"鉄道資産管理の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7440)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉄道資産管理の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing need for efficient rail operations to drive the adoption of rail asset management market
The global rail asset management market size is projected to grow from USD 9.0 billion in 2019 to USD 12.3 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 6.4% from 2019 to 2024. The fast growth of rail infrastructure and rolling stock has given rise to an increased demand for efficient rail operations. Rail asset management solutions help in the timely monitoring and efficient scheduling of assets, which minimizes downtime. Condition-based and predictive maintenance work on real-time analytics helps reduces the dependence on manual diagnostics.

Services segment to grow a higher CAGR during the forecast period
Trains carry millions of tons of freight and tens of millions of passengers each year, and rail companies entirely rely on efficient and reliable asset operations and rail infrastructure to successfully meet the growing demand of enhanced rail operations. Information and Communication Technology (ICT) has played a major role in providing asset and operations management services for rail companies. To build a smarter railway system infrastructure, railway experts are demanding smart railway management system services.

Service providers help in implementing rail solutions. The benefits of employing railway management system services are improved rail operations performance, reduced complexities and operating expenses, standardized and improved rail infrastructure, improved engagement cash flow and profitability, maximized strategic value of rail solutions, simplified project planning and execution, streamlined project lifecycle, real-time decisions, security, and improved resource productivity.

The rolling stock segment to lead the rail asset management market in 2019
Rolling stock refers to powered and unpowered vehicles that move on rails. It also includes wheeled vehicles used for business on roadways (such as trams) and other light rail vehicles (LRVs). Rail transit offers the benefit of cost-effective and efficient transportation of passengers as well as freight.

Several countries are implementing new rail infrastructure projects to reduce road congestion and provide an affordable means of transportation at an intercity as well as intracity level. For instance, Germany has a goal to invest around USD 10.5 billion for railway infrastructure development. The plan further includes the improvement of 700 stations with a total investment of USD 1.4 billion. Increasing urbanization, growing demand for increased connectivity, and the comfort, reliability, and safety offered by rail transport have led to the development of rail transportation. Rolling stock plays a vital role in the infrastructure of a city or a country. Additionally, there is a rising demand for convenient, eco-friendly, and safe modes of transportation from commuters and governments.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is estimated to be the fastest-growing region in terms of the growth of the rail asset management market, owing to the increase in the adoption of new technologies, higher investments for digital transformation, and the increasing Gross Domestic Product (GDP) in the APAC countries. A majority of the potential economies in this region include Australia, Singapore, China, Korea, Hong Kong, and India, which are said to be rapidly investing in technological transformation. According to data published on the website of the United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP) in 2019, the length of the Trans-Asian Railway network comprises 117,500 km of railway lines serving 28 member countries.

The high population growth rate in the region has intensified the need for transformation and expansion of the existing rail infrastructure. With untapped potential markets, the high penetration of advanced technologies, the growing freight usage in various industries, and the economic developments and government regulations are expected to drive the rail asset management market growth at the highest rate in APAC during the forecast period.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the rail asset management market.
• By Company Type: Tier 1 – 62%, Tier 2 – 23%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C-level – 38%, Directors – 30%, and Others – 32%
• By Region: North America – 40%, Europe – 15%, APAC – 35%, MEA – 5%, and Latin America– 5%
Major vendors in the rail asset management market include Siemens (Germany), IBM (US), Alstom (France), Hitachi (Japan), Wabtec (US), SAP (Germany), Trimble (US), Bentley Systems (US), Bombardier (Canada), Atkins (UK), Cisco (US), DXC Technology (US), Trapeze (Canada), Tego (US), Konux (Germany), L&T Technology Services Limited (India), Capgemini (France), Accenture (Ireland), Huawei Technologies (China), and Cyient (India). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the rail asset management market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on offerings, deployment mode, application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall rail asset management market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the rail asset management market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"鉄道資産管理の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.2.1 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities in the Rail Asset Management Market
4.2 Market By Offering, 2019
4.3 Market By Solution, 2017–2024
4.4 Market By Service, 2019 Vs. 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need for Efficient Rail Operations
5.2.1.2 Increase in Government Initiatives and Public-Private Partnership Model
5.2.1.3 High Demographic Growth and Hyper-Urbanization
5.2.1.4 Adoption of IoT and Other Automation Technologies to Enhance Optimization
5.2.1.5 Rise in Congestion Due to Aging Railway Infrastructure
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Initial Cost of Deployment
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Need for Advanced Transportation Infrastructure
5.2.3.2 Increasing Demand for Cloud-Based Services
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Integration Complexities With Legacy Infrastructure
5.3 Innovation Spotlight
5.3.1 IoT in Railways
5.3.2 Big Data Analytics and Cloud Computing in Railways
5.3.3 Drones for Identifying Railway Infrastructure Issues
5.3.4 Hyperloop – the Future of Transportation
6 Rail Asset Management Market By Offering (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Asset Performance Management
6.2.1.1 Condition Monitoring
6.2.1.1.1 Condition Monitoring Solutions to Improve the Reliability of Existing Railway Infrastructure
6.2.1.2 Predictive Maintenance
6.2.1.2.1 Predictive Maintenance Solutions to Increase the Asset Life and Improve the Overall Rail Operations and Safety
6.2.2 Analytics
6.2.2.1 Rail Analytics Systems Help in Demand Planning, Revenue and Workforce Management, Transit Analysis, and Pricing Analysis
6.2.3 Asset Planning and Scheduling
6.2.3.1 Asset Planning Solutions to Help Rail Organizations Provide Better User Experiences
6.2.4 Security
6.2.4.1 Increased Adoption of Digitalization in Railway Industry to Drive the Adoption of Rail Security Solutions
6.2.5 Workforce Management
6.2.5.1 Workforce Management Solutions Enable Railway Companies to Increase Operational Agility and Productivity
6.2.6 Network Management
6.2.6.1 Network Management Solutions to Minimize Congestion in Network Traffic
6.2.7 Others
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Consulting
6.3.1.1.1 Consulting Service Vendors to Offer Recommendations for Implementation of New Technologies
6.3.1.2 System Integration and Deployment
6.3.1.2.1 System Integration and Deployment Service Providers to Help End Users Integrate Smart Infrastructure Solutions
With Existing Infrastructure
6.3.1.3 Support and Maintenance
6.3.1.3.1 Support and Maintenance Services Assist in the Installation of Freight Management System Solutions
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 Managed Services to Provide Constant Upgradations and Customized Features to Fulfill Consumer Demands
7 Rail Asset Management Market By Deployment Mode (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 On-Premises
7.2.1 Need for Full Control Over Platforms and Systems to Result in Higher Adoption of On-Premises Solutions
7.3 Cloud
7.3.1 Increased Demand for Easy Accessibility to Increase Adoption of Cloud-Based Rail Asset Management Solutions
8 Rail Asset Management Market By Application (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Rolling Stock
8.2.1 Asset Management Solutions Provide Better Performance and Timely Maintenance of Rolling Stock
8.3 Infrastructure
8.3.1 Increased Need for Optimization of Cost, Performance, and Risks to Fuel Adoption of Rail Infrastructure Asset Management Solutions
9 Rail Asset Management Market By Region (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Government Initiatives to Drive the Market Growth in the United States
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Increasing Investment in Rolling Stock By Private Players to Drive the Growth of the UK Rail Asset Management Market
9.3.2 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 High Government Investment and Rapid Growth in Railway Infrastructure to Drive the Growth of the Market in China
9.4.2 Rest of Asia Pacific
9.5 Middle East and Africa
9.5.1 Nigeria
9.5.1.1 Government Initiatives Combined With Cooperation With Other Countries to Boost the Market Growth in Nigeria
9.5.2 Rest of Middle East and Africa
9.6 Latin America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 High Spending on Railway Infrastructure to Boost Asset Management Opportunities in Brazil
9.6.2 Rest of Latin America
10 Competitive Landscape (Page No. – 109)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 111)
11.1 Introduction
(Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.2 Siemens
11.3 IBM
11.4 Alstom
11.5 Hitachi
11.6 Wabtec
11.7 SAP
11.8 Trimble
11.9 Bentley Systems
11.10 Bombardier
11.11 Atkins
11.12 Cisco
11.13 DXC Technology
11.14 Trapeze
11.15 Tego
11.16 Konux
11.17 L&T Technology Services Limited
11.18 Capgemini
11.19 Accenture
11.20 Huawei Technologies
11.21 Cyient
*Details on Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 144)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉄道資産管理の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7440
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉄道資産管理の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ドラムライナーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドラムライナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドラムライナー市場規模、素材別(フレキシブル、硬質)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドラムライナーの世界市場概要 ・ドラムライナーの世界市場環境 ・ドラムライナーの世界市場動向 ・ドラムライナーの世界市場規模 ・ドラムライナーの世界市場:業界構造分析 ・ドラムライナーの世界市場:素材別(フレキシブル、硬質) ・ドラムライナーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドラムライナーの北米市場規模・予測 ・ドラムライナーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ドラムライナーのアジア太平洋市場規模・予測 ・ドラムライナーの主要国分析 ・ドラムライナーの世界市場:意思決定フレームワーク ・ドラムライナーの世界市場:成長要因、課題 ・ドラムライナーの世界市場:競争環境 ・ドラムライナーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • テープストレージの世界市場
    本資料は、テープストレージの世界市場について調べ、テープストレージの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(LTO-1 to LTO-5、LTO-6、LTO-7、LTO-8、DDS-1、DDS-2、DDS-3、DDS-4、DDS IV)分析、構成要素別(テープカートリッジ、テープボールト)分析、産業別(IT&通信、銀行・金融サービス及び保険、メディア&エンターテインメント、調査機関&学術研究機関、ヘルスケア、オイル&ガス、政府&防御、その他)分析、エンドユーザー別(クラウド供給者、データーセンター、企業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTaxicaller、TaxiStartup、MTData、Taximobility、Limo Anywhere、Samsride 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テープストレージの世界市場概要 ・テープストレージの世界市場環境 ・テープストレージの世界市場動向 ・テープストレージの世界市場規模 …
  • オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場:用途別、エンドユーザー別(住宅、商業ビル、インフラ)、地域別予測
    本資料は、オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場について調べ、オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界規模、市場動向、市場環境、用途別分析、エンドユーザー別(住宅、商業ビル、インフラ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場概要 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場環境 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場動向 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模:用途別 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模:エンドユーザー別(住宅、商業ビル、インフラ) ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの北米市場規模・予測 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートのアメリカ市場規模・予測 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートのヨーロッパ市場規模・予測 ・オート …
  • 世界の金属骨ねじ市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属骨ねじ市場2015について調査・分析し、金属骨ねじの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロゲステロン市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロゲステロン市場2015について調査・分析し、プロゲステロンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場2017-2021:アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)、ポリアミド(PA)、フッ素重合体、ポリカーボネート(PC)、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エンジニアリングプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンジニアリングプラスチックの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエンジニアリングプラスチックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBASF、Evonik Industries、LG Chem、SABIC、Solvay等です。
  • 図書館用家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、図書館用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、図書館用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機キャビン照明の世界市場予測:標識用照明、ラバトリー照明、読書灯、天井灯、壁付灯、プフロアライトストリップ
    当調査レポートでは、航空機キャビン照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、フィット別分析、航空機種類別分析、照明種類別分析、地域別分析、航空機キャビン照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトマスクの世界市場:製品別(レチクル、マスターマスク、その他)、マスクショップタイプ別(キャプティブマスク、マーチャントマスク)、用途別(光学デバイス、ディスクリートコンポーネント、ディスプレイ、MEMS、その他)
    本調査レポートでは、フォトマスクの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(レチクル、マスターマスク、その他)分析、マスクショップタイプ別(キャプティブマスク、マーチャントマスク)分析、用途別(光学デバイス、ディスクリートコンポーネント、ディスプレイ、MEMS、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フォトマスクの世界市場:製品別(レチクル、マスターマスク、その他) ・フォトマスクの世界市場:マスクショップタイプ別(キャプティブマスク、マーチャントマスク) ・フォトマスクの世界市場:用途別(光学デバイス、ディスクリートコンポーネント、ディスプレイ、MEMS、その他) ・フォトマスクの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 潤滑油の世界市場
    当調査レポートでは、潤滑油の世界市場について調査・分析し、潤滑油の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ルート最適化ソフトウェアの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ルート最適化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント(ソフトウェア、サービス)分析、産業(オンデマンド食品デリバリー、ライドシェア・タクシーサービス、フィールドサービス、小売・FMCG)分析、組織サイズ分析、導入タイプ分析、ルート最適化ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳腫瘍(Brain Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳腫瘍(Brain Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳腫瘍(Brain Tumor)の概要 ・脳腫瘍(Brain Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳腫瘍(Bra …
  • 専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、システム別(メインフレーム、オープン)分析、企業別(大、小、中レベル)分析、業種別(テレコム&IT、金融、製造、小売、ヘルスケア)分析、専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、専用バックアップ装置(PBBA)の世界市場規模が2019年52億ドルから2024年86億ドルまで年平均10.6%成長すると予測しています。
  • 湿式ガスメーターの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、湿式ガスメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、湿式ガスメーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は湿式ガスメーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAMETEK、Emerson、KROHNE Group、SEIL ENTERPRISE、TechnipFMC等です。
  • 医薬品有効成分(API)の世界市場規模及び予測:合成別(バイオ技術、合成)、メーカー種類別(キャプティブ、マーチャント)、種類別(一般、革新的)、用途別、動向分析 2014-2025
    本調査レポートでは、医薬品有効成分(API)の世界市場について調査・分析し、医薬品有効成分(API)の世界市場動向、医薬品有効成分(API)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品有効成分(API)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 製油所水素化分解装置の世界市場
  • 道路用ソーラー製品の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、道路用ソーラー製品の世界市場について調査・分析し、道路用ソーラー製品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 道路用ソーラー製品の世界市場:市場動向分析 - 道路用ソーラー製品の世界市場:競争要因分析 - 道路用ソーラー製品の世界市場:製品別 ・ソーラー信号 ・ソーラー道路鋲 ・ソーラー街路灯 - 道路用ソーラー製品の世界市場:主要地域別分析 - 道路用ソーラー製品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 道路用ソーラー製品のヨーロッパ市場規模 - 道路用ソーラー製品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・道路用ソーラー製品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場予測2019-2024
    「7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、5 TBなど、用途別には、Desktop Computer、Notebookなどに区分してまとめた調査レポートです。7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場概要(サマリー) ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の企業別販売量・売上 ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の企業別市場シェア ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場規模:種類別(5 TB) ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場規模:用途別(Desktop Computer、Notebook) ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メ …
  • 高純度アルミナの世界市場:タイプ別(4N高純度アルミナ、5N高純度アルミナ、6N高純度アルミナ)、技術別(加水分解および塩酸浸出)、用途別(LED電球、半導体基板、リチウムイオン電池、光学レンズ、バイオ医療機器、 その他)
    当調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・高純度アルミナの世界市場:タイプ別(4N高純度アルミナ、5N高純度アルミナ、6N高純度アルミナ) ・高純度アルミナの世界市場:技術別(加水分解および塩酸浸出) ・高純度アルミナの世界市場:用途別(LED電球、半導体基板、リチウムイオン電池、光学レンズ、バイオ医療機器、 その他) ・高純度アルミナの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場:地域別、アプリケーション別(コーティング剤、自動車、電気・電子、工業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場動向、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンサルファイド(PPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオ農薬の世界市場:バイオ殺菌剤、バイオ殺虫剤、バイオ除草剤、バイオ殺線虫剤
    当調査レポートでは、バイオ農薬の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・バイオ農薬の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・バイオ農薬の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・バイオ農薬の世界市場: 有効成分別分析/市場規模 ・バイオ農薬の世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオ農薬のアメリカ市場規模予測 ・バイオ農薬のヨーロッパ市場規模予測 ・バイオ農薬のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気手術の世界市場規模が2019年64億ドルから2025年88億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の電気手術市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム)分析、手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手術センター、研究所、学術研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の電気手術市場:製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム) ・世界の電気手術市場:手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術) ・世界の電気手術市場:エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手 …
  • 重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場:製品別(重要臓器支援システム、メディカルバイオニクス)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、その他)
    本資料は、重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場について調べ、重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(重要臓器支援システム、メディカルバイオニクス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場概要 ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場環境 ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場動向 ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場規模 ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場:市場シェア ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場:製品別(重要臓器支援システム、メディカルバイオニクス) ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場:エンドユーザー別(病院、外来手術センター、その他) ・重要臓器支援システム・メディカルバイオニクスの世界市場 …
  • 木工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、木工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木工機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リアアクスルの世界市場分析:タイプ別(ドライブ、デッド、リフト)、用途別(重量車、高級車、エグゼクティブ車、経済車、SUV、MUV、鉄道)、地域別、セグメント予測、2015 – 2024
    本調査レポートでは、リアアクスルの世界市場について調査・分析し、リアアクスルの世界市場動向、リアアクスルの世界市場規模、市場予測、セグメント別リアアクスル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 手術室用装置・用品の世界市場
    当調査レポートでは、手術室用装置・用品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・手術室用装置・用品の世界市場:装置種類別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品の世界市場:用品種類別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品のアメリカ市場規模予測 ・手術室用装置・用品のヨーロッパ市場規模予測 ・手術室用装置・用品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車用燃料タンクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用燃料タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用燃料タンクの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの電気生理装置市場見通し
  • タッキファイヤー(粘着付与樹脂)の北米市場
    本調査レポートでは、タッキファイヤー(粘着付与樹脂)の北米市場について調査・分析し、タッキファイヤー(粘着付与樹脂)の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 液体分析装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、液体分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体分析装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力線搬送通信(PLCC)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、電力線搬送通信(PLCC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザープリンターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、レーザープリンターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザープリンター市場規模、製品別(レーザー複合機(MFP)、レーザー単機能機(SFP))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザープリンターの世界市場概要 ・レーザープリンターの世界市場環境 ・レーザープリンターの世界市場動向 ・レーザープリンターの世界市場規模 ・レーザープリンターの世界市場:業界構造分析 ・レーザープリンターの世界市場:製品別(レーザー複合機(MFP)、レーザー単機能機(SFP)) ・レーザープリンターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザープリンターの北米市場規模・予測 ・レーザープリンターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・レーザープリンターのアジア太平洋市場規模・予測 ・レーザープリンターの主要国分析 ・レーザープリンターの世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザープリンターの世界市場:成長要因、課題 ・レー …
  • 世界のLVAD市場2015
    本調査レポートでは、世界のLVAD市場2015について調査・分析し、LVADの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホームオートメーションシステムの世界市場予測(~2022):照明、セキュリティ・アクセス制御、HVAC・エンターテインメント制御
    当調査レポートでは、ホームオートメーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、製品種類別分析、ソフトウェア別分析、地域別分析、ホームオートメーションシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの心臓血管手術装置市場見通し
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はDTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場予測 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(直販、小売) ・市場セグメンテーション:サービス別 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・市 …
  • 製造モニタリングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、製造モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、ソリューション別分析、サービス別(プロフェッショナル、マネージド)分析、組織サイズ別分析、製造モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機改修の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空機改修の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機改修の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空機改修の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AAR、AMECO、L-3 Communications Aviation Recorders、ST Aerospace、Aviation Partners Boeing等です。
  • 高純度アルミナの世界市場分析:製品別(4N、5N、6N)、用途別(発光ダイオード、半導体、蛍光体、サファイア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場動向、高純度アルミナの世界市場規模、市場予測、セグメント別高純度アルミナ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 分子診断の世界市場ー産業分析、規模、シェア、成長動向&予測
  • ビデオストリーミングソフトウェアの世界市場:ストリーミングタイプ別、地域別
    本レポートは、ビデオストリーミングソフトウェアの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、ストリーミングタイプ別(ビデオオンデマンド、ライブ)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・エールビールの世界市場:ストリーミングタイプ別(ビデオオンデマンド、ライブ) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 日本の再生医療市場2016-2020
    当調査レポートでは、日本の再生医療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本の再生医療市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の次世代シーケンシング(NGS)市場:製品別(NOVASEQ、NEXTSEQ、SEQUEL、NANOPORE)、消耗品別、バイオインフォマティクス別、サービス別(EXOME、RNA、DENOVO)、技術別(ION、SMRT)、 用途別(診断、がん)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模が2019年78億ドルから2025年244億ドルまで年平均20.9%成長すると予測しています。本書は、世界の次世代シーケンシング(NGS)市場について調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(事前シーケンス製品&サービス/サンプル準備、NGS消耗品、NGSプラットフォーム、NGSプラットフォーム向けサービス、シーケンスサービス、バイオインフォマティクス)分析、技術別(合成によるシーケンス、ION半導体シーケンス、単一分子リアルタイムシーケンス、ナノポアシーケンス、その他)分析、用途別(診断、薬物発見、農業および動物研究、その他)分析、エンドユーザー別(学術研究所&研究センター、製薬&バイオテクノロジー、病院&クリニック、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の次世代シーケンシング(NGS)市場:製品&サービス別(事前シーケンス製品&サービス/サンプル準備、NGS消耗品、N …
  • 停電管理システム(OMS)の世界市場予測(~2021):組み込み型OMS、スタンドアロン型OMS
    当調査レポートでは、停電管理システム(OMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、停電管理システム(OMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脆弱性管理(VM)市場2019
    本調査レポートでは、世界の脆弱性管理(VM)市場2019について調査・分析し、脆弱性管理(VM)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、脆弱性管理(VM)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、脆弱性管理(VM)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・脆弱性管理(VM)の市場概要 ・脆弱性管理(VM)の上流・下流市場分析 ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 世界の自動車用ファンシュラウド市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ファンシュラウド市場2016について調査・分析し、自動車用ファンシュラウドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の携帯電話コネクター市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯電話コネクター市場2015について調査・分析し、携帯電話コネクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光通信学の世界市場分析:製品別(光導波路、光変調器、光インターコネクション、LED、波長分割多重フィルタ、光検出器、レーザー、増幅器)、用途別(消費者家電、ディスプレイ、安全防衛技術、通信、計測、センシング、医療とヘルスケア、高性能コンピューティング)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光通信学の世界市場について調査・分析し、光通信学の世界市場動向、光通信学の世界市場規模、市場予測、セグメント別光通信学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PDE 10阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPDE 10阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PDE 10阻害薬の概要 ・PDE 10阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のPDE 10阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PDE 10阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PDE 10阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バイオセラピューティック細胞株開発の世界市場
    当調査レポートでは、バイオセラピューティック細胞株開発の世界市場について調査・分析し、バイオセラピューティック細胞株開発の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"