"生体接着剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 3015)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"生体接着剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global bioadhesives market size is projected to register a CAGR of 10.0%, in terms of value, between 2019 and 2024.
The global bioadhesives market size is projected to grow from USD 5.6 billion in 2019 to USD 9.1 billion by 2024, at a CAGR of 10.0%, between 2019 and 2024. The demand for bioadhesives, especially for green products, is increasing due to their use across varied applications in various vertical industrial segments. The rising need for improved performance, durability, and ease-of-use of eco-products are the key factors contributing to the growth of the bioadhesives industry. The market demand is led by regions, including Europe and North America.

The plant-based adhesives segment is expected to account for the larger share of the overall bioadhesives market during the forecast period.
The increasing demand from end-use industries as well as from consumers for sustainable products is the key factor that is expected to drive the bioadhesives market. Bioadhesives are safer on the environment as compared to its commercially available synthetic substitutes. With various research and development initiatives taken by product manufacturers as well as research institutes, various applications of bioadhesives have been discovered over the past few years.

The bioadhesives market in the medical application is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.
Improved and developing growth opportunities in emerging and growing markets of APAC is a vital driver of the future growth of the medical industry. It is projected that APAC’s demand for medical equipment will increase in double digits in the next five years. This is due to increase in health awareness and the technological development in countries, including India, China, Japan, and South Korea. These are the vital parameters accounting for enhanced demand for bioadhesives from the medical industry.

APAC bioadhesives market is projected to register the highest CAGR during the forecast period.
The APAC bioadhesives market is segmented into China, Japan, India, Indonesia, Thailand, and Rest of APAC. APAC is expected to be the fastest-growing market during the forecast period, in terms of volume. This is due to the high economic growth rate, increasing standard of living, rise in disposable income, and a surge in construction, packaging, medical, personal care, and other industries.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in bioadhesives market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and sub-segments.

• By Company Type: Tier 1 – 42%, Tier 2 – 25%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C Level – 36%, D Level – 19%, and Others – 45%
• By Region: Europe – 42%, North America – 25%, APAC – 17%, South America- 8%, and the Middle East & Africa – 8%

The key companies profiled in this report are Henkel AG (Germany), DuPont de Nemours, Inc., (US), Ashland Global Holdings Inc. (US), EcoSynthetix (Canada), Arkema S.A. (France), DaniMer Scientific LLC (US), Tate & Lyle PLC (UK), L.D. Davis Industries, Inc., (US), and Ingredion Incorporated (US)

Research Coverage:
This report provides detailed segmentation of the bioadhesives market based on type, application, and region. Based on type, the bioadhesives industry has been segmented into plant-based and animal-based bioadhesives. Based on application, the market has been segmented into Paper & Packaging, Construction, Woodworking, Personal Care, and Medical. Based on region, the market has been segmented into APAC, Europe, North America, South America, and the Middle East & Africa.

Key Benefits of Buying the Report
From an insights perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"生体接着剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Year Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Bioadhesives Market
4.2 Bioadhesives Market, By Type
4.3 Bioadhesives Market, By Application
4.4 Bioadhesives Market, Developed vs Developing Countries
4.5 APAC: Bioadhesives Market, By Type and Application
4.6 Bioadhesives Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Various Regulations & Policies Against the Use of Petrochemical-Based Adhesives
5.2.1.2 Growth of Biotechnology and Innovations By Market Players
5.2.1.3 Continuous Fluctuation in Prices of Crude Oil
5.2.1.4 Growing Demand From End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Competition From Substitutes
5.2.2.2 Limited Performance Capabilities as Compared to Conventional Adhesives
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Environmentally-Friendly Products
5.2.3.2 Stringent Regulations to Reduce Voc Emissions
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Advanced Technological Know-How
5.2.4.2 Regulatory Approvals
5.2.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.2.6 Threat of New Entrants
5.2.7 Threat of Substitutes
5.2.8 Bargaining Power of Buyers
5.2.9 Bargaining Power of Suppliers
5.2.10 Intensity of Competitive Rivalry
6 Macroeconomic Overview and Key Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.1.1 Trends and Forecast of GDP
6.1.1.1 Trends and Forecast in the Construction Market
6.1.1.2 Trends in Healthcare & Hygiene Market
7 Market Megatrends and Relevant Markets (Page No. – 47)
7.1 Effects of Future Trends and Technology Disruptions in the Adhesives Market
7.1.1 Adhesives Market
7.1.2 Healthcare Market Trends
7.1.2.1 Rising Prominence of Adhesive Dentistry
7.1.2.2 Growing Preference for Gelatin-Based Adhesives and Hydrogels in Surgical Procedures
7.1.2.2.1 Natural/Biological Adhesives & Sealants
8 Bioadhesives Market, By Type (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Plant Based
8.2.1 Soybean
8.2.1.1 Soy-Based Adhesives are Low Cost, Readily Available, and Environmentally Safe
8.2.2 Lignin
8.2.2.1 Lignin-Based Bioadhesives are Expected to Gain Significant Market Share as Bio-Refineries Come Up With New Types of Lignins, Regularly
8.2.3 Others
8.3 Animal Based
8.3.1 Collagen
8.3.1.1 Collagen-Based Adhesive is Made From A Combination of Bovine Thrombin and Freeze-Dried Bovine Collagen Powder That is Rehydrated, Forming A Gelatin Matrix
8.3.2 Fish
8.3.2.1 The Major Applications for This Type Include Wood, Furniture, Paper, and Packaging
8.3.3 Fibrin
8.3.3.1 Fibrin Adhesives are Relatively Weak and Used Primarily as A Sealant and Hemostatic Agent, But are Also Considered Adhesives
8.3.4 Blood
8.3.4.1 Blood Adhesive is Not Used as Widely as Compared to Other Animal-Based Adhesives, But has Good Adhesion to Leather, Paper, Cork, Metals, and Textiles
8.3.5 Casein
8.3.5.1 The Major Application of Casein Adhesive is in the Beverage Industry for Labelling Bottles
8.3.6 Others
9 Bioadhesives Market, By Application (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Paper & Packaging
9.2.1 Food Packaging
9.2.1.1 The Trends Shaping the Future of Food Packaging Include Sustainability, Bold & Brand Specific Colors, and Personalized Products
9.2.2 Consumer Goods Packaging
9.2.2.1 Increase in Awareness Regarding the Harmful Effects of Plastic Packaging Products on the Environment has Resulted in an Increased Demand for Sustainable Products, Including Bioadhesives
9.2.3 Pharmaceutical Packaging
9.2.3.1 Rise in R&D Activities, Increased Outsourcing to Contract Packagers, Introduction of Innovative Packaging Materials, and Penetration of Generic Drugs have Led to an Increased Demand for Pharmaceutical Packaging
9.3 Construction
9.3.1 Floors
9.3.1.1 Synthetic Adhesives Often Emit VOCS, Hence Bioadhesives are Displacing Them
9.4 Woodworking
9.4.1 Furniture
9.4.1.1 Changing Consumer Demographics, Growing Tourism & Hospitality Market and Real Estate Markets Across the Globe are Helping to Boost the Furniture Market
9.4.2 Doors & Windows
9.4.2.1 Increasing New Residential and Commercial Construction and Remodelling Trends are Expected to Positively Influence the Demand for Bioadhesives
9.4.3 Joinery
9.4.3.1 Bioadhesives are Used to Provide Additional Strength, Protection, and Increased Service Life to the Joints
9.4.4 String Instruments
9.4.4.1 A Rise in the Number of Music Hobbyists, Especially From the Millennial Generation, is Expected to Boost the Demand for String Instruments And, in Turn, Help Boost the Demand for Bioadhesives
9.5 Personal Care
9.5.1 Skin Care
9.5.1.1 Bioadhesives Do Not Contain Any Harmful Chemicals and Thus are Being Used in Skin Care Products
9.5.2 Hair Care
9.5.2.1 The Increasing Use of the Natural and Organic Hair Care Products has Led to an Increased Demand for Bioadhesives
9.5.3 Cosmetics
9.5.3.1 Increasing Demand for Products That are Safe on the Skin has Led to Bioadhesives Gaining Popularity in the Cosmetics Segment
9.6 Medical
9.6.1 Internal
9.6.1.1 Bioadhesives are Used in Places Where Other Techniques, Such as Suturing are Ineffective Or Impractical
9.6.2 External
9.6.2.1 External Bioadhesives Can Prevent Fluid Leakage From Surgical Wounds and Incisions, and have Proven to Reduce Healing Time, Significantly
9.7 Others
10 Bioadhesives Market, By Region (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 APAC
10.2.1 China
10.2.1.1 The Bioadhesives Market in China is Witnessing Significant Growth, Owing to the Increased Exports of Biodegradable Products to North America, Europe, and Developed Countries in Other Regions
10.2.2 India
10.2.2.1 Growing Population and Income Levels, Coupled With Changing Regulatory Policies, have Enabled It to Emerge as One of the Growing Markets for Bioadhesives
10.2.3 Japan
10.2.3.1 The Aim of the Country’s Government is to Move Toward A Greener Environment, Where the Manufacturing, Energy Usage, and End Products have Been Fundamentally Shifted to Bio-Based Products
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 Growth of the Medical and Pharmaceutical Industries in South Korea Can Be Attributed to Strong Support From the Government and Favorable Policies
10.2.5 Indonesia
10.2.5.1 The Country’s Health Ministry is Encouraging A Synergy Between the Medical Industry and Research Institutions to Boost Research and Innovation, Which is Expected to Boost R&D Activities in Bioadhesives
10.2.6 Thailand
10.2.6.1 Increasing Exports and Public Infrastructure Plans are Contributing to an Improvement in Thailand’s Economic Outlook
10.2.7 Rest of APAC
10.3 North America
10.3.1 US
10.3.1.1 The Ongoing Trade War Between the US and China, Brexit, Policy Volatility in the Us, and Slowdown of Growth in China are the Major Challenges That the Country is Expected to Face Over the Next Few Years
10.3.2 Canada
10.3.2.1 The Canadian Market is Regulated By Workplace Hazardous Materials Information System (WHMIS) That Regulates Bio-Based Formulations in End-Product Manufacturing, Which Helps the Market Growth of Bio-Based Products
10.3.3 Mexico
10.3.3.1 The Mexican Bioadhesives Market is Developing as Global Chemical Companies Prefer to Set Up Manufacturing Plants Due to the Low Labor Cost
10.4 Europe
10.4.1 Germany
10.4.1.1 The Demand for Environmentally-Friendly Products has Increased in Germany Due to Environmental Policies and Growing Regulations Regarding the Emission of VOCS
10.4.2 UK
10.4.2.1 Economic Growth, Increase in Consumer Spending, Rising Competition Among Manufacturers, and Consumer Preference for Sustainable and Quality Products are Expected to Drive the Demand for Bioadhesives
10.4.3 France
10.4.3.1 The Country is One of the Global Leaders in the Railway, Automotive, Aerospace, Luxury Goods, and Cosmetic Industries
10.4.4 Russia
10.4.4.1 The Medical and Pharmaceutical Industries in the Country are Flourishing, Owing to Favorable Government Policies
10.4.5 Italy
10.4.5.1 The Current Debt Crisis Faced By Italy Could Pose A Potential Threat to the Country’s Economy as Well as the Bioadhesives Market
10.4.6 Turkey
10.4.6.1 The Bioadhesives Market in Turkey is Dominated By A Few Large and Regional Players; the Pricing and Formulation of Products By These Players Help Them Remain Competitive in the Market
10.4.7 Rest of Europe
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 The Hosting of Major Sporting Events, Such as the Fifa World Cup 2014 and the Summer Olympics 2016, By Brazil, has Driven the Demand for Bioadhesives, Owing to the Resulting Infrastructural Developments
10.5.2 Argentina
10.5.2.1 The Demand for Adhesives in Argentina is Expected to Grow, Owing to the Growing Population and Improving Economic Conditions in the Country
10.5.3 Rest of South America
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 Saudi Arabia
10.6.1.1 Since Bioadhesives Do Not Require Any Petroleum Or Oil-Based Raw Materials, the Industry is Expected to Remain Unaffected By Problems in the Oil Industry
10.6.2 UAE
10.6.2.1 Higher Employment Rates, Domestic Credit Growth, and Increasing Tourist Activities have Laid Down A Strong Foundation for Economic Activity in the Country, Even as the Real Estate Sector Faces Overhanging Supply
10.6.3 Qatar
10.6.3.1 Qatar has A Well-Developed Natural Gas & Petroleum Industry That Accounts for 60% of Gross Domestic Product (GDP), 70% of Total Government Revenue, and Approximately 85% of Export Earnings
10.6.4 South Africa
10.6.4.1 Investments have Significantly Boosted Various Industries, for Instance, Construction, in the Country, Which is Expected to Continue
10.6.5 Rest of Middle East & Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 119)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Strength of Product Portfolio
11.4 Business Strategy Excellence
11.5 Market Ranking Analysis
11.6 Competitive Scenario
11.6.1 Merger & Acquisition
11.6.2 Investment & Expansion
12 Company Profiles (Page No. – 127)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis)*
12.1 Henkel AG & Company, KGaA
12.2 Dupont De Nemours, Inc
12.3 Ashland Global Holdings Inc.
12.4 Ecosynthetix Inc.
12.5 Paramelt BV
12.6 Arkema S.A.
12.7 Danimer Scientific LLC
12.8 The Compound Company (Yparex)
12.9 Cryolife Inc.
12.10 Jowat SE
12.11 Kollodis Biosciences, Inc.
12.12 Beardow Adams Group
12.13 Tate & Lyle
12.14 L.D. Davis Industries, Inc.
12.15 Ingredion Incorporated
12.16 Weiss Chemie + Technik GmbH & Co. Kg
12.17 Premier Starch Products Pvt. Ltd
12.18 Avebe U.A.
12.19 Wisdom Adhesives Worldwide
12.20 U.S. Adhesives Inc.
12.21 C.B. Adhesives Ltd
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 151)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】生体接着剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 3015
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
生体接着剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 膣炎(Vaginitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膣炎(Vaginitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膣炎(Vaginitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膣炎(Vaginitis)の概要 ・膣炎(Vaginitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膣炎(Vaginitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・膣炎(Vaginitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・膣炎(Vaginitis)治療薬開発に取り組んでい …
  • コネクテッドシップの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コネクテッドシップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(船舶航行管理、フリートオペレーション、フリートヘルスオペレーション)分析、設置タイプ別(オンボード、オンショア)分析、船舶タイプ別(民間、防衛)分析、フィット別(ラインフィット、レトロフィット)分析、コネクテッドシップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 末梢血管用ステントの世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • 末梢神経障害(感覚性ニューロパチー):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)の概要 ・末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • ステンレス鋼の鍛造品の世界市場の規模と予測:製品別(冷間/熱間鍛造品、鋳物、焼結部品)、用途別(建築・建設、工業、自動車、航空、消費財)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、ステンレス鋼の鍛造品の世界市場について調査・分析し、ステンレス鋼の鍛造品の世界市場動向、ステンレス鋼の鍛造品の世界市場規模、市場予測、セグメント別ステンレス鋼の鍛造品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セノスフェアの世界市場予測(~2022年):灰色セノスフェア、白色セノスフェア
    当調査レポートでは、セノスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、セノスフェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用航空機用水中ビーコンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用航空機用水中ビーコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用航空機用水中ビーコンの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 塗料用樹脂の世界市場:アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、PU樹脂、エポキシ樹脂、アミノ樹脂、UPR、SPR
    当調査レポートでは、塗料用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業部門におけるGNSS装置の世界市場2018-2022
    オートステアリングシステムの経済的利点により、GNSSベースのオートステアリングシステムへの需要が高まっています。GNSSベースのオートステアリングシステムは、視界不良による農業機械の排出量または繰り返し回数を確実に軽減するため、市場での需要が大きく増加しています。 GNSSベースのオートステアリングを使用することにより、農家は、農地での農業機械の最適なパフォーマンスを確保するために不可欠な地理座標を正確に決定することができます。さらに、GNSSベースのオートステアリングシステムは、どの機械装置においてもスタンドアロンシステムとしてインストールできるため、新しい完全一体型の機械を必要とせず、今後数年間でオートステアリングの需要が増加することにつながります。 Technavioのアナリストは、農業部門のGNSS装置の世界市場が2022年までに18%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Deere & Company、Hemisphere GNSS、HEXAGON、Septentrio、TOPCON、Trimbleなどです。 当調査レポートでは、農業部門におけるG …
  • 3Dプリンティング市場におけるM&A、投資、特許の見通し
  • 間欠式カテーテルの世界市場:製品別(非コーティングカテーテル、コーティングカテーテル)、適応症別(尿失禁、脊髄損傷、一般外科、その他)、カテゴリ別(女性向け、男性向け、子供向け)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、医療研究センター)
    本資料は、間欠式カテーテルの世界市場について調べ、間欠式カテーテルの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(非コーティングカテーテル、コーティングカテーテル)分析、カテゴリ別(女性向け、男性向け、子供向け)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、医療研究センター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・間欠式カテーテルの世界市場概要 ・間欠式カテーテルの世界市場環境 ・間欠式カテーテルの世界市場動向 ・間欠式カテーテルの世界市場規模 ・間欠式カテーテルの世界市場:市場シェア ・間欠式カテーテルの世界市場:製品別(非コーティングカテーテル、コーティングカテーテル) ・間欠式カテーテルの世界市場:適応症別(尿失禁、脊髄損傷、一般外科、その他) ・間欠式カテーテルの世界市場:カテゴリ別(女性向け、男性向け、子供向け) ・間欠式カテーテルの世界市場:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、医療研究センター) ・間欠式カテーテルの世界市場 …
  • スマートグリッド向けITシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートグリッド向けITシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッド向けITシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 量子ドットの世界市場予測(~2023年):QD医療機器、QD太陽電池、QD光検知器、QDセンサ、QDレーザー、QD照明、電池、エネルギー貯蔵システム、QDトランジスタ、QDタグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、量子ドットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(QD医療機器、QD太陽電池、QD光検知器、QDセンサ、QDレーザー、QD照明、電池、エネルギー貯蔵システム、QDトランジスタ、QDタグ)別分析、材料別分析、産業別分析、地域別分析、量子ドットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用コーティングの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用コーティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 航空宇宙用コーティング市場の概要 3. 航空宇宙用コーティング市場の概要 4. 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026 5. 要約 6. 航空宇宙用コーティングの世界市場2016-2026 7. 需要先産業別の航空宇宙用コーティング世界市場 8. 地域別の航空宇宙用コーティング世界市場2014-2026 9. 市場勢力図 10. 産業専門家の口述筆記 11. 企業概要 12. その他の重要なプレーヤー
  • 非極低温空気分離プラントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、非極低温空気分離プラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非極低温空気分離プラント市場規模、最終用途別(冶金、石油・ガス、化学薬品、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非極低温空気分離プラントの世界市場概要 ・非極低温空気分離プラントの世界市場環境 ・非極低温空気分離プラントの世界市場動向 ・非極低温空気分離プラントの世界市場規模 ・非極低温空気分離プラントの世界市場:業界構造分析 ・非極低温空気分離プラントの世界市場:最終用途別(冶金、石油・ガス、化学薬品、医療) ・非極低温空気分離プラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・非極低温空気分離プラントのアメリカ市場規模・予測 ・非極低温空気分離プラントのヨーロッパ市場規模・予測 ・非極低温空気分離プラントのアジア市場規模・予測 ・非極低温空気分離プラントの主要国分析 ・非極低温空気分離プラントの世界市場:意思決定フレームワーク ・非極低温空気分 …
  • リチウム化合物の世界市場:炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム金属、ブチルリチウム
    当調査レポートでは、リチウム化合物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、誘導体別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ローズオイルの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ローズオイルの世界市場について調べ、ローズオイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ローズオイルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型ローズオイル、オーガニックローズオイル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はローズオイル世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ローズオイルの市場状況 ・ローズオイルの市場規模 ・ローズオイルの市場予測 ・ローズオイルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型ローズオイル、オーガニックローズオイル) ・ローズオイルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 有機過酸化物の世界市場予測(~2022年):ジアシル、ケトン、過炭酸塩、ジアルキル、ヒドロペルオキシド、パーオキシケタール、ペルオキシエステル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、有機過酸化物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、有機過酸化物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イーコマース(電子商取引)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、イーコマース(電子商取引)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、イーコマース(電子商取引)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドデカン二酸の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ドデカン二酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ドデカン二酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はドデカン二酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BEYO Chemical、Cathay Industrial Biotech、Evonik Industries、UBE INDUSTRIES、Verdezyne等です。
  • 内視鏡の世界市場:製品別(軟性、使い捨て、硬性)、用途別(消化管、泌尿器、腹腔鏡検査)、最終用途別、セグメント予測
    内視鏡の世界市場は2025年には171億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加、胃腸疾患の蔓延、および技術の高度化が考えられます。また、低侵襲外科手術(MIS)に対する選好の高まりによっても、市場が成長していくと期待されています。本調査レポートでは、内視鏡の世界市場について調査・分析し、内視鏡の世界市場動向、内視鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別内視鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 要約 2. 二酸化炭素回収・貯留市場の概要 3. 二酸化炭素回収・貯留の世界市場予測 4. 二酸化炭素回収・貯留2次市場予測 5. 米国の二酸化炭素回収・貯留市場予測 6. 欧州の二酸化炭素回収・貯留市場予測 7. アフリカ・中東の二酸化炭素回収・貯留市場予測 8.アジア・オセアニアの二酸化炭素回収・貯留市場予測 9. 二酸化炭素回収・貯留市場のPEST分析 10. 専門家の意見 11. 二酸化炭素回収・貯留市場における主要企業 12. 結論 13. 用語集
  • イベント(行事)の世界市場:音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会、会議、企業イベント、セミナー
    当調査レポートでは、イベント(行事)の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会&会議、企業イベント&セミナー、その他)分析、収入源別(チケット販売、スポンサーシップ、その他)分析、主催者別(企業、スポーツ、教育、エンターテイメント、その他)分析、年齢グループ別(20歳未満、21〜40歳、41歳以上)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・イベント産業の世界市場:種類別(音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会&会議、企業イベント&セミナー、その他) ・イベント産業の世界市場:収入源別(チケット販売、スポンサーシップ、その他) ・イベント産業の世界市場:主催者別(企業、スポーツ、教育、エンターテイメント、その他) ・イベント産業の世界市場:年齢グループ別(20歳未満、21〜40歳、41歳以上) ・イベント産業の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界及び米国のエラスチン市場2017-2022
  • 農業用微量栄養素の世界市場予測(~2022年):亜鉛、ホウ素、銅、マンガン、モリブデン、鉄
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、農業用微量栄養素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別
    MarketsandMarkets社は、フローサイトメトリーの世界市場規模が2019年40億ドルから2025年64億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のフローサイトメトリー市場を広く調査・分析し、市場概要、技術別(セルベースフローサイトメトリー、ビーズベースフローサイトメトリー)分析、製品&サービス別(試薬&消耗品、フローサイトメトリー機器、サービス、ソフトウェア、アクセサリー)分析、用途別(研究用途、臨床用途、産業用途)分析、エンドユーザー別(学術研究所、病院および臨床検査研究所、製薬会社およびバイオテクノロジー会社)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベースフローサイトメトリー、ビーズベースフローサイトメトリー) ・世界のフローサイトメトリー市場:製品&サービス別(試薬&消耗品、フローサイトメトリー機器、サービス、ソフトウェア、アクセサリー) ・世界のフローサイトメトリー市場 …
  • 無菌包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無菌包装市場規模、製品別(複合材の缶、プラスチック製の缶、金属缶、ボトル・ジャー、バッグ・パウチ、カートンボックス、カップ・トレイ、その他)分析、材料別(紙、ガラス・木材、金属、プラスチック、その他)分析、エンドユーザー別(乳製品、医薬品、医療機器、小売、食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無菌包装の世界市場:市場動向分析 ・ 無菌包装の世界市場:競争要因分析 ・ 無菌包装の世界市場:製品別(複合材の缶、プラスチック製の缶、金属缶、ボトル・ジャー、バッグ・パウチ、カートンボックス、カップ・トレイ、その他) ・ 無菌包装の世界市場:材料別(紙、ガラス・木材、金属、プラスチック、その他) ・ 無菌包装の世界市場:エンドユーザー別(乳製品、医薬品、医療機器、小売、食品・飲料、その他) ・ 無菌包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 無菌包装の北米市場規模(ア …
  • アジア太平洋の美白製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の美白製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の美白製品市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カップとふた包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、カップとふた包装の世界市場について調査・分析し、カップとふた包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カップとふた包装の世界市場:市場動向分析 - カップとふた包装の世界市場:競争要因分析 - カップとふた包装の世界市場:材料別 ・プラスチック ・板紙 ・ホイル ・金属 - カップとふた包装の世界市場:製品の種類別 ・カップ ・ふた ・その他 - カップとふた包装の世界市場:用途別 ・熱い飲み物 ・ソフトドリンク - カップとふた包装の世界市場:主要地域別分析 - カップとふた包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - カップとふた包装のヨーロッパ市場規模 - カップとふた包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・カップとふた包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 高輝度LEDの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高輝度LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高輝度LEDの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水素化リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の水素化リチウム市場2016について調査・分析し、水素化リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓バイオマーカー検査の世界市場:種類別(心筋マッスルクレアチンキナーゼ、トロポニン、ミオグロビン、脳性ナトリウム利尿ペプチド、虚血修飾アルブミンなど)、用途別(心筋梗塞、うっ血性心不全、急性冠症候群、アテローム性動脈硬化症など)、検査場所別(ポイントオブケア検査、臨床検査)
    本資料は、心臓バイオマーカー検査の世界市場について調べ、心臓バイオマーカー検査の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(心筋マッスルクレアチンキナーゼ、トロポニン、ミオグロビン、脳性ナトリウム利尿ペプチド、虚血修飾アルブミンなど)分析、検査場所別(ポイントオブケア検査、臨床検査)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・心臓バイオマーカー検査の世界市場概要 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場環境 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場動向 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場規模 ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:市場シェア ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:種類別(心筋マッスルクレアチンキナーゼ、トロポニン、ミオグロビン、脳性ナトリウム利尿ペプチド、虚血修飾アルブミンなど) ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:用途別(心筋梗塞、うっ血性心不全、急性冠症候群、アテローム性動脈硬化症など) ・心臓バイオマーカー検査の世界市場:検査場所別(ポ …
  • 世界の硼酸塩鉱物市場2016
    本調査レポートでは、世界の硼酸塩鉱物市場2016について調査・分析し、硼酸塩鉱物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の八モリブデン酸アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の八モリブデン酸アンモニウム市場2016について調査・分析し、八モリブデン酸アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステヴィア成分および小売製品市場
  • 世界のボディコントゥーリング市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ボディコントゥーリングのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ボディコントゥーリングの概要 ・ボディコントゥーリングの開発動向:開発段階別分析 ・ボディコントゥーリングの開発動向:セグメント別分析 ・ボディコントゥーリングの開発動向:領域別分析 ・ボディコントゥーリングの開発動向:規制Path別分析 ・ボディコントゥーリングの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別ボディコントゥーリングの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・ボディコントゥーリングの最近動向
  • 民間航空機用バッテリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、民間航空機用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 原子力用発電機の世界市場2017-2021:PWR、WWER、PHWR
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、原子力用発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原子力用発電機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は原子力用発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAREVA、The State Atomic Energy Corporation ROSATOM、Toshiba、Mitsubishi Heavy Industries、Doosan等です。
  • パキスタンのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • バイオセンサーの世界市場分析:、用途別(医療用、食品毒性検出、工程制御、農業、環境)、技術別(熱バイオセンサー、電気化学バイオセンサー、圧電バイオセンサー、光学バイオセンサー)、エンドユーザー別(家庭用ヘルスケア診断、ポイントオブケア検査、食品産業、研究所)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、バイオセンサーの世界市場について調査・分析し、バイオセンサーの世界市場動向、バイオセンサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオセンサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 持続血糖測定装置の世界市場:コンポーネント別(センサ、トランスミッター・レシーバー、一体型インスリンポンプ)、人口統計別(子供(14歳以下)、大人(14歳超))、エンドユーザー別(診療所・診断センター、ICU、在宅ヘルスケア)
    本資料は、持続血糖測定装置の世界市場について調べ、持続血糖測定装置の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、コンポーネント別(センサ、トランスミッター・レシーバー、一体型インスリンポンプ)分析、エンドユーザー別(診療所・診断センター、ICU、在宅ヘルスケア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・持続血糖測定装置の世界市場概要 ・持続血糖測定装置の世界市場環境 ・持続血糖測定装置の世界市場動向 ・持続血糖測定装置の世界市場規模 ・持続血糖測定装置の世界市場:市場シェア ・持続血糖測定装置の世界市場:コンポーネント別(センサ、トランスミッター・レシーバー、一体型インスリンポンプ) ・持続血糖測定装置の世界市場:人口統計別(子供(14歳以下)、大人(14歳超)) ・持続血糖測定装置の世界市場:エンドユーザー別(診療所・診断センター、ICU、在宅ヘルスケア) ・持続血糖測定装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・持続血糖測定装置の北米市場規模・予測 …
  • ウォールデコの米国市場2017-2021:ウォールアート、額縁、掛け時計、タペストリ・ポスター・彫刻、壁面収納・棚・つり棚、装飾用壁掛け鏡、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ウォールデコの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウォールデコの米国市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はウォールデコの米国市場が2017-2021年期間中に年平均8.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bed Bath & Beyond、Home Depot、IKEA、Lowe's、Walmart、Target等です。
  • シリコンEPIウェーハの世界市場:種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー)、ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他)、用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス)、業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他)
    本市場調査レポートではシリコンEPIウェーハについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー)分析、ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他)分析、用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス)分析、業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・シリコンEPIウェーハの世界市場:種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別
    MarketsandMarkets社は、鉄道プラットフォームセキュリティの世界市場規模が2019年17億ドルから2024年23億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。本書は、世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、用途別(地下鉄、電車)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:用途別(地下鉄、電車) ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • スポーツ栄養の世界市場動向・予測:スポーツ食品、スポーツ飲料、スポーツサプリメント
  • 睡眠時無呼吸(Sleep Apnea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)の概要 ・睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 整形外科手術ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、整形外科手術ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科手術ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 月経カップのベトナム市場:再利用可能月経カップ、使い捨て月経カップ
  • 胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の概要 ・胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胎児性アルコール症候群(Fe …
  • 超高強度鋼の世界市場予測(~2022年):二相、複合相、多相、マルテンサイト、変態誘起塑性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、超高強度鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、超高強度鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"