"臭素の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2363)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"臭素の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The bromine market is projected to grow from USD 3.3 billion in 2019 to USD 4.4 billion by 2024, at a CAGR of 5.8% from 2019 to 2024. The increasing demand for bromine in flame retardants, mercury emission control, water treatment, and oil & gas drilling is expected to drive the bromine market.

Israel Chemicals Limited (Israel), Albemarle Corporation (US), LANXESS Corporation (Germany), Tosoh Corporation (Japan), Tata Chemicals Limited (India), Gulf Resources Inc. (China), TETRA Technologies, Inc. (US), Hindustan Salts Limited (India), Honeywell International Inc. (US), and Perekop Bromine (Republic of Crimea) are some of the leading players operating in the bromine market. These players have adopted the strategies of expansion, new product development, partnership, and collaboration to enhance their position in the market.

In line with the rising demand for bromine, in September 2019, Israel Chemicals Ltd. announced that it plans to expand its bromine compounds capacity to approximately 25,000 metric tons annually. The company will invest approximately USD 50 million for this expansion and is expecting a return of USD 110 million. This expansion comes amidst the company’s strategic agreements signed with many customers from Asia.

LANXESS Corporation, in July 2019, announced the completion of its plant expansion of Emerald Innovation 3000. The debottlenecking project increases the sustainable output from 10,000 to 14,000 MT per year. Emerald Innovation 3000 is now being used as a flame retardant for expanded (EPS) and extruded (XPS) polystyrene instead of hexabromocyclododecane (HBCD), which has been banned. This product is manufactured via the bromination of an alternating polystyrene butadiene copolymer.

LANXESS Corporation, in December 2018, announced its plan to invest EUR 200 million over the next three years, i.e., till 2021, to strengthen its global asset base for flame retardant additives. The company has significantly expanded its market position for flame retardant additives after integrating the former Chemtura businesses with brominated flame-retardant additives, bromine, and bromine derivatives. Due to their high effectiveness as flame retardants, these substances are used in the construction industry. They also complement the already existing LANXESS business of phosphorus-based flame-retardant additives.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"臭素の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Market Definition and Scope
2.2 Base Number Calculation
2.2.1 Supply Side Approach
2.3 Forecast Number Calculation
2.4 Market Engineering Process
2.4.1 Top-Down Approach
2.5 Research Data
2.5.1 Secondary Data
2.5.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.5.2 Primary Data
2.5.2.1 Key Data From Primary Sources
2.5.2.2 Key Industry Insights
2.5.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.6 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in Bromine Market
4.2 Bromine Market, By Derivative
4.3 Bromine Market in Asia Pacific, By Application and Country
4.4 Bromine Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Use of Bromine in Mercury Emission Mitigation
5.2.1.2 Increasing Demand for Flame Retardants Due to Stringent Fire Safety Framework
5.2.1.3 Extensive Consumption of Bromine in Diverse Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Toxicological Effects of Brominated Compounds
5.2.2.2 Emergence of Non-Halogenated Flame Retardants
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Recycling of Bromine
5.2.3.2 Increasing Use of Hydrogen Bromide in Flow Batteries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Significant Fluctuations in Oil & Gas Prices
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview and Trends
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Trends of Oil & Natural Gas Prices
6 Bromine Market, By Derivative (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Organobromine
6.2.1 Organobromine Derivative Segment Accounted for the Largest Market Share
6.3 Clear Brine Fluids
6.3.1 Clear Brine Fluids Projected to Be the Fastest-Growing Derivative Segment in the Global Bromine Market
6.4 Hydrogen Bromide (HBR)
6.4.1 Growth in the Chemical, Plastics, and Pharmaceutical Industries is Expected to Drive the HBR Derivative Segment
7 Bromine Market, By Application (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Flame Retardants
7.2.1 Flame Retardants is the Largest Application Segment of the Bromine Market
7.3 Water Treatment
7.3.1 Water Treatment is the Fourth-Largest Application Segment in the Global Bromine Market
7.4 Mercury Emission Control
7.4.1 Mercury Emission Control to Be One of the Fastest-Growing Application Segments in the Bromine Market
7.5 Oil & Gas Drilling
7.5.1 Oil & Gas Drilling Accounted for the Second-Largest Share in the Global Bromine Market
7.6 HBR Flow Batteries
7.6.1 Growing Demand for HBR Flow Batteries in Asian Countries, Such as China & Japan, is Expected to Drive the HBR Application Segment
7.7 Pta Synthesis
7.7.1 Pta Synthesis Was the Third-Largest Application Segment of the Global Bromine Market
7.8 Pesticides
7.8.1 Growing Demand From Countries Such as China and India is Expected to Drive the Market for Bromine in the Pesticides Application Segment
7.9 Plasma Etching
7.9.1 Plasma Etching is Among the Fastest-Growing Application Segments in the Global Bromine Market
7.1 Pharmaceuticals
7.10.1 High Demand From Pharmaceutical Industry, for Chemical Compounds Manufacturing and Drug Formulations, Drives the Market for Bromine in the Pharmaceuticals Application Segment
7.11 Others
8 Bromine Market, By Region (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Accounted for the Largest Share in the Global Bromine Market
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Japan Accounted for the Second-Largest Share in the Asia Pacific Bromine Market
8.2.3 India
8.2.3.1 Growing Demand From Flame Retardants, Pesticides, and Water Treatment Application Segments Fuels the Growth of the Market for Bromine in India
8.2.4 South Korea
8.2.4.1 South Korea Accounted for the Fourth-Largest Share in the Asia Pacific Bromine Market
8.2.5 Taiwan
8.2.5.1 Growing Demand From the Flame Retardants Application Segment has Fueled the Growth of the Market for Bromine in Taiwan
8.2.6 Rest of Asia Pacific
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 US Accounted for the Largest Share in the North American Bromine Market
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Canada Accounted for the Second-Largest Share in the North American Bromine Market
8.3.3 Mexico
8.3.3.1 Growing Demand From Flame Retardants Application Segment Fuels the Growth of the Market for Bromine in Mexico
8.4 Western Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Germany Accounted for the Largest Share in the Western European Bromine Market
8.4.2 France
8.4.2.1 France Accounted for the Third-Largest Share in the Western European Bromine Market
8.4.3 UK
8.4.3.1 UK Accounted for the Second-Largest Share in the Western European Bromine Market
8.4.4 Rest of Western Europe
8.5 Central & Eastern Europe
8.5.1 Russia
8.5.1.1 Russia Accounted for the Largest Share in the Central and Eastern European Bromine Market
8.5.2 Turkey
8.5.2.1 Growing Demand From Flame Retardants Application Segment Fuels Growth of the Market for Bromine in Turkey
8.5.3 Rest of Central & Eastern Europe
8.6 Middle East & Africa
8.7 South America
8.7.1 Brazil
8.7.1.1 Brazil Accounted for the Largest Share in the South America Bromine Market
8.7.2 Argentina
8.7.2.1 Argentina Accounted for the Second-Largest Share in the South America Bromine Market
8.7.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 110)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Dynamic Differentiators
9.2.2 Visionary Leaders
9.2.3 Innovators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Competitive Benchmarking
9.3.1 Strength of Product Portfolio (25 Players)
9.3.2 Business Strategy Excellence (25 Players)
9.4 Market Ranking of Key Players
9.4.1 LANXESS Corporation (US)
9.4.2 Israel Chemicals Limited (Israel)
9.4.3 Albemarle Corporation (US)
9.4.4 Tosoh Corporation (Japan)
9.4.5 Tata Chemicals Limited (India)
9.4.6 TETRA Technologies Inc. (China)
10 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, and MnM View)*
10.1 Israel Chemicals Ltd.
10.2 Albemarle Corporation
10.3 LANXESS Corporation
10.4 Tosoh Corporation
10.5 TETRA Technologies, Inc.
10.6 Gulf Resources Inc.
10.7 Tata Chemicals Limited
10.8 Hindustan Salts Limited
10.9 Honeywell International Inc.
10.10 Perekop Bromine
10.11 Additional Company Profiles
10.11.1 Sanofi Sa
10.11.2 Aquachina Chemicals
10.11.3 Morre-Tec Industries Inc.
10.11.4 Solaris Chemtech
10.11.5 Agrocel Industries Limited
10.11.6 Shandong Yuyuan Group Co., Ltd.
10.11.7 Shandong Haiwang Chemical Co., Ltd.
10.11.8 Shandong Haihua Group Co., Ltd.
10.11.9 Shandong Ocean Chemical Co., Ltd.
10.11.10 Shandong Weifang Longwei Industrial Co., Ltd.
10.11.11 Shandong Runke Chemical Engineering Co., Ltd.
10.11.12 Dhruv Chem Industries
10.11.13 Shandong Lubei Chemical Co., Ltd.
10.11.14 Shandong Dadi Salt Chemical Group Co., Ltd.
10.11.15 Shandong Haoyuan Group
*Details on Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 144)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】臭素の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2363
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
臭素の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 乾癬市場:現在・未来プレイヤー
  • ステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤の概要 ・ステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ステアロイル補酵素Aデサチュラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 耐火布の世界市場予測(~2021):種類別(加工(FR綿、FRビスコース)、自然(アラミド、PBI))、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、耐火布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、耐火布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子送金の世界市場:種類別(国内送金、海外送金)、用途別(消費者、企業)、地域別予測
    本資料は、電子送金の世界市場について調べ、電子送金の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(国内送金、海外送金)分析、用途別(消費者、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはWestern Union、Ria Financial Services、PayPal/Xoom、TranferWise、WorldRemit、MoneyGram、Remitly、Azimo、TranferGo、InstaReM、TNG Wallet、Coins.ph、Toast、Orbit Remit、Smiles/Digital Wallet Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電子送金の世界市場概要 ・電子送金の世界市場環境 ・電子送金の世界市場動向 ・電子送金の世界市場規模 ・電子送金の世界市場規模:種類別(国内送金、海外送金) ・電子送金の世界市場規模:用途別(消費者、企業) ・電子送金の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子送金の北米市場 …
  • ペノキススラムの世界市場
    当調査レポートでは、ペノキススラムの世界市場について調査・分析し、ペノキススラムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 美容医療の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、美容医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(ボトックス、ダーマルフィラー、脂肪吸引、セルライト除去、脂肪除去、皮膚引き締め、乳房インプラント、刺青除去、スレッドリフト)分析、エンドユーザー(クリニック、医療スパ、病院、美容センター)分析、美容医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 単心ケーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、単心ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、単心ケーブルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 単心ケーブルは、電力システムを監視・制御するためのエネルギー電力信号を送信するケーブルです。単身ケーブルは、電気的、熱的、そして物理的な性質を有します。Technavio社は単心ケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Belden• Lapp Group• LEONI Group• RS Components等です。
  • 再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)、材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品)、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)
    本資料は、再生医療の世界市場について調べ、再生医療の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学)分析、用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・再生医療の世界市場概要 ・再生医療の世界市場環境 ・再生医療の世界市場動向 ・再生医療の世界市場規模 ・再生医療の世界市場:製品タイプ別(細胞療法、遺伝子療法、生体組織工学、小分子・生物学) ・再生医療の世界市場:材料別(合成材料、生体由来材料、遺伝子操作材料、医薬品) ・再生医療の世界市場:用途別(循環器科、腫瘍、皮膚科、筋骨格、創傷治癒、眼科、神経科、その他) ・再生医療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再生医療の北米市場規模・予測 ・再生医療のアメリカ市場規模・予測 ・再生医療のヨーロッパ市場規模・予測 ・再生医療のアジア市場規模・予測 ・再生医療の日本市場規模・予測 ・再生 …
  • 世界のスパッタリングターゲット&蒸発材料市場
  • スマートエネルギーの世界市場:スマートグリッド、デジタル油田、スマートソーラー、HEMS
    当調査レポートでは、スマートエネルギーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートエネルギーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ケアマネジメントソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ケアマネジメントソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケアマネジメントソリューション市場規模、提供方式別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、用途別(疾患管理、ユーティライゼーション管理、疾患管理)分析、エンドユーザー別(医療保険者(支払者)、医療提供者、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:提供方式別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース) ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア) ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:用途別(疾患管理、ユーティライゼーション管理、疾患管理) ・ ケアマネジメントソリューション …
  • PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PR(広報)用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、PR(広報)用ロボットの世界市場規模及び予測、エンドユーザー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーザー保護メガネの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レーザー保護メガネの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー保護メガネの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ペット用整容製品の世界市場:ペットシャンプー・コンディショナー、ブラシ、はさみ
    当調査レポートでは、ペット用整容製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット用整容製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水栓浄水器市場2016
    本調査レポートでは、世界の水栓浄水器市場2016について調査・分析し、水栓浄水器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ステンレス鋼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ステンレス鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステンレス鋼の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場予測2019-2024
    「30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、射出成形、押出成形など、用途別には、Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。30% ガラス繊維入りナイロンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場概要(サマリー) ・30% ガラス繊維入りナイロンの企業別販売量・売上 ・30% ガラス繊維入りナイロンの企業別市場シェア ・30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:種類別(射出成形、押出成形) ・30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:用途別(Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Others) ・30% ガラス繊維入りナイロンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・30% ガラ …
  • スマートビルディングの世界市場:ソフトウェアの種類別(2つのインテリジェントセキュリティシステム、ビルエネルギー管理システム、インフラ管理システム、ネットワーク管理システム)、建物の種類別(住宅施設、商業ビル、教育機関、官公庁施設、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートビルディングの世界市場について調べ、スマートビルディングの世界規模、市場動向、市場環境、ソフトウェアの種類別(2つのインテリジェントセキュリティシステム、ビルエネルギー管理システム、インフラ管理システム、ネットワーク管理システム)分析、建物の種類別(住宅施設、商業ビル、教育機関、官公庁施設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIBM、Cisco、Siemens、Honeywell International、Delta Controls、Legrand、Schneider Electric、Johnson Controls、United Technologies Corporation、BuildingIQなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートビルディングの世界市場概要 ・スマートビルディングの世界市場環境 ・スマートビルディングの世界市場動向 ・スマートビルディングの世界市場規模 ・スマートビルディングの世界 …
  • 乗車券発券機(TVM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乗車券発券機(TVM)の世界市場について調査・分析し、乗車券発券機(TVM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乗車券発券機(TVM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、乗車券発券機(TVM)種類別分析(非現金支払い型、現金支払い型)、乗車券発券機(TVM)用途別分析(地下鉄駅、鉄道駅、バスターミナル)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乗車券発券機(TVM)の市場概観 ・乗車券発券機(TVM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乗車券発券機(TVM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乗車券発券機(TVM)の世界市場規模 ・乗車券発券機(TVM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乗車券発券機(TVM)のアメリカ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のカナダ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のメキシコ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・乗車券発券機(TVM …
  • VVT及びスタート-ストップシステムの世界市場予測(~2022年):カム位相、ダイレクトスタータ
    当調査レポートでは、VVT及びスタート-ストップシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、技術別分析、バルブトレイン別分析、車両別分析、燃料種類別分析、VVT及びスタート-ストップシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LED照明用ポリカーボネートの世界市場予測・分析2015-2022
  • 医療用カメラの世界市場予測(~2021年):内視鏡カメラ、手術用顕微鏡カメラ、皮膚科用カメラ、眼科用カメラ、歯科用カメラ
    当調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、カメラ種類別分析、センサ別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力工具の世界市場:電気式、空気式、エンジン駆動式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、動力工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力工具の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動力工具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apex Tool Group、Makita、Robert Bosch、Stanley Black & Decker、Techtronic Industries等です。
  • 公共安全LTEデバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、公共安全LTEデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、公共安全LTEデバイスの世界市場規模及び予測、収益別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)の概要 ・成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glio …
  • 飛行管理システム(FMS)の世界市場:コントロールディスプレイユニット、ビジュアルディスプレイユニット、飛行管理コンピュータ
    当調査レポートでは、飛行管理システム(FMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置別分析、航空機種類別分析、フィット別分析、地域別分析、飛行管理システム(FMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事シミュレーション・軍事訓練の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、軍事シミュレーション・軍事訓練の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、訓練種類別分析、地域別分析、軍事シミュレーション・軍事訓練の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンピューター支援コーディングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、コンピューター支援コーディングの世界市場について調査・分析し、コンピューター支援コーディングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - コンピューター支援コーディングの世界市場:市場動向分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:競争要因分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:デリバリー形態型 ・クラウド型ソリューション ・オンプレミスソリューション ・ウェブ型ソリューション - コンピューター支援コーディングの世界市場:製品・サービス別 ・サービス ・ソフトウェア - コンピューター支援コーディングの世界市場:エンドユーザー別 ・大学医療センター ・臨床検査室・診断センター ・病院 ・診療所 ・保険者 ・その他の医療機関 - コンピューター支援コーディングの世界市場:用途別 ・自動コンピューター支援コーディング ・臨床コード監査 ・管理レポート・分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:主要地域別分析 - コンピューター支援コーディングの北米市場規模(アメ …
  • 世界のCRISPR市場予測2016-2022
    本調査レポートでは、世界のCRISPR市場について調査・分析し、世界のCRISPR市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場予測(~2023年)
    バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場は、2018年の24億米ドルから2023年には50億米ドルに達し、この期間中15.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。VPSを使用することで、共有サーバーと比較してサーバーの制御を強化できます。VPSは、あらゆる仮想化を展開する上で重要な役割を果たします。一方で、共有ホスティング、専用ホスティング、クラウドサーバーといったVPSのさまざまな代替の存在により、VPSの採用が進まない可能性があります。当調査レポートでは、バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、オペレーティングシステム別(Windows、Linux)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、産業別(BFSI、政府・防衛、IT・テレコム、小売、医療)分析、バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病治療機器の世界市場
    本資料は、糖尿病治療機器の世界市場について調べ、糖尿病治療機器の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(血中グルコース監視装置、インシュリン運搬装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLiveU 、TVU、Dejero、Sony Corporation、LG Corporation、Haier Group Corporation、Samsung Group、Funai 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・糖尿病治療機器の世界市場概要 ・糖尿病治療機器の世界市場環境 ・糖尿病治療機器の世界市場動向 ・糖尿病治療機器の世界市場規模 ・糖尿病治療機器の世界市場規模:製品別(血中グルコース監視装置、インシュリン運搬装置) ・糖尿病治療機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・糖尿病治療機器の北米市場規模・予測 ・糖尿病治療機器のアメリカ市場規模・予測 ・糖尿病治療機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・糖尿病治療機器のアジア市場規模・予測 ・糖尿病治療機器 …
  • 世界の携帯型透過率計市場2016
    本調査レポートでは、世界の携帯型透過率計市場2016について調査・分析し、携帯型透過率計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用抗菌剤・抗生物質の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、動物用抗菌剤・抗生物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物用抗菌剤・抗生物質の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用光源装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築用光源装置の世界市場について調査・分析し、建築用光源装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築用光源装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、建築用光源装置種類別分析(石切断工具、床切断工具、タイル切断工具)、建築用光源装置用途別分析(建物、橋、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築用光源装置の市場概観 ・建築用光源装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築用光源装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築用光源装置の世界市場規模 ・建築用光源装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築用光源装置のアメリカ市場規模推移 ・建築用光源装置のカナダ市場規模推移 ・建築用光源装置のメキシコ市場規模推移 ・建築用光源装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・建築用光源装置のドイツ市場規模推移 ・建築用光源装置のイギリス市場規模推移 ・建築用光源装置のロシア市場規模推移 ・建築用光源装置のアジア …
  • フェイシャルワイプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フェイシャルワイプの世界市場について調査・分析し、フェイシャルワイプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フェイシャルワイプシェア、市場規模推移、市場規模予測、フェイシャルワイプ種類別分析(脱脂綿、不織布)、フェイシャルワイプ用途別分析(日常用、行事用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フェイシャルワイプの市場概観 ・フェイシャルワイプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フェイシャルワイプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フェイシャルワイプの世界市場規模 ・フェイシャルワイプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フェイシャルワイプのアメリカ市場規模推移 ・フェイシャルワイプのカナダ市場規模推移 ・フェイシャルワイプのメキシコ市場規模推移 ・フェイシャルワイプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・フェイシャルワイプのドイツ市場規模推移 ・フェイシャルワイプのイギリス市場規模推移 ・フェイシャルワ …
  • 回転翼機用エンジンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、回転翼機用エンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、回転翼機用エンジン市場規模、用途別(軍用ヘリコプター、商用ヘリコプター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、GE Aviation, Honeywell International, Pratt & Whitney, Rolls-Royce, Safran Helicopter Enginesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・回転翼機用エンジンの世界市場概要 ・回転翼機用エンジンの世界市場環境 ・回転翼機用エンジンの世界市場動向 ・回転翼機用エンジンの世界市場規模 ・回転翼機用エンジンの世界市場:業界構造分析 ・回転翼機用エンジンの世界市場:用途別(軍用ヘリコプター、商用ヘリコプター) ・回転翼機用エンジンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・回転翼機用エンジンの北米市場規模・予測 ・回転翼機用エンジンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・回転翼機用エ …
  • ヘリコバクターピロリ診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘリコバクターピロリ診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘリコバクターピロリ診断の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ヘリコバクター・ピロリは、胃に多く存在するグラム陰性微好気性細菌です。ピロリ菌は、胃炎と胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍との関係があります。Technavio社はヘリコバクターピロリ診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Thermo Fisher Scientific• Bio-Rad Laboratories• F. Hoffmann-La Roche等です。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場分析:用途別(包装、電気・電子、産業機械、自動車、建設、資材処理)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場について調査・分析し、ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場動向、ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、車両種類別分析、構成要素別分析、材料別分析、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 不安障害(Anxiety Disorders):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、不安障害(Anxiety Disorders)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・不安障害(Anxiety Disorders):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・不安障害(Anxiety Disorders)のフェーズ3治験薬の状況 ・不安障害(Anxiety Disorders)治療薬の市場規模(販売予測) ・不安障害(Anxiety Disorders)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・不安障害(Anxiety Disorders)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の不安障害(Anxiety Disorders)治療薬剤
  • ヘッドセットの世界市場分析:製品別(インイヤー、オーバーイヤー)、価格別(USD50未満、USD50~100、USD100以上)、技術別(ワイヤー式、ワイヤレス)、用途別(個人用、商業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヘッドセットの世界市場について調査・分析し、ヘッドセットの世界市場動向、ヘッドセットの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘッドセット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の静注用免疫グロブリン市場2015
    本調査レポートでは、世界の静注用免疫グロブリン市場2015について調査・分析し、静注用免疫グロブリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルツインの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルツイン市場規模、技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他)分析、用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他)分析、エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルツインの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルツインの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルツインの世界市場:技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他) ・ デジタルツインの世界市場:用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他) ・ デジタルツインの世界市場:エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業 …
  • データセンターITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターITインフラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はデータセンターITインフラの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(5.16%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arista Networks • Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell • Hitachi • HPE• IBM• Juniper Networks• Lenovo• NetApp等です。
  • 磁気冷凍の世界市場予測(~2023年):冷凍システム、エアコンシステム、ヒートポンプ
    当調査レポートでは、磁気冷凍の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、磁気冷凍の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防火システムの世界市場予測(~2024年):火災感知、消火、スプリンクラー設備、火災分析、火災応答
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別(火災感知、消火、スプリンクラー設備、火災分析、火災応答)分析、サービス別分析、産業別分析、防火システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防曇添加剤の世界市場:グリセロールエステル、ポリグリセロールエステル、ソルビタン脂肪酸エステル、エトキシル化ソルビタンエステル、オレイン酸ポリオキシエチレンエステル、ゼラチン、二酸化チタン
    当調査レポートでは、防曇添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート洗濯機市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート洗濯機市場2015について調査・分析し、スマート洗濯機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート農業の世界市場予測(~2023年):精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、農業種類別(精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス)分析、ハードウェア別(GPS、ドローン、センサー、RFID、LEDライト)分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、スマート農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"