"AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7439)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“AR and VR display market projected to grow at 21.8% CAGR during 2019–2024.”
The AR and VR display market is expected to grow from USD 1.6 billion in 2019 to USD 4.4 billion by 2024, at a CAGR of 21.8% during the forecast period. Increasing adoption of AR and VR devices in various applications, increasing demand for OLED in AR and VR devices, rising technological advancement and growing use of microdisplays in AR and VR devices are the major factors fueling the growth of the overall market. However, the deployment of full-screen alternatives, competition from existing devices with traditional displays, and limited content availability are the major factors restraining the growth of the market.

“VR HMDs to lead AR and VR display market during the forecast period.”
The use of VR HMDs in gaming and entertainment in the consumer space is the primary driver for the growth of the VR HMD panel market. New entrants in the form of local vendors coming in from APAC countries would be major consumers of VR HMD panels. The commercial sector is expected to grow at the highest growth rate owing to the use of VR HMDs on a large scale in tourism and sight-seeing, as well as in the retail sector. The realistic and interactive real-time environment offered by these devices make them ideal for gaming and entertainment.

“Enterprise application to lead the AR display market during the forecast period.”
AR is a cutting-edge technology involved in the Industry 4.0 trend. The use of AR devices helps minimize human errors, improves efficiency, and reduces expenses. The AR devices have a wide range of use cases, namely in operations for installation and assembly, maintenance and remote assistance, training, quality control, safety management, and for design and visualization. There is a growing number of use cases of AR HMD for maintenance and repair, allowing a worker to repair an engine by superimposing images and information in his actual line of sight. Complex procedural repairs can be broken down into a series of simple steps offering instructions at a glance. This would help enterprise applications to lead the AR display market during the forecast period.

“APAC to register the highest CAGR in AR and VR display market by 2024”
The presence of significant AR and VR display manufacturers in countries such as China, South Korea, Japan, and Taiwan is the primary driver of the AR and VR display market. The majority of the demand for AR and VR displays is expected to derive from consumer, enterprise, commercial, and automotive applications. These applications offer huge potential for the AR and VR market because of the increasing awareness among consumers and the rising adoption of new technologies in various industries, especially in countries such as China, India, and South Korea. APAC will grow at the highest CAGR and is also expected to lead the AR and VR display market by 2024.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through the secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the AR and VR display marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 – 36%, Tier 2 – 44%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level Executives – 61%, and Managers – 39%
• By Region: North America – 35%, Europe – 32%, APAC – 21%, South America – 7%, and Middle East & Africa – 5%
The report profiles key players in the AR and VR display market with their respective market ranking analysis. Prominent players profiled in this report are Samsung Electronics (South Korea), Sony (Japan), eMagin (US), Kopin (US), LG Display (South Korea), Japan Display (Japan), Syndiant (US), AU Optronics (Taiwan), Barco (Belgium), Seiko Epson (Japan), BEO Technology (China), HOLOEYE Photonics (Germany), Himax Technologies (Taiwan), Jasper Display (Taiwan), Raontech (South Korea), Innolux (Taiwan), OLiGHTEK (China), Fraunhofer (Germany), Universal Display (US), ITRI (Taiwan), New Vision Display (China), INT Tech (Hong Kong), EverDisplay Optronics (China), and CREAL3D (Switzerland).

Research Coverage:
This research report categorizes the global AR and VR display market based on technology, device type, application, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities about the AR and VR display market and forecasts the same till 2024.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the AR and VR display market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes product launches, partnerships, acquisitions, collaborations, and capital funding.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Market Opportunities in AR and VR Display Market
4.2 VR Display Market in APAC, By Application and Country
4.3 AR Display Market: Developed vs Developing Markets, 2018 and 2024 (USD Million)
4.4 VR Display Market: Major Countries
4.5 AR Display Market: Major Applications
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Adoption of AR and VR Devices in Various Applications
5.2.1.2 Increasing Demand for OLED Displays in AR and VR Devices
5.2.1.3 Rising Technological Advancement and Growing Use of Microdisplays in AR and VR Devices
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Deployment of Widescreen Alternatives
5.2.2.2 Competition From Existing Devices With Traditional Displays
5.2.2.3 Limited Content Availability
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Display Technologies—Micro-LED
5.2.3.2 Growing Investments in AR and VR Devices From Tech-Giants
5.2.3.3 Technological Advancements in Gaming
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Display Latency and Limited Field of View (FOV)
5.2.4.2 High Cost Devices
5.2.4.3 Complex Manufacturing Processes
6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Research and Development
6.2.2 Panel Manufacturing
6.2.3 Product Integration
6.2.4 Input Suppliers
6.3 Trends
6.3.1 Artificial Intelligence
6.3.2 Microdisplay
7 Display Trends of AR and VR Display (Page No. – 66)
7.1 Introduction
7.2 Liquid Crystal Display (LCD)
7.3 Organic Light-Emitting Diode (OLED)
7.4 Liquid Crystal on Silicon (LCOS)
7.5 Micro-LED
7.6 Digital Light Processing (DLP)
8 AR and VR Display Market, By Technology (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 AR
8.2.1 HMDS and HUDS to Play Crucial Role in High Growth of AR Technology in Market
8.3 VR
8.3.1 Use of VR HMDS in Consumer Application to Drive Growth of VR Technology in Market
9 AR and VR Display Market, By Device Type (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Hmd
9.2.1 AR Hmd
9.2.1.1 Use of AR HMDS in Enterprise Application Offers Growth Opportunities
9.2.2 VR Hmd
9.2.2.1 Gaming and Entertainment to Drive Use of VR HMDS
9.3 Hud
9.3.1 Use of AR HUDS in Automotive and Aerospace & Defense to Play Crucial Role to Drive Growth
9.4 Projectors
9.4.1 Use of Projectors in Commercial Application to Drive Growth
10 AR and VR Display Market, By Application (Page No. – 83)
10.1 Introduction
10.2 AR Display Applications
10.2.1 Consumer
10.2.1.1 Gaming
10.2.1.1.1 Increased Demand for AR-Based Gaming Will Drive Growth of Consumer Application
10.2.1.2 Sports and Entertainment
10.2.1.2.1 Sports Broadcasting to Play Crucial Role in High Growth of Sports and Entertainment Application
10.2.2 Commercial
10.2.2.1 Use of AR in Education and Tourism to Drive Growth of Commercial Application
10.2.3 Enterprise (Manufacturing)
10.2.3.1 Augment of Industry 4.0 Will Be Major Growth Avenue for Enterprise Application
10.2.4 Automotive
10.2.4.1 Use of AR HUDS Onto Windshield Will Play Crucial Role in Market Growth
10.2.5 Healthcare
10.2.5.1 Reduction in Complexity for Surgeries and Procedures Will Drive the Use of AR in Healthcare Application
10.2.6 Aerospace & Defense
10.2.6.1 Use of AR Devices to Gain Competitive Advantage in Aerospace & Defense Application
10.2.7 Energy
10.2.7.1 Use of AR for Improving Safety, and Maintenance & Repair Will Play Crucial Role in Growth of Energy Application in AR Display Market
10.2.8 Others
10.3 VR Display Applications
10.3.1 Consumer
10.3.1.1 Gaming
10.3.1.1.1 Immersive Gaming to Drive Growth of VR Gaming Application
10.3.1.2 Sports and Entertainment
10.3.1.2.1 Improved Athletic Performance Using VR to Drive Growth of the Market in Sports & Entertainment Application
10.3.2 Commercial
10.3.2.1 Virtual Classrooms to Play Crucial Role in Growth of VR Display Market
10.3.3 Enterprise (Manufacturing)
10.3.3.1 Training and Simulation to Be Major Growth Avenues in Enterprise Application
10.3.4 Healthcare
10.3.4.1 Intraprocedural Visualization and Patient Rehabilitation to Be Major Growth Factors in Healthcare Application
10.3.5 Aerospace & Defense
10.3.5.1 Use of Combat Simulations to Be Leading Driver for Growth of Aerospace & Defense Application
10.3.6 Others
11 Geographic Analysis (Page No. – 105)
11.1 Introduction
11.2 APAC
11.2.1 China
11.2.1.1 Local Producers of VR and AR Devices Will Drive Growth of Market in China
11.2.2 Japan
11.2.2.1 Use of AR and VR in International Gaming Events Will Play Crucial Role in High Growth of Market in Japan
11.2.3 India
11.2.3.1 Attractive Market Opportunity and Increasing Number of AR and VR Startups Will Drive Growth of AR and VR Display Market in India
11.2.4 South Korea
11.2.4.1 Advent of 5G in the Region Along With Growing Demand for HMDS for Gaming Applications to Boost Growth of Market in South Korea
11.2.5 Rest of APAC
11.3 North America
11.3.1 US
11.3.1.1 Strong Presence of AR Hmd Companies in US Likely to Drive the Market
11.3.2 Canada
11.3.2.1 Use of AR and VR in Enterprise Application Would Drive Growth of Market in Canada
11.3.3 Mexico
11.3.3.1 Large Video-Gaming Industry in the Country Likely to Drive Growth of Market
11.4 Europe
11.4.1 UK
11.4.1.1 Large Video-Gaming Industry in the Country Likely to Drive Growth of Market
11.4.2 Germany
11.4.2.1 Automation in Manufacturing Would Boost Market Growth in Germany
11.4.3 France
11.4.3.1 High Demand for AR and VR in Aerospace & Defense to Boost Its Growth in France
11.4.4 Rest of Europe
11.5 RoW
11.5.1 Middle East & Africa
11.5.1.1 Use of AR and VR in Oil & Gas and Mining to Drive Growth of Market in Middle East & Africa
11.5.2 South America
11.5.2.1 Growing Market for Gaming and Entertainment in South America to Propel Growth of Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 133)
12.1 Introduction
12.2 Ranking Analysis of Players in the AR and VR Display Market
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Dynamic Differentiators
12.3.3 Innovators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Situations and Trends
12.4.1 Product Launches and Developments
12.4.2 Agreements, Partnerships, Contracts, Joint Ventures, and Collaborations
12.4.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 139)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Right to Win, and MnM View)*
13.1 Introduction
13.2 Key Players
13.2.1 Samsung Electronics
13.2.2 Sony
13.2.3 Emagin Corporation
13.2.4 Kopin Corporation
13.2.5 LG Display
13.2.6 Japan Display (Jdi)
13.2.7 Syndiant
13.2.8 AU Optronics
13.2.9 Barco
13.2.10 Seiko Epson
13.2.11 BOE Technology
13.2.12 Holoeye Photonics
13.3 Key Innovators
13.3.1 Himax Technologies
13.3.2 Innolux Corporation
13.3.3 Truly International
13.3.4 Creal3D
13.3.5 Int Tech (Chuangwang)
13.3.6 Jasper Display Corp. (JDC)
13.3.7 Olightek
13.3.8 Everdisplay Optronics
13.3.9 New Vision Display (NVD)
13.3.10 Raontech
13.4 Other Players
13.4.1 Universal Display Corporation
13.4.2 Fraunhofer Fep
13.4.3 Industrial Technology Research Institute (ITRI)
13.4.4 Google
13.4.5 Vuzix
13.4.6 Magic Leap
13.4.7 Oculus
13.4.8 HTC
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Right to Win, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 190)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customization
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7439
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の血液透析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の血液透析装置市場2016について調査・分析し、血液透析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス掘削自動化の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス掘削自動化の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス掘削自動化市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Kongsberg Group, Nabors Industries, National Oilwell Varco, Pason Systems, Rockwell Automationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス掘削自動化の世界市場概要 ・石油・ガス掘削自動化の世界市場環境 ・石油・ガス掘削自動化の世界市場動向 ・石油・ガス掘削自動化の世界市場規模 ・石油・ガス掘削自動化の世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス掘削自動化の世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・石油・ガス掘削自動化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス掘削自動化の北米市場規模・予測 ・石油・ガス掘削自動化のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・石 …
  • 世界の超音波ホモジナイザー市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波ホモジナイザー市場2015について調査・分析し、超音波ホモジナイザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドベース情報ガバナンスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドベース情報ガバナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドベース情報ガバナンスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロコントローラーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、マイクロコントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロコントローラー市場規模、製品別(32-bitマイクロコントローラー、8-bitマイクロコントローラー、16-bitマイクロコントローラー)分析、用途別(自動車、一般用、産業用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マイクロコントローラーの世界市場概要 ・マイクロコントローラーの世界市場環境 ・マイクロコントローラーの世界市場動向 ・マイクロコントローラーの世界市場規模 ・マイクロコントローラーの世界市場:業界構造分析 ・マイクロコントローラーの世界市場:製品別(32-bitマイクロコントローラー、8-bitマイクロコントローラー、16-bitマイクロコントローラー) ・マイクロコントローラーの世界市場:用途別(自動車、一般用、産業用、その他) ・マイクロコントローラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロコントローラーの北米市場規 …
  • 超合金の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、超合金の世界市場について調査・分析し、超合金の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 超合金の世界市場:市場動向分析 - 超合金の世界市場:競争要因分析 - 超合金の世界市場:材料別 鉄基 コバルト基 ニッケル基 - 超合金の世界市場:用途別 宇宙航空 自動車 電気系 産業 工業用ガスタービン 海洋タービン 石油及びガス その他の用途 - 超合金の世界市場:主要地域別分析 - 超合金の北米市場規模(アメリカ市場等) - 超合金のヨーロッパ市場規模 - 超合金のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・超合金の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の麦芽粉市場2015
    本調査レポートでは、世界の麦芽粉市場2015について調査・分析し、麦芽粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 木工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、木工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木工機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二酸化炭素の回収・利用・貯蔵市場規模、サービス別(貯蔵、輸送、回収)分析、技術別(燃焼後回収、工業的分離、石炭燃焼後回収、燃焼前回収、本質的分離)分析、供給源別(産業プロセス、発電)分析、用途別(原油増進回収法(EOR)、化学品・ポリマー原料、農業、二次建築材料、産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場:市場動向分析 ・ 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場:競争要因分析 ・ 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場:サービス別(貯蔵、輸送、回収) ・ 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場:技術別(燃焼後回収、工業的分離、石炭燃焼後回収、燃焼前回収、本質的分離) ・ 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場:供給源別(産業プロセス、発電) ・ 二酸化炭素の回収・利用・貯蔵の世界市場:用途別(原油増進回収法(E …
  • リウマチ障害治療薬の世界市場
  • 世界の心臓カテーテル市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、心臓カテーテルのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心臓カテーテルの概要 ・心臓カテーテルの開発動向:開発段階別分析 ・心臓カテーテルの開発動向:セグメント別分析 ・心臓カテーテルの開発動向:領域別分析 ・心臓カテーテルの開発動向:規制Path別分析 ・心臓カテーテルの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心臓カテーテルの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心臓カテーテルの最近動向
  • チクングニア熱(Chikungunya):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるチクングニア熱(Chikungunya)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、チクングニア熱(Chikungunya)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・チクングニア熱(Chikungunya)の概要 ・チクングニア熱(Chikungunya)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のチクングニア熱(Chikungunya)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チクングニア熱(Chikungunya)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • ブライダルウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ブライダルウェアの世界市場について調べ、ブライダルウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ブライダルウェアの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はブライダルウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ブライダルウェアの市場状況 ・ブライダルウェアの市場規模 ・ブライダルウェアの市場予測 ・ブライダルウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ブライダルウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ロボット型フレキシブル部品供給システムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ロボット型フレキシブル部品供給システムの世界市場について調べ、ロボット型フレキシブル部品供給システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロボット型フレキシブル部品供給システムの市場規模をセグメンテーション別(コンポーネント別(ロボット、供給装置、ビジョンシステム)、エンドユーザー別(家電製品、半導体、医薬品、自動車、食品および飲料、その他のエンドユーザー)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はロボット型フレキシブル部品供給システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロボット型フレキシブル部品供給システムの市場状況 ・ロボット型フレキシブル部品供給システムの市場規模 ・ロボット型フレキシブル部品供給システムの市場予測 ・ロボット型フレキシブル部品供給システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:コンポーネント別(ロボット、供給装置、ビジョ …
  • 電気自動車バッテリー熱管理システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気自動車バッテリー熱管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電気自動車バッテリー熱管理システムの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵ショーケース/飲料用冷蔵庫・ディスペンサ/冷蔵室の世界市場
    当調査レポートでは、冷蔵ショーケース/飲料用冷蔵庫・ディスペンサ/冷蔵室の世界市場について調査・分析し、冷蔵ショーケース/飲料用冷蔵庫・ディスペンサ/冷蔵室の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 産業用安全ゲートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用安全ゲートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用安全ゲートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の視力ケア製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の視力ケア製品市場2015について調査・分析し、視力ケア製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル治療の世界市場分析:用途別(糖尿病、肥満、CVD、CNS障害、呼吸器疾患、禁煙)、エンドユーザー別(患者、プロバイダー、支払者、雇用者)、地域別、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、デジタル治療の世界市場について調査・分析し、デジタル治療の世界市場動向、デジタル治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタル治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • タイの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • バイオ可塑剤の世界市場2014-2025:製品タイプ別(クエン酸塩、ヒマシ油、ESBO、コハク酸)、用途別(包装、日用品、自動車、建設、テキスタイル)
    本調査レポートでは、バイオ可塑剤の世界市場について調査・分析し、バイオ可塑剤の世界市場動向、バイオ可塑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ可塑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カーボンナノチューブの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、カーボンナノチューブの世界市場について調査・分析し、カーボンナノチューブの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の鳥追具市場2015
    本調査レポートでは、世界の鳥追具市場2015について調査・分析し、鳥追具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 艶消し剤の世界市場分析:製品別(有機(ワックス、熱可塑性樹脂)、無機(シリカ))、用途別(工業用コーティング、木材コーティング、皮革コーティング、建築用コーティング)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、艶消し剤の世界市場について調査・分析し、艶消し剤の世界市場動向、艶消し剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別艶消し剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 難燃ケーブルの世界市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)、地域別予測
    本資料は、難燃ケーブルの世界市場について調べ、難燃ケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)分析、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・難燃ケーブルの世界市場概要 ・難燃ケーブルの世界市場環境 ・難燃ケーブルの世界市場動向 ・難燃ケーブルの世界市場規模 ・難燃ケーブルの世界市場規模:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー) ・難燃ケーブルの世界市場規模:断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR) ・難燃ケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・難燃ケーブルの北米市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアメリカ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのヨーロッパ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアジア市場規模・予測 ・難燃ケーブルの日本市場規模・予測 ・難燃ケーブルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • インドの自動車金融市場(~2020)
  • 工業用イーサネットケーブルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工業用イーサネットケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、工業用イーサネットケーブルの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属表面処理材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属表面処理材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属表面処理材の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リニアモーションの世界市場予測(~2024年)
    リニアモーションの世界市場は、2018年の32億米ドルから2024年には44億米ドルに達し、この期間中5.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、品質検査と自動化のニーズの高まり、製品の市場投入までの時間短縮、および半導体業界における電子デバイスの小型化に対する需要の高まりが考えられます。一方で、少量生産には不利な高額な初期設置費用が、市場の成長を抑制する主な要因となっています。当調査レポートでは、リニアモーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、コンポーネント別(リニアガイド、アクチュエーター、ボールねじ、リニアモーター)分析、産業別(医療・医薬品、半導体・エレクトロニクス、航空宇宙、食品・飲料、加工具、自動車)分析、リニアモーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバーセキュリティソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サイバーセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サイバーセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の皮膚科用レーザー市場2016
    本調査レポートでは、世界の皮膚科用レーザー市場2016について調査・分析し、皮膚科用レーザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベアメタルステント(BMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベアメタルステント(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアメタルステント(BMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 BMS(ベアメタルステント)とは、コーティングやカバーリングをされていないステントのことです。BMSは細いワイヤーのついた網状の管であり、ステンレススティール、コバルトクロム合金、その他の金属でできています。BMSは金属のコイルや管状の網の様な外観です。Technavio社はベアメタルステント(BMS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Boston Scientific• Medtronic等です。
  • オーガニックでんぷんの北米市場
  • 韓国のスキューバダイビング用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、韓国のスキューバダイビング用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、韓国のスキューバダイビング用品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空・ライフサイエンス向けTIC(試験・検査・認証)サービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空・ライフサイエンス向けTIC(試験・検査・認証)サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別分析、ソーシングタイプ別分析、用途別分析、地域別分析、航空・ライフサイエンス向けTIC(試験・検査・認証)サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二ホウ化チタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の二ホウ化チタン市場2016について調査・分析し、二ホウ化チタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の体外式除細動器市場(~2021)
  • フォ—クリフト用バッテリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フォ—クリフト用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォ—クリフト用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紫外線LED(UV-LED)市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線LED(UV-LED)市場2015について調査・分析し、紫外線LED(UV-LED)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のターボ圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧縮機市場2015について調査・分析し、ターボ圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 濃縮ジュースの世界市場:果物ジュース、野菜ジュース
    当調査レポートでは、濃縮ジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、成分別分析、ブランド別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のDEGDMA市場2016
    本調査レポートでは、世界のDEGDMA市場2016について調査・分析し、DEGDMAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conagra Brands、McCain Foods、Mondelēz International、Snyder's – Lance等です。
  • T細胞阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるT細胞阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・T細胞阻害剤の概要 ・T細胞阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のT細胞阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・T細胞阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・T細胞阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 補償光学の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、補償光学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、補償光学の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの心臓律動管理装置市場見通し
  • タレットシステムの世界市場2019-2023
    戦闘訓練支援装備の進歩が、市場の成長を促進しています。テロ活動の発生率の大幅な上昇により、接近戦と長距離戦が必要となっています。そのため、現代戦で使用される武器の精度レベルを上げる必要性も高まっています。 Technavioのアナリストは、世界のタレットシステム市場が2023年までに約7%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Curtiss-Wright、Elbit Systems、Lockheed Martin、Rheinmetall、Woodwardなどです。 当調査レポートでは、タレットシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タレットシステム市場規模、種類別(有人、無人)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タレットシステムの世界市場概要 ・タレットシステムの世界市場環境 ・タレットシステムの世界市場動向 ・タレットシステムの世界市場規模 ・タレットシステムの世界市場:業界構造分析 ・タレットシス …
  • ID・アクセス管理(IAM)の世界市場分析:展開別(クラウド、ハイブリッド、オン・プレミス)、エンドユーザー別(BFSI、エネルギー、石油・ガス、通信&IT、教育、ヘルスケア、公共部門・公益事業、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場について調査・分析し、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場動向、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ID・アクセス管理(IAM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イオン交換膜電解槽の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、イオン交換膜電解槽の世界市場について調査・分析し、イオン交換膜電解槽の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別イオン交換膜電解槽シェア、市場規模推移、市場規模予測、イオン交換膜電解槽種類別分析()、イオン交換膜電解槽用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・イオン交換膜電解槽の市場概観 ・イオン交換膜電解槽のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・イオン交換膜電解槽のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・イオン交換膜電解槽の世界市場規模 ・イオン交換膜電解槽の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・イオン交換膜電解槽のアメリカ市場規模推移 ・イオン交換膜電解槽のカナダ市場規模推移 ・イオン交換膜電解槽のメキシコ市場規模推移 ・イオン交換膜電解槽のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・イオン交換膜電解槽のドイツ市場規模推移 ・イオン交換膜電解槽のイギリス市場規模推移 ・イオン交換膜電解槽のロシア市場規模推移 ・イオン交 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"