"フレキシブルAC伝送システム(FACTS)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 2099)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フレキシブルAC伝送システム(FACTS)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

FACTS market to grow at CAGR of 6.0% from 2019 to 2024
The global flexible AC transmission systems (FACTS) market size is projected to reach USD 1.7 billion by 2024 from USD 1.2 billion in 2019, at a CAGR of 6.0%. Major drivers for the market’s growth are increasing benefits offered by FACTS, growth in transmission line, rising focus on energy generation using renewable sources, and surging demand for STATCOM devices for voltage control. Further, rising investment in transmission networks and potential opportunities in APAC are the opportunities for FACTS manufacturers. The major restraint for the market is high installation costs. Size and communication limitations in FACTS pose a major challenge to this market.

Shunt compensation type to hold largest share of FACTS market during forecast period
In shunt compensation, FACTS are connected in parallel with the power system transmission line. Shunt compensation is actively used in power transmission and distribution networks to reduce power losses and voltage drops. Moreover, shunt compensation is used for various applications such as voltage stabilization, dynamic reactive power control, increased transmission capacity, power oscillation damping, higher transient stability, system voltage balance maintenance, reduced transmission losses, and voltage control. Low installation cost, when compared with other systems, and improved efficiency along with higher ratings across distribution circuits are a few factors that are expected to increase the demand for shunt systems.

Among all vertical, utilities to hold largest share of FACTS market from 2019 to 2024
FACTS is used in electric utilities for the generation, transmission, and distribution of electricity. The applications of FACTS in electrical utilities include voltage control, network stabilization, power oscillation damping, and power flow control, as well as help in increasing the transmission capacity. FACTS devices also provide an economical and efficient solution to ease the pressure on existing transmission lines and save high investment costs required for building new network extensions. This is expected to increase the demand for FACTS in utilities. Companies such as ABB, GE, and Siemens provide FACTS devices for the electric utilities market because of growing demands for the generation of electricity.

APAC to hold largest share of FACTS market during forecast period
APAC is the fastest-developing region for most verticals, such as utilities, railways, and industrial. The market in APAC is segmented into China, India, South Korea, and the Rest of APAC. The region has emerged as a global focal point for large investments and business expansion opportunities. The region represents the fastest-growing market worldwide, and the market in this region is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Growing transmission investment in APAC countries results in the increasing number of substations and transmission lines, which propelled the demand for voltage stability and power flow control solution increased. Moreover, APAC is home to a few key FACTS manufacturers—such as Rongxin, which installed more than 800 STATCOM, and Hyosung. These factors are expected to drive the market for FACTS in this region during the forecast period.

Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 = 50%, Tier 2 = 30%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-Level Executives = 35%, Directors = 30%, and Others = 35%
• By Region: Americas = 40%, Europe = 25%, APAC = 20%, and RoW = 15%
ABB (ABB, Switzerland), General Electric Company (GE, US), Siemens AG (Siemens, Germany), Mitsubishi Electric Corporation (Mitsubishi Electric, Japan), Infineon Technologies AG (Infineon, Germany), American Superconductor (AMSC, US), NR Electric Co., Ltd. (NR Electric, China), Hyosung Heavy Industries (Hyosung, South Korea), and Rongxin Power Ltd. (RXPE, UK) are a few major players in the FACTS market.

Research Coverage:
Compensation type, functions, components, generation type, application, vertical, and geography are the segments covered in this report. The report gives a detailed view of the market across 4 main regions: Americas, Europe, APAC, and RoW.

Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the FACTS market in terms of compensation type, functions, components, generation type, application, vertical and geography, along with their respective market sizes.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the FACTS market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the FACTS market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"フレキシブルAC伝送システム(FACTS)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach Used to Arrive at Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.1.2 Approach for Capturing Company-Specific Information in FACTS Value Chain
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach Used to Arrive at Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insight (Page No. – 34)
4.1 Attractive Growth Opportunities in FACTS Market
4.2 FACTS Market, By Application
4.3 FACTS Market in APAC, By Vertical and Country
4.4 FACTS Market in Europe, By Compensation Type
4.5 FACTS Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Benefits Offered By FACTS
5.2.1.2 Growth in Transmission Line
5.2.1.3 Growing Utilization of Renewable Energy Into Power Grids
5.2.1.4 Rising Demand for Statcom Devices for Voltage Control
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Installation Cost
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Investments in Transmission Network
5.2.3.2 Potential Opportunities in APAC
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Size and Communication Limitations in FACTS
5.3 Value Chain Analysis
6 Functions of Flexible Ac Transmission System (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Voltage Control
6.2.1 Devices Such as Statcom and SVC are Used for Voltage Control
6.3 Network Stabilization
6.3.1 Shunt and Series Compensation are Used for Network Stabilization
6.4 Transmission Capacity
6.4.1 Series Compensation is a Cost Effective Way to Increase Transmission Capacity
6.5 Harmonic Suppression
6.5.1 SVC and Statcom are Used for Harmonic Suppression
7 Components of Flexible Ac Transmission System (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Power Electronic Devices
7.2.1 Capacitor Banks
7.2.1.1 Capacitor Banks are Used to Increase Power Transmission Capability
7.2.2 Thyristors
7.2.2.1 Thyristors are Used to Deliver High Power in FACTS Devices
7.2.3 Reactors
7.2.3.1 Reactors are Used to Limit the Effects of Overvoltage in Transmission Line
7.3 Phase Shifting Transformers
7.3.1 Phase Shifting Transformers are Used to Change Effective Phase Displacement Between Input Voltage and Output Voltage of Transmission Line
7.4 Protection and Control Systems
7.4.1 Protection and Control Systems are Used to Ensure Proper Network Reliability
8 Flexible Ac Transmission System Market, By Compensation Type (Page No. – 45)
8.1 Introduction
8.2 Shunt Compensation
8.2.1 Static Var Compensation (SVC)
8.2.1.1 Need for Line Voltage Control is Likely to Increase the Demand for Static Var Compensation
8.2.2 Static Compensator (Statcom)
8.2.2.1 APAC to Witness Highest Growth for Static Compensator (Statcom)
8.3 Series Compensation
8.3.1 Fixed Series Capacitor
8.3.1.1 Need for Minimum Voltage Profile to Increase Demand for Fixed Series Capacitor
8.3.2 Thyristor Series Capacitor
8.3.2.1 Need for More Power Transfer Capability Over Existing Transmission Networks Boosting Demand for Thyristor Series Capacitors
8.4 Combined Compensation
8.4.1 APAC Was Largest Share Holder for Combined Compensation in 2018
9 Flexible Ac Transmission System Market, By Application (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Voltage Control
9.2.1 Voltage Control Dominated FACTS Market, in Terms of Size, in 2018
9.3 Power Control
9.3.1 Europe Held Largest Market for Power Control in 2018
10 Flexible Ac Transmission System Market, By Generation Type (Page No. – 55)
10.1 Introduction
10.2 First Generation
10.2.1 SVC and Series Compensation are First Generation FACTS Devices
10.3 Second Generation
10.3.1 Europe Accounted Largest Share for Second Generation FACTS Devices
11 Flexible Ac Transmission System Market, By Vertical (Page No. – 59)
11.1 Introduction
11.2 Utilities
11.2.1 Utilities to Dominate FACTS Market in Coming Years
11.3 Renewables
11.3.1 Market for Renewables to Grow at Highest CAGR
11.4 Industrial
11.4.1 Need for Power Quality and Stability Boosting Demand for FACTS in Industrial Vertical
11.5 Railways
11.5.1 APAC Held Largest Market for Railways in 2018
12 Geographic Analysis (Page No. – 64)
12.1 Introduction
12.2 Americas
12.2.1 North America
12.2.1.1 US
12.2.1.1.1 US is Largest Market for FACTS in North America
12.2.1.2 Rest of North America
12.2.2 South America
12.2.2.1 Brazil
12.2.2.1.1 Increase in Investment for Expansion of Energy Infrastructure Drives FACTS Markets in Brazil
12.2.2.2 Rest of South America
12.3 Europe
12.3.1 UK
12.3.1.1 UK is the Major Consumer of FACTS in Europe
12.3.2 Germany
12.3.2.1 FACTS Markets in Germany to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
12.3.3 France
12.3.3.1 Smart Grid Infrastructure to Drive FACTS Market in France
12.3.4 Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 China to Hold Largest Share of FACTS Market in APAC During Forecast Period
12.4.2 India
12.4.2.1 Government Support for Expansion of Transmission Network to Drive FACTS Market in India
12.4.3 South Korea
12.4.3.1 Requirement for Constructing New Transmission Lines Drives FACTS Market in South Korea
12.4.4 Rest of APAC
12.5 RoW
12.5.1 Middle East
12.5.1.1 Growing Number of Oil & Gas Industries in Middle East to Drive FACTS Market
12.5.2 Africa
12.5.2.1 Africa to Hold Larger Share of FACTS Market in RoW
13 Competitive Landscape (Page No. – 89)
13.1 Overview
13.2 Ranking Analysis of Key Players in Flexible Ac Transmission System Market
13.3 Competitive Situations and Trends
13.3.1 Product Developments
13.3.2 Agreements
13.3.3 Collaboration
13.3.4 Contracts
13.3.5 Divestment
13.3.6 Expansion
13.3.7 Partnership
13.3.8 Acquisition
13.4 Competitive Leadership Mapping, 2018
13.4.1 Visionary Leaders
13.4.2 Dynamic Differentiators
13.4.3 Innovators
13.4.4 Emerging Companies
14 Company Profile (Page No. – 98)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
14.1 Key Players
14.1.1 ABB
14.1.2 Rongxin Power Engineering Ltd (RXPE)
14.1.3 General Electric (GE)
14.1.4 Siemens
14.1.5 Mitsubishi Electric
14.1.6 American Superconductor
14.1.7 Infineon
14.1.8 NR Electric
14.1.9 Hyosung Heavy Industries
14.1.10 Ingeteam Power Technology
14.2 Right to Win
14.3 Other Important Players
14.3.1 Bharat Heavy Electricals Limited (BHEL)
14.3.2 Quanta Technology
14.3.3 Comsys
14.3.4 Merus Power Dynamics Oy
14.3.5 Sieyuan Electric Co., Ltd.
14.3.6 Signatory Pvt. Ltd.
14.3.7 Jema Energy Sa
14.3.8 Freqcon GmbH
14.3.9 Clariant Power System Limited
14.3.10 Beijing Power Equipment Group Co Ltd(BPEG)
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 129)
15.1 Insights From Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Available Customizations
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フレキシブルAC伝送システム(FACTS)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 2099
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フレキシブルAC伝送システム(FACTS)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ハイブリッドデバイスの世界市場
    当調査レポートでは、ハイブリッドデバイスの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドデバイスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)、用途別(スマートコントラクト、支払い・決済、製品トレーサビリティ、在庫監視、コンプライアンス管理、その他)、業種別(小売、製造、食品・飲料、ヘルスケア、石油・ガス、その他)
    本資料は、ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場について調べ、ブロックチェーン・サプライチェーンの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、業種別(小売、製造、食品・飲料、ヘルスケア、石油・ガス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場概要 ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場環境 ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場動向 ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場規模 ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場:市場シェア ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・ブロックチェーン・サプライチェーンの世界市場:用途別(スマートコントラクト、支払い・決済、製品トレーサビリティ、在庫監視、コンプライアンス管理、その他) ・ブロックチェーン・サプライチェーン …
  • 航空機用燃料装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用燃料装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用燃料装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生物肥料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生物肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生物肥料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • UAV用ソフトウェアの世界市場予測
    当調査レポートでは、UAV(無人機)用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、UAV用ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・UAV用ソフトウェアの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・UAV用ソフトウェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・UAV用ソフトウェアの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 工業用イーサネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用イーサネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用イーサネット市場規模、技術別(Ethernet/IP、PROFINET、EtherCAT、Modbus TCP/IP、POWERLINK、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用イーサネットの世界市場概要 ・工業用イーサネットの世界市場環境 ・工業用イーサネットの世界市場動向 ・工業用イーサネットの世界市場規模 ・工業用イーサネットの世界市場:業界構造分析 ・工業用イーサネットの世界市場:技術別(Ethernet/IP、PROFINET、EtherCAT、Modbus TCP/IP、POWERLINK、その他) ・工業用イーサネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用イーサネットのアメリカ市場規模・予測 ・工業用イーサネットのヨーロッパ市場規模・予測 ・工業用イーサネットのアジア市場規模・予測 ・工業用イーサネットの主要国分析 …
  • 世界の海中ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の海中ポンプ市場2015について調査・分析し、海中ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コードレス掃除機の世界市場:種類別、用途別(商業、住宅)、地域別予測
    本資料は、コードレス掃除機の世界市場について調べ、コードレス掃除機の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別(商業、住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コードレス掃除機の世界市場概要 ・コードレス掃除機の世界市場環境 ・コードレス掃除機の世界市場動向 ・コードレス掃除機の世界市場規模 ・コードレス掃除機の世界市場規模:種類別 ・コードレス掃除機の世界市場規模:用途別(商業、住宅) ・コードレス掃除機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コードレス掃除機の北米市場規模・予測 ・コードレス掃除機のアメリカ市場規模・予測 ・コードレス掃除機のヨーロッパ市場規模・予測 ・コードレス掃除機のアジア市場規模・予測 ・コードレス掃除機の日本市場規模・予測 ・コードレス掃除機の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 集成材の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、集成材の世界市場について調査・分析し、集成材の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・集成材の世界市場規模:製品別分析 ・集成材の世界市場規模:用途別分析 ・集成材の世界市場規模:エンドユーザー ・集成材の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • モジュラーロボットの世界市場予測(~2023年):関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュラーロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ロボットタイプ別(関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット)分析、産業別(自動車、電気・電子、プラスチック、ゴム・化学品)分析、モジュラーロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カテーテル安定化装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カテーテル安定化装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カテーテル安定化装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の歯科サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の歯科サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の歯科サービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の神経派生型チップ市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経派生型チップ市場2015について調査・分析し、神経派生型チップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチック包装市場規模、プラスチックの種類別(軟質、硬質)分析、材料別(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポリスチレン、その他)分析、製品タイプ別(バッグ、ボトル・ジャー、缶、パウチ、ラップ、その他)分析、エンドユーザー別(美容・パーソナルケア、食品・飲料、ヘルスケア・医薬品、ホームケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ プラスチック包装の世界市場:市場動向分析 ・ プラスチック包装の世界市場:競争要因分析 ・ プラスチック包装の世界市場:プラスチックの種類別(軟質、硬質) ・ プラスチック包装の世界市場:材料別(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、ポリプロピレン、ポリスチレン、その他) ・ プラスチック包装の世界市場:製品タイプ別(バッグ、ボトル・ジャー、缶、パウチ、ラップ、その他) …
  • 中国の産業用ディーゼル発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国の産業用ディーゼル発電機市場2015について調査・分析し、産業用ディーゼル発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の神経モニター市場2015
    本調査レポートでは、中国の神経モニター市場2015について調査・分析し、神経モニターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートリテールの世界市場:用途別(インテリジェントシステム、ロボティクス、ビジュアルマーケティング、スマートペイメントシステム、アナリティクス、スマートラベル、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートリテールの世界市場について調べ、スマートリテールの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(インテリジェントシステム、ロボティクス、ビジュアルマーケティング、スマートペイメントシステム、アナリティクス、スマートラベル、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートリテールの世界市場概要 ・スマートリテールの世界市場環境 ・スマートリテールの世界市場動向 ・スマートリテールの世界市場規模 ・スマートリテールの世界市場規模:用途別(インテリジェントシステム、ロボティクス、ビジュアルマーケティング、スマートペイメントシステム、アナリティクス、スマートラベル、その他) ・スマートリテールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートリテールの北米市場規模・予測 ・スマートリテールのアメリカ市場規模・予測 ・スマートリテールのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートリテールのアジア市場規模・予測 ・スマートリテールの日本市場規模・予測 …
  • 元素分析の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、元素分析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、元素分析市場規模、エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Danaher, PerkinElmer, Shimadzu, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・元素分析の世界市場概要 ・元素分析の世界市場環境 ・元素分析の世界市場動向 ・元素分析の世界市場規模 ・元素分析の世界市場:業界構造分析 ・元素分析の世界市場:エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他) ・元素分析の世界市場:地域別市場規模・分析 ・元素分析の北米市場規模・予測 ・元素分析のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・元素分析のアジア太平洋市場規模・予測 ・元素分析の主要国分析 ・元素分析の世界市場:意思決定フレ …
  • 有機塗料の世界市場:タイプ別(乾燥被膜潤滑剤、Xylanコーティング剤、その他)、用途別(自動車、航空宇宙、防衛、海事、電気、その他)、地域別予測
    本資料は、有機塗料の世界市場について調べ、有機塗料の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(乾燥被膜潤滑剤、Xylanコーティング剤、その他)分析、用途別(自動車、航空宇宙、防衛、海事、電気、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・有機塗料の世界市場概要 ・有機塗料の世界市場環境 ・有機塗料の世界市場動向 ・有機塗料の世界市場規模 ・有機塗料の世界市場規模:タイプ別(乾燥被膜潤滑剤、Xylanコーティング剤、その他) ・有機塗料の世界市場規模:用途別(自動車、航空宇宙、防衛、海事、電気、その他) ・有機塗料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機塗料の北米市場規模・予測 ・有機塗料のアメリカ市場規模・予測 ・有機塗料のヨーロッパ市場規模・予測 ・有機塗料のアジア市場規模・予測 ・有機塗料の日本市場規模・予測 ・有機塗料の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • モザンビークの発電市場2016
  • アサフェティダ(アギ)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アサフェティダ(アギ)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アサフェティダ(アギ)市場規模、製品別(ミルキーホワイトアサフェティダ、赤アサフェティダ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場概要 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場環境 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場動向 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場規模 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場:業界構造分析 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場:製品別(ミルキーホワイトアサフェティダ、赤アサフェティダ) ・アサフェティダ(アギ)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アサフェティダ(アギ)の北米市場規模・予測 ・アサフェティダ(アギ)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アサフェティダ(アギ)のアジア太平洋市場規模・予測 ・アサフェティダ(アギ)の主要国分析 ・アサフェティダ(アギ)の世界市場:意思決定フレームワーク ・アサ …
  • 爆発物検知装置の世界市場
    当調査レポートでは、爆発物検知装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、爆発物検知装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ樹脂の世界市場予測(~2021年):液体、固体、溶液、塗料、接着剤、シーリング剤、複合材
    当調査レポートでは、エポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、形状別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、エポキシ樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用大麻市場:用途別、地域別
    本調査レポートは医療用大麻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用大麻の世界市場:用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 花・植物用物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、花・植物用物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、花・植物用物流市場規模、製品別(花・植物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、C.H. Robinson Worldwide, DB Schenker, Deutsche Post, FedEx, KUEHNE + NAGELなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・花・植物用物流の世界市場概要 ・花・植物用物流の世界市場環境 ・花・植物用物流の世界市場動向 ・花・植物用物流の世界市場規模 ・花・植物用物流の世界市場:業界構造分析 ・花・植物用物流の世界市場:製品別(花・植物) ・花・植物用物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・花・植物用物流の北米市場規模・予測 ・花・植物用物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・花・植物用物流のアジア太平洋市場規模・予測 ・花・植物用物流の主要国分析 ・花・植物用物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・花・植物用物流の世 …
  • マシニングセンタ(MC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マシニングセンタ(MC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マシニングセンタ(MC)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シネマレンズの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シネマレンズの世界市場について調査・分析し、シネマレンズの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シネマレンズシェア、市場規模推移、市場規模予測、シネマレンズ種類別分析(エントリークラス、中等クラス、高級クラス )、シネマレンズ用途別分析(アマチュア向け、プロフェッショナルユーザー向け)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シネマレンズの市場概観 ・シネマレンズのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シネマレンズのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シネマレンズの世界市場規模 ・シネマレンズの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シネマレンズのアメリカ市場規模推移 ・シネマレンズのカナダ市場規模推移 ・シネマレンズのメキシコ市場規模推移 ・シネマレンズのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シネマレンズのドイツ市場規模推移 ・シネマレンズのイギリス市場規模推移 ・シネマレンズのロシア市場規模推移 ・シネマレンズのアジア市 …
  • 世界のステンレス鋼市場2015
    本調査レポートでは、世界のステンレス鋼市場2015について調査・分析し、ステンレス鋼の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用クロムの世界市場分析:用途別(装飾めっき、機能めっき)、エンドユーザー別(2輪車、乗用車、商用車)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用クロムの世界市場について調査・分析し、自動車用クロムの世界市場動向、自動車用クロムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用クロム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場について調査・分析し、自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場:市場動向分析 - 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場:競争要因分析 - 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場:用途別 ・交通管理 ・駐車管理 ・法律執行 ・電子料金収受システム(ETC) ・料金徴収 ・セキュリティ・監視 ・アクセスコントロール - 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場:種類別 ・ポータブル型ANPRシステム ・固定型ANPRシステム ・携帯型ANPRシステム - 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場:コンポーネント別 ・トリガー ・カメラ ・フレームグラバ ・ANPRソフトウェア ・その他 - 自動ナンバープレート認識 (ANPR) の世界市場:最終用途別 ・商業用 ・防衛 ・エンターテインメント・娯楽施設 …
  • 自動車用バッテリー管理システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用バッテリー管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バッテリー管理システム市場規模、用途別(ハイブリッド車、バッテリー電気自動車、その他(ディーゼル、ガソリン、CNG等)分析、バッテリー種類別(リチウムイオン、Ni-Mh、鉛酸)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場概要 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場環境 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場動向 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場規模 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:用途別(ハイブリッド車、バッテリー電気自動車、その他(ディーゼル、ガソリン、CNG等) ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン、Ni-Mh、鉛酸) ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:地域別 …
  • 韓国のPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 電子運行記録装置(ELD)の世界市場予測(~2025年)
    電子運行記録装置(ELD)の世界市場は、2018年の125億米ドルから2025年には166億米ドルに達し、この期間中4.13%の年平均成長率で成長すると予測されています。欧州におけるこの市場の成長を促す要因として、デジタルタコグラフとして知られる電子運行記録装置に関連する規制が考えられます。2006年以降、GVWRが3.5トンを超えるすべての商用車にデジタルタコグラフが義務付けられています。当調査レポートでは、電子運行記録装置(ELD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ディスプレイ、テレマティクスユニット)分析、フォームファクタ(組み込み、統合)分析、新規・アフターサービス(エントリーレベル、ミドルレンジ、ハイエンド)分析、車両タイプ(トラック、バス、LCV)分析、電子運行記録装置(ELD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 真菌血症(Fungemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真菌血症(Fungemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真菌血症(Fungemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真菌血症(Fungemia)の概要 ・真菌血症(Fungemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真菌血症(Fungemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真菌血症(Fungemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・真菌血症(Fungemia)治療薬開発 …
  • UV接着剤の世界市場予測(~2021年):アクリル樹脂、シアノアクリレート樹脂、エポキシ樹脂、シリコーン樹脂、ポリウレタン樹脂
    当調査レポートでは、UV接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、UV接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工涙液の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人工涙液の世界市場について調査・分析し、人工涙液の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人工涙液シェア、市場規模推移、市場規模予測、人工涙液種類別分析(人工涙液、人工涙液軟膏)、人工涙液用途別分析(ドライアイ治療、コンタクトレンズ湿潤)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人工涙液の市場概観 ・人工涙液のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人工涙液のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人工涙液の世界市場規模 ・人工涙液の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人工涙液のアメリカ市場規模推移 ・人工涙液のカナダ市場規模推移 ・人工涙液のメキシコ市場規模推移 ・人工涙液のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人工涙液のドイツ市場規模推移 ・人工涙液のイギリス市場規模推移 ・人工涙液のロシア市場規模推移 ・人工涙液のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・人工涙液の日本市場規模推移 ・人工涙液の中国市場規 …
  • 保護リレーの世界市場分析:電圧別(低、中、高)、用途別(フィーダ保護、発電機保護、バスバー保護、コンデンサバンク保護、ブレーカ保護、変圧器保護)、エンドユーザー別(インフラストラクチャ、産業、政府、電力)、セグメント予測
    本調査レポートでは、保護リレーの世界市場について調査・分析し、保護リレーの世界市場動向、保護リレーの世界市場規模、市場予測、セグメント別保護リレー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍用航空機向け情報・監視・偵察(ISR)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用航空機向け情報・監視・偵察(ISR)技術の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 航空機搭載ISR市場の概要 3. 航空機搭載ISRの世界市場 2016-2026 4. 世界の航空機搭載ISR2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の航空機搭載ISR市場予測 2016-2026 6. 航空機搭載ISR市場のSWOT分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 航空機搭載ISR企業の主要16社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 世界のアンモニア生産能力および投資動向
  • 世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートポリマーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートポリマーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 遠隔医療の世界市場予測(~2021):装置、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、遠隔医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、需要先別分析、遠隔医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱山設備の世界市場分析:製品別(鉱山掘削・破砕、粉砕、粉砕・スクリーニング装置、鉱物加工機械、表面鉱山設備)、用途別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、鉱山設備の世界市場について調査・分析し、鉱山設備の世界市場動向、鉱山設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別鉱山設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 腎機能検査の世界市場分析:製品別(希釈・濃縮、クリアランス、尿、画像検査)、エンドユーザー別(病院、診断研究所、学術研究所)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、腎機能検査の世界市場について調査・分析し、腎機能検査の世界市場動向、腎機能検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別腎機能検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 遺伝子発現解析の世界市場予測(~2023年)
    遺伝子発現解析の世界市場は、2018年の32億米ドルから2023年には49億米ドルに達し、この期間中に8.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、シークエンシングのコストの低下、技術の進歩、がん患者数の増加、政府の資金提供、新しい技術、遺伝子発現の応用分野の拡大、および遺伝子発現データベースの有用性などが考えれられます。一方で、機器のコストが高く、訓練を受けた専門家が不足していることにより、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、遺伝子発現解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス(消耗品、機器、サービス)分析、エンドユーザー(製薬・バイオテクノロジー企業、研究センター)分析、遺伝子発現解析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 救急キットの世界市場:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)、地域別予測
    本資料は、救急キットの世界市場について調べ、救急キットの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)分析、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAttucho、Blume、CIRMEDICAL、DHS Emergency、Thomas EMS、ELITEBAGS、Healthcare Logistics、HUM-Gesellschaftfur Homecare and Medizin Technik、Karl Bollmann、ME.BER.、Orient Med-International FZE、Peerless Plasticsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・救急キットの世界市場概要 ・救急キットの世界市場環境 ・救急キットの世界市場動向 ・救急キットの世界市場規模 ・救急キットの世界市場規模:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタ …
  • イオン注入装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、イオン注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、イオン注入装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリアクリル酸エチルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリアクリル酸エチルの世界市場について調査・分析し、ポリアクリル酸エチルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリアクリル酸エチルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリアクリル酸エチル種類別分析(ポリアクリル酸エチル28、ポリアクリル酸エチル32、ポリアクリル酸エチル40、その他)、ポリアクリル酸エチル用途別分析(シリコンゴム、高純度シリカ、ビトリファイ結合剤、シリカゲル材、塗料・コーティング、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリアクリル酸エチルの市場概観 ・ポリアクリル酸エチルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリアクリル酸エチルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリアクリル酸エチルの世界市場規模 ・ポリアクリル酸エチルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリアクリル酸エチルのアメリカ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのカナダ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのメキシコ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのヨーロッ …
  • 赤外線検知器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、赤外線検知器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、赤外線検知器市場規模、波長別(短波長赤外線、中波長赤外線、長波長赤外線)分析、種類別(マイクロボロメータ、インジウム・ガリウム・ヒ素(InGaAs)、テルル化カドミウム水銀(MCT)、焦電体、サーモパイル、その他)分析、技術方式別(冷却式赤外線検知技術、非冷却赤外線検知技術)分析、用途別分析(分光法・バイオメディカル撮像、温度測定、スマートホーム、産業用、人センシング・モーションセンシング、その他)分析、エンドユーザ産業別(自動車、医療、製造業、軍需・防衛産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 赤外線検知器の世界市場:市場動向分析 ・ 赤外線検知器の世界市場:競争要因分析 ・ 赤外線検知器の世界市場:波長別(短波長赤外線、中波長赤外線、長波長赤外線) ・ 赤外線検知器の世界市場:種類別(マイクロボロメータ、インジウム・ガリウム・ヒ素(InGaAs)、テル …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"