"質量分析の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 3787)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"質量分析の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The mass spectrometry market is projected to grow at a CAGR of 6.7% during the forecast period.”
The mass spectrometry market is projected to reach USD 6.3 billion by 2024 from USD 4.6 billion in 2019 at a CAGR of 6.7%. The technological advancements in mass spectrometers is driving the growth of the market. Government initiatives for pollution control and environmental testing, increasing spending on pharmaceutical R&D across the globe, government regulations on drug safety, growing focus on the quality of food products, and increase in crude and shale gas production are also supporting the growth of this market. However, the dearth of skilled professionals and the high cost of instruments may restrain the market to a certain extent during the forecast period.

“The hybrid mass spectrometry segment is projected to dominate the mass spectrometry products market during the forecast period.”
The mass spectrometry products market has been segmented into hybrid mass spectrometry, single mass spectrometry, and other platforms. The hybrid mass spectrometry segment further includes triple quadrupole, quadrupole TOF, and Fourier transform mass spectrometry devices, while the single mass spectrometry segment includes single quadrupole, Time of Flight (TOF), and ion trap spectrometers. The hybrid mass spectrometry segment held the largest share of this market in 2018 and is also estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Hybrid mass spectrometers are technologically enhanced instruments that comprise a combination of two mass spectrometry platforms as compared to a single platform in single MS and hence provide higher accuracy, sensitivity, and efficiency in testing.

“The pharmaceutical & biotechnology applications segment held the largest market share in 2018.”
By application, the mass spectrometry market is segmented into pharmaceutical & biotechnology applications, environmental testing, food & beverage testing, petrochemical applications, and other applications. The pharmaceutical & biotechnology applications segment accounted for the largest share of this market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the growing research in proteomics and metabolomics and the rise in demand for pharmaceutical biosimilars, phytopharmaceuticals, and regenerative medicine.

“The North American mass spectrometry market is expected to hold the largest market during the forecast period.”
Geographically, the mass spectrometry market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World. The North American market is expected to hold the largest share of this market during the forecast period. The growing funding for research and government initiatives in the US, widespread usage of mass spectrometry in the metabolomics and petroleum sector, and CFI funding towards mass spectrometry projects in Canada are the key factors driving the North American mass spectrometry market.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level – 37%, Director-level – 29%, and Others – 34%
• By Region: North America – 30%, Europe – 33%, APAC – 27%, and RoW – 10%

The major players in the market include SCIEX (US), Agilent Technologies (US), Thermo Fisher Scientific (US), Waters Corporation (US), PerkinElmer (US), Shimadzu Corporation (Japan), Bruker (US), Analytik Jena (Germany), JEOL (Japan), Rigaku (Japan), DANI Instruments (Italy), LECO (US), Hiden Analytical (UK), Kore Technology (UK), Extrel CMS (US), MassTech (US), AMETEK Process Instruments (US), MKS Instruments (US), Advion (US), and FLIR Systems (US).

Research Coverage
This report studies the mass spectrometry market based on product, application, end-user, and region. The report also studies factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micro markets concerning their growth trends and forecasts the revenue of the market segments for four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market share of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the mass spectrometry market, and high-growth regions with their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"質量分析の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Primary Sources
2.2.3 Key Insights From Primary Sources
2.2.4 Market Size Estimation Methodology
2.2.5 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.6 Market Data Estimation & Triangulation
2.2.7 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Market Overview
4.2 Europe: Market, By Platform & Country (2019)
4.3 Market Share, By Platform, 2019 vs 2024
4.5 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Technological Advancements in Mass Spectrometers
5.2.1.2 Government Initiatives for Pollution Control and Environmental Testing
5.2.1.3 Increasing Spending on Pharmaceutical R&D
5.2.1.4 Government Regulations on Drug Safety
5.2.1.5 Growing Focus on the Quality of Food Products
5.2.1.6 Increase in Crude and Shale Gas Production
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Mass Spectrometry Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Opportunities in Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Market, By Platform (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Hybrid Mass Spectrometry
6.2.1 Triple Quadrupole
6.2.1.1 Triple Quadrupole Mass Spectrometry Segment Dominates the Hybrid Mass Spectrometry Market
6.2.2 Quadrupole TOF (Q-TOF)
6.2.2.1 Growing Use of Q-TOF in Metabolomics Research & Drug Development in the Pharmaceutical Industry to Drive Market Growth
6.2.3 Fourier Transform Mass Spectrometry (FTMS)
6.2.3.1 FTMS Enables the High-Resolution Analysis of Biomolecules
6.3 Single Mass Spectrometry
6.3.1 Quadrupole
6.3.1.1 Quadrupole Spectrometry is Useful When Studying Particular Ions of Interest
6.3.2 Time-Of-Flight (TOF)
6.3.2.1 TOF is Rapidly Becoming the Most Popular Method of Mass Separation for Proteomics and Conventional Analytical Chemistry
6.3.3 Ion Trap
6.3.3.1 Ion Trap Spectrometry Offers High Sensitivity, Robustness, and Rapid Identification of Low-Level Components in Complex Matrices
6.4 Other Platforms
7 Market, By Application (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Pharmaceutical & Biotechnology
7.2.1 Pharmaceutical & Biotechnology Forms the Largest Application Segment of the Market
7.3 Environmental Testing
7.3.1 Growing Pollution Levels & Rising Environmental Awareness to Drive the Growth of This Application Segment
7.4 Food & Beverage Testing
7.4.1 Growing Food Safety Concerns to Support Market Growth
7.5 Petrochemicals
7.5.1 Growing Number of New Oil & Gas Fields—Major Driver for This Application Segment
7.6 Other Applications
8 Market, By Region (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 The US Holds the Largest Share of the North American Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Funding for Innovation-Based Research Will Propel the Market in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Growth of the German Cosmetics Industry Will Aid the Growth of Its Market
8.3.2 UK
8.3.2.1 Rising Food Safety Concerns to Drive Market Growth in the UK
8.3.3 France
8.3.3.1 Strong Perfume Industry and the Growing Number of Pharma Startups Will Drive the Demand for Mass Spectrometry
8.3.4 Italy
8.3.4.1 Italy Showcases A Favorable Scenario for the Biotech and Pharma Industry
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Spain’s Strong Food & Beverage Industry Will Aid the Adoption of Mass Spectrometers
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Rising Player Attention on China Will Ensure Market Growth in the Coming Years
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Availability of Funding for Mass Spectrometry Projects and Growing Food Safety Concerns are Driving Market Growth
8.4.3 India
8.4.3.1 Stringent Environmental Monitoring Regulations in India to Boost the Use of Mass Spectrometry
8.4.4 Southeast Asia
8.4.4.1 Expanding Footprint of Market Leaders in Malaysia and Singapore Will Aid Market Growth in Southeast Asia
8.4.5 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Latin America
8.5.1.1 Growing Biotechnology and Pharmaceutical Industries to Support Market Growth in Latin America
8.5.2 Middle East & Africa
8.5.2.1 Strong Oil & Gas Industry and Rising Awareness on Food Safety have Drawn Company Focus to the Mea
9 Competitive Landscape (Page No. – 106)
9.1 Introduction
9.2 Market Share Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Emerging Companies
9.3.4 Dynamic Differentiators
9.4 Competitive Leadership Mapping (Emerging Players)
9.4.1 Progressive Companies
9.4.2 Starting/Emerging Blocks
9.4.3 Responsive Companies
9.4.4 Dynamic Companies
9.5 Competitive Scenario
9.5.1 Product Launches
9.5.2 Agreements & Collaborations
9.5.3 Acquisitions
9.5.4 Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 117)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View)*
10.1 Thermo Fisher Scientific
10.2 Sciex (A Subsidiary of Danaher)
10.3 Agilent Technologies
10.4 Waters Corporation
10.5 Shimadzu Corporation
10.6 Bruker
10.7 Perkinelmer
10.8 Jeol
10.9 Flir Systems
10.10 Mks Instruments
10.11 Analytik Jena (A Subsidiary of Endress+Hauser)
10.12 Hiden Analytical
10.13 Dani Instruments
10.14 Rigaku
10.15 Leco
10.16 Kore Technology
10.17 Extrel Cms
10.18 Masstech
10.19 Ametek Process Instruments
10.20 Advion
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 166)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】質量分析の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 3787
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
質量分析の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医薬品・バイオ技術環境モニタリングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医薬品・バイオ技術環境モニタリングの世界市場について調査・分析し、医薬品・バイオ技術環境モニタリングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医薬品・バイオ技術環境モニタリングシェア、市場規模推移、市場規模予測、医薬品・バイオ技術環境モニタリング種類別分析()、医薬品・バイオ技術環境モニタリング用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングの市場概観 ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングの世界市場規模 ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングのアメリカ市場規模推移 ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングのカナダ市場規模推移 ・医薬品・バイオ技術環境モニタリングのメキシコ市場規模推移 ・医薬品・バイオ技術環 …
  • ヨーロッパのジュース市場:フルーツジュース、ネクター、果実飲料、野菜ジュース
    当調査レポートでは、ヨーロッパのジュース市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのジュース市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場について調査・分析し、体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別体外式膜型人工肺(ECMO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、体外式膜型人工肺(ECMO)種類別分析(VV ECMO、VA ECMO )、体外式膜型人工肺(ECMO)用途別分析(新生児、小児、成人)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・体外式膜型人工肺(ECMO)の市場概観 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・体外式膜型人工肺(ECMO)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場規模 ・体外式膜型人工肺(ECMO)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・体外式膜型人工肺(ECMO)のアメリカ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のカナダ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のメキシコ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のヨーロッパ市場分析 …
  • 世界の実験用ミキサー市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは実験用ミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・実験用ミキサーの世界市場:エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • プラスチックフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プラスチックフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチックフィルム市場規模、素材別(PE、BOPP、BOPET)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プラスチックフィルムの世界市場概要 ・プラスチックフィルムの世界市場環境 ・プラスチックフィルムの世界市場動向 ・プラスチックフィルムの世界市場規模 ・プラスチックフィルムの世界市場:業界構造分析 ・プラスチックフィルムの世界市場:素材別(PE、BOPP、BOPET) ・プラスチックフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチックフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・プラスチックフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・プラスチックフィルムのアジア市場規模・予測 ・プラスチックフィルムの主要国分析 ・プラスチックフィルムの世界市場:意思決定フレームワーク ・プラスチックフィルムの世界市場:成長要因、課題 ・プラスチックフィルムの世界市場:競争環境 …
  • 電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信
    当調査レポートでは、電力線搬送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力線搬送の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車燃料供給システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車燃料供給システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車燃料供給システム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車燃料供給システムの世界市場概要 ・自動車燃料供給システムの世界市場環境 ・自動車燃料供給システムの世界市場動向 ・自動車燃料供給システムの世界市場規模 ・自動車燃料供給システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車燃料供給システムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車燃料供給システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車燃料供給システムの北米市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムの主要国分析 ・自動車燃料供給システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車燃料供給システムの世界市場:成長要因、課題 ・自動車燃料供給システ …
  • コンクリートおよびセメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンクリートおよびセメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンクリートおよびセメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートドアロックの世界市場:製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その他)、用途別(家庭、商業、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートドアロックの世界市場について調べ、スマートドアロックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その他)分析、用途別(家庭、商業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはASSA ABLOY、Samsung、Allegion、Kwikset、MIWA Lock、Master Lock、Guangdong Be-Tech、Adel、August、Honeywell、Jiangmen Keyu Intelligence、 Tenon、Locstar、Probuck、Guangdong Level Intelligent Lockなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートドアロックの世界市場概要 ・スマートドアロックの世界市場環境 ・スマートドアロックの世界市場動向 ・スマートドアロックの世界市場規模 ・スマートドアロックの世界市場規模:製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その …
  • 露天採掘機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、露天採掘機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、露天採掘機の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は露天採掘機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atlas Copco、Caterpillar、Komatsu、LARSEN & TOUBRO、Sandvik等です。
  • がん胎児性抗原の世界市場分析:用途別(結腸直腸がん、膵臓がん、卵巣がん、乳がん、甲状腺がん)、セグメント予測
    本調査レポートでは、がん胎児性抗原の世界市場について調査・分析し、がん胎児性抗原の世界市場動向、がん胎児性抗原の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん胎児性抗原市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィンランドの電気生理装置市場見通し
  • 証券用紙の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、証券用紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、証券用紙市場規模、製品別(政府通貨、パスポート、OP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・証券用紙の世界市場概要 ・証券用紙の世界市場環境 ・証券用紙の世界市場動向 ・証券用紙の世界市場規模 ・証券用紙の世界市場:業界構造分析 ・証券用紙の世界市場:製品別(政府通貨、パスポート、OP) ・証券用紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・証券用紙の北米市場規模・予測 ・証券用紙のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・証券用紙のアジア太平洋市場規模・予測 ・証券用紙の主要国分析 ・証券用紙の世界市場:意思決定フレームワーク ・証券用紙の世界市場:成長要因、課題 ・証券用紙の世界市場:競争環境 ・証券用紙の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 北米の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • ゴミ袋の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ゴミ袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(スターシール、ドローストリング、ウェーブトップ、C折り、フラットシール、ガセットシール)分析、エンドユーズ別(小売、施設内、産業用)分析、ゴミ袋の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ゴミ袋の世界市場規模が2019年95億ドルから2024年121億ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。
  • 静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)のフェーズ3治験薬の状況 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬の市場規模(販売予測) ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬剤
  • 組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他)、用途別(データ処理、民生機器、産業、防衛・航空宇宙、自動車、テレコム、その他)
    本資料は、組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場について調べ、組み込み(エンベデッド)FPGAの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場概要 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場環境 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場動向 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場規模 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:市場シェア ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他) ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:用途別(データ処理、民生機器、産業、防衛・航空宇宙、自動車、テレコム、その他) ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:地域別市場規模・分析 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの北米 …
  • モジュール型データセンタの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、モジュール型データセンタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット芝刈り機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ロボット芝刈り機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット芝刈り機市場規模、最終用途別(家庭用、商業用)分析、作業範囲別(中規模(800~1,500平方メートル)、小規模(800平方メートル未満)、大規模(1500~10,500平方メートル))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボット芝刈り機の世界市場概要 ・ロボット芝刈り機の世界市場環境 ・ロボット芝刈り機の世界市場動向 ・ロボット芝刈り機の世界市場規模 ・ロボット芝刈り機の世界市場:業界構造分析 ・ロボット芝刈り機の世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・ロボット芝刈り機の世界市場:作業範囲別(中規模(800~1,500平方メートル)、小規模(800平方メートル未満)、大規模(1500~10,500平方メートル)) ・ロボット芝刈り機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット芝刈り機のアメリカ市場規模・予測 ・ロボット芝刈り機のヨーロッパ市 …
  • インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるインフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の概要 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のインフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • フランスの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、人工ニューラルネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、プラットフォーム/ APIおよびサービス)分析、用途別(画像認識、信号認識、データマイニング)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、人工ニューラルネットワークの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、人工ニューラルネットワークの世界市場規模が2019年117百万ドルから2024年296百万ドルまで年平均20.5%成長すると予測しています。
  • カバーガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カバーガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カバーガラスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアイスクリーム市場:製品別、流通経路別、地域別
    本調査レポートはアイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(インパルス、テイクホーム、アルティサナル)分析、顧客状況、流通経路別(スーパーマーケット&ハイパーマーケット、専門店、独立小売業者、その他)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アイスクリームの世界市場:製品別(インパルス、テイクホーム、アルティサナル) ・顧客状況 ・アイスクリームの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット&ハイパーマーケット、専門店、独立小売業者、その他) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の放射線量管理ソリューション市場:ソリューション別、地域別
    本調査レポートは放射線量管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、ソリューション別(サービス、製品)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・放射線量管理ソリューションの世界市場:ソリューション別(サービス、製品) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 複合現実の世界市場
    当調査レポートでは、複合現実の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、複合現実の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RFIC(高周波用IC)の世界市場:トランシーバ、パワーアンプ、WiFi、Bluetooth
    当調査レポートでは、RFIC(高周波用IC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFIC(高周波用IC)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用レーザーの世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO₂レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用レーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、ROFIN-SINAR Technologies、TRUMPF等です。
  • PINフォトダイオードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PINフォトダイオードの世界市場について調査・分析し、PINフォトダイオードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PINフォトダイオードシェア、市場規模推移、市場規模予測、PINフォトダイオード種類別分析(シリコン、InGaAs 、その他)、PINフォトダイオード用途別分析(航空宇宙・防衛、家電、自動車、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PINフォトダイオードの市場概観 ・PINフォトダイオードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PINフォトダイオードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PINフォトダイオードの世界市場規模 ・PINフォトダイオードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PINフォトダイオードのアメリカ市場規模推移 ・PINフォトダイオードのカナダ市場規模推移 ・PINフォトダイオードのメキシコ市場規模推移 ・PINフォトダイオードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PIN …
  • 医療用ハイパースペクトルイメージング(HSI)システムの世界市場
    当調査レポートでは、医療用ハイパースペクトルイメージング(HSI)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用ハイパースペクトルイメージング(HSI)システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの膝関節置換処置動向(~2021)
  • アメリカの外傷固定処置動向(~2021)
  • ベリリウムの世界市場:用途別(産業、民生機器、自動車用電子機器、防衛、テレコム、エネルギー、医療)、地域別予測
    本資料は、ベリリウムの世界市場について調べ、ベリリウムの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(産業、民生機器、自動車用電子機器、防衛、テレコム、エネルギー、医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ベリリウムの世界市場概要 ・ベリリウムの世界市場環境 ・ベリリウムの世界市場動向 ・ベリリウムの世界市場規模 ・ベリリウムの世界市場規模:用途別(産業、民生機器、自動車用電子機器、防衛、テレコム、エネルギー、医療) ・ベリリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベリリウムの北米市場規模・予測 ・ベリリウムのアメリカ市場規模・予測 ・ベリリウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ベリリウムのアジア市場規模・予測 ・ベリリウムの日本市場規模・予測 ・ベリリウムの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ハードコーティング(硬質被膜)の世界市場予測:窒化物、酸化物、ホウ化物、炭素系、カーバイド
    当調査レポートでは、ハードコーティング(硬質被膜)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、被着法別分析、需要先別分析、ハードコーティング(硬質被膜)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車レーダーアプリケーションの世界市場予測
  • 世界のシャワーブース市場2015
    本調査レポートでは、世界のシャワーブース市場2015について調査・分析し、シャワーブースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進超高周波(AEHF)システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、先進超高周波(AEHF)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進超高周波(AEHF)システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人工内耳(CI)システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人工内耳(CI)システムの世界市場について調査・分析し、人工内耳(CI)システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人工内耳(CI)システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、人工内耳(CI)システム種類別分析(片耳、両耳)、人工内耳(CI)システム用途別分析(成人、小児)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人工内耳(CI)システムの市場概観 ・人工内耳(CI)システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人工内耳(CI)システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人工内耳(CI)システムの世界市場規模 ・人工内耳(CI)システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人工内耳(CI)システムのアメリカ市場規模推移 ・人工内耳(CI)システムのカナダ市場規模推移 ・人工内耳(CI)システムのメキシコ市場規模推移 ・人工内耳(CI)システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人工内耳(CI)システムのドイツ …
  • 商業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場2016
    当調査レポートでは、商業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗体産生の世界市場分析:タイプ別(ポリクローナル抗体、モノクローナル抗体)、プロセス別(上流プロセス、下流プロセス、ろ過)、エンドユーザー別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、抗体産生の世界市場について調査・分析し、抗体産生の世界市場動向、抗体産生の世界市場規模、市場予測、セグメント別抗体産生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原子層堆積(ALD)法の世界市場:タイプ別(フィルム、プリカーサ、材料、その他)、製品タイプ別(酸化アルミニウムALD、触媒ALD、金属ALD、プラズマ使用ALD、その他)、用途別、最終用途別(半導体・電子、化学 、エネルギー、その他)、地域別予測
    本資料は、原子層堆積(ALD)法の世界市場について調べ、原子層堆積(ALD)法の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(フィルム、プリカーサ、材料、その他)分析、製品タイプ別(酸化アルミニウムALD、触媒ALD、金属ALD、プラズマ使用ALD、その他)分析、用途別分析、最終用途別(半導体・電子、化学 、エネルギー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・原子層堆積(ALD)法の世界市場概要 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場環境 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場動向 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:タイプ別(フィルム、プリカーサ、材料、その他) ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:製品タイプ別(酸化アルミニウムALD、触媒ALD、金属ALD、プラズマ使用ALD、その他) ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:用途別 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:最終用途別(半導体・電子、 …
  • カナダの市場見通し(~2021年)
  • 坑井仕上げ装置・サービスの世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、坑井仕上げ装置・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのサウジアラビア市場
  • 世界の滴定装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の滴定装置市場2015について調査・分析し、滴定装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート教育・学習の世界市場予測(~2021):製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ)、ユーザー別、学習モード別(共同学習、バーチャルインストラクター、シミュレーション、適応学習、社会的学習、ブレンディッドラーニング)、地域別
    当調査レポートでは、スマート教育・学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、ユーザー別分析、学習モード別分析、地域別分析、スマート教育・学習の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 音楽ストリーミングサービスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、音楽ストリーミングサービスの世界市場について調べ、音楽ストリーミングサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、音楽ストリーミングサービスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(個々、商業)、ストリーミングサービス別(有料音楽ストリーミングサービス、無料音楽ストリーミングサービス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は音楽ストリーミングサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・音楽ストリーミングサービスの市場状況 ・音楽ストリーミングサービスの市場規模 ・音楽ストリーミングサービスの市場予測 ・音楽ストリーミングサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(個々、商業) ・市場セグメンテーション:ストリーミングサービス別(有料音楽ストリーミングサービス、無料 …
  • 認知機能向上用サプリメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、認知機能向上用サプリメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、認知機能向上用サプリメント市場規模、用途別(サプリメント、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Accelerated Intelligence, HVMN, Onnit Labs, Purelife bioscience, Quincy Bioscienceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場概要 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場環境 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場動向 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場規模 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:業界構造分析 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:用途別(サプリメント、医薬品、化粧品) ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・認知機能向上用サプリメントの北米市場規模・予測 ・認知機能向上用サプリメントのヨ …
  • 清掃請負サービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、清掃請負サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、清掃請負サービス市場規模、最終用途別(商業用、産業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・清掃請負サービスの世界市場概要 ・清掃請負サービスの世界市場環境 ・清掃請負サービスの世界市場動向 ・清掃請負サービスの世界市場規模 ・清掃請負サービスの世界市場:業界構造分析 ・清掃請負サービスの世界市場:最終用途別(商業用、産業用、家庭用) ・清掃請負サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・清掃請負サービスのアメリカ市場規模・予測 ・清掃請負サービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・清掃請負サービスのアジア市場規模・予測 ・清掃請負サービスの主要国分析 ・清掃請負サービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・清掃請負サービスの世界市場:成長要因、課題 ・清掃請負サービスの世界市場:競争環境 ・清掃請負サービスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"