"使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7428)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing awareness regarding sustainable packaging solutions is leading to the rise in demand for recycled plastic products, leading to the overall growth of the post-consumer recycled plastics market across the globe from 2019 to 2024.”

The post-consumer recycled plastics market is projected to from USD 7.7 billion in 2019 to USD 10.2 billion by 2024, recording a CAGR of 5.7% during the forecast period. The growing demand for post-consumer recycled plastics is attributed to the increase in awareness programs regarding sustainable packaging, stringent law enforcement by governments for the management of plastic waste to reduce waste accumulating in landfills, and growing urbanization. However, the high cost of using recycled plastics and difficulty in managing the supply chain is projected to pose challenges in the growth of the market.

“In terms of volume, the PP segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The polypropylene (PP) segment in the post-consumer recycled plastics market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of volume. Factors such as high stiffness, heat resistance, steam barrier properties (food protection), elasticity (film and fiber applications), enhanced transparency, strong impact, & rigidity balance in the products manufactured with PP, are expected to boost the growth of this segment in the coming years.

“In terms of volume, the packaging segment is projected to be the most significant end-use application of the post-consumer recycled plastics, from 2019 to 2024.”
The packaging segment is projected to be the largest & the fastest-growing end-use application in the post-consumer recycled plastics market from 2019 to 2024 in terms of both value and volume. Recycled plastic contents are widely used in packaging items such as containers, bottles, bags, films, and other protective packaging products. Increasing demand for recycled plastics for packaging applications, further drive the growth of the post-consumer recycled plastics market.

By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
By Designation: C-level: 40%, D-level: 35%, and Others*: 25%
By Region: North America: 20%, Europe: 35%, Asia Pacific: 25%, South America: 15%
Middle East & Africa: 5%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Veolia Environnement (France), SUEZ (France), Waste Management, Inc. (US), Republic Services (US), Waste Connections Inc (Canada), Clean Harbors (US), Biffa (UK), DS Smith (UK), Stericycle (US), and Remondis SE & Co. KG (Germany) are the key players operating in the post-consumer recycled plastics market.

Research Coverage
The market study covers the post-consumer recycled plastics market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different services based on collection & transportation, recycling, incineration, landfills, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their service and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their position in the post-consumer recycled plastics market.

Key Benefits of Buying the Report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall post-consumer recycled plastics market and its segments and subsegments. This report is expected to help stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Approach
2.2.1.1 Volume Market
2.2.1.1.1 Approach 1 (Based on Post-Consumer Plastic Waste Generation, By Country)
2.2.1.2 Value Market
2.2.1.2.1 Approach to Calculate the Market Size (Value) for A Country
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Developing Countries to Offer High Growth Opportunities for Key Manufacturers in the Post-Consumer Recycled Plastics Market
4.2 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Region and Processing Type
4.3 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Service
4.4 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By End-Use Application
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Laws & Regulations Enforced By Governments
5.2.1.2 Increase in Awareness Programs Regarding Sustainable Waste Management Practices
5.2.1.3 Increasing Urban Population
5.2.1.4 Reduced Environmental Impact Through Plastic Recycling
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Low Participation of the Residential Sector in the Management of Plastic Waste
5.2.2.2 The Absence of the Required Framework for Plastic Waste Collection and Segregation
5.2.2.3 Fewer Treatment Plants and the Lack of Expertise for the Recycling of Plastic Waste
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Demand From Emerging Economies
5.2.3.2 Increasing R&D Investments
5.2.3.3 Public & Private Sector Partnerships for the Management of Plastic Waste to Offer Lucrative Growth Opportunities for Key Players
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Costs of Using Recycled Plastics
5.2.4.2 Difficulty in Managing the Supply Chain
5.3 Bioplastics and Post-Consumer Recycled Plastics
5.4 YC, YCC Drivers
6 Post-Consumer Plastic Waste Market, By Service (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Collection & Transportation
6.2.1 Collection & Transportation to Register Slow Growth, in Terms of Value
6.3 Recycling
6.3.1 Recycling Dominated the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2018, in Terms of Value
6.4 Incineration
6.4.1 The Incineration Process is Mostly Observed in Countries Such as Japan, Sweden, and Denmark Where the Disposal of Waste in Landfills is Difficult Due to Limited Land Availability
6.5 Landfills/Disposal
6.5.1 Ban on Landfills in Few Countries is Leading to Its Slow Growth in the Post-Consumer Plastic Waste Market
7 Post-Consumer Plastic Waste Market, By Polymer Type (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.1.1 Post-Consumer Plastic Waste Market, By Polymer Type
7.1.1.1 The PP Segment is Projected to Be the Fastest-Growing in the Post-Consumer Plastic Waste Market, in Terms of Volume, During the Forecast Period
7.2 Polyethylene Terephthalate (PET)
7.2.1 Health Hazards Associated With the Use of PET Polymers Limiting Their Growth
7.3 High-Density Polyethylene (HDPE)
7.3.1 The HDPE Segment is Estimated to Be the Second-Largest Segment in the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2019
7.4 Low-Density Polyethylene (LDPE)
7.4.1 The LDPE Segment is Estimated to Be the Third-Largest Segment in the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2019
7.5 Polypropylene (PP)
7.5.1 The PP Segment is Projected to Be the Fastest-Growing in the Post-Consumer Plastic Waste Market in 2018
7.6 Polyvinyl Chloride (PVC)
7.6.1 The Wide Properties of PVC Lead to Its Increased Demand From Different Applications
7.7 Polyurethane (PUR)
7.7.1 The PUR Segment is Projected to Experience Slow Growth During the Forecast Period
7.8 Polystyrene (PS)
7.8.1 Polystyrene Finds Usage in A Wide Range of Applications
7.9 Others
7.9.1 The Others Segment is Projected to Register Slow Growth in the Post-Consumer Recycled Resin Market During the Forecast Period
8 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Processing Type (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Chemical Process
8.2.1 Chemolysis
8.2.2 Pyrolysis
8.2.3 Hydrogen Technologies
8.2.4 Gasification
8.3 Mechanical Process
8.4 Biological Process
9 Post-Consumer Plastic Waste Market, By End-Use Application (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Packaging
9.2.1 The Packaging Segment Dominated the Post-Consumer Recycled Resin Market in 2018
9.3 Building & Construction
9.3.1 Growth in Sustainable Construction Driving the Demand for Post-Consumer Recycled Plastics in the Building & Construction Segment
9.4 Automotive
9.4.1 Demand for Recycled Plastics in the Automotive Industry Supported By Its Application in the Manufacturing of Vehicle Components
9.5 Furniture
9.5.1 The Furniture Segment is Projected to Register Slow Growth for Post-Consumer Recycled Plastic
9.6 Recycled Plastics in Other End-Use Applications
9.6.1 High Growth for Recycled Plastic Waste for Other End-Use Applications
10 Post-Consumer Recycled Plastics Market, By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 The Chinese Post-Consumer Recycled Plastics Market is Projected to Be the Largest Market By 2024
10.2.1.1.1 China: Laws & Regulations
10.2.2 Japan
10.2.2.1 The Packaging Segment, By End-Use Application, is Projected to Grow at the Highest Rate in the Post-Consumer Recycled Plastics Market By 2024
10.2.2.1.1 Japan: Laws & Regulations
10.2.3 India
10.2.3.1 India is Projected to Witness the Third-Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Volume
10.2.3.1.1 India: Laws & Regulations
10.2.4 Southeast Asia
10.2.4.1 Southeast Asia is Projected to Witness the Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Value
10.2.4.1.1 Indonesia: Laws & Regulations
10.2.5 Rest of Asia Pacific
10.2.5.1 Post-Consumer Recycled Plastics Market to have Moderate Growth During the Forecast Period in the Region
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Accounted for the Largest Country-Level Share in the European Post-Consumer Recycled Resins Market in 2018
10.3.1.1.1 Germany: Laws & Regulations
10.3.2 UK
10.3.2.1 The UK Accounted for the Second-Largest Country-Level Share in the European Post-Consumer Recycled Resins Market in 2018
10.3.2.1.1 UK: Laws & Regulations
10.3.3 France
10.3.3.1 The Incineration Segment Dominated the French Post-Consumer Plastic Waste Market in 2018
10.3.3.1.1 France: Laws & Regulations
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Italy is Projected to Experience Slow Growth in the European Post-Consumer Recycled Resins Market During the Forecast Period
10.3.5 Russia
10.3.5.1 Russia is Projected to Be the Fourth-Fastest Growing Market in the European Post-Consumer Recycled Resins Market During the Forecast Period
10.3.6 Spain
10.3.6.1 The Spanish Post-Consumer Recycled Plastics Market is Characterized By Significant Plastic Recycling
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Rest of Europe is Projected to Record Moderate Growth in the European Post-Consumer Recycled Plastics Market By 2024
10.4 North America
10.4.1 US
10.4.1.1 The US Was the Largest Producer of Consumer Plastic Waste in North America in 2018
10.4.1.1.1 US: Laws & Regulations
10.4.2 Canada
10.4.2.1 Canada to Be the Second-Fastest-Growing Market in North America
10.4.2.1.1 Canada: Laws & Regulations
10.4.3 Mexico
10.4.3.1 Recycling to Be the Fastest-Growing Service Segment in Mexico
10.4.3.1.1 Mexico: Laws & Regulations
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Turkey
10.5.1.1 Turkey is Estimated to Be the Second-Largest Market for Post-Consumer Recycled Plastics in the Middle East & Africa, in 2019, in Terms of Volume
10.5.1.1.1 Turkey: Laws & Regulations
10.5.2 Nigeria
10.5.2.1 Nigeria is Estimated to Be the Largest Market in the Middle East & Africa, in Terms of Volume, in 2019
10.5.2.1.1 Nigeria: Laws & Regulations
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 The Packaging Segment Led the South African Post-Consumer Recycled Plastics Market, in Terms of Value, in 2018
10.5.3.1.1 South Africa: Laws & Regulations
10.5.4 Egypt
10.5.4.1 Egypt is Projected to Be the Third-Largest Market in Middle East & Africa
10.5.4.1.1 Egypt: Laws & Regulations
10.5.5 Rest of Middle East & Africa
10.5.5.1 The Rest of MEA Market is Projected to have A High Potential for Growth in the Post-Consumer Recycled Plastics Market, During the Forecast Period
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Post-Consumer Recycled Plastics Market
10.6.1.1.1 Brazil: Laws & Regulations
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Argentina Accounted for the Second-Largest Share of the Post-Consumer Recycled Plastics Market in South America
10.6.2.1.1 Argentina: Laws & Regulations
10.6.3 Rest of South America
10.6.3.1 The Plastic Packaging Segment is Projected to Remain the Largest, in Terms of Consumption, of the Post-Consumer Recycled Plastics Market in Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 135)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Acquisitions
11.3.2 Expansions
11.3.3 Partnerships and Joint Ventures
11.3.4 Contracts
11.3.5 New Product & Service Developments, and Technological Advancements
12 Company Profiles (Page No. – 142)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Veolia Environment
12.2 Suez
12.3 Waste Management Inc.
12.4 Republic Services
12.5 Stericycle
12.6 Waste Connections, Inc.
12.7 Clean Harbors
12.8 Remondis SE & Co. Kg
12.9 Biffa
12.10 DS Smith
12.11 Other Players
12.11.1 Eco-Products, Inc.
12.11.2 Placon Corporation Inc.
12.11.3 Amcor
12.11.4 Alpha Packaging
12.11.5 Seventh Generation, Inc.
12.11.6 Mondi Group
12.11.7 Berry Global Inc.
12.11.8 Huhtamaki
12.11.9 Sealed Air Corporation
12.11.10 Coveris
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 173)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7428
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 断路器スイッチの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、断路器スイッチの世界市場について調査・分析し、断路器スイッチの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 断路器スイッチの世界市場:市場動向分析 - 断路器スイッチの世界市場:競争要因分析 - 断路器スイッチの世界市場:用途別 商用断路器スイッチ 産業用断路器スイッチ その他の用途 - 断路器スイッチの世界市場:スイッチ種別 フユーズ付き断路器スイッチ フユーズなし断路器スイッチ その他の種のスイッチ - 断路器スイッチの世界市場:電圧域別 高電圧断路器スイッチ 中間電圧断路器スイッチ 低電圧断路器スイッチ - 断路器スイッチの世界市場:固定別 ディンレール固定断路器スイッチ パネル固定断路器スイッチ その他の断路器スイッチ - 断路器スイッチの世界市場:電流率 500.1 A 以上 200.1-500 A 100.1-200 A 20.1-100 A 20A以下 - 断路器スイッチの世界市場:ポール種別 1−ポール 2−ポール 3−ポール 4−ポール - 断路器スイッチの世界市場:主要地 …
  • 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場について調査・分析し、自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:車両の種類別 ・商用車 ・乗用車 ・二輪車 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:製品の種類別 ・ハンドブレーキケーブル ・クラッチケーブル - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:販路別 ・アフターマーケット ・OEM - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチ …
  • タービン油の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タービン油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タービン油の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の湿度センサー市場2016
    本調査レポートでは、世界の湿度センサー市場2016について調査・分析し、湿度センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 調合薬局の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、調合薬局の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、調合薬局市場規模、製品別(経口薬、外用薬、非経口薬、その他)分析、製品別(CAD、CAM、DM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・調合薬局の世界市場概要 ・調合薬局の世界市場環境 ・調合薬局の世界市場動向 ・調合薬局の世界市場規模 ・調合薬局の世界市場:業界構造分析 ・調合薬局の世界市場:製品別(経口薬、外用薬、非経口薬、その他) ・調合薬局の世界市場:製品別(CAD、CAM、DM) ・調合薬局の世界市場:地域別市場規模・分析 ・調合薬局のアメリカ市場規模・予測 ・調合薬局のヨーロッパ市場規模・予測 ・調合薬局のアジア市場規模・予測 ・調合薬局の主要国分析 ・調合薬局の世界市場:意思決定フレームワーク ・調合薬局の世界市場:成長要因、課題 ・調合薬局の世界市場:競争環境 ・調合薬局の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 赤ちゃん用おむつのインド市場見通し2022
  • 動物の健康の世界市場の規模及び予測:製品別(飼料添加物、医薬品、ワクチン)、動物タイプ別(生産動物、伴侶動物)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、動向分析、 2014-2025
    本調査レポートでは、動物の健康の世界市場について調査・分析し、動物の健康の世界市場動向、動物の健康の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物の健康市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品乳化剤の世界市場予測(~2023年)
    食品乳化剤の世界市場は、2018年の29億米ドルから2023年には37億米ドルに達し、この期間中5.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インスタント食品や高級食品の消費の増加が考えられます。一方で、クリーンラベル成分の概念の出現と食品乳化剤を含む製品の消費に伴う健康問題は、市場における大きな課題となっています。また抽出量には限りがあり、天然の原料から乳化剤を抽出する工程はコストが高くなることから、市場の成長は抑制されます。当調査レポートでは、食品乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(レシチン、モノグリセリド・ジグリセリドとその誘導体、ソルビタンエステル、ステアロイル乳酸塩、ポリグリセリンエステル)分析、原料(植物、動物)分析、用途分析、食品乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 5-HT4アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT4アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT4アゴニスト(作動薬)の概要 ・5-HT4アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT4アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT4アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT4アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 食肉加工産業用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食肉加工産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食肉加工産業用ロボットの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックチューブの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、セラミックチューブの世界市場について調査・分析し、セラミックチューブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - セラミックチューブの世界市場:市場動向分析 - セラミックチューブの世界市場:競争要因分析 - セラミックチューブの世界市場:用途別 ・医薬・ヘルスケア ・電子・電気製品 ・その他 - セラミックチューブの世界市場:最終用途別 ・接触器 ・再閉路装置 ・遮断器 ・負荷開閉器 ・タップ切替器 - セラミックチューブの世界市場:材料別 ・アルミナ ・ジルコニア ・その他 - セラミックチューブの世界市場:主要地域別分析 - セラミックチューブの北米市場規模(アメリカ市場等) - セラミックチューブのヨーロッパ市場規模 - セラミックチューブのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・セラミックチューブの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の偏光顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の偏光顕微鏡市場2015について調査・分析し、偏光顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイブリッド・電気自動車用ヒューズ市場規模、用途別(HEV、BEV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場概要 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場環境 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場動向 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場規模 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:業界構造分析 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:用途別(HEV、BEV) ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのアメリカ市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズのアジア市場規模・予測 ・ハイブリッド・電気自動車用ヒューズの主要 …
  • レーザー加工の世界市場:固体レーザー、液体レーザー、ガスレーザー
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド6/10市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド6/10市場2015について調査・分析し、ポリアミド6/10の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タービンの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、タービンの世界市場について調査・分析し、タービンの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タービンの世界市場規模:製品種類別分析 ・タービンの世界市場規模:用途別分析 ・タービンの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のクラウド移行サービス市場規模・予測2017-2025:サービスの種類別(クラウド統合、アプリケーション管理・監視、災害復旧、プロフェッショナルサービス・マネージドサービス)、用途別(プロジェクト管理、格納管理、パフォーマンス管理)、展開別、組織別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウド移行サービス市場について調査・分析し、世界のクラウド移行サービス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウド移行サービス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 法務アウトソーシング(LPO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、法務アウトソーシング(LPO)の世界市場について調査・分析し、法務アウトソーシング(LPO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別法務アウトソーシング(LPO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、法務アウトソーシング(LPO)種類別分析()、法務アウトソーシング(LPO)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・法務アウトソーシング(LPO)の市場概観 ・法務アウトソーシング(LPO)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・法務アウトソーシング(LPO)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・法務アウトソーシング(LPO)の世界市場規模 ・法務アウトソーシング(LPO)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・法務アウトソーシング(LPO)のアメリカ市場規模推移 ・法務アウトソーシング(LPO)のカナダ市場規模推移 ・法務アウトソーシング(LPO)のメキシコ市場規模推移 ・法務アウトソーシング(LPO)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ロジックアナライザの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ロジックアナライザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(モジュラーロジックアナライザー、PCベースロジックアナライザー)分析、チャンネルカウント別(2-32、32-80、> 80)分析、業種別(エレクトロニクス&半導体、自動車&輸送、航空宇宙&防衛)分析、ロジックアナライザの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ロジックアナライザの世界市場規模が2024年387百万ドルまで成長すると予測しています。
  • タイヤ圧監視装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、タイヤ圧監視装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイヤ圧監視装置の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ栄養の世界市場動向・予測:スポーツ食品、スポーツ飲料、スポーツサプリメント
  • ウェアラブル技術の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ウェアラブル技術の世界市場について調査・分析し、ウェアラブル技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ウェアラブル技術の世界市場:市場動向分析 ・ウェアラブル技術の世界市場:競争要因分析 ・ウェアラブル技術の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:スマートテキスタイル別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の北米市場規模・分析 ・ウェアラブル技術の欧州市場・分析 ・ウェアラブル技術のアジア市場・分析 ・ウェアラブル技術の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 屋外広告の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、屋外広告の世界市場について調査・分析し、屋外広告の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別屋外広告シェア、市場規模推移、市場規模予測、屋外広告種類別分析(広告用掲示板、屋外公共物(ストリートファニチャー)、交通広告、その他)、屋外広告用途別分析(飲食料品、車両、健康・医療、公共・個人サービス、消費財、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・屋外広告の市場概観 ・屋外広告のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・屋外広告のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・屋外広告の世界市場規模 ・屋外広告の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・屋外広告のアメリカ市場規模推移 ・屋外広告のカナダ市場規模推移 ・屋外広告のメキシコ市場規模推移 ・屋外広告のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・屋外広告のドイツ市場規模推移 ・屋外広告のイギリス市場規模推移 ・屋外広告のロシア市場規模推移 ・屋外広告のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イ …
  • インプレッション金型鍛造の世界市場:コンポーネント別(降着装置、連接棒、クランク軸)、注文タイプ別(カスタム、カタログ)、金属タイプ別(鋼鉄合金、チタン、ニッケル)、エンドユーザー別(航空宇宙、石油・ガス、造船、防衛)
    本資料は、インプレッション金型鍛造の世界市場について調べ、インプレッション金型鍛造の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(降着装置、連接棒、クランク軸)分析、金属タイプ別(鋼鉄合金、チタン、ニッケル)分析、エンドユーザー別(航空宇宙、石油・ガス、造船、防衛)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インプレッション金型鍛造の世界市場概要 ・インプレッション金型鍛造の世界市場環境 ・インプレッション金型鍛造の世界市場動向 ・インプレッション金型鍛造の世界市場規模 ・インプレッション金型鍛造の世界市場:コンポーネント別(降着装置、連接棒、クランク軸) ・インプレッション金型鍛造の世界市場:注文タイプ別(カスタム、カタログ) ・インプレッション金型鍛造の世界市場:金属タイプ別(鋼鉄合金、チタン、ニッケル) ・インプレッション金型鍛造の世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙、石油・ガス、造船、防衛) ・インプレッション金型鍛造の世界市場:地域別市 …
  • 世界のジオマーケティングソフトウェア市場:展開別、ロケーション別、地域別
    本調査レポートはジオマーケティングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(クラウドベース、オンプレミス)分析、ロケーション別(屋外、屋内)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ジオマーケティングソフトウェアの世界市場:展開別(クラウドベース、オンプレミス) ・ジオマーケティングソフトウェアの世界市場:ロケーション別(屋外、屋内) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のCAD/CAM歯科装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、CAD/CAM歯科装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CAD/CAM歯科装置の概要 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:開発段階別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:セグメント別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:領域別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:規制Path別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別CAD/CAM歯科装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・CAD/CAM歯科装置の最近動向
  • 超疎水性コーティング剤の世界市場:基質別(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミックス)、最終用途別(自動車、航空宇宙、建築・建設、船舶、テキスタイル、エレクトロニクス、医療)、地域別予測
    本資料は、超疎水性コーティング剤の世界市場について調べ、超疎水性コーティング剤の世界規模、市場動向、市場環境、基質別(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミックス)分析、最終用途別(自動車、航空宇宙、建築・建設、船舶、テキスタイル、エレクトロニクス、医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超疎水性コーティング剤の世界市場概要 ・超疎水性コーティング剤の世界市場環境 ・超疎水性コーティング剤の世界市場動向 ・超疎水性コーティング剤の世界市場規模 ・超疎水性コーティング剤の世界市場規模:基質別(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミックス) ・超疎水性コーティング剤の世界市場規模:最終用途別(自動車、航空宇宙、建築・建設、船舶、テキスタイル、エレクトロニクス、医療) ・超疎水性コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超疎水性コーティング剤の北米市場規模・予測 ・超疎水性コーティング剤のアメリカ市場規模・予測 ・超疎水性コ …
  • 全身性乾癬治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、全身性乾癬治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、全身性乾癬治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、作用機序別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ナノファイバーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノファイバーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調べ、ソフトウェアテストサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソフトウェアテストサービスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アプリケーションテスト、製品テスト)、エンドユーザー別(金融、テレコム及びメディア、製造業、小売、IT、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はソフトウェアテストサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ソフトウェアテストサービスの市場状況 ・ソフトウェアテストサービスの市場規模 ・ソフトウェアテストサービスの市場予測 ・ソフトウェアテストサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アプリケーションテスト、製品テスト) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(金融、テレコム及 …
  • 世界の医療用真空ポンプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用真空ポンプ市場2016について調査・分析し、医療用真空ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • スマートセキュリティの世界市場:監視システム、アクセス制御システム、侵入者警報装置
    当調査レポートでは、スマートセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートセキュリティの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • AMPKベータ活性体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMPKベータ活性体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMPKベータ活性体の概要 ・AMPKベータ活性体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAMPKベータ活性体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMPKベータ活性体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMPKベータ活性体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 放射線量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、放射線量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線量管理市場規模、モダリティ別(X線写真・マンモグラフィー、核医療スキャン、コンピューター断層撮影(CT)、蛍光透視・インターベンショナル撮像、その他)分析、製品・サービス別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(心臓病、整形外科、癌、その他)分析、エンドユーザー別(外来治療、研究機関・大学医療センター、病院・クリニック、診断センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 放射線量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 放射線量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 放射線量管理の世界市場:モダリティ別(X線写真・マンモグラフィー、核医療スキャン、コンピューター断層撮影(CT)、蛍光透視・インターベンショナル撮像、その他) ・ 放射線量管理の世界市場:製品・サービス別(ソフトウェア、サービス) ・ 放射線量管理の世界市場:用途別(心臓病、整形外科、癌、その他) ・ 放射線量 …
  • 世界のスポーツ医学用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツ医学用デバイス市場2015について調査・分析し、スポーツ医学用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のノルマルブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のノルマルブタノール市場2015について調査・分析し、ノルマルブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT)のフェーズ3治験薬の状況 ・ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT)治療薬の市場規模(販売予測) ・ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy/HRT)治 …
  • 起立性低血圧症治療薬の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、起立性低血圧症治療薬の世界市場について調べ、起立性低血圧症治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、起立性低血圧症治療薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ミドドリン、ノーセラ(ドロキシドパ)、フルドロコルチゾン、他の薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は起立性低血圧症治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・起立性低血圧症治療薬の市場状況 ・起立性低血圧症治療薬の市場規模 ・起立性低血圧症治療薬の市場予測 ・起立性低血圧症治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ミドドリン、ノーセラ(ドロキシドパ)、フルドロコルチゾン、他の薬) ・起立性低血圧症治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関 …
  • 電動歯ブラシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動歯ブラシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動歯ブラシの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイカストマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダイカストマシーンの世界市場について調査・分析し、ダイカストマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダイカストマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ダイカストマシーン種類別分析(ホットチャンバーダイカストマシーン、コールドチャンバーダイカストマシーン)、ダイカストマシーン用途別分析(自動車産業、器具、3C産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダイカストマシーンの市場概観 ・ダイカストマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダイカストマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダイカストマシーンの世界市場規模 ・ダイカストマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダイカストマシーンのアメリカ市場規模推移 ・ダイカストマシーンのカナダ市場規模推移 ・ダイカストマシーンのメキシコ市場規模推移 ・ダイカストマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダイカストマシーンのドイツ市場 …
  • 世界の尿素リン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿素リン酸市場2015について調査・分析し、尿素リン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二硼化クロム市場2016
    本調査レポートでは、世界の二硼化クロム市場2016について調査・分析し、二硼化クロムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症)の概要 ・髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・髄膜炎菌性敗血症(髄膜炎菌感染症)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・髄 …
  • 生分解性プラスチックの世界市場
    当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、生分解性プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生分解性プラスチックの世界市場:市場動向分析 - 生分解性プラスチックの世界市場:競争要因分析 - 生分解性プラスチックの世界市場:用途別 ・農業および園芸 ・自動車 ・繊維製品 ・射出成型 ・包装 ・その他 - 生分解性プラスチックの世界市場:種類別 ・ポリエステル ・ポリヒドロキシアルカノエート(PHA) ・ポリ乳酸(PLA) ・ポリカプロラクトン(PCL) ・ポリ-3-ヒドロキシ酪酸(PHB) ・ポリブチレンサクシネート(PBS) ・澱粉ブレンド ・再生セルロース ・その他 - 生分解性プラスチックの世界市場:主要地域別分析 - 生分解性プラスチックの北米市場規模(アメリカ市場等) - 生分解性プラスチックのヨーロッパ市場規模 - 生分解性プラスチックのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生分解性プラスチックの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 地理情報システム(GIS)の世界市場予測
    本調査レポートでは、地理情報システム(GIS)の世界市場について調査・分析し、地理情報システム(GIS)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 血栓除去機器の世界市場
    当調査レポートでは、血栓除去機器の世界市場について調査・分析し、血栓除去機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血栓除去機器の世界市場:市場動向分析 - 血栓除去機器の世界市場:競争要因分析 - 血栓除去機器の世界市場:用途別 ・末梢血管用 ・神経血管用 ・心臓血管用 - 血栓除去機器の世界市場:製品別 ・超音波血栓除去機器 ・流体力学的血栓除去機器 ・機械的/破砕的血栓除去機器 ・吸引型血栓除去機器 - 血栓除去機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・病院および外科センター ・研究所および学術機関 ・その他 - 血栓除去機器の世界市場:主要地域別分析 - 血栓除去機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血栓除去機器のヨーロッパ市場規模 - 血栓除去機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血栓除去機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 北米の装具市場動向(~2021)
  • アイウェア用3Dプリンターの世界市場予測2019-2024
    「アイウェア用3Dプリンターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、平台型プリンター、ユニバーサルプリンターなど、用途別には、Prescription Glasses、Sunglasses、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アイウェア用3Dプリンターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場概要(サマリー) ・アイウェア用3Dプリンターの企業別販売量・売上 ・アイウェア用3Dプリンターの企業別市場シェア ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場規模:種類別(平台型プリンター、ユニバーサルプリンター) ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場規模:用途別(Prescription Glasses、Sunglasses、Others) ・アイウェア用3Dプリンターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アイウェア用3Dプリンターのアジア市場規模(日本、中国、韓国 …
  • 澱粉回収システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、澱粉回収システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、澱粉回収システム市場規模、施設規模別(小規模、中規模、大規模)分析、コンポーネント別(フィリングステーション、スクリューコンベア、バキュームフィルター(真空ろ過機)、液体遠心分離機、精製シーブ、その他)分析、用途別(乾燥食品、チップス・スナックペレット、冷凍製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 澱粉回収システムの世界市場:市場動向分析 ・ 澱粉回収システムの世界市場:競争要因分析 ・ 澱粉回収システムの世界市場:施設規模別(小規模、中規模、大規模) ・ 澱粉回収システムの世界市場:コンポーネント別(フィリングステーション、スクリューコンベア、バキュームフィルター(真空ろ過機)、液体遠心分離機、精製シーブ、その他) ・ 澱粉回収システムの世界市場:用途別(乾燥食品、チップス・スナックペレット、冷凍製品、その他) ・ 澱粉回収システムの世界市場:主要地 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"