"コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7436)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The cognitive collaboration market is expected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period due to ease in integration with the already existing environment and increasing need for mobility and collaboration
The global cognitive collaboration market size is expected to grow from USD 983 million in 2019 to USD 1,660 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 11.0% during the forecast period. Easy integration with the already existing environment and increasing need for mobility and collaboration are the major factors driving the growth of the cognitive collaboration market.

The SMEs segment is expected to grow with a higher CAGR during the forecast period
Organizations with less than 1,000 employees are considered under the SMEs segment. Cost-effectiveness is important for SMEs, as they have limited budgets. Hence, these enterprises face more excellent resource crunch than large enterprises, and they require better methods to resolve complexities for improved cost optimization of their business processes. The implementation of cognitive collaboration solutions is expected to result in increased revenue, desired business outcome, and improved business efficiency for SMEs. Cognitive collaboration solutions help SMEs reduce travel costs and the need for face-to-face meetings. Collaboration solutions also strengthen virtual teams, thus doing away with the need for physical office locations. Business agility is yet another critical focus area for SMEs, which is effectively fulfilled by the implementation of cognitive collaboration solutions.

IT and telecom segment is expected to have a significant growth in the cognitive collaboration market during the forecast period
The IT and telecom industry is facing challenges in stimulating knowledge transfer, task monitoring, employee engagement, and communication. Cognitive collaboration enables enterprises for real-time communication and cooperation in the digital workstation, wherein people, devices, and systems work together and deliver enhanced customer experience using limited resources and in minimum time. Cognitive collaboration also offers dashboards for employees to get an overview of company activities and news. Cognitive collaboration solutions help IT, and telecom enterprises accelerate their business capabilities and enhance their revenue curve.

North American expected to have the largest market size during the forecast period
The North American region is expected to hold the largest market size in the global cognitive collaboration market during the forecast period. The adoption of AI-powered services is expected to grow in the region, owing to the growing demand to analyze large volumes of data to enhance the overall productivity, consumer experience and improve the decision-making process. Moreover, technological advancements, coupled with an increasing need for intelligent business processes and rising adoption of digital technologies across the region, are fueling the growth of the cognitive collaboration market. Also, various industries, including retail, healthcare, manufacturing, and BFSI, are looking for solutions that can be easily integrated with their existing apps and do not require huge investments, which would also help them maintain their consumer base.
In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 28%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-Level – 18%, Director Level – 44%, and Others – 38%
• By Region: North America – 31%, APAC – 22%, Europe – 34%, MEA – 8%, Latin America – 5%
The cognitive collaboration market includes various major vendors such as Cisco (US), Microsoft (US), Slack Technologies (US), Softweb Solutions (US), CognitiveScale (US), LOOP AI Labs (US), Intec Systems Limited (UK), Bluescape (US), Collaboration.Ai (US), Resemble Systems (UAE), Chanty (Switzerland), Ku Zoom.ai (Canada), iotum (Canada), and Konolabs (US).

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the cognitive collaboration market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the cognitive collaboration market by component, application area, deployment mode, organization size, vertical, and region.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in the cognitive collaboration market in the following ways:
1. The overall cognitive collaboration market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering cognitive collaboration solutions. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions, namely, North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primary Participants’ Profiles
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Cognitive Collaboration Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Solution (2019 Vs. 2024)
4.4 Market By Organization Size (2019 Vs. 2024)
4.5 Market By Vertical (2019 Vs. 2024)
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Easy Integration With the Already Existing Environment
5.2.1.2 Increasing Need for Mobility and Collaboration
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Countering Ediscovery and Legal Risks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Integration of AI in Business Processes
5.2.3.2 Emerging Potential Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulties in Aligning Team Collaboration Software With Business Goals
5.3 use Cases
5.3.1 Accenture Adopting Microsoft Teams to Enhance Team Collaboration
5.3.2 Insurers Adopting Engage AI to Improve Operations at Call Centers
6 Cognitive Collaboration Market By Component (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Cognitive Collaboration: Increase in the Adoption of Enterprise Collaboration Solutions Would Drive the Growth of Market
6.3 Solutions
6.3.1 Enterprise Video
6.3.1.1 Increasing Need to Deploy Business-Specific Videos Driving the Adoption of Enterprise Video Solutions
6.3.2 Unified Messaging and Synchronization
6.3.2.1 Growing Demand for Messaging Platform to Drive the Adoption of Unified Messaging and Synchronization Solutions
6.3.3 Project Management
6.3.3.1 Increasing Need to Simplify Numerous Project Activities and Need to Communicate With Team Driving the Adoption of Project Management Solutions
6.3.4 Enterprise Social Network
6.3.4.1 Demand for Organizations to Utilize Social Workflow Capabilities Driving the Traction of Enterprise Social Network Solutions
6.3.5 Others
6.4 Services
6.4.1 Professional Services
6.4.1.1 Need to Understand Organizations’ Need for Collaboration and Efficiently Deploy Cognitive Collaboration Solutions Driving the Demand for Professional Services
6.4.2 Managed Services
6.4.2.1 Increase in the Adoption Rate of Enterprise Collaboration Solutions to Boost the Demand for Managed Services
7 Cognitive Collaboration Market By Application Area (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Data Analytics
7.2.1 Increasing Need to Analyze Data and Provide Insights Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in Data Analytics Application Area
7.3 Facial Recognition
7.3.1 Increasing Need to Monitor Emotion and Attendance of the Participants in a Meeting Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in Facial Recognition Application Area
7.4 Social Media Assistance
7.4.1 Growing use of Social Media to Provide Efficient Customer Support Services Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in Social Media Assistance Application Area
8 Cognitive Collaboration Market By Deployment Mode (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Need to Cut Down Total Cost of Ownership and Increase Data Storage Capabilities Driving the Adoption of Cloud-Based Cognitive Collaboration Solutions
8.3 On-Premises
8.3.1 Need to Hold Total Control Over Security of Sensitive Enterprise Data Driving the Adoption of On-Premises Cognitive Collaboration Solutions
9 Cognitive Collaboration Market By Organization Size (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Growing Byod and Mobile Workforce Trend to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions Among Small and Medium-Sized Enterprises
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Need to Enhance Employee Productivity Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions Among Large Enterprises
10 Cognitive Collaboration Market By Vertical (Page No. – 66)
10.1 Introduction
10.2 IT and Telecom
10.2.1 Increasing use of Enterprise Video Solutions to Fuel the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the IT and Telecom Vertical
10.3 Energy and Utilities
10.3.1 Need to Share Real-Time Information Across Various Locations Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Energy and Utilities Vertical
10.4 Banking, Financial Services, and Insurance
10.4.1 Increasing Need to Collaborate With Both Internal Employees and External Clients to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the BFSI Vertical
10.5 Education
10.5.1 Growing Demand for Elearning and Virtual Teaching Across Various Regions to Fuel the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Education Vertical
10.6 Healthcare
10.6.1 Rising Need to Enhance Clinical Collaboration and Medical Education Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Healthcare Vertical
10.7 Retail
10.7.1 Growing Need to Offer Custom-Based Services to Customers Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Retail Vertical
10.8 Others
11 Cognitive Collaboration Market By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Rapid Growth of Technologies and Infrastructures to Boost the Adoption of AI-Based Collaboration Solutions Among the Enterprises in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Growing Technological Advancements to Boost the Adoption of AI Solutions Among the Industries in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Rising Adoption of Big Data and Analytics to Drive the Growth of Cognitive Collaboration Market in the UK
11.3.2 France
11.3.2.1 Initiatives From Government and Global Players to Create a Potential Market for AI-Based Collaboration Solutions in France
11.3.3 Germany
11.3.3.1 Numerous Expansion and Startup Opportunities to Boost the Growth of Market in Germany
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Technological Development to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions Among Enterprises in China
11.4.2 Australia and New Zealand
11.4.2.1 Already Existing Awareness and Financially Stable Enterprises to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in ANZ
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Increasing Need for Cognitive Collaboration Solutions to Drive the Market Growth in Japan
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Changing Customer Expectations and Increase in Investment From Global Companies to Enhance the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Middle East
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Lack of Technological Skills and Poor Data Quality to Slow Down the Growth of Cognitive Collaboration Market in South Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Mexico
11.6.1.1 Mexico to Witness Moderate Growth in the Market Due to the Slow Adoption Rate of AI- and ML-Based Solutions
11.6.2 Brazil
11.6.2.1 Growing Developments in AI, ML, and NLP to Provide Opportunities for Vendors in the Market in Brazil
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 109)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Innovators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Ranking of Key Players
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.4.2 Partnerships and Collaborations
12.4.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 117)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Solutons, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Cisco
13.3 Microsoft
13.4 Slack Technologies
13.5 Softweb Solutions
13.6 Cognitivescale
13.7 LOOP AI Labs
13.8 Intec Systems Limited
13.9 Bluescape
13.10 Collaboration.AI
13.11 Resemble Systems
13.12 Chanty
13.13 Zoom.AI
13.14 Iotum
13.15 Konolabs
*Details on Business Overview, Products & Soltions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 141)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7436
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 艶消し剤の世界市場分析:製品別(有機(ワックス、熱可塑性樹脂)、無機(シリカ))、用途別(工業用コーティング、木材コーティング、皮革コーティング、建築用コーティング)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、艶消し剤の世界市場について調査・分析し、艶消し剤の世界市場動向、艶消し剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別艶消し剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カーラックの世界市場
    当調査レポートでは、カーラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の能力開発市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の能力開発市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、米国の能力開発市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子戦(EW)の世界市場:電子攻撃、電子防護、電子戦支援
    当調査レポートでは、電子戦(EW)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子戦(EW)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子戦(EW)の世界市場:セグメント別市場分析  (電子攻撃、電子防護、電子戦支援) ・電子戦(EW)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 航空機ADS-Bの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、航空機ADS-Bの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、航空機ADS-Bの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気メス装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電気メス装置の世界市場について調べ、電気メス装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電気メス装置の市場規模をセグメンテーション別(種類別(再使用可能電気メス装置、使い捨て電気メス装置)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電気メス装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電気メス装置の市場状況 ・電気メス装置の市場規模 ・電気メス装置の市場予測 ・電気メス装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(再使用可能電気メス装置、使い捨て電気メス装置) ・電気メス装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 空港都市の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、空港都市の世界市場について調査・分析し、空港都市の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 空港都市の世界市場:市場動向分析 - 空港都市の世界市場:競争要因分析 - 空港都市の世界市場:空港種類別 ブラウンフィールド空港 グリーンフィールド空港 - 空港都市の世界市場:主要地域別分析 - 空港都市の北米市場規模(アメリカ市場等) - 空港都市のヨーロッパ市場規模 - 空港都市のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・空港都市の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の銀行産業における非接触型ICカード市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の銀行産業における非接触型ICカード市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、世界の銀行産業における非接触型ICカード市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カロテノイドの世界市場:アスタキサンチン、ベータカロチン、カンタキサンチン、ルテイン、リコピン、ゼアキサンチン
    当調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ソース別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • 飼料用非蛋白性窒素(NPN)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、飼料用非蛋白性窒素(NPN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、形態別分析、家畜別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートホームM2Mの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートホームM2Mの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートホームM2Mの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボットパレタイザーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ロボットパレタイザーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボットパレタイザー市場規模、エンドユーザー別(食品・飲料業界、製薬業界、エレクトロニクス・半導体産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボットパレタイザーの世界市場概要 ・ロボットパレタイザーの世界市場環境 ・ロボットパレタイザーの世界市場動向 ・ロボットパレタイザーの世界市場規模 ・ロボットパレタイザーの世界市場:業界構造分析 ・ロボットパレタイザーの世界市場:エンドユーザー別(食品・飲料業界、製薬業界、エレクトロニクス・半導体産業、その他) ・ロボットパレタイザーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボットパレタイザーの北米市場規模・予測 ・ロボットパレタイザーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ロボットパレタイザーのアジア太平洋市場規模・予測 ・ロボットパレタイザーの主要国分析 ・ロボットパレタイザーの世界市場:成長要因、 …
  • 民生用電子センサーの世界市場:製品別(イメージセンサー、モーションセンサー、温度センサー、圧力センサー、タッチセンサー、位置センサー)、用途別(コミュニケーション、エンターテイメント、家電、IT、その他)、地域別予測
    本資料は、民生用電子センサーの世界市場について調べ、民生用電子センサーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(イメージセンサー、モーションセンサー、温度センサー、圧力センサー、タッチセンサー、位置センサー)分析、用途別(コミュニケーション、エンターテイメント、家電、IT、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlps Electric co. Ltd. 、Analog Devices Inc.、Atmel Corporation、Bosch Sensortec、Canon Inc.、Cypress Semiconductor Corporation、Freescale Semiconductor、Invensense、Knowles、Omnivision Technologies、Panasonic Corporation、Samsung Electronics、Sony Corporation、STMicroelectronics、Texas Instrume …
  • 1-デセンの世界市場分析:用途別(ポリアルファオレフィン(PAO)、洗剤用アルコール、ポリエチレン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、1-デセンの世界市場について調査・分析し、1-デセンの世界市場動向、1-デセンの世界市場規模、市場予測、セグメント別1-デセン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トロンボキサンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンアンタゴニストの概要 ・トロンボキサンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デンマークの整形外科装置市場見通し
  • HIF-1アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるHIF-1アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・HIF-1アルファ阻害剤の概要 ・HIF-1アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のHIF-1アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIF-1アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・HIF-1アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • SDP(Software Defined Perimeter)の世界市場:SDPコントローラ、SDPゲートウェイ、エンドポイント
    当調査レポートでは、SDP(Software Defined Perimeter)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、実施ポイント別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、SDP(Software Defined Perimeter)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高速カメラの世界市場予測(~2023年)
    高速カメラの世界市場は、2018年の2億8800万米ドルから2023年には4億2200万米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コンパクトな高速カメラの需要の増加、メディア・エンターテインメントおよびスポーツにおける高速カメラの使用の増加、ならびに製造業における高速カメラの高い採用が考えれられます。一方で、高速カメラは高価格であることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、高速カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、使用法分析、フレームレート(1,000〜5,000、5,000〜20,000、20,000〜100,000、100,000超)分析、画像度(2MP未満、2~5MP、5MP超)分析、スループット分析、高速カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療教育の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療教育の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療教育市場規模、コース別(学位、認定・トレーニング、大学院)分析、学習モデル別(ブレンド学習、オンライン学習)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Harvard Medical School, Johns Hopkins School of Medicine, Oxford University Medical School, School of Clinical Medicine, University of Cambridge, Stanford University School of Medicineなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療教育の世界市場概要 ・医療教育の世界市場環境 ・医療教育の世界市場動向 ・医療教育の世界市場規模 ・医療教育の世界市場:業界構造分析 ・医療教育の世界市場:コース別(学位、認定・トレーニング、大学院) ・医療教育の世界市場: …
  • 糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の概要 ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬の評価    …
  • 排尿障害(Dysuria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、排尿障害(Dysuria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・排尿障害(Dysuria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・排尿障害(Dysuria)のフェーズ3治験薬の状況 ・排尿障害(Dysuria)治療薬の市場規模(販売予測) ・排尿障害(Dysuria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・排尿障害(Dysuria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の排尿障害(Dysuria)治療薬剤
  • 先進的視覚化の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、先進的視覚化の世界市場について調査・分析し、先進的視覚化の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 先進的視覚化の世界市場:市場動向分析 - 先進的視覚化の世界市場:競争要因分析 - 先進的視覚化の世界市場:解決方法別 個々の仕事場単位における解決法 企業全体における独特の依頼者に対する解決法 - 先進的視覚化の世界市場:臨床的用途別 腫瘍学 心臓学 神経学 放射線化学/治療的放射線医学 血管学 整形外科学 その他の臨床的用途 - 先進的視覚化の世界市場:エンドユーザー別 大学及び研究所 病院及び外科的処理センター 画像検査センター その他のエンドユーザー - 先進的視覚化の世界市場:画像機器別 超音波 核磁気共鳴断層撮影(MRI) コンピューター断層撮影(CT) 放射線治療(RT) 陽電子放射断層撮影(PET) その他の画像機器 - 先進的視覚化の世界市場:製品及びサービス別 ハードウェア及びソフトウェア サービス - 先進的視覚化の世界市場:主要地域別分析 - 先進的視覚化の北米市場 …
  • 重建築機器の世界市場2014-2025:製品別(土工事、運搬管理、コンクリート・道路建築)、用途別
    本調査レポートでは、重建築機器の世界市場について調査・分析し、重建築機器の世界市場動向、重建築機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別重建築機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車用マイクロモーター市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用マイクロモーター市場2016について調査・分析し、自動車用マイクロモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の心臓人工弁市場(~2021)
  • カルボン酸の世界市場
    当調査レポートでは、カルボン酸の世界市場について調査・分析し、カルボン酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 心血管・軟組織修復パッチの世界市場:用途別(心臓、軽部組織)、原材料別(ePTFE(延伸ポリテトラフルオロエチレン)・バイオマテリアル)
    本調査レポートでは、心血管・軟組織修復パッチの世界市場について調査・分析し、心血管・軟組織修復パッチの世界市場動向、心血管・軟組織修復パッチの世界市場規模、市場予測、セグメント別心血管・軟組織修復パッチ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タンパク質アッセイの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、タンパク質アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、タンパク質アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフクリーニングフィルターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、セルフクリーニングフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、セルフクリーニングフィルターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマタニティ下着市場:製品別、流通経路別、地域別
    本調査レポートはマタニティ下着の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ブラジャー、パンティー、その他)分析、顧客状況、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・マタニティ下着の世界市場:製品別(ブラジャー、パンティー、その他) ・顧客状況 ・マタニティ下着の世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • クロマトグラフィーシリンジの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クロマトグラフィーシリンジの世界市場について調査・分析し、クロマトグラフィーシリンジの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クロマトグラフィーシリンジシェア、市場規模推移、市場規模予測、クロマトグラフィーシリンジ種類別分析(オートサンプラ、マニュアル)、クロマトグラフィーシリンジ用途別分析(GCシリンジ、HPLCシリンジ、TLCシリンジ、その他クロマトグラフィーシリンジ)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クロマトグラフィーシリンジの市場概観 ・クロマトグラフィーシリンジのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クロマトグラフィーシリンジのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クロマトグラフィーシリンジの世界市場規模 ・クロマトグラフィーシリンジの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クロマトグラフィーシリンジのアメリカ市場規模推移 ・クロマトグラフィーシリンジのカナダ市場規模推移 ・クロマトグラフィーシリンジのメキシコ市場規模推移 ・クロマトグラフィー …
  • ガスコンプレッサーの世界市場
    当調査レポートでは、ガスコンプレッサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスコンプレッサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 一酸化炭素(CO)警報装置の世界市場
    当調査レポートでは、一酸化炭素(CO)警報装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、一酸化炭素(CO)警報装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場について調査・分析し、酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:市場動向分析 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:競争要因分析 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:種類別分析/市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:用途別分析/市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:形態別分析/市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:地域別分析/市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の北米市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の欧州市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物のアジア市場規模 ・酵母/酵母エキス/自己消化物の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 動物遺伝学の世界市場予測(~2023年)
    動物遺伝学の世界市場は、2018年の42億米ドルから2023年には58億米ドルに達し、この期間中6.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、動物由来タンパク質の消費増加、人口の増加、世界規模での急速な都市化、大規模生産や質の高い繁殖を目的とした遺伝子サービスと高度な遺伝子技術の採用の増加が考えられます。一方で、高度な遺伝医療を提供する獣医学研究者や熟練した専門家の不足は、市場の成長を抑制する最大の要因です。当調査レポートでは、動物遺伝学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス(生きている動物、遺伝物質、遺伝子検査)分析、動物遺伝学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電動手術器具市場2019
    本調査レポートでは、世界の電動手術器具市場2019について調査・分析し、電動手術器具の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電動手術器具のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電動手術器具メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電動手術器具の市場概要 ・電動手術器具の上流・下流市場分析 ・電動手術器具のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電動手術器具のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電動手術器具のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電動手術器具の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電動手術器具の北米市場:市場予測(生産 …
  • ロシアのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 石灰の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、石灰の世界市場について調査・分析し、石灰の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 石灰の世界市場:市場動向分析 - 石灰の世界市場:競争要因分析 - 石灰の世界市場:製品別 ・消石灰 ・生石灰 ・その他 - 石灰の世界市場:用途別 ・農業 ・建設 ・環境 ・鉱業・冶金 ・水処理 ・その他 - 石灰の世界市場:主要地域別分析 - 石灰の北米市場規模(アメリカ市場等) - 石灰のヨーロッパ市場規模 - 石灰のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・石灰の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 人工内耳の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人工内耳の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工内耳市場規模、種類別(片耳用、両耳用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工内耳の世界市場概要 ・人工内耳の世界市場環境 ・人工内耳の世界市場動向 ・人工内耳の世界市場規模 ・人工内耳の世界市場:業界構造分析 ・人工内耳の世界市場:種類別(片耳用、両耳用) ・人工内耳の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工内耳のアメリカ市場規模・予測 ・人工内耳のヨーロッパ市場規模・予測 ・人工内耳のアジア市場規模・予測 ・人工内耳の主要国分析 ・人工内耳の世界市場:意思決定フレームワーク ・人工内耳の世界市場:成長要因、課題 ・人工内耳の世界市場:競争環境 ・人工内耳の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ロボット産業における研究開発(R&D)支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロボット産業における研究開発(R&D)支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット産業における研究開発(R&D)支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の血栓管理装置市場(~2021)
  • 中国のPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 遠隔電子ユニット(REU)の世界市場予測(~2022年):操縦面、ランディングギ、燃料システム、防氷システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、遠隔電子ユニット(REU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、需要先別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、遠隔電子ユニット(REU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のたら肝油市場2015
    本調査レポートでは、世界のたら肝油市場2015について調査・分析し、たら肝油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入りスプラウトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りスプラウトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りスプラウト市場規模、製品別(豆もやし、メキャベツ、アルファルファ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場概要 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場環境 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場動向 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場規模 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:製品別(豆もやし、メキャベツ、アルファルファ) ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りスプラウトのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトのアジア市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトの主要国分析 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:意思決定フレームワーク ・パッケージ入り …
  • 埋め込み型バイオマテリアルの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、埋め込み型バイオマテリアルの世界市場について調査・分析し、埋め込み型バイオマテリアルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:市場動向分析 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:競争要因分析 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:材料別分析/市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの北米市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの欧州市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルのアジア市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 工業用潤滑油の世界市場:製品別(プロセス油、一般的な油、金属加工油、エンジン油)、用途別(織物、エネルギー、油圧)、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用潤滑油の世界市場について調査・分析し、工業用潤滑油の世界市場動向、工業用潤滑油の世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用潤滑油市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 地理空間情報分析のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、地理空間情報分析のヨーロッパ市場について調査・分析し、地理空間情報分析のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"