"創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT 7445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing number of cross-industry collaborations and partnerships and the need to control drug discovery & development costs and reduce the overall time taken in this process are the key factors driving the AI in the drug discovery market.”
The global AI in the drug discovery market is projected to reach USD 1,434 million by 2024 from USD 259 million in 2019, at a CAGR of 40.8% during the forecast period. Growth in this market is mainly driven by growing number of cross-industry collaborations and partnerships, the need to control drug discovery & development costs and reduce the overall time taken in this process, the rising adoption of cloud-based applications & services, and the impending patent expiry of blockbuster drugs. On the other hand, a lack of data sets in the field of drug discovery and the inadequate availability of skilled labor are some of the factors challenging the growth of the market.

“The immuno-oncology segment accounted for the largest share in 2019.”
Based on application, the artificial intelligence in the drug discovery market is segmented into neurodegenerative diseases, immuno-oncology, cardiovascular disease, metabolic diseases, and other applications. The immuno-oncology segment accounted for the largest share of 44.6% of the AI in the drug discovery market in 2018, owing to the increasing demand for effective cancer drugs. Neurodegenerative diseases form the fastest-growing application segment, with a CAGR of 42.9% during the forecast period. The ability of AI to discover drugs for complex diseases and the emphasis of market players on providing AI-based platforms for neurological diseases are responsible for the fast growth of this application segment.

“The Research centers and academic & government institutes segment to register the highest growth rate in the forecast period.”
Based on end-user, the AI in the drug discovery market is segmented into pharmaceutical & biotechnology companies, contract research organizations, and research centers and academic, & government institutes. In 2018, the pharmaceutical & biotechnology companies segment accounted for the largest share in the AI in the drug discovery market. AI and machine learning to allow pharmaceutical companies to operate more efficiently and substantially improve success rates at the early stages of drug development. This is one of the major factors driving the growth of this market. Research centers and academic & government institutes are expected to show the highest growth of 43.6%.during the forecast period. The growth of the CROs segment is tied to that of pharmaceutical & biotechnology companies, as the rise in research and production activity will ensure sustained demand for contract services.

“North America to be the largest and the fastest-growing regional market.”
North America, which comprises the US, Canada, and Mexico, forms the largest market for AI in drug discovery. These countries have been early adopters of AI technology in drug discovery and development. In the North American market, the US is a significant contributor. Also, prominent AI technology providers, such as IBM, Google, Microsoft, NVIDIA, and Intel, are headquartered in the US; their strong presence is a key contributor to market growth. Other drivers include the well-established pharmaceutical industry, high focus on R&D & substantial investment, and the presence of globally leading pharmaceutical companies. These are some of the major factors responsible for the large share and high growth rate of this market.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:

• By Company Type: Tier 1 (28%), Tier 2 (42%), and Tier 3 (30%)
• By Designation: C-level (30%), D-level (34%), and Others (36%)
• By Region: North America (46%), Europe (25%), Asia (18%), and the RoW (11%)

List of Companies Profiled in the Report
• IBM Corporation (US)
• Microsoft (US), Google (US)
• NVIDIA Corporation (US)
• Atomwise, Inc. (US)
• Deep Genomics (Canada)
• Cloud Pharmaceuticals (US)
• Insilico Medicine (US)
• Benevolent AI (UK)
• Exscientia (UK)
• Cyclica (Canada)
• BIOAGE (US)
• Numerate (US)
• Numedii (US)
• Envisagenics (US)
• twoXAR (US)
• OWKIN, Inc. (US)
• XtalPi (US)
• Verge Genomics (US)
• Berg LLC (US)
Research Coverage:
This report provides a study of the AI in the drug discovery market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as offering, technology, application, end-user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of revenue numbers for the overall AI in drug discovery market and its subsegments. This report will also help stakeholders understand the competitive landscape, and gain insights to better position their business and make suitable go-to-market strategies. It will also enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Market Overview
4.2 Market, By Offering (2019–2024)
4.3 Market for Machine Learning, By Type & Region (2018)
4.4 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 Growing Number of Cross-Industry Collaborations and Partnerships
5.2.1.2 Need to Control Drug Discovery & Development Costs and Reduce Time
5.2.1.3 Patent Expiry
5.2.2 Market Opportunities
5.2.2.1 Growing Biotechnology Industry
5.2.2.2 Emerging Markets
5.2.3 Market Challenges
5.2.3.1 Limited Availability of Data Sets
6 Market, By Offering (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Benefits Offered By Software in Drug Discovery & Strong Demand Among End Users are Driving Market Growth
6.3 Services
6.3.1 Services Segment to Witness the Highest Growth During the Forecast Period
7 Market, By Technology (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Machine Learning
7.2.1 Increasing Adoption of Ml By Research Centers & Pharmaceutical Companies to Support the Growth of This Segment
7.2.2 Deep Learning
7.2.3 Supervised Learning
7.2.4 Reinforcement Learning
7.2.5 Unsupervised Learning
7.2.6 Other Machine Learning Technologies
7.3 Other Technologies
8 Market, By Application (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Immuno-Oncology
8.2.1 High Prevalence of Cancer and Shortage in the Supply of Cancer Drugs are the Key Factors Driving Market Growth
8.3 Neurodegenerative Diseases
8.3.1 AI is Being Used to Resolve Existing Challenges in Neurological Disease Drug Development
8.4 Cardiovascular Disease
8.4.1 Rising Demand for Cvd Drugs is Driving Market Growth
8.5 Metabolic Diseases
8.5.1 Role of AI in Uncovering Small-Molecule Therapies is Driving Its Adoption in This Segment
8.6 Other Applications
9 Market, By End User (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
9.2.1 Rising Demand for Solutions to Cut Time and Costs of Drug Development have Drawn End-User Attention to AI
9.3 Contract Research Organizations
9.3.1 Growing Trend of Outsourcing Provides Significant Opportunities for Cros
9.4 Research Centers and Academic & Government Institutes
9.4.1 This Segment is Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
10 Market, By Region (Page No. – 82)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Strong Economy and Trend of Early Adoption of Technologies are Driving Market Growth in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Research on AI Technologies and Emergence of New Ai-Based Start-UPS Will Support the Market in Canada
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Government Initiatives Will Support Market Growth in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 The UK Holds the Largest Share of the European Market
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Government Support and Favorable Training Programs are Major Market Drivers in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Strong Government Support and Favorable Strategies & Initiatives Form Key Drivers of the Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Japan Dominates the APAC Market for AI in Drug Discovery
10.4.2 China
10.4.2.1 Growing Cmos Market and Cross-Industry Collaborations are Factors Responsible for the Growth of the Market in China
10.4.3 India
10.4.3.1 Steady Adoption of AI Technologies Will Drive Market Growth in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Overview
11.2 Market Share Analysis
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 Product Launches and Enhancements
11.4.2 Expansions
11.4.3 Acquisitions
11.4.4 Other Strategies
12 Company Profiles (Page No. – 121)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Microsoft Corporation
12.2 NVIDIA Corporation
12.3 IBM Corporation
12.4 Google (A Subsidiary of Alphabet Inc.)
12.5 Atomwise, Inc.
12.6 Deep Genomics
12.7 Cloud Pharmaceuticals, Inc.
12.8 Insilico Medicine
12.9 Benevolentai
12.10 Exscientia
12.11 Cyclica
12.12 Bioage
12.13 Numerate
12.14 Numedii, Inc.
12.15 Envisagenics
12.16 Twoxar, Incorporated
12.17 Owkin, Inc.
12.18 Xtalpi, Inc.
12.19 Verge Genomics
12.20 Berg LLC
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 149)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT 7445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 無水クロム酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無水クロム酸の世界市場について調査・分析し、無水クロム酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無水クロム酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、無水クロム酸種類別分析(純度99.7%、純度99.8%、純度99.9%)、無水クロム酸用途別分析(印刷・染色産業、電気メッキ産業、木材防腐、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無水クロム酸の市場概観 ・無水クロム酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無水クロム酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無水クロム酸の世界市場規模 ・無水クロム酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無水クロム酸のアメリカ市場規模推移 ・無水クロム酸のカナダ市場規模推移 ・無水クロム酸のメキシコ市場規模推移 ・無水クロム酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無水クロム酸のドイツ市場規模推移 ・無水クロム酸のイギリス市場規模推移 ・無水クロム酸のロシア市場規模推移 ・無水クロム酸のア …
  • オーストラリアの外傷固定処置動向(~2021)
  • 電力変圧器の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、電力変圧器の世界市場について調査・分析し、電力変圧器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 電力変圧器の世界市場:市場動向分析 - 電力変圧器の世界市場:競争要因分析 - 電力変圧器の世界市場:冷却種別 油冷却電力変圧器 空冷電力変圧器 - 電力変圧器の世界市場:等級別 高(801 MVA to 1200 MVA) 中(501 MVA to 800 MVA) 低(100 MVA to 500 MVA) - 電力変圧器の世界市場:主要地域別分析 - 電力変圧器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 電力変圧器のヨーロッパ市場規模 - 電力変圧器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・電力変圧器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • セーフティーハーネスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セーフティーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セーフティーハーネスの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無機シンチレータの世界市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、無機シンチレータの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 軍用背負い式無線システム及び車両用無線システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用背負い式無線システム及び車両用無線システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用背負い式無線システム及び車両用無線システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パワードスマートカードの世界市場:タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード)、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)、用途別(テレコム、政府機関・ヘルスケア、金融サービス、小売・ロイヤルティ、有料テレビ、運輸)、地域別予測
    本資料は、パワードスマートカードの世界市場について調べ、パワードスマートカードの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード)分析、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)分析、用途別(テレコム、政府機関・ヘルスケア、金融サービス、小売・ロイヤルティ、有料テレビ、運輸)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パワードスマートカードの世界市場概要 ・パワードスマートカードの世界市場環境 ・パワードスマートカードの世界市場動向 ・パワードスマートカードの世界市場規模 ・パワードスマートカードの世界市場規模:タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード) ・パワードスマートカードの世界市場規模:コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード) ・パワードスマートカ …
  • ベーカリー&シリアルのアルゼンチン市場
  • ドイツの体外式除細動器市場(~2021)
  • スマートロックの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調べ、スマートロックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートロックの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(家庭用、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートロックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8.45%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートロックの市場状況 ・スマートロックの市場規模 ・スマートロックの市場予測 ・スマートロックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(家庭用、その他) ・スマートロックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 石油化学製品の世界市場:容量、投資展望
  • 花・植物用物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、花・植物用物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、花・植物用物流市場規模、製品別(花・植物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、C.H. Robinson Worldwide, DB Schenker, Deutsche Post, FedEx, KUEHNE + NAGELなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・花・植物用物流の世界市場概要 ・花・植物用物流の世界市場環境 ・花・植物用物流の世界市場動向 ・花・植物用物流の世界市場規模 ・花・植物用物流の世界市場:業界構造分析 ・花・植物用物流の世界市場:製品別(花・植物) ・花・植物用物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・花・植物用物流の北米市場規模・予測 ・花・植物用物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・花・植物用物流のアジア太平洋市場規模・予測 ・花・植物用物流の主要国分析 ・花・植物用物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・花・植物用物流の世 …
  • 中国の小関節処置動向(~2021)
  • ワイヤレスマイクの世界市場2014-2025:タイプ別(手持ち式、クリップ型)、技術別(Wi-Fiバンド、ラジオ周波数チャンネル、ラジオ周波数帯)、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、ワイヤレスマイクの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスマイクの世界市場動向、ワイヤレスマイクの世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイヤレスマイク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マラリア(Malaria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、マラリア(Malaria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マラリア(Malaria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬の状況 ・マラリア(Malaria)治療薬の市場規模(販売予測) ・マラリア(Malaria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のマラリア(Malaria)治療薬剤
  • 水ギセル炭の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、水ギセル炭の世界市場について調べ、水ギセル炭の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、水ギセル炭の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は水ギセル炭の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・水ギセル炭の市場状況 ・水ギセル炭の市場規模 ・水ギセル炭の市場予測 ・水ギセル炭の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・水ギセル炭の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ソフトスタータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソフトスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトスタータの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はソフトスタータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Eaton• Rockwell Automation• Schneider Electric• Siemens等です。
  • バス用HVAC(空調)装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用HVAC(空調)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、バス用HVAC(空調)装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イーサネット試験装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、イーサネット試験装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イーサネット試験装置市場規模、製品別(10 GbE、1 GbE、40 GbE)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・イーサネット試験装置の世界市場概要 ・イーサネット試験装置の世界市場環境 ・イーサネット試験装置の世界市場動向 ・イーサネット試験装置の世界市場規模 ・イーサネット試験装置の世界市場:業界構造分析 ・イーサネット試験装置の世界市場:製品別(10 GbE、1 GbE、40 GbE) ・イーサネット試験装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・イーサネット試験装置の北米市場規模・予測 ・イーサネット試験装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・イーサネット試験装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・イーサネット試験装置の主要国分析 ・イーサネット試験装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・イーサネット試験装置の世界市場:成長要因、課題 ・イ …
  • 世界のナトリウム低減成分市場:ミネラル塩、イースト抽出物、アミノ酸、グルタミン酸塩
  • 自動車用ゴムホースの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ゴムホースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ゴムホースの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ゴムホースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Eaton、Hutchinson、Nichirin、Sumitomo Riko、TOYODA GOSEI等です。
  • 移動ロボット用プラットフォームの世界市場2017-2021:ソフトウェア、サービス、ハードウェア
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、移動ロボット用プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、バリューチェーン分析、移動ロボット用プラットフォームの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は移動ロボット用プラットフォームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均20.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAethon、Clearpath Robotics、KUKA、Mobile Industrial Robots、Omron Adept Technologies、Savioke等です。
  • 美容整形外科の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、美容整形外科の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美容整形外科の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 世界のフェノール樹脂市場2016
    本調査レポートでは、世界のフェノール樹脂市場2016について調査・分析し、フェノール樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 個別指導のアメリカ市場予測・分析2019-2023
  • 小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場:タイプ別(栄養補助食品、機能性食品)、セグメント予測
    小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場は2025年には500億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、健康障害に対する予防対策の需要、食品部門におけるカスタマイズの高まり、より健康的な食事への注力、およびニュートリゲノミクスにおける継続的な活動の高まりが考えられます。本調査レポートでは、小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場について調査・分析し、小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場動向、小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場規模、市場予測、セグメント別小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セメントと骨材の世界市場:種類別(セメント、骨材)、最終用途別(商業用、住宅用、工業用)、地域別予測
    本資料は、セメントと骨材の世界市場について調べ、セメントと骨材の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(セメント、骨材)分析、最終用途別(商業用、住宅用、工業用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCemex、LafargeHolcim、Heidelbergcement、Buzzi Unicem、US Concrete、Votorantim、Siam Cement Group、CRH plc、Cimpor、China Resources Cement Limited、Sikaなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セメントと骨材の世界市場概要 ・セメントと骨材の世界市場環境 ・セメントと骨材の世界市場動向 ・セメントと骨材の世界市場規模 ・セメントと骨材の世界市場規模:種類別(セメント、骨材) ・セメントと骨材の世界市場規模:最終用途別(商業用、住宅用、工業用) ・セメントと骨材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セメントと骨材の北米市場規模・予測 …
  • 軍用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場2017-2021:プラットフォーム型、ウェアラブル型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.6%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBAE Systems、Elbit Systems、Honeywell International、Rockwell Collins、Saab等です。
  • メキシコの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • フランスの整形外科処置動向(~2021)
  • 子供用トロリーバッグの世界市場:タイプ別(ハードラゲッジおよびソフトラゲッジ)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他)
    当調査レポートでは、子供用トロリーバッグの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場ランドスケープ、タイプ別分析、流通経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場ランドスケープ ・子供用トロリーバッグの世界市場:タイプ別(ハードラゲッジおよびソフトラゲッジ) ・子供用トロリーバッグの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他) ・子供用トロリーバッグの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 照明器具の世界市場
    当調査レポートでは、照明器具の世界市場について調査・分析し、照明器具の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 3Dゲーム機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、3Dゲーム機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dゲーム機市場規模、製品別(家庭用、携帯型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・3Dゲーム機の世界市場概要 ・3Dゲーム機の世界市場環境 ・3Dゲーム機の世界市場動向 ・3Dゲーム機の世界市場規模 ・3Dゲーム機の世界市場:業界構造分析 ・3Dゲーム機の世界市場:製品別(家庭用、携帯型) ・3Dゲーム機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・3Dゲーム機の北米市場規模・予測 ・3Dゲーム機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・3Dゲーム機のアジア太平洋市場規模・予測 ・3Dゲーム機の主要国分析 ・3Dゲーム機の世界市場:意思決定フレームワーク ・3Dゲーム機の世界市場:成長要因、課題 ・3Dゲーム機の世界市場:競争環境 ・3Dゲーム機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 高熱フォームの世界市場分析:製品別(シリコーン、ポリイミド、メラミン、ポリエチレン)、用途別(自動車、機関車、産業、航空宇宙)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高熱フォームの世界市場について調査・分析し、高熱フォームの世界市場動向、高熱フォームの世界市場規模、市場予測、セグメント別高熱フォーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の塗料剥離剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の塗料剥離剤市場2015について調査・分析し、塗料剥離剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアフィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアフィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節リウマチ検査装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、関節リウマチ検査装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・関節リウマチ検査装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・関節リウマチ検査装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・関節リウマチ検査装置の製品パイプライン分析 ・関節リウマチ検査装置の治験動向 ・主要企業分析 ・関節リウマチ検査装置の世界市場規模予測 ・関節リウマチ検査装置の地域別市場規模予測
  • ハードウェアセキュリティの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ハードウェアセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、ハードウェアセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場について調べ、紙・板紙容器及びパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、紙・板紙容器及びパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(食品および飲料産業、工業製品産業、医療産業、その他の産業)、製品別(紙袋及び袋、段ボール箱、折りたたみボックス及びケース、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・紙・板紙容器及びパッケージングの市場状況 ・紙・板紙容器及びパッケージングの市場規模 ・紙・板紙容器及びパッケージングの市場予測 ・紙・板紙容器及びパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(食品および飲料産業、工業製品産業、医療産業、そ …
  • ガーナの再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • ブラジルのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 自動車用死角検知の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用死角検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用死角検知の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RTD乳児用ミルクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、RTD乳児用ミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTD乳児用ミルクの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動乗客カウント及び情報システムの世界市場予測(~2022):バス、列車、フェリーボート
    当調査レポートでは、自動乗客カウント及び情報システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、自動乗客カウント及び情報システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カスパーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカスパーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カスパーゼ阻害剤の概要 ・カスパーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカスパーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カスパーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カスパーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場
    当調査レポートでは、パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場について調査・分析し、パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 農業用接種剤の世界市場:植物成長促進微生物、生物防除剤、植物耐性刺激剤
    当調査レポートでは、農業用接種剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ソース別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 完成車ロジスティックスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、完成車ロジスティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、完成車ロジスティックスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 完成車ロジスティクスには、ヤード管理、通関手続、請求管理、工場出荷時・ディーラー到着時におけるけん検査が含まれています。完成車ロジスティックス市場は、道路輸送、鉄道輸送、海上輸送、航空輸送と輸送手段別に分類されています。Technavio社は完成車ロジスティックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CEVA Logistics• GEFCO• APL Logistics• Sevatas等です。
  • のり付きラベルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、のり付きラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、のり付きラベルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"