"酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 3664)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The large-scale and growing demand from rubber application is driving the market, globally.”
The global zinc oxide market size is estimated to grow from USD 4.4 billion in 2019 and to USD 5.7 billion by 2024, at a CAGR of 5.4% during the forecast period. The market is driven by the large-scale and growing use of zinc oxide (ZnO) in application areas such as rubber and ceramics manufacturing. The growth of these end-use industries is expected to augment the growth of the global zinc oxide industry.

“The wet-chemical process segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The wet-chemical process is projected to grow the fastest among the procedures used for manufacturing ZnO. Though the wet-chemical process is relatively complex in comparison with others, it enables the manufacturing of ZnO with finer particle size and active grades. The active grade helps the end-users to reduce the dosage of applications (between 40-70%). These factors are projected to boost the wet-chemical process.

“The rubber application segment is expected to be the largest application of ZnO during the forecast period.”
Rubber accounted for the majority of the global zinc oxide market share in 2018. ZnO is used as an activator in the vulcanization of rubber due to its superior properties. Vulcanization is the process of converting rubber into a more durable product. ZnO adds many features to the rubber, such as resistance against heat, and protects from ultraviolet degradation.
Tire manufacturing is the end-use industry that requires a very high amount of ZnO for durability and high heat conductivity because of the heat generated in tires during high speed. Also, there has been no substitute found to replace ZnO in the rubber application. These factors are driving the demand for ZnO in this application segment

“The Middle East & Africa is projected to be the fastest-growing market during the forecast period.”
The Middle East & Africa is projected to be the fastest-growing zinc oxide market during the forecast period. Increasing investment in aiding the establishment of new manufacturing facilities is driving the demand for ZnO in the region.
Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size of several segments and subsegments and information gathered through secondary research.

The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C level –50%, Director Level – 40%, and Others – 10%
• By Region: Europe – 22%, APAC – 56%, Americas – 11%, Middle East & Africa – 11%

The leading players in the zinc oxide market are US Zinc (US), Zochem (US), EverZinc (Belgium), ZM Silesia (Poland), Akrochem (South Africa), Rubamin (India), Pan-Continental Chemical (Taiwan), J.G. Chemicals (India), Upper India (India), and Suraj Udyog (India).

Research Coverage:
This research report categorizes the zinc oxide market based on process, grade, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews, products, and key strategies associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the zinc oxide market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Zinc Oxide Market Segmentation
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply-Side Analysis
2.2.2 Demand-Side Analysis
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Zinc Oxide Market
4.2 Zinc Oxide Market in APAC
4.3 Zinc Oxide Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 28)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Large Scale and Growing Demand From the Rubber Industry
5.2.1.2 Lack of Suitable Alternative in the Critical Application Areas of Zinc Oxide
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 The Slowdown in the Global Automotive Production
5.2.2.2 Fluctuation in the Price of Zinc
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Demand for Zinc Oxide Nanoparticles
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Ban on the Usage of Zinc Oxide in Various Applications
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 YC, YCC Drivers
5.5 Zinc Oxide Patent Analysis
5.5.1 Inferences
5.5.2 Top Assignees
6 Zinc Oxide Market, By Process (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Direct Process (American Process)
6.2.1 Limitations on Product Purity are Hampering the Growth of This Process in the Zinc Oxide Market
6.3 Indirect Process (French Process)
6.3.1 The French Process to Dominate the Global Zinc Oxide Market During the Forecast Period
6.4 Wet-Chemical Process
6.4.1 Zinc Oxide Manufactured By This Process is Expected to Witness A Higher Growth During the Forecast Period Due to Its Enhanced Properties
7 Zinc Oxide Market, By Grade (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Standard Grade
7.2.1 Standard Grade Accounted for the Largest Share of the Global Zinc Oxide Market
7.3 Treated Grade
7.3.1 Treated Grade Zinc Oxide is Projected to Grow at A Relatively Slower Rate During the Forecast Period
7.4 United States Pharmacopeia (USP) Grade
7.4.1 Stringent Regulations on the Heavy Metal Content to Drive This Product Grade in the Global Market
7.5 Food and Chemical Codex (FCC) Grade
7.5.1 Regulations to Hamper the Growth of the FCC Grade in the Coming Years
7.6 Others
7.6.1 The Middle East and Africa is Expected to Be the Fastest-Growing Market for Other Grades of Zinc Oxide, in Terms of Value
8 Zinc Oxide Market, By Application (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Rubber
8.2.1 Rubber is Expected to Be the Largest Application of Zinc Oxide
8.3 Ceramics
8.3.1 APAC is Expected to Be the Largest Market for the Ceramics Application
8.4 Chemicals
8.4.1 Growing Demand From End-Use Industries of Zinc Oxide-Based Chemicals is Expected to Drive the Market for This Application
8.5 Agriculture
8.5.1 South America is Expected to Be the Fastest-Growing Region for the Agriculture Application
8.6 Pharmaceuticals
8.6.1 Growing Awareness About the Advantages of the Use of Zinc Oxide is Expected to Drive the Market
8.7 Cosmetics and Personal Care
8.7.1 The Middle East and Africa is Expected to Be the Fastest-Growing Market for This Application During the Forecast Period
8.8 Others
8.8.1 Electrical & Electronics Application is Expected to Be the Major Driver in This Segment
9 Zinc Oxide Market, By Region (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US is the Largest Market for Zinc Oxide in North America
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Automotive to Be the Dominant End-Use Industry of Zinc Oxide in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Growing Tire Industry to Lead the Zinc Oxide Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 France
9.3.1.1 Rubber Application to Drive the Demand for Zinc Oxide in France
9.3.2 UK
9.3.2.1 The Demand for Zinc Oxide is Projected to Be Slow During the Forecast Period
9.3.3 Russia
9.3.3.1 Growing Tire Manufacturing to Drive the Demand for Zinc Oxide in the Country
9.3.4 Germany
9.3.4.1 Stagnant Demand From the Application Areas is Affecting the Growth of the Zinc Oxide Market in the Country
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Growth of Zinc Oxide Market Will Be Driven By the Tire Industry
9.3.6 Spain
9.3.6.1 Slow Growth in the Manufacturing of Tire and Ceramic Products Will Affect the Market for Zinc Oxide
9.3.7 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China is the Largest Market for Zinc Oxide in APAC
9.4.2 India
9.4.2.1 Increase in Demand for Tires is Expected to Drive the Market for Zinc Oxide
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Japan is the Second-Largest Market for Zinc Oxide in the Region
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Increasing Demand From Countries in the Region Will Drive the Market
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 South Africa
9.5.1.1 Increasing Investment to Drive the Demand for Zinc Oxide During the Forecast Period
9.5.2 Iran
9.5.2.1 Investment in Tire Manufacturing to Drive the Demand for Zinc Oxide in Iran During the Forecast Period
9.5.3 UAE
9.5.3.1 Setting Up of Greenfield Plant for Tire Production Will Drive the Market for Zinc Oxide During the Forecast Period
9.5.4 Rest of Middle East & Africa
9.5.4.1 Investment in Rubber and Ceramic Industries By the Government is Expected to Drive the Market During the Forecast Period
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 The Growing Capacity of Tire Production Will Drive the Market
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Economic Difficulties are Expected to Hinder the Growth of the Market
9.6.3 Rest of South America
9.6.3.1 Zinc Oxide Market in This Region is Projected to Grow at A Relatively Slow Rate During the Forecast Period
10 Company Profiles (Page No. – 94)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Winning Imperative)*
10.1 US Zinc
10.2 Zochem
10.3 Everzinc
10.4 ZM Silesia SA
10.5 Lanxess
10.6 Akrochem Corporation
10.7 Rubamin
10.8 Pan-Continental Chemical
10.9 J.G. Chemicals
10.10 Upper India
10.11 Suraj Udyog
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Winning Imperative Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10.12 Other Key Players
10.12.1 Global Chemical Company Ltd.
10.12.2 American Zinc Recycling
10.12.3 Arabian Zinc
10.12.4 Uttam Industries
10.12.5 L. Brügge­Mann GmbH
10.12.6 Silox
10.12.7 Seyang
10.12.8 Nahar Zinc Oxide
10.12.9 Weifang Longda Zinc Industry
10.12.10 Norzinco
11 Appendix (Page No. – 112)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Related Reports
11.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 3664
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ソーシャルコマースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソーシャルコマースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーシャルコマースの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ソーシャルコマースとは、ソーシャルメディアを通じての売買活動のことです。この数年において、ソーシャルコマースは人気が出てきているため、世界のソーシャルコマース市場は競争が激しくなり、新規参入者に対しての参入障壁が高くなりつつあります。Technavio社はソーシャルコマースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均33.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Facebook• Pinterest• Tencent• Twitter• Weibo等です。
  • 境界セキュリティの世界市場2014-2025:システム別(アクセス制御、警告・通知、侵入検知、ビデオ監視、バリアシステム)、サービス別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、境界セキュリティの世界市場について調査・分析し、境界セキュリティの世界市場動向、境界セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別境界セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のピーナッツ粉市場2015
    本調査レポートでは、世界のピーナッツ粉市場2015について調査・分析し、ピーナッツ粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの事務用家具市場
    当調査レポートでは、インドの事務用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの事務用家具市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療装置用ラベリングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療装置用ラベリングの世界市場規模が2017年699.1億ドルから2026年1兆3759.8億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療装置用ラベリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療装置用ラベリング市場規模、材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類)分析、ラベル種類別(スリーブラベル、感圧ラベル、インモールドラベル、接着剤付きラベル、その他のラベル種類)分析、用途別(使い捨て消耗品、監視・診断機器、治療機器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:市場動向分析 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:競争要因分析 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類) ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:ラベル種類別(スリーブラベル、感圧ラベル、インモールドラベル、接着剤付きラベル、その他のラベル …
  • アルコールエトキシレートの世界市場分析:脂肪アルコール、ラウリルアルコール、線形アルコール
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、アルコールエトキシレートの世界市場について調査・分析し、アルコールエトキシレートの世界市場動向、アルコールエトキシレートの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルコールエトキシレート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パンチレーザー複合機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パンチレーザー複合機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パンチレーザー複合機市場規模、製品別(ファイバーレーザー、CO2レーザー、固体レーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パンチレーザー複合機の世界市場概要 ・パンチレーザー複合機の世界市場環境 ・パンチレーザー複合機の世界市場動向 ・パンチレーザー複合機の世界市場規模 ・パンチレーザー複合機の世界市場:業界構造分析 ・パンチレーザー複合機の世界市場:製品別(ファイバーレーザー、CO2レーザー、固体レーザー) ・パンチレーザー複合機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パンチレーザー複合機のアメリカ市場規模・予測 ・パンチレーザー複合機のヨーロッパ市場規模・予測 ・パンチレーザー複合機のアジア市場規模・予測 ・パンチレーザー複合機の主要国分析 ・パンチレーザー複合機の世界市場:意思決定フレームワーク ・パンチレーザー複合機の世界市場:成長要因、課題 …
  • 臨時電力の世界市場予測(~2021年):ディーゼル発電機、ガス発電機
    当調査レポートでは、臨時電力の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、定格出力別分析、需要先別分析、燃料種類別分析、地域別分析、臨時電力の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 4-アセチルフェノールの世界市場予測2019-2024
    「4-アセチルフェノールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレードなど、用途別には、Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。4-アセチルフェノールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・4-アセチルフェノールの世界市場概要(サマリー) ・4-アセチルフェノールの企業別販売量・売上 ・4-アセチルフェノールの企業別市場シェア ・4-アセチルフェノールの世界市場規模:種類別(医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレード) ・4-アセチルフェノールの世界市場規模:用途別(Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Other) ・4-アセチルフェノールの米州市場規 …
  • エンコーダーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、エンコーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(リニア・ロータリー)分析、技術別(光、磁気、その他)分析、エンドユーズ別(自動車、家電、産業、食品・飲料、医療、印刷、その他)分析、エンコーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、エンコーダーの世界市場規模が2019年16億ドルから2025年24億ドルまで年平均8.6%成長すると予測しています。
  • 塞栓術装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塞栓術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塞栓術装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 悪性貧血(Pernicious Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪性貧血(Pernicious Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪性貧血(Pernicious Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪性貧血(Pernicious Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪性貧血(Pernicious Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪性貧血(Pernicious Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪性貧血(Pernicious Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪性貧血(Pernicious Anemia)治療薬剤
  • ボトックスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボトックスの世界市場について調査・分析し、ボトックスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボトックスシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボトックス種類別分析(50U、100U、その他)、ボトックス用途別分析(医療、美容)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボトックスの市場概観 ・ボトックスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボトックスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボトックスの世界市場規模 ・ボトックスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボトックスのアメリカ市場規模推移 ・ボトックスのカナダ市場規模推移 ・ボトックスのメキシコ市場規模推移 ・ボトックスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボトックスのドイツ市場規模推移 ・ボトックスのイギリス市場規模推移 ・ボトックスのロシア市場規模推移 ・ボトックスのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ボトックスの日本市場規模推移 ・ボトッ …
  • 工業用潤滑剤の世界市場2016-2020:鉱油系潤滑剤、合成油系潤滑剤、バイオベース潤滑剤
    当調査レポートでは、工業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の冠動脈ステント市場2016
    本調査レポートでは、世界の冠動脈ステント市場2016について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽電池の世界市場
    当調査レポートでは、太陽電池の世界市場について調査・分析し、太陽電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 太陽電池の世界市場:市場動向分析 - 太陽電池の世界市場:競争要因分析 - 太陽電池の世界市場:技術別 ・鉛蓄電池 ・リチウムイオン電池 ・ナトリウム電池 - 太陽電池の世界市場:技術別 ・商業用 ・産業用 ・住居用 - 太陽電池の世界市場:主要地域別分析 - 太陽電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 太陽電池のヨーロッパ市場規模 - 太陽電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・太陽電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 食品用香料の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、食品用香料の世界市場について調べ、食品用香料の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品用香料の市場規模をセグメンテーション別(製品別(天然香料、人工香料)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は食品用香料の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品用香料の市場状況 ・食品用香料の市場規模 ・食品用香料の市場予測 ・食品用香料の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(天然香料、人工香料) ・食品用香料の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の概要 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • アグリゲノミクス(農業ゲノム科学)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、アグリゲノミクス(農業ゲノム科学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、シーケンサー種類別分析、目的別分析、地域別分析、アグリゲノミクス(農業ゲノム科学)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ココナッツウォーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 生物肥料(バイオ肥料)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、生物肥料(バイオ肥料)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、微生物別分析、用途別分析、作物別分析、生物肥料(バイオ肥料)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 書籍用紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、書籍用紙の世界市場について調査・分析し、書籍用紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別書籍用紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、書籍用紙種類別分析(非塗工オフセット印刷用紙、塗工紙、その他)、書籍用紙用途別分析(書籍印刷、雑誌、広告物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・書籍用紙の市場概観 ・書籍用紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・書籍用紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・書籍用紙の世界市場規模 ・書籍用紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・書籍用紙のアメリカ市場規模推移 ・書籍用紙のカナダ市場規模推移 ・書籍用紙のメキシコ市場規模推移 ・書籍用紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・書籍用紙のドイツ市場規模推移 ・書籍用紙のイギリス市場規模推移 ・書籍用紙のロシア市場規模推移 ・書籍用紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・書籍用紙の日本市場規模推移 ・書籍用紙 …
  • 産業用照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用照明の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場
    当調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心血管装置の世界市場分析:製品別(診断モニタリング:ECG、ホルターモニター、イベントモニター、診断カテーテル、埋め込み型ループレコーダー、心エコー検査、PETスキャン、MRI、心臓CT、心筋灌流スキャン、ドップラー胎児モニター;外科手術:ペースメーカー、ステント、カテーテル・アクセサリー、ガイドワイヤー、カニューレ、電気外科処置、バルブ、閉塞器具)、セグメント予測
    本調査レポートでは、心血管装置の世界市場について調査・分析し、心血管装置の世界市場動向、心血管装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別心血管装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入り千切り小麦シリアル市場規模、製品サイズ別(一口サイズ、フルサイズ)分析、流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場概要 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場環境 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場動向 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場規模 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:製品サイズ別(一口サイズ、フルサイズ) ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア) ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:地域別 …
  • 骨髄線維症の疫学的予測
    当調査レポートでは、骨髄線維症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・骨髄線維症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・骨髄線維症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 中東のメカニカルシール市場2017-2021
    当調査レポートでは、中東のメカニカルシール市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東のメカニカルシール市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港用報知システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空港用報知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港用報知システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空港用報知システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、NEC、Rockwell Collins、RESA、Simpleway、SITA等です。
  • 海洋哨戒機(MPA)の世界市場2017-202:固定翼海洋哨戒機、回転翼海洋哨戒機
    当調査レポートでは、海洋哨戒機(MPA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海洋哨戒機(MPA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙・板紙コンテナ・包装の世界市場:紙袋・袋、段ボール箱・包装、折り畳み箱・ケース、その他
    当調査レポートでは、紙・板紙コンテナ・包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紙・板紙コンテナ・包装市場規模、製品別(紙袋・袋、段ボール箱・包装、折り畳み箱・ケース、その他)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、International Paper, Mondi, Smurfit Kappa Group, Tetra Pak, WestRockなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場概要 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場環境 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場動向 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場規模 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場:業界構造分析 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場:製品別(紙袋・袋、段ボール箱・包装、折り畳み箱・ケース、その他) ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場:エンドユーザー別 ・紙・板紙コンテナ・包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・紙・板紙コンテナ …
  • ブラジルの股関節再建市場動向(~2021)
  • タイの発電市場2016
  • アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場について調査・分析し、アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 新型出生前診断(NIPT)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、新型出生前診断(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、NIPT装置別分析、消耗品別分析、用途別分析、需要先別分析、新型出生前診断(NIPT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフルオロほう酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のフルオロほう酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、フルオロほう酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中圧ケーブル・付属品の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、中圧ケーブル・付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の亜リン酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の亜リン酸カリウム市場2016について調査・分析し、亜リン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 新生児スクリーニングの世界市場2015-2022
  • 頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場2019-2023
    ボツリヌス毒素注射に対する償還プログラムの増加に伴い、頚部ジストニアの治療に対する需要が高まっています。 償還プログラムを利用し、頚部ジストニアの治療用の高価なボツリヌス毒素療法を受けることができます。 この償還プログラムによって、患者は医療保険の有無にかかわらず、ボツリヌス毒素による治療に対する適正な償還を受けることができます。 例を挙げると、BOTOXの製造元であるAllerganは、BOTOX Reimbursement Solutions Programという包括的な償還プログラムをスポンサーしています。 このプログラムには、BOTOXの注射治療を受けている患者を支援するBOTOXホットラインとBOTOX患者支援プログラムが含まれています。 Technavioのアナリストは、頚部ジストニア治療の世界市場が2023年までに約5%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、Eisai、Ipsen Pharma、Merz Pharma、US WorldMedsなどです。 当調査レポートでは、頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場について調査・分析 …
  • 段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 段ボールパッケージングソフトウェアを使用し、段ボールを設計、裁断、印刷、折りたたむことができます。スタンドローンもしくはパッケージソフトウェアとして販売されています。Technavio社は段ボールパッケージングソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均30.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Epicor Software• Microsoft• Oracle• SAP等です。
  • 交通分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、交通分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(記述分析、予測分析、規範的分析)分析、モード別(道路、鉄道、航空路、水路)分析、交通分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通分析の世界市場規模が2019年103億ドルから2024年274億ドルまで年平均21.6%成長すると予測しています。
  • フィルターの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、フィルターの世界市場規模が2017年629.9億ドルから2026年1301.9億ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、フィルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フィルター市場規模、フィルター媒体別(純粋ガラス、セルロース、合成ラミネート加工)分析、製品別(ICEフィルター、エアフィルター、流体フィルター、オイルフィルター、燃料フィルター)分析、用途別(消費者、工業・製造、自動車、公益事業、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フィルターの世界市場:市場動向分析 ・ フィルターの世界市場:競争要因分析 ・ フィルターの世界市場:フィルター媒体別(純粋ガラス、セルロース、合成ラミネート加工) ・ フィルターの世界市場:製品別(ICEフィルター、エアフィルター、流体フィルター、オイルフィルター、燃料フィルター) ・ フィルターの世界市場:用途別(消費者、工 …
  • 世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場
    当調査レポートでは、世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッドの世界市場予測(~2023年)
    スマートグリッドの世界市場は、2018年の238億米ドルから2023年には613億米ドルに達し、この期間中20.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマートグリッド運用の効果的な管理、老朽化したグリッドインフラの近代化、および費用対効果の高いサービスを提供できる専門のサービスプロバイダーの必要性が考えれられます。一方で、スマートグリッドテクノロジソリューションの導入にかかる高い初期コストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、スマートグリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア(AMI、グリッド配電、グリッドネットワーク、グリッド資産、グリッドセキュリティ、変電所自動化、ビリング・CIS)分析、ハードウェア(スマートメーター)分析、サービス(コンサルティング、統合、サポート)分析、スマートグリッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 気管支拡張剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、気管支拡張剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、気管支拡張剤の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は気管支拡張剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.78%成長すると予測しています。
  • ヒト成長ホルモンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヒト成長ホルモンの世界市場について調査・分析し、ヒト成長ホルモンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヒト成長ホルモンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヒト成長ホルモン種類別分析(粉末、溶液 )、ヒト成長ホルモン用途別分析(成長ホルモン欠乏症(GHD)、ターナー症候群、慢性腎不全、プラダー・ウィリー症候群、胎内発育遅延、SHOX不足、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヒト成長ホルモンの市場概観 ・ヒト成長ホルモンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヒト成長ホルモンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヒト成長ホルモンの世界市場規模 ・ヒト成長ホルモンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヒト成長ホルモンのアメリカ市場規模推移 ・ヒト成長ホルモンのカナダ市場規模推移 ・ヒト成長ホルモンのメキシコ市場規模推移 ・ヒト成長ホルモンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ヒト成長ホルモンのドイツ市場規模推 …
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料市場の概要 3. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料の世界市場 2016-2026 4. CFRP複合材料の用途別世界市場 2016-2026 5. 主要地域・国のCFRP複合材料市場 2016-2026 6. CFRP複合材料市場のSWOT分析 2016-2026 7. CFRP複合材料市場における主要企業 2016 8. 結論 9. 用語集
  • 地上波(OTA)テストの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地上波(OTA)テストの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地上波(OTA)テスト市場規模、提供物別(サービス、ハードウェア)分析、技術別(UMTS、GSM、CDMA、LTE、5G)分析、種類別(ブルートゥース、携帯電話用OTA、Wi-Fi、その他)分析、用途別(自動車・輸送、工業用、スマートシティ、通信・消費者デバイス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:市場動向分析 ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:競争要因分析 ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:提供物別(サービス、ハードウェア) ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:技術別(UMTS、GSM、CDMA、LTE、5G) ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:種類別(ブルートゥース、携帯電話用OTA、Wi-Fi、その他) ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:用途別(自動車・輸送、工業用、スマートシティ、通信・ …
  • 分散型エネルギー資源の世界市場:種類別(太陽光発電、風力、エネルギー貯蔵、熱電併給、その他)、用途別(政府・自治体、工業、商業、住宅、軍事)、地域別予測
    本資料は、分散型エネルギー資源の世界市場について調べ、分散型エネルギー資源の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(太陽光発電、風力、エネルギー貯蔵、熱電併給、その他)分析、用途別(政府・自治体、工業、商業、住宅、軍事)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGE Grid Solutions、ABB Ltd、Siemens AG、Spirae Inc、Open Access Technology International Inc、Schnieder Electric、Doosan Gridtech, Inc 、Sunverge、Enernoc, Inc、Autogrid Systems, Incなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・分散型エネルギー資源の世界市場概要 ・分散型エネルギー資源の世界市場環境 ・分散型エネルギー資源の世界市場動向 ・分散型エネルギー資源の世界市場規模 ・分散型エネルギー資源の世界市場規模:種類別(太陽光発電、風力、エネ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"