"機械状態監視の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 2739)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"機械状態監視の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing disposition toward predictive maintenance to drive machine condition monitoring market”
The global machine condition monitoring market size is estimated to be USD 2.6 billion in 2019 and is projected to reach USD 3.9 billion by 2025, at a CAGR of 7.0%. Predictive maintenance is gaining rapid popularity in the manufacturing sector globally due to the benefits offered by it. Predictive maintenance is carried out only when the plant machinery is required to be repaired to avoid impending failure so that the necessary downtime can be scheduled for the most convenient and inexpensive time.

Process industries are continually looking for ways to cut down their operational costs. Therefore, enterprises give vital importance to equipment maintenance, and a lot of manpower, material resources, and money are put to make the production process smooth.

“Machine condition monitoring market to be driven by on-premises deployment during forecast period”
The on-premises deployment type dominated the machine condition monitoring market in 2018, as it is preferred more by organizations to protect critical information. On-premises deployment gives organizations complete control over their systems and data. However, it involves costs related hardware, software, and maintenance. It also limits the storage capacity.

Cloud-based deployment, on the other hand, benefits organizations with superior accessibility, increased scalability, speed, 24/7 service, and enhanced IT security. The growing adoption of SaaS applications by enterprises is bringing substantial growth prospects for cloud-based machine condition monitoring solutions.

“Online condition monitoring segment to grow at significant CAGR during forecast period”
Online machine condition monitoring systems are implemented for critical assets, such as turbines, blowers, critical pumps, and compressors, that have an immediate impact on machine safety, environment, and the productivity of plants. Condition monitoring systems include a sequence of sensors permanently mounted on the critical machines for sensing. The sensors are connected to output devices such as monitors, analyzers, and central servers of a plant. These sensors transmit data to the plant operators through either a wireless network or a cabled network.

“Machine condition monitoring market in APAC to witness highest growth rate in coming years”
The APAC region is emerging to be the world’s most powerful economy due to the increasing spending on improving performance, security, and economic stability. The region is witnessing a surge in the deployment of machine condition monitoring solutions. China, one of the top manufacturing countries, has been adopting real-time machine monitoring systems to increase operational efficiency and production of manufacturing plants. Due to the rising maintenance costs in the manufacturing industry, manufacturing companies have been considering the adoption of advanced technologies such as predictive maintenance to optimize maintenance processes and improve operating costs. Condition monitoring is expected to help manufacturers to optimize their operating costs by predicting the failure of critical assets to achieve high efficiency.
To determine and verify the market size of several segments and subsegments, extensive primary interviews have been conducted with key opinion leaders in the machine condition monitoring market. Following is the breakup of the primary participants:
• By Company Type: Tier 1 = 40 %, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-Level Executives = 50%, Directors = 32%, and Others = 18%
• By Region: North America = 30%, Europe = 24%, APAC = 32%, and RoW = 14%
The report profiles the key players in the machine condition monitoring market and analyzes their market rankings. A few prominent players profiled in this report include Emerson Electric (US), General Electric (US), Honeywell International (US), National Instruments (US), and SKF (Sweden).

Research Coverage:
This research report categorizes the machine condition monitoring market by monitoring technique, offering, deployment type, monitoring process, industry, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy the Report:
The report would help leaders/new entrants in the machine condition monitoring market in the following ways:
1. The report segments the market comprehensively and provides the market size estimation for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report would help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the machine condition monitoring market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"機械状態監視の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at the Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing the Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumption
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Machine Condition Monitoring Market
4.2 Machine Condition Monitoring Market, By Monitoring Technique
4.3 Machine Condition Monitoring Market, By Monitoring Process
4.4 Machine Condition Monitoring Market in North America, By Country and Application
4.5 Machine Condition Monitoring Market, By Industry
4.6 Machine Condition Monitoring Market, By Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advent of Secure Cloud Computing Platforms Used in Condition Monitoring
5.2.1.2 Rising Adoption of Wireless Communication Technology in Machine Condition Monitoring
5.2.1.3 Increasing Disposition Toward Predictive Maintenance
5.2.1.4 Growing Adoption of Automated Condition Monitoring Technologies and Penetration of Smart Factory
5.2.1.5 High Demand From Emerging Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Reliability Issues in Prediction Capabilities of Machine Condition Monitoring Technology
5.2.2.2 Lack of Trained Technical Resources for Data Analysis
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of Machine Learning and Big Data Analytics
5.2.3.2 Strategic Partnerships and Collaborations
5.2.3.3 Industrial Internet of Things (IIoT) to Unfold New Growth Avenues
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Accessibility to Expertise at Remote Locations
5.2.4.2 Requirement of Additional Expenses and Difficulties in Retrofitting Existing Systems
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Regulatory Standards
5.4.1 Api
5.4.2 Astm
5.4.3 Iso
5.4.4 Mimosa
6 IoT in Machine Condition Monitoring (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.1.1 Machine Condition Monitoring Techniques
6.2 Machine Condition Monitoring: IoT Platform
6.2.1 Evolution in Cloud Computing Technology
6.2.2 Digitization and Industrial Internet of Things (IIoT) to Unfold New Growth Avenues
6.3 Future Trends
6.3.1 Multi-Parameter Condition Monitoring
6.3.2 Cloud-Based Predictive Maintenance (Maintenance–As–A–Service)
6.3.3 Smart Maintenance for Smart Factories
6.4 Major Companies Offering Cloud-Based Condition Monitoring Services
7 Procurement of Machine Condition Monitoring Equipment (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Third-Party Service Providers
7.3 End Users
8 Machine Condition Monitoring Market, By Monitoring Technique (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Vibration Monitoring
8.2.1 Route-Based Monitoring is A Significant Vibration Monitoring Technique
8.3 Thermography
8.3.1 Large Number of Defects Detected By Thermography Make It A Widely Adopted Technique
8.4 Oil Analysis
8.4.1 Advantages of Oil Analysis Make It A Prominent Condition Monitoring Technique
8.5 Corrosion Monitoring
8.5.1 Defects Detected By Corrosion Monitoring Help Prevent Corrosion of Equipment
8.6 Ultrasound Emission
8.6.1 Ultrasound Emission Monitoring Helps Detect Defects in Condition Monitoring of Electric Equipment
8.7 Motor Current Analysis
8.7.1 Detection of Faults By Motor Current Signature Analysis
9 Machine Condition Monitoring Market, By Offering (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Hardware
9.2.1 Vibration Sensors
9.2.1.1 Accelerometers
9.2.1.1.1 Accelerometers Use Piezoelectric Effect for Monitoring Accelerations
9.2.1.2 Proximity Probes
9.2.1.2.1 Proximity Probes Help in Accurate Measurement of Displacement of Devices
9.2.1.3 Tachometers
9.2.1.3.1 Tachometers Effectively Monitor the Speed of Rotating Machines
9.2.2 Infrared Sensors
9.2.2.1 Thermal Infrared Sensors
9.2.2.1.1 Thermal Infrared Sensors are Used to Detect Possible Faults Which Can Be Caused Due to Heat
9.2.2.2 Quantum Infrared Sensors
9.2.2.2.1 Temperature Variations in Machines are Identified By Quantum Infrared Sensors
9.2.3 Spectrometers
9.2.3.1 Infrared Spectrometers
9.2.3.1.1 Infrared Spectrometers Offer Identification of Various Materials, Including Organic Polymers
9.2.3.2 Ultraviolet Spectrometers
9.2.3.2.1 Ultraviolet Spectrometer is A Significant Tool for Oil Analysis
9.2.3.3 Atomic Spectrometers
9.2.3.3.1 Atomic Spectrometers Enable Recognition of Composition of Foreign Particles in Oil
9.2.3.4 Mass Spectrometers
9.2.3.4.1 Contaminating Compounds are Identified By Using Mass Spectrometers
9.2.4 Ultrasound Detectors
9.2.4.1 Sound Pressure Meters
9.2.4.1.1 Sound Pressure Meters Help in Easier Noise Level Measurement
9.2.4.2 Stethoscopes
9.2.4.2.1 Stethoscopes Enable Monitoring of Noise of Machine Components
9.2.4.3 Ultrasound Leak Detectors
9.2.4.3.1 Ultrasound Leak Detectors Enable Identification of Leakages in Vacuum and Compressed Air Systems
9.2.5 Spectrum Analyzers
9.2.5.1 Swept Spectrum Analyzers
9.2.5.1.1 Swept Spectrum Analyzers Can Display Individual Frequency Components That Form A Complex Signal
9.2.5.2 Real-Time Spectrum Analyzers
9.2.5.2.1 Real-Time Spectrum Analyzers Can are Majorly Used in Motor Current Analysis
9.2.6 Corrosion Probes
9.2.6.1 Corrosion Probes Allow Measurement of Corrosion Rate
9.2.7 Others
9.3 Software
9.3.1 Data Integration
9.3.1.1 Data Integration is the Key Function to Efficiently Portray Machine Health
9.3.2 Diagnostic Reporting
9.3.2.1 Diagnostic Reporting Helps in Analysis of Machine Health
9.3.3 Order Tracking Analysis
9.3.3.1 Order Tracking Analysis Enables Amplitude Measurement
9.3.4 Parameter Calculation
9.3.4.1 Condition Monitoring Software Help in Evaluating Equipment Reliability Parameters
10 Machine Condition Monitoring Market, By Deployment Type (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 On-Premises
10.2.1 Limitations of On-Premises Deployment to Restrain Future Growth
10.3 Cloud
10.3.1 Advantages of Cloud Deployment Over On-Premises Deployment to Drive Growth of Cloud Deployment Type
11 Machine Condition Monitoring Market, By Monitoring Process (Page No. – 92)
11.1 Introduction
11.2 Online Condition Monitoring
11.2.1 Online Condition Monitoring Systems Deliver Real-Time Machinery Health Information for Operators and Maintenance
11.3 Portable Condition Monitoring
11.3.1 Portable Condition Monitoring is A Cost-Effective Condition Monitoring Process
12 Machine Condition Monitoring Market, By Industry (Page No. – 102)
12.1 Introduction
12.2 Oil & Gas
12.2.1 Advent of Industry 4.0 to Address Machine Condition Monitoring Needs in Oil & Gas Industry
12.3 Power Generation
12.3.1 Increasing Investments in Sustainable Energy to Drive Machine Condition Monitoring Market in Power Generation Industry
12.4 Metals & Mining
12.4.1 Vibration Sensors are Essential for Identifying Faults in Mining Machinery
12.5 Chemicals
12.5.1 Rising Need to Monitor Chemical Processing to Boost Machine Condition Monitoring Market in Chemicals Industry
12.6 Automotive
12.6.1 IIoT is Enabling Automotive Industry to Adopt Easier Machine Condition Monitoring Solutions
12.7 Aerospace & Defense
12.7.1 Adoption of Smart Factory Solutions to Encourage Use of Machine Condition Monitoring Solutions in Aerospace & Defense Industry
12.8 Food & Beverages
12.8.1 Rapid Technological Developments in Food & Beverages Industry Boost Growth of Machine Condition Monitoring Market
12.9 Marine
12.9.1 Predictive Maintenance is Gaining Significant Importance in Marine Industry
12.10 Others
13 Geographical Analysis (Page No. – 124)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 US
13.2.1.1 New Product Launches and Collaborations By Key Players to Boost Machine Condition Monitoring Market Growth in US
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Adoption of Smart Factory Solutions in the Country to Propel Machine Condition Monitoring Market
13.2.3 Mexico
13.2.3.1 Growth in Mexican Industrial Automation Market to Boost Machine Condition Monitoring Market in the Country
13.3 Europe
13.3.1 Germany
13.3.1.1 Growth of Industry 4.0 to Support Machine Condition Monitoring Market Growth in Germany
13.3.2 UK
13.3.2.1 Deployment of IoT in Manufacturing Sector to Drive Machine Condition Monitoring Market in UK
13.3.3 France
13.3.3.1 Focus on Technological R&D and Government Support to Fuel Machine Condition Monitoring Market in France
13.3.4 Rest of Europe
13.4 APAC
13.4.1 China
13.4.1.1 Increasing Labor Costs to Encourage Use of Machine Condition Monitoring Solutions in China
13.4.2 Japan
13.4.2.1 Notable Growth in Automotive Industry Propelling the Market in Japan
13.4.3 India
13.4.3.1 Make in India Initiative to Drive Adoption of Machine Condition Monitoring Solutions in Manufacturing Sector
13.4.4 Rest of APAC
13.5 Rest of the World (RoW)
13.5.1 Middle East
13.5.1.1 Oil & Gas Sector is the Major Driving Force for Machine Condition Monitoring Market
13.5.2 South America
13.5.2.1 Investments By Asian Economies to Support Growth in the Region
14 Competitive Landscape (Page No. – 146)
14.1 Overview
14.2 Market Ranking Analysis: Machine Condition Monitoring Market, 2018
14.3 Competitive Leadership Mapping
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Innovators
14.3.3 Dynamic Differentiators
14.3.4 Emerging Companies
14.4 Competitive Situation and Trends
14.4.1 Agreements, Collaborations, and Mergers
14.4.2 Product Launches
15 Company Profiles (Page No. – 152)
15.1 Key Players
(Business Overview, Products/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
15.1.1 Emerson Electric
15.1.2 General Electric
15.1.3 Honeywell International
15.1.4 National Instruments
15.1.5 SKF
15.1.6 ALS
15.1.7 Wilcoxon Sensing Technologies
15.1.8 Parker Hannifin
15.1.9 Rockwell Automation
15.1.10 Schaeffler
15.1.11 Symphony Azimaai
15.1.12 Bruel & Kjaer
* Business Overview, Products/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
15.1.13 Right-To-Win
15.2 Other Players
15.2.1 Fluke
15.2.2 Meggitt
15.2.3 Pcb Piezotronics
15.2.4 Flir Systems
15.2.5 Spm Instrument
15.2.6 Analog Devices
15.2.7 Machine Saver
15.2.8 3Dsignals
15.2.9 Logilube
15.2.10 Petasense
15.2.11 Senseye
15.2.12 Uptake Canada
16 Appendix (Page No. – 184)
16.1 Insights of Industry Experts
16.2 Discussion Guide
16.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.4 Available Customizations
16.5 Related Reports
16.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】機械状態監視の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 2739
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
機械状態監視の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • リップケア製品包装の世界市場
    当調査レポートでは、リップケア製品包装の世界市場について調査・分析し、リップケア製品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - リップケア製品包装の世界市場:市場動向分析 - リップケア製品包装の世界市場:競争要因分析 - リップケア製品包装の世界市場:素材の種類別 ・金属 ・板紙 ・ガラス ・プラスチック - リップケア製品包装の世界市場:用途別 ・ブラシで塗るタイプ ・ロールオンタイプ - リップケア製品包装の世界市場:包装の種類別 ・缶入りリップ ・ジャー入りリップ ・チューブ入りリップ ・瓶入りリップ - リップケア製品包装の世界市場:主要地域別分析 - リップケア製品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - リップケア製品包装のヨーロッパ市場規模 - リップケア製品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・リップケア製品包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • セラミックファイバーの北米市場
  • インターネットセキュリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターネットセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、インターネットセキュリティの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の化工デンプン市場
  • 防錆塗料の世界市場:溶剤型防錆塗料、水性防錆塗料、粉体防錆塗料
    当調査レポートでは、防錆塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場について調査・分析し、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別歯科用洗浄機・殺菌器シェア、市場規模推移、市場規模予測、歯科用洗浄機・殺菌器種類別分析(ベンチトップ、カウンター下、自立式)、歯科用洗浄機・殺菌器用途別分析(歯科クリニック、病院、研究所)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・歯科用洗浄機・殺菌器の市場概観 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場規模 ・歯科用洗浄機・殺菌器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のアメリカ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のカナダ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメキシコ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のドイツ市場規模推移 ・歯 …
  • 動力工具のインド市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二軸延伸ポリアミドフィルム市場規模、用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場概要 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場環境 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場動向 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場規模 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:業界構造分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他) ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのアジア市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの主要国分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:意思決定フレ …
  • 業務用コンビオーブンの世界市場
    当調査レポートでは、業務用コンビオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コンビオーブンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコンエラストマーの世界市場分:製品別(HTV、RTV、LSR)、用途別(電気・電子、自動車・輸送、産業機械、消費財、建設)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、シリコンエラストマーの世界市場について調査・分析し、シリコンエラストマーの世界市場動向、シリコンエラストマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコンエラストマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ユーティリティ通信の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ユーティリティ通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術種類別分析、ネットワーク種類別分析、地域別分析、ユーティリティ通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • マニキュアの世界市場2013-2024:製品別(リキッド、ジェル)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中央・南アメリカ、中東・アフリカ)、国別
    本調査レポートでは、マニキュアの世界市場について調査・分析し、マニキュアの世界市場動向、マニキュアの世界市場規模、市場予測、セグメント別マニキュア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のレール用車輪市場2015
    本調査レポートでは、世界のレール用車輪市場2015について調査・分析し、レール用車輪の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サーフェスコンピューティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サーフェスコンピューティングの世界市場について調査・分析し、サーフェスコンピューティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サーフェスコンピューティングの世界市場:市場動向分析 - サーフェスコンピューティングの世界市場:競争要因分析 - サーフェスコンピューティングの世界市場:表面の種類別 ・フラットディスプレイ ・曲面ディスプレイ ・部品 - サーフェスコンピューティングの世界市場:使用方法別 ・直接 ・マルチユーザー,物体認識 ・マルチタッチ ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:技術別 ・抵抗 ・光学 ・容量性 ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:映像別 ・二次元 ・三次元 - サーフェスコンピューティングの世界市場:ハードウェア別 ・CPU ・スクリーン ・赤外線 ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:用途別 ・医療 ・教育 ・自動車 ・小売 ・金融サービス ・病院 ・娯楽 ・行政 ・その他 - サーフェスコンピューティ …
  • 世界の細動除去器市場2016
    本調査レポートでは、世界の細動除去器市場2016について調査・分析し、細動除去器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロピオン酸および誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロピオン酸および誘導体市場2015について調査・分析し、プロピオン酸および誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力工具の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、動力工具の世界市場について調査・分析し、動力工具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 動力工具の世界市場:市場動向分析 - 動力工具の世界市場:競争要因分析 - 動力工具の世界市場:電力源別 コードレス工具 有コード工具 - 動力工具の世界市場:用途別 電化製品 自動車 宇宙航空 半導体 建設 その他の用途 - 動力工具の世界市場:運転法別 水力/油圧工学工具 空気作用工具 電力工具 火薬力工具 エンジン作動工具 その他の運転法 - 動力工具の世界市場:エンドユーザー別 非住居 住居 - 動力工具の世界市場:主要地域別分析 - 動力工具の北米市場規模(アメリカ市場等) - 動力工具のヨーロッパ市場規模 - 動力工具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・動力工具の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 出退勤システム管理の世界市場:近接型カード、生体認証
    当調査レポートでは、出退勤システム管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、出退勤システム管理の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イラクの火力発電市場2016
  • ブチルアセテート(BAC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブチルアセテート(BAC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブチルアセテート(BAC)市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Thermo Fisher Scientific, Yip’s Chemical Holdings, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場概要 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場環境 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場動向 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場規模 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:業界構造分析 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、その他) ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:地 …
  • スパイラル型膜の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スパイラル型膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、高分子の種類別(ポリアミド、PS・PES)分析、技術別(RO、NF、UF、MF)分析、最終用途産業別(排水浄化、食品・飲料、製薬・バイオテクノロジー、石油・ガス)分析、スパイラル型膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:ACC、HUD、TPMS、LDWS、死角検出、 アダプティブ・フロント・ライト、電子制御ブレーキ、パーク・アシスト、ナイトビジョン、歩行者検出、道路標識認識、眠気モニター
    当調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、センサー種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感圧接着剤の世界市場の規模および予測:技術別(水ベース、溶剤ベース、ホットメルト、放射線硬化)、製品別(テープ、ラベル、グラフィックフィルム、特殊品)、エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子、消費財、梱包、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧接着剤の世界市場について調査・分析し、感圧接着剤の世界市場動向、感圧接着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧接着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の頸椎プレート市場2016
    本調査レポートでは、世界の頸椎プレート市場2016について調査・分析し、頸椎プレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臭素化難燃剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、臭素化難燃剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臭素化難燃剤市場規模、エンドユーザー別(電機・エレクトロニクス、建設、輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臭素化難燃剤の世界市場概要 ・臭素化難燃剤の世界市場環境 ・臭素化難燃剤の世界市場動向 ・臭素化難燃剤の世界市場規模 ・臭素化難燃剤の世界市場:業界構造分析 ・臭素化難燃剤の世界市場:エンドユーザー別(電機・エレクトロニクス、建設、輸送、その他) ・臭素化難燃剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臭素化難燃剤の北米市場規模・予測 ・臭素化難燃剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臭素化難燃剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・臭素化難燃剤の主要国分析 ・臭素化難燃剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・臭素化難燃剤の世界市場:成長要因、課題 ・臭素化難燃剤の世界市場:競争環境 ・臭素化難燃剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 産業用Vベルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用Vベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用Vベルトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CBDオイルの世界市場:マリファナ由来、大麻
    当調査レポートでは、CBDオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CBDオイル市場規模、製品別(マリファナ由来、大麻)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CV Sciences, ENDOCA, Gaia Botanicals, Isodiol International, Medical Marijuanaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CBDオイルの世界市場概要 ・CBDオイルの世界市場環境 ・CBDオイルの世界市場動向 ・CBDオイルの世界市場規模 ・CBDオイルの世界市場:業界構造分析 ・CBDオイルの世界市場:製品別(マリファナ由来、大麻) ・CBDオイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CBDオイルの北米市場規模・予測 ・CBDオイルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・CBDオイルのアジア太平洋市場規模・予測 ・CBDオイルの主要国分析 ・CBDオイルの世界市場:意思決定フレームワーク ・CBDオイルの …
  • 世界の大豆タンパク質濃縮物市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆タンパク質濃縮物市場2015について調査・分析し、大豆タンパク質濃縮物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モンゴルのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • シードル(リンゴ酒)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シードル(リンゴ酒)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シードル(リンゴ酒)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血管形成術用バルーンの世界市場分析:タイプ別(通常のバルーン、薬物溶出バルーン、切断バルーン、スコアリングバルーン)、用途別(末梢、冠動脈)、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測 2013 – 2024
    本調査レポートでは、血管形成術用バルーンの世界市場について調査・分析し、血管形成術用バルーンの世界市場動向、血管形成術用バルーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別血管形成術用バルーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラッディング装置の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、クラッディング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、構成品別分析、機能別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 換気扇風機の世界市場
    当調査レポートでは、換気扇風機の世界市場について調査・分析し、換気扇風機の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のBluetoothスマート・スマートレディ市場規模・予測2017-2025:用途別(自動車、家電、ウエアラブル電子機器、ヘルスケア、建物・小売)、技術別(Bluetoothスマート、スマートレディ、Bluetooth5.0)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のBluetoothスマート・スマートレディ市場について調査・分析し、世界のBluetoothスマート・スマートレディ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のBluetoothスマート・スマートレディ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模、製品別(cPDM、DM、CAD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場概要 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場環境 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場動向 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場規模 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:業界構造分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:製品別(cPDM、DM、CAD) ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)のアメリカ市場規模・予測 ・クラウドベースPLM(製品ラ …
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • プローブカードの世界市場2017-2021:スタンダードプローブカード、アドバンスドプローブカード
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、プローブカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プローブカードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプローブカードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.95%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFORMFACTOR、JAPAN ELECTRONIC MATERIALS、MICRONICS JAPAN、MPI等です。
  • ばら積材料荷役製品および技術の世界市場
    当調査レポートでは、ばら積材料荷役製品および技術の世界市場について調査・分析し、ばら積材料荷役製品および技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • リアルタイム決済(RTP)の世界市場予測(~2023年)
    リアルタイム決済(RTP)の世界市場は、2018年の68億米ドルから2023年には259億米ドルに達し、この期間中30.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマートフォンの急増、クラウドベースソリューションの採用、迅速な支払い決済に対する顧客の要求、政府の取り組みなどが考えれられます。一方で、制度間の相互運用性の欠如と市場競争の激化は、新興国でのRTPソリューションの採用を抑制し、ひいては市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、リアルタイム決済(RTP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、決済の特徴(P2P、P2B、B2P)分析、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、導入モード分析、企業サイズ分析、リアルタイム決済(RTP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の望遠鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の望遠鏡市場2015について調査・分析し、望遠鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界のインターベンショナル神経学市場動向(~2020)
    ※本調査レポートでは、世界のインターベンショナル神経学市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、世界のインターベンショナル神経学市場規模、地域別市場規模、製品別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトンカウンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フォトンカウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、フォトンカウンターの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 電線対基板用コネクターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、電線対基板用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ピッチサイズ別分析、形態別分析、用途別分析、地域別分析、電線対基板用コネクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 色素増感太陽電池(DSSC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、色素増感太陽電池 (DSSC)の世界市場について調査・分析し、色素増感太陽電池 (DSSC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別色素増感太陽電池 (DSSC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、色素増感太陽電池 (DSSC)種類別分析(タイプ1、タイプ2)、色素増感太陽電池 (DSSC)用途別分析(ポータブルチャージング、BIPV/BAPV、組み込み電子機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・色素増感太陽電池 (DSSC)の市場概観 ・色素増感太陽電池 (DSSC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・色素増感太陽電池 (DSSC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・色素増感太陽電池 (DSSC)の世界市場規模 ・色素増感太陽電池 (DSSC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・色素増感太陽電池 (DSSC)のアメリカ市場規模推移 ・色素増感太陽電池 (DSSC)のカナダ市場規模推移 ・色素増感太陽電池 (DSSC)のメキシコ市 …
  • 世界の給油装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の給油装置市場2015について調査・分析し、給油装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結乾燥装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、凍結乾燥装置の世界市場について調査・分析し、凍結乾燥装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別凍結乾燥装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、凍結乾燥装置種類別分析(工業規模、試験規模、実験室規模)、凍結乾燥装置用途別分析(バイオ技術・環境、医薬品、食品加工、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・凍結乾燥装置の市場概観 ・凍結乾燥装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・凍結乾燥装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・凍結乾燥装置の世界市場規模 ・凍結乾燥装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・凍結乾燥装置のアメリカ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のカナダ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のメキシコ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・凍結乾燥装置のドイツ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のイギリス市場規模推移 ・凍結乾燥装置のロシア市場規模推移 ・凍結乾燥装置のアジア市場分析(日本、中 …
  • GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ウェハ別分析、デバイス別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"