitoring. The demand for power monitoring in North America is driven mainly by the increasing focus on upgrading the aging power infrastructure in the region.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–55%, Tier II–30%, and Tier III–15%
By Designation: C-Level–60%, Director Level–20%, and Others–20%
By Region: North America- 61%, Europe- 18%, Asia Pacific- 10%, Middle East & Africa- 9%, and South America- 2%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:

The global power monitoring market is dominated by a few major players that have an extensive regional presence. The leading players in the power monitoring are Schneider Electric (France), ABB(Switzerland), Eaton(Ireland), Siemens(Germany), General Electric(US), Emerson(US), Rockwell Automation (US), Mitsubishi Electric (Japan), Omron(Japan), Yokogawa(Japan).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global power monitoring market, by technology, capacity, end-user, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the power monitoring market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電力監視の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.2.1 Power Monitoring Market, By Component: Inclusions & Exclusions
1.2.2 Power Monitoring Market, By End-User: Inclusions & Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakup of Primaries
2.2 Scope
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Demand-Side Analysis
2.3.1.1 Key Assumptions
2.3.1.2 Calculation
2.3.2 Forecast
2.3.3 Supply-Side Analysis
2.3.3.1 Assumptions and Calculations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Power Monitoring Market
4.2 Power Monitoring Market, By Region
4.3 Power Monitoring Market, By Component & Country
4.4 Power Monitoring Market, By Component
4.5 Power Monitoring Market, By End-User
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Focus on Effective Utilization of Power Resources
5.2.1.2 Growing Attention to Reducing Energy Cost
5.2.1.3 Maximizing the Reliability of Electrical Infrastructure
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Higher Costs of High-End Monitoring Devices
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Smart Grid Technologies
5.2.3.2 Growing Focus on Industrial Developments
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Alternatives Such as Energy Management System
6 Power Monitoring Market, By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Increasing Investments in Smart Technology are Expected to Drive the Hardware Segment
6.2.2 Metering & Communication Devices
6.2.3 Measurement Devices
6.3 Software
6.3.1 Organizing Data to Provide Meaningful Information Via Web Interface is Expected to Drive the Software Segment
6.4 Services
6.4.1 Installation of New Components and Upgrading the Existing Ones is Expected to Drive the Services Segment
7 Power Monitoring Market, By End-User (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Manufacturing & Process Industry
7.2.1 Increasing Focus on Energy Efficiency is Expected to Drive the Manufacturing & Process Industry Segment
7.3 Data Center
7.3.1 Need for Reliable Power Supply is Driving the Data Center Power Monitoring Market
7.4 Utilities & Renewables
7.4.1 Increasing Attention to Reducing Energy Cost & Growing Investments in Smart Grid Technology are Expected to Drive the Market
7.5 Public Infrastructure
7.5.1 Increase in Urbanization Coupled With the Need for Real-Time Monitoring of Power Usage is Expected to Drive This Segment
7.6 Electric Vehicle Charging Station
7.6.1 Rise in Global Electric Car Fleet is Expected to Drive This Segment
8 Power Monitoring Market, By Region (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Increasing Focus on Upgrading the Aging Power Equipment is Expected to Boost the Demand for the US Power Monitoring Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 High Maintenance Costs Due to the Aging Electricity Infrastructure in Canada are Likely to Drive the Canadian Power Monitoring Market
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Focus on New Electrical Infrastructure is Expected to Drive the Demand for the Mexican Power Monitoring Market
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Increase in Renewable Power Generation is Driving the Power Monitoring Market
8.3.2 UK
8.3.2.1 Need to Manage and Monitor Complex Grid is Driving the Power Monitoring Market
8.3.3 France
8.3.3.1 Focus on Strengthening the Energy Supply Chain is Driving the Power Monitoring Market
8.3.4 Italy
8.3.4.1 Need for Reliable Power Supply and Achieving Energy Efficiency are Driving the Power Monitoring Market
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Focus on Decreasing Energy Costs is Driving the Power Monitoring Market
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Focus on Integrating Renewable Energy Generation and Smart Grid Technologies is Driving the Market
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Need for Real-Time Communication of the Power Generated is Driving the Power Monitoring Market
8.4.3 South Korea
8.4.3.1 Increasing Focus on Greater Efficiency in Power Distribution is Driving the Power Monitoring Market
8.4.4 India
8.4.4.1 Focus on Reducing Costs and Monitoring the Entire Electrical Infrastructure is Driving the Power Monitoring Market
8.4.5 Rest of Asia Pacific
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Focus on Reducing Energy Costs is Expected to Increase the Demand for Power Monitoring Market
8.5.2 UAE
8.5.2.1 Higher Standards for Energy Efficiency and Smart Grid Initiatives are Expected to Boost the UAE Power Monitoring Market
8.5.3 South Africa
8.5.3.1 Focus on Improving Energy Efficiency and Fulfilling Future Energy Requirements are Expected to Boost the South African Power Monitoring Market
8.5.4 Algeria
8.5.4.1 Increasing Focus on Distributed Energy Solutions is Expected to Boost the Algerian Power Monitoring Market
8.5.5 Qatar
8.5.5.1 Increasing Investments in Infrastructure are Expected to Boost the Qatari Power Monitoring Market
8.5.6 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 By Country
8.6.2 Brazil
8.6.2.1 Investments in Smart Meter and Pilot Smart Grid Projects are Expected to Boost the Power Monitoring Market in Brazil
8.6.3 Argentina
8.6.3.1 Economic and Regulatory Changes in the Energy Sector are Expected to Boost the Argentinian Power Monitoring Market
8.6.4 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 90)
9.1 Introduction
9.2 Market Share Analysis
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Contracts & Agreements
9.3.2 Mergers & Acquisitions
9.3.3 New Product Developments
9.3.4 Others
9.4 Competitive Leadership Mapping
9.4.1 Visionary Leaders
9.4.2 Innovators
9.4.3 Dynamic
9.4.4 Emerging
10 Company Profile (Page No. – 97)
(Overview, Product Offerings, Recent Developments, and SWOT Analysis)*
10.1 Schneider Electric
10.2 ABB
10.3 Eaton
10.4 Siemens
10.5 General Electric
10.6 Emerson
10.7 Rockwell Automation
10.8 Mitsubishi Electric
10.9 Omron
10.10 Yokogawa
10.11 Littelfuse
10.12 Fuji Electric Fa Components & Systems
10.13 Fluke Corporation
10.14 Samsara
10.15 Accuenergy
10.16 Veris Industries
10.17 Albireo Energy
10.18 Vacom Technologies
10.19 Etap- Operation Technology
10.20 Greystone Energy Systems
*Details on Overview, Product Offerings, Recent Developments, and SWOT Analysis Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 134)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電力監視の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 5516
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電力監視の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電気式トレース(EHT)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、電気式トレース(EHT)の世界市場について調査・分析し、電気式トレース(EHT)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:種類別分析 ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:用途別分析 ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ガラス鋳型の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガラス鋳型の世界市場について調査・分析し、ガラス鋳型の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガラス鋳型シェア、市場規模推移、市場規模予測、ガラス鋳型種類別分析(従来型鋳鉄鋳型、合金鋳鉄鋳型、その他)、ガラス鋳型用途別分析(飲料・ワイン産業、日常用化学薬品産業、コモディティ産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ガラス鋳型の市場概観 ・ガラス鋳型のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ガラス鋳型のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ガラス鋳型の世界市場規模 ・ガラス鋳型の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ガラス鋳型のアメリカ市場規模推移 ・ガラス鋳型のカナダ市場規模推移 ・ガラス鋳型のメキシコ市場規模推移 ・ガラス鋳型のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ガラス鋳型のドイツ市場規模推移 ・ガラス鋳型のイギリス市場規模推移 ・ガラス鋳型のロシア市場規模推移 ・ガラス鋳型のアジア市場分析(日本、中国、韓国、 …
  • 臨床的リスク分類ソリューションの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、臨床的リスク分類ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(スコアカード及び視覚化ツール、ダッシュボード分析、リスク報告)分析、展開別(プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド)分析、エンドユーザー別分析、臨床的リスク分類ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、臨床的リスク分類ソリューションの世界市場規模が2019年427百万ドルから2024年829百万ドルまで年平均14.2%成長すると予測しています。
  • 世界の信号発生器市場2015
    本調査レポートでは、世界の信号発生器市場2015について調査・分析し、信号発生器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフクリーニング・コーティング及び表面の世界市場2015-2022
  • 航空機塗装の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、航空機塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、樹脂種類別分析、技術別分析、需要先別分析、用途別分析、航空機塗装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015
    本調査レポートでは、世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015について調査・分析し、PLD(プログラマブルロジックデバイス)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホウ酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のホウ酸市場2016について調査・分析し、ホウ酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンベアオーブンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンベアオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンベアオーブンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ディスプレイコントローラの世界市場予測(~2022):種類別(LCDコントローラ、タッチスクリーンコントローラ、マルチディスプレイ、スマートディスプレイ、グラフィックLCDコントローラ)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、ディスプレイコントローラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ディスプレイコントローラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の2,3-ジクロロピリジン市場2016
    本調査レポートでは、世界の2,3-ジクロロピリジン市場2016について調査・分析し、2,3-ジクロロピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 聴診器の世界市場2014-2025:タイプ別(手動聴診器、電気聴診器)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、聴診器の世界市場について調査・分析し、聴診器の世界市場動向、聴診器の世界市場規模、市場予測、セグメント別聴診器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ボンディングフィルムの世界市場予測(~2022年):エポキシ、アクリル、ポリウレタン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボンディングフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、ボンディングフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高度エネルギー貯蔵システム市場予測2017-2025:技術別(電池、フライホイール、サーマル、圧縮空気、溶融塩)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の高度エネルギー貯蔵システム市場について調査・分析し、世界の高度エネルギー貯蔵システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の高度エネルギー貯蔵システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、産業別分析、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び日本の極低温バルブ市場2017-2022
  • 世界のナノファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノファイバー市場2015について調査・分析し、ナノファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場について調べ、CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(種類別(単独療法、併用療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はCTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の市場状況 ・CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の市場規模 ・CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の市場予測 ・CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(単独療法、併用療法) ・CTLA …
  • クラウドストレージの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、クラウドストレージの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・クラウドストレージの世界市場:イントロダクション ・クラウドストレージの世界市場:市場概観 ・クラウドストレージの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・クラウドストレージの世界市場:セグメント別市場分析 ・クラウドストレージの世界市場:種類別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:産業別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:主要地域別市場分析 ・クラウドストレージの世界市場:関連企業分析
  • 航空機用油圧装置の世界市場予測(~2021年):リザーバー、フィルター、ポンプ、アキュムレータ、アクチュエータ、油圧作動油
    当調査レポートでは、航空機用油圧装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、航空機用油圧装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の車用空気清浄機市場2016
    本調査レポートでは、世界の車用空気清浄機市場について調査・分析し、世界の車用空気清浄機市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • バイオ接着剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バイオ接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ接着剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメント市場規模、種類別(スポーツ食品、スポーツドリンク、スポーツサプリメント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの世界市場:市場動向分析 ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの世界市場:競争要因分析 ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの世界市場:種類別(スポーツ食品、スポーツドリンク、スポーツサプリメント) ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの世界市場:主要地域別分析 ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントのヨーロッパ市場規模 ・ スポーツ栄養製品・高エネルギーサプリメントのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スポーツ …
  • ベビーフード包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ベビーフード包装の世界市場について調査・分析し、ベビーフード包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ベビーフード包装の世界市場:市場動向分析 ・ベビーフード包装の世界市場:競争要因分析 ・ベビーフード包装の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ベビーフード包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ベビーフード包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・ベビーフード包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ベビーフード包装の北米市場規模 ・ベビーフード包装の欧州市場規模 ・ベビーフード包装のアジア市場規模 ・ベビーフード包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 消泡剤(塗料添加剤)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消泡剤(塗料添加剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消泡剤(塗料添加剤)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場分析:タイプ別(家電、ネットワーク機器)、用途別(BFSI、政府、IT・通信、小売、ヘルスケア)、エンドユーザー別(大企業、中小企業、住宅)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場動向、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイヤレスギガビット(WiGig)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空気分離装置の世界市場予測2019-2024
    「空気分離装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、20 K CMPH以下、20-60 K CMPH、60 K CMPH以上など、用途別には、Chemical Industry、Industry Gas、Metallurgy Industry、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。空気分離装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・空気分離装置の世界市場概要(サマリー) ・空気分離装置の企業別販売量・売上 ・空気分離装置の企業別市場シェア ・空気分離装置の世界市場規模:種類別(20 K CMPH以下、20-60 K CMPH、60 K CMPH以上) ・空気分離装置の世界市場規模:用途別(Chemical Industry、Industry Gas、Metallurgy Industry、Other) ・空気分離装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・空気分離装置のアジア市場規模(日本、 …
  • エアゾール噴射剤の世界市場分析:製品別(炭化水素、DME、亜酸化窒素、二酸化炭素)、用途別(パーソナルケア、家庭用、自動車・産業、食品、塗料、医療)、セグメント予測 2022
    本調査レポートでは、エアゾール噴射剤の世界市場について調査・分析し、エアゾール噴射剤の世界市場動向、エアゾール噴射剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別エアゾール噴射剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の限外ろ過市場:用途別、地域別
    本調査レポートは限外ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、産業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・限外ろ過の世界市場:用途別(都市用、産業用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 院内感染(Nosocomial Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・院内感染(Nosocomial Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・院内感染(Nosocomial Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・院内感染(Nosocomial Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・院内感染(Nosocomial Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の院内感染(Nosocomial Infections)治療薬剤
  • グルカル酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グルカル酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グルカル酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有量<95%、含有量95%-98%、含有量>98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規 …
  • 口内乾燥症治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、口内乾燥症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、口内乾燥症治療薬市場規模、製品別(市販薬、処方薬)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・口内乾燥症治療薬の世界市場概要 ・口内乾燥症治療薬の世界市場環境 ・口内乾燥症治療薬の世界市場動向 ・口内乾燥症治療薬の世界市場規模 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:製品別(市販薬、処方薬) ・口内乾燥症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・口内乾燥症治療薬の北米市場規模・予測 ・口内乾燥症治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・口内乾燥症治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・口内乾燥症治療薬の主要国分析 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・口内乾燥症治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:競争環境 ・口内乾燥症治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象 …
  • 顔認証の世界市場
    当調査レポートでは、顔認証の世界市場について調査・分析し、顔認証の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の尿管鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿管鏡市場2015について調査・分析し、尿管鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ショットブラストマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ショットブラストマシーンの世界市場について調査・分析し、ショットブラストマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ショットブラストマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ショットブラストマシーン種類別分析()、ショットブラストマシーン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ショットブラストマシーンの市場概観 ・ショットブラストマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ショットブラストマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ショットブラストマシーンの世界市場規模 ・ショットブラストマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ショットブラストマシーンのアメリカ市場規模推移 ・ショットブラストマシーンのカナダ市場規模推移 ・ショットブラストマシーンのメキシコ市場規模推移 ・ショットブラストマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ショットブラストマシーンのドイツ市場規模推移 ・ショ …
  • 3Dプリンティング市場におけるM&A、投資、特許の見通し
  • 世界のレール用車輪市場2015
    本調査レポートでは、世界のレール用車輪市場2015について調査・分析し、レール用車輪の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の液体包装用カートン市場2015
    本調査レポートでは、中国の液体包装用カートン市場2015について調査・分析し、液体包装用カートンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱電発電機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、熱電発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱電発電機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱電発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alphabet Energy• Ferrotec Corporation• Gentherm Global Power Technologies (GPT)等です。
  • ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイス市場規模、用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場概要 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場環境 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場動向 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場規模 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:業界構造分析 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV …
  • テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファ受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ受容体拮抗薬の概要 ・アルファ受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 尿管カテーテルの世界市場2019-2023
    使い捨てカテーテルと自己導尿への関心が高まるにつれて、尿管カテーテルの需要が高まっています。使い捨てカテーテルへの関心が高まりは、市場に大きく貢献しており、尿管カテーテルの世界市場における重要な収益源となっています。 使い捨て尿管カテーテルは、市場にて様々な価格で販売されています。 主要な使い捨て尿管カテーテルには、CR Bard 社製のポリウレタン尿管カテーテル、UroMed 社製の UroMed PURGreen 尿管カテーテルがあります。 多くの規制機関や政府は、使い捨て器具の 使用を推奨し、病院や医療センターでこのような器具の採用を拡大するための厳しいガイドラインを課しています。 Technavioのアナリストは、尿管カテーテルの世界市場が2023年までに6%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、BD、Boston Scientific、Cook Medical、Olympus、Teleflex、UroMedなどです。 当調査レポートでは、尿管カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、尿管カテーテル市場規模、製品別(間欠的カテーテル …
  • 世界の詐欺検知防御(FDP)市場2019
    本調査レポートでは、世界の詐欺検知防御(FDP)市場2019について調査・分析し、詐欺検知防御(FDP)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、詐欺検知防御(FDP)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、詐欺検知防御(FDP)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・詐欺検知防御(FDP)の市場概要 ・詐欺検知防御(FDP)の上流・下流市場分析 ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺検知防御(FDP)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・詐欺検知防御(FDP)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺 …
  • 内視鏡の世界市場:製品別(軟性、使い捨て、硬性)、用途別(消化管、泌尿器、腹腔鏡検査)、最終用途別、セグメント予測
    内視鏡の世界市場は2025年には171億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加、胃腸疾患の蔓延、および技術の高度化が考えられます。また、低侵襲外科手術(MIS)に対する選好の高まりによっても、市場が成長していくと期待されています。本調査レポートでは、内視鏡の世界市場について調査・分析し、内視鏡の世界市場動向、内視鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別内視鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 配管用工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、配管用工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、配管用工具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 主要10センサーの世界市場予測(~2022):種類別(圧力、温度、画像、モーション、指紋、レベル、ガス、磁場、ポジション、ライト)、技術別、用途別、需要先産業別、地域別
    当調査レポートでは、主要10センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、主要10センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の真空リクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国の真空リクローザ市場2015について調査・分析し、真空リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バルブの世界市場予測(~2022年):ソレノイドバルブ、EGRバルブ、ブレーキ・コンビネーション・バルブ、AT制御バルブ、エンジンバルブ
    当調査レポートでは、自動車用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、車両種類別分析、用途別分析、機能別分析、自動車用バルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"