"マルウェア解析の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7442)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"マルウェア解析の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

An increase in the number of sophisticated and targeted cyber-attacks faced by organizations is driving the growth of the global malware analysis market.
The global malware analysis market size is projected to grow from USD 3.0 billion in 2019 to USD 11.7 billion by 2024, at a CAGR of 31.0% from 2019 to 2024. The increasing sophistication of malware attacks, lack in availability of staff, stringent regulations & compliances, lack of centralized view on threats, and a high number of false alerts have contributed to the considerable share in the malware analysis ecosystem.

By deployment, the cloud segment is estimated to hold a larger malware analysis market share than the on-premise segment in 2019.
Organizations, nowadays, are migrating their infrastructure to cloud due to its lower cost and features such as agility, scalability, speed, and cost-efficiency. In cloud deployments, a service provider hosts the entire infrastructure and capabilities with them, which are provided to organizations on a need-basis and can scale up when required. As the cloud system provides users with the ability to execute tasks anywhere, it also makes the system more vulnerable to cyberattacks, and the malware can be spread in these environments more quickly.

However, cloud solutions also make detection faster by scanning all the endpoints and servers that are connected in the system. Organizations suffer from shortages in staff when it comes to maintaining security operations. Cloud platforms also come with other additional services such as support and consulting which are provided by security vendors, managed security service providers, and other vendors who offer malware analysis platform or solutions.

The Asia Pacific malware analysis market is expected to register the highest growth rate during the forecast period.
APAC comprises a few of the largest economies in the world, such as China, India, Japan, and Australia. The malware attack landscape in these countries is changing every day, and the number of threats is increasing at an alarming rate. The sophistication in malware attacks faced by these regions is also changing and growing more complex each day. As more and more technologies or complex projects are being taken up, it is also becoming more vulnerable to sophisticated malware attacks.

APAC is an ideal environment for cybercriminals to thrive in, due to the high digital connectivity, contrasted with the low cybersecurity awareness, growing cross-border data transfers, and weak regulations. Due to the increasing number of alerts and threats combined with the comparative shortage in staff, approximately 50% of threats are going undetected. Malware analysis solutions can increase the efficiency of security solutions by responding to low-level incidents without any human assistance.

• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 35%
• By Designation: C-level – 30%, D-level – 35%, and Others – 35%
• By Region: North America – 40%, Europe – 25%, Asia Pacific – 25%, RoW – 10%
Major vendors offering malware analysis solutions include Cisco Systems. Inc (US), Palo Alto Networks (US), FireEye (US), Sophos Group (US), Symantec Corporation (US), Kaspersky Lab (Russia), Fortinet, Check Point Software Technologies (Israel), Qualys (US), McAfee (US). The malware analysis market study includes an in-depth competitive analysis of these key players, along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the malware analysis market size across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential across different segments, including components, application area, deployment mode, organization size, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the leading market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the global malware analysis market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. Moreover, the report will provide insights for stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"マルウェア解析の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Vendor Selection and Evaluation
2.1.1.2 Geographic Analysis
2.1.1.3 Analysis of Industry Trends
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Revenue Estimates
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.3.3 Top-Down Approach
2.4 Market Forecast
2.4.1 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Malware Analysis Market
4.2 Market By Component, 2019 – 2024
4.3 Market By Organization Size, 2019 – 2024
4.4 Market By Deployment, 2019 – 2024
4.5 Market By Vertical, 2019 – 2024
4.6 Market By Country, 2019 – 2024
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rapid Increase in Frequency of Malware Attacks and Ever-Changing Threat Landscape
5.2.1.2 Sophistication of Malware Attacks on Different Touchpoints
5.2.1.3 Increased Government Regulations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Budgetary Constraints in Fulfilling Different Malware Attacks
5.2.2.2 Use of Pirated, Open-Source Antiviruses
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Implementation of Automation for Preventing Malware Attacks Caused Due to Human Errors
5.2.3.2 Enterprises Upscaling Toward Agile Infrastructure
5.2.3.3 Inability of Web Filtration and Antivirus Solutions to Secure Business Applications From Advanced Malware Attacks
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Security Professionals
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
6 Malware Analysis Market By Component (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Solution
6.2.1 Static Analysis
6.2.2 Dynamic Analysis
6.3 Services
6.3.1 Training, Consulting, and Advisory
6.3.2 Integration and Implementation
6.3.3 Managed Security Information and Event Management
7 Malware Analysis Market By Deployment (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 On-Premises
7.2.1 On-Premises Deployment Mode to Give Organizations More Control Over Data
7.3 Cloud
8 Malware Analysis Market By Organization Size (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.3 Large Enterprises
9 Malware Analysis Market By Vertical (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.3 Government and Defense
9.4 Healthcare
9.5 It and Telecom
9.6 Manufacturing
9.7 Research and Academia
9.8 Others
10 Malware Analysis Market By Region (Page No. – 86)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.2 Germany
10.3.3 France
10.3.4 Spain
10.3.5 Nordic Region
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 Singapore
10.4.5 Australia and New Zealand
10.4.6 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 United Arab Emirates
10.5.2 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.3 Nigeria
10.5.4 South Africa
10.5.5 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Mexico
10.6.2 Brazil
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 136)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Ranking of Key Players
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches and Product Enhancements
11.4.2 Partnerships and Collaborations
11.4.3 Mergers and Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 143)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Cisco Systems
12.3 Palo Alto Networks
12.4 Fireeye
12.5 Sophos
12.6 Symantec
12.7 Kaspersky Lab
12.8 Fortinet
12.9 Check Point Software Technologies
12.10 Qualys
12.11 Mcafee
12.12 Trend Micro Incorporated
12.13 AT&T
12.14 Juniper Networks
12.15 Crowdstrike
12.16 Vipre (J2 Global)
12.17 Lastline
12.18 Intezer
12.19 Proofpoint
12.20 Vmray
12.21 Fidelis Cybersecurity
12.22 Cylance (Blackberry)
12.23 Malwarebytes
12.24 Joe Security
12.25 Forcepoint
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 181)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】マルウェア解析の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7442
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
マルウェア解析の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のデジタル・フォレンジック市場
  • 対IED(即席爆発装置)の世界市場予測(~2022年):軍事、国土安全
    当調査レポートでは、対IED(即席爆発装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンドユーザー別分析、導入別分析、機能別分析、地域別分析、対IED(即席爆発装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬剤
  • 世界の金属切削工具市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属切削工具市場2015について調査・分析し、金属切削工具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 射撃練習場の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、射撃練習場の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、射撃練習場の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 嫌気性消化(AD)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、嫌気性消化(AD)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・嫌気性消化(AD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・嫌気性消化(AD)の世界市場:北米市場規模予測 ・嫌気性消化(AD)の世界市場:ヨーロッパ市場規模予測 ・嫌気性消化(AD)の世界市場:アジア市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のマンモグラフィー装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、マンモグラフィー装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マンモグラフィー装置の概要 ・マンモグラフィー装置の開発動向:開発段階別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:セグメント別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:領域別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:規制Path別分析 ・マンモグラフィー装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別マンモグラフィー装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・マンモグラフィー装置の最近動向
  • 超崩壊剤の世界市場:種類別(合成、天然、その他)、剤型別(錠剤、カプセル剤)、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)、地域別予測
    本資料は、超崩壊剤の世界市場について調べ、超崩壊剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(合成、天然、その他)分析、剤型別(錠剤、カプセル剤)分析、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超崩壊剤の世界市場概要 ・超崩壊剤の世界市場環境 ・超崩壊剤の世界市場動向 ・超崩壊剤の世界市場規模 ・超崩壊剤の世界市場規模:タイプ別(合成、天然、その他) ・超崩壊剤の世界市場規模:剤型別(錠剤、カプセル剤) ・超崩壊剤の世界市場規模:治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性) ・超崩壊剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超崩壊剤の北米市場規模・予測 ・超崩壊剤のアメリカ市場規模・予測 ・超崩壊剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・超崩壊剤のアジア市場規模・予測 ・超崩壊剤の日本市場規模・予測 ・超崩壊剤の中国市場規模・予測 ・関連企 …
  • 世界の臭化ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の臭化ナトリウム市場2016について調査・分析し、臭化ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮脂腺腫(Adenomas):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮脂腺腫(Adenomas)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮脂腺腫(Adenomas)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮脂腺腫(Adenomas)の概要 ・皮脂腺腫(Adenomas)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮脂腺腫(Adenomas)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮脂腺腫(Adenomas)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮脂腺腫(Adenomas)治療薬開発 …
  • パッケージ型ボイラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パッケージ型ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージ型ボイラーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモバイルヘルス(m-ヘルス)市場予測
    本調査レポートでは、世界のモバイルヘルス(m-ヘルス)市場について調査・分析し、世界のモバイルヘルス(m-ヘルス)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 脊髄ポンプの世界市場分析:用途別(痙攣管理、疼痛管理、非悪性疼痛、悪性疼痛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、脊髄ポンプの世界市場について調査・分析し、脊髄ポンプの世界市場動向、脊髄ポンプの世界市場規模、市場予測、セグメント別脊髄ポンプ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の洗面器市場2015
    本調査レポートでは、世界の洗面器市場2015について調査・分析し、洗面器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳清タンパク質成分の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、乳清タンパク質成分の世界市場について調査・分析し、乳清タンパク質成分の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・乳清タンパク質成分の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・乳清タンパク質成分の世界市場:セグメント別市場分析 ・乳清タンパク質成分の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 鉱山用化学品の世界市場:粉砕助剤、硫化物コレクター、凝集剤、泡立て剤、溶媒抽出剤
    当調査レポートでは、鉱山用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山用化学品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高性能自動車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高性能自動車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高性能自動車市場規模、製品別(非電気自動車、電気自動車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高性能自動車の世界市場概要 ・高性能自動車の世界市場環境 ・高性能自動車の世界市場動向 ・高性能自動車の世界市場規模 ・高性能自動車の世界市場:業界構造分析 ・高性能自動車の世界市場:製品別(非電気自動車、電気自動車) ・高性能自動車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高性能自動車のアメリカ市場規模・予測 ・高性能自動車のヨーロッパ市場規模・予測 ・高性能自動車のアジア市場規模・予測 ・高性能自動車の主要国分析 ・高性能自動車の世界市場:意思決定フレームワーク ・高性能自動車の世界市場:成長要因、課題 ・高性能自動車の世界市場:競争環境 ・高性能自動車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • エジプトの整形外科補綴市場見通し
  • 医薬品分析試験委託の世界市場分析:サービス別(生物分析検査、メソッド開発とバリデーション、安定性試験)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医薬品分析試験委託の世界市場について調査・分析し、医薬品分析試験委託の世界市場動向、医薬品分析試験委託の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品分析試験委託市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プラズマ切断装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プラズマ切断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラズマ切断装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、半透明コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析、用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析、エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析、半透明コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、半透明コンクリートの世界市場規模が2019年から2024年まで年平均80.0%成長すると予測しています。
  • 天然色素・香味料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、天然色素・香味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然色素・香味料の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 放送機器の世界市場予測(~2023年):ディッシュアンテナ、アンプ、スイッチ、エンコーダー、ビデオ・サーバー、送信機、モジュレータ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、放送機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析、放送機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロックチェーン技術の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、ブロックチェーン技術の世界市場について調べ、ブロックチェーン技術の世界規模、市場動向、市場環境、プロバイダー別分析、応用分野別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ブロックチェーン技術の世界市場概要 ・ブロックチェーン技術の世界市場環境 ・ブロックチェーン技術の世界市場動向 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模 ・ブロックチェーン技術の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:プロバイダー別 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:応用分野別 ・ブロックチェーン技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ブロックチェーン技術の北米市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のアメリカ市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のアジア市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術の日本市場規模・予測 ・ブロック …
  • 人造ダイヤモンドの世界市場
    当調査レポートでは、人造ダイヤモンドの世界市場について調査・分析し、人造ダイヤモンドの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 回転耕運機(ロータベータ)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、回転耕運機(ロータベータ)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、回転耕運機(ロータベータ)市場規模、製品別(油圧型、固定型)分析、ブレード別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AGCO, CNH Industrial, Deere & Company, KUBOTA, Maschio Gaspardo, WECAN GLOBALなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場概要 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場環境 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場動向 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場規模 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場:業界構造分析 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場:製品別(油圧型、固定型) ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場:ブレード別 ・回転耕運機(ロータベータ)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・回転耕運機(ロータベータ)の北米市場規模・予測 ・ …
  • 組織切除の世界市場
    当調査レポートでは、組織切除の世界市場について調査・分析し、組織切除の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 組織切除の世界市場:市場動向分析 - 組織切除の世界市場:競争要因分析 - 組織切除の世界市場:種類別 ・泌尿器科 ・眼科 ・腫瘍科 ・婦人科 ・美容術 ・循環器科 - 組織切除の世界市場:用途別 ・超音波切除 ・高周波切除 ・マイクロ波切除 ・レーザー切除 ・熱水切除 ・外照射 ・凍結切除装置 - 組織切除の世界市場:主要地域別分析 - 組織切除の北米市場規模(アメリカ市場等) - 組織切除のヨーロッパ市場規模 - 組織切除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・組織切除の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • オーディオ アナライザの世界市場予測2019-2024
    「オーディオ アナライザの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、デュアルチャンネル、フォーチャンネル、モジュラーなど、用途別には、Industrial、Commercialなどに区分してまとめた調査レポートです。オーディオ アナライザのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・オーディオ アナライザの世界市場概要(サマリー) ・オーディオ アナライザの企業別販売量・売上 ・オーディオ アナライザの企業別市場シェア ・オーディオ アナライザの世界市場規模:種類別(デュアルチャンネル、フォーチャンネル、モジュラー) ・オーディオ アナライザの世界市場規模:用途別(Industrial、Commercial) ・オーディオ アナライザの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・オーディオ アナライザのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・オーディオ アナライザの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イ …
  • 自動車用LiDARセンサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用LiDARセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用LiDARセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のテラヘルツ波システム市場2015
    本調査レポートでは、中国のテラヘルツ波システム市場2015について調査・分析し、テラヘルツ波システムの中国市場概要、市場規模、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの外傷固定装置市場見通し
  • アクティブ防護システム(APS)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アクティブ防護システム(APS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクティブ防護システム(APS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はアクティブ防護システム(APS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、General Dynamics、Rafael Advanced Defense Systems、Raytheon、Rheinmetall、Saab等です。
  • 世界の油圧センサー市場2015
    本調査レポートでは、世界の油圧センサー市場2015について調査・分析し、油圧センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高可用性サーバーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高可用性サーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高可用性サーバーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高可用性サーバーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCisco Systems、Dell、Hewlett Packard Enterprise Development、IBM、Lenovo等です。
  • エネルギーベース美容機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エネルギーベース美容機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エネルギーベース美容機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の顕微手術ハサミ市場2015
    本調査レポートでは、世界の顕微手術ハサミ市場2015について調査・分析し、顕微手術ハサミの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェーハ裏面研削テープの世界市場:UV硬化性、非UV
    当調査レポートでは、ウェーハ裏面研削テープの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(UV硬化および非UV)分析、ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ウェーハ裏面研削テープの世界市場:種類別(UV硬化および非UV) ・ウェーハ裏面研削テープの世界市場:ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチなど) ・ウェーハ裏面研削テープの世界市場:地域別 ・企業動向
  • IL-1受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-1受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-1受容体拮抗薬の概要 ・IL-1受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-1受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-1受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-1受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マイクロサーバーICの世界市場予測(~2022):プロセッサ別、提供形態別、需要先別、用途別(メディアストレージ、データセンター、クラウドコンピューティング)、地域別
    当調査レポートでは、マイクロサーバーICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プロセッサ別分析、提供形態別分析、需要別分析、用途別分析、マイクロサーバーICの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の血栓管理装置市場(~2021)
  • 直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動式自己注射器の世界市場予測2019-2024
    「自動式自己注射器の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、再利用可能、使い捨てなど、用途別には、Hospitals and Clinics、Home Care Settingsなどに区分してまとめた調査レポートです。自動式自己注射器のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動式自己注射器の世界市場概要(サマリー) ・自動式自己注射器の企業別販売量・売上 ・自動式自己注射器の企業別市場シェア ・自動式自己注射器の世界市場規模:種類別(再利用可能、使い捨て) ・自動式自己注射器の世界市場規模:用途別(Hospitals and Clinics、Home Care Settings) ・自動式自己注射器の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動式自己注射器のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動式自己注射器の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動式 …
  • 麻酔薬の世界市場:タイプ別(全身麻酔、脊椎麻酔、末梢神経ブロック、サドルブロック麻酔、斜角筋間ブロック、IV局所麻酔)、投与経路別(注射、吸入)、製品別(プロポフォール、セボフルラン、デスフルラン、レミフェンタニル、ミダゾラム、デクスメデトミジン、その他)、地域別予測
    本資料は、麻酔薬の世界市場について調べ、麻酔薬の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(全身麻酔、脊椎麻酔、末梢神経ブロック、サドルブロック麻酔、斜角筋間ブロック、IV局所麻酔)分析、投与経路別(注射、吸入)分析、製品別(プロポフォール、セボフルラン、デスフルラン、レミフェンタニル、ミダゾラム、デクスメデトミジン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAstra Zeneca、Abott Laboratories、Baxter International Inc、Boehringer Ingelheim、Eisai Co Ltd、Fresenius SE & Co KGAA、Hospira Inc、Mylan NV、Novartis、Par Pharmaceuticals Companies Inc、Piramal、Pfizer、Roche、Hikma Pharmaceuticals PLC、SAS Institute Incなどです。 ・イントロダクション ・ …
  • 世界のレーザエッチング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザエッチング装置市場2015について調査・分析し、レーザエッチング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 流量計校正の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、流量計校正の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、流量計校正市場規模、製品別(OEMサービスプロバイダ―、サードパーティーサービスプロバイダ―)分析、最終用途別(石油・ガス、上下水道、鉱業、化学工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・流量計校正の世界市場概要 ・流量計校正の世界市場環境 ・流量計校正の世界市場動向 ・流量計校正の世界市場規模 ・流量計校正の世界市場:業界構造分析 ・流量計校正の世界市場:製品別(OEMサービスプロバイダ―、サードパーティーサービスプロバイダ―) ・流量計校正の世界市場:最終用途別(石油・ガス、上下水道、鉱業、化学工業、その他) ・流量計校正の世界市場:地域別市場規模・分析 ・流量計校正のアメリカ市場規模・予測 ・流量計校正のヨーロッパ市場規模・予測 ・流量計校正のアジア市場規模・予測 ・流量計校正の主要国分析 ・流量計校正の世界市場:意思決定フレームワーク ・流量計 …
  • スマートフォンの世界市場
    当調査レポートでは、スマートフォンの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・スマートフォンの世界市場:種類別分析/市場規模 ・スマートフォンの世界市場:OS別分析/市場規模 ・スマートフォンの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートフォンのアメリカ市場規模予測 ・スマートフォンのヨーロッパ市場規模予測 ・スマートフォンのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 通信キャリアのビデオ戦略分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"