"創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT 7445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing number of cross-industry collaborations and partnerships and the need to control drug discovery & development costs and reduce the overall time taken in this process are the key factors driving the AI in the drug discovery market.”
The global AI in the drug discovery market is projected to reach USD 1,434 million by 2024 from USD 259 million in 2019, at a CAGR of 40.8% during the forecast period. Growth in this market is mainly driven by growing number of cross-industry collaborations and partnerships, the need to control drug discovery & development costs and reduce the overall time taken in this process, the rising adoption of cloud-based applications & services, and the impending patent expiry of blockbuster drugs. On the other hand, a lack of data sets in the field of drug discovery and the inadequate availability of skilled labor are some of the factors challenging the growth of the market.

“The immuno-oncology segment accounted for the largest share in 2019.”
Based on application, the artificial intelligence in the drug discovery market is segmented into neurodegenerative diseases, immuno-oncology, cardiovascular disease, metabolic diseases, and other applications. The immuno-oncology segment accounted for the largest share of 44.6% of the AI in the drug discovery market in 2018, owing to the increasing demand for effective cancer drugs. Neurodegenerative diseases form the fastest-growing application segment, with a CAGR of 42.9% during the forecast period. The ability of AI to discover drugs for complex diseases and the emphasis of market players on providing AI-based platforms for neurological diseases are responsible for the fast growth of this application segment.

“The Research centers and academic & government institutes segment to register the highest growth rate in the forecast period.”
Based on end-user, the AI in the drug discovery market is segmented into pharmaceutical & biotechnology companies, contract research organizations, and research centers and academic, & government institutes. In 2018, the pharmaceutical & biotechnology companies segment accounted for the largest share in the AI in the drug discovery market. AI and machine learning to allow pharmaceutical companies to operate more efficiently and substantially improve success rates at the early stages of drug development. This is one of the major factors driving the growth of this market. Research centers and academic & government institutes are expected to show the highest growth of 43.6%.during the forecast period. The growth of the CROs segment is tied to that of pharmaceutical & biotechnology companies, as the rise in research and production activity will ensure sustained demand for contract services.

“North America to be the largest and the fastest-growing regional market.”
North America, which comprises the US, Canada, and Mexico, forms the largest market for AI in drug discovery. These countries have been early adopters of AI technology in drug discovery and development. In the North American market, the US is a significant contributor. Also, prominent AI technology providers, such as IBM, Google, Microsoft, NVIDIA, and Intel, are headquartered in the US; their strong presence is a key contributor to market growth. Other drivers include the well-established pharmaceutical industry, high focus on R&D & substantial investment, and the presence of globally leading pharmaceutical companies. These are some of the major factors responsible for the large share and high growth rate of this market.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:

• By Company Type: Tier 1 (28%), Tier 2 (42%), and Tier 3 (30%)
• By Designation: C-level (30%), D-level (34%), and Others (36%)
• By Region: North America (46%), Europe (25%), Asia (18%), and the RoW (11%)

List of Companies Profiled in the Report
• IBM Corporation (US)
• Microsoft (US), Google (US)
• NVIDIA Corporation (US)
• Atomwise, Inc. (US)
• Deep Genomics (Canada)
• Cloud Pharmaceuticals (US)
• Insilico Medicine (US)
• Benevolent AI (UK)
• Exscientia (UK)
• Cyclica (Canada)
• BIOAGE (US)
• Numerate (US)
• Numedii (US)
• Envisagenics (US)
• twoXAR (US)
• OWKIN, Inc. (US)
• XtalPi (US)
• Verge Genomics (US)
• Berg LLC (US)
Research Coverage:
This report provides a study of the AI in the drug discovery market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as offering, technology, application, end-user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of revenue numbers for the overall AI in drug discovery market and its subsegments. This report will also help stakeholders understand the competitive landscape, and gain insights to better position their business and make suitable go-to-market strategies. It will also enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Market Overview
4.2 Market, By Offering (2019–2024)
4.3 Market for Machine Learning, By Type & Region (2018)
4.4 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 Growing Number of Cross-Industry Collaborations and Partnerships
5.2.1.2 Need to Control Drug Discovery & Development Costs and Reduce Time
5.2.1.3 Patent Expiry
5.2.2 Market Opportunities
5.2.2.1 Growing Biotechnology Industry
5.2.2.2 Emerging Markets
5.2.3 Market Challenges
5.2.3.1 Limited Availability of Data Sets
6 Market, By Offering (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Benefits Offered By Software in Drug Discovery & Strong Demand Among End Users are Driving Market Growth
6.3 Services
6.3.1 Services Segment to Witness the Highest Growth During the Forecast Period
7 Market, By Technology (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Machine Learning
7.2.1 Increasing Adoption of Ml By Research Centers & Pharmaceutical Companies to Support the Growth of This Segment
7.2.2 Deep Learning
7.2.3 Supervised Learning
7.2.4 Reinforcement Learning
7.2.5 Unsupervised Learning
7.2.6 Other Machine Learning Technologies
7.3 Other Technologies
8 Market, By Application (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Immuno-Oncology
8.2.1 High Prevalence of Cancer and Shortage in the Supply of Cancer Drugs are the Key Factors Driving Market Growth
8.3 Neurodegenerative Diseases
8.3.1 AI is Being Used to Resolve Existing Challenges in Neurological Disease Drug Development
8.4 Cardiovascular Disease
8.4.1 Rising Demand for Cvd Drugs is Driving Market Growth
8.5 Metabolic Diseases
8.5.1 Role of AI in Uncovering Small-Molecule Therapies is Driving Its Adoption in This Segment
8.6 Other Applications
9 Market, By End User (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
9.2.1 Rising Demand for Solutions to Cut Time and Costs of Drug Development have Drawn End-User Attention to AI
9.3 Contract Research Organizations
9.3.1 Growing Trend of Outsourcing Provides Significant Opportunities for Cros
9.4 Research Centers and Academic & Government Institutes
9.4.1 This Segment is Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
10 Market, By Region (Page No. – 82)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Strong Economy and Trend of Early Adoption of Technologies are Driving Market Growth in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Research on AI Technologies and Emergence of New Ai-Based Start-UPS Will Support the Market in Canada
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Government Initiatives Will Support Market Growth in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 The UK Holds the Largest Share of the European Market
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Government Support and Favorable Training Programs are Major Market Drivers in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Strong Government Support and Favorable Strategies & Initiatives Form Key Drivers of the Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Japan Dominates the APAC Market for AI in Drug Discovery
10.4.2 China
10.4.2.1 Growing Cmos Market and Cross-Industry Collaborations are Factors Responsible for the Growth of the Market in China
10.4.3 India
10.4.3.1 Steady Adoption of AI Technologies Will Drive Market Growth in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Overview
11.2 Market Share Analysis
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 Product Launches and Enhancements
11.4.2 Expansions
11.4.3 Acquisitions
11.4.4 Other Strategies
12 Company Profiles (Page No. – 121)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Microsoft Corporation
12.2 NVIDIA Corporation
12.3 IBM Corporation
12.4 Google (A Subsidiary of Alphabet Inc.)
12.5 Atomwise, Inc.
12.6 Deep Genomics
12.7 Cloud Pharmaceuticals, Inc.
12.8 Insilico Medicine
12.9 Benevolentai
12.10 Exscientia
12.11 Cyclica
12.12 Bioage
12.13 Numerate
12.14 Numedii, Inc.
12.15 Envisagenics
12.16 Twoxar, Incorporated
12.17 Owkin, Inc.
12.18 Xtalpi, Inc.
12.19 Verge Genomics
12.20 Berg LLC
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 149)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT 7445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
創薬における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の海中ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の海中ポンプ市場2015について調査・分析し、海中ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 美容レーザーの世界市場予測:CO2レーザー、Er:YAGレーザー、ダイオードレーザー、Nd:YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、パルス色素レーザー
    当調査レポートでは、美容レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、美容レーザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • コンテンツレコメンドエンジンの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、フィルタリング法別(コラボレーティブ、コンテンツベース、ハイブリッド)、垂直産業別(電子商取引、ホスピタリティ、IT・テレコム、教育・トレーニング、ヘルスケア・製薬、その他)、地域別予測
    本資料は、コンテンツレコメンドエンジンの世界市場について調べ、コンテンツレコメンドエンジンの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、フィルタリング法別(コラボレーティブ、コンテンツベース、ハイブリッド)分析、垂直産業別(電子商取引、ホスピタリティ、IT・テレコム、教育・トレーニング、ヘルスケア・製薬、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場概要 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場環境 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場動向 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模:フィルタリング法別(コラボレーティブ、コンテンツベース、ハイブリッド) ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模:垂直産業別(電子商取引、ホス …
  • ワイドギャップ半導体装置の世界市場
    当調査レポートでは、ワイドギャップ半導体装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイドギャップ半導体装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬質透明プラスチックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質透明プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質透明プラスチックの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代メモリの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、次世代メモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代メモリの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 野外用アドベンチャーマット(敷きパッド)の世界市場
    当調査レポートでは、野外用アドベンチャーマット(敷きパッド)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、野外用アドベンチャーマット(敷きパッド)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ASICチップの世界市場:種類別(フルカスタム、セミベースカスタム、プログラマブルロジックデバイス)、用途別(航空宇宙サブシステム&センサー、無線通信、医療機器、通信製品、家庭用電気製品、その他)
    本調査レポートでは、ASICチップの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(フルカスタム、セミベースカスタム、プログラマブルロジックデバイス)分析、用途別(航空宇宙サブシステム&センサー、無線通信、医療機器、通信製品、家庭用電気製品、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ASICチップの世界市場:種類別(フルカスタム、セミベースカスタム、プログラマブルロジックデバイス) ・ASICチップの世界市場:用途別(航空宇宙サブシステム&センサー、無線通信、医療機器、通信製品、家庭用電気製品、その他) ・ASICチップの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 低床式トレーラー(LBT)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、低床式トレーラー(LBT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低床式トレーラー(LBT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ろ過水栓・水栓システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ろ過水栓・水栓システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ろ過水栓・水栓システム市場規模、用途別(商業用、住宅用)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(ろ過水栓、ろ過水栓システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aloys F. Dornbracht, Billi, LIXIL Group (GROHE), Masco (Newport Brass), WESTBRASSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場概要 ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場環境 ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場動向 ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場規模 ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場:業界構造分析 ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場:用途別(商業用、住宅用) ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・ろ過水栓・水栓システムの世界市場:製品別(ろ過 …
  • 固形腫瘍治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固形腫瘍治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固形腫瘍治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマシンラーニング(機械学習)市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のマシンラーニング(機械学習)市場について調査・分析し、世界のマシンラーニング(機械学習)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のマシンラーニング(機械学習)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 回転Uディスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、回転Uディスクの世界市場について調査・分析し、回転Uディスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別回転Uディスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、回転Uディスク種類別分析(USB 2.0、USB 3.0)、回転Uディスク用途別分析(オフィス用、勉強用、車両用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・回転Uディスクの市場概観 ・回転Uディスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・回転Uディスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・回転Uディスクの世界市場規模 ・回転Uディスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・回転Uディスクのアメリカ市場規模推移 ・回転Uディスクのカナダ市場規模推移 ・回転Uディスクのメキシコ市場規模推移 ・回転Uディスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・回転Uディスクのドイツ市場規模推移 ・回転Uディスクのイギリス市場規模推移 ・回転Uディスクのロシア市場規模推移 ・回転Uディス …
  • 心臓欠陥閉鎖装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、心臓欠陥閉鎖装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、心臓欠陥閉鎖装置市場規模、製品別(LAA閉鎖装置、PFO閉鎖装置、ASD閉鎖装置、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場概要 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場環境 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場動向 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場規模 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場:業界構造分析 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場:製品別(LAA閉鎖装置、PFO閉鎖装置、ASD閉鎖装置、その他) ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・心臓欠陥閉鎖装置の北米市場規模・予測 ・心臓欠陥閉鎖装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・心臓欠陥閉鎖装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・心臓欠陥閉鎖装置の主要国分析 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場:成長要因、課題 ・心臓欠陥閉鎖装置の世界市場:競 …
  • 業務用AV機器・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用AV機器・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用AV機器・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 移動式ロボットの世界市場:製品別(UGV、UAV、AUV)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サポート・サービス)、用途別(ロジスティクス&倉庫、軍事&防衛、ヘルスケア、国内、エンターテイメント、教育、農業・林業、その他)
    本資料は、移動式ロボットの世界市場について調べ、移動式ロボットの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(UGV、UAV、AUV)分析、用途別(ロジスティクス&倉庫、軍事&防衛、ヘルスケア、国内、エンターテイメント、教育、農業・林業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・移動式ロボットの世界市場概要 ・移動式ロボットの世界市場環境 ・移動式ロボットの世界市場動向 ・移動式ロボットの世界市場規模 ・移動式ロボットの世界市場:市場シェア ・移動式ロボットの世界市場:製品別(UGV、UAV、AUV) ・移動式ロボットの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サポート・サービス) ・移動式ロボットの世界市場:用途別(ロジスティクス&倉庫、軍事&防衛、ヘルスケア、国内、エンターテイメント、教育、農業・林業、その他) ・移動式ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・移動式ロボットの北米市場規模・予測 ・移動式ロボットの …
  • ポリカーボネートの世界市場分析:用途別(輸送、電気・電子、建設、包装、消費財、光学メディア、医療機器)、動向分析
    本調査レポートでは、ポリカーボネートの世界市場について調査・分析し、ポリカーボネートの世界市場動向、ポリカーボネートの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリカーボネート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)の概要 ・男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・男性性機能不全(Male Sexual Dysfuncti …
  • 皮膚がん(Skin Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚がん(Skin Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚がん(Skin Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚がん(Skin Cancer)の概要 ・皮膚がん(Skin Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚がん(Skin Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚がん(Skin Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮 …
  • 噴霧乾燥食品の世界市場
    当調査レポートでは、噴霧乾燥食品の世界市場について調査・分析し、噴霧乾燥食品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 噴霧乾燥食品の世界市場:市場動向分析 - 噴霧乾燥食品の世界市場:競争要因分析 - 噴霧乾燥食品の世界市場:種類別 ・果物 ・乳製品 ・野菜 ・魚、肉、シーフード ・スパイスおよびシーズニング ・飲料 ・その他 - 噴霧乾燥食品の世界市場:用途別 ・パン製品 ・乳児用調製粉乳 ・スナック ・菓子 ・その他 - 噴霧乾燥食品の世界市場:エンドユーザー別 ・専門小売店 ・スーパーおよび大型スーパー ・独立小売業者 ・その他 - 噴霧乾燥食品の世界市場:主要地域別分析 - 噴霧乾燥食品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 噴霧乾燥食品のヨーロッパ市場規模 - 噴霧乾燥食品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・噴霧乾燥食品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アメリカの応募者追跡システム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの応募者追跡システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの応募者追跡システム市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イメージセンサの世界市場分析および予測:CMOSイメージセンサー、CCDイメージセンサー
  • スマートカードの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、通信(接触型、非接触型)別分析、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)別分析、用途(BFSI、政府機関・ヘルスケア、運輸、小売、その他)別分析、スマートカードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血漿分画の世界市場予測(~2024年)
    血漿分画の世界市場は、2019年の254億米ドルから2024年には349億米ドルに達し、この期間中6.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな治療分野における免疫グロブリンの使用の増加、血漿採取(および血漿採取センターの数)の増加、α1-アンチトリプシンの使用の増加などが考えられます。一方で、血漿生成物の高コスト、限られた保険償還、および遺伝子組み換え型血液製剤の代替品の出現により、市場の成長は抑制されると予想されます。当調査レポートでは、血漿分画の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(IVIG、アルブミン、第VIII因子、フォン・ヴィレブランド因子、PCC、プロテアーゼ阻害剤)分析、用途(免疫、血液、クリティカルケア、リウマチ)分析、エンドユーザー(病院、診療所、学術機関) 分析、血漿分画の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臭素の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、臭素の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 臭素の世界市場:市場動向分析 - 臭素の世界市場:競争要因分析 - 臭素の世界市場:誘導体別 ・透明ブライン液 ・臭化水素(HBR) ・有機臭素化合物 - 臭素の世界市場:用途別 ・殺虫剤 ・触媒 ・難燃剤 ・石油・ガス採掘 ・有機中間体 ・プラズマエッチング ・精製テレフタル酸(PTA)合成 ・その他 - 臭素の世界市場:業界別 ・石油・ガス ・自動車 ・化学 ・医薬品 ・農業 ・化粧品 ・テキスタイル ・その他 - 臭素の世界市場:主要地域別分析 - 臭素の北米市場規模(アメリカ市場等) - 臭素のヨーロッパ市場規模 - 臭素のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・臭素の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アジアの遺伝子検査市場動向(~2021)
  • アメリカのオンラインファッション小売市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオンラインファッション小売市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオンラインファッション小売市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の石材加工機市場規模・予測2017-2025:接着剤別(シーラント、マスチック)、商品別(マスチック、シーラント)、種類別(ダイヤモンド、炭化、研磨剤)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の石材加工機市場について調査・分析し、世界の石材加工機市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の石材加工機関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 映画館の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、映画館の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、映画館の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血管内温度管理(IVTM)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管内温度管理(IVTM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、医療状態別分析、地域別分析、血管内温度管理(IVTM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性用ランジェリー」の世界市場:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)、用途別(オンラインストア、店頭)、地域別予測
    本資料は、女性用ランジェリー」の世界市場について調べ、女性用ランジェリー」の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他)分析、用途別(オンラインストア、店頭)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはArc’teryx、Black Diamond、Marmot、Outdoor Research、Patagonia、PRAna、The North Face などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用ランジェリー」の世界市場概要 ・女性用ランジェリー」の世界市場環境 ・女性用ランジェリー」の世界市場動向 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模 ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:種類別(ブラジャー、ニッカー&パンティー、部屋着、シェイプウェア、その他) ・女性用ランジェリー」の世界市場規模:用途別(オンラインストア、店頭) ・女性用ランジェリー」の世界市場:地域別市場規模・分析 ・女性用ランジ …
  • 世界のインジェクション・ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のインジェクション・ポンプ市場2015について調査・分析し、インジェクション・ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 偏頭痛治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、偏頭痛治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、偏頭痛治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、治療クラス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペインの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 小型自動車用OEタイヤの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEタイヤの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEタイヤの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 日本のPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合現実の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、デバイス別(有線式ヘッドマウントディスプレイ、無線式ヘッドマウントディスプレイ)、エンドユーザー別(防衛・航空宇宙、建築、ヘルスケア、ゲーム・エンターテイメント、工業)、地域別予測
    本資料は、複合現実の世界市場について調べ、複合現実の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、デバイス別(有線式ヘッドマウントディスプレイ、無線式ヘッドマウントディスプレイ)分析、エンドユーザー別(防衛・航空宇宙、建築、ヘルスケア、ゲーム・エンターテイメント、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・複合現実の世界市場概要 ・複合現実の世界市場環境 ・複合現実の世界市場動向 ・複合現実の世界市場規模 ・複合現実の世界市場規模:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・複合現実の世界市場規模:デバイス別(有線式ヘッドマウントディスプレイ、無線式ヘッドマウントディスプレイ) ・複合現実の世界市場規模:エンドユーザー別(防衛・航空宇宙、建築、ヘルスケア、ゲーム・エンターテイメント、工業) ・複合現実の世界市場:地域別市場規模・分析 ・複合現実の北米市場規模・予測 ・複合現実のアメリカ市場規模・予測 …
  • 世界の不飽和ポリエステル樹脂(UPR)市場2016
    本調査レポートでは、世界の不飽和ポリエステル樹脂(UPR)市場2016について調査・分析し、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用UV浄水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商業用UV浄水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用UV浄水器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 UV浄水器は、特殊なランプから放出される短波長紫外線光により、水中の微生物や汚染物質を殺菌します。この水殺菌の方法は薬品や殺菌剤を使用しないため、様々な業界で広く使用されています。Technavio社は商業用UV浄水器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aquafine• Atlantic Ultraviolet• BWT• Evoqua Water Technologies • Xylem等です。
  • オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • オートバイ用エアフィルターの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用エアフィルターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の概要 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・ヒトパピローマウイルス(HPV)診断検査装置の最近動向
  • 微生物燃料電池(MFC)の世界市場
  • サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるサルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)の概要 ・サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のサルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • IoRT(IoTロボット)の世界市場予測(~2022年):センサ、電源、制御システム、アクチュエータ
    当調査レポートでは、IoRT(IoTロボット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、サービス別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、IoRT(IoTロボット)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの小関節処置動向(~2021)
  • 動物用ワクチンの世界市場予測(~2022年):種類、疾患、技術別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、疾患別分析、技術別分析、地域別分析、動物用ワクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"