"質量分析の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 3787)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"質量分析の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The mass spectrometry market is projected to grow at a CAGR of 6.7% during the forecast period.”
The mass spectrometry market is projected to reach USD 6.3 billion by 2024 from USD 4.6 billion in 2019 at a CAGR of 6.7%. The technological advancements in mass spectrometers is driving the growth of the market. Government initiatives for pollution control and environmental testing, increasing spending on pharmaceutical R&D across the globe, government regulations on drug safety, growing focus on the quality of food products, and increase in crude and shale gas production are also supporting the growth of this market. However, the dearth of skilled professionals and the high cost of instruments may restrain the market to a certain extent during the forecast period.

“The hybrid mass spectrometry segment is projected to dominate the mass spectrometry products market during the forecast period.”
The mass spectrometry products market has been segmented into hybrid mass spectrometry, single mass spectrometry, and other platforms. The hybrid mass spectrometry segment further includes triple quadrupole, quadrupole TOF, and Fourier transform mass spectrometry devices, while the single mass spectrometry segment includes single quadrupole, Time of Flight (TOF), and ion trap spectrometers. The hybrid mass spectrometry segment held the largest share of this market in 2018 and is also estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Hybrid mass spectrometers are technologically enhanced instruments that comprise a combination of two mass spectrometry platforms as compared to a single platform in single MS and hence provide higher accuracy, sensitivity, and efficiency in testing.

“The pharmaceutical & biotechnology applications segment held the largest market share in 2018.”
By application, the mass spectrometry market is segmented into pharmaceutical & biotechnology applications, environmental testing, food & beverage testing, petrochemical applications, and other applications. The pharmaceutical & biotechnology applications segment accounted for the largest share of this market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the growing research in proteomics and metabolomics and the rise in demand for pharmaceutical biosimilars, phytopharmaceuticals, and regenerative medicine.

“The North American mass spectrometry market is expected to hold the largest market during the forecast period.”
Geographically, the mass spectrometry market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World. The North American market is expected to hold the largest share of this market during the forecast period. The growing funding for research and government initiatives in the US, widespread usage of mass spectrometry in the metabolomics and petroleum sector, and CFI funding towards mass spectrometry projects in Canada are the key factors driving the North American mass spectrometry market.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level – 37%, Director-level – 29%, and Others – 34%
• By Region: North America – 30%, Europe – 33%, APAC – 27%, and RoW – 10%

The major players in the market include SCIEX (US), Agilent Technologies (US), Thermo Fisher Scientific (US), Waters Corporation (US), PerkinElmer (US), Shimadzu Corporation (Japan), Bruker (US), Analytik Jena (Germany), JEOL (Japan), Rigaku (Japan), DANI Instruments (Italy), LECO (US), Hiden Analytical (UK), Kore Technology (UK), Extrel CMS (US), MassTech (US), AMETEK Process Instruments (US), MKS Instruments (US), Advion (US), and FLIR Systems (US).

Research Coverage
This report studies the mass spectrometry market based on product, application, end-user, and region. The report also studies factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micro markets concerning their growth trends and forecasts the revenue of the market segments for four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market share of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the mass spectrometry market, and high-growth regions with their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"質量分析の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Primary Sources
2.2.3 Key Insights From Primary Sources
2.2.4 Market Size Estimation Methodology
2.2.5 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.6 Market Data Estimation & Triangulation
2.2.7 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Market Overview
4.2 Europe: Market, By Platform & Country (2019)
4.3 Market Share, By Platform, 2019 vs 2024
4.5 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Technological Advancements in Mass Spectrometers
5.2.1.2 Government Initiatives for Pollution Control and Environmental Testing
5.2.1.3 Increasing Spending on Pharmaceutical R&D
5.2.1.4 Government Regulations on Drug Safety
5.2.1.5 Growing Focus on the Quality of Food Products
5.2.1.6 Increase in Crude and Shale Gas Production
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Mass Spectrometry Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Opportunities in Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Market, By Platform (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Hybrid Mass Spectrometry
6.2.1 Triple Quadrupole
6.2.1.1 Triple Quadrupole Mass Spectrometry Segment Dominates the Hybrid Mass Spectrometry Market
6.2.2 Quadrupole TOF (Q-TOF)
6.2.2.1 Growing Use of Q-TOF in Metabolomics Research & Drug Development in the Pharmaceutical Industry to Drive Market Growth
6.2.3 Fourier Transform Mass Spectrometry (FTMS)
6.2.3.1 FTMS Enables the High-Resolution Analysis of Biomolecules
6.3 Single Mass Spectrometry
6.3.1 Quadrupole
6.3.1.1 Quadrupole Spectrometry is Useful When Studying Particular Ions of Interest
6.3.2 Time-Of-Flight (TOF)
6.3.2.1 TOF is Rapidly Becoming the Most Popular Method of Mass Separation for Proteomics and Conventional Analytical Chemistry
6.3.3 Ion Trap
6.3.3.1 Ion Trap Spectrometry Offers High Sensitivity, Robustness, and Rapid Identification of Low-Level Components in Complex Matrices
6.4 Other Platforms
7 Market, By Application (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Pharmaceutical & Biotechnology
7.2.1 Pharmaceutical & Biotechnology Forms the Largest Application Segment of the Market
7.3 Environmental Testing
7.3.1 Growing Pollution Levels & Rising Environmental Awareness to Drive the Growth of This Application Segment
7.4 Food & Beverage Testing
7.4.1 Growing Food Safety Concerns to Support Market Growth
7.5 Petrochemicals
7.5.1 Growing Number of New Oil & Gas Fields—Major Driver for This Application Segment
7.6 Other Applications
8 Market, By Region (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 The US Holds the Largest Share of the North American Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Funding for Innovation-Based Research Will Propel the Market in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Growth of the German Cosmetics Industry Will Aid the Growth of Its Market
8.3.2 UK
8.3.2.1 Rising Food Safety Concerns to Drive Market Growth in the UK
8.3.3 France
8.3.3.1 Strong Perfume Industry and the Growing Number of Pharma Startups Will Drive the Demand for Mass Spectrometry
8.3.4 Italy
8.3.4.1 Italy Showcases A Favorable Scenario for the Biotech and Pharma Industry
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Spain’s Strong Food & Beverage Industry Will Aid the Adoption of Mass Spectrometers
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Rising Player Attention on China Will Ensure Market Growth in the Coming Years
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Availability of Funding for Mass Spectrometry Projects and Growing Food Safety Concerns are Driving Market Growth
8.4.3 India
8.4.3.1 Stringent Environmental Monitoring Regulations in India to Boost the Use of Mass Spectrometry
8.4.4 Southeast Asia
8.4.4.1 Expanding Footprint of Market Leaders in Malaysia and Singapore Will Aid Market Growth in Southeast Asia
8.4.5 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Latin America
8.5.1.1 Growing Biotechnology and Pharmaceutical Industries to Support Market Growth in Latin America
8.5.2 Middle East & Africa
8.5.2.1 Strong Oil & Gas Industry and Rising Awareness on Food Safety have Drawn Company Focus to the Mea
9 Competitive Landscape (Page No. – 106)
9.1 Introduction
9.2 Market Share Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Emerging Companies
9.3.4 Dynamic Differentiators
9.4 Competitive Leadership Mapping (Emerging Players)
9.4.1 Progressive Companies
9.4.2 Starting/Emerging Blocks
9.4.3 Responsive Companies
9.4.4 Dynamic Companies
9.5 Competitive Scenario
9.5.1 Product Launches
9.5.2 Agreements & Collaborations
9.5.3 Acquisitions
9.5.4 Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 117)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View)*
10.1 Thermo Fisher Scientific
10.2 Sciex (A Subsidiary of Danaher)
10.3 Agilent Technologies
10.4 Waters Corporation
10.5 Shimadzu Corporation
10.6 Bruker
10.7 Perkinelmer
10.8 Jeol
10.9 Flir Systems
10.10 Mks Instruments
10.11 Analytik Jena (A Subsidiary of Endress+Hauser)
10.12 Hiden Analytical
10.13 Dani Instruments
10.14 Rigaku
10.15 Leco
10.16 Kore Technology
10.17 Extrel Cms
10.18 Masstech
10.19 Ametek Process Instruments
10.20 Advion
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 166)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】質量分析の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 3787
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
質量分析の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ヘッドライト制御モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別(ハロゲン、LED、キセノン)分析、用途別(オン/オフ、ベンディング/コーナリング、ハイビームアシスト、ヘッドライトレベリング)分析、車両種類別分析、乗用車セグメント別分析、ヘッドライト制御モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ヘッドライト制御モジュールの世界市場規模が2019年36億ドルから2027年50億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 世界のワイン用パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のワイン用パッケージ市場2015について調査・分析し、ワイン用パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 月経カップの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、月経カップの世界市場について調査・分析し、月経カップの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 泌尿器科手術用機器の世界市場2018–2025:製品別(内視鏡・内視鏡用システム・周辺機器・消耗品&付属品)、用途別(CKD、尿路結石、腫瘍)
    本調査レポートでは、泌尿器科手術用機器の世界市場について調査・分析し、泌尿器科手術用機器の世界市場動向、泌尿器科手術用機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別泌尿器科手術用機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パン改良剤の世界市場予測(~2022年):乳化剤、酵素、酸化剤、還元剤
    当調査レポートでは、パン改良剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、成分別分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、パン改良剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴーゼビールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゴーゼビールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴーゼビール市場規模、販売チャネル別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゴーゼビールの世界市場概要 ・ゴーゼビールの世界市場環境 ・ゴーゼビールの世界市場動向 ・ゴーゼビールの世界市場規模 ・ゴーゼビールの世界市場:業界構造分析 ・ゴーゼビールの世界市場:販売チャネル別 ・ゴーゼビールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゴーゼビールのアメリカ市場規模・予測 ・ゴーゼビールのヨーロッパ市場規模・予測 ・ゴーゼビールのアジア市場規模・予測 ・ゴーゼビールの主要国分析 ・ゴーゼビールの世界市場:意思決定フレームワーク ・ゴーゼビールの世界市場:成長要因、課題 ・ゴーゼビールの世界市場:競争環境 ・ゴーゼビールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 電気二重層コンデンサの世界市場:エンドユーザー別(旅行・交通、エンターテイメント・メディア、ヘルスケア・ホスピタリティ、BFSI・小売)、用途別(プッシュ型コンテンツサービス、顧客関係管理(CRM)サービス、プロモーションキャンペーン、インタラクティブサービス、相談関連サービス)、地域別予測
    本資料は、電気二重層コンデンサの世界市場について調べ、電気二重層コンデンサの世界規模、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(旅行・交通、エンターテイメント・メディア、ヘルスケア・ホスピタリティ、BFSI・小売)分析、用途別(プッシュ型コンテンツサービス、顧客関係管理(CRM)サービス、プロモーションキャンペーン、インタラクティブサービス、相談関連サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies, LLC、AMD Telecom S.A.、Fortytwo Telecom AB、CLX Communications AB、Silverstreet BV、Ogangi Corporation、Tanla Solutions Ltd、Symsoft AB、Angkor Data Communication Group Co., Ltd、Cybercomm、Route Mobile Limited、Infobip Ltd、Tyntec …
  • 脱酸素剤の世界市場予測(~2022年):金属系脱酸素剤、非金属系脱酸素剤
    当調査レポートでは、脱酸素剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、脱酸素剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カシアガムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カシアガムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カシアガム市場規模、エンドユーザー別(食品、工業生産、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カシアガムの世界市場概要 ・カシアガムの世界市場環境 ・カシアガムの世界市場動向 ・カシアガムの世界市場規模 ・カシアガムの世界市場:業界構造分析 ・カシアガムの世界市場:エンドユーザー別(食品、工業生産、その他) ・カシアガムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カシアガムの北米市場規模・予測 ・カシアガムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・カシアガムのアジア太平洋市場規模・予測 ・カシアガムの主要国分析 ・カシアガムの世界市場:意思決定フレームワーク ・カシアガムの世界市場:成長要因、課題 ・カシアガムの世界市場:競争環境 ・カシアガムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の眼圧計市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼圧計市場2015について調査・分析し、眼圧計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロフェノホス市場2016
    本調査レポートでは、世界のプロフェノホス市場2016について調査・分析し、プロフェノホスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブチルアクリレート市場2016
    本調査レポートでは、世界のブチルアクリレート市場2016について調査・分析し、ブチルアクリレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非鉄金属の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、非鉄金属の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非鉄金属市場規模、製品別(銅、アルミニウム、鉛、亜鉛、ニッケル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 非鉄金属の世界市場:市場動向分析 ・ 非鉄金属の世界市場:競争要因分析 ・ 非鉄金属の世界市場:製品別(銅、アルミニウム、鉛、亜鉛、ニッケル、その他) ・ 非鉄金属の世界市場:主要地域別分析 ・ 非鉄金属の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 非鉄金属のヨーロッパ市場規模 ・ 非鉄金属のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・非鉄金属の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 防水コネクタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防水コネクタの世界市場について調査・分析し、防水コネクタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防水コネクタシェア、市場規模推移、市場規模予測、防水コネクタ種類別分析(パネルシールド型、全密閉型)、防水コネクタ用途別分析(無線機器、戦術無線、屋外センサ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防水コネクタの市場概観 ・防水コネクタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防水コネクタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防水コネクタの世界市場規模 ・防水コネクタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防水コネクタのアメリカ市場規模推移 ・防水コネクタのカナダ市場規模推移 ・防水コネクタのメキシコ市場規模推移 ・防水コネクタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防水コネクタのドイツ市場規模推移 ・防水コネクタのイギリス市場規模推移 ・防水コネクタのロシア市場規模推移 ・防水コネクタのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • 産業用ガスタービン点火システムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用ガスタービン点火システムの世界市場について調べ、産業用ガスタービン点火システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用ガスタービン点火システムの市場規模をセグメンテーション別(用途別(発電、機械駆動)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は産業用ガスタービン点火システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・産業用ガスタービン点火システムの市場状況 ・産業用ガスタービン点火システムの市場規模 ・産業用ガスタービン点火システムの市場予測 ・産業用ガスタービン点火システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(発電、機械駆動) ・産業用ガスタービン点火システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • DNA依存RANポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるDNA依存RANポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・DNA依存RANポリメラーゼ阻害剤の概要 ・DNA依存RANポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のDNA依存RANポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・DNA依存RANポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・DNA依存RANポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 手指衛生の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、手指衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手指衛生の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 研磨紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、研磨紙の世界市場について調査・分析し、研磨紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別研磨紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、研磨紙種類別分析(ドライ研磨紙、ウェット研磨紙、その他)、研磨紙用途別分析(木材、金属、ニス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・研磨紙の市場概観 ・研磨紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・研磨紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・研磨紙の世界市場規模 ・研磨紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・研磨紙のアメリカ市場規模推移 ・研磨紙のカナダ市場規模推移 ・研磨紙のメキシコ市場規模推移 ・研磨紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・研磨紙のドイツ市場規模推移 ・研磨紙のイギリス市場規模推移 ・研磨紙のロシア市場規模推移 ・研磨紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・研磨紙の日本市場規模推移 ・研磨紙の中国市場規模推移 ・研磨紙の韓国市場規模推移 ・ …
  • 飲料包装の世界市場:包装材料別(ガラス、金属、プラスチック、板紙)、飲料タイプ別(アルコール飲料、非アルコール飲料)、包装タイプ別(ボトル、缶、カートン、その他)
    本市場調査レポートでは飲料包装について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、包装材料別(ガラス、金属、プラスチック、板紙)分析、飲料タイプ別(アルコール飲料、非アルコール飲料)分析、包装タイプ別(ボトル、缶、カートン、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・飲料包装の世界市場:包装材料別(ガラス、金属、プラスチック、板紙) ・飲料包装の世界市場:飲料タイプ別(アルコール飲料、非アルコール飲料) ・飲料包装の世界市場:包装タイプ別(ボトル、缶、カートン、その他) ・飲料包装の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築プロジェクト管理ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、建築プロジェクト管理ソフトウェア種類別分析(パソコンインストール型ソフトウェア、携帯端末インストール型ソフトウェア、クラウドベースソフトウェア)、建築プロジェクト管理ソフトウェア用途別分析(ゼネラルコントラクター、個人建設マネージャー、請負業者 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの市場概観 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場規模 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・建築プ …
  • ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 性能添加剤の世界市場予測(~2021年):プラスチック添加剤、塗料添加剤、顔料添加剤、インク添加剤
    当調査レポートでは、性能添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、性能添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の炭化ニオブ市場-分析及び展望(~2022年)
  • 世界のモーション検出器市場2016
    本調査レポートでは、世界のモーション検出器市場2016について調査・分析し、モーション検出器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非構造タンパク質5A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質5A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質5A阻害剤の概要 ・非構造タンパク質5A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質5A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質5A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質5A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のクリスタルフィルタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のクリスタルフィルタ市場2016について調査・分析し、クリスタルフィルタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブルガスクロマトグラフの世界市場予測(~2026年):装置、検出器、オートサンプラー
    当調査レポートでは、ポータブルガスクロマトグラフの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、装置別分析、消耗品別分析、需要先別分析、地域別分析、ポータブルガスクロマトグラフの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートサーモスタット市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートサーモスタット市場2015について調査・分析し、スマートサーモスタットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の温水器市場規模・予測2017-2025:電力供給源別(ガス、電気)、保管方法別(タンク・タンクレス/瞬時)、エンドユーズ別(住宅用、商業用)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の温水器市場について調査・分析し、世界の温水器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の温水器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 臨床質量分析の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、臨床質量分析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臨床質量分析市場規模、エンドユーザー別(医療、臨床研究室)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臨床質量分析の世界市場概要 ・臨床質量分析の世界市場環境 ・臨床質量分析の世界市場動向 ・臨床質量分析の世界市場規模 ・臨床質量分析の世界市場:業界構造分析 ・臨床質量分析の世界市場:エンドユーザー別(医療、臨床研究室) ・臨床質量分析の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臨床質量分析の北米市場規模・予測 ・臨床質量分析のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臨床質量分析のアジア太平洋市場規模・予測 ・臨床質量分析の主要国分析 ・臨床質量分析の世界市場:意思決定フレームワーク ・臨床質量分析の世界市場:成長要因、課題 ・臨床質量分析の世界市場:競争環境 ・臨床質量分析の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 第Ⅷ因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における第Ⅷ因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・第Ⅷ因子阻害剤の概要 ・第Ⅷ因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の第Ⅷ因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・第Ⅷ因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・第Ⅷ因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるWntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のWntシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Wntシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 眼科装置の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、眼科装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 眼科装置市場の概要 3. 眼科装置の世界市場 2016-2026 4. 眼科手術装置市場 2016-2026 5. 眼科ビジョンケア装置市場 2016-2026 6. 眼科診断・モニター装置市場 2016-2026 7. 主要国の眼科装置市場 2016-2026 8. 主要な眼科装置企業 2016 9. 眼科装置市場の定性分析 2016-2026 10. 結論 11. 用語集
  • 飼料酸味料の世界市場:動物種類別、地域別
    本レポートは、飼料酸味料の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、動物の種類別(家禽、反すう動物、豚、水産養殖、その他)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・飼料酸味料の世界市場:動物の種類別(家禽、反すう動物、豚、水産養殖、その他) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 医薬品契約販売の世界市場2016-2026
  • 中鎖脂肪酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中鎖脂肪酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中鎖脂肪酸市場規模、用途別(栄養補助食品、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中鎖脂肪酸の世界市場概要 ・中鎖脂肪酸の世界市場環境 ・中鎖脂肪酸の世界市場動向 ・中鎖脂肪酸の世界市場規模 ・中鎖脂肪酸の世界市場:業界構造分析 ・中鎖脂肪酸の世界市場:用途別(栄養補助食品、医薬品、その他) ・中鎖脂肪酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・中鎖脂肪酸の北米市場規模・予測 ・中鎖脂肪酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・中鎖脂肪酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・中鎖脂肪酸の主要国分析 ・中鎖脂肪酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・中鎖脂肪酸の世界市場:成長要因、課題 ・中鎖脂肪酸の世界市場:競争環境 ・中鎖脂肪酸の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ギリシャの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • ヘルスケアEDIの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ヘルスケアEDIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入方式別分析、トランザクション種類別分析、需要先別分析、ヘルスケアEDIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モービルホーム(移動住宅)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モービルホーム(移動住宅)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モービルホーム(移動住宅)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はモービルホーム(移動住宅)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Clayton、Cavco Industries、CHAMPION HOME BUILDERS、Skyline、Sunshine Homes等です。
  • ソーラーコントロールガラスの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ソーラーコントロールガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラーコントロールガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用デバイス市場規模・予測2017-2025:商品別(診断・監視デバイス、眼科用手術デバイス、視力ケア)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の眼科用デバイス市場について調査・分析し、世界の眼科用デバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の眼科用デバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベルギーの外傷固定装置市場見通し
  • ボイラー水処理化学薬品の世界市場予測(~2022年):防錆剤、スケール防止剤、脱酸素剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボイラー水処理化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ボイラー水処理化学薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小細胞肺癌(SCLC)の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、小細胞肺癌(SCLC)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・小細胞肺癌(SCLC)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・小細胞肺癌(SCLC)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • ECG装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 防火システムの世界市場予測(~2024年):火災感知、消火、スプリンクラー設備、火災分析、火災応答
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別(火災感知、消火、スプリンクラー設備、火災分析、火災応答)分析、サービス別分析、産業別分析、防火システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳血管内非コイル装置の世界市場:脳血管内ステント、アクセスデバイス、分流装置
    当調査レポートでは、脳血管内非コイル装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳血管内非コイル装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インク溶媒の世界市場2017-2021:従来型、環境配慮型・バイオベース
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、インク溶媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インク溶媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はインク溶媒の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arkema、Ashland、BASF、Celanese、The Dow Chemical Company等です。
  • 世界の伝導度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の伝導度計市場2015について調査・分析し、伝導度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス加工装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガラス加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラス加工装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"