"植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 4368)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Rise in demand for naturally produced feed additives and growing concern regarding animal health is projected to drive the growth of the global phytogenic feed additives market.”
The global phytogenic feed additives market size is projected to grow from USD 701 million in 2019 to USD 1,226 million by 2025, at a CAGR of 9.8% during the forecast period. Availability of new technologies, namely, encapsulated phytogenic feed additives, rise in demand for naturally produced feed additives, and growing restriction on the use of antibiotics drives the phytogenic feed additives industry. However, fluctuating prices of raw material are projected to hinder the growth of the market.

“The poultry segment, by livestock, is estimated to dominate the phytogenic feed additives market in 2019.”
Poultry is domesticated for the production of eggs and meat for consumption. Many factors impact the feed intake of poultry birds and significantly impact the nutritional well-being and efficiency of poultry production. The poultry segment accounted for the largest share in 2018, in terms of value. The dominance of poultry can be attributed to the higher demand for antibiotic growth promoter (AGP) replacers, especially in the US, China, and Brazil.

“The essential oils segment, by type, is projected to account for the largest share during the forecast period in the phytogenic feed additives market.”
Essential oils, which are sourced primarily from herbs & species, are preferred by most of the animal feed manufacturers and livestock producers. Thus, the segment is estimated to dominate the phytogenic feed additives industry in 2018. Also, the use of essential oils in the feed has increased significantly as a result of the ban on antibiotic growth promoters as feed additives in the European Union in 2006 and later in other countries. The major kinds of essential oils used for feed phytogenics are thyme oil, rosemary oil, origanum oil, onion oil, marjoram oil, hop oil, garlic oil, basil oil, and anise oil.

“Europe is projected to be the fastest-growing region in the phytogenic feed additives market.”
The ban on the use of antibiotics as a growth promoter primarily drives the European phytogenic feed additives industry. Furthermore, the stringent regulations imposed on synthetic feed additives boost the growth of the region in the coming years.
The presence of key phytogenic feed additive manufacturers such as Delacon Biotechnik GmbH (Austria), BIOMIN Holding GmbH (Austria), DOSTOFARM GmbH (Germany), Phytobiotics Futterzusatzstoffe GmbH (Germany), Pancosma (Switzerland), Phutosynthese (France), Silvateam S.p.A. (Italy), NOR-FEED (France), and IGUSOL S.A. (Spain) is also responsible for high growth of the region.
In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, feed additive manufacturers, and executives from various key organizations operating in the phytogenic feed additives market.

• By Designation: CXOs: 30%, Managers: 20%, and Others: 50%
• By Region: Asia Pacific: 25%, South America: 10%, North America: 15%, Europe: 40%, RoW: 10%

*Others include junior level employees
**RoW includes the Middle East and Africa.

The phytogenic feed additives market comprises major manufacturers such as Delacon Biotechnik GmbH (Austria), BIOMIN Holding GmbH (Austria), Cargill, Incorporated (US), and Natural Remedies (India). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the phytogenic feed additives industry, along with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage
The study covers the phytogenic feed additives market across various segments. It aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as type, livestock, source, function, form, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall phytogenic feed additives market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Opportunities in the Phytogenic Feed Additives Market
4.2 Phytogenic Feed Additives Market, By Type and Region, 2018
4.3 Asia Pacific: Phytogenic Feed Additives Market, By Livestock and Country, 2018
4.4 Phytogenic Feed Additives Market, By Form, 2018
4.5 Phytogenic Feed Additives Market, By Key Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Macro Indicators
5.2.1 Growth in Feed Production
5.2.2 Increase in Demand for Animal Products in Developing Countries
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Encapsulated Technology Enhances the Efficiency of Phytogenic Feed Additives
5.3.1.2 Rise in Demand for Naturally Produced Feed Additives as Alternatives to In-Feed Antibiotics
5.3.1.2.1 Ban on Antibiotics as Growth Promoters in Feed
5.3.1.2.2 Availability of Alternatives to Antibiotics
5.3.1.3 Growing Concerns Regarding Animal Health
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Cost of Active Ingredients Used in Phytogenic Feed Additives
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increased Popularity of Natural Solutions for Pet Food Nutrition
5.3.3.2 Strategic Growth Initiatives to Enter Untapped Markets
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Counterfeit Products in Developing Economies
5.3.4.2 Lack of Awareness About the Usage of Phytogenics in Under-Developed and Developing Nations
5.4 Regulatory Framework
5.4.1 China
5.4.2 European Union
5.4.3 Japan
5.4.4 South Africa
5.5 Value Chain Analysis
5.5.1 Pricing Analysis: Raw Material
5.5.1.1 Herbs & Spices
6 Phytogenic Feed Additives Market, By Type (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Essential Oils
6.2.1 Thyme and Oregano are the Major Sources of Essential Oils
6.3 Flavonoids
6.3.1 Flavonoids Help in Improving the Gut Health and Control Heat Stress in Livestock
6.4 Saponins
6.4.1 Saponins Improve Animal Performance By Suppressing Intestinal and Ruminal Ammonia Production
6.5 Oleoresins
6.5.1 Enhanced Flavor and Aromatic Ingredients in Phytogenic Feed Additives Increase the Palatability of Feed
6.6 Others
7 Phytogenic Feed Additives Market, By Livestock (Page No. – 56)
7.1 Macro Indicators
7.1.1 Increase in Livestock Population
7.2 Connected Market: Feed Additives
7.2.1 Increasing Growth in the Compound Feed Industry
7.2.1.1 Increasing Compound Feed Production
7.3 Introduction
7.4 Poultry
7.4.1 Poultry Segment Projected to Be the Largest Market During the Forecast Period
7.5 Swine
7.5.1 Increasing Pork Consumption to Present Growth Potential for Phytogenic Feed Additives
7.6 Ruminants
7.6.1 Phytogenic Feed Additives are Added to Cattle Diets to Ensure Optimum Production and Performance of Cattle
7.7 Aquatic Animals
7.7.1 High Growth in the Aquafeed Industry Presenting an Opportunity for the Growth of Phytogenic Feed Additives
7.8 Others
8 Phytogenic Feed Additives Market, By Source (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Herbs & Spices
8.2.1 The Highest Demand for Herbs & Spices as A Major Source of Essential Oils
8.3 Flowers
8.3.1 Flowers Segment Projected to Be the Second-Largest Segment During the Forecast Period
8.4 Fruits & Vegetables
8.4.1 Citrus Fruits are Largely Preferred as A Source of Phytogenic Feed Additives
9 Phytogenic Feed Additives Market, By Form (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Liquid
9.2.1 The Liquid Form of Phytogenic Feed Additives is Largely Preferred for Application in Ruminants and Poultry
9.3 Dry
9.3.1 The Free-Flowing Structure and Consistency of the Dry Form Make It More Preferable
10 Phytogenic Feed Additives Market, By Function (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Performance Enhancers
10.2.1 Livestock Producers Have A Major Focus on Performance Enhancers
10.3 Antimicrobial Properties
10.3.1 Restriction on Synthetic Agps to Boost the Use of Phytogenic Feed Additives
10.4 Palatability Enhancers
10.4.1 Enhanced Flavor and Aromatic Ingredients in Phytogenic Feed Additives to Increase the Adoption of Palatability Enhancers
10.5 Others
11 Phytogenic Feed Additives Market, By Region (Page No. – 83)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Demand for Quality Feed Products Driving the Demand for Phytogenic Feed Additives
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Efficient Regulations About Feed Safety and Quality Driving Market Growth
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Rising Export Demand for High-Quality Meat to Boost the Market for Phytogenic Feed Additives
11.3 Europe
11.3.1 Spain
11.3.1.1 Promotion of Natural Growth Promoters to Drive Market Growth for Phytogenic Feed Additives
11.3.2 Russia
11.3.2.1 Lenient Regulations Pertaining to the Usage of Antibiotics Could Hinder the Market Growth
11.3.3 Germany
11.3.3.1 Implementation of Advanced Technologies for the Production of Quality Feed has Led to the Usage of Phytogenic Feed Additives
11.3.4 France
11.3.4.1 Quality Concerns Pertaining to Disease Outbreaks Have Led to the Increased Adoption of Phytogenic Feed Additives
11.3.5 Italy
11.3.5.1 A Growing Need for Alternative Growth Promoters Propelling Market Growth for Phytogenics
11.3.6 UK
11.3.6.1 Intensive Farming Adoption has Led to Higher Usage of Phytogenic Feed Additives
11.3.7 Rest of Europe
11.3.7.1 Adoption of Natural Antimicrobials and Growth Promoters Drives the Market for Phytogenic Feed Additives
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Significant Meat Consumption in the Country Driving Market Growth
11.4.2 India
11.4.2.1 Greater Inclination Toward Natural Ingredients Propelling the Market for Phytogenic Feed Additives in the Country
11.4.3 Vietnam
11.4.3.1 High Imports of Live Cattle By the Country to Drive Market Growth for Phytogenic Feed Additives
11.4.4 Australia
11.4.4.1 Rise in Exports of Meat and Meat Products to Drive the Market
11.4.5 Japan
11.4.5.1 Improvement in Feed Quality and Palatability has Led to the Adoption of Phytogenic Feed Additives
11.4.6 Thailand
11.4.6.1 Thriving Poultry Industry to Propel the Market for Phytogenic Feed Additives
11.4.7 Rest of Asia Pacific
11.4.7.1 Commercialization of Livestock has Led to Greater Usage of Phytogenic Feed Additives
11.5 South America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 Replacement of Antimicrobials With Phytogenic Feed Additives to Propel Market Growth
11.5.2 Argentina
11.5.2.1 Increase in Meat Exports By the Country Driving the Usage of Phytogenic Feed Additives
11.5.3 Rest of South America
11.5.3.1 Lack of Awareness Toward the Usage of Phytogenic Feed Additives Hindering the Market Growth
11.6 Rest of the World
11.6.1 Middle East
11.6.1.1 Increase in Meat Consumption Driving Market Growth
11.6.2 Africa
11.6.2.1 Modernization of the Meat and Dairy Processing Industries to Promote the Adoption of Phytogenic Feed Additives
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Company Ranking
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Dynamic Differentiators
12.3.2 Innovators
12.3.3 Visionary Leaders
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Leadership Mapping (For Smes/Start-Ups)
12.4.1 Progressive Companies
12.4.2 Starting Blocks
12.4.3 Responsive Companies
12.4.4 Dynamic Companies
12.5 Competitive Scenario
12.5.1 New Product Launches
12.5.2 Expansions
12.5.3 Acquisitions
12.5.4 Agreements
13 Company Profiles (Page No. – 134)
13.1 Cargill, Incorporated
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and Right to Win)*
13.2 Delacon Biotechnik GmbH
13.3 BIOMIN Holding GmbH
13.4 Bluestar Adisseo Co., Ltd.
13.5 DowDuPont
13.6 Kemin Industries, Inc.
13.7 Dostofarm GmbH
13.8 Phytobiotics Futterzusatzstoffe GmbH
13.9 Pancosma
13.10 Phytosynthese
13.11 Synthite Industries Ltd.
13.12 Silvateam S.P.A
13.13 Natural Remedies
13.14 Ayurvet Limited
13.15 Growell India
13.16 Indian Herbs
13.17 Nutrex Be
13.18 Nor-Feed
13.19 Igusol S.A
13.20 Himalaya Wellness
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and Right to Win Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 161)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 4368
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車電子制御ユニット管理(ECU/ECM)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車電子制御ユニット管理 (ECU/ECM) の世界市場について調査・分析し、自動車電子制御ユニット管理 (ECU/ECM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ソーラー街路灯の世界市場2016-2020:LED、CFL
    当調査レポートでは、ソーラー街路灯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー街路灯の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 後処理プロセスの世界市場予測(~2021):クロマトグラフィーカラム・樹脂、フィルター、シングルユース
    当調査レポートでは、後処理プロセスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、後処理プロセスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LNG(液化天然ガス)年報2016:LNGインフラガイド
    当調査レポートでは、世界のLNG(液化天然ガス)市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. LNGインフラ市場の概要 3. LNGの世界市場 4. 大規模陸上LNGの世界市場 5. LNG船の世界市場 6. FLNGの世界市場 7. 小規模LNGの世界市場 8. オーストラレーシアのLNG市場 2016-2026 9. 北米およびカリブ海のLNG市場 2016-2026 10. アジアのLNG市場 2016-2026 11. 東南アジアのLNG市場 2016-2026 12. 欧州のLNG市場 2016-2026 13. 中東のLNG市場 2016-2026 14. アフリカのLNG市場 2016-2026 15. 南米のLNG市場 2016-2026 16. LNGインフラ市場のPEST分析 17. 専門家の意見 18. LNGインフラ市場における主要企業 19 LNG船市場における主要企業 20 FLNG市場における主要企業 21. 小規模LNG市場における主要企業 22. 結論および推奨事項 23. 用語集
  • 肉の代用品の世界市場:製品別(豆腐、セイタン、テンペ、クォーン)、原材料別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン)、セグメント予測
    肉の代用品の世界市場は2022年には58億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、健康意識の高まりに伴うビーガンの嗜好の高まりが考えられます。本調査レポートでは、肉の代用品の世界市場について調査・分析し、肉の代用品の世界市場動向、肉の代用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別肉の代用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IBS-C薬のアジア太平洋市場
  • 世界のシャワートロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のシャワートロリー市場2016について調査・分析し、シャワートロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ネパールの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 工業用アルコールの世界市場予測(~2022年):エチルアルコール、メチルアルコール、イソプロピルアルコール、イソブチルアルコール、ベンジルアルコール
    当調査レポートでは、工業用アルコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、工業用アルコールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドゲームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リン酸エステルの世界市場予測(~2022年):トリアリール・リン酸塩エステル、トリアルキル・リン酸塩エステル、アルキル・アリール・リン酸塩エステル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リン酸エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、リン酸エステルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の発酵用化学薬品市場予測2015-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋の発酵用化学薬品市場について調査・分析し、アジア太平洋の発酵用化学薬品市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ゴーシェ病(Gaucher’s Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ゴーシェ病(Gaucher's Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のゴーシェ病(Gaucher's Disease)治療薬剤
  • 生体認証技術の世界市場:最終用途別(政府、銀行・金融、輸送・物流、防衛・セキュリティ)、用途別(AFIS、虹彩、非AFIS)、セグメント予測
    生体認証技術の世界市場は2025年には593億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率19.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまなアプリケーションにおける生体認証技術に対する需要の高まりが考えられます。生体認証技術は、セキュリティ上の脅威に対処するために、公共、民間、商業といったさまざまな業界で採用されています。このことからも、予測期間にわたってこの市場が成長していくものと予想されます。本調査レポートでは、生体認証技術の世界市場について調査・分析し、生体認証技術の世界市場動向、生体認証技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別生体認証技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 発泡性防炎塗料の世界市場分析:技術別(水ベース、溶媒ベース、エポキシベース)、用途別(炭化水素、セルロース)、エンドユーザー別(建設、石油・ガス、自動車)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、発泡性防炎塗料の世界市場について調査・分析し、発泡性防炎塗料の世界市場動向、発泡性防炎塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別発泡性防炎塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用シーブ・プーリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用シーブ・プーリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用シーブ・プーリー市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、産業機械、農業機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場概要 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場環境 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場動向 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場規模 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場:業界構造分析 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、産業機械、農業機械) ・産業用シーブ・プーリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用シーブ・プーリーのアメリカ市場規模・予測 ・産業用シーブ・プーリーのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用シーブ・プーリーのアジア市場規模・予測 ・産業用シーブ・プーリーの主要国分析 ・産業用シーブ・プーリーの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用シーブ・プーリーの世界市 …
  • 世界の白色セメント市場2015
    本調査レポートでは、世界の白色セメント市場2015について調査・分析し、白色セメントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用半導体の世界市場:プロセッサー、アナログIC、ディスクリートパワーデバイス、センサー、メモリー
    当調査レポートでは、自動車用半導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成品別分析、車両種類別分析、燃料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤の概要 ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のデオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 長鎖ジカルボン酸の世界市場分析:用途別(ナイロン・その他のポリアミド、粉体塗料、潤滑剤、接着剤、医薬品、腐食防止剤)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、長鎖ジカルボン酸の世界市場について調査・分析し、長鎖ジカルボン酸の世界市場動向、長鎖ジカルボン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別長鎖ジカルボン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の高分子エマルジョン市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子エマルジョン市場2015について調査・分析し、高分子エマルジョンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オフィス用・コンタクトセンター用ヘッドセットの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、オフィス用・コンタクトセンター用ヘッドセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフィス用・コンタクトセンター用ヘッドセットの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオフィス用・コンタクトセンター用ヘッドセットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Jabra、Logitech、Plantronics、Sennheiser等です。
  • 世界の航空・防衛産業におけるサイバーセキュリティ市場
    当調査レポートでは、世界の航空・防衛産業におけるサイバーセキュリティ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート照明の世界市場予測(~2022年):スマート電球、照明器具、照明制御
    当調査レポートでは、スマート照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、光源別分析、通信技術別分析、用途別分析、スマート照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC検査の世界市場予測(~2024年)
    OTC検査の世界市場は、2018年の119億米ドルから2024年には222億米ドルに達し、この期間中11.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。糖尿病は世界中で蔓延している疾患であり、OTC検査の需要に大きく貢献しています。 感染症も迅速かつ効果的な検査が必要です。 これら用途の検査の必要性は、OTC検査の開発と提供に対する政府の支援を増大させています。一方で、血糖値のセルフモニタリング/従来の血糖値モニタリングシステムやコレステロールモニタリングの侵襲的な計測法は、市場の成長に影響を与える可能性があります。当調査レポートでは、OTC検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(血糖モニタリング検査、コレステロールモニタリング検査、感染症検査、便潜血検査、尿検査、薬物乱用検査)分析、技術別(イムノアッセイ、ラテラルフローアッセイ)分析、OTC検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スタート・ストップバッテリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スタート・ストップバッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スタート・ストップバッテリー市場規模、技術別(鉛酸電池、リチウムイオン電池)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場概要 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場環境 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場動向 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場規模 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場:業界構造分析 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場:技術別(鉛酸電池、リチウムイオン電池) ・スタート・ストップバッテリーの世界市場:用途別 ・スタート・ストップバッテリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スタート・ストップバッテリーの北米市場規模・予測 ・スタート・ストップバッテリーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スタート・ストップバッテリーのアジア太平洋市場規模・予測 ・スタート …
  • 獣医用CTスキャナーの世界市場予測(~2022年):多層CTスキャナー、ポータブルCTスキャナー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、獣医用CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、動物別分析、用途別分析、需要先別分析、獣医用CTスキャナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler’s Disease)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))のフェーズ3治験薬の状況 ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))治療薬の市場規模(販売予測) ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))のフェーズ3治 …
  • 熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場:用途別(テレコム用光ファイバー、医療・ヘルスケア、マイクロドライブシステム・コントロール、自動車産業、その他)、地域別予測
    本資料は、熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場について調べ、熱可塑性樹脂の微細成形の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(テレコム用光ファイバー、医療・ヘルスケア、マイクロドライブシステム・コントロール、自動車産業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場概要 ・熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場環境 ・熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場動向 ・熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場規模 ・熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場規模:用途別(テレコム用光ファイバー、医療・ヘルスケア、マイクロドライブシステム・コントロール、自動車産業、その他) ・熱可塑性樹脂の微細成形の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱可塑性樹脂の微細成形の北米市場規模・予測 ・熱可塑性樹脂の微細成形のアメリカ市場規模・予測 ・熱可塑性樹脂の微細成形のヨーロッパ市場規模・予測 ・熱可塑性樹脂の微細成形のアジア市場規模・予測 ・熱可塑性樹脂の微細成形の日本市 …
  • 3Dプリンティングサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、3Dプリンティングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、3Dプリンティングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 3Dプリンティング技術は2016年以降、市場での成長が安定してきています。多くの企業が様々な用途において、正確性を向上させ、原材料の使用を最適化するために、3Dプリンティング技術を採用しています。Technavio社は3Dプリンティングサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均43.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3D Systems• Arcam• ExOne• Stratasys等です。
  • 世界のマイクロピペット市場2016
    本調査レポートでは、世界のマイクロピペット市場2016について調査・分析し、マイクロピペットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防蚊剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防蚊剤の世界市場について調査・分析し、防蚊剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防蚊剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、防蚊剤種類別分析(渦巻き型、ベーパライザ型、マット型、エアゾール型、クリーム型)、防蚊剤用途別分析(一般用、特別用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防蚊剤の市場概観 ・防蚊剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防蚊剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防蚊剤の世界市場規模 ・防蚊剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防蚊剤のアメリカ市場規模推移 ・防蚊剤のカナダ市場規模推移 ・防蚊剤のメキシコ市場規模推移 ・防蚊剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防蚊剤のドイツ市場規模推移 ・防蚊剤のイギリス市場規模推移 ・防蚊剤のロシア市場規模推移 ・防蚊剤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・防蚊剤の日本市場規模推移 ・防蚊剤の中国市場規模推移 ・防蚊剤の韓国市 …
  • 倉庫用車両の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、倉庫用車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫用車両の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は倉庫用車両の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Crown、Jungheinrich、KION GROUP、Toyota等です。
  • ハンドブレンダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハンドブレンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンドブレンダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(ファイアウォール、アンチウイルス/アンチマルウェア、およびSWG)およびサービス(プロフェッショナルサービスおよびマネージドサービス))分析、展開モード別分析、組織規模別分析、業種別分析、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場規模が2019年135億ドルから2024年228億ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。
  • 世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)
    MarketsandMarkets社は、脳モニタリングの世界市場規模が2019年87億ドルから2024年116億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本書は、世界の脳モニタリング市場について調査・分析し、市場概要、製品別(デバイス、アクセサリー)分析、病状別(外傷性脳損傷、脳卒中、認知症、頭痛障害、睡眠障害、パーキンソン病、てんかん、ハンチントン病、その他の病気)分析、エンドユーザー別(病院、神経センター、外来手術センター(ASCS)&クリニック、診断センター、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、アクセサリー) ・世界の脳モニタリング市場:病状別(外傷性脳損傷、脳卒中、認知症、頭痛障害、睡眠障害、パーキンソン病、てんかん、ハンチントン病、その他の病気) ・世界の脳モニタリング市場:エンドユーザー別(病院、神経センター、外来手術センター(ASCS)&クリニック、診断センター、その他) ・世界の脳モニタリン …
  • ポーランドのポリプロピレン市場(~2019)
  • ベーマイトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベーマイトの世界市場について調査・分析し、ベーマイトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベーマイトシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベーマイト種類別分析(0
  • 世界のブレーキキャリパー市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキキャリパー市場2016について調査・分析し、ブレーキキャリパーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用OEタイヤの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEタイヤの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEタイヤの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 半導体マイクロ部品の世界市場2017-2021:マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、DSP
    当調査レポートでは、半導体マイクロ部品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体マイクロ部品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソホロン市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソホロン市場2016について調査・分析し、イソホロンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石炭鉱業の世界市場(~2020)
  • アメリカの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 世界の自動車インタークーラー市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車インタークーラー市場2015について調査・分析し、自動車インタークーラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯電話用アクセサリーの世界市場:バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケース
    当調査レポートでは、携帯電話用アクセサリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケースなど)分析、流通チャンネル(オンライン、オフライン)分析、価格帯別(プレミアム、ミッド、ロー)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:製品種類別(バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケースなど) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:流通チャンネル(オンライン、オフライン) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:価格帯別(プレミアム、ミッド、ロー) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:地域別 ・企業動向
  • ヘルスケアITソリューションの世界市場:生涯健康医療電子記録(EHR)、画像保存通信システム(PACS)、相互運用、ヘルスケア分析、遠隔医療、CRM
  • 合法的傍受の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、合法的傍受の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、合法的傍受市場規模、用途別(サービス、デバイス、通信コンテンツ、ネットワーク技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・合法的傍受の世界市場概要 ・合法的傍受の世界市場環境 ・合法的傍受の世界市場動向 ・合法的傍受の世界市場規模 ・合法的傍受の世界市場:業界構造分析 ・合法的傍受の世界市場:用途別(サービス、デバイス、通信コンテンツ、ネットワーク技術) ・合法的傍受の世界市場:地域別市場規模・分析 ・合法的傍受の北米市場規模・予測 ・合法的傍受のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・合法的傍受のアジア太平洋市場規模・予測 ・合法的傍受の主要国分析 ・合法的傍受の世界市場:成長要因、課題 ・合法的傍受の世界市場:競争環境 ・合法的傍受の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 眼科用医薬品の世界市場
    本調査レポートでは、眼科用医薬品の世界市場について調査・分析し、眼科用医薬品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 農業用フィルムの世界市場
    当調査レポートでは、農業用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用フィルムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"