"キャリアスクリーニングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7435)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"キャリアスクリーニングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing emphasis on early disease detection and prevention is expected to drive the growth of the global carrier screening market.”
The global carrier screening market size is expected to grow from USD 1.8 billion in 2019 to USD 4.0 billion by 2024, at a CAGR of 17.5% during the forecast period. Growth in the carrier screening market can primarily be attributed to factors such as increasing emphasis on early disease detection and prevention, the high risk of chromosomal abnormalities, and technological advancements in carrier screening, such as the introduction of expanded carrier screening panels. The increasing awareness of carrier screening is expected to provide a wide range of growth opportunities for players in the market.

“The expanded carrier screening segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
On the basis of type, the carrier screening market is segmented into targeted disease screening and expanded carrier screening, which includes predesigned and customized carrier screening panel testing. The growth of this segment can be attributed to factors such as the increasing use of new high-throughput technologies such as sequencing & microarrays and recommendations for the use of expanded carrier screening.

“In 2018, the hospitals segment accounted for the largest share of the carrier screening market.”
On the basis of end user, the carrier screening market is segmented into hospitals, physician offices and clinics, reference laboratories, and other end users (blood banks, donor banks, community clinic laboratories, and non-profit organizations). In 2018, hospitals formed the largest end-user segment in the carrier screening market. Generally, gynecologists suggest couples to undergo carrier screening tests before and after pregnancy. In such cases, it is observed that gynecologists give reference for genetic counselors, who generally practice at hospitals. As a result, the awareness about hospital-based carrier screening tests is higher among patients than those offered at reference laboratories or at physician offices and clinics. Also, hospitals offer flexibility to patients in terms of sample collection, scheduling specimen pickups, and rapid turnaround time to produce results.

“North America to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
North America is expected to grow at the highest rate during the forecast period, followed by Europe. This growth can be attributed to several factors, such as the presence of well-established healthcare systems in the US and Canada, wide access to advanced screening techniques (such as DNA sequencing), recommendations for carrier screening, high and growing demand for the early detection of genetic disorders among the population, availability of mass genetic testing programs, increasing number of awareness campaigns, and the high incidence of chromosomal disorders.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the carrier screening market.
By Respondent Type: Supply-side: 80%, Demand-side: 20%
By Designation: C-level Executives: 27%, Directors: 18%, and Others: 55%
By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 15%, and RoW: 15%
The carrier screening market comprises major players such as Illumina (US), Natera (US), Fulgent Genetics (US), Sema4 (US), Invitae (US), and LabCorp (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the carrier screening market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on the product & service, medical conditions, technology, condition, type, end user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall carrier screening market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"キャリアスクリーニングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Years Covered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Market Overview
4.2 Europe: Market Share, By Type and Country (2019)
4.3 Market, By Medical Condition
4.4 Market, By Technology (USD Million) (2019 vs 2024)
4.5 Market, By End User (USD Million) (2019 vs 2024)
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Emphasis on Early Disease Detection and Prevention
5.2.1.2 High Risk of Chromosomal Abnormalities With Advancing Maternal Age
5.2.1.3 Technological Advancements
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Increasing Awareness of Carrier Screening
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Lack of Skilled Professionals
5.2.3.2 Lack of Standard Guidelines for Carrier Screening
6 Carrier Screening Market, By Product & Service (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Services
6.2.1 Rising Number of Accredited Laboratories is the Major Indicator of Market Growth
6.3 Products
6.3.1 Expanding Use of Carrier Screening Tests has Driven Growth in the Products Market
7 Carrier Screening Market, By Type (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Expanded Carrier Screening
7.2.1 Predesigned Panel Testing
7.2.1.1 Predesigned Panel Testing Accounts for the Largest Market Share
7.2.2 Customized Panel Testing
7.2.2.1 Customized Panels Allow for Specific Sets of Conditions to Be Screened
7.3 Targeted Disease Carrier Screening
7.3.1 Introduction of Panels Capable of Simultaneously Screening Multiple Conditions has Driven Market Growth
8 Carrier Screening Market, By Medical Condition (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Pulmonary Conditions
8.2.1 Increasing Awareness About Cystic Fibrosis and Customized Services Likely to Boost Market Growth
8.2.2 Carrier Screening Products/Services for Cystic Fibrosis
8.3 Hematological Conditions
8.3.1 Rising Prevalence of Hematological Disorders has Increased the Use of Expanded Carrier Screening Panels
8.4 Neurological Conditions
8.4.1 Growing Number of Awareness Programs for Neurological Screening and Presence of Targeted Screening Panels to Support Market Growth
8.4.2 Global Prevalence of Neurological Conditions
8.4.3 Carrier Screening Products/Services for Neurological Conditions
8.5 Other Medical Conditions
9 Carrier Screening Market, By Technology (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Dna Sequencing
9.2.1 Increasing Need to Detect Multiple Genes Simultaneously is Driving Demand for NGS
9.3 Polymerase Chain Reaction
9.3.1 Rising Number of Carrier Screening Tests for Targeted Chromosomal Conditions has Increased the Use of PCR
9.4 Microarrays
9.4.1 Clinical Validity of Microarray in Carrier Screening has Increased Its Use in Reference Laboratories
9.5 Other Technologies
10 Carrier Screening Market, By End User (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Hospitals
10.2.1 Hospitals Formed the Largest End-User Segment in the Market
10.3 Reference Laboratories
10.3.1 Advantages Offered By Reference Laboratories in Terms of Service Costs and Turnaround Time to Support Market Growth
10.4 Physician Offices and Clinics
10.4.1 Large Number of Physician Offices and Clinics are Outsourcing Carrier Screening Testing Services
10.5 Other End Users
11 Carrier Screening Market, By Region (Page No. – 78)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US Was the Largest Market for Carrier Screening Products and Services Globally in 2018
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Awareness Programs, Campaigns, and Conferences are Promoting Carrier Screening in Canada
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Rising Prevalence of Genetic Disorders to Support Market Growth in Germany
11.3.2 UK
11.3.2.1 High Incidence of Genetic Abnormalities to Drive the Demand for Preconception Screening in the UK
11.3.3 France
11.3.3.1 Government Initiatives Focused on Genomics Research are Expected to Support the Growth of the Market in France
11.3.4 RoE
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Increasing Government Support Will Aid the Growth of This Market
11.5 RoW
11.5.1 The RoW Market is Significantly Smaller Than Other Regional Markets
12 Competitive Landscape (Page No. – 107)
12.1 Introduction
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Leadership Mapping (2019)
12.3.1 Vendor Inclusion Criteria
12.3.2 Visionary Leaders
12.3.3 Innovators
12.3.4 Dynamic Differentiators
12.3.5 Emerging Companies
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 Key Product and Service Launches
12.4.2 Key Acquisitions
12.4.3 Key Partnerships and Collaborations
13 Company Profile (Page No. – 112)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
13.1 Eurofins Scientific
13.2 Invitae Corporation
13.3 Opko Health
13.4 Fulgent Genetics Inc
13.5 Quest Diagnostics Incorporated
13.6 Sema4
13.7 Myriad Genetics
13.8 Illumina Inc
13.9 Thermo Fisher Scientific Inc
13.10 Luminex Corporation
13.11 Natera Inc
13.12 Laboratory Corporation of America Holdings
13.13 BGI
13.14 Gene By Gene
13.15 Progenity
13.16 Otogenetics Corporation
13.17 Centogene
13.18 Pathway Genomics
13.19 Medgenome
13.20 True Health
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 143)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】キャリアスクリーニングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7435
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
キャリアスクリーニングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • サーモクロミック材料の世界市場分析
    本調査レポートでは、サーモクロミック材料の世界市場について調査・分析し、サーモクロミック材料の世界市場動向、サーモクロミック材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別サーモクロミック材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の世界市場
    当調査レポートでは、炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの脊椎手術市場動向(~2021)
  • スマートポリマーの世界市場分析:刺激別(物理、化学、生物学)、用途別(生物医学・バイオテクノロジー、自動車、繊維、電気電子、繊維、原子力エネルギー)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、スマートポリマーの世界市場について調査・分析し、スマートポリマーの世界市場動向、スマートポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱処理空気ろ過の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、熱処理空気ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱処理空気ろ過の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル風力計市場2016
    本調査レポートでは、世界のデジタル風力計市場2016について調査・分析し、デジタル風力計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マスターデータ管理(MDM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マスターデータ管理(MDM)の世界市場について調査・分析し、マスターデータ管理(MDM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マスターデータ管理(MDM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、マスターデータ管理(MDM)種類別分析(顧客データ、製品データ、その他)、マスターデータ管理(MDM)用途別分析(銀行・金融・保険(BFSI)、IT・遠距離通信、政府・医療、製造・ロジスティックス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マスターデータ管理(MDM)の市場概観 ・マスターデータ管理(MDM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マスターデータ管理(MDM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マスターデータ管理(MDM)の世界市場規模 ・マスターデータ管理(MDM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マスターデータ管理(MDM)のアメリカ市場規模推移 ・マスターデータ管理(MDM)のカナダ市場規模推移 ・マスターデータ管理(MDM)のメ …
  • 免疫チェックポイント阻害剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、免疫チェックポイント阻害剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、免疫チェックポイント阻害剤市場規模、種類別(PD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場概要 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場環境 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場動向 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場規模 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:業界構造分析 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:種類別(PD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、その他) ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・免疫チェックポイント阻害剤の北米市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤の主要国分析 ・免疫チェックポイント阻害 …
  • 溶接消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶接消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体ベアダイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ベアダイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ベアダイ市場規模、用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ベアダイの世界市場概要 ・半導体ベアダイの世界市場環境 ・半導体ベアダイの世界市場動向 ・半導体ベアダイの世界市場規模 ・半導体ベアダイの世界市場:業界構造分析 ・半導体ベアダイの世界市場:用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他) ・半導体ベアダイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ベアダイのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのアジア市場規模・予測 ・半導体ベアダイの主要国分析 ・半導体ベアダイの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ベアダイの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ベアダイの世界市場:競争環境 ・半導体ベアダイの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • モバイルアプリの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モバイルアプリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルアプリの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモバイルアプリの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apple、BlackBerry、Google、Microsoft、Nokia、Appster、Dom & Tom、Intellectsoft、WillowTree、Y Media Labs等です。
  • タブレットの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 世界のギプス包帯市場2015
    本調査レポートでは、世界のギプス包帯市場2015について調査・分析し、ギプス包帯の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビール包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビール包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビール包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電気生理学装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、電気生理学装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電気生理学装置の概要 ・電気生理学装置の開発動向:開発段階別分析 ・電気生理学装置の開発動向:セグメント別分析 ・電気生理学装置の開発動向:領域別分析 ・電気生理学装置の開発動向:規制Path別分析 ・電気生理学装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別電気生理学装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・電気生理学装置の最近動向
  • GaNデバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、GaNデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、GaNデバイスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ワークフォース管理システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ワークフォース管理システムの世界市場について調査・分析し、医療用ワークフォース管理システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ワークフォース管理システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ワークフォース管理システム種類別分析()、医療用ワークフォース管理システム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ワークフォース管理システムの市場概観 ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ワークフォース管理システムの世界市場規模 ・医療用ワークフォース管理システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ワークフォース管理システムのアメリカ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのカナダ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのメキシコ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのヨーロッパ市 …
  • ポルトガルの心臓補助装置市場見通し
  • 人工肛門ケアおよび付属品の世界市場:人工肛門形成術、回腸瘻造設術、尿路変更術、オストミーバッグ
    当調査レポートでは、人工肛門ケアおよび付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、処置別分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CF(炭素繊維)及びCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、CF(炭素繊維)及びCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、樹脂種類別分析、製造プロセス別分析、地域別分析、CF(炭素繊維)及びCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の呼吸器ケアデバイス市場規模・予測2017-2025:商品別(治療用、モニタリング、診断デバイス、消耗品)、病気別(慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸、喘息、感染症、その他病気/疾患)エンドユーザー別(病院、ホームケア、救急外来)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の呼吸器ケアデバイス市場について調査・分析し、世界の呼吸器ケアデバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の呼吸器ケアデバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストの概要 ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 1型糖尿病治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、1型糖尿病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、1型糖尿病治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤の概要 ・ホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホスホインシチド3-キナーゼベータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スカッシュ用品の世界市場:ラケット、ボール、シューズ、その他
    当調査レポートでは、スカッシュ用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スカッシュ用品市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amer Sports, ASICS, Dunlop Sports, Harrow Sports, HEAD, Tecnifibreなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スカッシュ用品の世界市場概要 ・スカッシュ用品の世界市場環境 ・スカッシュ用品の世界市場動向 ・スカッシュ用品の世界市場規模 ・スカッシュ用品の世界市場:業界構造分析 ・スカッシュ用品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スカッシュ用品の世界市場:製品別(ラケット、ボール、シューズ、その他) ・スカッシュ用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スカッシュ用品の北米市場規模・予測 ・スカッシュ用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ス …
  • レベルセンサーの世界市場:タイプ別(接触、非接触)、用途別(連続レベルモニタリング、ポイントレベルモニタリング)、最終用途別(自動車、航空宇宙および防衛、エネルギーおよび電力、ヘルスケア、産業、その他)
    当調査レポートでは、レベルセンサーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場ランドスケープ、タイプ別分析、流通経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・レベルセンサーの世界市場:タイプ別(接触、非接触) ・レベルセンサーの世界市場:用途別(連続レベルモニタリング、ポイントレベルモニタリング) ・レベルセンサーの世界市場:最終用途別(自動車、航空宇宙および防衛、エネルギーおよび電力、ヘルスケア、産業、その他) ・レベルセンサーの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • デンマークの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • マラリア(Malaria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、マラリア(Malaria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マラリア(Malaria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬の状況 ・マラリア(Malaria)治療薬の市場規模(販売予測) ・マラリア(Malaria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のマラリア(Malaria)治療薬剤
  • 木材用コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど)、技術別(水性、従来型固形溶剤、高固形溶剤、粉体塗装、放射線硬化など)、エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他)
    本資料は、木材用コーティング剤の世界市場について調べ、木材用コーティング剤の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど)分析、エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・木材用コーティング剤の世界市場概要 ・木材用コーティング剤の世界市場環境 ・木材用コーティング剤の世界市場動向 ・木材用コーティング剤の世界市場規模 ・木材用コーティング剤の世界市場:市場シェア ・木材用コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど) ・木材用コーティング剤の世界市場:技術別(水性、従来型固形溶剤、高固形溶剤、粉体塗装、放射線硬化など) ・木材用コーティング剤の世界市場:エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他) ・木材用コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・木材用 …
  • 乾癬市場:日本の治療薬市場
  • マイクロ波デバイスの世界市場分析:周波数帯別(Sバンド、Cバンド、Xバンド、Kuバンド、Kaバンド)、通信(無線、放送)、用途別(通信、医療、防衛)、地域別、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、マイクロ波デバイスの世界市場について調査・分析し、マイクロ波デバイスの世界市場動向、マイクロ波デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ波デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 救急箱の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、救急箱の世界市場について調査・分析し、救急箱のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(一般型・特殊型)、用途別販売分析(家庭用・オフィス用、交通、産業・製造設備、軍隊、アウトドア、スポーツ)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、救急箱産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・救急箱市場概要 ・救急箱のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・救急箱の世界市場:種類別販売量(一般型・特殊型) ・救急箱の世界市場:用途別販売量(家庭用・オフィス用、交通、産業・製造設備、軍隊、アウトドア、スポーツ) ・救急箱の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・救急箱の米国市場規模 ・救急箱の中国市場規模 ・救急箱の欧州市場規模 ・救急箱の日本市場規模 ・救急箱の東南アジア市場規模 ・救急箱のインド市場規模 ・救急箱のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・救急箱のコスト分析・価格動向 ・救急箱の産業チェーン(サプライチェーン分析) ・救急箱のマーケティング戦略・販売チャネ …
  • 充填済注射器の世界市場分析:用途別(アナフィラキシー、関節リウマチ、糖尿病、ワクチン、ホルモン補充)、流通経路別(病院、メールオーダー薬局、外来手術センター)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、充填済注射器の世界市場について調査・分析し、充填済注射器の世界市場動向、充填済注射器の世界市場規模、市場予測、セグメント別充填済注射器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ビンカミンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビンカミンの世界市場について調査・分析し、ビンカミンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビンカミンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ビンカミン種類別分析(錠剤、カプセル)、ビンカミン用途別分析(10mg、30mg)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビンカミンの市場概観 ・ビンカミンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビンカミンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビンカミンの世界市場規模 ・ビンカミンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビンカミンのアメリカ市場規模推移 ・ビンカミンのカナダ市場規模推移 ・ビンカミンのメキシコ市場規模推移 ・ビンカミンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビンカミンのドイツ市場規模推移 ・ビンカミンのイギリス市場規模推移 ・ビンカミンのロシア市場規模推移 ・ビンカミンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ビンカミンの日本市場規模推移 ・ビンカミ …
  • 世界の真空オーブン市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空オーブン市場2015について調査・分析し、真空オーブンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電解二酸化マンガン(EMD)市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解二酸化マンガン(EMD)市場2016について調査・分析し、電解二酸化マンガン(EMD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベータグルカンの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ベータグルカンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、ベータグルカンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アイスホッケー用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アイスホッケー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイスホッケー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の指紋錠市場2016
    本調査レポートでは、世界の指紋錠市場2016について調査・分析し、指紋錠の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 玩具・ゲームのオンライン販売の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、玩具・ゲームのオンライン販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、玩具・ゲームのオンライン販売の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 飲料パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、飲料パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・飲料パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・飲料パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・飲料パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・飲料パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • Eコンパスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、Eコンパスの世界市場について調査・分析し、Eコンパスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・Eコンパスの世界市場規模:センサ別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:技術別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:製品別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:用途別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • フローズンヨーグルトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フローズンヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローズンヨーグルトの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • EMI(電磁)シールドの世界市場予測(~2024年)
    EMI(電磁)シールドの世界市場は、2019年の63億米ドルから2024年には82億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。EMI(電磁)シールドの需要は、クロック周波数の増加、高スルーレート、パッケージの高密度化、さらに小型、軽量、安価、低消費電力のデバイスへの需要の高まりによって高まっています。この市場の成長を促す要因として、5G技術の実行可能性を実現するための実地試験とパイロットプロジェクトによる継続的な実証および厳格なEMI規制などが考えられます。当調査レポートでは、EMI(電磁)シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料(EMIシールドテープ・ラミネート、導電性コーティング剤・塗料、金属シールド、導電性 …
  • デジタル物流の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • コンピテントセル(形質転換受容性細胞)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、コンピテントセル(形質転換受容性細胞)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、コンピテントセル(形質転換受容性細胞)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエキサイター市場2015
    本調査レポートでは、世界のエキサイター市場2015について調査・分析し、エキサイターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 網膜芽細胞腫(Retinoblastoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、網膜芽細胞腫(Retinoblastoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・網膜芽細胞腫(Retinoblastoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・網膜芽細胞腫(Retinoblastoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・網膜芽細胞腫(Retinoblastoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・網膜芽細胞腫(Retinoblastoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・網膜芽細胞腫(Retinoblastoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の網膜芽細胞腫(Retinoblastoma)治療薬剤
  • 世界の医療用大麻市場:用途別、地域別
    本調査レポートは医療用大麻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用大麻の世界市場:用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 肝炎治療の世界市場:病型別(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、肝炎治療の世界市場について調査・分析し、肝炎治療の世界市場動向、肝炎治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別肝炎治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"