"チャットボットの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4647)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"チャットボットの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global chatbot market size to grow at a CAGR of 29.7% during the forecast period
The chatbot market size is projected to grow from USD 2.6 billion in 2019 to USD 9.4 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 29.7% during the forecast period. The chatbot market is driven by factors, such as advancement in technology coupled with rising customer demands for self-services and 24*7 customer assistance at lower operational costs. However, lack of awareness about the the outcomes of the use of chatbot technology with various applications to retrict thre growth of the chatbot market..

Services segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
The chatbot market by component is segmented into solutions and services. The services segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The services considered in the report are managed services and professional services. The growth of this segment can be attributed to the increasing deployment of chatbot software and platforms, which leads to the increasing the demand for pre- and post-deployment services, as these solutions require training due to technical complexities.

Retail and eCommerce vertical to grow at the highest CAGR during the forecast period
The chatbot market by vertical has been segmented into Banking, Financial Services and Insurance (BFSI), media and entertainment, retail and eCommerce, travel and hospitality, telecom, healthcare and life sciences, and others. The retail and eCommerce segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, owing to the increasing demand to provide customers with seamless omnichannel experience and turn them into regular cutomers.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors, such as flexible economic conditions, industrialization- and globalization-motivated policies of the governments, as well as expanding digitalization, would support the growth of the chatbot market in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the chatbot market.
 By Company: Tier I: 38%, Tier II: 41%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level Executives: 65%, Directors: 20%, and Others: 15%
 By Region: North America: 45%, APAC: 30%, Europe: 15%, MEA: 5%, and Latin America: 5%
The report includes the study of key players offering chatbot solutions and services. It profiles major vendors in the global chatbot market. Major vendors in the chatbot market are IBM Corporation (US), Nuance Communications (US), Google (US), Amazon Web Services (US), Artificial Solutions (Spain), Inbenta Technologies (US), [24]7.ai (US), Chatfuel (US),Avio (Argentina), Botsify (Pakistan), Passage AI (US), Kore.ai (US), KeyReply (Singapore), SmartBots (US), Contus (India), Yellow Messenger (India), CogniCor (US), Conversica (US), Gupshup (US), Kevit (India), and Yekaliva (India). It further includes an in-depth competitive analysis of key players in the chatbot market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the chatbot market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as component, deployment mode, organization size, technology, usage, application, vertical, and region. The study further includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall chatbot market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"チャットボットの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Chatbot Market
4.2 Market By Application
4.3 Market Top 3 Verticals and Regions
4.4 Market By Region
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advancement in Technology Coupled With Rising Customer Demand for Self-Services
5.2.1.2 24*7 Customer Assistance at a Lower Operational Cost
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Inability to Recognize Customer Intent and Respond Effectively
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Initiatives Toward Development of Self-Learning Chatbots to Deliver a More Humanlike Conversational Experience
5.2.3.2 Growing use of Chatbots Among Major Industries
5.2.3.3 Increasing Focus on Customer Engagement Through Various Channels
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness About the Effect of Chatbot Technology on Various Applications
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.3.4 Use Case: Scenario 4
5.3.5 Use Case: Scenario 5
5.3.6 Use Case: Scenario 6
5.3.7 Use Case: Scenario 7
5.3.8 Use Case: Scenario 8
5.3.9 Use Case: Scenario 9
5.3.10 Use Case: Scenario 10
5.3.11 Use Case: Scenario 11
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.4.3 Payment Card Industry Data Security Standard
5.4.4 Financial Industry Regulatory Authority
5.4.5 Service Organizational Control 2
5.4.6 Markets in Financial Instruments Directive II
6 Chatbot Market, By Component (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Platform
6.2.1.1 Chatbot Platforms Help Understand the Conversational Data of Intelligent Digital Assistants
6.2.2 Software
6.2.2.1 Growth of AI and ML Technologies to Drive the Demand for Chatbot Software
6.3 Services
6.3.1 Managed Services
6.3.1.1 Increasing Need to Monitor and Maintain Tool Operations and Reduce Overhead Costs Driving the Demand for Managed Services
6.3.2 Professional Services
6.3.2.1 Growing use of AI and Analytics for Consulting, Deployment, and Support and Maintenance Services to Increase Adoption of Professional Services
7 Chatbot Market, By Technology (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Machine Learning and Deep Learning
7.2.1 Need for Automating Communication to Deliver Seamless Personalized Customer Experience
7.3 Natural Language Processing
7.3.1 Natural Language Processing Offers Self-Service Assistance to Provide Efficiency, Flexibility, and Customer Satisfaction
7.4 Automated Speech Recognition
7.4.1 Growing Need to Recognize Human Voice for Effective Handling of Queries
8 Chatbot Market, By Deployment Model (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Data Privacy and Security to Accelerate Adoption of On-Premises Chatbot Solutions
8.3 Cloud
8.3.1 Adoption of Cloud-Based Deployment Model for Chatbot Solutions to Rise in Future
9 Chatbot Market, By Usage (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Websites
9.2.1 Web-Based Chatbots Help Up-Sell and Cross-Sell Products and Services to Drive Additional Revenue
9.3 Contact Centers
9.3.1 Chatbots Improve Customer Experience and Loyalty, Operational Metrics, and Multiple Interaction Channels in Contact Centers
9.4 Social Media
9.4.1 Integration of Chatbots With Social Media Network Platforms Empowers Organizations to Deliver Faster and Personalized Experience to Clients
9.5 Mobile Platform
9.5.1 Chatbots in Mobile Platform Offer Better User Interface and Experience, 24/7 Assistance, and Interactive Experience in Human Language
10 Chatbot Market, By Organization Size (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Large Enterprises
10.2.1 Ability to Handle Queries in Multiple Languages to Increase Adoption of Chatbots Among Large Enterprises
10.3 Small and Medium-Sized Enterprises
10.3.1 Capability to Reduce Time Spent in Repetitive Tasks to Accelerate Adoption of Chatbots
11 Chatbot Market, By Application (Page No. – 74)
11.1 Introduction
11.2 Customer Support
11.2.1 Increasing Organizational Focus Toward Rapid Response to Customer Queries to Pave the Way for Chatbot Adoption Among Various Industry Verticals
11.3 Personal Assistant
11.3.1 Personal Assistants to Become Crucial to Support Basic Applications
11.4 Branding and Advertisement
11.4.1 Increasing Need to Create Brand Awareness to Drive Adoption of Chatbot Solutions
11.5 Customer Engagement and Retention
11.5.1 Growing Need to Deliver Personalized Experience Throughout Customer Journey to Drive Adoption of Customer Engagement and Retention Application
11.6 Data Privacy and Compliance
11.6.1 Need for Safeguarding Customer Data to Create Demand for Compliance Tools
11.7 On-Boarding and Employee Engagement
11.7.1 Use of Chatbots to Enhance Efficiency of Hr Business Function to Drive Adoption of On-Boarding and Employee Engagement Application
11.8 Others
12 Chatbot Market, By Vertical (Page No. – 83)
12.1 Introduction
12.2 Banking, Financial Services, and Insurance
12.2.1 Technologies Such as AI and ML to Provide Banking and Financial Industry a Platform for Extended Customer Engagement
12.3 Retail and Ecommerce
12.3.1 Chatbots’ Growing use for Retaining Customers, Collecting Feedback, and Driving Sales to Drive Their Adoption in Retail and Ecommerce Vertical
12.4 Healthcare
12.4.1 Chatbots Enable Medical Professionals to Manage Patient Data and Medication, Help During Emergencies, and Provide First AId
12.5 Travel and Hospitality
12.5.1 Chatbots Enable Enhanced Guest or Passenger Services in Travel and Hospitality Vertical
12.6 Media and Entertainment
12.6.1 Multiple Industry-Driven Chatbot Initiatives of Governments to Drive Adoption of Chatbot Solutions in Media and Entertainment Vertical
12.7 Telecommunications
12.7.1 AI-Enabled Chatbots Would Help Improve Contact Center Effectiveness and Increase Roi in the Telecommunications Vertical
12.8 Others
13 Chatbot Market, By Region (Page No. – 92)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 United States
13.2.1.1 Growing Integration of AI- and ML-Based Solutions With Chatbots to Enhance Customer Experience Driving Their Demand in the US
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Increase in AI Research Activities and Industry Collaborations to Boost the Adoption of Chatbots in Canada
13.3 Europe
13.3.1 United Kingdom
13.3.1.1 Government Support in Terms of Investments and Initiatives to Fuel the Adoption of Chatbots in the UK
13.3.2 Germany
13.3.2.1 Increasing Adoption of Chatbot Solutions Across Major Verticals to Drive the Market Growth in Germany
13.3.3 France
13.3.3.1 Focus on R&D and Heavy Investments From the Government and Investors to Drive the Growth of Market in France
13.3.4 Rest of Europe
13.4 Asia Pacific
13.4.1 China
13.4.1.1 Increasing Investments in the AI Landscape to Drive the Adoption of Chatbot Solutions in China
13.4.2 Japan
13.4.2.1 Rising Intelligent Virtual Agents in the Telecom Vertical to Fuel Adoption of Chatbot Solutions in Japan
13.4.3 India
13.4.3.1 Increase in Investments Among Startups and Push From the Government to Boost the Growth of Chatbot Market in India
13.4.4 Singapore
13.4.4.1 Growing Deployment By Government as Well as Private Organizations to Boost the Growth of Market in Singapore
13.4.5 Rest of Asia Pacific
13.5 Middle East and Africa
13.5.1 Middle East
13.5.1.1 Government Initiatives and the Growth of AI-Based Startups to Drive the Growth of Chatbot Market in the Middle East
13.5.2 Africa
13.5.2.1 Growing Need to Enhance Customer Service to Drive the Adoption of Chatbots in Africa
13.6 Latin America
13.6.1 Brazil
13.6.1.1 Emerging Startups in Brazil to Drive the Growth of Market
13.6.2 Mexico
13.6.2.1 Growing Demand for AI-Based Technologies to Fuel the Adoption of Chatbot Solutions in Mexico
13.6.3 Rest of Latin America
14 Competitive Landscape (Page No. – 149)
14.1 Introduction
14.2 Competitive Leadership Mapping
14.2.1 Visionary Leaders
14.2.2 Innovators
14.2.3 Dynamic Differentiators
14.2.4 Emerging Companies
14.3 Strength of Product Portfolio
14.4 Business Strategy Excellence
15 Company Profiles (Page No. – 153)
15.1 Introduction
(Business Overview, Platforms, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
15.2 IBM
15.3 Nuance Communications
15.4 Google
15.5 AWS
15.6 Artificial Solutions
15.7 Inbenta Technologies
15.8 [24]7.ai
15.9 Chatfuel
15.10 AIVO
15.11 Botsify
15.12 Passage AI
15.13 Kore.AI
15.14 KeyReply
15.15 SmartBots.AI
15.16 Contus
15.17 Yellow Messenger
15.18 CogniCor Technologies
15.19 Conversica
15.20 Gupshup
15.21 Kevit
15.22 Yekaliva
*Details on Business Overview, Platforms, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 184)
16.1 Industry Excerpts
16.2 Discussion Guide
16.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.4 Available Customizations
16.5 Related Reports
16.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】チャットボットの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4647
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
チャットボットの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 授乳用品の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、授乳用品の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、授乳用品の米国市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は授乳用品の米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ameda、Lansinoh、Medela、Philips AVENT、Pigeon Corporation等です。
  • 成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)の概要 ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成長ホルモン欠乏症 …
  • 電気絶縁体の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気絶縁体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気絶縁体の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 倉庫用ドラム・バレルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、倉庫用ドラム・バレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫用ドラム・バレルの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカーの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ミリ波(MMW)技術の世界市場分析:製品別(通信機器、イメージング・スキャニング、レーダー・衛星通信システム)、コンポーネント別、用途別、周波数帯別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ミリ波(MMW)技術の世界市場について調査・分析し、ミリ波(MMW)技術の世界市場動向、ミリ波(MMW)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別ミリ波(MMW)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 漁網・水産養殖用網の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、漁網・水産養殖用網の世界市場について調査・分析し、漁網・水産養殖用網の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別漁網・水産養殖用網シェア、市場規模推移、市場規模予測、漁網・水産養殖用網種類別分析(漁網、水産養殖用網)、漁網・水産養殖用網用途別分析(個人用途、商業用用途)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・漁網・水産養殖用網の市場概観 ・漁網・水産養殖用網のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・漁網・水産養殖用網のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・漁網・水産養殖用網の世界市場規模 ・漁網・水産養殖用網の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・漁網・水産養殖用網のアメリカ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のカナダ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のメキシコ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・漁網・水産養殖用網のドイツ市場規模推移 ・漁網・水産養殖用網のイギリス市場規模推移 ・漁網・水産養 …
  • タイのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • CCR9阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR9阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR9阻害薬の概要 ・CCR9阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR9阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR9阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR9阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 作動液の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、作動液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、作動液市場規模、用途別(建設機械、輸送機械、農業機械、鉱山機械、石油・ガス機械、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BP, Chevron, China Petroleum and Chemical, Exxon Mobil, Shell International, Totalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・作動液の世界市場概要 ・作動液の世界市場環境 ・作動液の世界市場動向 ・作動液の世界市場規模 ・作動液の世界市場:業界構造分析 ・作動液の世界市場:用途別(建設機械、輸送機械、農業機械、鉱山機械、石油・ガス機械、その他) ・作動液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・作動液の北米市場規模・予測 ・作動液のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・作動液のアジア太平洋市場規模・予測 ・作動液の主要国分析 ・作動液の世界市場:意思決定フレームワーク ・作動液 …
  • 潤滑剤包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、潤滑剤包装の世界市場について調査・分析し、潤滑剤包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 潤滑剤包装の世界市場:市場動向分析 - 潤滑剤包装の世界市場:競争要因分析 - 潤滑剤包装の世界市場:潤滑剤別 エンジンオイル ギアオイル 一般産業オイル グリース 金属作業溶液 加工オイル トランスミッション、水力/油圧溶液 - 潤滑剤包装の世界市場:包装種類別 箱詰バッグ 瓶 缶 ドラム缶 中間サイズ束詰め たる バケツ 直立袋 チューブ - 潤滑剤包装の世界市場:材料別 ポリスチレンテレファタレート(PET) 塩化ポリビニール (PVC) ポリアミド(PA) ポリプロピレン(PP) ポリスチレン(PS) 金属 鋼鉄 ブリキ プラスチック - 潤滑剤包装の世界市場:エンドユーザー別 自動車 化学物質 機械産業 金属産業 石油及びガス 発電 その他のエンドユーザー - 潤滑剤包装の世界市場:主要地域別分析 - 潤滑剤包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 潤滑剤包装のヨーロッパ市場規模 - …
  • 世界のミックスト・シグナルSoC市場2015
    本調査レポートでは、世界のミックスト・シグナルSoC市場2015について調査・分析し、ミックスト・シグナルSoCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電池材料の世界市場:電池種類別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他)、材料別、用途別、地域別予測
    本資料は、電池材料の世界市場について調べ、電池材料の世界規模、市場動向、市場環境、電池種類別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他)分析、材料別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電池材料の世界市場概要 ・電池材料の世界市場環境 ・電池材料の世界市場動向 ・電池材料の世界市場規模 ・電池材料の世界市場規模:電池種類別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他) ・電池材料の世界市場規模:材料別 ・電池材料の世界市場規模:用途別 ・電池材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電池材料の北米市場規模・予測 ・電池材料のアメリカ市場規模・予測 ・電池材料のヨーロッパ市場規模・予測 ・電池材料のアジア市場規模・予測 ・電池材料の日本市場規模・予測 ・電池材料の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • エンベデッド・アナリティクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、エンベデッド・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:ビジネス用途別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:展開モデル別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:分析ツール別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業アプリケーション統合の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業アプリケーション統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業アプリケーション統合の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パフォーマンスケミカルズ(特殊化学品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パフォーマンスケミカルズ(特殊化学品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、パフォーマンスケミカルズ(特殊化学品)の世界市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リモコンの世界市場
    当調査レポートでは、リモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモコンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の小売産業における在庫管理ソフトウェア市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の小売産業における在庫管理ソフトウェア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の小売産業における在庫管理ソフトウェア市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電波暗室の世界市場予測2019-2024
    「電波暗室の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、自由音場、半自由音場など、用途別には、Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。電波暗室のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・電波暗室の世界市場概要(サマリー) ・電波暗室の企業別販売量・売上 ・電波暗室の企業別市場シェア ・電波暗室の世界市場規模:種類別(自由音場、半自由音場) ・電波暗室の世界市場規模:用途別(Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Others) ・電波暗室の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・電波暗室のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・電波暗室の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、 …
  • オートバイ用ハンドルグリップの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用ハンドルグリップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用ハンドルグリップ市場規模、用途別(通勤用・中型(100cc-600cc)、大型(>600cc))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Harley-Davidson, Hero MotoCorp, Grab on Grips, KTM, UNO Mindaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場概要 ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場環境 ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場動向 ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場規模 ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場:用途別(通勤用・中型(100cc-600cc)、大型(>600cc)) ・オートバイ用ハンドルグリップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用ハンドルグリップの北米市場規 …
  • (男性用化粧品)アフターシェーブ・香水の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 同軸ケーブルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、同軸ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、同軸ケーブルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は同軸ケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBelden、General Cable、LS Cable & System、Nexans、Prysmian Group、Sumitomo Electric Industries等です。
  • 女性用避妊用具・避妊薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マウスウォッシュの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マウスウォッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マウスウォッシュの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場:製品の種類別(窓用・ポータブルエアコン、セパレート式ミニエアコン、パッケージ式エアコン、チラー、エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット、マルチ空調システム(可変冷媒流量制御))、地域別予測
    本資料は、暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場について調べ、暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界規模、市場動向、市場環境、製品の種類別(窓用・ポータブルエアコン、セパレート式ミニエアコン、パッケージ式エアコン、チラー、エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット、マルチ空調システム(可変冷媒流量制御))分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSamsung Electronics Co Ltd、Carrier、Johnson Controls International Plc、Lennox International Inc.、Daikin Industries Ltd.、Trane、LG Electronicsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場概要 ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場環境 ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場動向 ・暖房、換気、空調シス …
  • 冷凍果物・野菜の世界市場予測
  • メキシコの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • マイクログリッドの世界市場2018:市場規模・競争状況・主要国分析
  • 鉄筋の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、鉄筋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄筋の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉄筋の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ArcelorMittal、EVRAZ、Gerdau、Jiangsu Shagang、Nucor、Tata Steel等です。
  • 化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場について調査・分析し、化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別化粧品・香水用ガラスボトルシェア、市場規模推移、市場規模予測、化粧品・香水用ガラスボトル種類別分析(0-50ml、50-150ml、>150ml (150ML))、化粧品・香水用ガラスボトル用途別分析(化粧品用ガラスボトル、香水用ガラスボトル)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・化粧品・香水用ガラスボトルの市場概観 ・化粧品・香水用ガラスボトルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・化粧品・香水用ガラスボトルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場規模 ・化粧品・香水用ガラスボトルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・化粧品・香水用ガラスボトルのアメリカ市場規模推移 ・化粧品・香水用ガラスボトルのカナダ市場規模推移 ・化粧品・香水用ガラスボトルのメキシコ市場規模推移 ・化粧品・香水用ガラスボト …
  • 中圧ケーブル・付属品の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、中圧ケーブル・付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気生理学診断用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気生理学診断用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気生理学診断用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • モバイルロボットの世界市場:UGV(無人地上車両)、UAV(無人機)、UMV(無人艇)
    当調査レポートでは、モバイルロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルロボットの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるスギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)の概要 ・スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のスギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 有機リン及びカーバメート中毒:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における有機リン及びカーバメート中毒の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、有機リン及びカーバメート中毒治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・有機リン及びカーバメート中毒の概要 ・有機リン及びカーバメート中毒の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の有機リン及びカーバメート中毒治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・有機リン及びカーバメート中毒治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・有機リン及びカーバメート中毒治療薬開発 …
  • オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料加工用濾過膜の世界市場2017-2021:精密濾過法、逆浸透法、限外濾過法、ナノ濾過法、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品・飲料加工用濾過膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料加工用濾過膜の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品・飲料加工用濾過膜の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE、Koch Membrane Systems、The Dow Chemical Company、Toray Membrane等です。
  • アジア太平洋の産業用ロボット市場:マテリアルハンドリングロボット、組立ロボット、溶接ロボット、輸送ロボット、塗装ロボット、機械間ハンドリングロボット、検査ロボット
    当調査レポートでは、アジア太平洋の産業用ロボット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アジア太平洋の産業用ロボット市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ACレスポンス加速度計の世界市場予測2019-2024
    「ACレスポンス加速度計の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、1-アクシス、2-アクシス、3-アクシスなど、用途別には、Consumer Electronics、Automotive、Health Care、Aerospace and Defenseなどに区分してまとめた調査レポートです。ACレスポンス加速度計のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ACレスポンス加速度計の世界市場概要(サマリー) ・ACレスポンス加速度計の企業別販売量・売上 ・ACレスポンス加速度計の企業別市場シェア ・ACレスポンス加速度計の世界市場規模:種類別(1-アクシス、2-アクシス、3-アクシス) ・ACレスポンス加速度計の世界市場規模:用途別(Consumer Electronics、Automotive、Health Care、Aerospace and Defense) ・ACレスポンス加速度計の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メ …
  • 帯ひもの世界市場分析:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維、パラアラミド合成繊維、UHMWPE)、用途別(自動車および輸送、スポーツ用品、家具、軍用/防衛)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、帯ひもの世界市場について調査・分析し、帯ひもの世界市場動向、帯ひもの世界市場規模、市場予測、セグメント別帯ひも市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の圧力伝送器市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧力伝送器市場2015について調査・分析し、圧力伝送器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカーのインド市場
  • イノベーション管理の世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、イノベーション管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、サービス別分析、導入形態別分析、アプリケーション別分析、イノベーション管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 世界の産業用パネルPC市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用パネルPC市場2015について調査・分析し、産業用パネルPCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"