"ポリカーボネートジオールの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7443)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ポリカーボネートジオールの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The increasing environmental regulations resulting in the use of better polyurethane material is expected to drive the market.
The global polycarbonate diols market size is estimated at USD 200 million in 2019 and is projected to reach USD 255 million by 2024, at a CAGR of 5.0%. Polycarbonate diol has been extensively used to produce several polyurethane materials of excellent quality and performance. Moreover, the rising environmental awareness and imposition of stringent regulation across the globe, the industrial preference has been a shift from solvent-based towards water-based polyurethane materials. To mitigate this, instead of traditional polyols, polycarbonate can be used to improve the hydrolysis resistance of Polyurethane materials. Thus, the polycarbonate diols can be used widely in the production of the waterborne polyurethane materials.

Solid form is expected to maintain ascendancy over the forecast period.
Generally, solid polycarbonate diols impart high resistance to hydrolysis, oxidation, stain, and wear in polyurethane products as compare to polyether and polyester polyols. At low temperatures, solid polycarbonate diols offer optimum performance, strength, high thermal stability, and high mechanical properties, among others. In terms of demand, solid polycarbonate diols are consumed mainly in synthetic leathers followed by paints and coatings application. Thus, growing demand from these applications will drive the polycarbonate diols market over the forecast period.

1000 G/MOL – below 2,000 G/MOL segment is expected to grow at a healthy CAGR during the forecast period in the polycarbonate diols market.
By molecular weight, the 1000 g/mol – below 2,000 g/mol segment is estimated to register healthy growth in demand over the forecast period. These polyols have relatively low viscosity as compared to 2,000 g/mol & above. These polycarbonate diols offer excellent hydrolytic stability against acids, bases, corrosive solvents, and other toxic chemicals, among others. Produced polyurethane possesses significant strength and mechanical properties owing to which it is predominately used in synthetic leather applications. The rising demand for synthetic leather in the automotive industry will drive growth in this segment.

Significant growth in the adoption of high-performance synthetic leather across the industry, a key to polycarbonate diols market growth
Due to the performance advantages of synthetic leather, it has replaced natural leather not only in the fields of furniture, clothing, luggage, bags, shoes, etc., but also in automotive seat interiors, and interior decoration, among others. With the increase in the production of synthetic leather-based products and the structural upgrading of the industry, the demand for high-quality, functional polyurethane from synthetic leather manufacturers is continuously growing across the globe.

Polyurethane resins produced from polycarbonate diols possess excellent hydrolysis resistance, chemical resistance, abrasion resistance, and heat resistance, among others. Further, these high-performance polyurethane resins, when used in the production of synthetic or natural leather, help to improve its durability and stain resistance, among others. Thus, the rising demand for synthetic leather across the globe will drive the market over the forecast period.

APAC to be the largest and fastest-growing polycarbonate diols market during the forecast period.
APAC to be the largest and fastest-growing market during the forecast period. The increasing demand for synthetic leather and paints & coatings in China and other countries with supportive government policies will drive the growth of the polycarbonate diols market in the APAC region. Rising environmental awareness and stringent regulation support the growth of eco-friendly chemicals markets. Polycarbonate diols are eco-friendly and impart high-performance characteristics in polyurethane that, in turn, helps for the growth of the market. Moreover, the rising demand for PU-based synthetic leathers in the automotive and textile industries provide the stimulus for the growth of the market.

By Company type: Tier1:30% Tier2:50% Tier3:20%
By Designation: C-level executives: 20% Directors: 20% and Others: 60%
By region: North America: 20% Europe: 40% APAC: 30% Rest of World: 10%

The major players in the polycarbonate diols market are Ube Industries Ltd. (Japan), Mitsubishi Chemical Corporation (Japan), Asahi Kasei Corporation (Japan), Covestro Ag (Germany), Tosoh Corporation (Japan), Daicel Corporation (Japan), Perstorp Group (Sweden), Saudi Arabian Oil Co. (Saudi Arabia), GRR Fine Chem Pvt. Ltd.(India), and Chemwill Asia Co. Ltd. (China), among others.

Research Coverage
This research report categorizes the global polycarbonate diols market based on form, molecular weight, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, opportunities, and challenges. Detailed analysis of the key market players provides insights into business overviews, services, key strategies, and recent developments associated with the market.
Reasons to Buy the Report
The report will help the leaders/new entrants in this market in the following ways:

1. This report segments the global polycarbonate diols market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes expansions, acquisitions, and agreements.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ポリカーボネートジオールの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply Side
2.2.2 Demand Side
2.3 Data Triangulation
2.4 Forecasting Factors
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities in the Polycarbonate Diols Market
4.2 APAC: Polycarbonate Diols Market, By Molecular Weight and Country, 2018
4.3 Polycarbonate Diols Market, By Form
4.4 Polycarbonate Diols Market, By Application
4.5 Polycarbonate Diols Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Synthetic Leather Across the Globe
5.2.1.2 Growing Demand for High-Performance Pu Products in the Automotive Industry
5.2.1.3 Rising Demand for Water-Based Polyurethane System
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost Compared to Conventional Polyols
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Government Regulations Pertaining to Eco-Friendly Chemicals
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Controlling Prices to Ensure Affordability
5.3 YC and YCC Shift
5.3.1 YC Shift
5.3.2 YCC Shift
5.4 Supply Chain Analysis
5.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.5.1 Threat of Substitutes
5.5.2 Threat of New Entrants
5.5.3 Bargaining Power of Suppliers
5.5.4 Bargaining Power of Buyers
5.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.6 Manufacturing Process Overview
5.6.1 Conventional Phosgene Method
5.6.2 Transesterification Method
5.6.3 Ring-Opening Polymerization Method
5.6.4 Carbon Dioxide (Co2) Method
5.7 Industry Trends
5.7.1 Consolidation and Expansion of Production Facilities
5.7.2 Development of Advanced Manufacturing Process
5.8 Polycarbonate Diol Patent Analysis
5.8.1 Insights
5.8.2 Top Assignees
6 Polycarbonate Diols Market, By Molecular Weight (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Below 1,000 G/Mol
6.2.1 Steady Growth in Demand From Paints & Coatings Industry is Expected to Drive the Market
6.3 1000 G/Mol – Below 2,000 G/Mol
6.3.1 Rising Demand From Synthetic Leather Application is Favorable for the Market
6.4 2000 G/Mol & Above
6.4.1 APAC is Expected to Hold Significant Share of the Market in This Segment
7 Polycarbonate Diols Market, By Form (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Solid
7.2.1 Robust Growth in Demand From Synthetic Leather Application is Contributing to the Market Growth
7.3 Liquid
7.3.1 Increasing Demand for Waterborne Paints & Coatings is Fueling the Market
8 Polycarbonate Diols Market, By Application (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Synthetic Leather
8.2.1 The Adoption of High-Performance Synthetic Leather is A Key to Market Growth
8.3 Paints & Coatings
8.3.1 Increasing Demand for Waterborne Paints & Coatings is Adding to Polycarbonate Diols Demand
8.4 Adhesives & Sealants
8.4.1 Growth in Demand for High-Performance Adhesives is Expected to Drive the Demand for Polycarbonate Diols
8.5 Elastomers
8.5.1 Booming Demand for Pu Elastomer Will Spearhead the Market
8.6 Others
9 Polycarbonate Diol Market, By Region (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 Growth of the Manufacturing Sector in China is Helpful for the Market
9.2.2 Japan
9.2.2.1 Strong Production CAPACity, Coupled With A Huge Automotive Manufacturing Base, is Expected to Drive the Market
9.2.3 India
9.2.3.1 Significant Growth in Fdi and Change in Policies for Industrial Sector Growth are Expected to Spur the Demand
9.2.4 South Korea
9.2.4.1 The Steady Growth of the End-Use Industries is Likely to Increase the Demand During the Forecast Period
9.2.5 Rest of APAC
9.3 North America
9.3.1 US
9.3.1.1 Growth in Demand for Polyurethane is the Governing Factor for the Market
9.3.2 Canada
9.3.2.1 Slow Economic Growth is Estimated to Hamper the Market
9.3.3 Mexico
9.3.3.1 The Steady Growth of the Manufacturing Sector is Promising for the Market
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 Proactive Implementation of the Green Economy is Expected to Help in the Market Growth
9.4.2 UK
9.4.2.1 Manufacturing Sector Growth is Propelling the Market
9.4.3 France
9.4.3.1 France is the Second-Largest Country in the Production of Synthetic Leather and Polyurethane
9.4.4 Russia
9.4.4.1 Recuperation From Economic Slowdown Will Be Favorable for the Market Growth
9.4.5 Italy
9.4.5.1 The Polycarbonate Diols Market is Driven Mainly By the Synthetic Leather and Paints & Coating Applications
9.4.6 Spain
9.4.6.1 Leather Finishing Application is Expected to Drive the Market
9.4.7 Rest of Europe
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 The Growth of the Paints & Coatings Market is Expected to Boost the Demand for Polycarbonate Diols in the Region
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Diversification From Oil Toward Other Industries is Expected to Trigger the Growth of the Market
10 Competitive Landscape (Page No. – 119)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Ranking of Key Players
10.2.1 UBE Industries
10.2.2 Asahi Kasei Corporation
10.2.3 Saudi Arabian Oil Co.
10.2.4 Covestro AG
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Expansion
10.3.2 New Product Launch
11 Company Profiles (Page No. – 122)
11.1 UBE Industries, Ltd.
11.2 Mitsubishi Chemical Corporation
11.3 Asahi Kasei Corporation
11.4 Covestro AG
11.5 Tosoh Corporation
11.6 Daicel Corporation
11.7 Perstorp Group
11.8 Saudi Arabian Oil Company
11.9 GRR Fine Chem Pvt. Ltd.
11.10 Chemwill Asia Co. Ltd.
11.11 Caffaro Industrie Spa
11.12 Cromogenia Units S. A.
11.13 Guangdong Dazhi Environmental Protection Technology Incorporated Company
11.14 Hubei Jusheng Technology Co., Ltd.
11.15 Kuraray Co., Ltd.
11.16 Jiangsu Chemical Industry Research Institutes Co. Ltd.
11.17 Sumitomo Bakelite Co., Ltd.
11.18 Qingdao Huayuan Polymer Co., Ltd.
11.19 Erca Advanced Polymer Solutions Srl
11.20 Merck Kgaa
12 Appendix (Page No. – 162)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ポリカーボネートジオールの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7443
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ポリカーボネートジオールの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 分子診断の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、製品・サービス別分析、分子診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冠血流予備量比(FFR)測定装置市場規模、製品別(FFRガイドワイヤ、FFR監視システム)分析、用途別(多枝冠動脈疾患、一枝冠動脈疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場概要 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場環境 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場動向 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場規模 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:業界構造分析 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:製品別(FFRガイドワイヤ、FFR監視システム) ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:用途別(多枝冠動脈疾患、一枝冠動脈疾患) ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置のアメリカ市場規模・予測 ・冠 …
  • 掻痒症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、掻痒症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、掻痒症治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は掻痒症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allergan• GlaxoSmithKline• Pfizer• Sanofi等です。
  • 産業用同期タイミングベルトの世界市場
    当調査レポートでは、産業用同期タイミングベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用同期タイミングベルトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 粘着性フィルムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、粘着性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、フィルム材料別(ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリエチレン)分析、用途別(テープ、グラフィックフィルム、ラベル)分析、最終用途産業別(パッケージング、輸送、電気・電子)分析、粘着性フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮頸がん診断検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、子宮頸がん診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子宮頸がん診断検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉛酸UPSバッテリの世界市場:種類別(VRLAバッテリ、液式バッテリ、その他)、用途別(オフラインUPS、オンラインUPS)、地域別予測
    本資料は、鉛酸UPSバッテリの世界市場について調べ、鉛酸UPSバッテリの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(VRLAバッテリ、液式バッテリ、その他)分析、用途別(オフラインUPS、オンラインUPS)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはJohnson Controls、Exide、Enersys、C&D Technologies、Trojan、NorthStar Battery、ACDelcoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・鉛酸UPSバッテリの世界市場概要 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場環境 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場動向 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場規模 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場規模:種類別(VRLAバッテリ、液式バッテリ、その他) ・鉛酸UPSバッテリの世界市場規模:用途別(オフラインUPS、オンラインUPS) ・鉛酸UPSバッテリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉛酸UPSバッテリの北米市場規模・予測 ・鉛酸UPSバッ …
  • 中国の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • ヒト肝臓モデルの世界市場:タイプ別(肝臓オルガノイド、Liver-on-a-chip(肝臓機能チップ)、2Dモデル、動物モデル、3Dバイオプリンティング)、地域別予測
    本資料は、ヒト肝臓モデルの世界市場について調べ、ヒト肝臓モデルの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(肝臓オルガノイド、Liver-on-a-chip(肝臓機能チップ)、2Dモデル、動物モデル、3Dバイオプリンティング)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヒト肝臓モデルの世界市場概要 ・ヒト肝臓モデルの世界市場環境 ・ヒト肝臓モデルの世界市場動向 ・ヒト肝臓モデルの世界市場規模 ・ヒト肝臓モデルの世界市場規模:タイプ別(肝臓オルガノイド、Liver-on-a-chip(肝臓機能チップ)、2Dモデル、動物モデル、3Dバイオプリンティング) ・ヒト肝臓モデルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヒト肝臓モデルの北米市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルのアメリカ市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルのアジア市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルの日本市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ナノシリカの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ナノシリカの世界市場について調べ、ナノシリカの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ナノシリカの市場規模をセグメンテーション別(種類別(Pタイプ、Sタイプ、タイプIII)、用途別(ゴム、コーティング、コンクリート、農業、プラスチック、健康管理、その他の用途)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はナノシリカの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ナノシリカの市場状況 ・ナノシリカの市場規模 ・ナノシリカの市場予測 ・ナノシリカの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(Pタイプ、Sタイプ、タイプIII) ・市場セグメンテーション:用途別(ゴム、コーティング、コンクリート、農業、プラスチック、健康管理、その他の用途) ・ナノシリカの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、 …
  • コエンザイムQ10の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コエンザイムQ10の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コエンザイムQ10市場規模、用途別(栄養補助食品、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DSM Nutritional Products, Kaneka Corporation, Kyowa Hakko Kirin Group, Nisshin Seifun Group, Otsuka Holdingsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コエンザイムQ10の世界市場概要 ・コエンザイムQ10の世界市場環境 ・コエンザイムQ10の世界市場動向 ・コエンザイムQ10の世界市場規模 ・コエンザイムQ10の世界市場:業界構造分析 ・コエンザイムQ10の世界市場:用途別(栄養補助食品、医薬品、化粧品) ・コエンザイムQ10の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コエンザイムQ10の北米市場規模・予測 ・コエンザイムQ10のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予 …
  • 電子情報開示の世界市場見通し2016-2022:テクノロジーアシステッドレビュー(TAR)、リーガルホールド、訴訟案件の早期評価査定、データプロダクション、データプロセッシング
    当調査レポートでは、電子情報開示の世界市場について調査・分析し、電子情報開示の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・電子情報開示の世界市場:市場動向分析 ・電子情報開示の世界市場:競争要因分析 ・電子情報開示の世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:導入別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:産業別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電子情報開示の北米市場規模 ・電子情報開示の欧州市場規模 ・電子情報開示のアジア市場規模 ・電子情報開示の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の手術用メス市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用メス市場2015について調査・分析し、手術用メスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニッケル合金の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、ニッケル合金の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ニッケル合金の世界市場:市場動向分析 - ニッケル合金の世界市場:競争要因分析 - ニッケル合金の世界市場:エンドユーザー別 ・石油・ガス ・航空宇宙・防衛 ・エネルギー・電力 ・化学 ・電気・電子製品 ・自動車 ・医療 ・その他 - ニッケル合金の世界市場:機能別 ・電子合金 ・高性能合金 ・耐熱合金 ・耐食合金 - ニッケル合金の世界市場:製品別 ・ニッケルーチタン合金 ・ニッケルーアルミニウム合金 ・ニッケルークロム合金 - ニッケル合金の世界市場:主要地域別分析 - ニッケル合金の北米市場規模(アメリカ市場等) - ニッケル合金のヨーロッパ市場規模 - ニッケル合金のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ニッケル合金の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)のフェーズ3治験薬の状況 ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬の市場規模(販売予測) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬剤
  • セラミックフィルターの世界市場:用途別(産業(バイオフィルター、高温ガスフィルター)、住宅、商業施設)、製品別(水フィルター、エアフィルター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、セラミックフィルターの世界市場動向、セラミックフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 封止材の世界市場予測(~2022年):エポキシ、シリコーン、ウレタン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、封止材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、化学成分別分析、硬化タイプ別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、封止材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用ガスの世界市場予測(~2023年)
    食品用ガスの世界市場は、2018年の59億米ドルから2023年には81億米ドルに達し、この期間中6.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、忙しいライフスタイルに伴うインスタント食品包装に対する需要の高まりや全地域での地ビール醸造所の増加が考えられます。一方で、品質基準を満たすための厳しい政府規制により、市場の成長は妨げられています。当調査レポートでは、食品用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(二酸化炭素、窒素、酸素)分析、用途(冷凍・冷蔵、包装、炭酸化)分析、最終用途(乳製品・冷凍製品、飲料、肉・鶏肉・シーフード)分析、食品用ガスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 世界のアイシャドー市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイシャドー市場2015について調査・分析し、アイシャドーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックチューブの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、セラミックチューブの世界市場について調査・分析し、セラミックチューブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - セラミックチューブの世界市場:市場動向分析 - セラミックチューブの世界市場:競争要因分析 - セラミックチューブの世界市場:用途別 ・医薬・ヘルスケア ・電子・電気製品 ・その他 - セラミックチューブの世界市場:最終用途別 ・接触器 ・再閉路装置 ・遮断器 ・負荷開閉器 ・タップ切替器 - セラミックチューブの世界市場:材料別 ・アルミナ ・ジルコニア ・その他 - セラミックチューブの世界市場:主要地域別分析 - セラミックチューブの北米市場規模(アメリカ市場等) - セラミックチューブのヨーロッパ市場規模 - セラミックチューブのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・セラミックチューブの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • シングルリード心電図(ECG)計の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、シングルリード心電図(ECG)計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シングルリード心電図(ECG)計市場規模、症状別(不整脈、失神、その他)分析、エンドユーザー別(外来外科センター(ASC)、在宅ケア、病院・診療所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:市場動向分析 ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:競争要因分析 ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:症状別(不整脈、失神、その他) ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:エンドユーザー別(外来外科センター(ASC)、在宅ケア、病院・診療所) ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:主要地域別分析 ・ シングルリード心電図(ECG)計の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ シングルリード心電図(ECG)計のヨーロッパ市場規模 ・ シングルリード心電図(ECG)計のアジア市場規模(日本 …
  • ACSRの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ACSRの世界市場について調査・分析し、ACSRの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ACSRシェア、市場規模推移、市場規模予測、ACSR種類別分析(ACSR(鋼心アルミより線)、ACSR/AW(アルミ覆鋼線)、ACSR/TW)、ACSR用途別分析(架空裸トランスミッションコンダクタ、1次・2次配線コンダクタ、メッセンジャサポート、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ACSRの市場概観 ・ACSRのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ACSRのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ACSRの世界市場規模 ・ACSRの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ACSRのアメリカ市場規模推移 ・ACSRのカナダ市場規模推移 ・ACSRのメキシコ市場規模推移 ・ACSRのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ACSRのドイツ市場規模推移 ・ACSRのイギリス市場規模推移 ・ACSRのロシア市場規模推移 ・ACSRのア …
  • イーサネット・コントローラーの世界市場予測(~2023年):イーサネット、ファストイーサネット、ギガビットイーサネット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イーサネット・コントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機能別分析、帯域幅別分析、パッケージング別分析、用途別分析、イーサネット・コントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートヘルスケア(医療)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートヘルスケア(医療)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートヘルスケア(医療)市場規模、ソリューション別(EHR、 遠隔医療、スマートピル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott Laboratories, Allscripts, Cisco Systems, GENERAL ELECTRIC, Koninklijke Philipsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場概要 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場環境 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場動向 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場規模 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場:業界構造分析 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場:ソリューション別(EHR、 遠隔医療、スマートピル、その他) ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートヘルスケア(医療)の北 …
  • 耐食コーティング(CPC)&耐酸ライニング(APL)のオーストラリア市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 圧迫療法の世界市場予測(~2022年):ストッキング、包帯、ラップ、ブレース、ポンプ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、圧迫療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、圧迫療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 過酸化水素の世界市場
    当調査レポートでは、過酸化水素の世界市場について調査・分析し、過酸化水素の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別
    MarketsandMarkets社は、真空エバポレーターの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年31億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の真空エバポレーター市場を広く調査・分析し、市場概要、技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器)分析、用途別(排水処理、製品加工、その他)分析、最終用途産業別(化学・石油化学、電子・半導体、エネルギー・電力、食品・飲料、医薬品、自動車、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器) ・世界の真空エバポレーター市場:用途別(排水処理、製品加工、その他) ・世界の真空エバポレーター市場:最終用途産業別(化学・石油化学、電子・半導体、エネルギー・電力、食品・飲料、医薬品、自動車、その他) ・世界の真空エバポレーター市場:地域別 ・競合動向 ・企 …
  • 世界のナースコール設備(NCS)市場
  • 果糖の世界市場分析:製品別(高果糖コーンシロップ、フルクトースシロップ、果糖固形分)、用途別(飲料、加工食品、乳製品、菓子、製パン・穀物)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、果糖の世界市場について調査・分析し、果糖の世界市場動向、果糖の世界市場規模、市場予測、セグメント別果糖市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • LTE基地局の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LTE基地局の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LTE基地局の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SKF、Federal-Mogul、NTN Bearing、Schaeffler、NSK等です。
  • エポキシ樹脂のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、エポキシ樹脂のヨーロッパ市場について調査・分析し、エポキシ樹脂のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 水産養殖のインドネシア市場2017-2021
    当調査レポートでは、水産養殖のインドネシア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、水産養殖のインドネシア市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は水産養殖のインドネシア市場が2017-2021年期間中に年平均13.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• PT. Bumi Menara Internusa• PT. Dharma Samudera Fishing Industries• PT. Japfa Comfeed Indonesia• PT. Mega Marine Pride等です。
  • アグリツーリズムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アグリツーリズムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アグリツーリズム市場規模、種類別(国内、海外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アグリツーリズムの世界市場概要 ・アグリツーリズムの世界市場環境 ・アグリツーリズムの世界市場動向 ・アグリツーリズムの世界市場規模 ・アグリツーリズムの世界市場:業界構造分析 ・アグリツーリズムの世界市場:種類別(国内、海外) ・アグリツーリズムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アグリツーリズムの北米市場規模・予測 ・アグリツーリズムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アグリツーリズムのアジア太平洋市場規模・予測 ・アグリツーリズムの主要国分析 ・アグリツーリズムの世界市場:意思決定フレームワーク ・アグリツーリズムの世界市場:成長要因、課題 ・アグリツーリズムの世界市場:競争環境 ・アグリツーリズムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • サービスとしての自動化の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス)、ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他)、企業規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、輸送&物流、その他)
    本調査レポートでは、サービスとしての自動化の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション&サービス)分析、ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他)分析、企業規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・サービスとしての自動化の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス) ・サービスとしての自動化の世界市場:ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他) ・サービスとしての自動化の世界市場:企業規模別(大企業、中小企業) ・サービスとしての自動化の世界市場:業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメ …
  • 民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場
    当調査レポートでは、民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プリンテッドエレクトロニクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Tracking-as-a-Serviceの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Tracking-as-a-Serviceの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Tracking-as-a-Serviceの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場について調査・分析し、航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:市場動向分析 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:競争要因分析 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:ディスプレイ別 ・バックアップディスプレイ ・ミッションディスプレイ ・プライマリ・フライト・ディスプレイ ・マルチファンクションディスプレイ ・エンジン・インディケーション・アンド・クルー・アラーティング・システム(EICAS)ディスプレイ - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:航空機の種類別 ・戦闘機 ・貨物機 ・ビジネスジェット ・練習機 ・航空機による輸送 ・ヘリコプター ・特殊任務 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:ディスプレイサイズ別 ・5インチ未満 ・5ー10インチ ・10インチより大きい - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界 …
  • 医療用接着剤の世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非弾力性床材の世界市場:セラミックス、木材・ラミネート
    当調査レポートでは、非弾力性床材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非弾力性床材市場規模、製品別(セラミックス、木材・ラミネート)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Armstrong Flooring, Grupo Lamosa, Kajaria Ceramics, Mohawk Industries, RAK Ceramicsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非弾力性床材の世界市場概要 ・非弾力性床材の世界市場環境 ・非弾力性床材の世界市場動向 ・非弾力性床材の世界市場規模 ・非弾力性床材の世界市場:業界構造分析 ・非弾力性床材の世界市場:製品別(セラミックス、木材・ラミネート) ・非弾力性床材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非弾力性床材の北米市場規模・予測 ・非弾力性床材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非弾力性床材のアジア太平洋市場規模・予測 ・非弾力性床材の主要国分析 ・非弾力性床材の世界市場:意思決定フ …
  • インタラクティブホワイトボードの世界市場:フォームファクター別(固定型、ポータブル型)、アプリケーション別(企業、教育)、技術別、投写法別(フロント、リア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボードの世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボードの世界市場動向、インタラクティブホワイトボードの世界市場規模、市場予測、セグメント別インタラクティブホワイトボード市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光電子工学の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、光電子工学の世界市場について調査・分析し、光電子工学の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・光電子工学の世界市場規模:製品別分析 ・光電子工学の世界市場規模:用途別分析 ・光電子工学の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・光電子工学の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用通信技術の世界市場予測(~2025年):LIN、CAN、FlexRay、MOST、イーサネット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用通信技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バスモジュール(LIN、CAN、FlexRay、MOST、イーサネット)別分析、用途(パワートレイン、ボディ制御・快適性、インフォテインメント・通信、安全・ADAS)別分析、車両クラス別分析、自動車用通信技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場:製品別(下顎前方移動装置、舌前方保持装置)、タイプ別(医師処方・オーダーメイド、オンラインOTC)、地域別予測
    本資料は、睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場について調べ、睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(下顎前方移動装置、舌前方保持装置)分析、タイプ別(医師処方・オーダーメイド、オンラインOTC)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場概要 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場環境 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場動向 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場規模 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場規模:製品別(下顎前方移動装置、舌前方保持装置) ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場規模:タイプ別(医師処方・オーダーメイド、オンラインOTC) ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の北米市場規模・予測 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • デジタルパソロジーの世界市場:製品別(スキャナー、ソフトウェア、通信システム、ストレージシステム)、種類別(病理病態学、獣医病態)、用途別、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、デジタルパソロジーの世界市場について調べ、デジタルパソロジーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(スキャナー、ソフトウェア、通信システム、ストレージシステム)分析、種類別(病理病態学、獣医病態)分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルパソロジーの世界市場概要 ・デジタルパソロジーの世界市場環境 ・デジタルパソロジーの世界市場動向 ・デジタルパソロジーの世界市場規模 ・デジタルパソロジーの世界市場規模:製品別(スキャナー、ソフトウェア、通信システム、ストレージシステム) ・デジタルパソロジーの世界市場規模:種類別(病理病態学、獣医病態) ・デジタルパソロジーの世界市場規模:用途別 ・デジタルパソロジーの世界市場規模:エンドユーザー別 ・デジタルパソロジーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルパソロジーの北米市場規模・予測 ・デジタルパソロジーのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルパソロジー …
  • 世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015について調査・分析し、水素化ホウ素ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽量電気飛行機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軽量電気飛行機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軽量電気飛行機の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"