"PoE(パワーオーバーイーサネット)照明の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7433)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"PoE(パワーオーバーイーサネット)照明の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing adoption of PoE lighting solutions in commercial and healthcare applications is expected to drive overall growth of PoE lighting market”
The PoE lighting market is projected to reach USD 1,174 million by 2024 from USD 256 million in 2019, at a CAGR of 35.6%. The growth of the PoE lighting market is driven by factors such as the increasing penetration and decreasing cost of LEDs, growing adoption of PoE lighting solutions in commercial and healthcare applications, and rising need for cost-effective lighting solutions. On the other hand, factors such as the high cost of PoE switches, requirement of additional equipment, and limited transmission distance and power delivery rates are the barriers inhibiting the growth of this market. However, it is expected that with improving POE standards, the penetration of PoE lighting systems for connected lighting applications in commercial spaces would increase.

“Hardware segment to hold largest share of PoE lighting market during forecast period”
Increasing demand for energy-saving lighting systems is a key driving factor for the PoE lighting market for hardware. To enable a PoE lighting solution, several hardware components, including power sourcing equipment, powered devices, and other components, are required. Majority of the cost involved in deploying a PoE solution is for the hardware. Moreover, with improving PoE standards, new, standardized switches are expected to commercialize, which would further propel the market for PoE lighting.

“Industrial application to grow at highest CAGR during forecast period “
The industrial segment includes lighting in production halls, warehouses, representative rooms, and other indoor areas. The use of PoE can simplify the implementation of a smart lighting system in an office or industrial application. Industries and factories are now focusing on energy-efficient lighting solutions owing to the government regulations for energy saving. Thus, PoE lighting is among the preferred solutions being adopted by them. Furthermore, growing adoption of industry 4.0 is expected to create opportunities for players offering PoE lighting solutions for the industrial vertical.

“Europe to hold second-largest share of PoE lighting market during forecast period”
The high market share of the region is attributed to the increasing awareness about energy conservation and the implementation of various government initiatives for it. The 2012 Energy Efficiency Directive and Energy Performance of Building Directive (EPBD) by the European Union has helped establish and promote energy conservation measures in different sectors, such as industrial and commercial workplaces, as well as residential complexes. The growth of the European PoE lighting market is also expected to be driven by the growing adoption of digital workspaces for smart, cost-efficient, and flexible environment. For instance, The Edge in Amsterdam is a leading example of a smart office building in Europe.

Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 = 40%, Tier 2 = 20%, and Tier 3 = 40%
• By Designation: C-Level Executives = 20%, Directors = 35%, and Others = 45%
• By Region: North America = 40%, Europe = 20%, APAC = 30%, and RoW = 10%
Signify (Philips Lighting) (Netherlands), Hubbell Incorporated (US), Innovative Lighting (GENISYS) (US), Deco Lighting (US), Ideal Industries, Inc. (Cree) (US), Eaton Corp. (Ireland), Herbert Waldmann GmbH & Co. Kg (Waldmann Lighting) (Germany), H.E. Williams (US), NAME Energy Group (MHT Lighting) (US), Ubiquity Networks (US), and ALLNET GmbH (Germany) are some of the major OEMs and solution providers of PoE lighting. Cisco Systems (US), Igor Inc. (US), NuLEDs (US), Koch Industries (Molex) (US), and Leviton (US) are among the few other important players in the market. Microchip Technology Inc. (Microsemi Corporation) (US), NETGEAR (US), Wipro Enterprise (Wipro Lighting) (India), euromicron AG (Microsens) (Germany), and The IBS Group LLC (US) are the key innovators operating in this space.

Research Coverage:
Wattage, offering, application, and geography are the segments covered in this report. The report gives a detailed view of the market across 4 main regions: North America, Europe, APAC, and RoW.

Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the PoE lighting market in terms of wattage, offering, application, and geography, along with their respective market sizes.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the PoE lighting market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the PoE lighting market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"PoE(パワーオーバーイーサネット)照明の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition & Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Connection
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Data From Primary Sources
2.1.2.4 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Analysis
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Growth Opportunities for PoE Lighting Market
4.2 PoE lighting Market, By Wattage
4.3 PoE lighting Market, By Offering
4.4 Market, By Application
4.5 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Penetration and Decreasing Cost of Leds
5.2.1.2 Growing Adoption of PoE Lighting Solutions in Commercial and Healthcare Applications
5.2.1.3 Rising Need for Cost-Effective Lighting Solutions
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of PoE Switches and Requirement of Additional Equipment
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Improving PoE Standards for Higher Power, Speed, and Efficiency
5.2.3.2 Growing Adoption of Smart and Automated Systems and Rising Demand for Smart Workplaces
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Transmission Distance and Power Delivery Rates
6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Research and Development
6.2.2 Manufacturers/Suppliers
6.2.3 System Integrators
6.2.4 Software/Platform Providers
6.2.5 End-Use Applications
6.3 PoE and Cable Standards
6.4 Connected Market
6.4.1 Lighting Control System
6.4.1.1 Lighting Control System Market, By Offering
6.4.1.2 Lighting Control System Market, By Application
7 PoE Lighting Case Studies (Page No. – 55)
7.1 Overview
7.1.1 The Compucom Digital Campus
7.1.2 The Edge: Smart Office
7.1.3 Quest Corporate Campus
7.1.4 Haverkamp Properties: Apartments
7.1.5 Smart Office: Albertslund Municipality in Copenhagen
7.1.6 The DES Moines Electrical Apprenticeship
7.1.7 The West Baden Springs Hotel
8 PoE Lighting Market, By Offering (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Hardware
8.2.1 North America to Dominate PoE Lighting Hardware Market During the Forecast Period
8.2.2 Power Sourcing Equipment (PSE)
8.2.2.1 PoE Endspan
8.2.2.2 PoE Midspan (Midspan PoE Hub Or Midspan PoE Or Power Injector)
8.2.3 Powered Device (PD)
8.2.4 Other Components
8.3 Software and Services
8.3.1 Software and Service Offerings to Grow at A Higher CAGR During Forecast Period
9 PoE Lighting Market, By Wattage (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Up to 25 Watts
9.2.1 PoE Lighting Market for Up to 25 Watts to Register Highest CAGR in APAC During Forecast Period
9.3 Greater Than 25 Watts
9.3.1 Greater Than 25w Segment to Dominate PoE Lighting Market During Forecast Period
10 PoE Lighting Market, By Application (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 Commercial
10.2.1 Growing Adoption of PoE Lighting in Offices and Healthcare Applications is Driving PoE Lighting Market
10.3 Industrial
10.3.1 Industrial Application to Exhibit Highest Growth During Forecast Period
10.4 Residential
10.4.1 North America to Account for Largest Share of Residential PoE Lighting During Forecast Period
11 PoE Lighting Market, By Geography (Page No. – 77)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Growing Demand for PoE Lighting Solutions in Commercial and Industrial Spaces to Drive PoE Lighting Market in US
11.2.2 Canada and Mexico
11.2.2.1 Increasing Consumer Awareness Regarding Energy-Efficient Lighting Systems and High Infrastructural Investments are Propelling Market in Canada and Mexico
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Increasing Adoption of Industry 4.0 to Drive Market in Germany
11.3.2 France
11.3.2.1 Strong Economic Conditions to Lead France to Be Among Early Adopters of PoE Lighting Systems
11.3.3 UK
11.3.3.1 Improvements in Current PoE Standards and Advancements in Efficiency of Leds to Propel Market in UK
11.3.4 Rest of Europe
11.3.4.1 Rest of Europe to Exhibit Highest Growth in European Market
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 China to Dominate PoE lighting Market in APAC During Forecast Period
11.4.2 India
11.4.2.1 Rising Government Expenditure on Public Infrastructure and Increasing Focus of Governments on Environment Protection and Energy-Efficient Systems to Drive PoE lighting Market in India
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Increasing Adoption of PoE Lighting in Commercial Spaces to Drive Market in Japan
11.4.4 Rest of APAC
11.4.4.1 Increasing Government Expenditure on Public Infrastructure and Continuing Growth in Commercial and Industrial Building Construction to Drive PoE lighting Market in the Region
11.5 Rest of the World
11.5.1 Middle East & Africa
11.5.1.1 Middle East & Africa to Dominate PoE lighting Market in Rest of the World
11.5.2 South America
11.5.2.1 Increasing Focus of Municipalities and Utilities on Energy Efficiency and Cost-Saving Systems to Drive Market in South America
12 Competitive Landscape (Page No. – 97)
12.1 Overview
12.2 PoE lighting Market: Market Ranking Analysis, 2018
12.3 Competitive Situations and Trends
12.3.1 Product Developments and Launches
12.3.2 Partnerships, Collaborations, and Contracts
12.3.3 Acquisitions
12.4 Competitive Leadership Mapping
12.4.1 Visionary Leaders
12.4.2 Dynamic Differentiators
12.4.3 Innovators
12.4.4 Emerging Companies
13 Company Profiles (Page No. – 107)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Right to Win, and MnM View)*
13.1 Introduction
13.2 Key Players
13.2.1 Signify Holding (Philips Lighting N.V.)
13.2.1.1 Business Overview
13.2.1.2 Products Offered
13.2.1.3 Recent Developments
13.2.1.4 SWOT Analysis
13.2.1.5 MnM View
13.2.1.6 Right to Win
13.2.2 Ideal Industries (CREE)
13.2.2.1 Business Overview
13.2.2.2 Products Offered
13.2.2.3 Recent Developments
13.2.2.4 SWOT Analysis
13.2.2.5 MnM View
13.2.2.6 Right to Win
13.2.3 Hubbell Incorporated
13.2.3.1 Business Overview
13.2.3.2 Products and Solutions Offered
13.2.3.3 Recent Developments
13.2.3.4 SWOT Analysis
13.2.3.5 MnM View
13.2.3.6 Right to Win
13.2.4 Herbert Waldmann GmbH & Co. Kg (Waldmann Lighting)
13.2.4.1 Business Overview
13.2.4.2 Products Offered
13.2.4.3 Recent Developments
13.2.4.4 SWOT Analysis
13.2.4.5 MnM View
13.2.5 H.E. Williams Company
13.2.5.1 Business Overview
13.2.5.2 Products Offered
13.2.5.3 Recent Developments
13.2.5.4 SWOT Analysis
13.2.5.5 MnM View
13.2.6 Innovative Lighting (Genisys)
13.2.6.1 Business Overview
13.2.6.2 Products and Solutions Offered
13.2.6.3 Recent Developments
13.2.7 Deco Lighting
13.2.7.1 Business Overview
13.2.7.2 Products Offered
13.2.7.3 Recent Developments
13.2.8 Eaton Corporation
13.2.9 North American Manufacturing Enterprises (NAME) Energy Group (MHT Lighting)
13.2.10 Ubiquiti Networks, Inc.
13.2.11 Allnet GmbH
13.3 Other Key Players
13.3.1 Cisco Systems
13.3.2 Igor Inc
13.3.3 Nuleds
13.3.4 Molex (Koch Industries)
13.3.5 Leviton
13.4 Key Innovators
13.4.1 Microsemi Corporation (Microchip Technology Inc.)
13.4.2 Netgear
13.4.3 Wipro Lighting (Wipro Enterprises)
13.4.4 Microsens (Euromicron Ag)
13.4.5 The IBS Group LLC
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Right to Win, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 140)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】PoE(パワーオーバーイーサネット)照明の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7433
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
PoE(パワーオーバーイーサネット)照明の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • バイオ後続品の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、バイオ後続品の世界市場について調査・分析し、バイオ後続品の世界市場動向、バイオ後続品の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ後続品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 砕石術デバイスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、砕石術デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、砕石術デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 動脈瘤性くも膜下出血(SAH):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の概要 ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・動脈瘤性くも膜下出血(SA …
  • セキュリティテストの世界市場見通し2016-2022:ネットワークセキュリティテスト、アプリケーションセキュリティテスト、デバイスセキュリティテスト
    当調査レポートでは、セキュリティテストの世界市場について調査・分析し、セキュリティテストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・セキュリティテストの世界市場:市場動向分析 ・セキュリティテストの世界市場:競争要因分析 ・セキュリティテストの世界市場:テスト別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:ツール別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:導入別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:地域別分析/市場規模 ・セキュリティテストの北米市場規模 ・セキュリティテストの欧州市場規模 ・セキュリティテストのアジア市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場について調査・分析し、ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:市場動向分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:競争要因分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:ソフトウェアタイプ別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:ハードウェア装置別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの北米市場規模・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの欧州市場・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopのアジア市場・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • インドのオンライン医療製品市場(~2020)
  • 産業用ポンプの世界市場分析:製品別(遠心、往復、ロータリー、ダイアフラム)、用途別(石油・ガス、化学、建設、電力、水・廃水処理)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、産業用ポンプの世界市場について調査・分析し、産業用ポンプの世界市場動向、産業用ポンプの世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用ポンプ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場規模・予測2017-2025:商品別(簡易的PDU、メーターPDU、インテリジェントPDU、スイッチPDU)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場について調査・分析し、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • カラーマスターバッチの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、カラーマスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、樹脂別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)
    本調査レポートでは、消費財のアルメニア市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(日用品、耐久消費財)分析、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財) ・消費財のアルメニア市場:流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他) ・企業概要
  • 砂糖代替品の世界市場:製品別(高甘味度甘味料、低甘味度甘味料、高フルクトースシロップ)、用途別(食品、飲料)、セグメント予測
    本調査レポートでは、砂糖代替品の世界市場について調査・分析し、砂糖代替品の世界市場動向、砂糖代替品の世界市場規模、市場予測、セグメント別砂糖代替品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • POS端末の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、POS端末の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、POS端末市場規模、製品別(固定型、モバイル型)分析、エンドユーザー別(小売業、サービス業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・POS端末の世界市場概要 ・POS端末の世界市場環境 ・POS端末の世界市場動向 ・POS端末の世界市場規模 ・POS端末の世界市場:業界構造分析 ・POS端末の世界市場:製品別(固定型、モバイル型) ・POS端末の世界市場:エンドユーザー別(小売業、サービス業) ・POS端末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・POS端末の北米市場規模・予測 ・POS端末のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・POS端末のアジア太平洋市場規模・予測 ・POS端末の主要国分析 ・POS端末の世界市場:意思決定フレームワーク ・POS端末の世界市場:成長要因、課題 ・POS端末の世界市場:競争環境 ・POS端末の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • データセンター用電源の世界市場分析:PDU、UPS、バスウェイ
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、データセンター用電源の世界市場について調査・分析し、データセンター用電源の世界市場動向、データセンター用電源の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター用電源市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスーパーキャパシタ市場
  • 海洋由来医薬品の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、海洋由来医薬品の世界市場について調査・分析し、海洋由来医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・海洋由来医薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・海洋由来医薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・海洋由来医薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • カロテノイドの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カロテノイド市場規模、原料別(天然カロテノイド、合成カロテノイド)分析、種類別(カンタキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、ルテイン、ベータカロチン、その他)分析、用途別(医薬品、化粧品、動物飼料、食品・飲料、サプリメント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ カロテノイドの世界市場:市場動向分析 ・ カロテノイドの世界市場:競争要因分析 ・ カロテノイドの世界市場:原料別(天然カロテノイド、合成カロテノイド) ・ カロテノイドの世界市場:種類別(カンタキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、ルテイン、ベータカロチン、その他) ・ カロテノイドの世界市場:用途別(医薬品、化粧品、動物飼料、食品・飲料、サプリメント) ・ カロテノイドの世界市場:主要地域別分析 ・ カロテノイドの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ カロテノイドのヨーロ …
  • インジウムの世界市場分析:製品別(プライマリ、セカンダリ、タイプ3)、用途別(インジウム錫酸化物(ITO)、半導体、はんだ、合金)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、インジウムの世界市場について調査・分析し、インジウムの世界市場動向、インジウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別インジウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のニッケルフォーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のニッケルフォーム市場2016について調査・分析し、ニッケルフォームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水素生成装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、水素生成装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水素生成装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は水素生成装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Air Liquide、Air Products and Chemicals、Hydrogenics、Messer Group、The Linde Group等です。
  • サイバー戦争の世界市場2018–2025:用途別(防衛、政府、航空宇宙、家庭、コーポレート)、地域別
    本調査レポートでは、サイバー戦争の世界市場について調査・分析し、サイバー戦争の世界市場動向、サイバー戦争の世界市場規模、市場予測、セグメント別サイバー戦争市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドの発電市場2016
  • キネシオテープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キネシオテープの世界市場について調査・分析し、キネシオテープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キネシオテープシェア、市場規模推移、市場規模予測、キネシオテープ種類別分析()、キネシオテープ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キネシオテープの市場概観 ・キネシオテープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キネシオテープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キネシオテープの世界市場規模 ・キネシオテープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キネシオテープのアメリカ市場規模推移 ・キネシオテープのカナダ市場規模推移 ・キネシオテープのメキシコ市場規模推移 ・キネシオテープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キネシオテープのドイツ市場規模推移 ・キネシオテープのイギリス市場規模推移 ・キネシオテープのロシア市場規模推移 ・キネシオテープのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界の腹腔鏡ステープラー市場2016
    本調査レポートでは、世界の腹腔鏡ステープラー市場2016について調査・分析し、腹腔鏡ステープラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のバドミントン用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のバドミントン用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のバドミントン用品市場、アジア太平洋のバドミントン用品市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析などの情報をお届けいたします。
  • Eg5阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるEg5阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Eg5阻害薬の概要 ・Eg5阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のEg5阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Eg5阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Eg5阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 腫瘍随伴体液性高カルシウム血症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の概要 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍随伴体液性高カルシウム …
  • 工場騒音制御の世界市場
    当調査レポートでは、工場騒音制御の世界市場について調査・分析し、工場騒音制御の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 工場騒音制御の世界市場:市場動向分析 - 工場騒音制御の世界市場:競争要因分析 - 工場騒音制御の世界市場:種類別 ・内部騒音制御 ・外部騒音制御 - 工場騒音制御の世界市場:材料別 ・金属 ・ガラス ・樹脂 ・その他 - 工場騒音制御の世界市場:用途別 ・天井のバッフル&バナー ・ドア ・防音壁 ・カーテン&毛布 ・機械音を閉じ込めるもの ・その他 - 工場騒音制御の世界市場:業界別 ・自動車 ・エネルギーおよび公益事業 ・一般的な小売 ・医薬品 ・食品サービス/生産 ・製造 ・その他 - 工場騒音制御の世界市場:主要地域別分析 - 工場騒音制御の北米市場規模(アメリカ市場等) - 工場騒音制御のヨーロッパ市場規模 - 工場騒音制御のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工場騒音制御の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アロマ成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アロマ成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アロマ成分市場規模、種類別(合成成分/アロマケミカル、天然成分/エッセンシャルオイル)分析、用途別(化粧品、ファインフレグランス、石鹸・洗剤、トイレタリー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アロマ成分の世界市場:市場動向分析 ・ アロマ成分の世界市場:競争要因分析 ・ アロマ成分の世界市場:種類別(合成成分/アロマケミカル、天然成分/エッセンシャルオイル) ・ アロマ成分の世界市場:用途別(化粧品、ファインフレグランス、石鹸・洗剤、トイレタリー、その他) ・ アロマ成分の世界市場:主要地域別分析 ・ アロマ成分の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ アロマ成分のヨーロッパ市場規模 ・ アロマ成分のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アロマ成分の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・注意欠陥・多動性障害(ADHD):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)のフェーズ3治験薬の状況 ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の市場規模(販売予測) ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬剤
  • ヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場について調べ、ヘッジホッグ経路阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヘッジホッグ経路阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(BCC、AML)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場状況 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場規模 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場予測 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(BCC、AML) ・ヘッジホッグ経路阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015
    本調査レポートでは、世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015について調査・分析し、PLD(プログラマブルロジックデバイス)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 中国の赤外線温度計市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線温度計市場2015について調査・分析し、赤外線温度計の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、半透明コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析、用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析、エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析、半透明コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、半透明コンクリートの世界市場規模が2019年から2024年まで年平均80.0%成長すると予測しています。
  • 世界の熱電モジュール市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電モジュール市場2015について調査・分析し、熱電モジュールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 性感染症(STD)検査の世界市場:実験室検査装置、POC検査装置
    Technavio社の本調査レポートでは、性感染症(STD)検査の世界市場について調べ、性感染症(STD)検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、性感染症(STD)検査の市場規模をセグメンテーション別(製品別(実験室検査装置、POC検査装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は性感染症(STD)検査の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・性感染症(STD)検査の市場状況 ・性感染症(STD)検査の市場規模 ・性感染症(STD)検査の市場予測 ・性感染症(STD)検査の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(実験室検査装置、POC検査装置) ・性感染症(STD)検査の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 企業コラボレーションの世界市場予測(~2021):構成要素別、ソリューション別(ファイル共有&同期、ポータル&イントラネットプラットフォーム、ユニファイドメッセージング、エンタープライズビデオ、エンタープライズソーシャルネットワーク)、サービス別、需要先別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、企業コラボレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、ソリューション別分析、サービス別分析、需要先別分析、企業コラボレーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリグニンスルホン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のリグニンスルホン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、リグニンスルホン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア市場におけるビッグデータの世界市場予測
  • 世界のナーシングホームベッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のナーシングホームベッド市場2015について調査・分析し、ナーシングホームベッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 砕石器の世界市場2017-2021:ESWLシステム、体内砕石器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、砕石器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、砕石器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は砕石器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoston Scientific、KARL STORZ、Siemens等です。
  • 嫌気性接着剤の世界市場予測(~2022年):スレッドロッカー、スレッドシーラント、ゆるみ止め剤、ガスケットシーラント
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、嫌気性接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、基材別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、嫌気性接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 除草剤の世界市場
    当調査レポートでは、除草剤の世界市場について調査・分析し、除草剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のナノ塗料市場規模・予測2017-2025:種類別(指紋付着防止、抗菌性、防汚型、氷結防止型、導電性・その他)、用途別(ヘルスケア、食料・パッケージング、船舶産業、水処理用機器、電子機器、建築、自動車、電力・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のナノ塗料市場について調査・分析し、世界のナノ塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のナノ塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 回路保護の世界市場予測(~2022年):過電流保護、過電圧保護、ESD保護、遮断器、ヒューズ、ESD保護装置、サージ保護装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、回路保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、デバイス別分析、産業別分析、地域別分析、回路保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界の断熱発泡ポリスチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の断熱発泡ポリスチレン市場2015について調査・分析し、断熱発泡ポリスチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペプチドホルモン市場2015
    本調査レポートでは、世界のペプチドホルモン市場2015について調査・分析し、ペプチドホルモンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈瘤治療の世界市場:治療モード別(静脈内アブレーション、硬化療法、ストリッピング)、製品別(レーザー・RF(高周波)アブレーション、静脈閉鎖用製品、外科手術用製品)、地域別予測
    本資料は、静脈瘤治療の世界市場について調べ、静脈瘤治療の世界規模、市場動向、市場環境、治療モード別(静脈内アブレーション、硬化療法、ストリッピング)分析、製品別(レーザー・RF(高周波)アブレーション、静脈閉鎖用製品、外科手術用製品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・静脈瘤治療の世界市場概要 ・静脈瘤治療の世界市場環境 ・静脈瘤治療の世界市場動向 ・静脈瘤治療の世界市場規模 ・静脈瘤治療の世界市場規模:治療モード別(静脈内アブレーション、硬化療法、ストリッピング) ・静脈瘤治療の世界市場規模:製品別(レーザー・RF(高周波)アブレーション、静脈閉鎖用製品、外科手術用製品) ・静脈瘤治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・静脈瘤治療の北米市場規模・予測 ・静脈瘤治療のアメリカ市場規模・予測 ・静脈瘤治療のヨーロッパ市場規模・予測 ・静脈瘤治療のアジア市場規模・予測 ・静脈瘤治療の日本市場規模・予測 ・静脈瘤治療の中国市場規模・予測 ・関連企 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"