"使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7428)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing awareness regarding sustainable packaging solutions is leading to the rise in demand for recycled plastic products, leading to the overall growth of the post-consumer recycled plastics market across the globe from 2019 to 2024.”

The post-consumer recycled plastics market is projected to from USD 7.7 billion in 2019 to USD 10.2 billion by 2024, recording a CAGR of 5.7% during the forecast period. The growing demand for post-consumer recycled plastics is attributed to the increase in awareness programs regarding sustainable packaging, stringent law enforcement by governments for the management of plastic waste to reduce waste accumulating in landfills, and growing urbanization. However, the high cost of using recycled plastics and difficulty in managing the supply chain is projected to pose challenges in the growth of the market.

“In terms of volume, the PP segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The polypropylene (PP) segment in the post-consumer recycled plastics market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of volume. Factors such as high stiffness, heat resistance, steam barrier properties (food protection), elasticity (film and fiber applications), enhanced transparency, strong impact, & rigidity balance in the products manufactured with PP, are expected to boost the growth of this segment in the coming years.

“In terms of volume, the packaging segment is projected to be the most significant end-use application of the post-consumer recycled plastics, from 2019 to 2024.”
The packaging segment is projected to be the largest & the fastest-growing end-use application in the post-consumer recycled plastics market from 2019 to 2024 in terms of both value and volume. Recycled plastic contents are widely used in packaging items such as containers, bottles, bags, films, and other protective packaging products. Increasing demand for recycled plastics for packaging applications, further drive the growth of the post-consumer recycled plastics market.

By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
By Designation: C-level: 40%, D-level: 35%, and Others*: 25%
By Region: North America: 20%, Europe: 35%, Asia Pacific: 25%, South America: 15%
Middle East & Africa: 5%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Veolia Environnement (France), SUEZ (France), Waste Management, Inc. (US), Republic Services (US), Waste Connections Inc (Canada), Clean Harbors (US), Biffa (UK), DS Smith (UK), Stericycle (US), and Remondis SE & Co. KG (Germany) are the key players operating in the post-consumer recycled plastics market.

Research Coverage
The market study covers the post-consumer recycled plastics market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different services based on collection & transportation, recycling, incineration, landfills, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their service and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their position in the post-consumer recycled plastics market.

Key Benefits of Buying the Report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall post-consumer recycled plastics market and its segments and subsegments. This report is expected to help stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Approach
2.2.1.1 Volume Market
2.2.1.1.1 Approach 1 (Based on Post-Consumer Plastic Waste Generation, By Country)
2.2.1.2 Value Market
2.2.1.2.1 Approach to Calculate the Market Size (Value) for A Country
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Developing Countries to Offer High Growth Opportunities for Key Manufacturers in the Post-Consumer Recycled Plastics Market
4.2 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Region and Processing Type
4.3 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Service
4.4 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By End-Use Application
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Laws & Regulations Enforced By Governments
5.2.1.2 Increase in Awareness Programs Regarding Sustainable Waste Management Practices
5.2.1.3 Increasing Urban Population
5.2.1.4 Reduced Environmental Impact Through Plastic Recycling
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Low Participation of the Residential Sector in the Management of Plastic Waste
5.2.2.2 The Absence of the Required Framework for Plastic Waste Collection and Segregation
5.2.2.3 Fewer Treatment Plants and the Lack of Expertise for the Recycling of Plastic Waste
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Demand From Emerging Economies
5.2.3.2 Increasing R&D Investments
5.2.3.3 Public & Private Sector Partnerships for the Management of Plastic Waste to Offer Lucrative Growth Opportunities for Key Players
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Costs of Using Recycled Plastics
5.2.4.2 Difficulty in Managing the Supply Chain
5.3 Bioplastics and Post-Consumer Recycled Plastics
5.4 YC, YCC Drivers
6 Post-Consumer Plastic Waste Market, By Service (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Collection & Transportation
6.2.1 Collection & Transportation to Register Slow Growth, in Terms of Value
6.3 Recycling
6.3.1 Recycling Dominated the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2018, in Terms of Value
6.4 Incineration
6.4.1 The Incineration Process is Mostly Observed in Countries Such as Japan, Sweden, and Denmark Where the Disposal of Waste in Landfills is Difficult Due to Limited Land Availability
6.5 Landfills/Disposal
6.5.1 Ban on Landfills in Few Countries is Leading to Its Slow Growth in the Post-Consumer Plastic Waste Market
7 Post-Consumer Plastic Waste Market, By Polymer Type (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.1.1 Post-Consumer Plastic Waste Market, By Polymer Type
7.1.1.1 The PP Segment is Projected to Be the Fastest-Growing in the Post-Consumer Plastic Waste Market, in Terms of Volume, During the Forecast Period
7.2 Polyethylene Terephthalate (PET)
7.2.1 Health Hazards Associated With the Use of PET Polymers Limiting Their Growth
7.3 High-Density Polyethylene (HDPE)
7.3.1 The HDPE Segment is Estimated to Be the Second-Largest Segment in the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2019
7.4 Low-Density Polyethylene (LDPE)
7.4.1 The LDPE Segment is Estimated to Be the Third-Largest Segment in the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2019
7.5 Polypropylene (PP)
7.5.1 The PP Segment is Projected to Be the Fastest-Growing in the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2018
7.6 Polyvinyl Chloride (PVC)
7.6.1 The Wide Properties of PVC Lead to Its Increased Demand From Different Applications
7.7 Polyurethane (PUR)
7.7.1 The PUR Segment is Projected to Experience Slow Growth During the Forecast Period
7.8 Polystyrene (PS)
7.8.1 Polystyrene Finds Usage in A Wide Range of Applications
7.9 Others
7.9.1 The Others Segment is Projected to Register Slow Growth in the Post-Consumer Recycled Resin Market During the Forecast Period
8 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Processing Type (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Chemical Process
8.2.1 Chemolysis
8.2.2 Pyrolysis
8.2.3 Hydrogen Technologies
8.2.4 Gasification
8.3 Mechanical Process
8.4 Biological Process
9 Post-Consumer Plastic Waste Market, By End-Use Application (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Packaging
9.2.1 The Packaging Segment Dominated the Post-Consumer Recycled Resin Market in 2018
9.3 Building & Construction
9.3.1 Growth in Sustainable Construction Driving the Demand for Post-Consumer Recycled Plastics in the Building & Construction Segment
9.4 Automotive
9.4.1 Demand for Recycled Plastics in the Automotive Industry Supported By Its Application in the Manufacturing of Vehicle Components
9.5 Furniture
9.5.1 The Furniture Segment is Projected to Register Slow Growth for Post-Consumer Recycled Plastic
9.6 Recycled Plastics in Other End-Use Applications
9.6.1 High Growth for Recycled Plastic Waste for Other End-Use Applications
10 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 The Chinese Post-Consumer Recycled Plastics Market is Projected to Be the Largest Market By 2024
10.2.1.1.1 China: Laws & Regulations
10.2.2 Japan
10.2.2.1 The Packaging Segment, By End-Use Application, is Projected to Grow at the Highest Rate in the Post-Consumer Recycled Plastics Market By 2024
10.2.2.1.1 Japan: Laws & Regulations
10.2.3 India
10.2.3.1 India is Projected to Witness the Third-Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Volume
10.2.3.1.1 India: Laws & Regulations
10.2.4 Southeast Asia
10.2.4.1 Southeast Asia is Projected to Witness the Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Value
10.2.4.1.1 Indonesia: Laws & Regulations
10.2.5 Rest of Asia Pacific
10.2.5.1 Post-Consumer Recycled Plastics Market to have Moderate Growth During the Forecast Period in the Region
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Accounted for the Largest Country-Level Share in the European Post-Consumer Recycled Resins Market in 2018
10.3.1.1.1 Germany: Laws & Regulations
10.3.2 UK
10.3.2.1 The UK Accounted for the Second-Largest Country-Level Share in the European Post-Consumer Recycled Resins Market in 2018
10.3.2.1.1 UK: Laws & Regulations
10.3.3 France
10.3.3.1 The Incineration Segment Dominated the French Post-Consumer Plastic Waste Market in 2018
10.3.3.1.1 France: Laws & Regulations
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Italy is Projected to Experience Slow Growth in the European Post-Consumer Recycled Resins Market During the Forecast Period
10.3.5 Russia
10.3.5.1 Russia is Projected to Be the Fourth-Fastest Growing Market in the European Post-Consumer Recycled Resins Market During the Forecast Period
10.3.6 Spain
10.3.6.1 The Spanish Post-Consumer Recycled Plastics Market is Characterized By Significant Plastic Recycling
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Rest of Europe is Projected to Record Moderate Growth in the European Post-Consumer Recycled Plastics Market By 2024
10.4 North America
10.4.1 US
10.4.1.1 The US Was the Largest Producer of Consumer Plastic Waste in North America in 2018
10.4.1.1.1 US: Laws & Regulations
10.4.2 Canada
10.4.2.1 Canada to Be the Second-Fastest-Growing Market in North America
10.4.2.1.1 Canada: Laws & Regulations
10.4.3 Mexico
10.4.3.1 Recycling to Be the Fastest-Growing Service Segment in Mexico
10.4.3.1.1 Mexico: Laws & Regulations
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Turkey
10.5.1.1 Turkey is Estimated to Be the Second-Largest Market for Post-Consumer Recycled Plastics in the Middle East & Africa, in 2019, in Terms of Volume
10.5.1.1.1 Turkey: Laws & Regulations
10.5.2 Nigeria
10.5.2.1 Nigeria is Estimated to Be the Largest Market in the Middle East & Africa, in Terms of Volume, in 2019
10.5.2.1.1 Nigeria: Laws & Regulations
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 The Packaging Segment Led the South African Post-Consumer Recycled Plastics Market, in Terms of Value, in 2018
10.5.3.1.1 South Africa: Laws & Regulations
10.5.4 Egypt
10.5.4.1 Egypt is Projected to Be the Third-Largest Market in Middle East & Africa
10.5.4.1.1 Egypt: Laws & Regulations
10.5.5 Rest of Middle East & Africa
10.5.5.1 The Rest of MEA Market is Projected to have A High Potential for Growth in the Post-Consumer Recycled Plastics Market, During the Forecast Period
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Post-Consumer Recycled Plastics Market
10.6.1.1.1 Brazil: Laws & Regulations
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Argentina Accounted for the Second-Largest Share of the Post-Consumer Recycled Plastics Market in South America
10.6.2.1.1 Argentina: Laws & Regulations
10.6.3 Rest of South America
10.6.3.1 The Plastic Packaging Segment is Projected to Remain the Largest, in Terms of Consumption, of the Post-Consumer Recycled Plastics Market in Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 135)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Acquisitions
11.3.2 Expansions
11.3.3 Partnerships and Joint Ventures
11.3.4 Contracts
11.3.5 New Product & Service Developments, and Technological Advancements
12 Company Profiles (Page No. – 142)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Veolia Environment
12.2 Suez
12.3 Waste Management Inc.
12.4 Republic Services
12.5 Stericycle
12.6 Waste Connections, Inc.
12.7 Clean Harbors
12.8 Remondis SE & Co. Kg
12.9 Biffa
12.10 DS Smith
12.11 Other Players
12.11.1 Eco-Products, Inc.
12.11.2 Placon Corporation Inc.
12.11.3 Amcor
12.11.4 Alpha Packaging
12.11.5 Seventh Generation, Inc.
12.11.6 Mondi Group
12.11.7 Berry Global Inc.
12.11.8 Huhtamaki
12.11.9 Sealed Air Corporation
12.11.10 Coveris
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 173)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7428
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フローディメンション動脈瘤治療の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フローディメンション動脈瘤治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローディメンション動脈瘤治療の世界市場規模及び予測、動脈瘤治療の進化、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるフォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)の概要 ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のフォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・フォンウィルブランド病(Vo …
  • イソソルビドの世界市場分析:用途別(PEIT、ポリカーボネート、ポリウレタン、ポリエステルポリイソソルビドスクシネート、イソソルビドジエステル)、エンドユーザー別(樹脂およびポリマー、添加剤)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、イソソルビドの世界市場について調査・分析し、イソソルビドの世界市場動向、イソソルビドの世界市場規模、市場予測、セグメント別イソソルビド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オリゼニンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、オリゼニンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オリゼニン市場規模、種類別(濃縮型、分離型、その他)分析、用途別(乳製品代替品、パン・菓子、飲料、スポーツ・エネルギー栄養、代用肉・増量剤、その他)分析、形状別(液体、乾燥)分析、機能別(発泡、乳化、テクスチャリング、ゲル化)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ オリゼニンの世界市場:市場動向分析 ・ オリゼニンの世界市場:競争要因分析 ・ オリゼニンの世界市場:種類別(濃縮型、分離型、その他) ・ オリゼニンの世界市場:用途別(乳製品代替品、パン・菓子、飲料、スポーツ・エネルギー栄養、代用肉・増量剤、その他) ・ オリゼニンの世界市場:形状別(液体、乾燥) ・ オリゼニンの世界市場:機能別(発泡、乳化、テクスチャリング、ゲル化) ・ オリゼニンの世界市場:主要地域別分析 ・ オリゼニンの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ オリゼニンのヨーロッパ市場規模 ・ オリゼニ …
  • インドの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015について調査・分析し、マグネシウムはリグノスルホン酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィルム接着剤の世界市場予測(~2023年):エポキシ、アクリル、シアン酸エステル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フィルム接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂タイプ(エポキシ、アクリル、シアン酸エステル)別分析、最終用途産業(電気・電子、航空宇宙、自動車・輸送、消費財)別分析、フィルム接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジネスプロセス管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビジネスプロセス管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビジネスプロセス管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、企業規模別(大企業、中小企業)分析、導入種類別(クラウド、オンプレミス)分析、ビジネス機能別(会計/財務、人事、製造、業務/サプライチェーン管理、販売/マーケティング、サプライチェーン管理、その他)分析、エンドユーザー別(エネルギー/ユーティリティ、製造、BFSI、輸送/ロジスティクス、医療、小売、政府/防衛、IT/通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビジネスプロセス管理の世界市場:市場動向分析 ・ ビジネスプロセス管理の世界市場:競争要因分析 ・ ビジネスプロセス管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ ビジネスプロセス管理の世界市場:企業規模別(大企業、中小企業) ・ ビジネスプロセス管理の世界市場:導入種類別(クラウド、オンプレミス) …
  • ジフテリア(Diphtheria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるジフテリア(Diphtheria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ジフテリア(Diphtheria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ジフテリア(Diphtheria)の概要 ・ジフテリア(Diphtheria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のジフテリア(Diphtheria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジフテリア(Diphtheria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジ …
  • 故障解析の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、故障解析の世界市場について調査・分析し、故障解析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・故障解析の世界市場:市場動向分析 ・故障解析の世界市場:競争要因分析 ・故障解析の世界市場:テスト別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:方法別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:製品別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:技術別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:用途別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:機器別分析/市場規模 ・故障解析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・故障解析の北米市場規模 ・故障解析の欧州市場規模 ・故障解析のアジア市場規模 ・故障解析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動車トランスミッションの世界市場予測(~2021):種類別(オートマチック、マニュアル、AMT、DCT、CVT)、車種別(乗用車、LCV、HCV、電気自動車(EV))、前進ギア数別、燃料別、地域別
    当調査レポートでは、自動車トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、車種別分析、前進ギア数別分析、燃料別分析、自動車トランスミッションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機ウインドー及びフロントガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、民間航空機ウインドー及びフロントガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機ウインドー及びフロントガラスの世界市場規模及び予測、製品別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バングラデシュのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 女性用ランジェリー」の世界市場:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)、用途別(オンラインストア、店頭)、地域別予測
    本資料は、女性用ランジェリー」の世界市場について調べ、女性用ランジェリー」の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)分析、用途別(オンラインストア、店頭)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArc’teryx、Black Diamond、Marmot、Outdoor Research、Patagonia、PRAna、The North Face などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用ランジェリー」の世界市場概要 ・女性用ランジェリー」の世界市場環境 ・女性用ランジェリー」の世界市場動向 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他) ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:用途別(オンラインストア、店頭) ・女性用ランジェリー」の世界市場:地域別市場規模・分析 ・女性用ランジ …
  • 世界のEVA樹脂市場2016
    本調査レポートでは、世界のEVA樹脂市場2016について調査・分析し、EVA樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッドソリューションの世界市場:先端メータリングインフラ(AMI)、スマートグリッド配電、スマートグリッド通信、グリッド資産管理、地理情報システム、請求・顧客情報システム
    当調査レポートでは、スマートグリッドソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品グレードシリカゲルの世界市場分析:用途別(乾燥剤、薬物キャリア[難溶性薬物、液体薬物]、吸着剤、流動促進剤)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医薬品グレードシリカゲルの世界市場について調査・分析し、医薬品グレードシリカゲルの世界市場動向、医薬品グレードシリカゲルの世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品グレードシリカゲル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブルガリアの原子力発電市場2015
  • 貿易金融(TFM)の世界市場:製品別(サプライチェーンファイナンス、輸出代理店ファイナンス)、サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関)、エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、トレーダー)、地域別予測
    本資料は、貿易金融(TFM)の世界市場について調べ、貿易金融(TFM)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(サプライチェーンファイナンス、輸出代理店ファイナンス)分析、サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関)分析、エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、トレーダー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・貿易金融(TFM)の世界市場概要 ・貿易金融(TFM)の世界市場環境 ・貿易金融(TFM)の世界市場動向 ・貿易金融(TFM)の世界市場規模 ・貿易金融(TFM)の世界市場規模:製品別(サプライチェーンファイナンス、輸出代理店ファイナンス) ・貿易金融(TFM)の世界市場規模:サービスプロバイダー別(銀行、貿易金融機関) ・貿易金融(TFM)の世界市場規模:エンドユーザー別(輸出業者、輸入業者、トレーダー) ・貿易金融(TFM)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・貿易金融(TFM)の北米市場規模・予測 ・貿易金融(TFM)のアメリカ市場規模 …
  • 鉄道車両の世界市場およびインフラ分析:機関車、高速鉄道車両、貨物車両
    当調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用コネクタの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、医療用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 認知サービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、認知サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、サービスタイプ別分析、産業別分析、地域別分析、認知サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ステレオヘッドセットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ステレオヘッドセットの世界市場について調査・分析し、ステレオヘッドセットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ステレオヘッドセットシェア、市場規模推移、市場規模予測、ステレオヘッドセット種類別分析(オンイヤー型、オーバーイヤー型、イヤホン・インイヤー型)、ステレオヘッドセット用途別分析(スマートフォン、コンピュータ、音楽プレーヤー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ステレオヘッドセットの市場概観 ・ステレオヘッドセットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ステレオヘッドセットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ステレオヘッドセットの世界市場規模 ・ステレオヘッドセットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ステレオヘッドセットのアメリカ市場規模推移 ・ステレオヘッドセットのカナダ市場規模推移 ・ステレオヘッドセットのメキシコ市場規模推移 ・ステレオヘッドセットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ス …
  • ロシアの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 血小板受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血小板受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血小板受容体阻害剤の概要 ・血小板受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血小板受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血小板受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Tracking-as-a-service の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、Tracking-as-a-service の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Tracking-as-a-service の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Tracking-as-a-serviceプラットホームは、クラウドベースのITソリューションであり、在庫・資産・車両追跡のためサプライチェーンやロジスティックス・システムで使用されます。企業はTracking-as-a-serviceプラットフォームソリューションを遠隔監視の目的で使用しています。クラウドベースの追跡システムは、データをクラウドベースICTインフラストラクチャーで迅速に送信することが出来るため人気が高まってきています。Technavio社はTracking-as-a-service の世界市場が2017-2021年期間中に年平均27.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• …
  • 世界の手指消毒剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の手指消毒剤市場2016について調査・分析し、手指消毒剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭酸ジメチル市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸ジメチル市場2016について調査・分析し、炭酸ジメチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用使い捨て不織布の世界市場分析:製品別(衛生用品、失禁パッド・人工肛門袋、パンティーシールド、使い捨ておむつ、使い捨ておむつ、不織布医療用品、使い捨て外科用マスク、手術用被布、外科用キャップ、手術用ガウン、無菌不織布綿棒)、セグメント予測、- 2020
    本調査レポートでは、医療用使い捨て不織布の世界市場について調査・分析し、医療用使い捨て不織布の世界市場動向、医療用使い捨て不織布の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用使い捨て不織布市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • OLED材料の世界市場
    当調査レポートでは、OLED材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OLED材料の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クロストリジウムディフィシル感染症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クロストリジウムディフィシル感染症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロストリジウムディフィシル感染症治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・薬剤分類別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 家庭用胎児モニタリング機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用胎児モニタリング機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用胎児モニタリング機器市場規模、技術別(従来型、スマート型)分析、製品別(心臓モニター、胎動モニター)分析、流通経路別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場概要 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場環境 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場動向 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場規模 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場:業界構造分析 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場:技術別(従来型、スマート型) ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場:製品別(心臓モニター、胎動モニター) ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場:流通経路別 ・家庭用胎児モニタリング機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用胎児モニタリング機器のアメリカ市場規模・予測 ・家庭用胎児モニタリング機器のヨーロッパ市場規模・ …
  • ヨーロッパのバイオ農薬市場分析・予測
  • 容量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容量管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、生産計画(PP)システム、供給チェーン管理(SCM))分析、エンドユーザー別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、政府・公共業務、医療、ホスピタリティー、情報テクノロジー、製造、小売、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 容量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 容量管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 容量管理の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 容量管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 容量管理の世界市場:用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、 …
  • ハーブ化粧品のインド市場見通し2022
  • 複合材修理の世界市場予測(~2026):種類別(構造、半構造、表面)、プロセス別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、複合材修理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、複合材修理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの心臓血管補綴装置市場見通し
  • シリコンフォトニクスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、シリコンフォトニクスの世界市場について調査・分析し、シリコンフォトニクスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車触媒の世界市場2014-2025:用途別(LDVディーゼル、LDVガソリン、HDV)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、自動車触媒の世界市場について調査・分析し、自動車触媒の世界市場動向、自動車触媒の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車触媒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のPPD-T市場2015
    本調査レポートでは、世界のPPD-T市場2015について調査・分析し、PPD-Tの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 真性多血症(Polycythemia Vera):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真性多血症(Polycythemia Vera)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真性多血症(Polycythemia Vera)の概要 ・真性多血症(Polycythemia Vera)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 学校用ノートパソコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校用ノートパソコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用ノートパソコンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • FPSOの世界市場
    当調査レポートでは、FPSOの世界市場について調査・分析し、FPSOの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の石油探査船市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油探査船市場2015について調査・分析し、石油探査船の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの体外式除細動器市場見通し
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽電池(PV)用装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽電池(PV)用装置市場2015について調査・分析し、太陽電池(PV)用装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IL-13受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-13受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-13受容体拮抗薬の概要 ・IL-13受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-13受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-13受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-13受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポータブル浄水器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポータブル浄水器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブル浄水器市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、用途別(屋外活動、観光・レジャー、軍事、緊急救助、その他)分析、製品別(逆浸透膜式浄水器、ポンプ式浄水器、サクションフィルター式浄水器、UVペン型浄水器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブル浄水器の世界市場概要 ・ポータブル浄水器の世界市場環境 ・ポータブル浄水器の世界市場動向 ・ポータブル浄水器の世界市場規模 ・ポータブル浄水器の世界市場:業界構造分析 ・ポータブル浄水器の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・ポータブル浄水器の世界市場:用途別(屋外活動、観光・レジャー、軍事、緊急救助、その他) ・ポータブル浄水器の世界市場:製品別(逆浸透膜式浄水器、ポンプ式浄水器、サクションフィルター式浄水器、UVペン型浄水器) ・ポータブル浄水器の世界市場:地域別市 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"