"コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7436)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The cognitive collaboration market is expected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period due to ease in integration with the already existing environment and increasing need for mobility and collaboration
The global cognitive collaboration market size is expected to grow from USD 983 million in 2019 to USD 1,660 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 11.0% during the forecast period. Easy integration with the already existing environment and increasing need for mobility and collaboration are the major factors driving the growth of the cognitive collaboration market.

The SMEs segment is expected to grow with a higher CAGR during the forecast period
Organizations with less than 1,000 employees are considered under the SMEs segment. Cost-effectiveness is important for SMEs, as they have limited budgets. Hence, these enterprises face more excellent resource crunch than large enterprises, and they require better methods to resolve complexities for improved cost optimization of their business processes. The implementation of cognitive collaboration solutions is expected to result in increased revenue, desired business outcome, and improved business efficiency for SMEs. Cognitive collaboration solutions help SMEs reduce travel costs and the need for face-to-face meetings. Collaboration solutions also strengthen virtual teams, thus doing away with the need for physical office locations. Business agility is yet another critical focus area for SMEs, which is effectively fulfilled by the implementation of cognitive collaboration solutions.

IT and telecom segment is expected to have a significant growth in the cognitive collaboration market during the forecast period
The IT and telecom industry is facing challenges in stimulating knowledge transfer, task monitoring, employee engagement, and communication. Cognitive collaboration enables enterprises for real-time communication and cooperation in the digital workstation, wherein people, devices, and systems work together and deliver enhanced customer experience using limited resources and in minimum time. Cognitive collaboration also offers dashboards for employees to get an overview of company activities and news. Cognitive collaboration solutions help IT, and telecom enterprises accelerate their business capabilities and enhance their revenue curve.

North American expected to have the largest market size during the forecast period
The North American region is expected to hold the largest market size in the global cognitive collaboration market during the forecast period. The adoption of AI-powered services is expected to grow in the region, owing to the growing demand to analyze large volumes of data to enhance the overall productivity, consumer experience and improve the decision-making process. Moreover, technological advancements, coupled with an increasing need for intelligent business processes and rising adoption of digital technologies across the region, are fueling the growth of the cognitive collaboration market. Also, various industries, including retail, healthcare, manufacturing, and BFSI, are looking for solutions that can be easily integrated with their existing apps and do not require huge investments, which would also help them maintain their consumer base.
In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 28%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-Level – 18%, Director Level – 44%, and Others – 38%
• By Region: North America – 31%, APAC – 22%, Europe – 34%, MEA – 8%, Latin America – 5%
The cognitive collaboration market includes various major vendors such as Cisco (US), Microsoft (US), Slack Technologies (US), Softweb Solutions (US), CognitiveScale (US), LOOP AI Labs (US), Intec Systems Limited (UK), Bluescape (US), Collaboration.Ai (US), Resemble Systems (UAE), Chanty (Switzerland), Ku Zoom.ai (Canada), iotum (Canada), and Konolabs (US).

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the cognitive collaboration market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the cognitive collaboration market by component, application area, deployment mode, organization size, vertical, and region.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in the cognitive collaboration market in the following ways:
1. The overall cognitive collaboration market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering cognitive collaboration solutions. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions, namely, North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primary Participants’ Profiles
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Cognitive Collaboration Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Solution (2019 Vs. 2024)
4.4 Market By Organization Size (2019 Vs. 2024)
4.5 Market By Vertical (2019 Vs. 2024)
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Easy Integration With the Already Existing Environment
5.2.1.2 Increasing Need for Mobility and Collaboration
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Countering Ediscovery and Legal Risks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Integration of AI in Business Processes
5.2.3.2 Emerging Potential Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulties in Aligning Team Collaboration Software With Business Goals
5.3 use Cases
5.3.1 Accenture Adopting Microsoft Teams to Enhance Team Collaboration
5.3.2 Insurers Adopting Engage AI to Improve Operations at Call Centers
6 Cognitive Collaboration Market By Component (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Cognitive Collaboration: Increase in the Adoption of Enterprise Collaboration Solutions Would Drive the Growth of Market
6.3 Solutions
6.3.1 Enterprise Video
6.3.1.1 Increasing Need to Deploy Business-Specific Videos Driving the Adoption of Enterprise Video Solutions
6.3.2 Unified Messaging and Synchronization
6.3.2.1 Growing Demand for Messaging Platform to Drive the Adoption of Unified Messaging and Synchronization Solutions
6.3.3 Project Management
6.3.3.1 Increasing Need to Simplify Numerous Project Activities and Need to Communicate With Team Driving the Adoption of Project Management Solutions
6.3.4 Enterprise Social Network
6.3.4.1 Demand for Organizations to Utilize Social Workflow Capabilities Driving the Traction of Enterprise Social Network Solutions
6.3.5 Others
6.4 Services
6.4.1 Professional Services
6.4.1.1 Need to Understand Organizations’ Need for Collaboration and Efficiently Deploy Cognitive Collaboration Solutions Driving the Demand for Professional Services
6.4.2 Managed Services
6.4.2.1 Increase in the Adoption Rate of Enterprise Collaboration Solutions to Boost the Demand for Managed Services
7 Cognitive Collaboration Market By Application Area (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Data Analytics
7.2.1 Increasing Need to Analyze Data and Provide Insights Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in Data Analytics Application Area
7.3 Facial Recognition
7.3.1 Increasing Need to Monitor Emotion and Attendance of the Participants in a Meeting Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in Facial Recognition Application Area
7.4 Social Media Assistance
7.4.1 Growing use of Social Media to Provide Efficient Customer Support Services Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in Social Media Assistance Application Area
8 Cognitive Collaboration Market By Deployment Mode (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Need to Cut Down Total Cost of Ownership and Increase Data Storage Capabilities Driving the Adoption of Cloud-Based Cognitive Collaboration Solutions
8.3 On-Premises
8.3.1 Need to Hold Total Control Over Security of Sensitive Enterprise Data Driving the Adoption of On-Premises Cognitive Collaboration Solutions
9 Cognitive Collaboration Market By Organization Size (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Growing Byod and Mobile Workforce Trend to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions Among Small and Medium-Sized Enterprises
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Need to Enhance Employee Productivity Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions Among Large Enterprises
10 Cognitive Collaboration Market By Vertical (Page No. – 66)
10.1 Introduction
10.2 IT and Telecom
10.2.1 Increasing use of Enterprise Video Solutions to Fuel the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the IT and Telecom Vertical
10.3 Energy and Utilities
10.3.1 Need to Share Real-Time Information Across Various Locations Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Energy and Utilities Vertical
10.4 Banking, Financial Services, and Insurance
10.4.1 Increasing Need to Collaborate With Both Internal Employees and External Clients to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the BFSI Vertical
10.5 Education
10.5.1 Growing Demand for Elearning and Virtual Teaching Across Various Regions to Fuel the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Education Vertical
10.6 Healthcare
10.6.1 Rising Need to Enhance Clinical Collaboration and Medical Education Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Healthcare Vertical
10.7 Retail
10.7.1 Growing Need to Offer Custom-Based Services to Customers Driving the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Retail Vertical
10.8 Others
11 Cognitive Collaboration Market By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Rapid Growth of Technologies and Infrastructures to Boost the Adoption of AI-Based Collaboration Solutions Among the Enterprises in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Growing Technological Advancements to Boost the Adoption of AI Solutions Among the Industries in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Rising Adoption of Big Data and Analytics to Drive the Growth of Cognitive Collaboration Market in the UK
11.3.2 France
11.3.2.1 Initiatives From Government and Global Players to Create a Potential Market for AI-Based Collaboration Solutions in France
11.3.3 Germany
11.3.3.1 Numerous Expansion and Startup Opportunities to Boost the Growth of Market in Germany
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Technological Development to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions Among Enterprises in China
11.4.2 Australia and New Zealand
11.4.2.1 Already Existing Awareness and Financially Stable Enterprises to Boost the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in ANZ
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Increasing Need for Cognitive Collaboration Solutions to Drive the Market Growth in Japan
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Changing Customer Expectations and Increase in Investment From Global Companies to Enhance the Adoption of Cognitive Collaboration Solutions in the Middle East
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Lack of Technological Skills and Poor Data Quality to Slow Down the Growth of Cognitive Collaboration Market in South Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Mexico
11.6.1.1 Mexico to Witness Moderate Growth in the Market Due to the Slow Adoption Rate of AI- and ML-Based Solutions
11.6.2 Brazil
11.6.2.1 Growing Developments in AI, ML, and NLP to Provide Opportunities for Vendors in the Market in Brazil
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 109)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Innovators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Ranking of Key Players
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.4.2 Partnerships and Collaborations
12.4.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 117)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Solutons, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Cisco
13.3 Microsoft
13.4 Slack Technologies
13.5 Softweb Solutions
13.6 Cognitivescale
13.7 LOOP AI Labs
13.8 Intec Systems Limited
13.9 Bluescape
13.10 Collaboration.AI
13.11 Resemble Systems
13.12 Chanty
13.13 Zoom.AI
13.14 Iotum
13.15 Konolabs
*Details on Business Overview, Products & Soltions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 141)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7436
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 石油化学製品の世界市場分析:製品別(エチレン、プロピレン、ブタジエン、ベンゼン、キシレン、トルエン、ビニル、スチレン、メタノール)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、中国、中東、アフリカ、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、石油化学製品の世界市場について調査・分析し、石油化学製品の世界市場動向、石油化学製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別石油化学製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用安全の世界市場予測(~2024年)
    産業用安全の世界市場は、2019年の33億米ドルから2024年には54億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。一方で、危険な環境おける機器の自動化や保守には多額の投資が必要なことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、産業用安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品の種類(ESD、HIPPS、TMC、BMS、F&GM)分析、コンポーネント(安全センサー、安全スイッチ、プログラム可能な安全システム、安全弁、非常停止装置)分析、産業分析、産業用安全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶剤再生の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、溶剤再生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶剤再生の世界市場規模及び予測、設備種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 染み抜き剤の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、染み抜き剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、染み抜き剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタほう酸バリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のメタほう酸バリウム市場2016について調査・分析し、メタほう酸バリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用チャートプロジェクター市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用チャートプロジェクター市場2015について調査・分析し、眼科用チャートプロジェクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動日射遮蔽装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動日射遮蔽装置の世界市場について調査・分析し、電動日射遮蔽装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動日射遮蔽装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、電動日射遮蔽装置種類別分析(布製、アルミニウム製)、電動日射遮蔽装置用途別分析(公共施設用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動日射遮蔽装置の市場概観 ・電動日射遮蔽装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動日射遮蔽装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動日射遮蔽装置の世界市場規模 ・電動日射遮蔽装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動日射遮蔽装置のアメリカ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のカナダ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のメキシコ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動日射遮蔽装置のドイツ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のイギリス市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のロシア市場規模推移 ・電動 …
  • 自動車用スリックタイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用スリックタイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用スリックタイヤの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品サービスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、食品サービスの世界市場について調べ、食品サービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品サービスの市場規模をセグメンテーション別(食品サービスシステム別(従来型、集中型、準備済み、アセンブリーサービス)、セクター別(業務用、非業務用)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は食品サービスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品サービスの市場状況 ・食品サービスの市場規模 ・食品サービスの市場予測 ・食品サービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:食品サービスシステム別(従来型、集中型、準備済み、アセンブリーサービス) ・市場セグメンテーション:セクター別(業務用、非業務用) ・食品サービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インドの風力発電市場2016
  • データレイクの世界市場:データ・ディレクトリー、データ統合、データレイク分析、データ可視化
    当調査レポートでは、データレイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、業務機能別分析、サービス別分析、導入方式別分析、データレイクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の現場長ドリルらせんぐい市場2019
    本調査レポートでは、世界の現場長ドリルらせんぐい市場2019について調査・分析し、現場長ドリルらせんぐいの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、現場長ドリルらせんぐいのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、現場長ドリルらせんぐいメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・現場長ドリルらせんぐいの市場概要 ・現場長ドリルらせんぐいの上流・下流市場分析 ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場長ドリルらせんぐいの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・現場長ドリルらせんぐいの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場 …
  • アルツハイマー病に伴う認知症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルツハイマー病に伴う認知症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルツハイマー病に伴う認知症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アルツハイマー病に伴う認知症の概要 ・アルツハイマー病に伴う認知症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアルツハイマー病に伴う認知症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルツハイマー病に伴う認知症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルツハイマー病に伴う認知症治療薬開発 …
  • テレマティクスの世界市場
    本資料は、テレマティクスの世界市場について調べ、テレマティクスの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(フリート/資産管理、ナビゲーション及びロケーションベース、インフォテインメント、保険テレマティクス、テレ-ヘルス、遠隔アラーム及びモニタリング、その他)分析、最終用途別(自動車、政府&防御、ヘルスケア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlsident System、Engmar 、Fumex、Geovent A/S、Kemper、Klimawent、Lincoln Electric、Menegon Sp. z.o.o.、Norfi Absaugtehchnik GmbH、Plymovent、Teka、OSKAR、Airflow Systems、Nederman、Diversitech 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレマティクスの世界市場概要 ・テレマティクスの世界市場環境 ・テレマティクスの世界市場動向 ・テレマティクス …
  • 動物飼料用添加物の世界市場
    当調査レポートでは、動物飼料用添加物の世界市場について調査・分析し、動物飼料用添加物の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ポーランドの電気生理装置市場見通し
  • 口内炎治療の世界市場
    当調査レポートでは、口内炎治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、口内炎治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシーリングファンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートシーリングファンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートシーリングファン市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、最終用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートシーリングファンの世界市場概要 ・スマートシーリングファンの世界市場環境 ・スマートシーリングファンの世界市場動向 ・スマートシーリングファンの世界市場規模 ・スマートシーリングファンの世界市場:業界構造分析 ・スマートシーリングファンの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・スマートシーリングファンの世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・スマートシーリングファンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートシーリングファンのアメリカ市場規模・予測 ・スマートシーリングファンのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートシーリングファンのアジア市場規模・予測 ・スマートシーリングファンの …
  • プレフィルドシリンジの世界市場予測(~2021):従来式プレフィルドシリンジ、セーフティープレフィルドシリンジ
    当調査レポートでは、プレフィルドシリンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、デザイン別分析、地域別分析、プレフィルドシリンジの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の放射線遮蔽窓市場2016
    本調査レポートでは、世界の放射線遮蔽窓市場2016について調査・分析し、放射線遮蔽窓の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場について調査・分析し、オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オーガニック・ナチュラルフェミニンケアシェア、市場規模推移、市場規模予測、オーガニック・ナチュラルフェミニンケア種類別分析(生理用ナプキン、タンポン、パンティライナー、フェミニンケア、妊娠時用ケア、その他)、オーガニック・ナチュラルフェミニンケア用途別分析(健康な若者、健康な大人、妊婦、患者)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの市場概観 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場規模 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアのアメ …
  • オンショア石油・ガスパイプラインの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オンショア石油・ガスパイプラインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンショア石油・ガスパイプラインの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンショア石油・ガスパイプラインの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BP、Gulf Interstate Engineering、Mott MacDonald、Saipem、TechnipFMC等です。
  • 企業向けクラウドサービスの世界市場:SaaS、IaaS、PaaS
    当調査レポートでは、企業向けクラウドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けクラウドサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス包装の世界市場分析:用途別(食品・飲料、ビール、医薬品)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、ガラス包装の世界市場について調査・分析し、ガラス包装の世界市場動向、ガラス包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラス包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不動産管理ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、不動産管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不動産管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 学校事務ソフトウェアの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、学校事務ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校事務ソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場予測(~2023年):生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤)別分析、創傷種類別分析、需要先別分析、地域別分析、創傷ケア用生物製剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペンタブロモトルエン市場2016
    本調査レポートでは、世界のペンタブロモトルエン市場2016について調査・分析し、ペンタブロモトルエンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用セントラルゲートウェイモジュール市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場概要 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場環境 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場動向 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場規模 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場:業界構造分析 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用セントラルゲートウェイモジュールのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用セントラルゲートウェイモジ …
  • ポリブタジエンの世界市場分析:製品別(低シス、高シス、高ビニル、高トランス)、用途別(タイヤ製造、ポリマー改質、工業用ゴム製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、ポリブタジエンの世界市場動向、ポリブタジエンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリブタジエン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポルトガルの心臓律動管理装置市場見通し
  • セノスフェアの世界市場:グレー・セノスフェア、ホワイト・セノスフェア
    当調査レポートでは、セノスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナーシングホームベッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のナーシングホームベッド市場2015について調査・分析し、ナーシングホームベッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミニウム市場規模、エンドユーザー別(輸送、建設、包装、電気工学、その他)分析、製造工程別(一次アルミニウム、二次アルミニウム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミニウムの世界市場概要 ・アルミニウムの世界市場環境 ・アルミニウムの世界市場動向 ・アルミニウムの世界市場規模 ・アルミニウムの世界市場:業界構造分析 ・アルミニウムの世界市場:エンドユーザー別(輸送、建設、包装、電気工学、その他) ・アルミニウムの世界市場:製造工程別(一次アルミニウム、二次アルミニウム) ・アルミニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミニウムの北米市場規模・予測 ・アルミニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アルミニウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・アルミニウムの主要国分析 ・アルミニウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・アルミニウムの世界市場 …
  • 室内空気質(IAQ)の世界市場
    当調査レポートでは、室内空気質(IAQ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、室内空気質(IAQ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの体外式除細動器市場見通し
  • 世界のエチレンジアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のエチレンジアミン市場2015について調査・分析し、エチレンジアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスキー用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスキー用品市場2015について調査・分析し、スキー用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドセキュリティソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドセキュリティソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cisco • IBM • McAfee• Symantec• Trend Micro等です。
  • 携帯電話用アクセサリーの世界市場:保護ケース、ヘッドホン・イヤホン、充電器、電池、メモリカード、パワーバンク、ポータブルスピーカー
    当調査レポートでは、携帯電話用アクセサリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、携帯電話用アクセサリーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 禁煙治療薬の世界市場:ニコチン置換療法(NRT)、電子たばこ
    当調査レポートでは、禁煙治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疫学分析、禁煙治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、処方薬/OTC薬別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 難燃ケーブルの世界市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)、地域別予測
    本資料は、難燃ケーブルの世界市場について調べ、難燃ケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)分析、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・難燃ケーブルの世界市場概要 ・難燃ケーブルの世界市場環境 ・難燃ケーブルの世界市場動向 ・難燃ケーブルの世界市場規模 ・難燃ケーブルの世界市場規模:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー) ・難燃ケーブルの世界市場規模:断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR) ・難燃ケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・難燃ケーブルの北米市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアメリカ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのヨーロッパ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアジア市場規模・予測 ・難燃ケーブルの日本市場規模・予測 ・難燃ケーブルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • コンテナ重量測定システムの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、コンテナ重量測定システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテナ重量測定システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 抗菌医療用テキスタイルの世界市場分析:仕上げ剤別(第四級アンモニウム、トリクロサン、金属塩)、用途別(埋め込み用、埋め込み不可、ヘルスケア・衛生用品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、抗菌医療用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、抗菌医療用テキスタイルの世界市場動向、抗菌医療用テキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別抗菌医療用テキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • メキシコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、General Dynamics、Kongsberg Maritime、Lockheed Martin、Saab、Thales Group等です。
  • 自動車用カムシャフトの世界市場2017-2021:鋳鉄、ビレット鋼
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用カムシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用カムシャフトの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用カムシャフトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はLinamar、Thyssenkrupp、Kautex、Sandvik Coromant、Nemak等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"