"臭素の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2363)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"臭素の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The bromine market is projected to grow from USD 3.3 billion in 2019 to USD 4.4 billion by 2024, at a CAGR of 5.8% from 2019 to 2024. The increasing demand for bromine in flame retardants, mercury emission control, water treatment, and oil & gas drilling is expected to drive the bromine market.

Israel Chemicals Limited (Israel), Albemarle Corporation (US), LANXESS Corporation (Germany), Tosoh Corporation (Japan), Tata Chemicals Limited (India), Gulf Resources Inc. (China), TETRA Technologies, Inc. (US), Hindustan Salts Limited (India), Honeywell International Inc. (US), and Perekop Bromine (Republic of Crimea) are some of the leading players operating in the bromine market. These players have adopted the strategies of expansion, new product development, partnership, and collaboration to enhance their position in the market.

In line with the rising demand for bromine, in September 2019, Israel Chemicals Ltd. announced that it plans to expand its bromine compounds capacity to approximately 25,000 metric tons annually. The company will invest approximately USD 50 million for this expansion and is expecting a return of USD 110 million. This expansion comes amidst the company’s strategic agreements signed with many customers from Asia.

LANXESS Corporation, in July 2019, announced the completion of its plant expansion of Emerald Innovation 3000. The debottlenecking project increases the sustainable output from 10,000 to 14,000 MT per year. Emerald Innovation 3000 is now being used as a flame retardant for expanded (EPS) and extruded (XPS) polystyrene instead of hexabromocyclododecane (HBCD), which has been banned. This product is manufactured via the bromination of an alternating polystyrene butadiene copolymer.

LANXESS Corporation, in December 2018, announced its plan to invest EUR 200 million over the next three years, i.e., till 2021, to strengthen its global asset base for flame retardant additives. The company has significantly expanded its market position for flame retardant additives after integrating the former Chemtura businesses with brominated flame-retardant additives, bromine, and bromine derivatives. Due to their high effectiveness as flame retardants, these substances are used in the construction industry. They also complement the already existing LANXESS business of phosphorus-based flame-retardant additives.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"臭素の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Market Definition and Scope
2.2 Base Number Calculation
2.2.1 Supply Side Approach
2.3 Forecast Number Calculation
2.4 Market Engineering Process
2.4.1 Top-Down Approach
2.5 Research Data
2.5.1 Secondary Data
2.5.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.5.2 Primary Data
2.5.2.1 Key Data From Primary Sources
2.5.2.2 Key Industry Insights
2.5.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.6 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in Bromine Market
4.2 Bromine Market, By Derivative
4.3 Bromine Market in Asia Pacific, By Application and Country
4.4 Bromine Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Use of Bromine in Mercury Emission Mitigation
5.2.1.2 Increasing Demand for Flame Retardants Due to Stringent Fire Safety Framework
5.2.1.3 Extensive Consumption of Bromine in Diverse Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Toxicological Effects of Brominated Compounds
5.2.2.2 Emergence of Non-Halogenated Flame Retardants
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Recycling of Bromine
5.2.3.2 Increasing Use of Hydrogen Bromide in Flow Batteries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Significant Fluctuations in Oil & Gas Prices
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview and Trends
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Trends of Oil & Natural Gas Prices
6 Bromine Market, By Derivative (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Organobromine
6.2.1 Organobromine Derivative Segment Accounted for the Largest Market Share
6.3 Clear Brine Fluids
6.3.1 Clear Brine Fluids Projected to Be the Fastest-Growing Derivative Segment in the Global Bromine Market
6.4 Hydrogen Bromide (HBR)
6.4.1 Growth in the Chemical, Plastics, and Pharmaceutical Industries is Expected to Drive the HBR Derivative Segment
7 Bromine Market, By Application (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Flame Retardants
7.2.1 Flame Retardants is the Largest Application Segment of the Bromine Market
7.3 Water Treatment
7.3.1 Water Treatment is the Fourth-Largest Application Segment in the Global Bromine Market
7.4 Mercury Emission Control
7.4.1 Mercury Emission Control to Be One of the Fastest-Growing Application Segments in the Bromine Market
7.5 Oil & Gas Drilling
7.5.1 Oil & Gas Drilling Accounted for the Second-Largest Share in the Global Bromine Market
7.6 HBR Flow Batteries
7.6.1 Growing Demand for HBR Flow Batteries in Asian Countries, Such as China & Japan, is Expected to Drive the HBR Application Segment
7.7 Pta Synthesis
7.7.1 Pta Synthesis Was the Third-Largest Application Segment of the Global Bromine Market
7.8 Pesticides
7.8.1 Growing Demand From Countries Such as China and India is Expected to Drive the Market for Bromine in the Pesticides Application Segment
7.9 Plasma Etching
7.9.1 Plasma Etching is Among the Fastest-Growing Application Segments in the Global Bromine Market
7.1 Pharmaceuticals
7.10.1 High Demand From Pharmaceutical Industry, for Chemical Compounds Manufacturing and Drug Formulations, Drives the Market for Bromine in the Pharmaceuticals Application Segment
7.11 Others
8 Bromine Market, By Region (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Accounted for the Largest Share in the Global Bromine Market
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Japan Accounted for the Second-Largest Share in the Asia Pacific Bromine Market
8.2.3 India
8.2.3.1 Growing Demand From Flame Retardants, Pesticides, and Water Treatment Application Segments Fuels the Growth of the Market for Bromine in India
8.2.4 South Korea
8.2.4.1 South Korea Accounted for the Fourth-Largest Share in the Asia Pacific Bromine Market
8.2.5 Taiwan
8.2.5.1 Growing Demand From the Flame Retardants Application Segment has Fueled the Growth of the Market for Bromine in Taiwan
8.2.6 Rest of Asia Pacific
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 US Accounted for the Largest Share in the North American Bromine Market
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Canada Accounted for the Second-Largest Share in the North American Bromine Market
8.3.3 Mexico
8.3.3.1 Growing Demand From Flame Retardants Application Segment Fuels the Growth of the Market for Bromine in Mexico
8.4 Western Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Germany Accounted for the Largest Share in the Western European Bromine Market
8.4.2 France
8.4.2.1 France Accounted for the Third-Largest Share in the Western European Bromine Market
8.4.3 UK
8.4.3.1 UK Accounted for the Second-Largest Share in the Western European Bromine Market
8.4.4 Rest of Western Europe
8.5 Central & Eastern Europe
8.5.1 Russia
8.5.1.1 Russia Accounted for the Largest Share in the Central and Eastern European Bromine Market
8.5.2 Turkey
8.5.2.1 Growing Demand From Flame Retardants Application Segment Fuels Growth of the Market for Bromine in Turkey
8.5.3 Rest of Central & Eastern Europe
8.6 Middle East & Africa
8.7 South America
8.7.1 Brazil
8.7.1.1 Brazil Accounted for the Largest Share in the South America Bromine Market
8.7.2 Argentina
8.7.2.1 Argentina Accounted for the Second-Largest Share in the South America Bromine Market
8.7.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 110)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Dynamic Differentiators
9.2.2 Visionary Leaders
9.2.3 Innovators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Competitive Benchmarking
9.3.1 Strength of Product Portfolio (25 Players)
9.3.2 Business Strategy Excellence (25 Players)
9.4 Market Ranking of Key Players
9.4.1 LANXESS Corporation (US)
9.4.2 Israel Chemicals Limited (Israel)
9.4.3 Albemarle Corporation (US)
9.4.4 Tosoh Corporation (Japan)
9.4.5 Tata Chemicals Limited (India)
9.4.6 TETRA Technologies Inc. (China)
10 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, and MnM View)*
10.1 Israel Chemicals Ltd.
10.2 Albemarle Corporation
10.3 LANXESS Corporation
10.4 Tosoh Corporation
10.5 TETRA Technologies, Inc.
10.6 Gulf Resources Inc.
10.7 Tata Chemicals Limited
10.8 Hindustan Salts Limited
10.9 Honeywell International Inc.
10.10 Perekop Bromine
10.11 Additional Company Profiles
10.11.1 Sanofi Sa
10.11.2 Aquachina Chemicals
10.11.3 Morre-Tec Industries Inc.
10.11.4 Solaris Chemtech
10.11.5 Agrocel Industries Limited
10.11.6 Shandong Yuyuan Group Co., Ltd.
10.11.7 Shandong Haiwang Chemical Co., Ltd.
10.11.8 Shandong Haihua Group Co., Ltd.
10.11.9 Shandong Ocean Chemical Co., Ltd.
10.11.10 Shandong Weifang Longwei Industrial Co., Ltd.
10.11.11 Shandong Runke Chemical Engineering Co., Ltd.
10.11.12 Dhruv Chem Industries
10.11.13 Shandong Lubei Chemical Co., Ltd.
10.11.14 Shandong Dadi Salt Chemical Group Co., Ltd.
10.11.15 Shandong Haoyuan Group
*Details on Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 144)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】臭素の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2363
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
臭素の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界市場について調べ、ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭用、商業用)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均32%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場状況 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場規模 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場予測 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の顧客状 …
  • UAEの心臓補助装置市場見通し
  • 産業用屋内天井クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用屋内天井クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用屋内天井クレーン市場規模、用途別分析、製品別(二重桁、単一桁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eilbeck Cranes, GH Crane & Components, GORBEL, KITO, Konecranes, Mazzella Companiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場概要 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場環境 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場動向 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場規模 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:業界構造分析 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:用途別 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:製品別(二重桁、単一桁) ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用屋内天井クレーンの北米市場規模・予測 ・産業用屋内天井クレーンのヨーロッパ・中東 …
  • 持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:イントロダクション ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場概観 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:セグメント別市場分析 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:治療法別分析/市場規模 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:主要地域別市場分析 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:関連企業分析
  • マシンビジョンカメラの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マシンビジョンカメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マシンビジョンカメラ市場規模、製品別(3Dカメラ、ラインスキャンカメラ、エリアスキャンカメラ)分析、エンドユーザー別(産業用、産業用以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マシンビジョンカメラの世界市場概要 ・マシンビジョンカメラの世界市場環境 ・マシンビジョンカメラの世界市場動向 ・マシンビジョンカメラの世界市場規模 ・マシンビジョンカメラの世界市場:業界構造分析 ・マシンビジョンカメラの世界市場:製品別(3Dカメラ、ラインスキャンカメラ、エリアスキャンカメラ) ・マシンビジョンカメラの世界市場:エンドユーザー別(産業用、産業用以外) ・マシンビジョンカメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マシンビジョンカメラの北米市場規模・予測 ・マシンビジョンカメラのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マシンビジョンカメラのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 加工調理済み動物飼料の世界市場
    当調査レポートでは、加工調理済み動物飼料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・加工調理済み動物飼料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・加工調理済み動物飼料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・加工調理済み動物飼料のアメリカ市場規模予測 ・加工調理済み動物飼料のヨーロッパ市場規模予測 ・加工調理済み動物飼料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場
    当調査レポートでは、情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場について調査・分析し、情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場:市場動向分析 - 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場:競争要因分析 - 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場:セキュリティーの種類別 ・アプリケーションのセキュリティー ・データベースのセキュリティー ・エンドポイントのセキュリティー ・ネットワークのセキュリティー - 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場:展開別 ・オンプレミス ・クラウドベース - 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場:産業別 ・航空宇宙および防衛 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・エネルギーおよび公益事業 ・政府および公益事業 ・ヘルスケア ・ITおよび電気通信 ・製造 ・小売 ・運送およびロジスティクス ・その他 - 情報セキュリティー・コンサルティングの世界市場:組織の規模別 …
  • レチノイドx受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイドx受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイドx受容体アゴニストの概要 ・レチノイドx受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイドx受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイドx受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイドx受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コーテッドファブリックの世界市場:製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材)、用途別(輸送、防護服、工業、屋根材、日よけ・天蓋、家具・座席、その他)、地域別予測
    本資料は、コーテッドファブリックの世界市場について調べ、コーテッドファブリックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材)分析、用途別(輸送、防護服、工業、屋根材、日よけ・天蓋、家具・座席、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはContinental AG、Sioen Industries NV、Saint-Gobain S.A.、SRF Limited、Seaman Corporation、Spradling International PLCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーテッドファブリックの世界市場概要 ・コーテッドファブリックの世界市場環境 ・コーテッドファブリックの世界市場動向 ・コーテッドファブリックの世界市場規模 ・コーテッドファブリックの世界市場規模:製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材) ・コー …
  • イタリアの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • OTC医薬品の香味市場
  • 塩化メチレンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、塩化メチレンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塩化メチレン市場規模、用途別(塗料はく離剤、医薬品、化学処理、金属洗浄、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・塩化メチレンの世界市場概要 ・塩化メチレンの世界市場環境 ・塩化メチレンの世界市場動向 ・塩化メチレンの世界市場規模 ・塩化メチレンの世界市場:業界構造分析 ・塩化メチレンの世界市場:用途別(塗料はく離剤、医薬品、化学処理、金属洗浄、その他) ・塩化メチレンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・塩化メチレンのアメリカ市場規模・予測 ・塩化メチレンのヨーロッパ市場規模・予測 ・塩化メチレンのアジア市場規模・予測 ・塩化メチレンの主要国分析 ・塩化メチレンの世界市場:意思決定フレームワーク ・塩化メチレンの世界市場:成長要因、課題 ・塩化メチレンの世界市場:競争環境 ・塩化メチレンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 生体認証技術の世界市場分析:用途別(顔、掌形、音声、サイン、虹彩、AFIS、非AFIS)、エンドユーザー別(政府、銀行及び金融、消費者家電、ヘルスケア、防衛・保安)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、生体認証技術の世界市場について調査・分析し、生体認証技術の世界市場動向、生体認証技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別生体認証技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カメラ用付属品の世界市場:カメラレンズ、カメラバック、カメラケース、カメラ支持具、フラッシュガン
    当調査レポートでは、カメラ用付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カメラ用付属品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 大麻ベースアルコール飲料の世界市場2020-2024
    「大麻ベースアルコール飲料の世界市場2020-2024」は、大麻ベースアルコール飲料について市場概要、市場規模、製品別(大麻入りビール、大麻入りスピリッツ、大麻入りワイン)分析、用途別分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・大麻ベースアルコール飲料の世界市場:製品別(大麻入りビール、大麻入りスピリッツ、大麻入りワイン) ・大麻ベースアルコール飲料の世界市場:用途別 ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ぶどう膜炎(Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・ぶどう膜炎(Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬剤
  • 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用コーティングの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用コーティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 航空宇宙用コーティング市場の概要 3. 航空宇宙用コーティング市場の概要 4. 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026 5. 要約 6. 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026 7. 需要先産業別の航空宇宙用コーティング世界市場 8. 地域別の航空宇宙用コーティング世界市場2014-2026 9. 市場勢力図 10. 産業専門家の口述筆記 11. 企業概要 12. その他の重要なプレーヤー
  • WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場:セグメント別市場分析 ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論および提言
  • 自動車安全装置向け光学レンズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車安全装置向け光学レンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車安全装置向け光学レンズの世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用カートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、実験室用カートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用カートの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 非プロトン性溶媒の世界市場の規模及び予測:製品別(NMP、トルエン、ベンゼン、アセトン)、用途別(石油・ガス、医薬品、塗料・コーティング、電子製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、非プロトン性溶媒の世界市場について調査・分析し、非プロトン性溶媒の世界市場動向、非プロトン性溶媒の世界市場規模、市場予測、セグメント別非プロトン性溶媒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プリンテッドエレクトロニクスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模:技術別分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模:用途別分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模:材料別分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 機能性食品の世界市場分析:製品別(カロテノイド、食物繊維、脂肪酸、鉱物、プレバイオティクス・プロビオティック、ビタミン)、用途別、エンドユーザー別(スポーツ栄養、体重管理、免疫、消化器の健康)、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、機能性食品の世界市場について調査・分析し、機能性食品の世界市場動向、機能性食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • でん粉誘導体の世界市場
    当調査レポートでは、でん粉誘導体の世界市場について調査・分析し、でん粉誘導体の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • フレッシュクランベリーの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、フレッシュクランベリーの世界市場について調べ、フレッシュクランベリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フレッシュクランベリーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(無機、有機)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はフレッシュクランベリーの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フレッシュクランベリーの市場状況 ・フレッシュクランベリーの市場規模 ・フレッシュクランベリーの市場予測 ・フレッシュクランベリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(無機、有機) ・フレッシュクランベリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • プログラマティック広告支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プログラマティック広告支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プログラマティック広告支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 放射線モニタリング及び安全製品の世界市場:光電子増倍管、シリコン光電子増倍管、アバランシェ・フォトダイオード
    当調査レポートでは、放射線モニタリング及び安全製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動力付き農業機械市場
    本調査レポートでは、世界の動力付き農業機械市場について調査・分析し、世界の動力付き農業機械市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のX線セキュリティスキャナ市場2015
    本調査レポートでは、世界のX線セキュリティスキャナ市場2015について調査・分析し、X線セキュリティスキャナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 青果パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、青果パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・青果パッケージングの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・青果パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・青果パッケージングの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・青果パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・青果パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・青果パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・青果パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 極低温バイアルの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「極低温バイアルの世界市場2020-2024」は、極低温バイアルについて市場概要、市場規模、種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・極低温バイアルの世界市場:種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • イランの市場見通し(~2021年)
  • オートバイ用ABS装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用ABS装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用ABS装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用ABS装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均36.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、ZF TRW、BWI Group、Honda Motor Group等です。
  • 腫瘍随伴体液性高カルシウム血症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の概要 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍随伴体液性高カルシウム …
  • 農業用生物学的製剤の世界市場:バイオ農薬、バイオスティミュラント、バイオ肥料
    当調査レポートでは、農業用生物学的製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用生物学的製剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのオーストラリア市場
  • ジオテキスタイルの世界市場予測(~2022年):合成、天然
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ジオテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料種類別分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、ジオテキスタイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場分析:製品別(未充填、炭素充填、ガラス充填)、用途別(医療、自動車、航空宇宙、産業、電気・電子)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場について調査・分析し、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場動向、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医薬品添加剤の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、医薬品添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(有機化学品(炭水化物、石油化学)無機化学品)分析、機能性別(増量剤、希釈剤、コーティング、崩壊剤)分析、製剤別(タブレット、カプセル、局所、非経口)分析、医薬品添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医薬品添加剤の世界市場規模が2019年69億ドルから2025年97億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。
  • 商用機用熱伝導・流体管理システムの世界市場2017-2021:ナローボディ機用、ワイドボディ機用、リージョナルジェット機用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用機用熱伝導・流体管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用機用熱伝導・流体管理システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用機用熱伝導・流体管理システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAMETEK、Crane、PARKER HANNIFIN、UTC、Unison等です。
  • 電着塗装(E-Coat)の世界市場:陰極エポキシ塗料、陰極アクリル塗料、陽極塗料
    当調査レポートでは、電着塗装(E-Coat)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電着塗装(E-Coat)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 精液バンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、精液バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精液バンクの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は精液バンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Androcryos、Cryos International、FairFax Cryobank、New England Cryogenic Center等です。
  • 世界のウェットスーツ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェットスーツ市場2015について調査・分析し、ウェットスーツの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 子供用耐久製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、子供用耐久製品の世界市場について調査・分析し、子供用耐久製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別子供用耐久製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、子供用耐久製品種類別分析(ベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐)、子供用耐久製品用途別分析(子供用品店、ブランドショップ、スーパーマーケット、オンラインショップ)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・子供用耐久製品の市場概観 ・子供用耐久製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・子供用耐久製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・子供用耐久製品の世界市場規模 ・子供用耐久製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・子供用耐久製品のアメリカ市場規模推移 ・子供用耐久製品のカナダ市場規模推移 ・子供用耐久製品のメキシコ市場規模推移 ・子供用耐久製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・子供用耐久製品のドイツ市場規模推移 ・子供用耐久製品のイギリス市場規模推移 ・子供用耐 …
  • カナダの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • レーザー技術の世界市場予測(~2022年):固体レーザー、液体レーザー、ガスレーザー
    当調査レポートでは、レーザー技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、レーザー技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非構造タンパク質4A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質4A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質4A阻害剤の概要 ・非構造タンパク質4A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質4A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質4A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質4A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のステビオシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のステビオシド市場2015について調査・分析し、ステビオシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬の状況 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の市場規模(販売予測) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"