"酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 3664)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The large-scale and growing demand from rubber application is driving the market, globally.”
The global zinc oxide market size is estimated to grow from USD 4.4 billion in 2019 and to USD 5.7 billion by 2024, at a CAGR of 5.4% during the forecast period. The market is driven by the large-scale and growing use of zinc oxide (ZnO) in application areas such as rubber and ceramics manufacturing. The growth of these end-use industries is expected to augment the growth of the global zinc oxide industry.

“The wet-chemical process segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The wet-chemical process is projected to grow the fastest among the procedures used for manufacturing ZnO. Though the wet-chemical process is relatively complex in comparison with others, it enables the manufacturing of ZnO with finer particle size and active grades. The active grade helps the end-users to reduce the dosage of applications (between 40-70%). These factors are projected to boost the wet-chemical process.

“The rubber application segment is expected to be the largest application of ZnO during the forecast period.”
Rubber accounted for the majority of the global zinc oxide market share in 2018. ZnO is used as an activator in the vulcanization of rubber due to its superior properties. Vulcanization is the process of converting rubber into a more durable product. ZnO adds many features to the rubber, such as resistance against heat, and protects from ultraviolet degradation.
Tire manufacturing is the end-use industry that requires a very high amount of ZnO for durability and high heat conductivity because of the heat generated in tires during high speed. Also, there has been no substitute found to replace ZnO in the rubber application. These factors are driving the demand for ZnO in this application segment

“The Middle East & Africa is projected to be the fastest-growing market during the forecast period.”
The Middle East & Africa is projected to be the fastest-growing zinc oxide market during the forecast period. Increasing investment in aiding the establishment of new manufacturing facilities is driving the demand for ZnO in the region.
Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size of several segments and subsegments and information gathered through secondary research.

The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C level –50%, Director Level – 40%, and Others – 10%
• By Region: Europe – 22%, APAC – 56%, Americas – 11%, Middle East & Africa – 11%

The leading players in the zinc oxide market are US Zinc (US), Zochem (US), EverZinc (Belgium), ZM Silesia (Poland), Akrochem (South Africa), Rubamin (India), Pan-Continental Chemical (Taiwan), J.G. Chemicals (India), Upper India (India), and Suraj Udyog (India).

Research Coverage:
This research report categorizes the zinc oxide market based on process, grade, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews, products, and key strategies associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the zinc oxide market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Zinc Oxide Market Segmentation
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply-Side Analysis
2.2.2 Demand-Side Analysis
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Zinc Oxide Market
4.2 Zinc Oxide Market in APAC
4.3 Zinc Oxide Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 28)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Large Scale and Growing Demand From the Rubber Industry
5.2.1.2 Lack of Suitable Alternative in the Critical Application Areas of Zinc Oxide
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 The Slowdown in the Global Automotive Production
5.2.2.2 Fluctuation in the Price of Zinc
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Demand for Zinc Oxide Nanoparticles
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Ban on the Usage of Zinc Oxide in Various Applications
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 YC, YCC Drivers
5.5 Zinc Oxide Patent Analysis
5.5.1 Inferences
5.5.2 Top Assignees
6 Zinc Oxide Market, By Process (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Direct Process (American Process)
6.2.1 Limitations on Product Purity are Hampering the Growth of This Process in the Zinc Oxide Market
6.3 Indirect Process (French Process)
6.3.1 The French Process to Dominate the Global Zinc Oxide Market During the Forecast Period
6.4 Wet-Chemical Process
6.4.1 Zinc Oxide Manufactured By This Process is Expected to Witness A Higher Growth During the Forecast Period Due to Its Enhanced Properties
7 Zinc Oxide Market, By Grade (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Standard Grade
7.2.1 Standard Grade Accounted for the Largest Share of the Global Zinc Oxide Market
7.3 Treated Grade
7.3.1 Treated Grade Zinc Oxide is Projected to Grow at A Relatively Slower Rate During the Forecast Period
7.4 United States Pharmacopeia (USP) Grade
7.4.1 Stringent Regulations on the Heavy Metal Content to Drive This Product Grade in the Global Market
7.5 Food and Chemical Codex (FCC) Grade
7.5.1 Regulations to Hamper the Growth of the FCC Grade in the Coming Years
7.6 Others
7.6.1 The Middle East and Africa is Expected to Be the Fastest-Growing Market for Other Grades of Zinc Oxide, in Terms of Value
8 Zinc Oxide Market, By Application (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Rubber
8.2.1 Rubber is Expected to Be the Largest Application of Zinc Oxide
8.3 Ceramics
8.3.1 APAC is Expected to Be the Largest Market for the Ceramics Application
8.4 Chemicals
8.4.1 Growing Demand From End-Use Industries of Zinc Oxide-Based Chemicals is Expected to Drive the Market for This Application
8.5 Agriculture
8.5.1 South America is Expected to Be the Fastest-Growing Region for the Agriculture Application
8.6 Pharmaceuticals
8.6.1 Growing Awareness About the Advantages of the Use of Zinc Oxide is Expected to Drive the Market
8.7 Cosmetics and Personal Care
8.7.1 The Middle East and Africa is Expected to Be the Fastest-Growing Market for This Application During the Forecast Period
8.8 Others
8.8.1 Electrical & Electronics Application is Expected to Be the Major Driver in This Segment
9 Zinc Oxide Market, By Region (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US is the Largest Market for Zinc Oxide in North America
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Automotive to Be the Dominant End-Use Industry of Zinc Oxide in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Growing Tire Industry to Lead the Zinc Oxide Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 France
9.3.1.1 Rubber Application to Drive the Demand for Zinc Oxide in France
9.3.2 UK
9.3.2.1 The Demand for Zinc Oxide is Projected to Be Slow During the Forecast Period
9.3.3 Russia
9.3.3.1 Growing Tire Manufacturing to Drive the Demand for Zinc Oxide in the Country
9.3.4 Germany
9.3.4.1 Stagnant Demand From the Application Areas is Affecting the Growth of the Zinc Oxide Market in the Country
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Growth of Zinc Oxide Market Will Be Driven By the Tire Industry
9.3.6 Spain
9.3.6.1 Slow Growth in the Manufacturing of Tire and Ceramic Products Will Affect the Market for Zinc Oxide
9.3.7 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China is the Largest Market for Zinc Oxide in APAC
9.4.2 India
9.4.2.1 Increase in Demand for Tires is Expected to Drive the Market for Zinc Oxide
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Japan is the Second-Largest Market for Zinc Oxide in the Region
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Increasing Demand From Countries in the Region Will Drive the Market
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 South Africa
9.5.1.1 Increasing Investment to Drive the Demand for Zinc Oxide During the Forecast Period
9.5.2 Iran
9.5.2.1 Investment in Tire Manufacturing to Drive the Demand for Zinc Oxide in Iran During the Forecast Period
9.5.3 UAE
9.5.3.1 Setting Up of Greenfield Plant for Tire Production Will Drive the Market for Zinc Oxide During the Forecast Period
9.5.4 Rest of Middle East & Africa
9.5.4.1 Investment in Rubber and Ceramic Industries By the Government is Expected to Drive the Market During the Forecast Period
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 The Growing Capacity of Tire Production Will Drive the Market
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Economic Difficulties are Expected to Hinder the Growth of the Market
9.6.3 Rest of South America
9.6.3.1 Zinc Oxide Market in This Region is Projected to Grow at A Relatively Slow Rate During the Forecast Period
10 Company Profiles (Page No. – 94)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Winning Imperative)*
10.1 US Zinc
10.2 Zochem
10.3 Everzinc
10.4 ZM Silesia SA
10.5 Lanxess
10.6 Akrochem Corporation
10.7 Rubamin
10.8 Pan-Continental Chemical
10.9 J.G. Chemicals
10.10 Upper India
10.11 Suraj Udyog
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Winning Imperative Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10.12 Other Key Players
10.12.1 Global Chemical Company Ltd.
10.12.2 American Zinc Recycling
10.12.3 Arabian Zinc
10.12.4 Uttam Industries
10.12.5 L. Brügge­Mann GmbH
10.12.6 Silox
10.12.7 Seyang
10.12.8 Nahar Zinc Oxide
10.12.9 Weifang Longda Zinc Industry
10.12.10 Norzinco
11 Appendix (Page No. – 112)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Related Reports
11.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 3664
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • NS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤の概要 ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS5Bポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 業務用冷蔵設備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用冷蔵設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用冷蔵設備市場規模、製品別(ウォークインクーラー、ディスプレイケース、冷蔵庫、製氷機、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用冷蔵設備の世界市場概要 ・業務用冷蔵設備の世界市場環境 ・業務用冷蔵設備の世界市場動向 ・業務用冷蔵設備の世界市場規模 ・業務用冷蔵設備の世界市場:業界構造分析 ・業務用冷蔵設備の世界市場:製品別(ウォークインクーラー、ディスプレイケース、冷蔵庫、製氷機、その他) ・業務用冷蔵設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用冷蔵設備のアメリカ市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備のアジア市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備の主要国分析 ・業務用冷蔵設備の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用冷蔵設備の世界市場:成長要因、課題 ・業務用冷蔵設備の世界市場:競争環境 ・業務用冷蔵設備の …
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェアラブル電子機器市場規模、コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他)分析、製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他)分析、用途別(医療、エンターテイメント、防衛、家電、企業・産業、その他)分析、技術別(コンピューティング技術、ディスプレイ技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他) ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他) ・ …
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム(ACC、AFL、DMS、NVS、IPA、PDS、TJA、FCW、CTA、RSR、LDWS、AEB、BSD)別分析、コンポーネント(レーダー、LiDAR、超音波、カメラユニット)別分析、車両(PC、LCV、バス・トラック)別分析、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲材の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、装甲材の世界市場について調査・分析し、装甲材の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 装甲材の世界市場:市場動向分析 - 装甲材の世界市場:競争要因分析 - 装甲材の世界市場:用途別 ・一般市民用 ・航空宇宙用 ・艦艇用 ・車両用 ・ボディ用 ・その他 - 装甲材の世界市場:製品タイプ別 ・超高分子量ポリエチレン ・セラミック ・パラアミド繊維 ・金属・合金 ・ガラス繊維 ・複合材 ・その他 - 装甲材の世界市場:主要地域別分析 - 装甲材の北米市場規模(アメリカ市場等) - 装甲材のヨーロッパ市場規模 - 装甲材のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・装甲材の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 水溶性肥料の世界市場2015-2022
  • 電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場について調査・分析し、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)種類別分析(純度≥ 99.5%、純度≥ 99.9%)、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)用途別分析(用途1、用途2)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の市場概観 ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場規模 ・電子材料用酢酸 …
  • ビッグデータの世界市場:ソフトウェア、サービス、構造化データ、半構造化データ、非構造化データ
    当調査レポートでは、ビッグデータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リキッドバイオプシーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リキッドバイオプシーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リキッドバイオプシーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンドケア(スキンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • カンジダ症(Candidiasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、カンジダ症(Candidiasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カンジダ症(Candidiasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・カンジダ症(Candidiasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・カンジダ症(Candidiasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・カンジダ症(Candidiasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・カンジダ症(Candidiasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のカンジダ症(Candidiasis)治療薬剤
  • B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬分析 ・ …
  • 電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場
    当調査レポートでは、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬剤
  • 絶縁製品の世界市場:熱絶縁、音響絶縁、真空絶縁
    当調査レポートでは、絶縁製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、絶縁製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用顕微鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、手術用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用顕微鏡の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 発電用地熱掘削の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、発電用地熱掘削の世界市場について調べ、発電用地熱掘削の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発電用地熱掘削の市場規模をセグメンテーション別(用途別(バイナリプラント、スチームプラント)、)と地域別(アメリカ大陸、アジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ))に分けて算出しました。Technavio社は発電用地熱掘削の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発電用地熱掘削の市場状況 ・発電用地熱掘削の市場規模 ・発電用地熱掘削の市場予測 ・発電用地熱掘削の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(バイナリプラント、スチームプラント) ・発電用地熱掘削の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アメリカ大陸、アジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • RFIDセンサーの世界市場:製品別(タグ、リーダー、ソフトウェア)、周波数帯域別(低周波、高周波、超高周波)、タイプ別(アクティブ、パッシブ)、用途別(アクセス制御、家畜追跡、発券、キャッシュレス決済、在庫管理)、業種別(運輸・物流、ヘルスケア、ホスピタリティ、食品・飲料、小売、製造、政府機関)
    本資料は、RFIDセンサーの世界市場について調べ、RFIDセンサーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(タグ、リーダー、ソフトウェア)分析、タイプ別(アクティブ、パッシブ)分析、用途別(アクセス制御、家畜追跡、発券、キャッシュレス決済、在庫管理)分析、業種別(運輸・物流、ヘルスケア、ホスピタリティ、食品・飲料、小売、製造、政府機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RFIDセンサーの世界市場概要 ・RFIDセンサーの世界市場環境 ・RFIDセンサーの世界市場動向 ・RFIDセンサーの世界市場規模 ・RFIDセンサーの世界市場:製品別(タグ、リーダー、ソフトウェア) ・RFIDセンサーの世界市場:周波数帯域別(低周波、高周波、超高周波) ・RFIDセンサーの世界市場:タイプ別(アクティブ、パッシブ) ・RFIDセンサーの世界市場:用途別(アクセス制御、家畜追跡、発券、キャッシュレス決済、在庫管理) ・RFIDセンサーの世界市場:業種別(運 …
  • 軍事用レーザーシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用レーザーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用レーザーシステムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 レーザーの名は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の頭字語から名付けられました。多くの防衛組織がレーザーシステムを様々な種類のセンサー及びプラットフォームと統合し、目標物を照らし、探知し、追跡し、破壊するために使用しています。Technavio社は軍事用レーザーシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• Lockheed Martin• Northrop Grumman• Raytheon• Thales等です。
  • イギリスの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 木材敷板の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、木材敷板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木材敷板の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オピオイドの世界市場:製品別(IR/短時間作用型、 ER/長時間作用型)、 用途別(疼痛緩和、麻酔)、地域別
    本調査レポートでは、オピオイドの世界市場について調査・分析し、オピオイドの世界市場動向、オピオイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別オピオイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 潜水艦バッテリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、潜水艦バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦バッテリーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型車用フロントエンドモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小型車用フロントエンドモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、小型車用フロントエンドモジュール種類別分析(金属/プラスチックハイブリッド、複合材、プラスチック、鋼、その他)、小型車用フロントエンドモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小型車用フロントエンドモジュールの市場概観 ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小型車用フロントエンドモジュールの世界市場規模 ・小型車用フロントエンドモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小型車用フロントエンドモジュールのアメリカ市場規模推移 ・小型車用フロントエンドモジュールのカナダ市場規模推移 ・小型車用フロントエ …
  • ヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤の概要 ・ヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒストンデアセチラーゼ3(HDAC3)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 通信業務管理の世界市場
    当調査レポートでは、通信業務管理の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・通信業務管理の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・通信業務管理の世界市場:導入別分析/市場規模 ・通信業務管理の世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・通信業務管理の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・通信業務管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・通信業務管理のアメリカ市場規模予測 ・通信業務管理のヨーロッパ市場規模予測 ・通信業務管理のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フライアッシュの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高機能ファブリックの世界市場:コーティング布、ポリアミド、ポリエステル、複合ファブリック、アラミド
    当調査レポートでは、高機能ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 段ボール包装の世界市場:製品タイプ別(片面段ボール、両面段ボール、複両面段ボール、複々両面段ボール)、梱包タイプ別(箱、木枠、トレイ、オクタビン、パレット、その他)、エンドユーザー別(食品・飲料、電気・電子機器、ホームケア用品、パーソナルケア用品、Eコマース、輸送・物流、ヘルスケア、その他)、地域別予測
    本資料は、段ボール包装の世界市場について調べ、段ボール包装の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(片面段ボール、両面段ボール、複両面段ボール、複々両面段ボール)分析、梱包タイプ別(箱、木枠、トレイ、オクタビン、パレット、その他)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、電気・電子機器、ホームケア用品、パーソナルケア用品、Eコマース、輸送・物流、ヘルスケア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはRengo Co, Ltd、Saica Group、OJI Holdings Corporation、Packaging Corporation of America、DS Smith Packaging Limited、Mondi Group、Georgia Pacific LLC 、Westrock Company、Pratt Industries Inc、Menasha Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・段ボール包装の …
  • インドの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • ビール及びシードルのアメリカ市場規模・シェア・動向分析
  • カナダの脊椎手術処置動向(~2021)
  • ベアリングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、ベアリングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベアリングシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベアリング種類別分析(ボールベアリング、ローラーベアリング)、ベアリング用途別分析(自動車産業、工業用機械、航空宇宙産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ベアリングの市場概観 ・ベアリングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ベアリングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ベアリングの世界市場規模 ・ベアリングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ベアリングのアメリカ市場規模推移 ・ベアリングのカナダ市場規模推移 ・ベアリングのメキシコ市場規模推移 ・ベアリングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ベアリングのドイツ市場規模推移 ・ベアリングのイギリス市場規模推移 ・ベアリングのロシア市場規模推移 ・ベアリングのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア …
  • ホステッドPBX の世界市場:構成要素別、サービス別、企業規模別、産業別、地域別予測
    本資料は、ホステッドPBX の世界市場について調べ、ホステッドPBX の世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホステッドPBX の世界市場概要 ・ホステッドPBX の世界市場環境 ・ホステッドPBX の世界市場動向 ・ホステッドPBX の世界市場規模 ・ホステッドPBX の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ホステッドPBX の世界市場規模:構成要素別 ・ホステッドPBX の世界市場規模:サービス別 ・ホステッドPBX の世界市場規模:企業規模別 ・ホステッドPBX の世界市場規模:産業別 ・ホステッドPBX の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホステッドPBX の北米市場規模・予測 ・ホステッドPBX のアメリカ市場規模・予測 ・ホステッドPBX のヨーロッパ市場規模・予測 ・ホステッドP …
  • 世界のイヤホンケーブルワイヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のイヤホンケーブルワイヤー市場2015について調査・分析し、イヤホンケーブルワイヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場2018–2025:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別、技術別(Bluetooth、ZigBee、Wi-Fi、NFC)、用途別、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場について調査・分析し、産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場動向、産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用無線センサーネットワーク(IWSN)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車向けNVH素材の世界市場:ポリウレタン、混紡織繊維、グラスファイバー、その他
    当調査レポートでは、自動車向けNVH素材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車向けNVH素材市場規模、製品別(ポリウレタン、混紡織繊維、グラスファイバー、その他)分析、用途別(フロアーモジュール、運転席モジュール、トランクモジュール、ホイールアーチ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車向けNVH素材の世界市場概要 ・自動車向けNVH素材の世界市場環境 ・自動車向けNVH素材の世界市場動向 ・自動車向けNVH素材の世界市場規模 ・自動車向けNVH素材の世界市場:業界構造分析 ・自動車向けNVH素材の世界市場:製品別(ポリウレタン、混紡織繊維、グラスファイバー、その他) ・自動車向けNVH素材の世界市場:用途別(フロアーモジュール、運転席モジュール、トランクモジュール、ホイールアーチ、その他) ・自動車向けNVH素材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車向けNVH素材の北米市場規模・予測 ・自動車向けNVH素 …
  • 医療用マイクロエレクトロニクスインプラントの世界市場2018–2025:製品別(ペースメーカー・除細動器、神経刺激装置、埋め込みドラッグパンプ、脊椎融合刺激装置)、技術別
    本調査レポートでは、医療用マイクロエレクトロニクスインプラントの世界市場について調査・分析し、医療用マイクロエレクトロニクスインプラントの世界市場動向、医療用マイクロエレクトロニクスインプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用マイクロエレクトロニクスインプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリマーエマルジョンの世界市場予測(~2023年)
    ポリマーエマルジョンの世界市場は、2018年の298億米ドルから2023年には429億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。市場規模が大きいのは特に中国、日本、インドなどの国々で、建築・建設、自動車・輸送、ならびに工業部門からの需要が高いためです。 欧州のREACH規則や大気浄化法などの厳しい政府規制もこの市場の成長を後押ししています。一方で、不安定な原材料価格は、市場の成長を妨げる要因となります。当調査レポートでは、ポリマーエマルジョンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(アクリル、ポリ酢酸ビニル、SBラテックス)分析、用途(塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント、紙・板紙)分析、ポリマーエマルジョンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC装具および支持具の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、OTC装具および支持具の世界市場について調査・分析し、OTC装具および支持具の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・OTC装具および支持具の世界市場規模:販売チャンネル別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:製品別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:用途別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・OTC装具および支持具の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ポリウレタン添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリウレタン添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリウレタン添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリウレタン添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BASF• Covestro• Evonik Industries• Huntsman International• The Dow Chemical Company等です。
  • 医療機器用塗料の世界市場:抗菌性塗料、薬剤溶出性塗料、親水性塗料
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療機器用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療機器用塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療機器用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Covestro、Materion、Royal DSM、Sono-Tek、Surmodics等です。
  • 中国のマンコゼブ市場2015
    本調査レポートでは、中国のマンコゼブ市場2015について調査・分析し、マンコゼブの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMOCVD装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のMOCVD装置市場2015について調査・分析し、MOCVD装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカー用機器の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、コネクテッドカー用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、通信種類別分析、ネットワーク種類別分析、製品種類別分析、車両種類別分析、コネクテッドカー用機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の概要 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 核医学イメージング装置の世界市場:製品別(ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT、ハイブリッドPET、平面像でのシンチグラフィ)、用途別(腫瘍学、心臓病学、神経学)、最終用途別(病院、イメージングセンター、学術研究センター、その他)、地域別予測
    本資料は、核医学イメージング装置の世界市場について調べ、核医学イメージング装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT、ハイブリッドPET、平面像でのシンチグラフィ)分析、用途別(腫瘍学、心臓病学、神経学)分析、最終用途別(病院、イメージングセンター、学術研究センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCMR Naviscan Corporation、DDD-Diagnostic A/S、Digirad Corporation、GE Healthcare、Mediso Medical Imaging System Ltd.、Neusoft Medical Systems Co. Ltd.、Philips Healthcare、Siemens AG、Surgiceye GmbHなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・核医学イメージング装置の世界市場概要 ・核医学イメージング装置の世界市場環境 …
  • 金属インプラント・医療用合金の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、金属インプラント・医療用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(チタン、ステンレス、コバルトクロム)分析、用途別(整形外科、歯科、脊椎固定術、頭蓋顔面、ペースメーカー、ステント、除細動器、股関節、膝・肩の再建)分析、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模が2019年112億ドルから2024年176億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。
  • 血友病の世界市場:タイプ別(血友病A、血友病B、血友病C)、治療別(オンデマンド療法、予防投与)、治療別(補充療法、遺伝子治療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、血友病の世界市場について調査・分析し、血友病の世界市場動向、血友病の世界市場規模、市場予測、セグメント別血友病市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベイピングタンクの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベイピングタンクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベイピングタンク市場規模、製品別(OVT、CVT)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベイピングタンクの世界市場概要 ・ベイピングタンクの世界市場環境 ・ベイピングタンクの世界市場動向 ・ベイピングタンクの世界市場規模 ・ベイピングタンクの世界市場:業界構造分析 ・ベイピングタンクの世界市場:製品別(OVT、CVT) ・ベイピングタンクの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベイピングタンクの北米市場規模・予測 ・ベイピングタンクのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ベイピングタンクのアジア太平洋市場規模・予測 ・ベイピングタンクの主要国分析 ・ベイピングタンクの世界市場:意思決定フレームワーク ・ベイピングタンクの世界市場:成長要因、課題 ・ベイピングタンクの世界市場:競争環境 ・ベイピングタンクの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"