"電気商用車の世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 6196)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電気商用車の世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing focus of countries on the electrification of their public transport fleets and increasing demand for zero emission vehicles in the logistics sector are the significant growth drivers for the global electric commercial vehicle market”
The global electric commercial vehicle market size is projected to grow from 261 thousand units in 2020 to reach 1,890 thousand units by 2027, at a CAGR of 32.7%. The advancements in battery pack technologies and electric powertrains are some of the major factors driving the growth of the electric commercial vehicle industry. Many countries are focusing on the electrification of their public transportation fleets. Factors such as a rise in pollution and environmental hazards, stringent government regulations, and stiff competition have compelled automotive OEMs to make fuel-efficient and environment-friendly vehicles. Increasing demand for fuel efficient and zero emission vehicles in the logistics sector is also driving the market.

“The growth of e-commerce, logistics, and shared mobility is likely to propel the growth of the electric van segment during the forecast period”
The electric van segment is expected to be the fastest growing market as there is a high demand for these vans from the logistics sector, especially in the European region. The growth of the logistics and e-commerce sectors are expected to drive the market for electric vans during the forecast period.

The usage of electric vans in the logistics sector would minimize the cost of transportation. Many leading logistics companies in Europe and North America have started using electric vans for shipping and delivery purposes. For instance, DHL, one of the leading logistics companies in the world, is using electric vans in some parts of the European region.

“Asia Pacific is expected to be the largest market during the forecast period”
The Asia Pacific region is the largest electric commercial vehicle market in the world. It comprises some of the fastest developing and developed economies in the world, such as China, India, and Japan. The market growth in the region can be attributed to the dominance of Chinese market in the electric bus segment and the presence of market leading OEMs in the country as well, resulting in the exponential growth of electric commercial vehicle industry in Asia Pacific. The large volumes of electric bus, favorable regulations for electric commercial vehicles, and rapidly growing logistics sector are projected to boost the electric commercial vehicle market in the region.

“European market is expected to register the fastest growth during the forecast period”
The European region is projected to be the fastest-growing market during the forecast period. The increasing demand for electric vans in the logistics sector and the focus on electrification of the public transport fleet are driving the electric commercial vehicle market in Europe. The region is a hub to major players such as AB Volvo (Sweden), VDL Bus and Coach (Netherlands), Daimler (Germany), CAF (Spain), EBUSCO (Netherlands), Scania (Sweden), and Emoss Mobile Systems (Netherlands). Europe is a key region for innovations; significant R&D; and technological advancements in electric vehicles, battery technologies, and charging solutions.
France is the largest market in Europe, followed by Germany. France, which is one of the leading automotive hubs in the European region, is home to many established OEMs providing electric vehicles and also has a higher adoption rate for electric commercial vehicles.

In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in this market.
• By Company Type: Tier I – 40%, Tier II – 42%, and Tier III – 18%,
• By Designation: C Level – 57%, D Level – 29%, and Others – 14%
• By Region: North America – 39%, Europe – 33%, and Asia Pacific – 28%

The electric commercial vehicle market comprises major manufacturers such as BYD (China), Yutong (China), Proterra (US), VDL Groep (Netherlands), and AB Volvo (Sweden).

Research Coverage:
The market study covers the electric commercial vehicle market across segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as by propulsion type, vehicle type, range, battery type, length of bus, power output, battery capacity, component, autonomous vehicles, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
• The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of revenue numbers for the overall electric commercial vehicle market and its subsegments.
• This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies.
• The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電気商用車の世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions & Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for Study
1.4 Package Size
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Secondary Sources for Electric Commercial Vehicle Sales
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.1.3 Primary Participants
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions & Associated Risks
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in the Electric Commercial Vehicle Market
4.2 Electric Commercial Vehicle Market Growth Rate, By Region
4.3 Electric Commercial Vehicle Market, By Vehicle Type
4.4 Electric Commercial Vehicle Market, By Propulsion
4.5 Electric Commercial Vehicle Market, By Range
4.6 Electric Commercial Vehicle Market, By Length of Bus
4.7 Electric Commercial Vehicle Market, By Battery Typea
4.8 Electric Commercial Vehicle Market, By Battery Capacity Type
4.9 Electric Commercial Vehicle Market, By Power Output Type
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Emission Free Commercial Vehicles and Rising Adoption of Electric Vehicles in the Logistics Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Development Cost
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Government Support for Electric Commercial Vehicles
5.2.3.2 New Revenue Pockets in Asia Pacific and Northern Europe
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Battery Capacity
5.2.4.2 Lack of Charging Infrastructure
5.3 Electric Commercial Vehicle Market, Scenarios (2018–2027)
5.3.1 Electric Commercial Vehicle Market, Most Likely Scenario
5.3.2 Electric Commercial Vehicle Market, Optimistic Scenario
5.3.3 Electric Commercial Vehicle Market, Pessimistic Scenario
5.4 Revenue Shift and Hot Bets in the Electric Commercial Vehicle Market
6 Industry Trends (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Robo-Taxi
6.3 High Voltage Battery
6.4 Smart Electric Drive
6.5 Technology Analysis
6.6 Innovative Charging Solutions
6.6.1 Off-Board Top-Down Pantograph Charging System
6.6.2 On-Board Bottom-Up-Pantograph Charging System
6.7 Ground Based Static Charging System
6.8 Porter’s Five Forces Model Analysis
7 Electric Commercial Vehicle Market, By Component (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Electric Motor
7.3 EV Battery
7.4 Hydrogen Fuel Cell Stack
8 Electric Commercial Vehicle Market, By Autonomous Vehicles (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 Electric Autonomous Truck
8.3 Electric Autonomous Bus
9 Electric Commercial Vehicle Market, By Battery Type (Page No. – 57)
9.1 Introduction
9.2 Operational Data
9.2.1 Assumptions
9.2.2 Research Methodology
9.3 Lithium-Nickel-Manganese-Cobalt Oxide
9.3.1 Battery Technology Advancements to Boost the Nmc Battery Segment
9.4 Lithium-Iron-Phosphate
9.4.1 Reducing Prices of Batteries to Drive the Market
9.5 Others
9.5.1 OEMs’ Focus on Battery R&D to Boost the Market
9.6 Key Industry Insights
10 Electric Commercial Vehicle Market, By Battery Capacity (Page No. – 63)
10.1 Introduction
10.2 Operational Data
10.2.1 Assumptions
10.2.2 Research Methodology
10.3 Less Than 50 kWh
10.3.1 High Adoption Rate of Electric Vans to Boost the Less Than 50 kWh Segment
10.4 50-250 kWh
10.4.1 OEMs Offering Affordable Electric Buses and Pick-Up Trucks in Asia Pacific Expected to Drive the 50-250 kWh Market
10.5 Above 250 kWh
10.5.1 Chinese Electric Bus Fleet is Dominated By Buses With More Than 250 kWh Battery Capacity
10.6 Key Industry Insights
11 Electric Commercial Vehicle Market, By Length of Bus (Page No. – 68)
11.1 Introduction
11.2 Operational Data
11.2.1 Assumptions
11.2.2 Research Methodology
11.4 Less Than 9 M
11.4.1 Mini Buses are Quite Useful on Compact Roads
11.5 9-14 M
11.5.1 High Adoption Rate of Electric Buses as Public Transport Fleet is Driving the Segment
11.6 Above 14 M
11.6.1 Increasing Number of Daily Commuters in Asia Pacific to Drive the Above 14m Segment
11.7 Key Industry Insights
12 Electric Commercial Vehicle Market, By Power Output (Page No. – 73)
12.1 Introduction
12.2 Operational Data
12.2.1 Assumptions Power Output
12.2.2 Research Methodology
12.4 Less Than 100 Kw
12.4.1 Logistics Companies in Europe are Using Small Electric Vans for Shipping
12.5 100-250 Kw
12.5.1 Start-Ups are Developing Entry-Level Electric Pick-Up Trucks in North America
12.6 Above 250 Kw
12.6.1 Increasing Demand for Electric Trucks With High Power Output to Drive the Market
12.7 Key Industry Insights
13 Electric Commercial Vehicle Market, By Propulsion Type (Page No. – 78)
13.1 Introduction
13.2 Operational Data
13.2.1 Assumptions
13.2.2 Research Methodology
13.4 BEV
13.4.1 BEV Segment to Dominate the Asia Pacific Region
13.5 Fcev
13.5.1 Fcev Buses are Already in Operation in Asia Pacific Region
13.6 PHEV
13.6.1 Asia Pacific Region is Projected to Dominate the PHEV Segment
13.7 Key Industry Insights
14 Electric Commercial Vehicle Market, By Range (Page No. – 83)
14.1 Introduction
14.2 Operational Data
14.2.1 Assumptions
14.2.2 Research Methodology
14.3 Less Than 150 Miles
14.3.1 Affordable Electric Vans to Drive the Less Than 150 Miles Segment
14.4 150-300 Miles
14.4.1 High Adoption Rate of Electric Buses to Boost the Market
14.5 Above 300 Miles
14.5.1 Advancements in Battery Technologies Would Drive the Above 300 Miles Segment Market
14.6 Key Industry Insights
15 Electric Commercial Vehicle Market, By Vehicle Type (Page No. – 88)
15.1 Introduction
15.2 Operational Data
15.2.1 Assumptions
15.2.2 Research Methodology
15.3 Electric Bus
15.3.1 Presence of Major OEMs in Asia Pacific Will Boost the Demand
15.4 Electric Pick-Up Truck
15.4.1 Asia Pacific to Lead the Electric Pick-Up Truck Market in the Forecast Period
15.5 Electric Truck
15.5.1 Advancements in Battery Technology to Boost the Electric Truck Market
15.6 Electric Van
15.6.1 Increasing Demand From Logistics Sector Will Drive the Electric Van Market
15.7 Key Industry Insights
16 Electric Commercial Vehicle Market, By Region (Page No. – 94)
16.1 Introduction
16.2 Asia Pacific to Lead the Electric Commercial Vehicle Market in the Forecast Period
16.3 Asia Pacific
16.3.1 China
16.3.1.1 Electric Buses to Dominate the Chinese Market
16.3.2 Japan
16.3.2.1 Japan has Many Renowned OEMs Providing Advanced Electric Vans
16.3.3 India
16.3.3.1 India to Witness Rapid Growth in Electric Commercial Vehicle Market
16.3.4 South Korea
16.3.4.1 South Korea Started Focusing on Electrifying Public Transport
16.4 Europe
16.4.1 France
16.4.1.1 French Market is Dominated By Electric Van Segment
16.4.2 Germany
16.4.2.1 Five German Cities to Electrify Their Public Transport Fleet Thus Boosting the Electric Bus Segment in the Country
16.4.3 Spain
16.4.3.1 Spanish Government’s Focus Towards Replacing the Existing Transport Fleet is Expected to Positively Impact the Electric Bus Segment
16.4.4 Austria
16.4.4.1 Electric Van Segment to Lead the Austrian Market
16.4.5 Norway
16.4.5.1 Advanced and Efficient Electric Vans to Replace Conventional Logistics Means
16.4.6 Sweden
16.4.6.1 Presence of Market Leading OEMs to Boost the Swedish Electric Commercial Vehicle Market
16.4.7 Switzerland
16.4.7.1 Favorable Government Regulations to Help Swiss Electric Commercial Vehicle Market Grow
16.4.8 The Netherlands
16.4.8.1 Presence of OEMs to Play Important Role in the Netherlands Electric Commercial Vehicle Market
16.4.9 Belgium
16.4.9.1 Higher Adoption Rate to Benefit the Belgium Electric Commercial Vehicle Market
16.4.10 Uk
16.4.10.1 Favorable Regulations for Emission-Free Buses to Help the UK Electric Commercial Vehicle Market Grow
16.5 North America
16.5.1 Us
16.5.1.1 Electric Pick-Up Segment to Lead the US Electric Commercial Vehicle Market
16.5.2 Canada
16.5.2.1 Electric Truck Segment to Dominate the Canadian Electric Commercial Vehicle Market
16.6 Market Leaders
17 Competitive Landscape (Page No. – 118)
17.1 Overview
17.2 Market Ranking Analysis
17.3 Competitive Scenario
17.3.1 New Product Developments
17.3.2 Mergers & Acquisitions
17.3.3 Partnerships/Supply Contracts/Collaborations/ Joint Ventures/License Agreements
17.3.4 Expansions
17.4 Competitive Leadership Mapping
17.4.1 Visionary Leaders
17.4.2 Innovators
17.4.3 Dynamic Differentiators
17.4.4 Emerging Companies
17.5 SME Competitive Leadership Mapping
17.5.1 Progressive Company
17.5.2 Responsive Companies
17.5.3 Dynamic Companies
17.5.4 Starting Blocks
17.6 Winners vs Tail-Enders
18 Company Profiles (Page No. – 128)
18.1 BYD
18.1.1 Business Overview
18.1.2 Recent Developments
18.1.3 SWOT Analysis
18.2 Yutong
18.2.1 Business Overview
18.2.2 Recent Developments
18.2.3 SWOT Analysis
18.3 Proterra
18.3.1 Business Overview
18.3.2 Recent Developments
18.3.3 SWOT Analysis
18.4 VDL Groep
18.4.1 Business Overview
18.4.2 Recent Developments
18.4.3 SWOT Analysis
18.5 AB Volvo
18.5.1 Business Overview
18.5.2 Recent Developments
18.5.3 SWOT Analysis
18.6 Daimler AG
18.6.1 Business Overview
18.6.2 Recent Developments
18.7 NFI Group
18.7.1 Business Overview
18.7.2 Recent Developments
18.8 CAF
18.8.1 Business Overview
18.8.2 Recent Developments
18.9 Ebusco Bv
18.9.1 Recent Developments
18.10 King Long
18.10.1 Business Overview
18.10.2 Recent Developments
18.11 Ankai
18.11.1 Business Overview
18.11.2 Recent Developments
18.12 Zhongtong Bus Holding
18.12.1 Business Overview
18.12.2 Recent Developments
18.13 Other Key Players
18.13.1 North America
18.13.1.1 Blue Bird Corporation
18.13.1.2 Rivian
18.13.1.3 Zenith Motors
18.13.1.4 Chanje Energy
18.13.1.5 Bollinger Motors
18.13.1.6 Workhorse Group
18.13.1.7 Nikola Motor Company
18.13.1.8 Xos Trucks
18.13.1.9 Atlis Motor Vehicles
18.13.2 Asia
18.13.2.1 Tata Motors
18.13.2.2 Ashok Leyland
18.13.2.3 Changsha Sunda New Energy Technology Co., Ltd
18.13.2.4 Kaiyun Motors
18.13.2.5 Infraprimelogistics Technologies Pvt. Ltd. (Iplt)
18.13.3 Europe
18.13.3.1 Scania
18.13.3.2 Irizar
18.13.3.3 Emoss Mobile Systems
18.13.3.4 Arrival
19 Recommendations By Marketsandmarkets (Page No. – 163)
19.1 Asia Pacific Will Be the Major Market for Electric Commercial Vehicles
19.2 Electric Van Can Be A Key Focus for Manufacturers
19.3 Conclusion
20 Appendix (Page No. – 164)
20.1 Key Insights of Industry Experts
20.2 Currency
20.3 Discussion Guide
20.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
20.5 Available Customizations
20.6 Related Reports
20.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電気商用車の世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 6196
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電気商用車の世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 生物テロ防御のアメリカ市場見通し2022
  • デジタルアイソレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタルアイソレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルアイソレータの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 アイソレーションとは、電力伝達の際に2つの電気システム間で直流(DC)と不必要な交流(AD)が流れることを防止する手段の一つです。アイソレーションにより、ユーザーを過渡電圧から保護し、高価なプロセッサーが受ける損傷を回避し、コミュニケーションネットワーク内でのグラウンドループ形成を破壊し、耐ノイズ性を向上することが出来ます。Technavio社はデジタルアイソレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Analog Devices• Broadcom• Maxim Integrated• Silicon Laboratories• Texas Instruments等です。
  • ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 医療用超音波装置の世界市場:診断用超音波(2D、3D、4D、ドップラー)、治療用超音波(HIFU(高密度焦点式超音波)、ESWL(体外衝撃波砕石術))
    当調査レポートでは、医療用超音波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、診断用超音波別分析、治療用超音波別分析、製品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウルトラフィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界のウルトラフィルター市場2016について調査・分析し、ウルトラフィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場について調査・分析し、CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場:セグメント別市場分析 ・CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の階段昇降機市場2015
    本調査レポートでは、世界の階段昇降機市場2015について調査・分析し、階段昇降機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タイのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 自動車用ゴムホースの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ゴムホースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ゴムホースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、OEM/アフターマーケット別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 洗濯物折り畳みロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、洗濯物折り畳みロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗濯物折り畳みロボット市場規模、価格別分析、最終用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場概要 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場環境 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場動向 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場規模 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場:業界構造分析 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場:価格別 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・洗濯物折り畳みロボットのアメリカ市場規模・予測 ・洗濯物折り畳みロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・洗濯物折り畳みロボットのアジア市場規模・予測 ・洗濯物折り畳みロボットの主要国分析 ・洗濯物折り畳みロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・洗濯物折り畳みロボット …
  • 世界のジグソーパズル市場2016
    本調査レポートでは、世界のジグソーパズル市場2016について調査・分析し、ジグソーパズルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスルファミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のスルファミド市場2016について調査・分析し、スルファミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 教育玩具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育玩具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、教育玩具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 教育玩具は、乳児から中学生までの子供の認知、社会的、感情、身体的な発達のための玩具です。教育玩具には、組み立てセット、アクティビティセット、算数・理科教材、DIYクラフト教材、粘土などがあります。教育玩具は、子供の知的発達を目的とし、特定のスキルや教科の理解の助けとなります。Technavio社は教育玩具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Mattel• Toys "R" Us • Engino• Learning Resources• LEGO等です。
  • 世界のほう酸マンガン市場2015
    本調査レポートでは、世界のほう酸マンガン市場2015について調査・分析し、ほう酸マンガンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界の除雪機市場2015
    本調査レポートでは、世界の除雪機市場2015について調査・分析し、除雪機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮頚癌(Cervical Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、子宮頚癌(Cervical Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・子宮頚癌(Cervical Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・子宮頚癌(Cervical Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・子宮頚癌(Cervical Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・子宮頚癌(Cervical Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・子宮頚癌(Cervical Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の子宮頚癌(Cervical Cancer)治療薬剤
  • 食品用ガスの世界市場予測(~2023年)
    食品用ガスの世界市場は、2018年の59億米ドルから2023年には81億米ドルに達し、この期間中6.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、忙しいライフスタイルに伴うインスタント食品包装に対する需要の高まりや全地域での地ビール醸造所の増加が考えられます。一方で、品質基準を満たすための厳しい政府規制により、市場の成長は妨げられています。当調査レポートでは、食品用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(二酸化炭素、窒素、酸素)分析、用途(冷凍・冷蔵、包装、炭酸化)分析、最終用途(乳製品・冷凍製品、飲料、肉・鶏肉・シーフード)分析、食品用ガスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 親水性コーティングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、親水性コーティングの世界市場について調査・分析し、親水性コーティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 親水性コーティングの世界市場:市場動向分析 - 親水性コーティングの世界市場:競争要因分析 - 親水性コーティングの世界市場:用途別 宇宙航空 自動車 海洋 医療機器 光学機器 その他の用途 - 親水性コーティングの世界市場:基質別 ガラス/セラミック 金属 ナノ粒子 ポリマー - 親水性コーティングの世界市場:主要地域別分析 - 親水性コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) - 親水性コーティングのヨーロッパ市場規模 - 親水性コーティングのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・親水性コーティングの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動料金収受システム(ETC)の世界市場予測(~2023年)
    自動料金収受システム(ETC)の世界市場は、2018年の71億米ドルから2023年には107億米ドルに達し、8.54%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、車線当たりの交通流の改善、政府によるITSの展開を目的とした予算の増加、ETCシステムによる環境汚染の低減、キャッシュレス交通機関による利便性の向上、およびスマートシティの開発が考えれられます。さらには、発展途上国への経済的・技術的な投資機会の増加、輸送セクターでの官民パートナーシップ(PPP)締結の増加、および完全電子化料金徴収(AET)システムへの移行の拡大によっても、この市場の成長が後押しされると見られています。一方で、発展途上の国々におけるインフラ開発の鈍化と高い運用コストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、自動料金収受システム(ETC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術(RFID、DSRC、その他)分析、提供(ハードウェア、バックオフィス、その他)分析、用途(高 …
  • 世界の風力発電用タワー市場2015
    本調査レポートでは、世界の風力発電用タワー市場2015について調査・分析し、風力発電用タワーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドオートメーションの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・クラウドオートメーションの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドオートメーションの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウドオートメーションの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドオートメーションのアメリカ市場規模予測 ・クラウドオートメーションのヨーロッパ市場規模予測 ・クラウドオートメーションのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 不織布用接着剤の世界市場予測(~2022年):SBC、アモルファスポリ−α−オレフィン
    当調査レポートでは、不織布用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、不織布用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conagra Brands、McCain Foods、Mondelēz International、Snyder's – Lance等です。
  • 胆嚢がん(Gallbladder Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胆嚢がん(Gallbladder Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胆嚢がん(Gallbladder Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胆嚢がん(Gallbladder Cancer)の概要 ・胆嚢がん(Gallbladder Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胆嚢がん(Gallbladder Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胆嚢がん(Gallbladder Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 食品・飲料倉庫保管の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品・飲料倉庫保管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料倉庫保管の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トップ10パッケージングトレンドの世界市場
  • ダンプ車の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダンプ車の世界市場について調査・分析し、ダンプ車の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダンプ車シェア、市場規模推移、市場規模予測、ダンプ車種類別分析(オンロード、オフロード)、ダンプ車用途別分析(ビル建築、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダンプ車の市場概観 ・ダンプ車のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダンプ車のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダンプ車の世界市場規模 ・ダンプ車の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダンプ車のアメリカ市場規模推移 ・ダンプ車のカナダ市場規模推移 ・ダンプ車のメキシコ市場規模推移 ・ダンプ車のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダンプ車のドイツ市場規模推移 ・ダンプ車のイギリス市場規模推移 ・ダンプ車のロシア市場規模推移 ・ダンプ車のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ダンプ車の日本市場規模推移 ・ダンプ車の中国市場規模推移 ・ダン …
  • 色素脱失症治療の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、色素脱失症治療の世界市場について調べ、色素脱失症治療の世界規模、市場動向、市場環境、治療別(局所薬、レーザー療法、ケミカルピール、マイクロダーマブレーション、その他)分析、適応症別(白斑、白化症)分析、エンドユーザー別(病院、美容クリニック・皮膚科センター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・色素脱失症治療の世界市場動向 ・色素脱失症治療の世界市場環境 ・色素脱失症治療の世界市場規模 ・色素脱失症治療の世界市場規模:治療別(局所薬、レーザー療法、ケミカルピール、マイクロダーマブレーション、その他) ・色素脱失症治療の世界市場規模:適応症別(白斑、白化症) ・色素脱失症治療の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、美容クリニック・皮膚科センター) ・色素脱失症治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・色素脱失症治療の北米市場規模・予測 ・色素脱失症治療のアメリカ市場規 …
  • 耐放射線強化電子装置の世界市場2016-2020:衛星、アビオニクス、原子力発電炉、武器システム
    当調査レポートでは、耐放射線強化電子装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、耐放射線強化電子装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 静油圧変速機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、静油圧変速機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静油圧変速機の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の音声クローニング市場2019
    本調査レポートでは、世界の音声クローニング市場2019について調査・分析し、音声クローニングの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、音声クローニングのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、音声クローニングメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・音声クローニングの市場概要 ・音声クローニングの上流・下流市場分析 ・音声クローニングのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・音声クローニングのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・音声クローニングのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・音声クローニングのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・音声クローニングの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・音声クローニングの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・音声クローニングの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 制御弁の世界市場
    当調査レポートでは、制御弁の世界市場について調査・分析し、制御弁の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 航空機用プラスチックの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空機用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用プラスチックの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空機用プラスチックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DuPont、Hexcel、PPG Industries、Saint-Gobain、Solvay等です。
  • 階段昇降機の世界市場:用途別(住宅、医療施設、公共の場所)、製品別(直線階段、曲線階段)、地域別予測
    本資料は、階段昇降機の世界市場について調べ、階段昇降機の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(住宅、医療施設、公共の場所)分析、製品別(直線階段、曲線階段)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTABLE 1. LIST OF SECONDARY SOURCES, USED IN THE STUDY OF STAIR LIFT、TABLE 2. LIST OF PRIMARY SOURCES, USED IN THE STUDY OF STAIR LIFT、TABLE 3. STAIR LIFT, REPORT SCOPE、TABLE 4. YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY、TABLE 5. EXCHANGE RATES CONSIDERED、TABLE 6. STAIR LIFT ESTIMATES & FORECASTS BY REGION 2015-2025 (USD BILLION)、TABLE 7. STAIR LIFT ESTIM …
  • 3次元座標測定機(CMM)の世界市場予測(~2023年)
    3次元座標測定機(CMM)の世界市場は、2018年の28億米ドルから2023年には41億米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、モデリングや解析向けの3次元(3D)データによる高精度の検査、Idustrial Internet of Thing(IIoT)への関心の高まり、および優れた品質検査が考えれられます。一方で、3次元座標測定機の設定コストが高いことにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、3次元座標測定機(CMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(ブリッジ、カンチレバー、多関節アーム、ハンドヘルド)分析、用途(品質管理・検査、リバースエンジニアリング)分析、産業(自動車、重機)分析、3次元座標測定機(CMM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のデータセンター市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のデータセンター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のデータセンター市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セーフティーハーネスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セーフティーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セーフティーハーネスの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 浴室用水栓の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、浴室用水栓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浴室用水栓の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 浴室用水栓とは、管からの水の流れをコントロールする衛生陶器器具です。世界の浴室用水栓市場では、現在、環境に配慮した水栓が成長を拡大しており、その内センサー付き水栓等の人気が高まってきていますが、センサーが付いていない水栓が浴室用水栓市場で大部分のシェアを占めています。Technavio社は浴室用水栓の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Kohler• LIXIL Group• Masco• Moen• TOTO等です。
  • 人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、人工ニューラルネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、プラットフォーム/ APIおよびサービス)分析、用途別(画像認識、信号認識、データマイニング)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、人工ニューラルネットワークの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、人工ニューラルネットワークの世界市場規模が2019年117百万ドルから2024年296百万ドルまで年平均20.5%成長すると予測しています。
  • 子宮内避妊器具(IUD)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、子宮内避妊器具(IUD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、子宮内避妊器具(IUD)市場規模、種類別(ホルモン子宮内避妊器具、銅製子宮内避妊器具)分析、エンドユーザー別(病院、婦人科クリニック、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場概要 ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場環境 ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場動向 ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場規模 ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場:業界構造分析 ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場:種類別(ホルモン子宮内避妊器具、銅製子宮内避妊器具) ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場:エンドユーザー別(病院、婦人科クリニック、その他) ・子宮内避妊器具(IUD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・子宮内避妊器具(IUD)の北米市場規模・予測 ・子宮内避妊器具(IUD)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • 署名検証の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、署名検証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、署名検証の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は署名検証の世界市場が2017-2021年期間中に年平均(8.67%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Biometric Signature ID• CERTIFY GLOBAL• Cyber-SIGN (Witswell Consulting and Services)• iSign Solutions等です。
  • 天然・人造黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、天然・人造黒鉛の世界市場について調査・分析し、天然・人造黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別天然・人造黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、天然・人造黒鉛種類別分析()、天然・人造黒鉛用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・天然・人造黒鉛の市場概観 ・天然・人造黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・天然・人造黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・天然・人造黒鉛の世界市場規模 ・天然・人造黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・天然・人造黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のカナダ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・天然・人造黒鉛のドイツ市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のイギリス市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のロシア市場規模推移 ・天然・人造黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 天気予報サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、天気予報サービスの世界市場規模が2017年12.2億ドルから2026年26.8億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、天気予報サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、天気予報サービス市場規模、予報種類別(長期予報、中期予報、短期予報)分析、目的別(安全性、運用効率、その他の目的)分析、エンドユーザー別(輸送・物流、小売、再生可能エネルギー、公共サービス、石油ガス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 天気予報サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 天気予報サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 天気予報サービスの世界市場:予報種類別(長期予報、中期予報、短期予報) ・ 天気予報サービスの世界市場:目的別(安全性、運用効率、その他の目的) ・ 天気予報サービスの世界市場:エンドユーザー別(輸送・物流、小売、再生可能エネルギー、公共サービス、石油ガス) ・ 天気予報サービ …
  • 世界の超接合MOSFET市場2015
    本調査レポートでは、世界の超接合MOSFET市場2015について調査・分析し、超接合MOSFETの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 核医学の世界市場:核医学装置、SPECT、PET、放射性医薬品
    当調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核医学の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トール様受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体アンタゴニストの概要 ・トール様受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 光学的暗号化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、光学的暗号化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、暗号レイヤ別分析、データ速度別分析、産業別分析、地域別分析、光学的暗号化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイドx受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイドx受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電解二酸化マンガン(EMD)の世界市場2018–2025:用途別(電池(リチウムイオン、アルカリ、亜鉛-炭素)、水処理、その他)、地域)
    本調査レポートでは、電解二酸化マンガン(EMD)の世界市場について調査・分析し、電解二酸化マンガン(EMD)の世界市場動向、電解二酸化マンガン(EMD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別電解二酸化マンガン(EMD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"