"ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 2702)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The point-of-care diagnostics market is projected to grow at a CAGR of 10.4% from 2019 to 2024.”
The global point-of-care diagnostics market is projected to reach USD 46.7 billion by 2024 from USD 28.5 billion in 2019, at a CAGR of 10.4%. Factors such as the high prevalence of infectious diseases in developing countries, increasing incidence of target conditions, and increasing inclination toward home healthcare across the globe are driving the market for point-of-care diagnostics. However, product recalls, a lack of alignment with test results obtained from laboratories, stringent & time-consuming approval policies, and a reluctance to change existing diagnostic practices are expected to restrain market growth.

“The glucose monitoring products segment is expected to command the largest share of the POC diagnostics market in 2019.”
Based on product, the point-of-care diagnostics market is segmented into glucose monitoring, infectious disease testing, cardiometabolic monitoring, coagulation monitoring, hematology testing, urinalysis testing, cholesterol testing, drugs-of-abuse testing, tumor/cancer markers, pregnancy & fertility testing, fecal occult testing, and other POC products. The glucose monitoring products segment is expected to command the largest share of the market in 2019. The increasing number of POC glucose monitoring devices, coupled with the growing prevalence of diabetes, is expected to drive the growth of the POC diagnostics market for glucose monitoring products in the coming years.

“The microfluidics segment is expected to register the highest growth rate in the POC diagnostics market, by platform, during the forecast period.”
On the basis of platform, the point-of-care diagnostics market is segmented into lateral flow assays, dipsticks, microfluidics, molecular diagnostics, and immunoassays. The microfluidics segment is expected to register the highest growth rate during the forecast period. Technological advancements and increasing initiatives by market players for developing novel microfluidics-based POC products are propelling the growth of the microfluidics market.

“The Asia Pacific market is expected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The point-of-care diagnostics market, by region, is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. The Asia Pacific market is expected to register the highest growth rate during the forecast period, due to the growing initiatives by market players, increasing patient population base, and rising number of partnerships and joint ventures in this region.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1: 25%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 45%
• By Designation: C-level: 26%, Director-level: 30%, and Others: 44%
• By Region: North America: 34%, Europe: 26%, APAC: 23%, and the RoW: 17%

Prominent players of the point-of-care diagnostics market are Abbott (US), Roche (Switzerland), Siemens (Germany), Danaher (US), Becton, Dickinson, and Company (US), Johnson & Johnson (US), Instrumentation Laboratory (US), PTS Diagnostics (US), Quidel (US), Chembio Diagnostic Systems (US), Sekisui Diagnostics (US), Nova Biomedical (US), EKF Diagnostics (UK), AccuBioTech (China), and Trinity Biotech (Ireland).

Research Coverage
This report studies the point-of-care diagnostics market based on product, platform, mode of purchase, end user, and region. The report also studies factors affecting market growth, analyzes opportunities and challenges in the market, and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends. The report forecasts the revenue of the market segments with respect to the five key regions and their respective countries.

Key Benefits of Buying the Report:
From an insights perspective, this research report has focused on various levels of analysis, such as market share analysis of top players and company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape, emerging segments of the point-of-care diagnostics market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will enrich both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help firms garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Market Size Estimation: Overall Market
2.2.3 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Limitations & Assumptions
2.4.1 Limitations
2.4.2 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 POC Diagnostics Market Overview
4.2 Geographic Analysis: POC Diagnostics Market
4.3 POC Diagnostics Market, By Product
4.4 POC Diagnostics Market, By Prescription Mode
4.5 Geographic Snapshot of the POC Diagnostics Market
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Prevalence of Infectious Diseases in Developing Countries
5.2.1.2 Increasing Incidence of Target Conditions
5.2.1.3 Growing Government Support
5.2.1.4 Shortage of Skilled Laboratory Technicians
5.2.1.5 Rising Number of Clia-Waived POC Tests
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Pricing Pressure Owing to Reimbursement Cuts and Budget Constraints
5.2.2.2 Stringent and Time-Consuming Regulatory Policies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets
5.2.3.2 Healthcare Decentralization—Converting Lab Tests to POC Tests
5.2.3.3 Increasing Awareness Through Conferences and Events
5.2.3.4 POC Tests With Multiplexing Capabilities
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Alignment With Definitive Central Lab Methods
5.2.4.2 Inadequate Knowledge About the Use of POC Devices in Professional Settings
5.2.4.3 Reluctance to Change Existing Diagnostic Practices
5.2.4.4 High Cost of Devices
5.2.4.5 Product Recalls
5.2.5 Emerging Applications of Point-Of-Care Testing
5.2.5.1 Sepsis Biomarkers
5.2.5.2 Stroke Markers
5.2.5.3 Thyroid Testing
5.2.5.4 Dna Testing
5.2.5.5 Endocrine Testing
6 Point-Of-Care Diagnostics Market, By Product (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Glucose Monitoring Products
6.2.1 Glucose Monitoring Products Account for the Largest Share of the POC Diagnostics Market
6.2.2 Strips
6.2.3 Meters
6.2.4 Lancets & Lancing Devices
6.3 Cardiometabolic Monitoring Products
6.3.1 Cardiac Marker Testing Products
6.3.1.1 Rising Government Initiatives for Cvd Research Will Contribute to Market Growth
6.3.2 Blood Gas/Electrolyte Testing Products
6.3.2.1 Technological Advancements in Blood Gas/Electrolytes Products Will Drive the Growth of This Market Segment
6.3.3 Hba1c Testing Products
6.3.3.1 Government Initiatives are Promoting the Regular Use of Hba1c Testing
6.4 Infectious Disease Testing Products
6.4.1 Influenza Testing Products
6.4.1.1 Rising Influenza Prevalence has Driven Demand for Market Products
6.4.2 Hiv Testing Products
6.4.2.1 Rising Prevalence of Hiv to Drive Market Growth
6.4.3 Hepatitis C Testing Products
6.4.3.1 Central and East Asia are Among the Highly Affected Regions With Hepatitis C
6.4.4 Sexually Transmitted Disease Testing Products
6.4.4.1 Privacy and Confidentiality Issues are the Key Factors Leading to the Adoption of POC Std Testing Products
6.4.5 Healthcare-Associated Infection Testing Products
6.4.5.1 Rising Prevalence of Hais is the Key Factor Driving Market Growth
6.4.6 Respiratory Infection Testing Products
6.4.6.1 POCt Products for the Diagnosis of Respiratory Infections Offer Lower Sensitivity as Compared to Other Tests
6.4.7 Tropical Disease Testing Products
6.4.7.1 Increasing Government Funding for the Use of POC in Tropical Disease Testing Will Support Market Growth
6.4.8 Other Infectious Disease Testing Products
6.5 Coagulation Monitoring Products
6.5.1 Pt/Inr Testing Products
6.5.1.1 Pt/Inr is One of the Most Commonly Used Coagulation Monitoring Methods
6.5.2 Act/Aptt Testing Products
6.5.2.1 Rising Number of Patients Undergoing Angioplasty and Dialysis Globally are Driving Demand for Market Products
6.6 Pregnancy & Fertility Testing Products
6.6.1 Pregnancy Testing Products
6.6.1.1 Pregnancy Testing Will Account for A Larger Market Share Owing to the Rising Inclination Toward Home Testing
6.6.2 Fertility Testing Products
6.6.2.1 Increasing Awareness of Fertility Testing to Drive Market Growth
6.7 Tumor/Cancer Marker Testing Products
6.7.1 Increasing Investments for Research Related to POC Cancer Testing are Driving Growth
6.8 Urinalysis Testing Products
6.8.1 Rising Prevalence of Urinary Tract Infections is Driving Market Growth
6.9 Cholesterol Testing Products
6.9.1 Rising Obesity Levels & Cardiovascular Disorder Incidence are the Key Factors Supporting Market Growth
6.1 Hematology Testing Products
6.10.1 Preference for Laboratory-Based Tests Among Users Will Impede Market Growth
6.11 Drugs-Of-Abuse Testing Products
6.11.1 Rising Consumption of Illicit Drugs has Boosted Demand for Testing
6.12 Fecal Occult Testing Products
6.12.1 Lack of Proper Training in the Use of Fecal Occult Testing Hampers Market Adoption
6.13 Other POC Products
7 Point-Of-Care Diagnostics Market, By Platform (Page No. – 78)
7.1 Introduction
7.2 Lateral Flow Assays
7.2.1 Technological Advancements and Increasing Adoption of Lfa are Supporting Market Growth
7.3 Dipsticks
7.3.1 Dipsticks Help in Routine Analysis of Several Medical Conditions
7.4 Microfluidics
7.4.1 Microfluidics is an Emerging Platform in POC Diagnostics
7.5 Molecular Diagnostics
7.5.1 Increasing Initiatives By Market Players for Developing POC Molecular Diagnostic Products to Drive Market Growth
7.6 Immunoassays
7.6.1 Rising Incidence of Cancer and Growing Awareness About Immunoassay Platforms to Support Market Growth
8 Point-Of-Care Diagnostics Market, By Mode of Purchase (Page No. – 83)
8.1 Introduction
8.2 Prescription-Based Products
8.2.1 Growing Prevalence of Lifestyle Diseases and Favorable Reimbursement Have Driven Market Growth
8.3 OTC Products
8.3.1 Rising Focus on Home Care is Expected to Boost Demand for OTC Testing in the Coming Years
9 Point-Of-Care Diagnostics Market, By End User (Page No. – 87)
9.1 Introduction
9.2 Professional Diagnostic Centers
9.2.1 Clinical Laboratories and Outpatient Healthcare & Ambulatory Care Settings
9.2.1.1 Rapid Result Generation and Availability of Immediate Patient Care are the Major Factors Driving the Growth of This End-User Segment
9.3 Hospitals/Critical Care Centers
9.3.1 Hospitals are Among the Largest End Users of POC Diagnostics
9.4 Home Care Settings
9.4.1 Increasing Inclination Towards Home Healthcare is Driving the Growth of This End-User Segment
9.5 Research Laboratories
9.5.1 Development of Highly Specialized POC Tests and the Increasing Adoption of POCt Devices to Support the Growth of This Segment
9.6 Other End Users
10 Point-Of-Care Diagnostics Market, By Region (Page No. – 94)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US Dominated the North American Market in 2019
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Rising Government Initiatives to Support the Growth of the POC Diagnostics Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Accounted for the Largest Share of the European Market
10.3.2 France
10.3.2.1 Growing Public-Private Collaborations for Product Development to Drive Market Growth
10.3.3 UK
10.3.3.1 Growing Awareness of the Benefits Offered By POC Diagnostics to Support Market Growth in the UK
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Japan Dominates the APAC POC Diagnostics Market
10.4.2 China
10.4.2.1 Rising Investments By Market Players and the Chinese Government to Drive the Growth of the POC Diagnostics Market in China
10.4.3 India
10.4.3.1 High Burden of Chronic Diseases to Support Market Growth
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Latin America
10.5.1.1 Increasing Prevalence of Infectious Diseases to Drive the Adoption of POC Diagnostics
10.5.2 Middle East & Africa
10.5.2.1 Rising Prevalence of Cancer to Support Market Growth in the MEA
11 Competitive Landscape (Page No. – 133)
11.1 Introduction
11.2 Ranking of Players, 2018
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product Launches, Enhancements, and Approvals
11.3.2 Agreements, Partnerships, and Collaborations
11.3.3 Acquisitions
11.4 Vendor Dive Overview
11.5 Vendor Inclusion Criteria
11.6 Vendor Dive
11.6.1 Visionary Leaders
11.6.2 Innovators
11.6.3 Dynamic Differentiators
11.6.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 138)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Abbott Laboratories
12.2 Becton, Dickinson, and Company (BD)
12.3 Chembio Diagnostics
12.4 Danaher Corporation
12.5 Johnson & Johnson
12.6 Roche Diagnostics (A Subsidiary of F. Hoffmann-La Roche Ltd.)
12.7 Siemens Healthineers Group
12.8 EKF Diagnostics
12.9 Quidel
12.1 Trinity Biotech
12.11 Accubiotech
12.12 Instrumentation Laboratory (A Werfen Company)
12.13 Nova Biomedical
12.14 PTS Diagnostics (A Part of Sinocare Inc.)
12.15 Sekisui Diagnostics
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 183)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 2702
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 変圧器油の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、変圧器油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、変圧器油の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田掘削デリック及びマストの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田掘削デリック及びマストの世界市場について調べ、油田掘削デリック及びマストの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田掘削デリック及びマストの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は油田掘削デリック及びマストの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田掘削デリック及びマストの市場状況 ・油田掘削デリック及びマストの市場規模 ・油田掘削デリック及びマストの市場予測 ・油田掘削デリック及びマストの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田掘削デリック及びマストの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成 …
  • 血管ステントの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、血管ステントの世界市場について調査・分析し、血管ステントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・血管ステントの世界市場:市場動向分析 ・血管ステントの世界市場:競争要因分析 ・血管ステントの世界市場:製品別分析/市場規模 ・血管ステントの世界市場:材料別分析/市場規模 ・血管ステントの世界市場:コーティング別分析/市場規模 ・血管ステントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・血管ステントの北米市場規模・分析 ・血管ステントの欧州市場・分析 ・血管ステントのアジア市場・分析 ・血管ステントの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 商用車用インスツルメントクラスタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用インスツルメントクラスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用インスツルメントクラスタの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用インスツルメントクラスタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Continental、Bosch、Stoneridge、Delphi Automotive等です。
  • ボトルウォーター製品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ボトルウォーター製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ボトルウォーター製品市場規模、製品別(機能水、スティルウォーター、炭酸水)分析、包装容器別(ガラス瓶、ペットボトル、その他)分析、流通チャネル別(コンビニエンスストア、ドラッグストア、会員制小売、ハイパーマーケット、スーパーマーケット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ボトルウォーター製品の世界市場:市場動向分析 ・ ボトルウォーター製品の世界市場:競争要因分析 ・ ボトルウォーター製品の世界市場:製品別(機能水、スティルウォーター、炭酸水) ・ ボトルウォーター製品の世界市場:包装容器別(ガラス瓶、ペットボトル、その他) ・ ボトルウォーター製品の世界市場:流通チャネル別(コンビニエンスストア、ドラッグストア、会員制小売、ハイパーマーケット、スーパーマーケット) ・ ボトルウォーター製品の世界市場:主要地域別分析 ・ ボトルウォーター製品の北米市場規模 …
  • 金属包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、金属包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属包装市場規模、タイプ別(キャップ・クロージャー、バレル・ドラム、缶、フォイル、ブリキ・箱、その他)分析、材料別(鋼、アルミニウム、その他)分析、用途別(食品、非耐久財、飲料、医療、パーソナルケア用品、ヘルスケア、耐久財)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 金属包装の世界市場:市場動向分析 ・ 金属包装の世界市場:競争要因分析 ・ 金属包装の世界市場:タイプ別(キャップ・クロージャー、バレル・ドラム、缶、フォイル、ブリキ・箱、その他) ・ 金属包装の世界市場:材料別(鋼、アルミニウム、その他) ・ 金属包装の世界市場:用途別(食品、非耐久財、飲料、医療、パーソナルケア用品、ヘルスケア、耐久財) ・ 金属包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 金属包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 金属包装のヨーロッパ市場規模 ・ 金属包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • 世界の六フッ化リン酸リチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の六フッ化リン酸リチウム市場2015について調査・分析し、六フッ化リン酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における自動生化学分析装置市場2018-2023
    本調査レポートでは、自動生化学分析装置の世界市場について調査・分析し、自動生化学分析装置の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(床設置型、ベンチトップ型)、用途別市場規模(総合病院(プライマリヘルスケア)、県立病院、地方病院)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、自動生化学分析装置の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・自動生化学分析装置の世界市場概要 ・自動生化学分析装置の企業別市場シェア ・自動生化学分析装置の地域別市場規模 ・自動生化学分析装置の種類別市場規模(床設置型、ベンチトップ型) ・自動生化学分析装置の用途別市場規模(総合病院(プライマリヘルスケア)、県立病院、地方病院) ・自動生化学分析装置の主要企業分析 ・自動生化学分析装置の北米市場規模 ・自動生化学分析装置の米国市場規模 ・自動生化学分析装置の南米市場規 …
  • ITアウトソーシングの世界市場
    当調査レポートでは、ITアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ITアウトソーシングの世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:アプリケーション別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングのアメリカ市場規模予測 ・ITアウトソーシングのヨーロッパ市場規模予測 ・ITアウトソーシングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ビタミン消費の世界市場:製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他)、用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料)、地域別予測
    本資料は、ビタミン消費の世界市場について調べ、ビタミン消費の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他)分析、用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビタミン消費の世界市場概要 ・ビタミン消費の世界市場環境 ・ビタミン消費の世界市場動向 ・ビタミン消費の世界市場規模 ・ビタミン消費の世界市場規模:製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他) ・ビタミン消費の世界市場規模:用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料) ・ビタミン消費の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビタミン消費の北米市場規模・予測 ・ビタミン消費のアメリカ市場規模・予測 ・ビタミン消費のヨーロッパ市場規模・予測 ・ビタミン消費のアジア市場規模・予測 ・ビタミン消費の日本市場規模・予測 ・ビタミン消費 …
  • 血液培養テストの世界市場:方式(自動、手動)、製品(消耗品、装置)、技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、血液培養テストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方式別分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業向け包装パッケージの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、医療産業向け包装パッケージの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医療産業向け包装パッケージの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医療産業向け包装パッケージの世界市場:需要先別市場分析 ・医療産業向け包装パッケージの世界市場:包装材料別市場分析 ・医療産業向け包装パッケージの世界市場:パッケージ種類別市場分析 ・医療産業向け包装パッケージの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ウェアラブルカメラの世界市場
    当調査レポートでは、ウェアラブルカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルカメラの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 翻訳サービスの世界市場
    本資料は、翻訳サービスの世界市場について調べ、翻訳サービスの世界規模、市場動向、市場環境、オペレーション種類別(技術翻訳、機械翻訳)分析、サービス別(文書翻訳サービス、通訳サービス)分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(商業用、自動車用、IT&通信用、ヘルスケア用、政府用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはJohnson、Technogym、Sole、Life Fitness、BH、Dyaco、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・翻訳サービスの世界市場概要 ・翻訳サービスの世界市場環境 ・翻訳サービスの世界市場動向 ・翻訳サービスの世界市場規模 ・翻訳サービスの世界市場規模:オペレーション種類別(技術翻訳、機械翻訳) ・翻訳サービスの世界市場規模:サービス別(文書翻訳サービス、通訳サービス) ・翻訳サービスの世界市場規模:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア) ・翻訳サービスの世界市場規模:用途別(商業用、自動車用、 …
  • 可変周波数駆動の世界市場
    当調査レポートでは、可変周波数駆動の世界市場について調査・分析し、可変周波数駆動の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • モバイルVoIPの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルVoIPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルVoIPの世界市場規模及び予測、市場シェア、ユーザーモデル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トリニダード・トバゴの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、企業規模別分析、応用分野別分析、地域別分析、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリカゲルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シリカゲルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリカゲルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコン金属の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリコン金属の世界市場について調査・分析し、シリコン金属の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリコン金属シェア、市場規模推移、市場規模予測、シリコン金属種類別分析(含有量98.0%-99.0%、含有量99.0%-99.5%、含有量 >99.5%)、シリコン金属用途別分析(アルミニウム産業、シリコン化合物、太陽光電池、半導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリコン金属の市場概観 ・シリコン金属のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリコン金属のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリコン金属の世界市場規模 ・シリコン金属の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリコン金属のアメリカ市場規模推移 ・シリコン金属のカナダ市場規模推移 ・シリコン金属のメキシコ市場規模推移 ・シリコン金属のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シリコン金属のドイツ市場規模推移 ・シリコン金属のイギリス市場規模推移 ・シリコ …
  • プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場
    当調査レポートでは、プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスチロール樹脂市場2016
    本調査レポートでは、世界のスチロール樹脂市場2016について調査・分析し、スチロール樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、患者エンゲージメントソリューションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アドバンストセラミックスの世界市場:アルミナセラミックス、チタン酸鉛セラミックス、 ジルコニアセラミックス、炭化けい素セラミックス
    当調査レポートでは、アドバンストセラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アドバンストセラミックスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸化漂白剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化漂白剤市場2015について調査・分析し、酸化漂白剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • ナイロンストリングトリマラインの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナイロンストリングトリマラインの世界市場について調査・分析し、ナイロンストリングトリマラインの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナイロンストリングトリマラインシェア、市場規模推移、市場規模予測、ナイロンストリングトリマライン種類別分析()、ナイロンストリングトリマライン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナイロンストリングトリマラインの市場概観 ・ナイロンストリングトリマラインのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ナイロンストリングトリマラインのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ナイロンストリングトリマラインの世界市場規模 ・ナイロンストリングトリマラインの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ナイロンストリングトリマラインのアメリカ市場規模推移 ・ナイロンストリングトリマラインのカナダ市場規模推移 ・ナイロンストリングトリマラインのメキシコ市場規模推移 ・ナイロンストリングトリマラインのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイス市場規模、用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場概要 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場環境 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場動向 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場規模 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:業界構造分析 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV …
  • 医用画像管理の世界市場予測(~2023年):PACS、VNA、AICA、ユニバーサルビューア
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医用画像管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(PACS、VNA、AICA、ユニバーサルビューア)分析、エンドユーザー別(病院、画像診断センター、ASC、CRO)分析、医用画像管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バスケットボール用品の世界市場2016-2020:バスケットボールシューズ、バスケット用ボール、バスケットボール用アクセサリ、バスケットボール練習器具
    当調査レポートでは、バスケットボール用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バスケットボール用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 油田用プロセス薬品の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、油田用プロセス薬品の世界市場について調査・分析し、油田用プロセス薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・油田用プロセス薬品の世界市場:市場動向分析 ・油田用プロセス薬品の世界市場:競争要因分析 ・油田用プロセス薬品の世界市場:種類別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:技術別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の北米市場規模 ・油田用プロセス薬品の欧州市場規模 ・油田用プロセス薬品のアジア市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • エアロゾルバルブの世界市場 :用途別(家庭、食品、パーソナルケア、自動車・工業、塗料、医療)、地域別(北米、APAC、欧州)
    本調査レポートでは、エアロゾルバルブの世界市場について調査・分析し、エアロゾルバルブの世界市場動向、エアロゾルバルブの世界市場規模、市場予測、セグメント別エアロゾルバルブ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 顧客関係管理(CRM)の世界市場分析:展開別、企業規模別、用途別(BFSI、小売、ヘルスケア、テレコム&IT、ディスクリート型製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、顧客関係管理(CRM)の世界市場について調査・分析し、顧客関係管理(CRM)の世界市場動向、顧客関係管理(CRM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別顧客関係管理(CRM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不溶解性食物繊維の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、不溶解性食物繊維の世界市場について調査・分析し、不溶解性食物繊維の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 不溶解性食物繊維の世界市場:市場動向分析 - 不溶解性食物繊維の世界市場:競争要因分析 - 不溶解性食物繊維の世界市場: 起源別 果物 穀物 野菜 その他の起源 - 不溶解性食物繊維の世界市場:機能別 水結合剤 質感剤 膨張剤 固結防止剤 脂肪代替品 - 不溶解性食物繊維の世界市場:種類別 ヘミセルロース リグニン セルロース 難消化澱粉 キチン及びキトサン 繊維/ふすま その他の種類 - 不溶解性食物繊維の世界市場:エンドユーザー別 動物用飼料 薬品 ペットフード 食料品産業 その他のエンドユーザー - 不溶解性食物繊維の世界市場:主要地域別分析 - 不溶解性食物繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) - 不溶解性食物繊維のヨーロッパ市場規模 - 不溶解性食物繊維のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・不溶解性食物繊維の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のリチウムイオン電池セル市場2016
    本調査レポートでは、世界のリチウムイオン電池セル市場2016について調査・分析し、リチウムイオン電池セルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスト分析の世界市場予測(~2022年):テキスト分析ソフトウェア、テキスト分析サービス
    当調査レポートでは、テキスト分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、アプリケーション別分析、導入形態別分析、産業別分析、テキスト分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンタクトレンズの世界市場分析:製品別(RPG、ソフト、ハイブリッド)、デザイン別(丸形、円環状、多焦点・その他)、使用方法別(矯正、治療、美容、補綴、ライフスタイル系)、地域別、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、コンタクトレンズの世界市場動向、コンタクトレンズの世界市場規模、市場予測、セグメント別コンタクトレンズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 欧州の弓用具市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の弓用具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の弓用具市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 塩化ビニルモノマー(VCM)の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、塩化ビニルモノマー(VCM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塩化ビニルモノマー(VCM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は塩化ビニルモノマー(VCM)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Formosa Plastics、Occidental Petroleum、The Dow Chemical Company、Westlake Chemical等です。
  • 臨床ラボサービスの世界市場2017-2021:院内検査室、独立型検査室、診療所内検査室
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、臨床ラボサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床ラボサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は臨床ラボサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott Laboratories、LabCorp、Quest Diagnostics、Siemens Healthineers等です。
  • 梅毒検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 着床前診断の世界市場分析:タイプ別(染色体異常、HLAタイピング、X連鎖疾患、性別の選択、遺伝的障害)、用途別(幹細胞治療用胚HLAタイピング、IVF予後、遅発性遺伝的疾患、遺伝病)、セグメント予測、 – 2024
    本調査レポートでは、着床前診断の世界市場について調査・分析し、着床前診断の世界市場動向、着床前診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別着床前診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イカの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、イカの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イカ市場規模、製品別(加工、生鮮)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・イカの世界市場概要 ・イカの世界市場環境 ・イカの世界市場動向 ・イカの世界市場規模 ・イカの世界市場:業界構造分析 ・イカの世界市場:製品別(加工、生鮮) ・イカの世界市場:地域別市場規模・分析 ・イカの北米市場規模・予測 ・イカのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・イカのアジア太平洋市場規模・予測 ・イカの主要国分析 ・イカの世界市場:意思決定フレームワーク ・イカの世界市場:成長要因、課題 ・イカの世界市場:競争環境 ・イカの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、GRUPO NUEVA PESCANOVA、Maruha Nichiro、NISSUI、OCEANA GROUP、Thai Union Groupなどです。
  • スマート水道メーターの世界市場:AMR(自動メータ読取り)、AMI(高度メータリング・インフラストラクチャ)
    当調査レポートでは、スマート水道メーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業および環境診断の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業および環境診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業および環境診断市場規模、製品別(環境残留物、食品微生物、抗生物質、病原体、食物残渣)分析、技術別(残留農薬、微生物、マイコトキシン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業および環境診断の世界市場:市場動向分析 ・ 農業および環境診断の世界市場:競争要因分析 ・ 農業および環境診断の世界市場:製品別(環境残留物、食品微生物、抗生物質、病原体、食物残渣) ・ 農業および環境診断の世界市場:技術別(残留農薬、微生物、マイコトキシン) ・ 農業および環境診断の世界市場:主要地域別分析 ・ 農業および環境診断の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農業および環境診断のヨーロッパ市場規模 ・ 農業および環境診断のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農業および環境診断の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 副腎皮質癌治療薬の世界市場:化学療法、標的療法
    Technavio社の本調査レポートでは、副腎皮質癌治療薬の世界市場について調べ、副腎皮質癌治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、副腎皮質癌治療薬の市場規模をセグメンテーション別(種類別(化学療法、標的療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は副腎皮質癌治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・副腎皮質癌治療薬の市場状況 ・副腎皮質癌治療薬の市場規模 ・副腎皮質癌治療薬の市場予測 ・副腎皮質癌治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(化学療法、標的療法) ・副腎皮質癌治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • セルフレベリングコンクリートの世界市場2018-2022
    セルフレベリングコンクリートは、高い圧縮強度および流動特性を有する高分子改質セメントであり、主に滑らかで平坦な表面を作るために使用されます。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間に、世界のセルフレベリングコンクリート市場が4.81%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Oranoなどです。 当調査レポートでは、セルフレベリングコンクリートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セルフレベリングコンクリート市場規模、製品別(下葺材、トッピング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場概要 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場環境 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場動向 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場規模 ・セル …
  • 農業用フィルムの世界市場予測(~2022年):ハウス用フィルム、サイレージフィルム、マルチフィルム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、フィルム材料別分析、用途別分析、ファイルム種類別分析、地域別分析、農業用フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 白内障手術用器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、白内障手術用器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、白内障手術用器具市場規模、製品別(眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術用機器、OVD、フェムト秒レーザー)分析、最終用途別(病院、眼科クリニック、外来外科センター(ASC))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・白内障手術用器具の世界市場概要 ・白内障手術用器具の世界市場環境 ・白内障手術用器具の世界市場動向 ・白内障手術用器具の世界市場規模 ・白内障手術用器具の世界市場:業界構造分析 ・白内障手術用器具の世界市場:製品別(眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術用機器、OVD、フェムト秒レーザー) ・白内障手術用器具の世界市場:最終用途別(病院、眼科クリニック、外来外科センター(ASC)) ・白内障手術用器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・白内障手術用器具のアメリカ市場規模・予測 ・白内障手術用器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・白内障手 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"