"骨密度計の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7438)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"骨密度計の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global bone densitometers market is projected to grow at a CAGR of 4.7%.”
The bone densitometers market is projected to reach USD 311 million by 2024 from USD 247 million in 2019, at a CAGR of 4.7% during the forecast period. The growth in the bone densitometers market is majorly driven by the increasing prevalence of osteoporosis and the rising geriatric population. However, factors such as the high cost of bone densitometers and low awareness are expected to hinder the growth of this market.

“The dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) scanners segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”
Based on the type, the bone densitometers market is segmented into dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) scanners and peripheral bone densitometers. The dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) scanners segment is projected to witness the highest growth in the bone densitometers market during the forecast period. Growth in this segment is attributed to their advantages over peripheral bone densitometers. Moreover, results obtained from DXA scanners can be interpreted using WHO scores for greater accuracy, which accounts for their high use.

“The osteoporosis & osteopenia diagnosis segment accounted for the largest market share in 2018.”
On the basis of application, the bone densitometers market has been segmented into osteoporosis & osteopenia diagnosis, body composition measurement, rheumatoid arthritis diagnosis, cystic fibrosis diagnosis, and chronic kidney disease diagnosis. The osteoporosis & osteopenia diagnosis segment accounted for the largest market share in 2018. This can be attributed to the growing geriatric population and the subsequent increase in the prevalence of osteoporosis, the increasing risk of osteoporosis in menopausal women, and the growing global incidence of fragility fractures.

“In 2018, the hospitals & specialty clinics segment accounted for the largest share of the market.”
Based on end user, the bone densitometers market is segmented into hospitals & specialty clinics, diagnostic & imaging centers, and other end users. In 2018, hospitals & specialty clinics accounted for the largest share of the bone densitometers market, and this trend is expected to continue during the forecast period. The majority of bone density scans are performed in hospitals owing to the higher preference of patients for hospital-based treatment monitoring for diseases such as cystic fibrosis, chronic kidney diseases, and osteoporosis.

“North America is expected to hold the largest share for players operating in the bone densitometers market.”
North America accounted for the largest share of the bone densitometers market in 2018. Factors such as
high consumer awareness, increase in healthcare expenditure, increasing prevalence of osteoporosis, and the presence of key market players in the region are among the few factors expected to contribute to the growth of this market.
A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1 (33%), Tier 2 (45%), and Tier 3 (22%)
• By Designation: C-level (31%), Director-level (37%), and Others (32%)
• By Region: North America (35%), Europe (30%), Asia Pacific (15%), Latin America (10%), and the Middle East & Africa (10%)
The prominent players in the bone densitometers market include GE Healthcare (US), Hologic, Inc. (US), OSI Systems, Inc. (US), Diagnostic Medical Systems Group (France), Swissray Global Healthcare Holding, Ltd. (Taiwan), BeamMed, Ltd. (Israel), Echolight S.P.A (Italy), Scanflex Healthcare AB (Sweden), Medonica Co., Ltd. (South Korea), Eurotec Systems S.r.l (Italy), Ampall Co., Ltd. (South Korea), L’acn L’accessorio Nucleare S.R.L (Italy), Shenzen XRAY Electric Co., Ltd. (China), YOZMA BMTech Co., Ltd. (South Korea), Nanoomtech Co., Ltd. (South Korea), Osteosys Corporation (South Korea), FURUNO Electric Co., Ltd. (Japan), Xianyang Kanrota Digital Ultrasound System, Co., Ltd. (China), XinGaoYi Co., Ltd. (China), Anjue Medical Equipment (China), Oscare Medical Oy (Finland), Medilink (France), CyberLogic, Inc. (US), Nanjing Kejin Industrial Co., Ltd. (China), and Trivitron Healthcare (India).

Research Coverage:
This report analyzes the market for various bone densitometers and their adoption patterns. It aims at estimating the market size and future growth potential of the global bone densitometers market and its type, application, end user, and regional segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global bone densitometers market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by type, application, end user, and region.
• Market Diversification: Exhaustive information about the new product, growing geographies, and recent developments in the global bone densitometers market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market ranking, growth strategies, revenue analysis, and services of leading players in the global bone densitometers market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"骨密度計の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Markets Covered
1.2.2 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Bone Densitometers: Market Overview
4.2 Market: Geographic Growth Opportunities
4.3 Regional Mix: Market (2019–2024)
5 Market Overview (Page No. – 29)
5.1 Introduction
5.2 Market Drivers
5.2.1 Rising Incidence of Osteoporosis
5.2.2 Rising Geriatric Population
5.2.3 Rising Prevalence of Kidney Disease
5.3 Market Restraints
5.3.1 High Cost of Bone Densitometers
5.4 Market Opportunities
5.4.1 Growth Opportunities in Emerging Markets
5.5 Market Challenges
5.5.1 Lack of Access to Diagnostics
5.5.2 Unfavorable Reimbursement Scenario
5.5.3 Hospital Budget Cuts
6 Market, By Type (Page No. – 34)
6.1 Introduction
6.2 Dual-Energy X-Ray Absorptiometry Scanners
6.2.1 Dxa Examinations are the Gold Standard of Osteoporosis Diagnostics
6.3 Peripheral Bone Densitometers
6.3.1 Quantitative Ultrasound Scanners
6.3.1.1 Radiation-Free and Inexpensive Nature Will Support Market Growth of These Devices
6.3.2 Radiographic Absorptiometry Scanners
6.3.2.1 Ra Scanners are Turning Obsolete Due to Their Low Efficacy
7 Market, By Application (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Osteoporosis & Osteopenia Diagnosis
7.2.1 Osteoporosis & Osteopenia Diagnosis is the Largest Application Segment in the Bone Densitometers Market
7.3 Cystic Fibrosis Diagnosis
7.3.1 People Affected By Cystic Fibrosis are at High Risk of Osteoporosis and Osteopenia, Owing to Which They are Recommended to Undergo Bone
Density Tests
7.4 Chronic Kidney Disease Diagnosis
7.4.1 Rising Geriatric Population and the Subsequent Growth in the Prevalence of Chronic Kidney Diseases to Support Market Growth
7.5 Body Composition Measurement
7.5.1 Growing Focus on Athlete Performance is A Major Factor Driving the Growth of This Market Segment
7.6 Rheumatoid Arthritis Diagnosis
7.6.1 Rheumatoid Arthritis Patients are at A High Risk of Osteoporosis and Osteoporotic Fractures
8 Market, By End User (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals & Specialty Clinics
8.2.1 Hospitals & Specialty Clinics are the Largest End Users of Bone Densitometers
8.3 Diagnostic & Imaging Centers
8.3.1 Increasing Number of Private Imaging Centers to Support Market Growth
8.4 Other End Users
9 Market, By Region (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Bone Densitometers Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 The Rising Geriatric Population to Support Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Increasing Prevalence of Osteoporosis to Drive Market Growth in Germany
9.3.2 France
9.3.2.1 Increasing Healthcare Expenditure in France to Boost the Adoption of Bone Densitometers
9.3.3 UK
9.3.3.1 Increasing Number of Fragility Fracture Cases to Drive the Growth of the Market
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Large Geriatric Population in the Country & Subsequent Increase in the Prevalence of Age-Related Chronic Conditions to Drive
Market Growth
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increasing Incidence of Orthopedic Conditions to Drive the Market for Bone Densitometers in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan is the Largest Market for Bone Densitometers in the APAC
9.4.2 China
9.4.2.1 The Chinese Market is Driven By Rising Geriatric Population and Growing Healthcare Access
9.4.3 India
9.4.3.1 Rising Osteoporosis & Osteoarthritis Rates Have Supported the Demand for Bone Densitometers in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Efforts to Close the Care Gap and Increase Healthcare Accessibility are Supporting Market Growth in Latam
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 MEA Presents Unsaturated Markets, But Political Instability has Hindered Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 89)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 92)
(Business Overview, Products Offered, and Recent Developments)*
11.1 GE Healthcare
11.2 Hologic, Inc.
11.3 OSI Systems, Inc.
11.4 Diagnostic Medical Systems Group
11.5 Swissray Global Healthcare Holding, Ltd.
11.6 Beammed, Ltd.
11.7 Echolight S.P.A
11.8 Scanflex Healthcare AB
11.9 Medonica Co., Ltd.
11.10 Eurotec Medical Systems S.R.L.
11.11 Ampall Co., Ltd.
11.12 L’acn L’accessorio Nucleare S.R.L
11.13 Shenzen Xray Electric Co., Ltd.
11.14 Yozma Bmtech Co., Ltd.
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.15 Other Major Companies
11.15.1 Nanoomtech Co., Ltd.
11.15.2 Osteosys Corporation
11.15.3 Furuno Electric Co., Ltd.
11.15.4 Xianyang Kanrota Digital Ultrasound System, Co., Ltd.
11.15.5 Xingaoyi Co., Ltd.
11.15.6 Anjue Medical Equipment Co., Ltd.
12 Appendix (Page No. – 110)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】骨密度計の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7438
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
骨密度計の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 半自律走行車及び自律走行車の世界市場予測:技術、構成品、パワートレイン(従来型車両、ハイブリッド車、電気自動車)
    当調査レポートでは、半自律走行車及び自律走行車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成品別分析、パワートレイン別分析、車両種類別分析、半自律走行車及び自律走行車の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(AFM、プローブ、ソフトウェア)分析、グレード別(工業用、研究用)分析、用途別(材料科学、生命科学、半導体&エレクトロニクス、学術)分析、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場規模が2019年441百万ドルから2024年586百万ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。
  • 患者介助器具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、患者介助器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、患者介助器具の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 患者介助器具は、身体を動かす力が欠如している患者の移動の介助をする器具です。患者介助器具は、病院、通院外科診療所(ASC)、高齢者福祉施設などで、患者をベッドから椅子に座らせたり、立たせたり、移動する際に使用します。Technavio社は患者介助器具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Getinge• Hill-Rom• Invacare• Stryker等です。
  • 航空用複合材料の世界市場:ガラス繊維、炭素繊維、アラミド繊維
    当調査レポートでは、航空用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空用複合材料の世界市場規模及び予測、複合材種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アーケードゲームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アーケードゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーケードゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はアーケードゲームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(9.28%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CXC Simulations• Eleetus• NAMCO• SEGA等です。
  • 免疫タンパク診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、免疫タンパク診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫タンパク診断検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 先端画像診断の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 包装産業向けアルミニウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、包装産業向けアルミニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装産業向けアルミニウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バス用HVAC(空調)装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用HVAC(空調)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、バス用HVAC(空調)装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルエポキシ樹脂の世界市場予測(~2022年):ウレタン変性、ゴム変性、ダイマー酸
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フレキシブルエポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フレキシブルエポキシ樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、産業別分析、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジアのLBS(位置情報サービス)市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアのLBS(位置情報サービス)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアのLBS(位置情報サービス)市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 切替スイッチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、切替スイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、切替スイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手動カミソリ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手動カミソリ市場2015について調査・分析し、手動カミソリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 焼結鋼の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、焼結鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ステンレス、炭素鋼、合金鋼、工具鋼)分析、プロセス別(金属射出成形、従来型、粉末鍛造、添加剤)分析、エンドユーズ産業別分析、用途別分析、焼結鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、焼結鋼の世界市場規模が2019年236億ドルから2024年283億ドルまで年平均3.7%成長すると予測しています。
  • 電子送金の世界市場:種類別(国内送金、海外送金)、用途別(消費者、企業)、地域別予測
    本資料は、電子送金の世界市場について調べ、電子送金の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(国内送金、海外送金)分析、用途別(消費者、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはWestern Union、Ria Financial Services、PayPal/Xoom、TranferWise、WorldRemit、MoneyGram、Remitly、Azimo、TranferGo、InstaReM、TNG Wallet、Coins.ph、Toast、Orbit Remit、Smiles/Digital Wallet Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電子送金の世界市場概要 ・電子送金の世界市場環境 ・電子送金の世界市場動向 ・電子送金の世界市場規模 ・電子送金の世界市場規模:種類別(国内送金、海外送金) ・電子送金の世界市場規模:用途別(消費者、企業) ・電子送金の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子送金の北米市場 …
  • 塩素コンプレッサーの世界市場2014-2025:製品別(液封圧縮機、遠心式圧縮機)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、塩素コンプレッサーの世界市場について調査・分析し、塩素コンプレッサーの世界市場動向、塩素コンプレッサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別塩素コンプレッサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 除細動器の世界市場分析:植え込み型除細動器、体外式除細動器
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、除細動器の世界市場について調査・分析し、除細動器の世界市場動向、除細動器の世界市場規模、市場予測、セグメント別除細動器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 支援技術の世界市場:装置別、地域別
    本レポートは、支援技術の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(植物ベースの牛肉、植物ベースの鶏肉、植物ベースの豚肉)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・支援技術の世界市場:装置別(感覚補助具、移動補助具、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 家庭用誘導ホブの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用誘導ホブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用誘導ホブの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用誘導ホブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Electrolux、Haier、Panasonic、Robert Bosch、Whirlpool等です。
  • ミクロトームの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ミクロトームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(機器(ロータリー、クライオスタット)、アクセサリ)分析、用途別(疾患診断、医学研究)分析、技術別(手動、半自動、全自動)分析、エンドユーザー別(病院、臨床検査室)分析、ミクロトームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ミクロトームの世界市場規模が2019年129百万ドルから2024年177百万ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • 世界のペクチナーゼ市場2016
    本調査レポートでは、世界のペクチナーゼ市場2016について調査・分析し、ペクチナーゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • HVAC(空調)用チラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、HVAC(空調)用チラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(空調)用チラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アドバンストシネマプロジェクタの世界市場予測2019-2024
    「アドバンストシネマプロジェクタの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、 2K以下、4K、8Kなど、用途別には、Commercial、Residentialなどに区分してまとめた調査レポートです。アドバンストシネマプロジェクタのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アドバンストシネマプロジェクタの世界市場概要(サマリー) ・アドバンストシネマプロジェクタの企業別販売量・売上 ・アドバンストシネマプロジェクタの企業別市場シェア ・アドバンストシネマプロジェクタの世界市場規模:種類別( 2K以下、4K、8K) ・アドバンストシネマプロジェクタの世界市場規模:用途別(Commercial、Residential) ・アドバンストシネマプロジェクタの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アドバンストシネマプロジェクタのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アドバンストシネマプロジェクタの欧 …
  • EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの整形外科補綴市場見通し
  • Anti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体の概要 ・Anti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-Dickkopf-1 (Dkk-1)抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界及び日本の化粧コンクリート市場2017-2022
  • 美容医療の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、美容医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(ボトックス、ダーマルフィラー、脂肪吸引、セルライト除去、脂肪除去、皮膚引き締め、乳房インプラント、刺青除去、スレッドリフト)分析、エンドユーザー(クリニック、医療スパ、病院、美容センター)分析、美容医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスチレンモノマー(SM)市場2016
    本調査レポートでは、世界のスチレンモノマー(SM)市場2016について調査・分析し、スチレンモノマー(SM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 車両・電力統合技術(V2G)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、車両・電力統合技術(V2G)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、車両・電力統合技術(V2G)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場について調査・分析し、民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練市場の概要 3. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場 2016-2026 4. 世界の民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練2次市場予測 2016-2026 5. 主要地域の民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練市場予測 2016-2026 6. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練市場のSWOT分析 2016-2026 7. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練企業主要15社 8. 結論および推奨事項 9. 用語集
  • 日本の心臓人工弁市場(~2021)
  • 航空機除氷の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機除氷の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機除氷市場規模、方式別(代替方式、液体除氷)分析、使用機器別(除氷機、除氷トラック、その他)分析、使用液種類別(タイプI、タイプII、タイプIII、タイプIV)分析、用途別(商業航空機、軍用航空機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機除氷の世界市場:市場動向分析 ・ 航空機除氷の世界市場:競争要因分析 ・ 航空機除氷の世界市場:方式別(代替方式、液体除氷) ・ 航空機除氷の世界市場:使用機器別(除氷機、除氷トラック、その他) ・ 航空機除氷の世界市場:使用液種類別(タイプI、タイプII、タイプIII、タイプIV) ・ 航空機除氷の世界市場:用途別(商業航空機、軍用航空機) ・ 航空機除氷の世界市場:主要地域別分析 ・ 航空機除氷の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空機除氷のヨーロッパ市場規模 ・ 航空機除氷のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • ジオクチルマレエートの世界市場:エンドユーズ別
    当調査レポートでは、ジオクチルマレエートの世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ別(接着剤、エマルジョン塗料、界面活性剤、湿潤剤、可塑剤、繊維コーティングなど)分析、地域別分析、競争状況、製造企業動向、販売業企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ジオクチルマレエートの世界市場:エンドユーズ別(接着剤、エマルジョン塗料、界面活性剤、湿潤剤、可塑剤、繊維コーティングなど) ・ジオクチルマレエートの世界市場:地域別 ・競争状況 ・製造企業動向 ・販売業企業動向
  • 医療用ワークフォース管理システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ワークフォース管理システムの世界市場について調査・分析し、医療用ワークフォース管理システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ワークフォース管理システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ワークフォース管理システム種類別分析()、医療用ワークフォース管理システム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ワークフォース管理システムの市場概観 ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ワークフォース管理システムの世界市場規模 ・医療用ワークフォース管理システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ワークフォース管理システムのアメリカ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのカナダ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのメキシコ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのヨーロッパ市 …
  • ガムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Mars、Mondelēz International、Perfetti Van Melle、Lotte等です。
  • 飼料用香味料と甘味料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、飼料用香味料と甘味料の世界市場について調査・分析し、飼料用香味料と甘味料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:由来別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:形状別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:家畜別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • プリンテッドエレクトロニクスの世界市場見通し2016-2022:スクリ—ン印刷、グラビア印刷、フレキソ印刷、インクジェット印刷、その他技術
    当調査レポートでは、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:装置別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:材料別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:技術別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの北米市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの欧州市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスのアジア市場規模 ・プリンテッドエレクトロニクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • インシデント対応の世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、サービス別、セキュリティタイプ別、導入モード別、組織規模別、地域別予測
    本資料は、インシデント対応の世界市場について調べ、インシデント対応の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、サービス別分析、セキュリティタイプ別分析、導入モード別分析、組織規模別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インシデント対応の世界市場概要 ・インシデント対応の世界市場環境 ・インシデント対応の世界市場動向 ・インシデント対応の世界市場規模 ・インシデント対応の世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・インシデント対応の世界市場規模:サービス別 ・インシデント対応の世界市場規模:セキュリティタイプ別 ・インシデント対応の世界市場規模:導入モード別 ・インシデント対応の世界市場規模:組織規模別 ・インシデント対応の世界市場:地域別市場規模・分析 ・インシデント対応の北米市場規模・予測 ・インシデント対応のアメリカ市場規模・予測 ・インシデント対応のヨーロッパ市場規模・予測 ・イン …
  • 卓球用品の世界市場:ラケット、ボール、卓球台
    当調査レポートでは、卓球用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓球用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 膝インプラントの世界市場:産業分析、市場予測
  • オートクレーブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートクレーブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートクレーブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポストプロダクションの世界市場2017-2021:その他サービス、VFX、2D-3D変換その他サービス、VFX、2D-3D変換
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポストプロダクションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポストプロダクションの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポストプロダクションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Blue Sky Studios、DreamWorks Animation、INDUSTRIAL LIGHT & MAGIC、Walt Disney Animation Studios等です。
  • ケーキおよびペストリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ケーキおよびペストリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーキおよびペストリーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホール効果電流センサの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ホール効果電流センサの世界市場について調査・分析し、ホール効果電流センサの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ホール効果電流センサの世界市場規模:技術別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:種類別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:出力別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IPマルチメディアサブシステム(IMS)市場規模、技術別(モバイルアクセス、固定アクセス)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cisco, Huawei Technologies, Nokia, Telefonaktiebolaget LM Ericsson, ZTEなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場概要 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場環境 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場動向 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場規模 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場:業界構造分析 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場:技術別(モバイルアクセス、固定アクセス) ・IPマルチメディアサブシステム(IM …
  • 電動スクーター用電池の世界市場:鉛蓄電池、ニッケル・水素充電池、リチウムイオン電池
    当調査レポートでは、電動スクーター用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動スクーター用電池の世界市場規模及び予測、電池種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの不正検知&不正防止、アンチマネーロンダリング(AML)および口座乗っ取り市場
  • アラミド繊維の世界市場:製品別(パラアラミド、メタアラミド)、用途別(セキュリティ・保護、摩擦材、光ファイバー)、セグメント予測
    アラミド繊維の世界市場は2025年には59億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、建設、製造、石油・ガス、法執行機関、軍事、消防といった最終用途産業における防護服に対する需要の増加が考えられます。本調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、アラミド繊維の世界市場動向、アラミド繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別アラミド繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"