"コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40079)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Chondroitin Sulfate Market: About this market
Technavio’s chondroitin sulfate market analysis considers sales from nutraceuticals, pharmaceuticals, animal feed, and personal care applications. Our study also finds the sales of chondroitin sulfate in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the nutraceuticals segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as the rising adoption of a healthy diet in food and the increasing awareness about the importance of maintaining a healthy lifestyle will play a significant role in the nutraceuticals segment to maintain its market position. Also, our global chondroitin sulfate market report looks at factors such as growing prevalence of OA, growing demand for dietary supplements, and rising demand for cosmetics and personal care products. However, stringent government regulations, high threat of substitutes, and side effects of CS may hamper the growth of the chondroitin sulfate industry over the forecast period.
Global Chondroitin Sulfate Market: Overview
Growing demand for dietary supplements
The demand for dietary supplements has increased significantly over recent years. This is due to the increasing costs of hospitalization, the growing working population, and changing lifestyles. The availability of dietary supplements in the form of tablets, edible bars, shakes, and drinks have further increased their demand. These supplements are quite effective in lowering various health problems such as arthritis and osteoporosis. For instance, regular intake of dietary supplements such as chondroitin sulfate improves joint function and reduces the progression of osteoarthritis. This demand for dietary supplements will lead to the expansion of the global chondroitin sulfate market at a CAGR of almost 3% during the forecast period.
Introduction of non-animal based CS
Several players in the market are focusing on manufacturing chondroitin sulfate, naturally. These developments are providing vegan alternatives for people with dietary and religious restrictions. Many players are also working on reducing the protein content and over-sulfated saccharides in chondroitin sulfate products. These products will be made suitable for dietary supplements, beverages, and other conventional foods. Hence, the advent of non-animal-based chondroitin sulfate products is expected to have a positive impact on the growth of the market.
For the detailed list of factors that will drive the global chondroitin sulfate market during the forecast period 2020-2024, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global chondroitin sulfate market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading chondroitin sulfate manufacturers, that include Aoxing Biotechnology Intl Co. Ltd., BeiJing Geyuantianrun Bio-tech Co. Ltd., BRF SA, Jiaxing Hengjie Biopharmaceutical Co. Ltd., Meitek Technology (Qingdao) Co. Ltd., Pacific Rainbow International Inc., Seikagaku Corp., Shandong Focuschem Biotech Co. Ltd., Solabia Group, and TSI Group Ltd.
Also, the chondroitin sulfate market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value Chain Analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market Outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Nutraceuticals – Market size and forecast 2019-2024
• Pharmaceuticals – Market size and forecast 2019-2024
• Animal feed – Market size and forecast 2019-2024
• Personal care – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Growing geriatric population
• Growing prevalence of CS in nutricosmetics
• Introduction of non-animal-based CS
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Aoxing Biotechnology Intl Co. Ltd.
• BeiJing Geyuantianrun Bio-tech Co. Ltd.
• BRF SA
• Jiaxing Hengjie Biopharmaceutical Co. Ltd.
• Meitek Technology (Qingdao) Co. Ltd.
• Pacific Rainbow International Inc.
• Seikagaku Corp.
• Shandong Focuschem Biotech Co. Ltd.
• Solabia Group
• TSI Group Ltd.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global specialty chemicals market
Exhibit 02: Segments of global specialty chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key product offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Application – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Nutraceuticals – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 21: Nutraceuticals – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Pharmaceuticals – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 23: Pharmaceuticals – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Animal feed – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 25: Animal feed – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 26: Personal care – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 27: Personal care – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 28: Market opportunity by application
Exhibit 29: Customer landscape
Exhibit 30: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 31: Geographic comparison
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 34: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 35: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 37: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: South America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 39: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 40: MEA – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 41: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 42: Key leading countries
Exhibit 43: Market opportunity
Exhibit 44: Impact of drivers and challenges
Exhibit 45: Vendor landscape
Exhibit 46: Landscape disruption
Exhibit 47: Vendors covered
Exhibit 48: Vendor classification
Exhibit 49: Market positioning of vendors
Exhibit 50: Aoxing Biotechnology Intl Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 51: Aoxing Biotechnology Intl Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 52: Aoxing Biotechnology Intl Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 53: BeiJing Geyuantianrun Bio-tech Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 54: BeiJing Geyuantianrun Bio-tech Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 55: BeiJing Geyuantianrun Bio-tech Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 56: BRF SA – Vendor overview
Exhibit 57: BRF SA – Business segments
Exhibit 58: BRF SA – Organizational developments
Exhibit 59: BRF SA – Segment focus
Exhibit 60: BRF SA – Geographic focus
Exhibit 61: BRF SA – Key offerings
Exhibit 62: Jiaxing Hengjie Biopharmaceutical Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 63: Jiaxing Hengjie Biopharmaceutical Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 64: Jiaxing Hengjie Biopharmaceutical Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 65: Meitek Technology (Qingdao) Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 66: Meitek Technology (Qingdao) Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 67: Meitek Technology (Qingdao) Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 68: Pacific Rainbow International Inc. – Vendor overview
Exhibit 69: Pacific Rainbow International Inc. – Product segments
Exhibit 70: Pacific Rainbow International Inc. – Key offerings
Exhibit 71: Seikagaku Corp. – Vendor overview
Exhibit 72: Seikagaku Corp. – Business segments
Exhibit 73: Seikagaku Corp. – Organizational developments
Exhibit 74: Seikagaku Corp. – Geographic focus
Exhibit 75: Seikagaku Corp. – Segment focus
Exhibit 76: Seikagaku Corp. – Key offerings
Exhibit 77: Shandong Focuschem Biotech Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 78: Shandong Focuschem Biotech Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 79: Shandong Focuschem Biotech Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 80: Solabia Group – Vendor overview
Exhibit 81: Solabia Group – Business segments
Exhibit 82: Solabia Group – Organizational developments
Exhibit 83: Solabia Group – Key offerings
Exhibit 84: TSI Group Ltd. – Vendor overview
Exhibit 85: TSI Group Ltd. – Product segments
Exhibit 86: TSI Group Ltd. – Key offerings
Exhibit 87: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 88: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40079
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • キルギスの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スマートロックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートロック市場規模、エンドユーザー別(住宅、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allegion, APX Group, ASSA ABLOY, SALTO Systems, Spectrum Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートロックの世界市場概要 ・スマートロックの世界市場環境 ・スマートロックの世界市場動向 ・スマートロックの世界市場規模 ・スマートロックの世界市場:業界構造分析 ・スマートロックの世界市場:エンドユーザー別(住宅、その他) ・スマートロックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートロックの北米市場規模・予測 ・スマートロックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートロックのアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートロックの主要国分析 ・スマートロックの世界市場:意思決定フレームワーク ・スマートロッ …
  • 肥満外科手術機器の世界市場分析・予測
  • コールドプレスオイルの世界市場:ココナッツ油、綿実油、オリーブ油、パーム油、パーム核油、落花生油、菜種油、大豆油、ひまわり種油
    当調査レポートでは、コールドプレスオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ココナッツ油、綿実油、オリーブ油、パーム油、パーム核油、落花生油、菜種油、大豆油、ひまわりの種油)分析、用途別(食品産業、農業、化粧品およびパーソナルケア産業)分析、流通チャンネル別(コンビニエンスストア、デパート、近代的な貿易ユニット、オンライン小売)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コールドプレスオイルの世界市場:種類別(ココナッツ油、綿実油、オリーブ油、パーム油、パーム核油、落花生油、菜種油、大豆油、ひまわりの種油) ・コールドプレスオイルの世界市場:用途別(食品産業、農業、化粧品およびパーソナルケア産業) ・コールドプレスオイルの世界市場:流通チャンネル別(コンビニエンスストア、デパート、近代的な貿易ユニット、オンライン小売) ・コールドプレスオイルの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場2019-2023
    アンチセンスおよびRNAi治療は、慢性肝臓・心血管疾患、ハンチントン病、更には希少疾患などの疾患を治療できる可能性のある新たな治療の選択肢です。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、アンチセンスおよびRNAi治療薬市場が8.67%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Alnylam Pharmaceuticals、Bausch Health、Biogen、Sarepta Therapeuticsなどです。 当調査レポートでは、アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アンチセンスおよびRNAi治療薬市場規模、種類別(アンチセンス治療法、RNAi治療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場概要 ・アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場環境 ・アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場動向 ・アンチセンスおよび …
  • スカフォード技術の世界市場の規模と予測:製品別(ヒドロゲル、マイクロパターンマイクロプレート、ポリマー・ナノファイバースカフォード)、用途別、エンドユーザー別、動向分析、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、スカフォード技術の世界市場について調査・分析し、スカフォード技術の世界市場動向、スカフォード技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別スカフォード技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のLED市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED市場2015について調査・分析し、LEDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺炎球菌(レンサ球菌)感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の概要 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬開発 …
  • B細胞活性化因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるB細胞活性化因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞活性化因子阻害剤の概要 ・B細胞活性化因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞活性化因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・B細胞活性化因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・B細胞活性化因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia)の概要 ・肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肥満細胞性白血病(Mast Cell Leukemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 韓国の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • エアフィルター用カートリッジの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エアフィルター用カートリッジの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアフィルター用カートリッジ市場規模、エンドユーザー別(工業用、商業用、住居用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場概要 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場環境 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場動向 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場規模 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場:業界構造分析 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場:エンドユーザー別(工業用、商業用、住居用) ・エアフィルター用カートリッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアフィルター用カートリッジの北米市場規模・予測 ・エアフィルター用カートリッジのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアフィルター用カートリッジのアジア太平洋市場規模・予測 ・エアフィルター用カートリッジの主要国分析 ・エアフィルター用カ …
  • 世界のパラ系アラミド繊維市場2015
    本調査レポートでは、世界のパラ系アラミド繊維市場2015について調査・分析し、パラ系アラミド繊維の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 5-リポキシゲナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-リポキシゲナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-リポキシゲナーゼ阻害剤の概要 ・5-リポキシゲナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-リポキシゲナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-リポキシゲナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-リポキシゲナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • イギリスの原子力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:製品別(消耗品、プラットフォーム、およびサービス)、用途別(バイオマーカー・がん、診断、リプロダクティブヘルス、個別化医療、農業・動物研究、およびその他のアプリケーション)、技術別(合成シーケンス、イオン半導体シーケンス、ライゲーションシーケンス、パイロシーケンシング、単一分子リアルタイムシーケンス、およびその他の技術)、エンドユーザー別(学術・臨床研究センター、製薬・バイオテクノロジー企業、病院・診療所、その他のエンドユーザー)
    本資料は、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調べ、次世代シーケンシング(NGS)の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(消耗品、プラットフォーム、およびサービス)分析、技術別(合成シーケンス、イオン半導体シーケンス、ライゲーションシーケンス、パイロシーケンシング、単一分子リアルタイムシーケンス、およびその他の技術)分析、エンドユーザー別(学術・臨床研究センター、製薬・バイオテクノロジー企業、病院・診療所、その他のエンドユーザー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・次世代シーケンシング(NGS)の世界市場概要 ・次世代シーケンシング(NGS)の世界市場環境 ・次世代シーケンシング(NGS)の世界市場動向 ・次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模 ・次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:市場シェア ・次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:製品別(消耗品、プラットフォーム、およびサービス) ・次世代シーケン …
  • インターロイキン-8阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-8阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-8阻害剤の概要 ・インターロイキン-8阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-8阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-8阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-8阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の光開始剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の光開始剤市場2015について調査・分析し、光開始剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性ナトリウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 船舶用エンジンの世界市場:商用船舶、オフショア支援船、内陸航路用船舶
    当調査レポートでは、船舶用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進機関種類別分析、推進力別分析、船舶別分析、燃料別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アクティブグリルシャッターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アクティブグリルシャッターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクティブグリルシャッター市場規模、ベーンタイプ別(水平ベーン、垂直ベーン)分析、素材別(ポリプロピレン(PP)、ポリカーボネート(PC)、ポリエステル(PEs)、その他)分析、シャッター種類別(非可視型、可視型)分析、販売経路別(アフターマーケット、OEM)分析、車両種類別(小型商用車、大型商用車、乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アクティブグリルシャッターの世界市場:市場動向分析 ・ アクティブグリルシャッターの世界市場:競争要因分析 ・ アクティブグリルシャッターの世界市場:ベーンタイプ別(水平ベーン、垂直ベーン) ・ アクティブグリルシャッターの世界市場:素材別(ポリプロピレン(PP)、ポリカーボネート(PC)、ポリエステル(PEs)、その他) ・ アクティブグリルシャッターの世界市場:シャッター種類別(非可視型、可視型) ・ アク …
  • 医薬品卸売・流通の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、医薬品卸売・流通の世界市場について調査・分析し、医薬品卸売・流通の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品卸売・流通の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品卸売・流通の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品卸売・流通の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • フェンシング用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フェンシング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フェンシング用品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • プール清掃ロボットの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、プール清掃ロボットの世界市場について調査・分析し、プール清掃ロボットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プール清掃ロボットの世界市場:市場動向分析 - プール清掃ロボットの世界市場:競争要因分析 - プール清掃ロボットの世界市場:エンドユーザー別 ・住宅用 ・商用 ・その他 - プール清掃ロボットの世界市場:主要地域別分析 - プール清掃ロボットの北米市場規模(アメリカ市場等) - プール清掃ロボットのヨーロッパ市場規模 - プール清掃ロボットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・プール清掃ロボットの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 動物用飼料におけるプロバイオティクの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、動物用飼料におけるプロバイオティクの世界市場規模が2017年38.9億ドルから2026年83.0億ドルまで年平均8.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、動物用飼料におけるプロバイオティクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物用飼料におけるプロバイオティク市場規模、由来別(非細菌、酵母・菌類、バクテリア)分析、フォーム別(飲料、カプセル、乾燥粉末、液体)分析、機能別(腸健康、免疫、栄養、生産性、産出)分析、チャンネル別(販売代理店、直販)分析、家畜別(養殖、鳥、家畜飼料、ペットフィード、豚)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 動物用飼料におけるプロバイオティクの世界市場:市場動向分析 ・ 動物用飼料におけるプロバイオティクの世界市場:競争要因分析 ・ 動物用飼料におけるプロバイオティクの世界市場:由来別(非細菌、酵母・菌類、バクテリア) ・ 動物用飼料におけるプロバイオティクの世界 …
  • 4Kテレビの世界市場分析
    本調査レポートでは、4Kテレビの世界市場について調査・分析し、4Kテレビの世界市場動向、4Kテレビの世界市場規模、市場予測、セグメント別4Kテレビ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HVAC(空調)絶縁の世界市場:グラスウール、ストーンウール、フェノール・フォーム、エラストマ—・フォ—ム
    当調査レポートでは、HVAC(空調)絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削孔拡大システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、掘削孔拡大システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削孔拡大システム市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・掘削孔拡大システムの世界市場概要 ・掘削孔拡大システムの世界市場環境 ・掘削孔拡大システムの世界市場動向 ・掘削孔拡大システムの世界市場規模 ・掘削孔拡大システムの世界市場:業界構造分析 ・掘削孔拡大システムの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・掘削孔拡大システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削孔拡大システムの北米市場規模・予測 ・掘削孔拡大システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・掘削孔拡大システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・掘削孔拡大システムの主要国分析 ・掘削孔拡大システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・掘削孔拡大システムの世界市場:成長要因、課題 ・掘削孔拡大システムの世界市場:競争環境 ・掘削孔拡大システムの世 …
  • マイクロスフェア(微小球)の世界市場:中空微小球、固体微小球
    当調査レポートでは、マイクロスフェア(微小球)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光線治療用装置の世界市場予測:ロングランプ、CFL、LED、光ファイバー
    当調査レポートでは、光線治療用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、光線治療用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体アンタゴニストの概要 ・オレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオレキシン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オレキシン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オレキシン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • タンザニアの再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • 骨誘導因子(BMP)の世界市場
    当調査レポートでは、骨誘導因子(BMP)の世界市場について調査・分析し、骨誘導因子(BMP)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • Tie-2受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるTie-2受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Tie-2受容体アゴニストの概要 ・Tie-2受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のTie-2受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Tie-2受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Tie-2受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 屋内位置ベース検索・広告の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、屋内位置ベース検索・広告の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、屋内位置ベース検索・広告の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロアレイ解析の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロアレイ解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス別(消費財、計器、ソフトウェア、サービス)分析、タイプ別(DNA、タンパク質アレイ)分析、用途別(研究)分析、エンドユーザー別(診断ラボ、製薬・バイオテクノロジ企業)分析、マイクロアレイ解析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用照明市場予測2017-2025:用途別(内装・外装)、技術別(ハロゲン、Xenon、・LED照明)、車種別(乗用車、LCVs、トラック・バス)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用照明市場について調査・分析し、世界の自動車用照明市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用照明関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場
    本資料は、ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場について調べ、ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界規模、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(パッケージング、建物&建設、自動車&輸送、電機&電子、家具&ベッド、ハウスホールド、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHospital ST. Johns & St Elizabeth、Care UK、Circle Holding Plc、BMI Healthcare、Nuffield Health、HCA Management Services、Ramsay Healthcare 、The London Clinic、Aspen Healthcare 、Bupa Cromwell Hospital 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場概要 ・ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場環境 ・ポリエチレンテレフタラート(PET) …
  • 虹彩認証の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、虹彩認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、虹彩認証の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 瞬間接着剤の世界市場予測(~2022年):シアノアクリレート系瞬間接着剤、エポキシ系瞬間接着剤
    当調査レポートでは、瞬間接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、化学成分別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、瞬間接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工心臓弁の世界市場予測(~2022年):経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、機械式心臓弁
    当調査レポートでは、人工心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、人工心臓弁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の溶接ロボット市場2016
    本調査レポートでは、世界の溶接ロボット市場2016について調査・分析し、溶接ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場分析
    本調査レポートでは、再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場動向、再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場規模、市場予測、セグメント別再生ポリエチレンテレフタレート(PET)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トランスミッション販売の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、トランスミッション販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(往復、回転、遠心、軸流)分析、用途別(人工リフト、ガス処理ステーション、LNG&FPS、貯蔵施設)分析、圧縮媒体別分析、エンドユーザー別分析、トランスミッション販売の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、トランスミッション販売の世界市場規模が2019年152億ドルから2024年187億ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。
  • 世界のフェニルリチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のフェニルリチウム市場2016について調査・分析し、フェニルリチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍空気乾燥機の世界市場分析:製品別(サイクル式、非サイクル式)、用途別(化学、製紙、食品・飲料、医薬品、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、冷凍空気乾燥機の世界市場について調査・分析し、冷凍空気乾燥機の世界市場動向、冷凍空気乾燥機の世界市場規模、市場予測、セグメント別冷凍空気乾燥機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージ冷凍システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パッケージ冷凍システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージ冷凍システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用鋼製車輪の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用鋼製車輪の世界市場について調査・分析し、自動車用鋼製車輪の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用鋼製車輪の世界市場:市場動向分析 - 自動車用鋼製車輪の世界市場:競争要因分析 - 自動車用鋼製車輪の世界市場:製品別 ・合金鋼 ・鋳鉄 ・その他 - 自動車用鋼製車輪の世界市場:用途別 ・小型商用車 ・中型・大型商用車 ・乗用車 - 自動車用鋼製車輪の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用鋼製車輪の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用鋼製車輪のヨーロッパ市場規模 - 自動車用鋼製車輪のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用鋼製車輪の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 特殊後発医薬品の世界市場                 
    当調査レポートでは、特殊後発医薬品の世界市場について調査・分析し、特殊後発医薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊後発医薬品の世界市場:市場動向分析 - 特殊後発医薬品の世界市場:競争要因分析 - 特殊後発医薬品の世界市場:投与経路別 ・局所性 ・非経口 ・経口 ・その他 - 特殊後発医薬品の世界市場:病気の症状別 ・多発性硬化症 ・感染症 ・腫瘍 ・その他 - 特殊後発医薬品の世界市場:流通経路別 ・メール・オーダー薬局 ・院内薬局 ・小売薬局 - 特殊後発医薬品の世界市場:主要地域別分析 - 特殊後発医薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊後発医薬品のヨーロッパ市場規模 - 特殊後発医薬品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊後発医薬品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"