"電動式船舶の世界市場予測(~2030年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7444)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電動式船舶の世界市場予測(~2030年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Broad adoption of fully electric passenger vessels and inland cargo ships, among others, are expected to fuel the growth of the electric ships market across the globe.
The global electric ships market size is projected to grow from USD 5.2 billion in 2019 to USD 15.6 billion by 2030, at a CAGR of 13.2% from 2025 to 2030. Two forecast periods, i.e., 2019 to 2025 and 2025 to 2030, are considered in this market report, as the adoption of electric propulsion systems is projected to grow at a higher rate post-2025. Increase in seaborne trade across the globe, development of lithium-ion batteries, and hybrid and electric propulsion technology catering to the retrofit market, among others, are some of the factors that are expected to fuel the growth of the market.

The newbuild & line-fit segment is estimated to grow at a higher CAGR during the forecast period.
Based on end-use, the newbuild & line-fit segment is estimated to grow at a higher CAGR during the forecast period as compared to the retrofit segment. The growth of the newbuild & line-fit segment can be attributed to the increased demand for fully electric ships by countries in North America and Europe. Fully electric ferries are becoming increasingly important in North America and Europe as these ferries reduce emissions and help port authorities save on operational costs. Passenger ferries travel short distances and are suitable for being operated as fully electric as they are closer to ports and can be charged easily.

The hybrid segment is estimated to lead the electric ships market in 2019.
Based on type, the hybrid segment is estimated to account for a majority of the global electric ships market share in 2019 as compared to the fully electric ships. There is a large retrofit potential of ships such as ferries, cruise ships, tugs, container vessels, general cargo ships, and tankers, among others. Shipowners choose to retrofit vessels with a hybrid-electric propulsion system or a fully electric propulsion system as it is relatively cheaper than purchasing a new ship. Additionally, ships can resume operations faster, as opposed to ordering a new vessel, which could take a few years to be delivered.

The remotely operated segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.
Based on the mode of operation, the remotely operated segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Advancements in technology have enabled the shipping industry to explore technologies such as autonomous shipping and remotely operated shipping. Developments in the field are already underway, with ABB testing a remotely piloted passenger vessel near the Helsinki harbor, Finland, in December 2018.

Europe is estimated to account for the largest share of the electric ships market in 2019.
Europe is expected to lead the electric ships industry in 2019. The market in the region is highly competitive, owing to the presence of a large number of original component manufacturers (OCMs) and original equipment manufacturers (OEMs) such as Norwegian Electric Systems AS (Norway), Vard (Norway), among others. The high adoption rate of electric ferries, yachts, tugs, and cruise ships in this region, and the high commitment from companies such as Norway, Denmark, and Germany, among others to reduce emissions are major factors contributing to the growth of the electric ships market in Europe during the forecast period.

The break-up of the profiles of primary participants in the electric ships market is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 35%; Tier 2 – 45%; and Tier 3 – 20%
• By Designation: C Level Executives – 35%; Directors – 25%; and Others – 40%
• By Region: North America – 45%; Asia Pacific – 30%; Europe – 20%; and RoW – 5%
Major players operating in the electric ships market are Norwegian Electric Systems AS (Norway), Corvus Energy (Norway), General Dynamics Electric Boat (US), MAN Energy Solutions SE (Germany), Vard (Norway), Siemens (Germany), and Leclanché SA (Switzerland), among others.

Research Coverage
This market study covers the electric ships market across various segments and subsegments. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments based on type, ship type, end-use, mode of operation, system, range, power, and region. This study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments undertaken by them, and key market strategies adopted by them.

Reasons to Buy this Report
This report is expected to help market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall electric ships market and its segments. This study is also expected to provide region wise information about the applications; wherein electric ships are used. This report aims at helping the stakeholders understand the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and plan suitable go-to-market strategies. This report is also expected to help them understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the growth of the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電動式船舶の世界市場予測(~2030年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Markets Covered
1.2.2 Regional Scope
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency & Pricing
1.4 Limitations
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2 Market Definition & Scope
2.2.1 Primary Data
2.2.1.1 Key Data From Primary Sources
2.2.1.2 Breakdown of Primaries
2.2.2 Segment Definitions
2.2.2.1 Electric Ships Market, By System
2.2.2.2 Electric Ship Market, By End Use
2.2.2.3 Electric Ship Market, By Type
2.2.2.4 Electric Ship Market, By Mode of Operation
2.2.2.5 Electric Ship Market, By Power (kW)
2.2.2.6 Electric Ship Market, By Range (Km)
2.2.2.7 Electric Ship Market, By Ship Type
2.2.3 Exclusions
2.3 Market Size Estimation & Methodology
2.3.1 Top-Down Approach
2.4 Data Triangulation
2.4.1 Market Sizing & Forecasting
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 36)
4 Premium Insights (Page No. – 40)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Electric Ships Market
4.2 Hybrid Ships Market, By Type
4.3 Electric Ship Market, By Range
4.4 Electric Ship Market, By Ship Type
4.5 Commercial Electric Ship Market, By Type
4.6 Electric Ship Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Roadmap of Marine Electrification
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Implementation of Sulfur 2020 Rule
5.3.1.2 Hybrid and Electric Propulsion Technology Catering to the Retrofit Market
5.3.1.3 Increase in Seaborne Trade Across the Globe
5.3.1.4 Growing Maritime Tourism Industry
5.3.1.5 Development of Lithium-Ion Batteries
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Long Downtime During Retrofitting Ships Causes High Cost and Loss Revenue
5.3.2.2 Limited Range and Capacity of Fully-Electric Ships
5.3.3 Challenges
5.3.3.1 Inadequate Charging Infrastructure
5.3.3.2 High Initial Capital Expenditure Cost
5.3.4 Opportunity
5.3.4.1 Potential for Marine Battery Manufacturers to Manufacture High Powered Batteries
5.3.4.2 Potential for Battery Charging Via Renewable Sources of Energy for Onboard Ship
5.3.4.3 Hybrid Propulsion Technology for Large Ships
6 Industry Trends (Page No. – 55)
6.1 Introduction
6.2 Roadmap Towards Emission Free Shipping Industry
6.3 Phasing of Marine Propulsion Technologies
6.4 Value Chain Analysis
6.5 Key Autonomous Ships Development Projects
6.5.1 Rolls-Royce Marine –
6.5.2 Kongsberg and Yara – 2020
6.5.3 Japanese Consortium – 2025
6.6 Emerging Trends
6.6.1 Electrification of Leisure Boats
6.6.2 Potential of Hybrid Technology
6.6.3 Fully Electric Ferries for Passenger Transport
6.6.4 Solar Sails
6.6.5 Advanced Batteries for Electric Ships
6.6.6 Potential of Hydrogen as A Zeo Emisson Fuel for the Shipping Industry
6.7 Innovations & Patent Registrations
7 Electric Ships Market, By Type (Page No. – 63)
7.1 Introduction
7.2 Fully Electric
7.2.1 Lithium Battery
7.2.1.1 Lithium Batteries are Major Power Source for Hybrid and Fully Electric Vessels
7.2.2 Lead Acid Battery
7.2.2.1 Wide Range of Applications in the Marine Sector Increases the Demand for Lead Acid Batteries
7.2.3 Electro-Solar
7.2.3.1 Rapid Development of Electro-Solar Technology for Charging Batteries On-Board Ships
7.2.4 Fuel Cells
7.2.4.1 Growing Investment in A New Fuel Cell Technology
7.3 Hybrid
7.3.1 Diesel & Battery-Driven
7.3.1.1 Significant Advancements in Hybrid Technology have Allowed Adoption of Hybrid-Electric Propulsion for Large Cruise Ships
7.3.2 LPG/LNG & Battery-Driven
7.3.2.1 Adopting Liquefied Natural Gas (LNG) as Fuel for Ships
8 Electric Ships Market, By System (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Energy Storage Systems
8.2.1 <1,000 kW
8.2.1.1 Rising Demand for Small Ships
8.2.2 1,001–5,000 kW
8.2.2.1 Rise in Retrofitting of Large Vessels
8.2.3 >5,000 kW
8.2.3.1 Rise in Large Container and Cargo Ships for Retrofitting
8.3 Power Conversion
8.4 Power Generation
8.4.1 Generators
8.4.1.1 Rise in Demand for Electric Propulsion
8.4.2 Engines
8.4.2.1 Rise in Demand for Retrofitting Hybrid Propulsion
8.4.3 Propulsion Motors
8.4.3.1 Industry Majorly Focusing on Electric Motor Drives and Propulsion Motors
8.5 Power Distribution
9 Electric Ships Market, By Mode of Operation (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Manned
9.2.1 Large Retrofit Market Potential for Manned Cargo Vessels is Expected to Drive the Market for Electric Ships
9.3 Remotely Operated
9.3.1 Increasing Investments in Remotely Operated Ships Will Drive the Electric Ships Market
9.4 Autonomous
9.4.1 Increasing Investments is Driving the Market for Autonomous Electric Ships
10 Electric Ships Market, By Ship Type (Page No. – 81)
10.1 Introduction
10.2 Commercial
10.2.1 Passenger Vessels
10.2.1.1 Yachts
10.2.1.2 Ferries
10.2.1.3 Cruise Ships
10.2.2 Cargo Vessels
10.2.2.1 Container Vessels
10.2.2.2 Bulk Carriers
10.2.2.3 Tankers
10.2.2.4 General Cargo Ships
10.2.3 Others
10.2.3.1 Fishing Vessels
10.2.3.2 Dredgers
10.2.3.3 Tugs & Workboats
10.2.3.4 Research Vessels
10.2.3.5 Submarines
10.3 Defense
10.3.1 Destroyers
10.3.2 Frigates
10.3.3 Corvettes
10.3.4 Offshore Support Vessels (OSV)
10.3.5 Aircraft Carriers
10.3.6 Submarines
11 Electric Ships Market, By Power (Page No. – 89)
11.1 Introduction
11.2 <75 kW
11.2.1 Demand for Fully Electric Yachts in the European Region to Drive the Electric Ships Market
11.3 76–150 kW
11.3.1 Use of Fully Electric Ferries for Transport Will Drive the Market
11.4 151–745 kW
11.4.1 Large Retrofit Potential for Cargo Vessels in the 151–745 kW Range
11.5 746–7,560 kW
11.5.1 Increased Investment in Hybrid-Electric Propulsion Systems Drive the Market for Electric Ships
11.5.2 Adoption of Hybrid-Electric Propulsion Systems is Challenging in Ships With High Power Capacity
12 Electric Ships Market, By Range (Page No. - 93)
12.1 Introduction
12.2 <50 Km
12.2.1 Adoption of Fully Electric Passenger Ferries and Tugs Drive the Demand for Electric Ships
12.3 51–100 Km
12.3.1 Demand for Fully Electric Container Ships Will Drive the Demand for Electric Propulsion
12.4 100–1,000 Km
12.4.1 Retrofit of Cargo Vessels to Drive the Market for Electric Ships
12.5 >1,000 Km
12.5.1 Increased Investment in Hybrid-Electric Propulsion Systems Will Bear Fruit as the Adoption Rate Increases for Long-Voyage Ships
13 Electric Ships Market, By End Use (Page No. – 96)
13.1 Introduction
13.2 Newbuild & Line Fit
13.2.1 High Demand for Fully Electric Ferries in Europe is Expected to Drive the Market for Electric Ships
13.3 Retrofit
13.3.1 Ship Owners Update Or Retrofit Equipment Installed on Existing Vessels to Increase Their Efficiency and Extend Their Durability
14 Regional Analysis (Page No. – 100)
14.1 Introduction
14.2 North America
14.2.1 US
14.2.1.1 Increasing Demand for Luxury Sailing Will Raise the Adoption of Electric Boats
14.2.2 Canada
14.2.2.1 Canada Government’s Strategic Decision to Develop Its Indigenous Marine Industry to Grow the Market
14.3 Europe
14.3.1 Norway
14.3.1.1 Implementation of Imo Rule is Major Factor Driving the Adoption of Hybrid Or Electric Driven Propulsion in the Shipping Industry in Norway
14.3.2 Greece
14.3.2.1 Stringent Imo 2020 Rule is Driving the Demand for Electric Ships in Greece
14.3.3 Netherlands
14.3.3.1 Push Toward Using Zero-Emission Ships are Driving the Electric Ships Market in the Netherlands
14.3.4 France
14.3.4.1 Presence of Stringent Regulations Drive the Demand for Electric Ships in France
14.3.4.2 Rest of Europe
14.4 Asia Pacific
14.4.1 China
14.4.1.1 Presence of Several Shipbuilding Companies in China Boost the Growth of the Electric Ships Market in the Country
14.4.2 South Korea
14.4.2.1 Adoption of Fuel Cells for the Development of Ships and the Aim Towards Achieving A Hydrogen Economy are Expected to Fuel Electric Ships Market in South Korea
14.4.3 Japan
14.4.3.1 Focus on Reducing Greenhouse Gas Emissions From International Shipping is Supporting the Growth of Electric Ships Market in Japan
14.4.4 New Zealand
14.4.4.1 There is A Switch From Diesel Driven Ships to Electric Ships in New Zealand to Reduce Operational Costs
14.4.5 Rest of Asia Pacific
14.4.5.1 Development of Electric Passenger Ferries is Expected to Fuel the Growth of Electric Ships in Rest of Asia Pacific
14.5 Rest of the World
14.5.1 Latin America
14.5.1.1 Large Fleet Size of Ships in Latin America Encourages Adoption of Hybrid Propulsion
14.5.2 Middle East & Africa
14.5.2.1 Retrofitting Existing Fleet Size of Ships is Driving the Electric Ships Market in Middle East & Africa
15 Competitive Landscape (Page No. – 136)
15.1 Introduction
15.2 Major Players, 2018
15.3 Competitive Scenario
15.4 Competitive Leadership Mapping
15.4.1 Visionary Leaders
15.4.2 Innovators
15.4.3 Dynamic Differentiators
15.4.4 Emerging Companies
15.5 Strength of Product Portfolio
15.6 Business Startegy Excellance
15.7 Competitive Scenario
15.7.1 New Product Launches
15.7.2 Contracts
15.7.3 Expansions & Acquisitions
15.7.4 Partnerships, Agreements, Joint Ventures and Collaborations
16 Company Profiles (Page No. – 147)
(Business Overview, Products/Services Offered, Customers and Application Areas, Unique Value Proposition and Right to Win, SWOT Analysis, and MnM View)*
16.1 ABB
16.2 Wartsila
16.3 Kongsberg Gruppen
16.4 General Electric (GE)
16.5 Vard (Fincantieri)
16.6 Siemens
16.7 Leclanché SA
16.8 Bae Systems
16.9 Norwegian Electric Systems as (Havyard Group ASA)
16.10 Man Energy Solutions Se (Traton Group)
16.11 Corvus Energy
16.12 Echandia Marine AB
16.13 General Dynamics Electric Boat
16.14 Anglo Belgian Corporation (ABC) NV
16.15 Schottel GmbH
16.16 Visedo (Danfoss)
16.17 ECO Marine Power Co Ltd.
16.18 Akasol AG
16.19 EST Floattech
16.20 Saft (Total)
*Details on Business Overview, Products/Services Offered, Customers and Application Areas, Unique Value Proposition and Right to Win, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
17 Appendix (Page No. – 199)
17.1 Discussion Guide
17.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets™ Subscription Portal
17.3 Available Customizations
17.4 Related Reports
17.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電動式船舶の世界市場予測(~2030年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7444
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電動式船舶の世界市場予測(~2030年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの世界市場予測2019-2024
    「自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、成人男性、成人女性、児童など、用途別には、Automotive Crash Test、Aerospace Test、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの世界市場概要(サマリー) ・自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの企業別販売量・売上 ・自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの企業別市場シェア ・自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの世界市場規模:種類別(成人男性、成人女性、児童) ・自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの世界市場規模:用途別(Automotive Crash Test、Aerospace Test、Others) ・自動車・航空宇宙用クラッシュテストダミーの米州市場規 …
  • 初代細胞の世界市場予測(~2023年):造血、血液、皮膚、消化器官、肝細胞、腎細胞、骨格・筋肉
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、初代細胞の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ヒト、動物)分析、由来別(造血、血液、皮膚、消化器官、肝細胞、腎細胞、骨格・筋肉)分析、エンドユーザー別(ライフサイエンス研究、研究機関)分析、初代細胞の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉛蓄電池のインドネシア市場予測・分析2019-2023
  • 二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 要約 2. 二酸化炭素回収・貯留市場の概要 3. 二酸化炭素回収・貯留の世界市場予測 4. 二酸化炭素回収・貯留2次市場予測 5. 米国の二酸化炭素回収・貯留市場予測 6. 欧州の二酸化炭素回収・貯留市場予測 7. アフリカ・中東の二酸化炭素回収・貯留市場予測 8.アジア・オセアニアの二酸化炭素回収・貯留市場予測 9. 二酸化炭素回収・貯留市場のPEST分析 10. 専門家の意見 11. 二酸化炭素回収・貯留市場における主要企業 12. 結論 13. 用語集
  • 写真プリントキオスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、写真プリントキオスクの世界市場について調査・分析し、写真プリントキオスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別写真プリントキオスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、写真プリントキオスク種類別分析()、写真プリントキオスク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・写真プリントキオスクの市場概観 ・写真プリントキオスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・写真プリントキオスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・写真プリントキオスクの世界市場規模 ・写真プリントキオスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・写真プリントキオスクのアメリカ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのカナダ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのメキシコ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・写真プリントキオスクのドイツ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのイギリス市場規模推移 ・写真プリントキオス …
  • カナダの整形外科処置動向(~2021)
  • 食品用増粘剤の世界市場予測(~2022年):親水コロイド、タンパク質、澱粉
    当調査レポートでは、食品用増粘剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、食品用増粘剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電子黒板 市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子黒板 市場2015について調査・分析し、電子黒板 の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 砕石術デバイスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、砕石術デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、砕石術デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)の概要 ・糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastr …
  • 二輪車用スパークプラグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用スパークプラグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用スパークプラグの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • ゲノムバイオマーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲノムバイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲノムバイオマーカーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生鮮加工肉の世界市場
    当調査レポートでは、生鮮加工肉の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生鮮加工肉の世界市場:種類別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:製品別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:食肉別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:流通別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:地域別分析/市場規模 ・生鮮加工肉のアメリカ市場規模予測 ・生鮮加工肉のヨーロッパ市場規模予測 ・生鮮加工肉のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界主要国におけるアルミフォーム市場2018-2023
    本調査レポートでは、アルミフォームの世界市場について調査・分析し、アルミフォームの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(オープンセルアルミフォーム、クローズドセルアルミフォーム)、用途別市場規模(航空宇宙・防衛、自動車、鉄道工業、建築、造船、風力エネルギー)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、アルミフォームの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・アルミフォームの世界市場概要 ・アルミフォームの企業別市場シェア ・アルミフォームの地域別市場規模 ・アルミフォームの種類別市場規模(オープンセルアルミフォーム、クローズドセルアルミフォーム) ・アルミフォームの用途別市場規模(航空宇宙・防衛、自動車、鉄道工業、建築、造船、風力エネルギー) ・アルミフォームの主要企業分析 ・アルミフォームの北米市場規模 ・アルミフォームの米国市場規 …
  • プロバイオティクスの世界市場:機能性食品/飲料、ダイエットサプリメント、動物用飼料
    当調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨形成タンパク質の世界市場分析:タイプ別(rhBMP-2、rhBMP-7)、用途別(脊髄融合、外傷、再建、口腔顎顔面手術)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、骨形成タンパク質の世界市場について調査・分析し、骨形成タンパク質の世界市場動向、骨形成タンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨形成タンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血管造影用カテーテルの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管造影用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、地域別分析、需要先別分析、血管造影用カテーテルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ燃料・バイオディーゼルの世界市場:種類別(バイオエタノール、バイオディーゼル)、用途別(農業、輸送、化学品、医薬品)、地域別予測
    本資料は、バイオ燃料・バイオディーゼルの世界市場について調べ、バイオ燃料・バイオディーゼルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(バイオエタノール、バイオディーゼル)分析、用途別(農業、輸送、化学品、医薬品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDiester Industries、Neste Oil Rotterdam、ADM、Infinita Renovables、Biopetrol、Cargill、Ital Green Oil、Glencore、Louis Dreyfus、Renewable Energy Group、RBF Port Neches、Ag Processing、Elevance、Marathon Petroleum Corporation、Evergreen Bio Fuelsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオ燃料・バイオディーゼルの世界市場概要 ・バイオ燃料・バイオディーゼルの世界市場環境 ・バイオ燃料・バイオデ …
  • 世界の医療用大麻市場:用途別、地域別
    本調査レポートは医療用大麻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用大麻の世界市場:用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 医療用手袋の中東市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 世界の血小板アジテーター市場予測2013-2027
    本調査レポートでは、世界の血小板アジテーター市場について調査・分析し、世界の血小板アジテーター市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の概要 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬の評価    …
  • イスラエルの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • オイルシェールの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、オイルシェールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オイルシェール市場規模、工程別(オイルシェールの乾留、シェールオイル探査、シェールオイル精製、選鉱、特殊業務)分析、製品別(シェールガソリン、重油、コークス、灯油、シェールディーゼル、その他)分析、種類別(>10%、7~10%、10%、7~10%、
  • 産業用ロボットの世界市場予測(~2023年):多関節ロボット、直角座標ロボット、SCARAロボット、パラレルロボット、コラボレーションロボット
    当調査レポートでは、産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、産業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート農業におけるIoTの世界市場:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)、地域別予測
    本資料は、スマート農業におけるIoTの世界市場について調べ、スマート農業におけるIoTの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco、IBM、Kaalot Technologies、Oracle、Trimble、Virtus Nutrition、John Deere、Precision Planting、Accenture、AGCO、Auroras、CEMA、DigiReach、Libelium、Link Labsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート農業におけるIoTの世界市場概要 ・スマート農業におけるIoTの世界市場環境 ・スマート農業におけるIoTの世界市場動向 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ …
  • スマートライティング&コントロールの世界市場予測:LED、蛍光灯、コンパクト蛍光ランプ、高輝度放電(HID)ランプ
  • 宇宙ロボットの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、宇宙ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス別(衛生サービス、軌道上での組み立て・製造、軌道外でのサービス、再補給、、表面移動、打ち上げサポート)分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、宇宙ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質加水分解物の世界市場予測(~2022年):乳タンパク質加水分解物、植物性タンパク質加水分解物、動物性タンパク質加水分解物
    当調査レポートでは、タンパク質加水分解物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、プロセス別分析、形状別分析、タンパク質加水分解物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル・リストバンドの世界市場:スマートウォッチ、フィットネスバンド
    当調査レポートでは、ウェアラブル・リストバンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブル・リストバンドの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデンタルインプラント市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデンタルインプラント市場について調査・分析し、世界のデンタルインプラント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデンタルインプラント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 圧力容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、圧力容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力容器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ZigBeeホーム・オートメーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ZigBeeホーム・オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ZigBeeホーム・オートメーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のトップドライブ装置市場2015
    本調査レポートでは、中国のトップドライブ装置市場2015について調査・分析し、トップドライブ装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の膝関節再建市場動向(~2021)
  • 光アイソレーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光アイソレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光アイソレーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(新規ビルド及び変換済み)分析、船体種類別(シングル&ダブル)分析、推進力別(自走式およびTo航式)分析、使用法別(浅水、深海および超深海)分析、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模が2019年195億ドルから2024年260億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。
  • チップアンテナの世界市場予測(~2022年):誘電体チップアンテナ、LTCCチップ(低温同時焼成セラミックス)
    当調査レポートでは、チップアンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、チップアンテナの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の家庭用空気清浄器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用空気清浄器市場2015について調査・分析し、家庭用空気清浄器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジネスジェットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯磨き粉の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 防火システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防火システム市場規模、製品別(消火、消火器、火災警報、火災分析、火災管理、火災検知)分析、種類別(受動型防火システム、能動型防火システム)分析、技術別(隔壁、塗装膜、シーラント、その他)分析、サービス別(取付け・設計サービス、管理サービス、メンテナンスサービス、技術サービス、その他)分析、産業別(商業用、住宅用、政府、石油・ガス・鉱業、エネルギー・電力、輸送・物流、製造工場、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 防火システムの世界市場:市場動向分析 ・ 防火システムの世界市場:競争要因分析 ・ 防火システムの世界市場:製品別(消火、消火器、火災警報、火災分析、火災管理、火災検知) ・ 防火システムの世界市場:種類別(受動型防火システム、能動型防火システム) ・ 防火システムの世界市場:技術別(隔壁、塗装膜、シーラント、その他) ・ 防火システムの世界市場:サ …
  • 世界の圧縮天然ガス(CNG)市場規模・予測2017-2025:原料別(非不随ガス、不随ガス、非従来型ガス資源)、用途別(小型車、中・大型車、中・大型トラック、その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の圧縮天然ガス(CNG)市場について調査・分析し、世界の圧縮天然ガス(CNG)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の圧縮天然ガス(CNG)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インフルエンザ菌B型感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるインフルエンザ菌B型感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、インフルエンザ菌B型感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・インフルエンザ菌B型感染症の概要 ・インフルエンザ菌B型感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のインフルエンザ菌B型感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インフルエンザ菌B型感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インフルエンザ菌B型感染症治療薬開発に取り組んでい …
  • 血液脳関門(BBB)技術の世界市場:疾患別(アルツハイマー病、てんかん、パーキンソン病、多発性硬化症、ハンター症候群、脳腫瘍)、技術別(二重特異性抗体のRMTアプローチ、トロイの木馬アプローチ、BBB透過性の向上、受動拡散、その他)、地域別予測
    本資料は、血液脳関門(BBB)技術の世界市場について調べ、血液脳関門(BBB)技術の世界規模、市場動向、市場環境、疾患別(アルツハイマー病、てんかん、パーキンソン病、多発性硬化症、ハンター症候群、脳腫瘍)分析、技術別(二重特異性抗体のRMTアプローチ、トロイの木馬アプローチ、BBB透過性の向上、受動拡散、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAllon Therapeutics Profiles、Angiochem Inc、Armagen Technologies Inc、BrainsGate、Bristol-Myers Squibb、Biosis Technologies Inc、Cephalon Inc、Cerecor、CarThera、Cytos Biotechnology AG、Envivo Pharmaceuticals Inc、Eli Lily and Company、Sanofi Genzyme、Nanomerics、Ossianix Incなどで …
  • 自動車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、自動車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アイルランドの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 腎移植(Kidney Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎移植(Kidney Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎移植(Kidney Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎移植(Kidney Transplantation)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"